ソフトバンクのPixel 3/3 XLに機種変更|お得に購入する完全ガイド

  • 2018年10月17日
  • by 
ソフトバンクのPixel 3/3 XLに機種変更|お得に購入する完全ガイド

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2 ソフトバンクの割引キャンペーンを利用しよう

ソフトバンクには、新規購入や機種変更の際に加入できる割引キャンペーンが存在します。ここでは主たるものとして、下取りプログラムと半額サポートを紹介しましょう。

2-1 旧機種を下取りして通信料を割引してもらおう

ソフトバンクには、既存ユーザー向けの「下取りプログラム(機種変更)」と、他社からの乗り換えユーザー向けの「下取りプログラム(のりかえ)」というサービスがあります。

これらはいずれも、自分が使っていたスマホをソフトバンクに下取りしてもらうことで、毎月の通信料が割引されるというものです。

下取りプログラム(機種変更)ではiPhone Xを下取りすると最大63,600円、下取りプログラム(のりかえ)では最大54,000円が割引されます。

Pixel 3/3 XLを買うことで旧機種を使わなくなる場合は、積極的に利用したいサービスですね。

2-3 頻繁に機種変するなら半額サポートもあり

ソフトバンクには、「半額サポート for iPhone /for Android」というサービスもあります。

これは、48回の割賦払いでスマホを購入した上で、25ヶ月目以降に機種変更した場合、残債の支払いが不要になるというものです。

つまり、残り24回の支払いをせずに済むので、スマホ本体代が実質半額になる、というわけです。

ただし、これには以下のような少しキツめの条件もあります。

半額サポート for iPhone /for Androidの条件
  • 割賦契約(48回)で対象機種を購入すること
  • 旧機種の回収および回収条件を満たすこと
  • 機種変更後も「半額サポート for iPhone」「半額サポート for Android」「機種変更先取りプログラム」のいずれかに加入すること
  • 機種変更時の対象機種その他の条件もあり

機種変更の際、旧機種は回収されてしまいます。つまりこのサービスでは機種を購入するというよりレンタルするという感覚のほうが近いと言えるでしょう。

そして、新機種でも半額サポートか、機種変更先取りプログラムというものに加入しなくてはいけません。

【機種変更先取りプログラム】
対象機種を12ヶ月間以上利用したユーザーが機種変更する際、旧機種の回収を条件として最大7ヶ月分の旧機種の残債を実質無料にするというサービスです。

重要なのは、延々とソフトバンクユーザーでいなければならないということ。

他社への乗り換えを検討する気もないという方には向いていますが、少しでも他社や格安SIMが気になっている方には向いていません。

ソフトバンクの新プランまとめ|それぞれ誰にとってお得か検証してみた

Pixel 3/3 XL と半額サポートは相性が悪い?

Pixel 3/3 XLと半額サポートは決して相性がいいとは言えません。

Pixel 3/3 XLの大きな魅力のひとつとして、3年間のアップデート保証があります。

Pixel 3/3 XL はデフォルトでAndroid 9.0が搭載されますが、その後の10、11、12までのアップデートにも対応する線が濃厚です。

しかし半額サポートは、25回目以降に機種変すれば残りの残債をなくせるという性質上、25ヶ月目に機種変更するのがもっとも得になるサービスです。

せっかく3年間のアップデートが保証されているのに、2年間使って機種変というのはちょっともったいないですよね。

無論、ユーザーの判断で3年間やそれ以上使うこともできますが、それでは半額サポートの旨味がなくなっていきます。

そのため、Pixel 3/3 XLのアップデート保証を最後まで受けたい方には、半額サポートはあまり向いていません。

3 既存ユーザーだからこそ受けられる「引き止めポイント」?

携帯電話会社には、「他社から乗り換えてくるユーザーばかりを手厚くサービスして、既存ユーザーはないがしろにしている」というイメージが少なからずあると思います。

特に数年前までは、新規や乗り換えのユーザーならば機種代金が0円になるサービスなどが平気で行われていましたね。

しかし今のソフトバンクには、むしろ既存ユーザーだからこそ受けられるサービスが存在するとされています。それが俗にいう「引き止めポイント」です。

3-1 引き止めポイントは非公式

今回紹介する引き止めポイントはあくまでも非公式のものであって、正式にそういった名称のサービスがあるわけではありません。

しかし、多くのユーザーの証言から、その存在は確かなようです。

引き止めポイントとは

引き止めポイントは、他社への乗り換えをにおわせることで得られるポイント特典です。

証言によれば、もらえる引き止めポイントは10,000~30,000ポイントで、ソフトバンク内のサービスに1ポイント=1円として使えます。

3-2 引き止めポイントをもらう手順

引き止めポイントをもらう手順は、以下のようになります。

  1. ソフトバンクの携帯電話から「*5533」(通話料無料)0800-100-5533」(一般電話からTEL ※通話料無料 9:00~20:00)で連絡をします
  2. ナビダイヤルに従い「2→1→#→契約時の4桁の暗証番号を入力」しましょう→オペレーターにつながります
  3. 「他社に移りたいので携帯番号ポータビリティー(MNP)の予約番号発行したい」旨を伝えます
  4. オペレーターから引き止め説得が入る(場合が多い)
    (例)どこの会社にMNPするのか?
    ※この際に、他社は格安SIMなどよりはドコモ、auといった他キャリアを言った方が良い
    (例)MNPする理由は?
    (例)どの機種に変更するのか?
    ※iPhoneシリーズなどソフトバンクでも扱っている機種がベター
    (例)2年縛りの契約を満了していないので違約金が掛かりますそれでも大丈夫ですか?(※2年縛り中の場合) など
    (例)手数料がかかってしまいますがよろしいですか?
  5. オペレーターさんから「もしソフトバンクに残って頂けるのであれば◯万円のポイントをお付けできますが」と提案される

ユーザーはあくまでも他社に乗り換えするという体でMNP予約番号の発行を依頼し、それに対する説得として引き止めポイントの付与が提案されるという流れとなっています。

あくまで非公式なのでもらえる保証などはありませんが、試しにダメ元で駆け引きしてみてみるのは悪くなさそうですね。

もらえるポイントは契約継続年数や、ソフトバンク光など他サービスの利用状況などによって変わることもあるようです。

実録!ソフトバンクMNP引き止めポイントとウロウロポイントの貰い方【2019年6月更新】

次のページでは、そもそもPixel 3/3 XL は買いなのか検討してみます!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ