ソフトバンクの2020年春夏スマホまとめ|全機種の価格/スペックは?

  • 2020年6月27日
  • by.araki

Softbank 5G

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、ソフトバンクの2020年春夏モデルを全機種紹介しています。

各キャリアで5G対応スマホが続々と登場していますが、ソフトバンクはその中でも一風変わったラインナップとなっています。

また、ソフトバンクが実施している割引・キャンペーンについても紹介しますので、是非機種選びの参考にしてください。

コスパが良いスマホが欲しいという場合にはiPhone SE(第2世代)が非常におすすめです!

ソフトバンクの2020年春夏モデル
  • iPhone SE(第2世代)
  • AQUOS R5G
  • ZTE Axon 10 Pro 5G
  • LG V60 ThinQ 5G
  • OPPO Reno3 5G

トップ画像引用元:スマートフォン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクの2020年春夏モデルの発売日・価格

ソフトバンク5G

画像引用元:SoftBank 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクの2020年春夏モデルは、以下の5機種です。

機種価格発売日購入
iPhone SE
(第2世代)
57,600円~5月11日ソフトバンクオンラインショップを見る
AQUOS R5G129,000円3月27日
ZTE Axon 10
Pro 5G
72,700円3月27日
LG V60 ThinQ
5G
139,680円5月11日
OPPO Reno3
5G
未発表7月下旬以降
発売予定

それぞれ順番にスペック等紹介していきますね。

春夏モデル①iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

最初に紹介するのは、iPhone SE(第2世代)です。

ソフトバンクの2020年春夏モデルとしては、唯一のiPhoneでもあります。

iPhone SE(第2世代)のスペック

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー
iPhone SEで注目したいポイントは、以下の3点です。

iPhone SEのポイント
  • iPhone 11シリーズと同じ最新チップで処理能力が高い
  • AnTuTuベンチマークスコアは約46万点と高い
  • 本体価格が57,600円~と安い

iPhone SE(第2世代)はコスパ抜群

iPhone SEには、iPhone 11シリーズと同じ、最新のA13 Bionicチップが搭載されています。

そのため、処理能力はiPhone 11シリーズとほぼ同等となります。

端末の総合的な処理能力を示すAnTuTuベンチマークスコアでは、約46万点を記録しています。

これは非常に高い数字で、カメラ性能やゲーム性能を含めた、あらゆる動作で素晴らしいパフォーマンスを発揮します。

項目通常の価格トクするサポート+
64GB57,600円28,800円
(1,200円×24ヶ月)
128GB60,480円32,040円
(1,335円×24ヶ月)
256GB78,480円39,240円
(1,635円×24ヶ月)
購入ソフトバンクオンラインショップを見る

それでいて、価格はなんと57,600円(64GBモデル)となっています。

さらにトクするサポート+を適用すると最安値で28,800円で購入することができます。

同じチップを搭載しているiPhone 11が89,280円(64GBモデル)であることを考えると、非常にお手頃な価格といえます。

iPhone SE(第2世代)は液晶ディスプレイ搭載でサイズも小さめ

iPhone SEには、これといった欠点はありません。

強いて言うなら、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイであることですが、使う上で特別不便はないでしょう。

また最近のスマホにしては4.7インチと小さいことや、Face IDではなくTouch IDが採用されていることも、好みが分かれるかもしれません。

値段に関係なくとにかく高性能なiPhoneが欲しいという人は、iPhone 11シリーズがおすすめです。

iPhone SEで事前にチェックしたいポイント
  • 有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイ
  • サイズは4.7インチと良くも悪くも小さめ
  • コスパ抜群だが最高峰の性能ではない

これらの点が気にならないという場合はiPhone SEは非常にアリな選択肢です!

春夏モデル②AQUOS R5G

AQUOS R5G

画像引用元:スマートフォン AQUOS R5G を商品化

AQUOS R5Gは、5G対応スマホです。

ソフトバンクの2020年春夏モデルの中では唯一、ドコモとauでも扱っているスマホでもあります。

AQUOS R5Gのスペック

AQUOS R5G
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:162.0
幅:75.0
厚さ:8.9 mm
重さ189g
アウトカメラ超広角:約4,800万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
ToFカメラ
インカメラ1,640万画素
バッテリー3,730mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 865 5G
OSAndroid 10
認証指紋認証・顔認証
カラーBlackRay・Aurora White・
Earth Blue
詳細AQUOS R5G 実機レビュー

※Earth Blueはソフトバンクのみ

AQUOS R5Gで注目したいポイントは、以下の3点です。

AQUOS R5Gのポイント
  • 5G対応スマホである
  • AnTuTuベンチマークスコアは約57万点とかなり高い
  • 王道構成のクアッドレンズカメラで高クオリティな写真が撮れる

AQUOS R5Gはスペック最高でサクサク動く

AQUOS R5Gには、Snapdragon 865という、最新かつ最高スペックのチップが搭載されています。

スマホの総合的な処理能力を示すAnTuTuベンチマークスコアでは約57万点を記録。

カメラ性能やゲーム性能を含めた、あらゆる動作で最高のパフォーマンスを発揮します。

カメラのレンズは、広角+超広角+望遠という流行りの構成に、ToFを加えたクアッドレンズという高性能です。

高い処理能力によって、それぞれのレンズの特性をいかんなく発揮できるので、誰でも手軽に高クオリティな撮影が可能です。

項目通常の価格トクするサポート+
256GB129,600円64,800円
(2,700円×24ヵ月)
購入ソフトバンクオンラインショップを見る

AQUOS R5Gはトクするサポート+を適用すると64,800円で購入することができます。

高性能な5Gスマホもこの金額で手にできるとなると、5Gスマホを検討していなかった方も候補に入れてもいいのではと思います。

AQUOS R5Gはディスプレイの面で少し物足りないかも

AQUOS R5Gは、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイです。

よりディスプレイの美しさをこだわる人は有機ELディスプレイのスマホがいいでしょう。

なお液晶ディスプレイでも十分綺麗な画面とはなっています。

春夏モデル③ZTE Axon 10 Pro 5G

ZTE Axon 10 Pro 5G

画像引用元:ZTE Axon 10 Pro 5G(ZTE製)の概要 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

ZTE Axon 10 Pro 5Gは、5G対応スマホです。

キャリアではソフトバンクのみ取り扱っています。

ZTE Axon 10 Pro 5Gのスペック

ZTE Axon 10 Pro 5G
ディスプレイ約6.4インチ
本体サイズ高さ:約159mm
幅:73mm
厚さ:7.9mm
重さ約176g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約2,000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約2,000万画素
バッテリー4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 865 5G
OSAndroid 10
認証指紋
カラーブルー
ZTE Axon 10 Pro 5Gで注目したいポイントは、以下の4点です。

ZTE Axon 10 Pro 5Gのポイント
  • 5G対応スマホである
  • AnTuTuベンチマークスコアは約57万点とかなり高い
  • 有機ELディスプレイ搭載で画面が綺麗に映る
  • 5G対応スマホの中では最安で買える

ZTE Axon 10 Pro 5Gは現在最安の5Gスマホ

ZTE Axon 10 Pro 5Gには、Snapdragon 865という、最新かつ最高スペックのチップが搭載されています。

スマホの総合的な処理能力を示すAnTuTuベンチマークスコアでは、約57万点を記録しています。

カメラ性能やゲーム性能を含めた、あらゆる動作で最高のパフォーマンスを発揮します。

項目通常の価格トクするサポート+
128GB72,720円36,360円
(1,515円×24ヵ月)
購入ソフトバンクオンラインショップを見る

さらに有機ELディスプレイが搭載されているにも関わらず、価格は72,720円と、現状では最安の5G対応スマホです。

ZTE Axon 10 Pro 5Gは防水・防塵に非対応

ZTE Axon 10 Pro 5Gは、おサイフケータイに非対応で、防水・防塵ではありません。

これらの機能・性能がなくてはならない人にとっては、非常に惜しい機種です。

しかし、だからこそ価格が安いともいえます。

春夏モデル④LG V60 ThinQ 5G

LG V60 ThinQ 5G

画像引用元:LG V60 ThinQ 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

LG V60 ThinQ 5Gは、5G対応スマホです。

ソフトバンク以外だとドコモも取り扱っています。

LG V60 ThinQ 5Gのスペック

LG V60 ThinQ 5G
ディスプレイサイズ約6.4インチ
本体サイズ高さ:約177mm
幅:166mm
厚さ:15mm
(本体のみ↓)
高さ:170mm
幅:78mm
厚さ:9.2mm
重さ約353g
(本体のみ:約218g)
アウトカメラ約6,400万画素
約1,300万画素
ToFカメラ
インカメラ約1,000万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 865 5G
OSAndroid 10
認証指紋
カラークラッシーブルー
詳細LG V60 ThinQ 5G実機レビュー
ZTE Axon 10 Pro 5Gで注目したいポイントは、以下の4点です。

LG V60 ThinQ 5Gのポイント
  • 5G対応スマホである
  • AnTuTuベンチマークスコアは約57万点とかなり高い
  • 有機ELディスプレイ搭載で画面が綺麗に映る
  • サブディスプレイ付属で便利に使える

LG V60 ThinQ 5Gがスペック最高&サブディスプレイ付属で使いやすい

LG V60 ThinQ 5Gには、Snapdragon 865という、最新かつ最高スペックのチップが搭載されています。

スマホの総合的な処理能力を示すAnTuTuベンチマークスコアでは約57万点を記録。

カメラ性能やゲーム性能を含めた、あらゆる動作で最高のパフォーマンスを発揮します。

さらに有機ELディスプレイが搭載され、何よりLG V60 ThinQ 5Gには、2画面にもできるサブディスプレイが付属しています。

サブディスプレイを装着すれば、左の画面と右の画面で別々のアプリを起動することも可能です。

邪魔に思う場合は、サブディスプレイを外せばいいだけです。

サブディスプレイがない状態では、至って一般的なスマホのデザインになります。

項目通常の価格トクするサポート+
128GB139,680円69,840円
(2,910円 × 24回)
購入ソフトバンクオンラインショップを見る

LG V60 ThinQ 5Gはかなりの高価格

LG V60 ThinQ 5Gは価格が139,680円と、ソフトバンクの2020年春夏モデルの中でもっとも高いことが欠点です。

この価格の理由は、やはりサブディスプレイが付属しているからでしょう。

サブディスプレイをほとんど使わなかった場合、「無駄な買い物をしてしまった」と感じてしまう可能性は否定できません。

サブディスプレイ自体は新鮮ですが、実際にどれほど使うのか未知数なのが怖いところです。

もちろん購入前から利用目的がはっきり決まっている方には、とても良いスマホだと思います。

春夏モデル⑤OPPO Reno3 5G

OPPO Reno3 5G

画像引用元:OPPO Reno3 5G – 未来を先取りしたスマホ。| OPPO 日本

OPPO Reno3 5Gは、5G対応スマホです。

7月下旬以降に発売される予定で、キャリアではソフトバンクのみで取り扱われます。

OPPO Reno3 5Gのスペック

OPPO Reno3 5G
ディスプレイサイズ約6.55インチ
本体サイズ高さ:約159mm
幅:72mm
厚さ:7.7mm
重さ約171g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約1,300万画素
望遠:約800万画素
モノクロ:約200万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー4,025mAh
RAM8GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 765G
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーミスティ ホワイト
OPPO Reno3 5Gで注目したいポイントは、以下の3点です。

OPPO Reno3 5Gのポイント
  • 他の5G対応スマホより安くなることが予想される
  • 有機ELディスプレイ搭載で画面が綺麗に映る
  • 重たいゲーム以外なら快適に動く

OPPO Reno3 5Gは安価が予想される

まだ価格は発表されていませんので断言できませんが、恐らく他の5G対応スマホよりも安くなるのではないかと思います。

その根拠は、チップにSnapdragon 765を搭載するからです。

Snapdragon 765はミドルレンジモデルのチップなので、Snapdragon 865よりもスペックが落ちます。

それならば、恐らく価格も落ちるはずと予想できます。

ちなみにSnapdragon 765を搭載する機種は、AnTuTuベンチマークスコアで約30万点を記録する傾向があります。

iPhoneでいうと、2017年に発売されたiPhone 8くらいの処理能力です。

ただ、画面には有機ELディスプレイを搭載しています。

重たい3Dゲームなどはきつくなってくるものの、処理能力以外はスペック十分といえます。

OPPO Reno3 5Gは処理能力が高くない

OPPO Reno3 5GのチップはSnapdragon 765なので、ここまで紹介した他の5G対応スマホよりも処理能力は格段に落ちます。

それはつまり、カメラ性能なども含めたあらゆる動作で見劣りすることになるということです。

防水・防塵にも未対応ですが、その分格安で発売されることが期待されます。

ソフトバンクの2020年春夏モデルの注目ポイント

ソフトバンクショップ

ソフトバンクの2020年春夏モデルをひとつずつ紹介してきました。

ここからは、ラインナップ全体を見ての感想・総評をまとめます。

2020年春夏モデルで押さえたいポイント
  • ZTEとOPPOはソフトバンクからの発売のみ
  • 発売するのは5Gスマホがほとんど
  • 4GスマホならiPhone SE一択
  • Xperia・Galaxyの最新機種のラインナップはなし

ZTEとOPPOはソフトバンクからの発売のみ

ZTEとOPPOは、どちらも中国メーカーです。

これらのスマホを扱っているのは、楽天モバイルを除いた3キャリアの中でソフトバンクだけです。

ZTEとOPPOはどちらも、他のメーカーと同等スペックにも関わらず、価格が抑えられる傾向にあります。

イメージとしては、同じく中国メーカーのHUAWEIに近いですね。

HUAWEIがGoogleサービスを使えなくなってしまった今、ZTEとOPPOには「ポストHUAWEI」の期待が寄せられています。

発売するのは5Gスマホがほとんど

ソフトバンクの2020年春夏モデルは合計5機種ですが、そのうち4機種が5G対応スマホです。

Androidスマホに限れば、全機種が5G対応となっています。

まさに5Gの時代が到来していることを印象づけてくれますね。

ちなみにドコモとauでは、5G未対応のスマホも新しく発売しています。

ソフトバンクはもっとも5Gを前面に押し出しているキャリアと言えるかもしれません。

4GスマホならiPhone SE一択

逆に4Gまでのスマホは、iPhone SEのみです。

ちなみにiPhoneではまだ、5G対応のものは世の中に出ていません

iPhoneを使いたい場合は、必然的に4Gまでのスマホとなります。

Xperia・Galaxyの最新機種のラインナップはなし

ソフトバンクでは以前からソニーのXperiaとサムスンのGalaxyは取り扱いなく、今回もラインナップに登場しませんでした。

XperiaとGalaxyはドコモとauのスマホの中でも、かなりの人気を博しています。

どちらも高性能なハイエンドモデルを積極的に発売しているシリーズなだけに、ソフトバンクでは買えないというのは少し残念ですね。

その代わり、以前のHUAWEIやZTE・OPPOのような中国メーカーの製品を取り扱うことで対抗しています。

ソフトバンクの2020年春夏モデルをお得に購入できる割引・キャンペーン

ソフトバンクトクするサポート+

画像引用元:ソフトバンク公式サイト|トクするサポート+

ソフトバンクの2020年春夏モデルの中には、機種代金が高いものもあります。

ですが割引やキャンペーンを利用すれば、想定よりも安くスマホを買うことができます

ここでは、ソフトバンクの2020年春夏モデルに適用できる2つの割引をご紹介します。

2020年春夏モデルに適用できる割引・キャンペーン
  • web割
  • トクするサポート+

オンライン限定の「web割」で21,600円の割引

ソフトバンクオンラインショップ限定で「Web割」を実施中です。

web割を使えば、他社からののりかえ(MNP)だと、対象機種が21,600円も割引になります

まだ発売していないOPPO Reno3 5G以外の2020年春夏モデルは、すべて対象機種に含まれています。

web割の条件
  • 対象機種の購入と同時に、他社からののりかえ(MNP)で「基本プラン(音声)」および「データプランメリハリ」に加入すること
  • 対象機種の購入時に「自宅受け取り」を選択すること

このようにいくつかの条件はありますが、オンラインショップからの機種変更で割引になるのは嬉しいですよね。

トクするサポート+で半額の割引も!

ソフトバンク

画像引用元:トクするサポート+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

さらに「トクするサポート+」を使えば、なんと機種代金が最大で半額になります。

トクするサポート+は、対象機種を返却し、新しい機種に買い替えることで、48回払いのうち最大24回分が免除されるサービスです。

トクするサポート+の条件
  • 対象機種を48回払いで購入すること
  • その機種を返却し、指定機種に買い替えすれば、最大24回分の支払いが免除
  • 13ヶ月目から返却できる
  • 最大24回分の支払い免除を受けるには、25回目を支払う前に返却&買い替えする必要がある
  • 25回目以降も支払った分は返ってこない

短いサイクルで頻繁に買い替えする方にとっては、その都度出費を抑えることができます。

また返却だけして買い替えはしないことも可能ですが、その場合特典は支払い免除ではなく、PayPayボーナスの付与になります。

PayPayボーナスがいくら付与されるのかは返却時の査定で決められます。

トクするサポート+の注意点

ただし、返却の際には注意点もあります。

返却と買い替えが条件になっていることから、本体を丁寧に取り扱うことが重要になります

トクするサポート+の注意点
  • 返却時に故障などがないこと
  • その他ソフトバンクの査定基準を満たしていること
  • 査定基準を満たしていない場合は22,000円(税抜)請求されることも

故障していない状態で返却すると、その分余分にお金がかかってしまうこともありえます。

2020年春夏スマホにトクするサポート+を適用した場合

それでは実際にトクするサポート+で最大の割引を受ける場合、各機種がいくらになるのかを紹介します。

なお、OPPO Reno3 5Gについては、トクするサポート+の対象機種になるのかも現時点では不明です。

25回目の支払い前に返却&買い替えした場合

機種価格返却&買い替え
iPhone SE
(第2世代)
57,600円~28,800円~
AQUOS R5G129,000円64,800円
ZTE Axon
10 Pro 5G
72,700円36,360円
LG V60
ThinQ 5G
139,680円69,840円
OPPO
Reno3 5G
未発表

48回払いのうち最大24回払いが免除されるので、価格は最大半額になります。

ただ、これがお得かどうかは機種にもよります

例えばiPhone SEの場合、2年後でも中古価格は28,800円より高いはずです。

そうなると新品で買って中古で売ったほうがお得になるので、トクするサポート+で返却するのは損ですよね。

逆にAQUOS R5Gは、2年後の中古価格はもっと値崩れしているはず。

そうだとしたら、トクするサポート+で返却したほうがお得です。

とはいえこの予想の根拠は、筆者が2年前の機種の中古価格を調べただけですので、実際に2年後どうなるのかはわかりません。

この通りになる可能性もあれば、大きく外れる可能性もあります。

ただトクするサポート+を利用したからといって、大きく損をすることはないでしょう。

iPhone SE以外は5G対応スマホ!

以上、ソフトバンクの2020年春夏モデルについてでした。

ソフトバンクの2020年春夏モデル
  • Phone SE(第2世代)
  • AQUOS R5G
  • ZTE Axon 10 Pro 5G
  • LG V60 ThinQ 5G
  • OPPO Reno3 5G

iPhone SE(第2世代)を抜かせば全て5G対応スマホと、5G時代の到来を印象づけるラインナップとなっています。

OPPO Reno3 5G以外はSnapdragon 865を搭載しているため、カメラ性能もゲーム性能も最高のパフォーマンスが期待できるでしょう。

その分価格はどうしても高くなっていますが、ソフトバンクの「トクするサポート+」を適用すれば、最大で半額まで割引されます

また他社からののりかえ(MNP)なら、オンライン限定で対象機種が21,600円割引される「web割」もあります。

まだ価格が発表されていないOPPO Reno3 5Gがいくらになるのかも非常に楽しみですね。

ソフトバンクの機種変更が7万円以上お得になる3つのコツ【2020年11月】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ