ソフトバンク2019年夏モデル6つの新機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク2019年夏モデル6つの新機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

5 XPERIA 1

Xperia 1

画像引用元:Xperia 1 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 1はソニーモバイルの新たなフラグシップモデルとして開発されたスマホです。

ハイスペックなのはもちろん、デザインも洗練されているので要注目の1台です!

5-1 XPERIA 1のスペック

項目Xperia 1
発売日2019年6月14日
SoCSnapdragon 855
OS(発売時点)Android 9.0(Pie)
RAM容量6GB
ストレージ(ROM)64GB
※microSD対応
ディスプレイ解像度3,860 x 1,644
ディスプレイサイズ6.5インチ
OLED
バッテリー容量3,200 mAh
アウトカメラ12.2MP(標準)
12.2MP(望遠)
12.2MP(超広角)
インカメラ8MP
購入ソフトバンク公式ショップ

Xperia 1も最新のハイエンドスマホ用SoC「Snapdragon 855」を搭載しています。

RAM容量も6GBと十分なので、長期利用を考えている人にオススメです。

もちろん、ゲームも快適にプレイできるのでぜひ検討してみてください。

5-2 21:9のベゼルレスディスプレイが美しい

Xperia 1のディスプレイは21:9と、最近のスマホでよく使われている18:9よりさらに縦長になっています。

このアスペクト比は映画などでよく用いられているため、映画鑑賞をする人にオススメです。

また、ベゼルレスディスプレイを採用しているので、より没入感のある映像体験を楽しめるでしょう!

5-3 トリプルレンズカメラを搭載

アウトカメラに標準+望遠+広角のトリプルレンズカメラを搭載しているので、カメラ性能にこだわりたい人にもピッタリです。

普段から写真を撮影したり、ブログやSNSで公開している人はぜひチェックしてみてください。

Xperia 1(エクスペリア・ワン)は4K有機ELディスプレイにトリプルカメラ

6 arrows U

arrows U

画像引用元:arrows U – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

arrows Uは「誰でも使えるスマホ」をテーマに開発されたスマホです。

そのため、シンプルでわかりやすい作りになっています。

簡単に使えるので、初めてスマホを使う人にもオススメといえるでしょう。

6-1 arrows Uのスペック

項目arrows U
発売日2019年6月14日
SoCSnapdragon 450
OS(発売時点)Android 9.0(Pie)
RAM容量3GB
ストレージ(ROM)32GB
※microSD対応
ディスプレイ解像度2,280 x 1,080
ディスプレイサイズ5.8インチ
LCD
バッテリー容量2,880 mAh
アウトカメラ13.1MP
5MP
インカメラ8MP
購入ソフトバンク公式ショップ
arrows Uに搭載されているSoCはSnapdragon 450で、エントリーモデルに位置しています。

そのため、ハードにスマホを使う人ではなくライトユーザーにオススメです。

もともとスマホに慣れていない人でも簡単に使えることをテーマに開発された1台なので、初めてスマホに触れる人やシニア層にピッタリといえるかもしれません。

6-2 独自のホームアプリが使いやすい

標準搭載されているホームアプリ(ランチャーアプリ)は独自のもので、アプリの追加が楽に行えるようになっています。

通常、アプリをホーム画面に追加する際にはドロワーからドラッグ&ドロップする必要がありますが、arrows Uのホーム画面では追加ボタンをタップするだけでOKです。

そのため、スマホ独特の操作に慣れていない人でも簡単に使えるでしょう。

7 LG K 50

LG K 50

画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

LG K 50は大容量バッテリーと大画面がウリのスマホです。

そのため、外出時間が長い人や1回の充電で長時間使いたい人にオススメです。

7-1 LG K 50のスペック

項目LG K 50
発売日2019年6月下旬予定
SoCMediaTek Helio P22
OS(発売時点)Android 9.0(Pie)
RAM容量3GB
ストレージ(ROM)32GB
※microSD対応
ディスプレイ解像度1,520 x 720
ディスプレイサイズ6.26インチ
LCD
バッテリー容量3,500 mAh
アウトカメラ13MP
2MP
インカメラ13MP
購入ソフトバンク公式ショップ

LG K 50には、MediaTekが開発している「Helio P22」というSoCが搭載されています。

このSoCは、Snapdragon 625程度の性能なので、一般的な利用には十分といえるでしょう。

また、最新の3Dゲームをプレイする場合は、GPU性能の低さがボトルネックになるかもしれませんが、そこまで重くない3Dゲームや2Dゲームなら十分にプレイできます。

さらに、ミドルレンジモデルとはいえデザインにもこだわって作られているので、満足できる仕上がりになっています。

7-2 被写界深度測定用カメラを搭載

アウトカメラには、2メガピクセルの被写界深度測定用カメラを搭載しているので、自然なボケがある写真を撮れるのが特徴です。

一眼レフカメラのような質感の写真が取りたい人は、ぜひチェックしてみてください。

7-3 バッテリー持ちは抜群!

LG K 50の最大のウリとされているバッテリー持ちについて、開発元のLG Electronicsは「4日間連続で使える」と宣伝しています。

実際にはインストールしているアプリや使い方によって異なりますが、一般的なスマホに比べてバッテリー持ちがいいと考えておけば問題ないでしょう。

こうしてソフトバンクの2019年夏モデル全機種をチェックしていくと、ハイエンドスマホからミドルレンジスマホまでさまざまなものが揃っていることがわかります。

それぞれに特徴があるので、今回チェックしたポイントを参考にして自分にピッタリの1台を選んでみてください!

次のページでは発売時期と価格をチェックしていきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ