ソフトバンクのアンドロイドスマホおすすめ人気機種ランキング

【2024年5月】ソフトバンクのアンドロイドスマホおすすめ人気ランキング

  • 更新日:2024年5月6日
  • 本記事には広告が表示されます

ソフトバンクで販売しているスマホは種類が豊富なので、スマホ選びに迷ってしまう人もいるでしょう。

スマホは、スペックだけでなく価格とのバランスも重要です。予算に合った使い勝手の良い機種を選びたいですよね。

そんな人のために、2024年5月最新のソフトバンクのアンドロイドスマホ今月のおすすめ機種5選と、価格帯別のおすすめアンドロイドスマホをランキング形式を紹介していきます。

吹き出しアイコン

これからソフトバンクで機種変更やスマホの購入を予定している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2024年5月最新のおすすめアンドロイドスマホ
機種名公式サイト実質価格機種価格特徴
Google Pixel 7a
Google Pixel 7a
公式サイト
22,008円55,440円コスパ最強の最新スマホ!
ハイスペック並みの性能
Redmi 12 5G
Redmi 12 5G
公式サイト
18,960円21,984円優秀なAI機能!
ハイエンドコンパクトモデル
Google Pixel 8
Google Pixel 8
公式サイト
22,008円〜94,320円〜性能は抜群!
最新モデルなのに格安
Xperia 10 V
Xperia10 V
公式サイト
-31,824円写真・動画撮影に特化
専用アプリも豊富
Xperia 1 V
Xperia 1 V
公式サイト
56,092円154,368円Xperia最新フラグシップ
圧倒的パフォーマンス
※ 新トクするサポートを適用させた場合
【2024年5月最新】価格別でおすすめアンドロイドをチェック
  • 5万円未満のスマホ
  • 5万円〜10万円未満のスマホ
  • 10万円以上のスマホ
※最新情報はソフトバンク公式サイトでご確認ください。

ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホ5機種【2024年5月最新】

ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホ5機種

まずは、ソフトバンクでおすすめのAndroidスマホをご紹介します。

ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホ5機種

1位:Google Pixel 7a

ソフトバンク Google Pixel 7a

画像引用元:Google Pixel 7a | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

項目価格
一括払い55,440円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
1,393円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円× 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

> Google Pixel 7aの特徴・スペックを詳しく見る

Google Pixel 7aは、2023年5月11日に発売された、スペックと価格のバランスに優れた端末です。

Google Tensor G2を搭載しており、Google Pixel 7 Proと同じチップになります。

6.1インチの持ちやすいサイズ感で、メモリ8GB・バッテリーは4,385mAhとハイスペック並みの性能です。

ソフトバンクでの価格は55,440円、新トクするサポート利用で22,008円と格安になります。

Google Pixel 7aをチェック!
Pixel
Google Pixel 7a

2位:Redmi 12 5G

Redmi 12 5G

画像引用元:Redmi 12 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Redmi 12 5Gの価格割引適用時※詳細
au22,001円47円~公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
UQモバイル22,001円1円~公式サイトを見る
IIJmio4GB/128GB22,800円4,980円~公式サイトを見るIIJmio
8GB/256GB31,320円14,800円~
Xiaomi公式29,800円-公式サイトを見る
※ auは乗り換えでスマホトクするプログラム適用時、UQモバイルとIIJmioは他社から乗り換えの場合

> Redmi 12 5Gの特徴・スペックを詳しく見る

Redmi 12 5Gは、2023年10月6日発売のエントリーモデルです。

Snapdragon 4 Gen 2搭載でエントリーモデルの中でも比較的安定した性能がある反面、通常価格でも激安です。

しかし、防水性能が低いため、水回りでの利用は少し注意が必要です。

ソフトバンクでの価格は通常21,984円、新トクするサポート利用で18,960円とエントリースマホでOKならおすすめの1台です。

Redmi 12 5Gをチェック!

3位:Google Pixel 8

Google Pixel8 ヘーゼル

画像引用元:Google Pixel 8 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

項目128GB256GB
一括払い94,320円126,000円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
3,013円× 36回(25〜48回)
2,041円× 24回(1〜24回)
2,614円× 36回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(1,833円× 12回)48,984円(2,658円× 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

> Google Pixel 8の特徴・スペックを詳しく見る

Google Pixel 8は、2023年10月12日発売された最新Google Pixelの標準モデルです。

最新のGoogle Tensor G3搭載で、6.2インチActuaディスプレイでは、直射日光の下でも鮮明でクリアな画像が表示可能です。

また、カメラは背面はオートフォーカス機能付きのデュアルカメラ、メモリ8GBと充実しています。

ソフトバンクでの価格は94,320円〜、新トクするサポート利用で22,008円〜と抜群のコスパが魅力です。

Google Pixel 8をチェック!

4位:Xperia 10 V

ソフトバンク Xperia 10 V

画像引用元:Xperia 10 V | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

項目価格割引適用時詳細
ドコモ58,850円16,522円公式サイトを見る
au69,550円17,790円公式サイトを見る
ソフトバンク31,824円-公式サイトを見る
楽天モバイル59,290円32,360円公式サイトを見る
UQモバイル69,550円47,550円公式サイトを見る
mineo64,680円-mineo公式サイトを見る
IIJmio49,800円39,800円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルはプラン申し込み同時の割引時、UQモバイル・IIJmioは他社から乗り換え・指定プラン加入時

> Xperia 10 Vの特徴・スペックを詳しく見る

Xperia 10 Vは、一括であっても24回分割でも31,824円とコスパ重視で選ぶならおすすめの1台です。

ミドルレンジモデルの中でもスペックが非常に高く、性能面で気になる点はありません。

国産スマホらしい防水・防塵・おサイフケータイといった機能もしっかり搭載。

軽量小型でそれなりに使えるスマホがほしい人におすすめです。

Xperia 10 Vをチェック!

5位:Xperia 1 V

Xperia 1 V

画像引用元:Xperia 1 V | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

項目価格割引適用時詳細
ドコモ218,680円138,160円公式サイトを見る
au210,240円127,900円公式サイトを見る
ソフトバンク154,368円56,092円公式サイトを見る
ソニーストア
(SIMフリーモデル)
179,300円135,300円公式サイトを見る

※いつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム&5G機種変更おトク割利用時、ソフトバンクは新トクするサポート(プレミアム)利用時、ソニーストアは2年後に返却する場合

> Xperia 1 Vの特徴・スペックを詳しく見る

Xperia 1 Vは2023年6月16日に発売された、Xperiaの最新フラグシップモデルです。

2023年発売モデルでは最高峰のSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platformを搭載。

大型化×新構造を両立したカメラと約6.5インチ有機EL 4K縦長ディスプレイを搭載し、スマホで撮影する人にぴったり。

ソフトバンクでの価格は175,680円、新トクするサポート利用で55,800円で購入できます。

Xperia 1 Vをチェック!
Xperia
Xperia 1 V

【5万円以下】ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホランキング

5万円以下のソフトバンクスマホランキングここからは、価格別におすすめのスマホをランキング形式でご紹介します。

【5万円以下】ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホ

まずは、ソフトバンクで5万円以下で購入できるおすすめのスマホから紹介します。

スペックが高くて高額な機種が目立ちがちですが、5万円以下の格安で購入できるスマホもたくさんあります。

5万円以下のスマホも、最近は比較的スペックが高めで普段使いには十分です。

価格が安くて使い勝手のいいスマホがたくさんあるので、コスパ重視の人はぜひチェックしてみてくださいね。

吹き出しアイコン

スペック重視の人には向きませんが、エントリーモデルなら5万円以下の安さで新しいスマホが持てます。

1位:あんしんファミリースマホ

ソフトバンク あんしんファミリースマホ

画像引用元:あんしんファミリースマホ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

あんしんファミリースマホのスペック

あんしんファミリースマホ
サイズ166 mn ×77 mm ×7.9 mm
ディスプレイ約6.7インチ 有機EL フルHD+
重さ184g
アウトカメラメインカメラ:約5,000万画素
マクロカメラ:約200万画素
被写界深度カメラ:約200万画素
インカメラ約800万画素
メモリ4GB
ストレージ128GB
バッテリー容量4,420mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®700
防水/防塵防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーホワイト・ブラック・ラベンダー

あんしんファミリースマホの評価

あんしんファミリースマホの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能3.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • トリプルカメラ搭載
  • 約6.7インチ大画面ディスプレイ
  • ディスプレイ内指紋認証と顔認証搭載
  • シンプルホームUIで操作しやすい
デメリット
  • メモリ4GBとやや物足りない
  • ワイヤレス充電非対応

あんしんファミリースマホは2024年2月9日に発売されました。

スマホデビューにおすすめのエントリーモデルで、どの世代にも使いやすい作りになっています。

トリプルカメラや大容量バッテリー、防水防塵など充実のスペックです。

シンプルホームUIでは約6.7インチの操作しやすいホーム画面が使えます。

あんしんファミリースマホの価格

項目価格
一括払い21,984円
分割払い790円× 24回(1〜24回)
126円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時18,960円(790円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

本体価格は21,984円、新トクするサポートなら価格は18,960円と格安です。

2位:AQUOS wish3

AQUOS wish3

画像引用元:AQUOS wish3 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS wish3のスペック

AQUOS wish3
サイズ147 mn ×71 mm ×8.9 mm
ディスプレイ約5.7インチ
重さ161g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー容量3,730mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®700
防水/防塵防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン

AQUOS wish3の評価

AQUOS wish3の評価
総合評価A
カメラ性能2.5
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • かんたんモードやジュニアモードで使いやすい
  • 落としても安心の丈夫さ
  • マスク対応顔認証
  • 実質22,008円から購入できる
デメリット
  • シングルカメラで物足りない
  • ステレオスピーカー非対応

AQUOS wish3はソフトバンクから2023年10月13日に発売されました。

かんたんモードやジュニアモードを搭載し、防水・防塵・耐衝撃にも秀でています。

また、マスクをしたままでも、顔認証でロック解除できるのも便利です。

約5.7インチと小型で、デザインもシンプルでさらさらとした手触りが素敵な一台です。

AQUOS wish3の価格

項目価格
一括払い21,984円
分割払い790円× 24回(1〜24回)
126円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時18,960円(790円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

老若男女が使いやすい機能が満載で、価格は21,984円と格安です。

新トクするサポートを利用すれば18,960円と2万円を切る価格で購入できます。

AQUOS
AQUOS wish3

▲章のはじめに戻る

3位:Redmi 12 5G

Redmi 12 5G

画像引用元:Redmi 12 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Redmi 12 5Gのスペック
ディスプレイ6.8インチ
本体サイズ高さ:169 mm
幅:76 mm
厚さ:8.2 mm
重さ200g
アウトカメラ広角:5,000万画素
深度センサー:200万画素
インカメラ500万画素
バッテリー5,000 mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 4 Gen 2
OSAndroid 13
認証指紋
カラーミッドナイトブラック
ポーラーシルバー
スカイブルー
Redmi 12 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能3.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 安くて割と高性能
  • Snapdragon 4 Gen 1搭載
  • 5,000万画素のカメラ搭載
デメリット
  • ほぼ防水性能なし
  • 屋外では画面が見づらい
  • モノラルスピーカーで音質に期待できない

Redmi 12 5Gは、2023年10月6日発売のエントリーモデルです。

Snapdragon 4 Gen 2搭載で、エントリーモデルの中でも優秀な処理能力があります。

おサイフケータイやハイレゾ対応など機能面も結構充実していますが、防水性能がIPX3と低いことに注意が必要です。

安くて割とサクサク動くスマホが欲しい人は、Redmi 12 5Gを検討しましょう。

Redmi 12 5Gの価格

Redmi 12 5Gの価格割引適用時※詳細
au22,001円47円~公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
UQモバイル22,001円1円~公式サイトを見る
IIJmio4GB/128GB22,800円4,980円~公式サイトを見るIIJmio
8GB/256GB31,320円14,800円~
Xiaomi公式29,800円-公式サイトを見る
※ auは乗り換えでスマホトクするプログラム適用時、UQモバイルとIIJmioは他社から乗り換えの場合

Redmi 12 5Gの本体価格は21,984円ですが、新トクするサポートの利用で実質18,960円で購入できます。

通常価格でも非常に安く、エントリーモデルの中でもコスパ良好です。

▲章のはじめに戻る

【5万円~10万円】ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホランキング

5万〜10万円以下のソフトバンクスマホランキング
続いて、ソフトバンクで5万円~10万円で販売されているおすすめのスマホを紹介します。

5万円~10万円で購入できるスマホの多くは、ミドルレンジモデルです。

ハイエンドモデルほどではないものの、処理性能に優れた機種がたくさんあります。

最新機能やカメラ性能にこだわりがなく、操作性が優れている機種が欲しいという人におすすめのスマホばかりです。

吹き出しアイコン

スマホの性能は落としたくないけど、高額なスマホは不要という方におすすめなのが5万円~10万円のモデルです。

1位:Google Pixel 8

Google Pixel8 ヘーゼル

画像引用元:Google Pixel 8 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 8のスペック

Google Pixel 8のスペック
ディスプレイ6.2インチ
本体サイズ高さ:150.5 mm
幅:70.8 mm
厚さ:8.9 mm
重さ187 g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー4,575 mAh(標準)
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUGoogle Tensor G3
OSAndroid 13
認証指紋
カラーHazel
Obsidian
Rose

Google Pixel 8の評価

Google Pixel 8の評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • 高性能でサイズが小型
  • Google Tensor G3チップを搭載
  • 鮮明でクリアActuaディスプレイ
  • サテン仕上げ最新デザイン
デメリット
  • バッテリー持ちがやや不安

Google Pixel 8は、2023年10月12日に発売された最新のGoogle Pixelシリーズです。

スペックは7から順当に進化しGoogle Tensor G3チップを搭載しています。

6.1インチの鮮明でクリアActuaディスプレイ、サテン仕上げをボディに採用し、サイズもコンパクトに仕上げています。

Google Pixel 8のバッテリーは4,575mAhですが、実機を使った感じ特段持ちがいいというほどではないでしょう。

Google Pixel 8の価格

Google Pixel 8の価格割引適用時※1詳細
Googleストア128GB:112,900円
256GB:122,900円
-公式サイトを見る
ドコモ128GB:119,900円128GB:47,828円公式サイトを見る
au128GB:93,600円
256GB:127,900円※2
128GB:47円
256GB:35,500円※2
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:94,320円
256GB:126,000円
128GB:24円
256GB:27,000円
公式サイトを見る
※1 ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に返却、auは乗り換えでスマホトクするプログラムで25ヶ月目に返却、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)で25ヶ月目返却の場合
※2 オンラインショップ限定

ソフトバンクにおけるGoogle Pixel 8の価格は94,320円〜で、新トクするサポートなら20,008円〜まで下がります。

さらに他社から乗り換えなら実質24円と、2年返却OKならGoogle Pixel 8がコスパ最強です。

▲章のはじめに戻る

2位:Google Pixel 7a

ソフトバンク Google Pixel 7a

画像引用元:Google Pixel 7a | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 7aのスペック

Google Pixel 7aのスペック
画面サイズ約6.1インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
OLED 429ppi
最大90 Hz対応
本体サイズ高さ:152.0mm
幅:72.9mm
厚さ:9.0mm
重さ193.5g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約1,300万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー4,385mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor G2
認証指紋
防水・防塵IP67
カラーSea
Snow
Charcoal
Coral

Google Pixel 7aの評価

Google Pixel 7aの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • 他Pixel7シリーズと同じCPUを搭載
  • Pixel7シリーズの中で最もコンパクト
  • 6,400万画素の広角カメラと1,300万画素の超広角カメラ
  • 新トクするサポート利用で実質22,008円
デメリット
  • 防水、防塵性能は上位モデルよりやや劣るIP67
  • イヤホンジャックとmicroSDカード非対応

Google Pixel 7aは2023年5月11日発売されたPixelシリーズの廉価版モデルです。

Google Pixel 7 Proにも搭載しているGoogle Tensor G2を搭載し、十分に高性能で6.1インチの使いやすい大きさです。

カメラは6,400万画素の広角カメラと1,300万画素の超広角カメラのデュアル構成、フロントカメラも1,300万画素と高画質です。

Google Pixel 7aの価格

項目価格
一括払い55,440円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
1,393円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円× 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Google Pixel 7/ Google Pixel 7 Proをベースにし、機能やスペックをやや抑えて低価格を実現しています。

ソフトバンクでの本体価格は55,440円、新トクするサポート利用なら実質22,008円で購入できます。

実質価格が同じなので、確実に2年で返却するならGoogle Pixel 8を購入した方がお得です。

しかし、2年以上使う可能性があるなら総額が安いGoogole Pixel 7aが最適な選択肢になるでしょう。

Pixel
Google Pixel 7a

▲章のはじめに戻る

3位:Xperia 10 V

ソフトバンク Xperia 10 V

画像引用元:Xperia 10 V | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 10 Vのスペック

Xperia 10 Vのスペック
SoCSnapdragon® 695
5G Mobile Platform
OSAndroid 13
5G対応
内蔵RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
155x68x8.3(mm)/
159g
メインカメラ構成800万画素(超広角)
4,800万画素(広角)
800万画素(望遠)
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
生体認証指紋
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・ホワイト・ラベンダー・セージグリーン(ドコモオンラインショップ限定)
詳細-

Xperia 10 Vの評価

Xperia 10 Vの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • コンパクトな6.1インチ
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • カメラは広角と超広角と望遠のトリプル構成
デメリット
  • 超広角カメラが約800万画素
  • フロントカメラが約800万画素
  • Xperia 10 IVから進化があまりない

Xperia 10 Vは2023年7月に発売されたXperia 10シリーズの最新スマホです。

CPUはSnapdragon® 695 5Gを搭載したミドルレンジモデルになります。

6.1インチディスプレイで、6GB、ストレージは128GB、生体認証は指紋のみ対応。

カメラは広角約4,800万画素(約1,200万画素記録)+望遠約800万画素+超広角約800万画素のトリプルレンズです。

Xperia 10 Vの価格

項目価格
一括払い31,824円
分割払い1,326円× 24回(1〜24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Xperia 10 Vの価格は一括・24回分割ともに31,824円になります。

一括でも分割でも支払い金額は変わらず、非常に高コスパな価格となっています。

▲章のはじめに戻る

4位:OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5G

画像引用元:OPPO Reno10 Pro 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

OPPO Reno10 Pro 5Gのスペック

OPPO Reno10 Pro 5G
ディスプレイサイズ約6.7インチ
FHD+(2,412 × 1,080)
本体サイズ高さ:約163mm
幅:75mm
厚さ:7.9mm
重さ約185g
SoC(≒CPU)Snapdragon 778G 5G
RAM8GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:約800万画素
望遠:約3,200万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー4,600mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP54
カラーグロッシーパープル
シルバーグレー

OPPO Reno10 Pro 5Gaの評価

OPPO Reno10 Pro 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 80W急速フル充電
  • 光学2倍望遠
  • 5,000万画素の広角カメラと800万万画素の超広角カメラ、3,200万画素の望遠カメラ
  • 新トクするサポート利用で実質31,824円
デメリット
  • 超広角カメラが約800万画素と物足りない
  • 外部メモリーカード非対応

OPPO Reno10 Pro 5Gは2023年10月6日に発売されたOPPOのミドルレンジ最新スマホです。

ACアダプター同梱されており80W急速充電が可能で、約28分でフル充電できます。

カメラは広角約5,000万画素、超広角約800万画素、望遠約3,200万画素のトリプルレンズを採用しており、光学2倍望遠での撮影も備えています。

インカメラも約3,200万画素なので、セルフィーが綺麗に撮影できるのもメリットです。

OPPO Reno10 Pro 5の価格

項目価格割引適用時※詳細
ソフトバンク31,824円31,824円公式サイトを見る
IIJmio69,800円37,800円公式サイトを見るIIJmio
mineo77,880円-mineo公式サイトを見る
※ IIJmioは他社から乗り換え時

OPPO Reno10 Pro 5Gの本体価格は一括でも24回分割でも31,824円で購入できます。

▲章のはじめに戻る

5位:Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:Xiaomi 13T Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xiaomi 13T Proのスペック

Xiaomi 13T Proのスペック
ディスプレイサイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:162 mm
幅:76 mm
厚さ:8.5 mm
重さ約206g
SoC(≒CPU)Dimensity 9200+
RAM12GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:5,000万画素
インカメラ2,000万画素
バッテリー5,000mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP68
カラーブラック
メドウグリーン
アルパインブルー

Xiaomi 13T Proの評価

Xiaomi 13T Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • MediaTek Dimensity 9200+を搭載したハイスペックモデル
  • 約6.7インチ有機ELディスプレイ、最大144Hzのリフレッシュレート
  • 高画素のトリプルカメラ
  • 生体認証は指紋と顔に対応
デメリット
  • 外部メモリカード非対応

Xiaomi 13T Proは、2023年12月8日に発売されたXiaomiの最新ハイエンドモデルです。

MediaTek Dimensity 9200+を搭載し、処理能力は他のハイエンドモデルに引けを取りません。

約6.7インチ有機ELディスプレイは最大144Hzのリフレッシュレートに対応し、滑らかな操作も可能です。

カメラもトリプルカメラ(約5000万画素+約5000万画素+約1200万画素)、インカメラも約2000万画素と性能が高くなっています。

Xiaomi 13T Proの価格

項目価格
一括払い94,320円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
3,013円× 24回(25~48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×12回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Xiaomi 13T Proのソフトバンクでの販売価格は94,320円です。

新トクするサポートを利用すれば22,008円で購入できます。

ハイスペックモデルの新型でありながら2万円台で購入できるのは、かなりお得です。

▲章のはじめに戻る

6位:motorola razr 40s

ソフトバンク motorola razr 40s

画像引用元:motorola razr 40s | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

motorola razr 40sのスペック

motorola razr 40sのスペック
ディスプレイサイズ6.9インチ
本体サイズ高さ:171 mm
幅:74 mm
厚さ:7.4 mm
本体サイズ
(折りたたみ時)
高さ:89 mm
幅:74 mm
厚さ:15.8 mm
重さ約189g
SoC(≒CPU)Snapdragon® 7 Gen 1 Mobile Platform
RAM8GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:6,400万画素
超広角・マクロ:1,300万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,200mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵防水非対応
IP5X
カラーセージグリーン
バニラクリーム
サマーライラック

motorola razr 40sの評価

motorola razr 40sの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • コスパに優れた折りたたみスマホ
  • 約6400万画素アウトカメラ
  • Snapdragon® 7 Gen 1 Mobile Platform搭載のミドルレンジモデル
  • 生体認証は指紋と顔に対応
デメリット
  • 防水非対応
  • 外部メモリカード非対応

motorola razr 40sは、2023年12月8日に発売されたmotorolaの最新ミドルレンジモデルです。

最大の特徴はやはり折りたためること。開いた状態だと6.9インチの大画面になります。

カメラは約6400万画素メインカメラと約1300万画素ワイド・マクロカメラを搭載し超広角、高精細マクロ撮影も可能です。

折りたたみスマホですが実質2万円台と安い魅力がありますが、防水や外部メモリカード非対応な点は注意しましょう。

motorola razr 40sの価格

項目価格
一括払い97,200円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
3,133円× 36回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

motorola razr 40sのソフトバンクでの販売価格は97,200円です。

新トクするサポートを利用すれば22,008円で購入できます。

お手頃な折りたたみスマホが欲しい人におすすめです。

▲章のはじめに戻る

7位:DuraForce EX

ソフトバンク DuraForce EX

画像引用元:DuraForce EX | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

DuraForce EXのスペック

DuraForce EX
ディスプレイサイズ約5.8インチ TFT
HD+(1,560×720)
本体サイズ高さ:約163mm
幅:77mm
厚さ:14.9mm
重さ約247g
SoC(≒CPU)MediaTek Dimensity 700
RAM4GB
ストレージ64GB
アウトカメラ約1,600万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,270mAh(脱着可能)
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP68
カラーブラック

DuraForce EXの評価

DuraForce EXの評価
総合評価B
カメラ性能3.0
処理性能3.0
画面性能3.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス3.0
メリット
  • 激レアな純国産スマホ
  • 高い耐久性で現場職でも安心
  • 電池交換可能
デメリット
  • スペックが必要最低限
  • ストレージ64GBと少ない
  • 厚さ14.9mmと分厚くゴツい
  • 約248gと重い

DuraForce EXは2024年3月1日に発売された京セラの国産スマホです。

スペックは決して高くありませんが、耐久試験動画を公開するほど高い耐久性が最大の特徴です。

また、業務用のバーコード読み取り機能など、現場職の人に嬉しい機能も搭載。

とにかく耐久性重視なら、DuraForce EXを検討しましょう。

DuraForce EXの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ59,950円48,070円公式サイトを見る
ソフトバンク59,040円29,520円公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム適用、ソフトバンクは新トクするサポート適用時

DuraForce EXの本体価格は59,040円、新トクするサポートの利用で29,520円で購入できます。

▲章のはじめに戻る

【10万円以上】ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホランキング

10万円以上のソフトバンクスマホランキング
最後に、ソフトバンクで10万円以上する高級スマホでおすすめの機種を紹介します。

【10万円以上】ソフトバンクでおすすめのアンドロイドスマホ

10万円以上するスマホは、どれも高性能CPUや優れたカメラ性能を搭載したハイエンドモデルです。

どれを選んでも使いやすいことは間違いありませんが、各機種によって特徴は異なります。

吹き出しアイコン

スマホの性能や機能はできるだけ高いものが欲しいという方は、10万円以上のハイエンドモデルを選びましょう。

1位:Xperia 1 V

Xperia 1 V

画像引用元:Xperia 1 V | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 1 Vのスペック

Xperia 1 Vのスペック
SoCSnapdragon® 8 Gen 2
3.2GHz/1 + 2.8GHz/4 + 2.0GHz/3
OSAndroid 13
5G対応
内蔵RAM/ROM12GB/256GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.5インチ/
3,840×1,644 4K
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
165x71x8.3(mm)/
187g
メインカメラ構成1,200万画素(超広角)
4,800万画素(広角)
1,200万画素(望遠)
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ1,200万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・プラチナシルバー
詳細-

Xperia 1 Vの評価

Xperia 1 Vの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス3.5
メリット
  • 現時点で最高性能のCPU搭載
  • 抜群のカメラ性能
  • 4K 有機ELディスプレイ搭載
  • 広がりのあるクリアな音質
デメリット
  • 顔認証には非対応
  • 本体価格が約19万円と高額

Xperia 1 V は2023年6月16日発売された、エクスペリアの最新フラグシップモデルです。

2024年現在、最高性能であるSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platformを搭載しています。

約6.5インチ4K有機ELディスプレイは21:9の比率で、見やすくグリップ性が高くなっています。

カメラ性能は新構造の大型センサーにより進化しており、急速充電対応の大容量バッテリーやワイヤレス充電にも対応しています。

Xperia 1 Vの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ218,680円138,160円公式サイトを見る
au210,240円127,900円公式サイトを見る
ソフトバンク154,368円56,092円公式サイトを見る
ソニーストア
(SIMフリーモデル)
179,300円135,300円公式サイトを見る

※いつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム&5G機種変更おトク割利用時、ソフトバンクは新トクするサポート(プレミアム)利用時、ソニーストアは2年後に返却する場合

ソフトバンクでの価格は154,368円、新トクするサポート(プレミアム)利用で56,092円で購入できます。

あんしん保証パック込みで利用して1年で買い替えるなら、非常に安い実質価格で最高峰のXperiaが使えます。

Xperia
Xperia 1 V

▲章のはじめに戻る

2位:LEITZ PHONE 3

LEITZ PHONE 3

LEITZ PHONE 3のスペック

LEITZ PHONE 3
サイズ約77×161×9.3(mm)
ディスプレイ約6.6インチ
Pro IGZO OLED
重さ約209g
アウトカメラ約4,720万画素
インカメラ約1,260万画素
メモリ12GB
ストレージ512GB
バッテリー容量5,000mAh
OSAndroid 14
SoCSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーライカブラック

LEITZ PHONE 3の評価

LEITZ PHONE 3の評価
総合評価S
カメラ性能5.0
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能5.0
コストパフォーマンス3.0
メリット
  • ライカ製のハイエンドモデル
  • 1インチイメージセンサーカメラ搭載
  • 14chスペクトルセンサーで忠実な色合い
  • 便利な撮影機能も多数搭載
  • ライカカメラに寄せたデザイン
デメリット
  • 搭載チップが2023年ハイエンド
  • 望遠レンズは非搭載

LEITZ PHONE 3は2024年4月19日に発売された、ライカカメラ搭載の最新ハイエンドモデルです。

Snapdragon 8 Gen 2搭載の高い性能に、ライカ製のカメラを搭載しています。

14chスペクトルセンサー搭載で忠実な色合いを表現し、RAWHDR撮影やHDR連写など撮影機能も充実。

本体デザインもライカのカメラと共通しているのが地味にカメラ好きには嬉しいポイントです。

LEITZ PHONE 3の価格

項目価格
一括払い195,696円
分割払い4,995円× 12回
3,771円× 36回
新トクするサポート(プレミアム)適用時72,040円
(4,995円× 12回
+12,100円)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクでの価格は195,696円、新トクするサポート(プレミアム)利用で72,040円で購入できます。

スマホカメラにこだわるなら、LEITZ PHONE 3を手に入れてください。

▲章のはじめに戻る

3位:Google Pixel 8 Pro

ソフトバンク Google Pixel 8 Pro

画像引用元:Google Pixel 8 Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 8 Proのスペック

Google Pixel 8 Proのスペック
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:162.6 mm
幅:76.5 mm
厚さ:8.8 mm
重さ213g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:4,800万画素
望遠:4,800万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー5,050 mAh(標準)
RAM12GB
ROM128GB/256GB/512GB
CPUGoogle Tensor G3
OSAndroid 14
認証指紋
カラーObsidian
Porcelain
Bay

Google Pixel 8 Proの評価

Google Pixel 8 Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • Google Tensor G3チップを搭載
  • 大画面6.7インチのSuper Actuaディスプレイ
  • リフレッシュレート1~120Hz
  • アルミニウム製フレームとマット加工のデザイン
  • 4台の高性能カメラ
デメリット
  • 価格がやや高い

Google Pixel 8 Proは、2023年10月12日に発売されたGoogle Pixelの最新ハイエンドモデルです。

最新のGoogle Tensor G3チップとメモリ12GBを搭載し、ストレージは128GB・256GB・512GBの中から選べます。

6.7インチのSuper Actuaディスプレイはリフレッシュレート1~120Hz、カメラは全面的にアップグレードされ、トリプル背面カメラとGoogle AIで思い通りの撮影が可能です。

ポリッシュ仕上げのアルミニウム製フレームとマット加工の背面ガラスを使用することで、個性的なデザインに仕上がっています。

Google Pixel 8 Proの価格

Google Pixel 8 Proの価格割引適用時※1詳細
Googleストア128GB:159,900円
256GB:169,900円
512GB:189,900円
-公式サイトを見る
ドコモ256GB:198,000円
512GB:218,680円※2
256GB:135,960円
512GB:157,960円
公式サイトを見る
au128GB:169,900円※2
256GB:179,900円
512GB:199,900円※2
128GB:65,400円※2
256GB:70,000円
512GB:802,350円※2
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:160,128円
256GB:167,040円
512GB:206,640円
128GB:56,092円
256GB:56,092円
512GB:66,172円
公式サイトを見る
※512GBはObsidianのみ
※1 ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(プレミアム)の場合
※2 オンラインショップ限定

ソフトバンクでの販売価格は172,080円〜です。

かなり高額ですが、新トクするサポートを利用すれば94,320円〜で購入できます。

▲章のはじめに戻る

3位:AQUOS R8 pro

ソフトバンク AQUOS R8 pro

画像引用元:AQUOS R8 pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS R8 proのスペック

AQUOS R8 pro
サイズ約77×161×9.3(mm)
ディスプレイ約6.6インチ
Pro IGZO OLED
重さ約203g
アウトカメラ約4,720万画素
インカメラ約1,260万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
バッテリー容量5,000mAh
OSAndroid 13
SoCSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーブラック

AQUOS R8 proの評価

AQUOS R8 proの評価
総合評価S
カメラ性能5.0
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス3.0
メリット
  • ライカカメラ社監修のカメラを搭載
  • Pro IGZO OLEDディスプレイ搭載
  • ハイエンドモデル向けのCPUを搭載
  • 大容量バッテリー搭載
デメリット
  • 本体が重量が203gと重い
  • 端末価格が19万円台で高い

AQUOS R8 proは、2023年7月20日に発売されました。

ライカカメラ社監修の「ズミクロン」レンズと進化したAIエンジンを搭載し、一眼レフ並みの写真を撮影できるのが魅力です。

Snapdragon® 8 Gen 2CPUの性能を活かした放熱設計サーモマネジメントシステムを採用したことで、熱をしっかり放出してくれます。

ディスプレイは約6.6インチPro IGZO OLEDを搭載。

最大240Hzの可変式リフレッシュレートを採用し、なめらかな表示と文字の見やすさを実現しました。

AQUOS R8 proの価格

項目価格
一括払い155,520円
分割払い3,666円× 12回
3,098円× 36回
新トクするサポート(プレミアム)適用時56,092円
(3,666円× 12回
+12,100円)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクでの価格は155,520円と高額ですが、新トクするサポート(バリュー)を利用すれば実質56,092円で購入できます。

AQUOS
AQUOS R8 pro
公式サイトで端末を購入する

▲章のはじめに戻る

4位:Google Pixel Fold

ソフトバンク Google Pixel Fold

画像引用元:Google Pixel Fold | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel Foldのスペック

Google Pixel Fold
画面サイズ(メイン)7.6インチ
画面サイズ(サブ)5.8インチ
本体サイズ(開いた時)高さ:139.7mm
幅:158.7mm
厚さ:5.8mm
本体サイズ(閉じた時)高さ:139.7mm
幅:79.5mm
厚さ:12.1mm
重さ283g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,080万画素
望遠:1,080万画素
前面カメラ950万画素
インナーカメラ800万画素
CPUGoogle Tensor G2
RAM12GB
ストレージ256GB
認証指紋・顔
防水IP68等級
5G対応
カラーObsidian
Porcelain

Google Pixel Foldの評価

Google Pixel Foldの評価
総合評価A
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス3.0
メリット
  • Pixelシリーズ初の折り畳みスマホ
  • 最新のGoogle Tensor G2を搭載
  • 最大4,800万画素のデュアルカメラ
  • 指紋・顔認証を搭載
デメリット
  • 本体が重量が283gと重い
  • 端末価格が28万円以上と高い

Google Pixel Foldは、2023年7月27日に発売されたPixelシリーズ初の折りたたみスマホです。

メイン7.6インチ、サブ5.8インチの2画面構成で、スペックはGoogle Tensor G2・RAM 12GBを搭載。

最大4,800万画素のデュアルカメラや指紋・顔認証W搭載、防水と、機能面も申し分ありません。

ボディにはマットな質感のガラスとポリッシュ仕上げのアルミニウム素材を使用しており、スタイリッシュなフォルムです。

Google Pixel Foldの価格

項目価格
一括払い287,280円
分割払い5,985円× 24回(1〜24回)
5,985円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時143,640円(5,985円× 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクでの価格は287,280円とかなり高額ですが、新トクするサポートを利用すれば実質143,640円で購入できます。

ソフトバンクのアンドロイドスマホを選ぶときのよくある質問

よくある質問
最後に、ソフトバンクのアンドロイドスマホを選ぶときに、よくある質問についてまとめました。

おすすめのアンドロイドスマホが知りたい

本記事でおすすめ機種をランキング形式で紹介しています。

価格別のおすすめ機種のランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アンドロイドスマホを選ぶときのポイントを知りたい

アンドロイドスマホの選び方は人によって異なりますが、以下のポイントに注目しましょう。

スマホ選びのポイント
  • スペック
  • デザイン
  • カメラ性能
  • 価格やキャンペーン

価格重視の人は、5万円以下のランキングをチェックしてください。

最近は安いスマホも日常で困らない性能になっています。

ある程度スペックにこだわる人は、5万円〜10万円・10万円以上の機種をチェックするといいでしょう。

ソフトバンクのアンドロイドスマホをお得に購入したい

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです。

オンラインショップなら、「オンラインショップ割」が適用されるため、他社から乗り換えの際はお得に購入できます。

また、自宅受け取りなら事務手数料も無料になり、一部の店舗で課される販売手数料(頭金)もかかりません。

お得にソフトバンクで買い替えるなら、必ずソフトバンクオンラインショップを利用しましょう。

ソフトバンクでおすすめのiPhoneはある?

2024年5月現在、ソフトバンクで購入するならiPhone15 128GBがおすすめです。

iPhone15 128GBの本体価格は145,152円ですが、新トクするサポート(スタンダード)を利用すると実質36,144円に!

項目価格
一括払い145,152円
分割払い1,506円× 24回(1〜24回)
4,542円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時36,144円(1,506円× 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

さらに他社から乗り換えか使用者が5〜22歳なら「オンラインショップ割」が適用され、実質14,160円まで安くなります。

2年で返却が必要になりますが、エントリーモデルのアンドロイドスマホ並みの負担で最新iPhoneが使えます。

吹き出しアイコン

ソフトバンクでiPhoneを買うなら、ぜひiPhone15 128GBを検討してください。

予算やスペックから自分にぴったりなアンドロイドスマホを選ぼう

自分にぴったりなアンドロイドスマホ

今回は、ソフトバンクでおすすめのスマホについてランキング形式で紹介してきました。

2024年5月最新のおすすめアンドロイドスマホ
機種名公式サイト実質価格機種価格特徴
Google Pixel 7a
Google Pixel 7a
公式サイト
22,008円55,440円コスパ最強の最新スマホ!
ハイスペック並みの性能
Redmi 12 5G
Redmi 12 5G
公式サイト
18,960円21,984円優秀なAI機能!
ハイエンドコンパクトモデル
Google Pixel 8
Google Pixel 8
公式サイト
22,008円〜94,320円〜性能は抜群!
最新モデルなのに格安
Xperia 10 V
Xperia10 V
公式サイト
-31,824円写真・動画撮影に特化
専用アプリも豊富
Xperia 1 V
Xperia 1 V
公式サイト
56,092円154,368円Xperia最新フラグシップ
圧倒的パフォーマンス
※ 新トクするサポートを適用させた場合

5月に最もおすすめなのが、Google Pixel 7aです。

スペックは1世代前のGoogle Tensor G2搭載ですが、多くの人が満足できる性能があります。

また、実質価格が22,008円と安く、2年で返却できなくても総額55,440円とコスパは最強クラスです。

吹き出しアイコン

確実に2年返却できるかわからないなら、Google Pixel 7aを選べば損しません。

ソフトバンクのスマホ選びに迷っている人は、ぜひ今回おすすめしたスマホをチェックして、購入する機種を決めてください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。