ソフトバンク みんな家族割+の条件/申し込み方法/対象者を解説

ソフトバンクの「みんな家族割+」はとてもお得な割引です。割引対象には離れて暮らす親戚や同居中の恋人、シェアハウス仲間など幅広い方が含まれます。条件を満たしているのに申し込んでいない方も多いのでしょう。本記事では「みんな家族割+」への疑問やポイントを完全網羅して解説します。

  • 2020年4月7日
  • by.licolico3373

ソフトバンク 家族割

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクの割引サービスのひとつに、「みんな家族割+」というものがあります。

今回はその割引内容や条件、申し込み方法、「みんな家族割」との違いについて解説します。

非常にお得なサービスなので、ソフトバンクの料金を見直す時や、新たに割引サービスを検討する際の参考にしてみてください。

みんな家族割+まとめ
  • 4人以上で1人あたり2,000円安くなる
  • 「家族」の範囲は同居人やルームシェアのメンバーでもOK
  • 現在申し込み可能なのはデータプランメリハリのみ

トップ画像引用元:みんな家族割+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

みんな家族割+ってどんなサービスなの?

家族
ソフトバンクのみんな家族割+はどのようなサービスなのか、まずは概要から説明します。

みんな家族割+の概要

みんな家族割+は「ソフトバンクユーザー同士の家族割」です。

みんな家族割+に加入することで、基本使用料の割引を受けることができます。

どれだけ安くなるのか、割引額を見てみましょう。

メリハリプラン/ウルトラギガモンスター+の場合
  • 1人…割引なし
  • 2人…500円引き
  • 3人…1,500円引き
  • 4人以上…2,000円引き
ウルトラギガモンスターの場合
  • 1人…割引なし
  • 2人…1,500円引き
  • 3人…1,800円引き
  • 4人以上…2,000円引き

4人以上になると、1人あたりなんと毎月2,000円も安くなります。

年間で考えると24,000円の節約になるので非常にお得ですね。

4人家族なら、4人合わせて年間約100,000円もお得になるので、家計も大助かりです。

割引期間に制限はないので、みんな家族割+に申し込みをしている限り、ずっと割引が続きます。

入っておいて全く損のない割引サービスです。

みんな家族割+の条件

みんな家族割+は、家族であればだれでも適用されるわけではありません。

いくつかの適用条件があります。

みんな家族割+の条件
  • 指定の定額サービスに加入していること
  • 同一家族割引きグループに加入していること
  • 2回線以上10回線以内であること

指定の定額サービスに加入していること

みんな家族割+の割引は、指定した定額サービスに適用されます。

みんな家族割+の対象サービス
  • データプランメリハリ
  • データプラン50GB+
  • データ定額 50GBプラス
  • データ定額 50GB

みんな家族割+の対象になるのは、データ量50GBの大きなプランのみです。

あまりデータ通信を使わない人向けのミニフィットプラン等は対象外となります。

データプランメリハリ

2020年3月に開始した新料金プラン「メリハリプラン」のデータプランです。

  • 月額6,500円
  • 50GBが利用可能
  • ギガ利用料が2GB以下なら1,500円オフ

データプランメリハリは、50GBの大容量が使えるプランです。

しかし、月間データ消費量が2GB以下だった場合は、なんと基本使用料が1,500円オフになります。

「普段はよくデータ通信をするけど、使わない月もある」という人におすすめのプランです。

みんな家族割+と合わせると、月によってはかなりの割引になります。

ただし、2GB以下というのは、動画SNS放題の対象サービスの利用分を含むので注意が必要です。

データプラン50GB+

2019年9月13日~2020年3月11日に申し込みをした人限定のプランです。

通話プランとあわせて、ウルトラギガモンスター+と呼ばれています。

  • 月額6,500円
  • 50GBが利用可能

50GBも利用できることから、Wi-Fi環境がない人などに人気だったプランです。

データ定額 50GBプラス

2018年9月6日~2019年9月12日に申し込みをした人限定のプランです。

  • 月額5,980円
  • 50GBが利用可能

データプラン50GB+の旧プランにあたります。内容はほぼ同じですが、月額料金が少し安いです。

データ定額 50GB

2019年9月12日に新規受付を終了したプランです。

通話プランと合わせてウルトラギガモンスターと呼ばれています。

  • 月額5,980円
  • 50GBが利用可能

こちらも50GBまで利用可能です。

基本的にデータプランメリハリが対象

みんな家族割+の対象プランは、一見多いように見えますが、そのほとんどが新規受付を終了しています。

現在申し込み可能なプランは、データプランメリハリのみです。

すでにウルトラギガモンスター+やウルトラギガモンスターを利用している人は対象に含まれますが、一度プランを変更すると、もうこれらのプランには戻せないので注意しましょう。

同一家族割引きグループに加入していること

みんな家族割+を適用するには、「家族割引」のグループに加入している必要があります。

名前が少しややこしいですが、みんな家族割+の対象プランに当てはまらない人でも、家族割引には申し込みが可能です。

一例を見てみましょう。以下の家族で家族割引を組んでいるとします。

  • 父親…ミニフィットプラン→割引なし
  • 母親…ウルトラギガモンスター→みんな家族割+で△1,800円
  • 子供…データプランメリハリ→みんな家族割+で△1,500円

家族割引の対象となるのは3人です。

しかし、みんな家族割+が適用されるのは、対象プランに加入している母親と子供のみとなります。

みんな家族割+は、家族割引の人数が多ければ多いほど割引額がアップするシステムです。

したがって、対象プランの有無に関係なく、家族割は組んだ方がお得になります。

2回線以上10回線以内であること

みんな家族割+が適用される家族の人数は、10人までと決まっています。

10人を超える場合は、グループを分ける必要があるので注意しましょう。

また、1人ではみんな家族割+に加入することはできません。

必ず2回線以上の家族割引グループが必要となります。

みんな家族割と何が違うの?

ソフトバンクには、もともと「みんな家族割」という家族割が存在していました。

しかし、2018年9月にサービスが改定され、みんな家族割+として生まれ変わったのです。

みんな家族割とみんな家族割+は、割引内容に差はありませんが、対象プランが異なります

みんな家族割+の対象プラン
  • データプランメリハリ
  • データプラン50GB+
  • データ定額 50GBプラス
  • データ定額 50GB

ちなみに、みんな家族割の対象プランはウルトラギガモンスターでした。

みんな家族割+の対象者をチェック

ソフトバンクショップ
「みんな家族割+」という名前でなので、「血縁者しか対象にならないのでは?」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

想像以上に幅広い関係者が加入できるのです。

みんな家族割+の対象者一覧

他の会社の場合、「家族割引を組めるのは3親等以内」など、親等数が決められていることが多いのですが、ソフトバンクでは関係ありません。

そのため、親戚でも申し込み可能です。

さらには、戸籍上で家族ではない同居中の恋人やシェアハウスの仲間でも、住所が同一であればみんな家族割+の対象となります。もちろん別姓でも問題ありません。

ただし、それぞれ必要な書類が異なるので、注意してくださいね。

みんな家族割+の対象者
  • 一緒に暮らす家族
  • 離れて暮らす親戚
  • 同居中の恋人
  • シェアハウスの仲間

一緒に暮らす家族

  • 申し込み希望者自身の本人確認書類
  • 家族の本人確認書類

一緒に暮らしていることを証明するために、同一住所が記載されている本人確認書類が必要です。

現住所が記載された運転免許証やパスポートを用意するとよいでしょう。

離れて暮らす親戚

  • 申し込み希望者自身の本人確認書類
  • 家族の本人確認書類
  • 戸籍謄本や住民票記載事項証明書

離れて暮らす親戚の場合、住所や姓が異なるため、家族である証明の書類が必要です。

戸籍謄本をはじめ、住民票記載事項証明書など、関係性がわかる書類を別途用意しましょう。

これらの書類は、発行から3ヶ月以内のものだけが有効です。

なお、手続きには申し込み希望者本人の書類に加え、家族の本人確認書類も併せて必要となります。

2人以上で一緒にお店へ行くようにしましょう。

同居中の恋人

  • 申し込み希望者自身の本人確認書類
  • パートナーの本人確認書類

姓が異なる同居中の恋人の場合は、住所が同一ということが証明できる書類が必要です。

運転免許証やパスポートを用意しましょう。

シェアハウスの仲間

  • 申し込み希望者自身の本人確認書類
  • シェアハウスの仲間の本人確認書類

シェアハウスの仲間でグループを組む場合は、申込者本人を含めた全員の本人確認書類が必要です。

同一住所を証明するため、運転免許証やパスポートを提示しましょう。

なお、みんな家族割+には「10回線まで」という上限が設定されています。

メンバーが10人以上いる場合は、事前にいくつかのグループに分かれて手続きすることをおすすめします。

みんな家族割+の申し込み方法

電話をかける女性
みんな家族割+はソフトバンクショップでのみ受け付け可能です。

必要書類の原本の提示が必要なので、都合をつけて来店する必要があります。

申し込み方法は、新規で組むのか、既存のグループに入るのかによって異なります。

新規で申し込みをする場合

新しくみんな家族割+のグループを作るケースです。

全員がソフトバンクと契約していることを確認したら、代表者が1人で来店して手続きします。

なお、みんな家族割+を組む全員分の本人確認書類が必要です。

既存のグループに入る場合

すでに存在する家族割引のグループに、新たに人を追加するケースです。

新規加入者本人が本人確認書類をソフトバンクショップに持参しましょう。

そして、家族割引の条件を満たしていることを証明できる書類(同一住所の免許証や戸籍謄本など)を提示すれば申し込み可能です。

新規加入者が来店できない場合は、委任状等があれば代理人でも受け付けてもらえます。

本人確認書類は何が有効?

本人確認書類といえば運転免許証やパスポートが一般的ですが、これらを所有していない方も当然いらっしゃると思います。

書類によっては現住所を証明するために補助書類が必要になることも。

みんな家族割+の申し込み時に有効な本人確認書類についてチェックしておきましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳/療育手帳/精神障がい者手帳
  • 健康保険証+補助書類

これらの本人確認書類を用意したとしても、以下の条件を満たしていないと手続きはできません。

運転免許証の条件

  • 氏名・生年月日・現住所記載のもの
  • 有効期限内のもの

もし住所が現住所と違う場合は、補助書類として、現住所が記載された公共料金領収書等を持参しましょう。

ただし、発行から3ヶ月以内のものでないとNGだったりと、色々な条件があります。

不安な方は、出かける前にコールセンター等で確認しておきましょう。

日本国パスポートの条件

  • 氏名・生年月日・現住所記載のもの
  • 有効期限内のもの

運転免許証と同様、記載されている住所が現住所と違う場合は、補助書類が必要です。

個人番号カード(マイナンバーカード)の条件

  • 氏名・生年月日・現住所記載のもの
  • 有効期限内のもの

マイナンバー通知カードは対象外なので注意しましょう。

また、個人番号カードも、記載されている住所が現住所と違う場合は、補助書類が必要です。

なお、通知カードは補助書類にできません。

身体障がい者手帳/療育手帳/精神障がい者手帳の条件

  • 氏名・生年月日・現住所記載のもの
  • 有効期限内のもの

手帳に写真を張り付ける欄がある場合は、写真がないと無効です。

住所が違う場合は補助書類を用意しましょう。

健康保険証+補助書類の条件

  • 氏名・生年月日・現住所記載のもの
  • 有効期限内のもの
  • 補助書類(住民票記載事項証明書・公共料金領収書・ソフトバンク発行の請求書や領収書)

健康保険証だけでは受け付けてもらえません。必ず補助書類を用意しましょう。

公共料金領収書は、電気・ガス・水道・NHK受信料等が対象となります。

請求書ではなく「領収書」なので注意が必要です。

みんな家族割+適用後の料金シミュレーション

お金
みんな家族割+に申し込んだ場合、月額料金が毎月いくらになるのかシミュレーションしてみましょう。

データプランメリハリでみんな家族割+適用の場合

今回は最新プランのデータプランメリハリでシミュレーションします。

以下の表は、家族4人以上でみんな家族割+を適用した場合の1人あたりの月額料金です。

項目金額
データプランメリハリ基本使用料6,500円
基本プラン(音声)980円
定額オプション+1,800円
みんな家族割+(4人以上)-2,000円
合計7,280円

みんな家族割+により、2,000円が割引されています。

割引額は家族の人数によって異なるので注意してください。

使い方によってはさらに安くなる!

上のシミュレーションでは、24時間国内通話し放題の「定額オプション」(1,800円)を契約しています。

このオプションをつけなければ、もっと安くすることが可能です。

また、契約プランがデータプランメリハリなので、月のデータ使用量が2GB以下であれば、ここからさらに1,500円安くなります。

もし定額オプション+をつけず、月のデータ量も2GB以下だった場合、月額料金は以下のようになります。

項目金額
データプランメリハリ基本使用料7,150円
基本プラン(音声)1,078円
データ利用量2GB以下-1,650円
みんな家族割+(4人以上)-2,200円
合計4,378円

なんと、4,000円を切ってしまいました!

使い方次第でかなりお得にできるのが、データプランメリハリの魅力ですね。

ソフトバンク みんな家族割+について、よくある質問

ソフトバンク みんな家族割+についてよくある質問に回答しました。

ソフトバンク みんな家族割+とは何か

家族内にソフトバンクユーザーがいると割引になるサービスです。

500円~2,000円割引になります。

ソフトバンク みんな家族割+の条件は何か

指定の定額サービスに加入し、同一家族割引グループに所属していないといけません。

また回線数は2~10回線です。

指定のサービスなど詳しいことは記事をご覧ください。

ソフトバンク みんな家族割+の対象者は同居していないといけないのか

一緒に暮らす家族でなくとも、離れて暮らす親戚や同居中の恋人、シェアハウスの仲間など、対象者は幅広いです。

詳細は記事をご覧ください。

ソフトバンク みんな家族割+の契約方法を知りたい

代表者が1人、ソフトバンクショップに出向いて契約できます。

ただし割引き対象に含める方全員の本人確認書類が必要です。

詳しい手続き方法も記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

みんな家族割+は人数が多いほどお得なプラン

みんな家族割+は、家族が4人以上いれば毎月の料金がかなり安くなるお得なプランです。

みんな家族割+まとめ
  • 4人以上で1人あたり2,000円安くなる
  • 「家族」の範囲は同居人やルームシェアのメンバーでもOK
  • 現在申し込み可能なのはデータプランメリハリのみ

ソフトバンクのみんな家族割+は、なんといっても血縁関係でない人でも申し込めるところが魅力です。

同居中の人やルームシェアのメンバーでも、住所が同じであれば申し込めます。

まずは家族割引に申し込める人が身近にいないかチェックしてみましょう!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
licolico3373
licolico3373
悩みがなさそうと何故かよく言われる30代ママ。元ドコモ運営代理店勤務。初代Galaxy Sから現在まで10機種以上のGalaxyを使うGalaxy愛好者。一番好きな機種はGalaxy note2!一時期BlackBerryに憧れるも使いこなせず断念。趣味はハンドメイドと音楽。好きな食べ物はお刺し身定食。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ