【代替案あり】ソフトバンクのポケットWiFiがおすすめできない理由

ソフトバンクもポケットWiFiを出していますが、どうしてもソフトバンクがいい!という方を除いて、なかなかおすすめしづらいです。本記事はおすすめできない理由やソフトバンクのポケットWiFiの代わりにおすすめしたいポケットWiFiを紹介します。とても良いサービスですのでぜひお読み下さい。
  • 2021年7月3日
  • by.bitWave編集部

インターネット予約のイメージ

今回は、ソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめできない理由について紹介します。

少し前と比べると、現在では数多くのポケットWi-Fiが存在していますよね。

そのため、どのポケットWi-Fiを選んでいいのかわからないと思う方も多いはずです。

そういった方はとりあえず名の知れたところを選びがちで、ソフトバンクのポケットWi-Fiも候補に入るでしょう。

しかし、確かにソフトバンクは信用できるところではありますが、ポケットWi-Fiに関してはあまりおすすめできません。

代替案も紹介するので、ソフトバンクのポケットWi-Fiの利用を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

ソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめできない理由
  • 専用プランにデータ上限がある
  • 速度制限時の通信速度がだいぶ遅い
  • 月額料金が他社と比べて割高
  • 機種代金に注意が必要
おすすめのポケットWi-Fi3選
  • 30日お試し無料キャンペーン中
    AiR-WiFi
  • 契約期間の縛りがない
    クラウドWiFi
  • 最短1日~借りれる
    WiFiレンタルどっとこむ
関連記事

本記事では大容量のおすすめポケットWiFiを中心に、月額料金や特徴などを比較・紹介します。 現在、容量無制限で使えるポケットWiFiは少なくなり、100GB〜300GBの大容量ポケットWiFiが中心となりました。 どのポケットW[…]

ポケットWiFi おすすめ

※記事中の価格はすべて税込です

ソフトバンクのポケットWi-Fiの特徴

ソフトバンクのWiFiスポットを探すアプリ

画像引用元:「ソフトバンクWi-Fiスポット」をApple Storeで

まずは、ソフトバンクのポケットWi-Fiにどういった特徴があるのかを説明します。

こちらの方もしっかりチェックしておきましょう。

ソフトバンクのポケットWi-Fiの機種

ソフトバンクで現在契約できるポケットWi-Fiの機種は、法人を除く場合では以下の2つがあります。

ソフトバンクポケットWi-Fiの機種一覧
  • Pocket WiFi 5G A004ZT
  • Pocket WiFi 802ZT

これらのスペックを以下の表にまとめました。

スペックPocket WiFi
5G A004ZT
Pocket WiFi
802ZT
ポケットワイファイ
サイズ
133×73×18.6mm112×67.5×15.6mm
重さ約225g約153g
連続通信時間5G:約3~3.6時間
4G:約5.9~7.4時間
約12~13.5時間
連続待受時間4G:約580~600時間4G:約1,590時間
3G:約1,650時間
充電時間約150分約115分
バッテリー容量4,100mAh3,000mAh
最大通信速度
(下り)
5G:3.0Gbps
4G:838Mbps
838Mbps
最大通信速度
(上り)
5G:298Mbps
4G:46Mbps
46Mbps

それぞれの特徴について紹介します。

Pocket WiFi 5G A004ZT

ソフトバンク ポケットWi-Fi

画像引用元:ソフトバンク|Pocket WiFi 5G A004ZT

Pocket WiFi 5G A004ZTは、ソフトバンクで発売されてきたポケットWi-Fiで、初めて5Gに対応した商品です。

Wi-Fi6に対応しており、USBポートも付いていることから有線LANでも接続可能です。

また、2.4GHz帯と5.0GHz帯のWi-Fiを同時に使用することが可能で、さまざまな機器で同時に利用できます。

Pocket WiFi 802ZT

ソフトバンク ポケットWi-Fi

画像引用元:ソフトバンク|Pocket WiFi 802ZT

Pocket WiFi 802ZTの最大の特徴は、バッテリーの持ち時間の長さです。

2時間近い充電時間は必要ですが、約12時間ほど連続で使用することが可能です。

そのためフル充電していれば、1日中外で使っても電池がなくなることはほぼないでしょう。

また、防水機能がついているのもありがたいポイントです。

ソフトバンクのポケットWi-Fiのプラン

ソフトバンクのポケットWi-Fiのプランは、以下の2つから選べます。

ソフトバンクのポケットWi-Fiのプラン一覧
  • データシェアプラン
  • データ通信専用50GBプラン

こちらも、それぞれどういったものなのか説明していきます。

データシェアプラン

データシェアプランは、スマートフォンとセットで利用する場合のプランです。

親回線で契約しているデータ定額サービスのデータ量を、最大5台まで共有できるというものです。

そのため、親回線の契約プランによって使える容量が変わってくるのが特徴です。

プラン名データシェアプラン
月額料金1,078円
データ上限親機のプランによって変わる

ポケットWi-Fiをそれなりに利用したい方には、この組み合わせは結構おすすめですね。

データシェアプラン加入の条件は以下のものがあります。

データシェアプラン加入の条件
  • 親回線が対象のプランに加入していること
  • 親回線と子回線が家族であること

対象プランは下記の通りです。

親回線の対象プラン
  • 基本料:
    「基本プラン(音声)」
    「通話基本プラン」
    「通話定額基本料」
    「通話定額基本料(ケータイ)」
    「通話定額ライト基本料」
    「通話定額ライト基本料(ケータイ)」
    「ホワイトプラン」
    「標準プラン」
  • 「基本プラン(音声)」に非加入の場合はウェブ使用料
  • データ(パケット)定額サービス:
    「データプランメリハリ無制限」
    「データプランメリハリ」
    「データプラン50GB+」
    「データ定額 50GBプラス」
    「データ定額ミニ 1GB/2GB」
    「データ定額 5GB/20GB/30GB/50GB」
    「パケットし放題フラット for 4G LTE」
    「パケットし放題フラット for 4G」
子回線の対象プラン
  • 基本料:
    「基本プラン(データ)」
    「タブレット基本料」
    「Wi-Fi ルータープラン」
    「Wi-Fi ルータープラン(高速)」
    「スマートデバイスプラン」
    「スマートデバイスプラン(年契なし)」
  • 「タブレット基本料」加入の場合はウェブ使用料

データ通信専用50GBプラン

続いて、データ通信専用50GBプランについて見ていきましょう。

プラン名データ通信専用
50GBプラン
月額料金5,280円
データ上限50GB
制限時通信速度最大128Kbps

こちらはポケットWi-Fiやタブレット専用のプランで、月に50GBまで利用できるプランです。

スマホの契約がない場合にはこちらのプランを選択することになるでしょう。

月のデータ通信量が50GBを超えた場合、通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

ソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめできない理由

デメリット

ここまでは、ソフトバンクのポケットWi-Fiの特徴について紹介してきました。

それらを踏まえたうえで、ここからは本題の、ソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめできない理由を紹介していきます。

ソフトバンクのポケットWi-Fiの利用を考えている方は、しっかり確認しておきましょう。

またそれ以外で探している方も、どこと契約するかの判断材料になるので、目を通しておくことをおすすめします。

ソフトバンクポケットWi-Fiがおすすめできない理由
  • 専用プランにデータ上限がある
  • 速度制限時の通信速度がだいぶ遅い
  • 月額料金が他社と比べて割高
  • 機種代金に注意が必要

専用プランにデータ上限がある

ポケットWi-Fiの契約をする際、一番気になるのがデータ上限だと思います。

月のデータ使用量がデータ上限を超えてしまうと、速度制限がかかってしまい、快適にネットを使用できません。

そんなデータ上限ですが、最近では無制限のものが増えてきました。

しかし、ソフトバンクのポケットWi-Fiの専用プランでは、データ上限が50GBまでとなっています。

そのため、かなりの頻度でポケットWi-Fiを使用するという方には、ソフトバンクのポケットWi-Fiは向きません。

基本的には月50GBまで使えれば、大きく困るようなことはないでしょう。

ただし、オーバーして使った場合に通信制限があることは押さえておきましょう。

速度制限時の通信速度だいぶ遅い

先程も説明した通り、月のデータ上限を超えてしまうと、その月内は通信速度制限が発生します。

他社の速度制限時の最大通信速度は、大体1Mbpsという値となっています。

しかしソフトバンクのポケットWi-Fiの場合、速度制限時の最大通信速度は128kbpsです。

これは他社の約8分の1の値で、かなり低い数値となっています。

そのためデータ上限を超えてしまうと、まともにネットが使えなくなります。

月額料金が他社と比べて割高

ソフトバンクのポケットWi-Fiの利用料金は、他社と比べて高いです。

既述の通り、データ通信専用50GBプランは月額5,280円です。

しかし他社の場合、月100GBや無制限でこれより安いプランもあります。

中には月額3,000円台のところもあります。

サービスエリアの広さや通信速度をなどを考慮しても、高めの料金設定と言えるでしょう。

機種代金に注意が必要

ソフトバンクのポケットWi-Fiで特殊なのが、機種代金です。

まず、他社ではポケットWi-Fiの機種代金がかからないところもありますが、ソフトバンクの場合は支払う必要があります。

また、機種代金は分割なのですが、支払期間は3年です。

そのため途中で解約したとしても、支払いは残ります。

実質3年契約のようなものだと言えるでしょう。

ソフトバンクのポケットWi-Fiの代替案

チェックポイント

ソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめできない理由について、前の章で紹介しました。

ここまで読んでくれた方の中には、「ならどこのポケットWi-Fiがいいの?」と疑問を持つ人がいるでしょう。

そこでここからは、ソフトバンクの代わりにおすすめなポケットWi-Fiを3つほど紹介します。

おすすめのポケットWi-Fi3選
  • AiR-WiFi
  • クラウドWiFi
  • WiFiレンタルどっとこむ

それぞれ説明するので、ポケットWi-Fi選びの参考にしてください。

AiR-WiFi

Air-WiFi

画像引用元:【公式】Air-WiFi

Air-WiFiでは、毎月のデータ上限は100GBとなっています。

無制限ではないですが、利用料金が3,278円ということもありかなりお得です。

また、30日間の無料お試しキャンペーンを行っています。

そのため使用してみて満足いかなかった場合は、期間中に解約すれば使用料は0円となります。

ただし、以下の注意点があるので確認してください。

Air-WiFiの無料お試しキャンペーンの注意点
  • 契約日から30日以内に解約手続きをした場合のみ適用される
  • 事務手数料と初月利用料金は発生する→解約後に返金される
  • 即日発送での申し込みの場合は契約日より25日以内に解約の連絡をしなければならない
  • 端末の返却期限は契約日より30日以内
  • 大きな破損や汚れがある場合22,000円の端末損害金が発生(ケーブルや説明書・箱も対象)
  • 50GBを超える通信量が確認された場合は7,700円の料金が発生する
  • 返金事務手数料1,100円とクリーニング代2,200円が発生

AiR-WiFIでは事務手数料と初月の利用料金は発生します。

期間内に解約をした場合に、それらの料金が返金される仕組みです。

そのためお試し期間で解約しなかった場合は、通常どおり支払いが発生するので注意が必要。

また、お試し期間中に通信量が50GBを超えると7,700円の通常解約費用が発生します。

さらに、お試し期間で解約しても3,300円の支払いが発生するので、結局料金は払うことになります。

Air-WiFiの無料お試しキャンペーンを利用する場合には注意しましょう。

クラウドWiFi

クラウドWiFi

画像引用元:クラウドWi-Fi/U3-100GB

クラウドWiFiには解約期間の縛りがなく、いつでも解約料金0円で解約できます。

また全世界135ヶ国で利用できるので、海外出張や留学などに非常におすすめです。

ただし初月での解約はできないので、そこには注意してください。

月100GBまで使用可能で、最大10台まで接続可能です。

それでいて月額料金は3,718円となっているので、かなりお得ですね。

月額440円の補償もあるので、安心して利用できます。

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

画像引用元:【公式】WiFiレンタルどっとこむ|WiFiレンタル日本国内専用

WiFiレンタルどっとこむは、1日単位でポケットWi-Fiをレンタルできるサービスです。

借りられるポケットWi-Fiは数多く存在します。

一部を抜粋して、以下の表にまとめました。

機種短期(1日)のレンタル料金
SoftBank E5383495円
WiMAX W06605円
WiMAX WX06605円
SoftBank T6495円

大体の機種が500円前後でレンタルできます。

海外旅行で使いたいという方には、もってこいのサービスですね。

30日31泊でレンタルする場合、1日当たりのレンタル費用は更に安くなります。

また受け取りと返却に関しては、宅配もありますが空港やコンビニでも可能で、非常に便利です。

それぞれの料金は以下のようになっています。

受け取り
  • 受け取り方法:宅配・空港・コンビニ
  • 1台550円・2台以上1,100円(税込)(4台まで)
返却
  • 返却方法:宅配・空港・ポスト
  • 宅配:料金はお客様負担
  • 空港:1台550円・2台以上1,100円(税込)(4台まで)
  • ポスト:1台につき517円

ソフトバンクのポケットWi-Fiはおすすめできない

今回は、ソフトバンクのポケットWi-Fiの特徴と、おすすめできない理由について紹介してきました。

ソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめできない理由としては、以下のものが挙げられます。

ソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめできない理由
  • 専用プランにデータ上限がある
  • 速度制限時の通信速度がだいぶ遅い
  • 月額料金が他社と比べて割高
  • 機種代金に注意が必要

また、代わりにおすすめしたいポケットWi-Fiには、以下のものがあります。

おすすめのポケットWi-Fi3選
  • 30日お試し無料キャンペーン中
    AiR-WiFi
  • 契約期間の縛りがない
    クラウドWiFi
  • 最短1日~借りれる
    WiFiレンタルどっとこむ

ソフトバンクのポケットWi-Fiを利用しようとしている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。