ソフトバンクで新型iPhoneに乗り換え|MNPキャンペーンで安く購入する方法

  • 2018年9月10日
  • by.affiprecious

2

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

いよいよ9月12日に公式発表される新型iPhone。これに合わせ、大手キャリアでも料金プランを一新するなど、顧客獲得に大きな動きを見せています。

今回はその大手キャリアの1つである、ソフトバンクのMNPキャンペーンをご紹介します。

ソフトバンクへMNPをする際、豊富に用意されたキャンペーンやキャッシュバックを駆使することで、大きく月額料金を抑えることが可能です。

実際にかかる月額料金も計算しましたので、ぜひ参考にしてください。

1 ソフトバンクのMNPキャンペーン 特に効果が高いもの3選!

スマホの月額料金を大きく減額するために必要となるのが割引キャンペーンです。

ソフトバンクではさまざまなキャンペーンを展開していますが、今回は特に効果の高い3つをピックアップしました。

3つを併用することもできますので、月額料金を大幅に抑えることも可能です。では、それぞれのキャンペーン詳細を見ていきましょう。

1-1 おうち割光セット

おうち割光セットは、スマホの契約時にソフトバンクのインターネットサービスを同時契約すると、スマホの月額料金が永年割引されるキャンペーンです。

詳しい金額を見ていきましょう。

おうち割光セットは家族全員に適用される!

おうち割光セットの割引額は1人につき1,000円です。しかも、ソフトバンクのスマホを契約している家族全員に適用されます。

つまり、家族が4人いる場合は毎月合計4,000円の割引となるため、2年間で96,000円もの減額が可能なのです。

インターネット契約時に発生する費用はキャッシュバックで補える!

非常に魅力的な内容ですが、ソフトバンクのインターネットサービス「ソフトバンク光」か「ソフトバンクAir」を契約しなければ、このキャンペーンは適用されません。

ここで問題になるのが違約金です。インターネットサービスは基本的に2年間の契約となっており、途中で解約する場合は違約金を払う必要があります。

また、お使いのインターネットサービスによっては工事が必要となる場合もあり、工事費も加算される可能性があります。

そうなると、合計で数万円の費用がかかってしまうことも珍しくありません。インターネットサービスを乗り換える際は慎重に検討する必要があるのです。

キャッシュバックで違約金&工事費をカバー

しかし、おうち割光セットではこれらの費用に頭を悩ませる必要はありません。なぜなら、乗り換えで発生する違約金と工事費に対するキャッシュバックがあるからです。

おうち割光セットのお得なポイント
  • 月額料金の減額。
  • インターネットサービス乗り換えにかかる他社違約金を満額還元。
  • インターネットサービス乗り換え時に発生する工事費用を、最大24,000円分キャッシュバック。

よって、違約金が発生してしまう場合でも、実質無料でインターネットの乗り換えが可能なのです。

「インターネットは家の中で利用することが多い」という人にこそおすすめ

スマホは単体でもインターネットに接続できるため、光回線には魅力を感じないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、そういう人恩恵を得られるのがこのキャンペーンなのです。なぜなら、スマホで最もインターネットを利用する場所は、自宅だから。

一般的に、スマホでインターネットを利用する時間の約8~9割は自宅から接続していると言われています。

つまり、自宅にいる間は光回線経由でインターネット接続すれば、単純にデータ使用量を8~9割ほど減らせるということなのです。

光回線を使用すれば、高額なデータプランを安いプランに変更することができます。間接的ではありますが、光回線を利用することで月額料金の減額につなげることが可能なのです。

1-2 半額サポート for iPhone

iPhoneの機種代金を半額にすることができるキャンペーンです。

このキャンペーンを適用すると、スマホの機種代金が自動的に48回払いに固定され、2年目以降にソフトバンクの新しいスマホを機種変更した際、残りの機種代金を払う必要がなくなります

つまり、48回の月額料金を24回払うだけでOK=実質半額ということです。

仮に新型iPhoneが108,000円だった場合、48回払いでは月額2,250円に、24回払いの場合は4,500円になるため、月額2,250円の減額が発生することになります。

おうち割光セットを上回る減額ですね!ただし、本キャンペーンには次のような条件があります。

半額サポート for iPhoneの適用条件
  • 13ヶ月以上、同じ機種を使用すること。
  • 次回の機種変更の際に、「半額サポート for iPhone」「半額サポート for Android」「機種変更先取りプログラム」のいずれかに申し込む必要がある。
  • 機種変更した際、これまで使用していた携帯電話はソフトバンクに引き渡すこと。

特に注意したいのは2つ目の条件です。

このキャンペーンはAndroidにも適用されるのですが、対象となっているスマホが少ないという欠点があります。

よって、iPhoneを使い続ける場合は特に問題はないのですが、Androidに変更したい場合は自由にスマホを選べないというデメリットが発生するので覚えておきましょう。

ソフトバンク「半額サポート」のデメリット|途中解約は特に注意!

1-3 下取りプログラム(のりかえ)

これまで使用していたスマホをソフトバンクに下取りに出すことで、月額料金を割引してもらえるキャンペーンです

下は機種毎の割引額です。iPhoneはもちろん、Androidやガラケーなども対象となっています。

下取り対象機種特典金額
iPhone 7 Plus45,600円
(1,900円×24回)
iPhone 731,200円
(1,300円×24回)
iPhone 6s Plus24,000円
(1,000円×24回)
iPhone 6s17,280円
(720円×24回)
iPhone 6 Plus
iPhone 611,400円
(475円×24回)
iPhone SE10,800円
(450円×24回)
iPhone 5s4,800円
(200円×24回)
iPhone 5c4,800円
(200円×24回)
iPhone 52,400円
(100円×24回)
iPhone 4s
Xperia XZs、XZ Premium、
XZ、X Compact
21,600円
(900円×24回)
Galaxy S8、S8+、S5、
S6 edge、S6、S7 edge、
Active neo、A8
Nexus 5X、6、6P
HTC U11、HTC 10
Xperia ZL2、Z2、Z3、Z4、Z5、
X Performance
16,320円
(680円×24回)
その他Android10,800円
(450円×24回)
ケータイ、PHS4,800円
(200円×24回)
ソフトバンクならiPhoneを安く購入する方法があるので解説するよ

次の章では、新型iPhoneをソフトバンクで契約した場合にかかる月額料金を試算してみました。

2 新型iPhoneを買ったら月額料金はいくらかかる?

新型iPhoneをソフトバンクで契約した場合の月額料金を計算していきます。

ソフトバンクでは今回のiPhoneの発売にあわせ、基本料金プランを一新していますので、こちらについても一緒に見ていきましょう。

2-1 一新されたソフトバンクの基本料金

ソフトバンクの料金プランは大きく分けて2種類あります。「通話プラン」と「データプラン」です。

ソフトバンクの通話プラン

まずは通話プランですが、以下の3種類があります。

料金通話基本プラン通話基本プラン
+準定額オプション
通話基本プラン
+定額オプション
月額1,500円2,000円3,000円
2年総額36,000円48,000円72,000円

通話基本プラン

通話基本プランでは、基本料金に加え通話30秒毎に20円の料金が発生します。全く電話をしない方であれば一番安く済むプランですが、そうではない方にとっては少々割高となるプランです。

通話基本プラン+準定額プラン

通話基本プランに準定額プランをプラスすると、1回5分以内の国内通話であればすべて無料になります。5分を過ぎた場合は、30秒毎に20円の料金が発生するので注意が必要です。

業務連絡など、短めの電話が多い方には非常に向いているプランと言えるでしょう。

通話基本プラン+定額プラン

通話基本プランに定額プランをプラスすると、国内通話が全て無料になります。基本料金が3,000円と割高ですが、長時間通話が多い方にはこちらのプランが最も安いプランになるでしょう。

ソフトバンクのデータプラン

ソフトバンクの従来のデータプランは、種類が非常に多くて理解しにくかったのですが、今回の変更により2種類に絞られ、とてもわかりやすくなりました。

データ定額制の「ウルトラギガモンスター+」と、データの使用量に応じて料金が加算される「ミニモンスター」です。
料金は以下の表のとおりとなります。

プラン名月に使用したデータ量月額料金
ウルトラギガモンスター+50GBまで5,980円
ミニモンスター1GBまで2,480円
2GBまで4,480円
5GBまで5,980円
50GBまで6,980円

ウルトラギガモンスター+は50GBという大容量に加え、YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO!、Hulu、LINE、Instagram、Facebookで使用したデータ使用量がノーカウントに。

インターネットで動画やSNSなどを多く楽しむ方に打ってつけのプランです。

ミニモンスターにはウルトラギガモンスター+のような嬉しい特徴はありませんが、データ使用量を少なくすることで月額料金を安く抑えることができます。

みんな家族割+を適用してさらに安く!

「みんな家族割+」はデータプランではなく、データプランにかかる割引サービスです。

ソフトバンクのスマホを契約している人数に応じて、月額料金が減額されます。

人数割引額
1人0円
2人500円
3人1,500円
4人以上2,000円

仮にソフトバンクのスマホを契約している人数が4人だった場合は、1人につき月額2,000円が減額されるため、非常に効果の高いサービスと言えます。

加入する条件は以下のとおりです。

みんな家族割+の加入条件
  • ウルトラギガモンスター+に加入していること
  • ミニモンスターに加入している場合、人数としてはカウントされるが、減額はされない。

ウルトラギガモンスター+に加入している場合は何の問題もないのですが、注意すべきはミニモンスターに加入している場合です。

頭数としてカウントの対象とはなるものの、割り引き対象にはなりません。

例えば、家族内でソフトバンクのスマホを契約している人が4人いて、うち2人がウルトラギガモンスター+、残りの2人がミニモンスターに加入しているとしましょう。

この場合、割引額は2,000円となります。ただし、この-2,000円が適用されるのは、ウルトラギガモンスター+に加入している2人だけになる、ということです。

ソフトバンクのiPhone XS/XS Max/XRに機種変更|4つの大きな割引を最大利用

1年おトク割

こちらもデータプランにかかる割引サービスです。

内容は非常に単純で、「ウルトラギガモンスター+またはミニモンスターに加入している人を対象に、毎月1,000円を12ヶ月分割引する」というもの。

特に難しい条件もないお得なサービスですが、期間が1年間だけであることには注意が必要です。

2-2 ソフトバンクにMNPすると月額料金はいくらになる?

では、ここまでに紹介した3つのキャンペーンと基本料金プラン、みんな家族割+や1年おトク割を利用した場合の月額料金を実際に計算してみましょう。

【前提条件】今回の計算で用いる家族構成やその他の背景

  • 家族構成は4人
  • 新作iPhoneの本体価格は108,000円
  • 下取りするスマホはiPhone7 Plus

基本料金プランの選択

通話基本プランは「通話基本プラン」を選択、データプランについては「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の両方のパターンを計算していきます。

まずは基本料金プランのみの金額です。

 ミニモンスター加入の場合ウルトラギガモンスター+加入の場合
通話プラン1,500円1,500円
データプラン2,480円
(1GB未満使用)
5,980円
機種代金4,500円×24回4,500円×24回
月額合計8,480円11,980円
年額合計101,760円143,760円

3つのキャンペーンと2つの割引サービスを適用

まず、「半額サポート for iPhone」で機種代金が半額になります。次に、「下取りプログラム(のりかえ)」でiPhone7 Plusを下取りに出すため、月額1,900円が減額に。

「おうち割光セット」では月額1,000円が減額されますが、「ソフトバンク光」の集合住宅向けプランが3,800円なので、これも加算します。

みんな家族割+は、家族構成が4人の想定なので2,000円の減額。ただし、ミニモンスターを選んだ場合、この額は適用外となります。

最終的な計算結果

 ミニモンスター加入の場合ウルトラギガモンスター+加入の場合
通話プラン1,500円1,500円
データプラン2,480円
(1GB未満使用)
5,980円
機種代金2,250円×24回2,250円×24回
おうち割光セット-1,000円-1,000円
ソフトバンク光料金3,800円3,800円
下取りプログラム-1,900円-1,900円
みんな家族割+適用外-2,000円
1年おトク割-1,000円×12回-1,000円×12回
月額合計6,130円7,630円
年額合計73,560円91,560円

キャンペーンなどを適用していない場合と比べると、ミニモンスターでは月額2,200円、ウルトラギガモンスター+では月額4,200円の減額となります。

1年に換算すると、ミニモンスターでは28,200円、ウルトラギガモンスター+では52,200円もの減額です!

また、上の表は1人目(代表者)の月額料金であり、ソフトバンク光の料金を払う必要がない2人目以降は、3,800円分がさらに減額されます。

つまり、2人目以降はミニモンスター月額2,330円、ウルトラギガモンスター+月額3,830円になるということです。

この月額で新型iPhoneを運用できるのは、かなりお得ですね!

ソフトバンクの支払い料金やプランの契約内容を確認・変更する方法

次の章では、代理店のキャッシュバックを利用して、さらに月額を安く抑えるための方法を解説します。

3 ソフトバンク代理店のキャッシュバックでさらに安く!

ここまではソフトバンクの公式キャンペーンなどを利用した月額料金について見てきましたが、ソフトバンクの正規代理店を利用することでさらに減額することができます。

理由は、正規代理店を利用することで、高額のキャッシュバックが狙えるためです。

ソフトバンクの代理店を使うなら、おとくケータイ.netが一押し!

ソフトバンクの正規代理店はいくつかありますが、その中で最も優秀なのは「おとくケータイ.net」です。

創業8年目となるこの正規代理店は、累積申し込み件数30万件以上と業界No.1の実績を誇り、2位を大きく引き離しています。

おとくケータイ.netでもらえるキャッシュバックは、もちろんこれまで紹介してきたソフトバンクの公式キャンペーンと併用可能です。

新型iPhoneのキャッシュバック額はいくらになる?

キャッシュバック額は購入するスマホの金額によって大きく変わります。

そこで、おとくケータイ.netに問い合わせてみたところ、「新型iPhoneの価格が10万円前後であると仮定した場合、40,000円前後のキャッシュバックを予定している」とのことでした。

新型iPhoneの発表内容によっては、キャッシュバック金額に多少の変更はあるでしょう。しかし、大きく変わることはないと思われます。

キャッシュバックはMNP完了後の翌々月末に直接口座に振り込まれます。

よく「キャッシュバックの受け取り申請を忘れてしまったせいで、お金を受け取れなかった」というトラブルを耳にしますが、おとくケータイ.netでは、そのようなことはありません。

振込先口座について、ユーザーに直接問い合わせをしてくれるため、安心してサービスを利用できます。

4 ソフトバンクの割引キャンペーンを利用すれば新型iPhoneをお得に入手できる!

今回は新作iPhoneをソフトバンクでMNPした場合の料金について説明いたしました。

各種キャンペーンや割引サービスなどを正しく理解することで、月額料金を大きく減額することができます。また、高額キャッシュバックを狙えるソフトバンク正規代理店も活用も、ぜひ検討してみてください。

本記事の情報を参考に、お得に新型iPhoneをゲットしましょう!

ソフトバンクならiPhoneを安く購入する方法があるので解説するよ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ