ソフトバンク2019年夏モデル6つの新機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク2019年夏モデル6つの新機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクから2019年夏モデルとして、Google Pixelシリーズ2機種を含めて合計6機種が発表されました。

そろそろスマホを買い換えようと思っていた人は、どれを選べばいいのか迷っているかもしれません。

そこで、この記事ではソフトバンクの新機種全てのスペックと発売時期を紹介します。

それぞれのスマホにはどんな特徴があるのか、どんな使い方をする人にオススメなのかをチェックしていくので、ぜひ参考にしてください。

トップ画像引用元:スマートフォン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

1 ソフトバンクの2019年夏モデルを一覧で紹介!

Softbank 2019 Smartphone

画像引用元:スマートフォン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

最初に、ソフトバンクの2019年モデルとしてどんなスマホが発売されるのかを簡単に紹介します。

今回発売されるスマホは以下の6機種です。

ソフトバンク2019年夏モデル一覧
  • Google Pixel 3a XL
  • Google Pixel 3a
  • AQUOS R3
  • XPERIA 1
  • arrows U
  • LG K 50

それでは、早速それぞれのスマホの特徴を詳しくみていきましょう。

2 Google Pixel 3a XL

Pixel 3a xl

画像引用元:Google Pixel 3a – Google ストア

Google Pixel 3a XLは、2018年に発売されたGoogle Pixel 3 XLの廉価版といえるスマホです。

その分価格が安くなっているので、コストを抑えたい人にピッタリといえるでしょう。

2-1 Google Pixel 3a XLのスペック

項目Google Pixel 3a XL
発売日2019年5月17日
SoCSnapdragon 670
OS(発売時点)Android 9.0(Pie)
RAM容量4GB
ストレージ(ROM)64GB
※microSD非対応
ディスプレイ解像度2,160 x 1,080
ディスプレイサイズ6インチ
OLED
バッテリー容量3,700 mAh
アウトカメラ12.2MP
インカメラ8MP
購入ソフトバンク公式ショップ

SoCには最新のミドルレンジ用SoCである、Snapdragon 670が搭載されています。

Pixel 3シリーズに搭載されているSnapdragon 845よりスペックは劣るものの十分に使える性能です。

RAMは4GBで、最新スマホに多い6~8GBに比べると少なく感じますが、重い処理をしなければ問題ないでしょう。

ディスプレイの解像度は2,160 x 1,080のOLED(有機ELディスプレイ)なので、ハイコンストラストでくっきりした映像が楽しめます。

2-2 microSDに対応していないので容量に注意しよう

Pixel 3a XLだけでなくGoogleのスマホ全般にいえることですが、microSDを利用できません

また、内部ストレージの容量も64GBしかないので注意が必要です。

画像や動画、音楽などを大量に保管するとすぐにいっぱいになってしまうでしょう。

また、ゲームアプリなど容量が多いアプリにも注意が必要です。

USB-C接続のUSBメモリを利用すれば、外部ストレージにデータを移せるものの、多少手間がかかります。

2-3 カメラ性能はこだわらなければ問題なし

Google Pixel 3a XLのカメラはシングルレンズで、解像度は12.2メガピクセルと少し控えめです。

とはいえ画質が特に悪いわけではないので、そこまでこだわらない人なら十分に感じるでしょう。

3 Google Pixel 3a

Google Pixel 3a

画像引用元:Pixel 3a & Pixel 3a XL – 鮮やかに撮れるカメラ – Google Store

Google Pixel 3aは前述のPixel 3a XLの小型版です。

よりコンパクトなスマホを探している人はこちらがオススメです。

3-1 Google Pixel 3aのスペック

項目Google Pixel 3a
発売日2019年5月17日
SoCSnapdragon 670
OS(発売時点)Android 9.0(Pie)
RAM容量4GB
ストレージ(ROM)64GB
※microSD非対応
ディスプレイ解像度2,220 x 1,080
ディスプレイサイズ5.6インチ
OLED
バッテリー容量3,000 mAh
アウトカメラ12.2MP
インカメラ8MP
購入ソフトバンク公式ショップ

スペックは基本的にPixel 3a xlと同様で、違う部分は次の通りです。

ディスプレイサイズと解像度

ディスプレイサイズは5.6インチでPixel 3a XLより少し小型化されています。

また、アスペクト比が18.5:9と少し縦長になっているのが特徴といえるでしょう。

縦長ディスプレイになっている分、解像度も2,220 x 1,080と少し差があります。

バッテリー容量

本体が小型化されている分バッテリースペースも狭くなり、その分容量が削減されています。

Pixel 3a XLは3,700 mAh、Pixel 3aは3,000 mAhです。

3-2 本体の作りはPixel 3a XLと一緒

前述した2つのポイントを除く、スペックやデザイン、カメラの性能などはPixel 3a XLと同じです。

そのため、コンパクトなスマホと大画面スマホのどちらを選ぶかが判断の分かれ目となるでしょう。

Google Pixel 3a/3a XLのスペック・価格・発売日|無印3との違いは何?

4 AQUOS R3

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R3のスペック・性能|AQUOS:シャープ

AQUOS R3はSHARPが製造する最新のスマホです。

SHARPならではのIGZOディスプレイを搭載しているので、動画や映画鑑賞をする人にピッタリといえるでしょう。

4-1 AQUOS R3のスペック

項目AQUOS R3
発売日2019年5月24日
SoCSnapdragon 855
OS(発売時点)Android 9.0(Pie)
RAM容量6GB
ストレージ(ROM)128GB
※microSD対応
ディスプレイ解像度3,120 x 1,440
ディスプレイサイズ6.2インチ
バッテリー容量3,200 mAh
アウトカメラ12.2MP(標準)
+20.1MP(動画専用)
インカメラ16.3MP
購入ソフトバンク公式ショップ

AQUOS R3は最新のハイエンドスマホ用SoC「Snapdragon 855」を搭載しています。

そのため、3Dゲームをプレイする人にとってもオススメの1台です。

また、なるべくハイスペックなスマホを購入して、できるだけ長く使いたいと考えている人にもピッタリといえるでしょう。

ディスプレイの解像度も高いので、高精細な映像を楽しみたい人や、スマホで動画鑑賞をする人にもオススメ。

ハイエンドスマホを購入したい人の有力な選択肢の1つです。

4-2 120Hzディスプレイでスクロールしてもみやすい

AQUOS R3のディスプレイは120Hz駆動に対応しています。

そのため高速でスクロールしてもしっかり文字や映像が表示され、とてもみやすいと感じるでしょう。

また、動きの早い映像やゲームの表示にも追いつけるので、映画やゲームをストレスなく楽しめます。

次のページでは「XPERIA 1」、「arrows U」、「LG K 50」を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ