ソフトバンクの料金プランが変更できない原因と対処法

ソフトバンクの料金プランが変更できない原因と対処法を解説

  • 更新日:2024年1月12日
  • 本記事には広告が表示されます

この記事では、ソフトバンクの料金プランが変更できない時の原因と対処法を解説します。

ソフトバンクで機種変更をしたり、ソフトバンクの料金プランの見直し・変更を定期的に行うのは、携帯料金節約の大事なポイントです。

新料金プラン「ペイトク」「メリハリ無制限+」が登場してからは、My SoftBankでプラン変更をする人が増えています。

吹き出しアイコン

プラン変更が思うように進められない人は、この記事で原因と対処法をチェックして、スムーズに希望するプランに変更してください。

ソフトバンクの料金プランが変更できないのはなぜ?

この方のようにプラン変更を進められない方がいらっしゃるようです。

そんな方のために、原因と対処法を簡単に解説します。

ソフトバンクでプラン変更できない時の原因

プラン変更ができない方の中には、プラン変更画面へ進むと「お客様のご契約・ご利用状況では、お手続きできません」という表示が出ることが多いようです。

こうした表示が出た場合、以下の3つの原因が考えられます。

詳しくは、下記のスキップリンクをタップして、原因を探ってみてください。

ソフトバンクでプラン変更できない時の対処法

次に、プラン変更がうまくできない時の対処法を紹介します。

詳しくは、下記のスキップリンクをタップして、原因を探ってみてください。

※最新情報はソフトバンク公式サイトでご確認ください。

ソフトバンクでプラン変更ができない原因

SoftBank 2023年秋冬モデル

画像引用元:製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

まず、プラン変更ができない原因をチェックしましょう。

ソフトバンクでは、全国のソフトバンクショップはもちろん、オンラインでもプラン変更が可能です。

思い立ったらすぐプラン変更できるのは便利ですが、ときには次のようなエラーの表示が出ることも。

プラン変更画面を選ぼうとすると「お客様のご契約・ご利用状況では、お手続きできません」という表示が出ることがあるようです。

こんな表示が出ると、「なんで!?」と動揺してしまいますよね。

こうした表示が出た場合、以下の3つの原因が考えられます。

指定プラン契約が条件のキャンペーンを適用中の場合

特定のプランにのみ適用されるキャンペーンを利用している場合My SoftBankではプラン変更ができないケースがあります。

「プラン変更できない」という人の多くは、このプラン指定キャンペーン適用が原因です。

例えば「スマホデビュープラン+」を契約している人は、「1年おトク割+」で1,188円×1年間の割引を受けています。

この1年間の割引期間中は、「ペイトク」や「メリハリ無制限+」にプラン変更しようとしても、先ほど紹介したX(旧Twitter)の画像のようなエラー表示となり、My SoftBankではプラン変更できません。

プラン指定のキャンペーン適用中の場合、プラン変更はソフトバンクショップのみとなります。

なお、加入中のキャンペーンの確認はMy SoftBankから簡単にできます。

ソフトバンク回線でWi-FiをOFFにして、こちらからMy SoftBankにアクセスしてキャンペーン加入状況をチェックしてみましょう。

吹き出しアイコン

原因が特定できない場合は、とりあえずMy SoftBankでプラン変更を試して、ダメだったらショップに行く方針でいいでしょう。

「家族データシェア」「データシェアプラス」の子回線の場合

「家族データシェア」および「データシェアプラス」の子回線のユーザーは、My SoftBankでのプラン変更ができません。

特に「家族データシェア」は、すでに新規受付が終了していますが、現在も継続利用している世帯が多いプランです。

子回線のプラン変更はソフトバンクショップに行く必要があります。

また、子回線は「契約者が親名義・使用者が子ども」であるケースが大半です。

使用者の子どもだけでソフトバンクショップに行っても手続きできないので、必ず契約者が行くようにしましょう。

吹き出しアイコン

2019年9月以降にプラン変更・機種変更がない方は、データシェアの状況が原因となるケースが多くなっています。

すでにプラン変更を受付中の場合

ソフトバンクのプラン変更は、基本的に翌利用月から適用されます。

すでにプラン変更を申し込み中かつ適用前の状態では、別のプランへの変更申し込みはできません。

なお、ソフトバンクの料金締め日は月末とは限りません。

ソフトバンクの締め日
  • 締め日は10日・20日・末日
    (新規契約時に自動的に振り分け)
  • 締め日はMy SoftBankの「支払方法変更」で確認可能

プラン変更を申し込み中の場合、締め日を超えて翌利用月になると適用され、改めてプラン変更できるようになります。

ソフトバンクでプラン変更できない時の対処法

softbank

画像引用元:ソフトバンク

次に、プラン変更がうまくできない時の対処法を紹介します。

ソフトバンクショップで手続きする

My SoftBankで「プラン変更ができません」という表示が出て手続きできない場合、原則としてソフトバンクショップに行って手続きする必要があります。

ソフトバンク公式の案内も「ソフトバンクショップ」のみで、ソフトバンクのカスタマーサポートは一切案内されていません。

原因によってはカスタマーサポートで対応できる内容もあるようですが、この状態は基本的に電話では解決しないと考えた方がいいでしょう。

特に、プランが指定されるキャンペーン適用中の場合は、ショップのみ対応なので、来店予約の上でソフトバンクショップに行きましょう。

親回線で手続きをしてもらう

「家族データシェア」「データシェア」の子回線にあたるユーザーは、My SoftBankではプラン変更できません。

「家族データシェア」は代表回線で家族データシェアを解約のうえで、各回線で翌利用月以降のプランを契約する必要があります。

一方で、「データシェア」の子回線はプラン変更不可のプランが多く、基本的に別回線として「新規契約」が必要と考えておきましょう。

吹き出しアイコン

大抵はMy SoftBankの利用不可の状態なので、子回線がある契約はソフトバンクショップを利用してください。

申し込み済みのプラン変更をキャンセルする

申し込み済みのプランがある場合は、翌利用月になれば変更先プランが反映され、新たにプラン変更できるようになります。

ただ、申し込み済みのプランを誤って登録した場合には、プラン変更をキャンセルし、新たにプラン変更を申し込む必要があります。

ソフトバンクのプラン変更キャンセル手続きは、次の2パターン用意されています。

プラン変更のキャンセル方法

なお、プラン変更のキャンセルは適用開始前日までOKです。

ただし、チャットサポートの場合はキャンセル手続きの反映に1日〜2日かかるので、締め切りギリギリの手続きは避けた方がいいでしょう。

ソフトバンクでプラン変更する方法

iPhone14 Pro Dynamic Island
ソフトバンクのプラン変更は、以下4つの方法で手続きできます。

ソフトバンクのプラン変更申し込み方法

My SoftBank

ソフトバンクのプラン変更は、約者専用のオンラインページ「My SoftBank」がおすすめです。

My SoftBankでは、ほぼ全ての手続きがオンラインで行えます。

なお、ログインにはSoftBank IDとパスワードが必要です。

My SoftBankでプラン変更する手順
  1. My SoftBankにログイン
  2. 変更先プランをタップ
  3. 必要に応じて通話オプションを選ぶ
  4. セキュリティパックなど必要なオプションを選ぶ
  5. 手続き内容の確認方法を選ぶ(My SoftBankがおすすめ)
  6. 注意事項をチェックして「変更内容を確認する」をタップ
  7. 適用日の確認と同意欄にチェックを入れて「申し込み」をタップ
  1. STEP.
    My SoftBankにログイン
    My SoftBankでプラン変更
  2. STEP.
    変更先プランをタップ
    My SoftBankでプラン変更
  3. STEP.
    必要に応じて通話オプションを選ぶ
    My SoftBankでプラン変更
  4. STEP.
    セキュリティパックなど必要なオプションを選ぶ
    My SoftBankでプラン変更
  5. STEP.
    手続き内容の確認方法を選ぶ(My SoftBankがおすすめ)
    My SoftBankでプラン変更
  6. STEP.
    注意事項をチェックして「変更内容を確認する」をタップ
    My SoftBankでプラン変更
  7. STEP.
    適用日の確認と同意欄にチェックを入れて「申し込み」をタップ
    My SoftBankでプラン変更
  8. 終了

画像引用元:料金プランや通話オプションの変更方法を教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

My SoftBankアプリ

「My Softbankアプリ」ロゴ

画像引用元:「My SoftBank」をApp Storeで

2019年にリニューアルした「My SoftBankアプリ」でも、プラン変更を含むほとんどすべての手続きが行えます。

「2021年度グッドデザイン賞」を受賞したアプリだけあって、携帯会社の公式アプリとしては分かりやすく・使いやすいデザインです。

My SoftBankと同じく、24時間365日いつでもプラン変更を申し込めます。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

ソフトバンク公式LINE

ソフトバンクのLINEサポート

画像引用元: LINEトークサポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクの公式LINEからも契約内容の確認やプランの変更ができます。

公式アカウントを友達登録した上で、「My SoftBank」アカウントとの連携を行うことで利用できるようになります。

プラン変更は結局My SoftBankに遷移するので、プラン変更の方法としてはそこまでおすすめではありません。

しかし、利用料金やデータ量の確認が非常に簡単にできるので、友だち追加しておくといいでしょう。

ソフトバンクショップ

全国に約2,200店舗あるソフトバンクショップでも、プラン変更手続きできます。

オンラインでの手続きに不安がある、どのプランに変更するか相談したいなど、対面での手続きを希望する場合はソフトバンクショップを利用しましょう。

店舗で手続きをする場合は、本人確認書類(免許証・パスポート)が必要となります。

また、ソフトバンクショップは混雑する可能性があるので、事前に来店予約してから行くことをおすすめします。

プラン変更のタイミングと料金締め日を要チェック

Xperia 1 V ディスプレイ

ソフトバンクでは、プラン変更の申し込みがさまざまな方法で行えます。

ただ、プラン変更は申し込んだ後すぐに適用されるわけではありません。

実際にプランが変更されるタイミングと申し込みが受理されるタイミングをきちんと把握しておきましょう。

ソフトバンクプラン変更のポイント
  • プラン変更は締め日の翌日(翌利用月)から適用
  • 申し込み時間によっては翌日受付扱いになる
  • プラン変更に手数料は不要
プラン変更申し込みの対応時間
  • My SoftBank・My SoftBankアプリ・LINE:24時間申し込み可能
  • オンライン受付時間:9時~21時
    ※21時を過ぎた申し込みは翌日9時以降に処理
  • ソフトバンクショップ:各店舗の営業時間
    ※混雑する店舗は閉店時間の1〜2時間前に受付終了の場合あり

24時間いつでも、思い立ったらすぐ手続きできるのがオンラインの良いところですが、実際に受付けてもらえるのは営業時間中のみです。

締め日ギリギリで受付終了時間の間際だと、プラン変更の適用まで1ヶ月待つ可能性があります。

ほとんどの人が月末締めですが、念のため締め日をチェックして、時間に余裕をもって手続きしましょう。

また、ソフトバンクショップもネット上の閉店時間は「お店が完全に閉まる時間」を表示しているだけです。

キャリアショップは閉店時間より早く受付を終了する店舗が多く、混雑する都市部やモール内店舗は2時間前受付終了もあります。

吹き出しアイコン

ソフトバンクショップでのプラン変更は手っ取り早いのですが、仕事・学校の後に来店予約なしで行くのはおすすめできません。

プラン変更できない時はソフトバンクショップが手っ取り早い

ソフトバンクのロゴ

画像引用元:ソフトバンク

今回は、ソフトバンクのプラン変更できない時の原因と対処法を解説しました。

ソフトバンクでプラン変更できない時は?
  • プラン指定のキャンペーン適用中など契約状況が原因
  • プラン変更できない時は原則ソフトバンクショップでの対応
  • オペレーター対応で解決する場合も稀にあり
  • プラン変更は「My SoftBank」のWebとアプリが便利
  • 料金締め日=プラン変更適用日は3通りあるので注意!

プラン変更ができない場合、基本的にはソフトバンクショップで対応してもらうことになります。

家族データシェアなど、My SoftBankや電話では対応NGになるケースもあるので、来店予約の上でソフトバンクショップに行きましょう。

どうしてもソフトバンクショップに行く時間がなければ、カスタマーサポートに相談しましょう。

また、すでに他のプラン変更手続き中の場合は、締め日を過ぎるとプラン変更が反映し、改めてプラン変更手続きできるようになります。

ソフトバンクのプラン変更に困った人は、今回の解説を参考に、原因にあわせた対処法を試してみてください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。