【2020-2021年秋冬】ソフトバンク新機種の予約発売日・価格・スペック

ソフトバンクの新機種秋冬モデル(2020~2021)の予想を解説しました。例年10月から秋冬モデルが発売されるため、機種変更を検討される方も多いようです。本記事ではソフトバンクの秋冬モデル(2020~2021)の情報、プラスお得に予約購入する方法を解説しています!

  • 2020年10月9日
  • by.annacom14

2020-2021 秋冬 ソフトバンク

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

毎年ソフトバンクでは、10月中旬頃から新機種を発売します。

9月中旬にはiPhoneの新機種も発表されるので、9月下旬~10月頃にスマホの買い替えを検討する人が多いようです。

今年は5Gサービスがスタートしたこともあり、例年以上にどんな機種が発売されるのかが気になりますよね。

そこで今回は、2020-2021年秋冬のソフトバンクで発売が予想される新機種の予約発売日・価格・スペックについて解説します。

ソフトバンクで新機種をお得に予約購入する方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2020-2021年秋冬
ソフトバンクで発売が予想される新機種
  • iPhone 12シリーズ
    (4モデル)
  • Xperia 5 ll
  • AQUOS sense 5G
  • AQUOS zero 3

【速報】ついにiPhone12の発表がありましたね!!
iPhone12iPhone12 Proの予約は10月16日午後9時から
bitWaveでは予約方法を下記で解説しているのでチェックしてみてね。
ソフトバンクでiPhone 12を予約して受け取る手順と予約状況の確認方法

iPhone12 mini

画像引用元:iPhone 12 and iPhone 12 mini – Technical Specifications – Apple

ソフトバンク新機種の発表・発売時期

ソフトバンク5G

画像引用元:SoftBank 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクでは、iPhoneなら毎年1回、Androidは毎年2回、新機種の発表・発売をしています。

発表時期は、iPhoneは9月中旬、Androidは5月上旬と10月中旬です。

その2週間後から順次新機種が発売され、毎年発表時期のタイミングは同じです。

ただし、2020年はiPhoneについての発表が9月には行われず、10月中旬になると見込まれています。

したがって、2020-2021年秋冬のソフトバンク新機種については、iPhone・Androidともに10月中旬に発表の可能性が高いです。

その後順次発売されていくと思われます。

ソフトバンク新機種の
発表・発売時期
  • iPhone:9月中旬の年1回※2020年は10月中旬
  • Android:5月上旬と10月中旬の年2回
  • 発売時期:発表から2週間程過ぎてから順次

【2020-2021年秋冬】
ソフトバンク新機種

ここからは、2020-2021年秋冬のソフトバンク新機種で発売が予想される機種の、予約開始日・発売日・価格について紹介していきます。

ソフトバンクで機種の買い替えを検討している方は、参考にしてみてくださいね。

ソフトバンクから発売が予想される機種は、以下の通りです。

機種名予約開始日発売日価格
iPhone 12 mini
(5.4インチ)
10月16日
(金)
10月23日
(金)
約70,000円
iPhone 12
(6.1インチ)
10月16日
(金)
10月23日
(金)
約80,000円
iPhone 12 Pro
(6.1インチ)
11月13日
(金)
11月20日
(金)
約110,000円
iPhone 12 Pro Max
(6.7インチ)
11月13日
(金)
11月20日
(金)
約120,000円
Xperia 5 ll10月16日
(金)
10月23日
(金)
約110,000円
AQUOS sense 5G12月4日
(金)
12月18日
(金)
約50,000円
AQUOS zero 31月15日
(金)
1月29日
(金)
約110,000円

毎年発売されている、iPhone・Xperia・AQUOS zero・AQUOS senseシリーズが発売される可能性が高いです。

それぞれのスペックについても見ていきましょう。

新型iPhone 12

iPhone12サイズまとめ
2020年の新型モデルiPhone 12は、4モデル登場すると言われています。

iPhone 12はiPhone初の5G対応が期待されるモデルです。

4モデル全てが5G対応になるという予想です。

ただし、5Gの2種類の電波のうち、より高速・大容量でデータ通信ができるミリ波は、ハイエンドモデルのみが対応するという情報もあります。

iPhone 12のプロセッサには、最新のプロセッサA14 Bionicチップが搭載される可能性があります。

iPhone 11よりもさらに処理性能が向上すると考えられます。

4モデルのスペックにはどんな点に違いがあるのか、しっかりチェックしておきましょう。

iPhone 12の4つのモデル
  • エントリーモデル:iPhone 12 mini
    (5.4インチ)
  • エントリーモデル:iPhone 12
    (6.1インチ)
  • ハイエンドモデル:iPhone 12 Pro
    (6.1インチ)
  • ハイエンドモデル:iPhone 12 Pro Max
    (6.7インチ)

iPhone 12 mini(5.4インチ)

iPhone 12 mini(5.4インチ)は、ディスプレイサイズが5.4インチのコンパクトサイズ。

2020年発売のiPhone 11 Proの5.8インチよりも小さく、片手でも難なく操作できそうです。

iPhone 12 mini(5.4インチ)リーク情報をまとめた一覧が以下の通りです。

項目内容
ディスプレイ5.4インチ
プロセッサA14 Bionic
5G対応Sub 6GHz
サイズ高さ:130.8mm
幅:64.6mm
厚さ:6.8mm
アウトカメラ12MPデュアルカメラ
ストレージ容量128GB
256GB

本体サイズが、2020年5月に発売されたiPhone SE(第2世代)(138.4mm×67.3mm×6.8mm)よりも小さく、初代iPhone SEよりも少し大きめのサイズになっています。

初代iPhone SEくらい小さいiPhoneが欲しかった人にとって、まさに待望のコンパクトサイズのiPhoneと言えそうです。

カメラは12MPのデュアルカメラが搭載される見込みです。

5G電波は、sub 6GHzのみに対応予定。

国内の5G電波はsub 6GHzがメインになっているので、sub 6GHzにさえ対応していれば、十分高速・大容量のデータ通信ができますよ。

iPhone 12(6.1インチ)

iPhone 12(6.1インチ)が、iPhone 12シリーズのスタンダードモデルです。

iPhone 11シリーズで言うところのiPhone 11ということになります。

iPhone 12(6.1インチ)のスペックは、以下の通りです。

項目内容
ディスプレイ6.1インチ
プロセッサA14 Bionic
5G対応Sub 6GHz
サイズ不明(iPhone 11とほぼ同じ)
アウトカメラ12MPデュアルカメラ
ストレージ容量128GB
256GB

iPhone 12(5.4インチ)とは本体サイズが違うだけでスペックは同じです。

ディスプレイサイズ・本体サイズは、iPhone 11とほぼ同じになると予想されています。

iPhone 12 Pro(6.1インチ)

iPhone 12 Pro(6.1インチ)は、iPhone 12より性能が高い、ハイエンドモデルになりそうです。

本体サイズは、iPhone 12 Max(6.1インチ)とほぼ同じになると考えれています。

予想スペックは、以下の通りです。

項目内容
ディスプレイ6.1インチ
プロセッサA14 Bionic
5G対応Sub 6GHz
ミリ波
サイズ不明(iPhone 11とほぼ同じ)
アウトカメラ12MPトリプルカメラ
LiDARスキャナ
ストレージ容量128GB
256GB
512GB

iPhone 12(6.1インチ)とは、搭載しているプロセッサは同じです。

ただし、5G電波はsub 6GHzに加え、より高速でデータ通信が行えるミリ波という電波にも対応しています。

データ量が大きいものを高速でダウンロードしたい方、タイムラグなしでオンラインゲームがしたい方は、ミリ波対応のiPhoneを選んでおくと、より快適に操作できますよ。

カメラについても、レンズが3つに増えてトリプルカメラが搭載されます。

さらに、光を使って対象までの距離を測定できるLiDARスキャナも搭載予定です。

LiDARスキャナが搭載されることで、カメラのオートフォーカス機能やAR(拡張現実)機能の精度が向上します。

ストレージ容量は、128GB・256GBに加えて、大容量の512GBも選択可能になるようです。

iPhone 12を存分に使いこなしたい という方は、iPhone 12 Pro(6.1インチ)を選んだ方がよいでしょう。

iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)

iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)は、iPhone 12 Pro(6.1インチ)よりも大きいサイズのモデルです。

スペックはiPhone 12 Pro(6.1インチ)と同じで、サイズだけが大きくなっています。

項目内容
ディスプレイ6.7インチ
プロセッサA14 Bionic
5G対応Sub 6GHz
ミリ波
サイズ高さ:160.8mm
幅:78.0mm
厚さ:8.6mm
アウトカメラ12MPトリプルカメラ
LiDARスキャナ
ストレージ容量128GB
256GB
512GB

ディスプレイサイズは6.7インチ。

iPhone 11 Pro Maxの6.5インチよりも0.2インチサイズアップしています。

本体サイズについても、iPhone 11 Pro Max(158.0mm×77.8mm×8.1mm)よりも大きくなっています。

より大きいサイズのiPhoneが欲しかった人におすすめのモデルです。

ディスプレイが非常に大きいので、動画が快適に視聴できますよ。

Android

スマホを操作する男性
続いて、ソフトバンクから発売が期待されるAndroidのスペックです。

今回紹介する3機種すべてが5G対応になると言われています。

中でも、AQUOS sense 5Gはミドルレンジモデルでありながら5Gに対応するということです。

安く手に入れられる5Gスマホとして期待されていますよ。

5G対応のAndroidが欲しいと思っていた方は要チェックです。

ソフトバンクで発売が予想されるAndroid
  • Xperia 5 ll
  • AQUOS sense 5G
  • AQUOS zero 3

それでは1つずつ見ていくことにします。

Xperia 5 ll

Xperia 5 llは、Xperia 5の5G対応モデルとなります。

Xperia 1 llと似たようなスペックですが、Xperia 1 llよりもサイズが小さく、片手でも操作がしやすいという特徴があります。

ディスプレイサイズ・本体サイズは、Xperia 5とほぼ同じになるようです。

スペックは以下の通りです。

Xperia 5 II
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:158mm
幅:68mm
厚さ:8.0mm
重さ約163g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnaodragon 865
認証顔・指紋
防水IP65
カラーピンク・ブルー・
グレー・ブラック

8GBの大容量メモリを搭載するので、複数のアプリを同時に使用してもサクサク快適に操作ができます。

カメラは、3つのレンズとToFセンサーを搭載したクァッドカメラを搭載。

瞳AFも引き続き搭載するようなので、まるでデジカメで撮影したような美しい写真が簡単に撮影できますよ。

バッテリー容量が4,000mAhの大容量になり、1日たっぷり使っても安心です。

AQUOS sense 5G

AQUOS sense 5Gは、AQUOS sense 3の後継機にあたります。

AQUOS sense 5G
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ未定
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーライトカッパー・
オリーブシルバー・ブラック

AQUOS sense 3はミドルレンジモデルであり、600番台のCPUであるSnapdragon 630を搭載していました。

AQUOS sense 5Gについても、これまで通りミドルレンジモデルとして登場することが予想されます。

CPUに5G対応のミドルスペックSnapdragon 690 5Gを搭載するようです。

そのため、ハイエンドモデルよりは性能は劣ります。

ただし、低価格で5G対応のスマホが購入できる非常にコスパに優れたモデルになると考えられます。

スペックよりも価格を重視したい人は、ぜひAQUOS sense 5Gをチェックしておきましょう。

AQUOS zero 3

AQUOS zero 3は、AQUOS zero 2の後継機です。

AQUOS zeroシリーズはハイエンドモデルで、処理性能が優れています。

項目内容
ディスプレイ6.5インチ
サイズ不明
重さ不明
アウトカメラ4,800万画素
1,220万画素
1,220万画素
インカメラ1,640万画素
バッテリー不明
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 865

12GBの大容量メインメモリを搭載しているので、ゲームなどの重いデータもストレスを感じずに快適に操作できますよ。

カメラは4,800万画素のカメラレンズの他に、1,220万画素のカメラレンズを2つ加えたトリプルカメラが搭載される見込みです。

処理性能が速く、カメラ性能も非常によいものが搭載されるので、どんな使い方もできるオールラウンドタイプのスマホになるのではないでしょうか。

秋冬モデルをお得に予約購入する方法

スマホアドバイザー

画像引用元:スマホアドバイザー | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

最後に、ソフトバンクの秋冬モデルをお得に予約して購入できる方法を紹介します。

ソフトバンクの新機種を予約購入するなら、ソフトバンクオンラインショップがおすすめです。

ソフトバンクオンラインショップをおすすめする理由は、以下の5つのメリットがあるからです。

ソフトバンクオンラインショップの5つのメリット
  • 頭金無料
  • 事務手数料無料
  • 送料無料
  • 24時間利用できて待ち時間なし
  • Tポイントが使える

頭金無料

ソフトバンクオンラインショップなら、頭金無料で購入できます。

店頭でスマホを購入する場合、本体代金とは別に頭金の支払いが必要です。

携帯電話購入における頭金とは、住宅ローンなどでいくらかの代金を先に支払う頭金とは意味が違います。

携帯電話で支払いが必要な頭金とは、スマホの本体代金とは全く別のもので、手数料のようなものです。

各ショップで独自に設定しているものなので、本来なら支払う必要がないものということになります。

ソフトバンクオンラインショップは頭金の支払い一切なしで購入できるので、店頭で購入するよりもお得に買い替えができますよ。

事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップでは、Webからの申し込みで事務手数料が無料になるWebトクキャンペーンが実施されています。

2020年4月21日に開始されました。

期間中にソフトバンクオンラインショップで買い替えを行い、受け取りを自宅にする場合、事務手数料3,300円が無料になります。

頭金と事務手数料が無料になるので、ソフトバンクオンラインショップなら初期費用0円で新機種が購入できます。

送料無料

さらに、受け取り先への送料も、全国一律無料で配送してもらえます。

ネットショップで購入すると送料の負担が気になるという人も多いでしょう。

しかしソフトバンクオンラインショップなら余計な支払いは一切ありません。

また、代引き手数料についても無料です。

商品を一括払いで購入し、代引きで購入したいと考えている人も安心して利用できますよ。

24時間利用できて待ち時間なし

ソフトバンクオンラインショップは、24時間手続き可能です。

店頭で手続きを行う場合は、営業時間内にお店に入る必要がありますよね。

忙しいときはなかなか時間がとれず、新しい機種が欲しくても購入できずにいる方も多いことでしょう。

それに、店頭は非常に混雑しているので待ち時間もあり、機種変更にかなりの時間がかかります。

ソフトバンクオンラインショップなら、いつでもどこでも好きな時間にスマホやパソコンから簡単に手続きができます。

仕事で忙しい人も深夜に手続きができてとても便利ですよ。

待ち時間もなく手続きも簡単なので、10分~15分もあれば新機種の予約購入ができてしまいます。

Tポイントが使える

ソフトバンクオンラインショップでもTポイントが使えるのでお得です。

ソフトバンクでは、スマホを購入するときにTポイントが利用できます。

Tポイントは、ソフトバンクと連携させると、ソフトバンクを利用するだけで貯まります。

さらに、お店で買い物したときにTポイントを提示して貯まったポイントも利用できますよ。

ソフトバンクで機種の購入を検討している方は、購入前にTポイントをたくさん貯めてお得に新機種を購入しましょう。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更する10のメリットとデメリット

ソフトバンク秋冬モデル(2020~2021)新機種の予約発売日などの情報について、よくある質問

ソフトバンク秋冬モデル(2020~2021)新機種の予約発売日などの情報について、よくある質問に回答しました。

ソフトバンク秋冬モデル(2020~2021)新機種を知りたい

新機種は以下のように予想されています

  • iPhone 12シリーズ (4モデル)
  • Xperia 5 ll
  • AQUOS sense 5G
  • AQUOS zero 3

ソフトバンク新機種の 発表・発売時期を知りたい

ソフトバンク新機種の発表・発売時期は例年以下の通りです。

  • iPhone:9月中旬の年1回※2020年は10月中旬
  • Android:5月上旬と10月中旬の年2回
  • 発売時期:発表から2週間程過ぎてから順次

ソフトバンクの秋冬モデルをお得に予約購入したい

ソフトバンクでお得に機種変更やMNP、新規契約するにはソフトバンクオンラインショップがおすすめです。

24時間受付で、頭金や事務手数料が無料になります。

その他、オンライン限定のキャンペーンやTポイントが使えるなど、お得満載です。

ソフトバンクオンラインショップの詳細は記事をご覧ください。

低価格のソフトバンクの秋冬モデルを知りたい

価格帯で見るとiPhone 12 miniが約70,000円、AQUOS sense 5Gが約50,000円です。

スペックやコスパの良さは、記事でご確認ください。

新機種はソフトバンクオンラインショップで予約・購入しよう

ソファでスマホを操作する女性
2020-2021年秋冬ソフトバンクの新機種は、iPhone 12シリーズや5G対応Androidの発売が期待されます。

性能がよいものや、コストパフォーマンスに優れた機種が発売されるという予想されています。

2020-2021年秋冬ソフトバンクで発売が予想される新機種
  • iPhone 12シリーズ
    (4モデル)
  • Xperia 5 ll
  • AQUOS sense 5G
  • AQUOS zero 3

ソフトバンクで買い替えを検討している人は、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

ソフトバンクオンラインショップで予約購入を行えば、頭金無料・事務手数料無料・送料無料で新機種が購入できてお得です。

ソフトバンクオンラインショップを活用して、少しでも安く新機種を手に入れましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ