ソフトバンクのポケットWi-Fiの全て|無制限プランなしの月額料金は?

  • 2018年11月18日
  • by 
ソフトバンクのポケットWi-Fiの全て|無制限プランなしの月額料金は?

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

スマホでネットも電話も何もかも補っているという人は少なくありませんが、それでもネット通信量が足りないなど不便に感じていることはありませんか。

固定回線を引くにしても

  • 工事費がかかったり
  • 業者が家に来る

などと面倒なことばかり。そんな時におすすめなのがポケットWi-Fiを持つことです。

そこで今回は、ソフトバンクのポケットWi-Fiについて解説をします。

併せて、WiMAXとの比較やソフトバンクの製品であるSoftbank Airについても紹介するので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:Pocket WiFi 601HW | モバイルデータ通信 | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

1 ソフトバンクのポケットWi-Fi「601HW」について

画像引用元:Pocket WiFi 601HW│モバイルデータ通信│ソフトバンク

まず、ポケットWi-Fiとは何かということから解説します。

ポケットWi-Fiとは、持ち運びができるWi-Fiだと思ってください。

通常であれば、家でWi-Fiを使う場合、ネット回線を引く為に工事をしなければいけません。

工事費がかかることはもちろん、業者が家に入り立ち会う必要があるなど少々手間がかかります。

しかし、ポケットWi-Fiであれば、

  • 工事は不要
  • 工事業者の立会も不要

で、早ければ契約した翌日からWi-Fiを使うことができるようになります。

端末自体の大きさもカードケース程度なので、家に置いておくだけでなく外出先に一緒に持っていくことも可能です。

気軽にWi-Fi環境を整えられるということで、

  • 回線工事が面倒な人
  • マンションにネット回線を引くことができない人
  • 学生

などを中心に人気があります。

今回は、現在ソフトバンクで取り扱いしているポケットWi-Fi「601HW」について解説します。

1-1 ソフトバンクのポケットWi-Fiのプランと月額料金

ソフトバンクのポケットWi-Fiの601HWは2017年に発売となった機種です。現在ソフトバンクの公式サイトでは、601HWの取り扱いのみとなっています。

プランもとてもシンプルで、7GB制限のプランのみとなっており、月額料金は最安値3,991円で使うことができます。

本来であれば機種代金込みで5,071円かかりますが、現在キャンペーン中で1,080円の割引が適用されて、ずっと3,991円で使うことができます。

このキャンペーンは、いつ終了するかわからず、急になくなってしまう可能性もあります。

7GBってどれくらいなの?

他社のポケットWi-Fiの多くはネット無制限のプランがありますが、ソフトバンクのポケットWi-Fiは現在7GBプランのみとなっています。

7GBと聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、目安としては以下の通りとなります。

  • 動画の視聴約30時間程度
  • 音楽の再生約1,500曲程度
  • ウェブページの閲覧約20,000ページ程度

もちろん、それぞれのデータの容量によっても通信量は異なりますが、大体の目安がこれくらいです。

あまりイメージがつかないかと思いますが、1日1時間程度動画を観る習慣のある人で丁度良いくらいだと思われます。

それ以上使う人には、7GBは少し足りないかもしれません。

1-2 ソフトバンクのポケットWi-Fiの契約内容

ソフトバンクのポケットWi-Fiの契約は基本的に2年間となります。

スマホと同じで、2年間の自動更新付きプランとなっており、2年後の、ある2ヶ月間の更新月に解約をすれば契約解除料はかかりません。

しかし、更新月以外の契約期間内に解約をすると9,500円の契約解除料が発生します。

ポケットWi-Fiにも回線番号としての電話番号が割り当てられていますが、通話専用の番号ではないのでMNPの対象ではありません。

また、ソフトバンクのポケットWi-Fiの場合は、機種代金の支払い期間が36回となっているので、契約期間は2年ですが、機種の支払いは3年間となります。

1-3 ソフトバンクのポケットWi-Fiの通信速度

ソフトバンクの公式サイトによると、通信速度は最大下り612Mbpsまで出るといわれています。他社のポケットWi-Fiと比べてもかなり速い数値です。

しかし、気をつけて欲しいのが、あくまでこの速度はベストエフォートによって測定された通信速度だということです。

ベストエフォートとは?

ベストエフォートとは、周囲に障害物もなく通信を阻害する要素が一切ない最高の環境で測定された通信速度のことをいいます。

そのため、一般的な環境では612Mbpsという速度は、まず出ないものだと思いましょう。

これはどのキャリアのスマホもポケットWi-Fiも同じ方法で測定されています。

実効速度(実際の速度)に関しては、ベストエフォートで測定された数値の4分の1程度出れば大したものです。

ただ、ベストエフォートで600Mbpsを超える通信速度を観測したということであれば、普通にネットを使う分には支障なく快適に使うことができるでしょう。

ポケットWiFiおすすめランキング|快適に使える7社【2020年】
ソフトバンクのポケットWi-Fiのポイント
  • キャンペーン適用で月額3,991円で使うことができる
  • 契約期間は2年間で自動更新あり(端末の支払いは36回)
  • 7GB制限で帯域制限はなく快適に使える
  • 601HWの通信速度は最大612Mbps

次の章では、WiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiを比較してみました。

2 WiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiを比較してみた

画像引用元:WX05│Broad WiMAX

次に、他社の中でもかなり人気の高いWiMAXとの比較をします。

今回比較するのは、WiMAXの最新機種である「WX05」です。

まず、WiMAX「WX05」の契約内容や料金プランについてまとめました。

  • 下り最大440Mbps
  • 初期費用18,857円がかかるがWeb申込みキャンペーンで無料に
  • 無制限プランの場合は月額3,411円(3ヶ月間は2,726円)
  • 7GBプランの場合は3,326円(3ヶ月間は2,726円)
  • 契約期間は3年間
  • 機種代金はキャンペーンにより無料

上記に記載のあるキャンペーンについては、いつ終了するかわかりません。

2-1 WiMAXは無制限プランがあるが帯域制限もある

画像引用元:WX05│Broad WiMAX

WiMAXの利点は、無制限プランと7GBプランの2種類があります。

7GBでは足りないという人は無制限プランにすることが可能なので、より多くのニーズに応えることができます

しかし一方で、無制限プランだからといって完全に制限がないわけではありません。

WiMAXのポケットWi-Fiには帯域制限と呼ばれるものがあります。

WiMAXの帯域制限

帯域制限とは、1ヶ月の通信制限の他に、3日間の通信量が一定の数値を超えると通信制限がかかるというものです。

WiMAXの帯域制限は直近3日間で10GB以上使ってしまった場合、翌日18時から翌々日2時くらいまで通信制限がかかるというものです。

直近3日間なので、1日で10GB以上使ってしまうとその後3日間は通信制限がかかってしまうということになります。

酷い場合は、1日使えたと思ったらその後しばらく使えなくなるということもあるそうです。

無制限だからとむやみに使わず、ある程度調整しながら使うべきです。

2-2 料金はWiMAXの方が安い

同じ7GB制限のプランを見ていると、WiMAXのプラン料金の方がソフトバンクのポケットWi-Fiよりも安いということがわかります。

無制限ですらWiMAXはソフトバンクのポケットWi-Fiよりも安いので、WiMAXはかなりコスパが良いです。

安さの理由は定かではありません。

しかし、ポケットWi-FiではWiMAXが圧倒的にシェアを占めているので、ユーザー数の差やポケットWi-Fiをメイン商材として取り扱っているということが理由だと考えられます。

ソフトバンクはどちらかというとスマホがメインですし、ポケットWi-Fiは2017年以降新しい機種が発売されていないので、あまり注力していないようです。

2-3 通信速度はソフトバンクのポケットWi-Fiの方が速い

WX05と601HWの数値上の通信速度だけ見ると、ソフトバンクのポケットWi-Fiの方が通信速度が速いです。

ただし、あくまでベストエフォート方式による通信速度なので実効速度を保証しているものではありません。

正直なところ、そこまで変わらないのではないかと思われます。

ただ、ソフトバンクのポケットWi-FiはWiMAXのような帯域制限がないため、使い勝手を考えると快適に使えるのはソフトバンクのポケットWi-Fiです。

【WiMAX VS ポケットWi-Fi】徹底比較!どっちがおすすめか?その理由
ソフトバンクのポケットWi-FiとWiMAXを比較した結果
  • 月額料金はWiMAXの方が安い
  • 契約期間が長いのはWiMAXの方
  • WiMAXは無制限プランがあるが帯域制限がある
  • ソフトバンクのポケットWi-Fiの方が通信速度が速い

次の章では、ポケットWi-Fiを使うメリット・デメリットを解説します。

3 ポケットWi-Fiを使うメリット・デメリット

次に、ポケットWi-Fiを使うメリット・デメリットについて解説をします。

通信速度やネット環境の快適さに関しては、正直固定回線に勝るものはありません。

しかし、固定回線は、

  • マンションの仕様上工事ができない場合
  • マンションの上層階ということで対応が工事費が余計にかかったり

と、回線を引けないことや引きにくいこともあります

そんな時に、ポケットWi-Fiは工事不要で契約後、すぐに使えるので、気軽にWi-Fi環境を整えられるということで非常に重宝されています。

3-1 ポケットWi-Fiを使うメリット

ポケットWi-Fiを使うメリットは下記の通りです。

  • 気軽にどこにでも持ち歩ける
  • 回線工事不要でWi-Fi環境が手に入る
  • 対応エリアが広いので比較的どこでも使える
  • 自宅用のネットとして使い勝手が良い

気軽に持ち歩ける、使い勝手が良い点などがポケットWi-Fiの魅力です。

マンションの階数や環境にも影響されないので、比較的どこでも繋がりやすいというのも嬉しいポイントです。

固定回線ですと、マンションを引っ越した時に工事も必要になりますが、ポケットWi-Fiであれば引越し先に持っていくだけですぐに使えます。

気軽にWi-Fi環境を手に入れることができる点が1番のメリットです。

3-2 ポケットWi-Fiを使うデメリット

一方で、ポケットWi-Fiのデメリットは下記の通りです。

  • 固定回線と比べて通信速度が遅い
  • マンションタイプの固定回線とあまり料金が変わらないことも
  • 充電が切れると使えない可能性がある

通信速度に関しては固定回線に勝てません。

ただし、普通にスマホを使う分には支障なく使えるので、よほどヘビーな使い方をしない限りは問題ありません。

料金に関しても、固定回線のマンションタイプの金額(大体4,000円程度)とあまり変わらないので、コスパの部分であまりメリットはありません。

ただ、工事費用(大体20,000円程度)がかからないなど初期費用が安いことを考えると、やはりポケットWi-Fiは気軽に使えるWi-Fi環境です。

4 無制限が良いなら「Softbank Air」がおすすめ

画像引用元:【公式】Softbank Air │ ソフトバンク

ポケットWi-Fiの利用に関して実際には、

  • ソフトバンクのポケットWi-Fiが7GBであることにネックを感じている人
  • WiMAXの帯域制限が困る人

などたくさんいると思います。

しかし、さまざまな事情で固定回線を引くことができない人が多いのも事実です。

そこでおすすめしたいのが、家のACコンセントに繋ぐだけでWi-Fi環境を作れる「Softbank Air」です。

Softbank Airであれば、毎月の通信制限だけでなく帯域制限もありません。

持ち運びができず、自宅専用の機種ですが、工事費がかからないということで多くの人に重宝されています。

Softbank Airも固定回線と同様に設置先のエリアチェックが必要となりますが、エリアチェックでNGが出た場合でもその場所で使えることが多いといわれています。

ただし、設置先として申請していた住所と別の場所で使うと利用停止にさせられる場合があります

住所が変わる場合はしっかりとSoftbank Airのコールセンターに連絡を入れましょう。

月額料金は2年間4,104円

月額料金は2年間4,104円で、2年目以降は5,270円となります。

契約期間は2年間ですが機種代金の支払いが36回支払いなので、機種代金を支払いきって更新月に解約することを望むなら実質4年間使うことになります。

固定回線は滅多に変更することがないので、Softbank Airもそう簡単に機種変更することはないと思います。

ソフトバンクエアーを解約する前に|違約金や解約のタイミングって

5 ポケットWi-Fiはネット環境が簡単にできるアイテム

最後に、ポケットWi-Fiを持つメリット・デメリットについてまとめます。

ポケットWi-Fiを持つメリット・デメリット
  • 工事不要で気軽にWi-Fi環境を手に入れることができる
  • 持ち歩いたり家に置くなど使い勝手が良い
  • 対応エリアが広い
  • 固定回線の月額料金とあまり変わらないのがネック

どこでも気軽に持ち歩けるポケットWi-Fiは、

  • 家にネット環境がない人
  • マンションの事情等により回線工事が難しい人

に大変重宝されています。

通信速度は固定回線と比べると劣りますが、普通の使い方をしていれば支障はほぼありません

家に置いて自宅用Wi-Fiにしたり、外に持ち歩くなど使い勝手が良いのも魅力です。

しかし一方で、工事費等を抜きにして、月額料金が固定回線とあまり変わらないなどのネックはあります。

将来的に家で頻繁にネットを使うことがあるということであれば固定回線を引くべきかもしれません。

しかし、引越しが多い、工事ができないマンションに住んでいる、固定回線のエリア対象外に住んでいる等の事情がある人たちにとっては、ポケットWi-Fiはおすすめです。

また、在学中だけ住めるような学生用のマンションを利用する学生にもおすすめです。

ソフトバンクのポケットWi-Fiは7GBのプランしかありませんが、無制限が良いということであればSoftbank AirというACコンセントに繋ぐだけでWi-Fi環境を作れるものもあります。

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを持っていると割引があり非常にお得なので、興味がある人は是非チェックしてみてくださいね。

ポケットWiFiおすすめランキング|快適に使える7社【2020年】

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ