【2024年最新】ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選

【2024年最新】ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選

  • 更新日:2024年2月27日
  • 本記事には広告が表示されます

ソフトバンクで購入できる小さめスマホおすすめ6機種をご紹介します。

スマホは近年大型化が進んでおり、片手で操作しやすい小型スマホが少なくなっています。

この記事では、ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選、スペック、価格、特徴を徹底解説します。

「大きなスマホは操作しづらい!」というソフトバンクユーザーは、ぜひ購入の参考にしてください。

ソフトバンクの小さめスマホ選びポイント
小さめスマホおすすめ6機種

記事に入る前に、ソフトバンクで購入できる小さめのスマホのスペックを簡単に紹介します。

機種ディスプレイサイズ重量発売日価格
iPhoneSE
(第3世代)
約4.7インチ幅:67.3mm
高さ:138.4mm
厚さ:7.3mm
約144g2022年3月18日73,440円〜
実質22,008円〜
iPhone 15 Pro約6.1インチ幅:70.6mm
高さ:146.6mm
厚さ:8.25mm
約187g2023年9月22日185,760円~
実質96,120円~
motorola razr 40s約6.9インチ幅:74mm
高さ:171mm
厚さ:7.4mm
【折りたたみ時】
幅:74mm
高さ:89mm
厚さ:15.8mm
約189g2023年12月8日121,680円
実質31,896円
Xperia 5 IV約6.1インチ幅:67mm
高さ:156mm
厚さ:8.2mm
約172g2022年10月21日115,200円
実質57,600円
Xperia 10 V約6.1インチ幅:68mm
高さ:155mm
厚さ:8.3m
約159g2023年7月6日79,920円
実質31,824円
AQUOS wish3約5.7インチ幅:70mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
約161g2023年10月13日25,920円
実質22,008円

おすすめ1位はiPhoneSE(第3世代)

その中でも、特におすすめな機種はiPhoneSE(第3世代)です。

iPhoneSE(第3世代)のおすすめポイント
  • ディスプレイは4.7インチで超コンパクト
  • A15 Bionicチップで高性能
  • 指紋認証とホームボタンを搭載
  • 価格も実質22,008円〜と安い
iPhoneSE(第3世代)のここが惜しい!
  • 画面サイズが小さいので動画やゲームは物足りない
  • カメラはシングル

そのほかの機種のレビューは、下記のスキップボタンをタップして見てみてください。

※最新情報はソフトバンク公式サイトでご確認ください。

ソフトバンクの小さめスマホ一覧

iPhone13

画像引用元:iPhone 13またはiPhone 13 miniを購入 – Apple(日本)

ソフトバンクのスマホの中で小さめサイズのスマホを見ていきましょう。

「小さなスマホ」の定義は以下とします。

ソフトバンクの小さなスマホの定義
  • ディスプレイサイズ:約6.1以下
    ※折りたたみスマホを除く
  • サイズ:幅71mm以下
  • 2022年以降発売のもの

小さなスマホはディスプレイサイズも小さくなり、約4.7〜約6.1インチ程度のものが片手で操作しやすくなります。

また、グリップのしやすさはスマホの横幅が重要で約64〜71mm程度のものが良いでしょう。

2024年6月現在、これら条件を満たすスマホは以下の通りです。

ソフトバンクの小さめスマホ一覧
機種ディスプレイサイズ重量発売日価格
iPhoneSE
(第3世代)
約4.7インチ幅:67.3mm
高さ:138.4mm
厚さ:7.3mm
約144g2022年3月18日73,440円〜
実質22,008円〜
iPhone 15 Pro約6.1インチ幅:70.6mm
高さ:146.6mm
厚さ:8.25mm
約187g2023年9月22日185,760円~
実質96,120円~
motorola razr 40s約6.9インチ幅:74mm
高さ:171mm
厚さ:7.4mm
【折りたたみ時】
幅:74mm
高さ:89mm
厚さ:15.8mm
約189g2023年12月8日121,680円
実質31,896円
Xperia 5 IV約6.1インチ幅:67mm
高さ:156mm
厚さ:8.2mm
約172g2022年10月21日115,200円
実質57,600円
Xperia 10 V約6.1インチ幅:68mm
高さ:155mm
厚さ:8.3m
約159g2023年7月6日79,920円
実質31,824円
AQUOS wish3約5.7インチ幅:70mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
約161g2023年10月13日25,920円
実質22,008円

※実質価格は新トクするサポートを適用した場合

motorola razr 40sは画面サイズが6.9インチあり、高さも171mmと大きいですが、折りたたんで持ち運びできます。

画面サイズが大きい方がいいけど、できるだけコンパクトに持ち運びたいという人にぴったりなモデルです。

画面サイズが最も小さいのは約4.7インチのiPhone SE(第3世代)、本体がスリムなのはXperia 5 IVで幅67mmです。

ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選

ここからはソフトバンクの小さめスマホのおすすめ6選をみていきましょう。

ソフトバンクのサイズが小さいスマホおすすめ6選

それぞれの端末のサイズ感、スペック、特徴、価格を詳しく解説します。

iPhoneSE(第3世代)

iPhoneSE(第3世代)

画像引用元:iPhone SE(第3世代) | iPhone | ソフトバンク

iPhone SE3(第3世代)
ディスプレイ4.7インチ
液晶ディスプレイ
解像度1,334 x 750
本体サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ144g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリー非公表
RAM4GB(非公表)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA15 Bionicチップ
認証指紋認証
カラーミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ネットワーク5G対応
充電18W急速充電対応
詳細iPhone SE(第3世代)実機レビュー
iPhone SE(第3世代)の評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス5.0
メリット
  • ディスプレイは4.7インチで超コンパクト
  • A15 Bionicチップで高性能
  • 指紋認証とホームボタンを搭載
  • 価格も実質22,008円〜と安い
デメリット
  • 画面サイズが小さいので動画やゲームは物足りない
  • カメラはシングルで性能もそこそこ

iPhoneSE(第3世代)は2022年3月18日に発売された、iPhoneSEシリーズの最新モデルです。

とにかく小型で価格が安いものがいい!というiPhoneユーザーなら、iPhoneSE(第3世代)を購入すれば失敗はありません。

搭載しているチップはiPhone13シリーズと同じA15 Bionicチップで、2024年6月現在においてもトップクラスの性能です。

画面サイズは約4.7インチと、ソフトバンクで現在購入できるスマホの中で最小で、重さも約144gと超軽量。

幅67.3mm、高さ138.4mmなので、手の小さい方でも片手操作もしやすくなっています。

また、指紋認証やホームボタンが欲しい人にもおすすめできます。

ただし、ベゼルが広くディスプレイサイズ自体はやや小さいため、大迫力で動画やゲームをしたい方にはやや不向きです。

また、カメラもシングルなので超広角での撮影は利用できません。

iPhoneSE(第3世代)の価格

iPhone SE3(第3世代)64GB128GB256GB
ドコモ端末価格73,370円在庫なし在庫なし
いつでもカエドキプログラム(※1)5,654円
詳細ドコモ公式サイトを見る
au端末価格70,935円82,190円103,415円
スマホトクするプログラム(※2)47円~4,600円~33,775円~
詳細au公式サイトを見る
ソフトバンク端末価格73,440円在庫なし在庫なし
新トクするサポート(※3)24円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル端末価格64,000円70,900円85,900円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※4)
19,992円23,358円30,936円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
ワイモバイル端末価格73,440円81,360円99,360円
オンラインストア割引(※5)54,440円63,360円81,360円
詳細ワイモバイル公式サイトを見る
UQモバイル端末価格70,935円82,190円103,415円
割引後(※6)48,935円~60,190円~81,415円~
詳細UQモバイル公式サイトを見る
Apple端末価格62,800円69,800円84,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 5G WELCOME割を利用した場合
※2 au Online Shop割を利用した場合
※3 オンラインショップ割を利用した場合
※4 12,000ポイント円相当のポイント還元を利用した場合
※5 乗り換えでシンプル2 M/L契約した場合
※6 乗り換えで指定プランとオプションに加入した場合

iPhone 15 Pro

iPhone 15 Pro

画像引用元:Apple(日本)

iPhone 15 Proのスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.6mm
幅:70.6mm
厚さ:8.25mm
重さ187 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(3倍望遠)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA17 Proチップ
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
端子USB-Cコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電約30分で最大50%充電
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
iPhone 15 Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • A17 Proチップ搭載の高性能モデル
  • チタニウム素材使用で軽量
  • 高性能トリプルカメラ搭載
デメリット
  • 販売価格が高額

iPhone 15 Proは、2023年に発売されたiPhoneシリーズの上位モデルです。

モデルの中で最もコンパクトで、幅も70.6mmとスリムでグリップしやすい形状をしています。

またボディに新素材チタニウムが採用されたことで軽量化を実現しました。

スペックも非常に高く、CPUにはiPhone史上最高性能のA17 Proを搭載。

負荷が大きいアプリも快適に動作します。

カメラ性能も非常に高く、明るく鮮明な写真や動画を撮影可能です。

ただし性能が高い分、本体価格は約19万円~と非常に高額です。

iPhone 15 Proの価格

iPhone 15 Proの価格128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常192,060円218,790円255,090円291,830円
いつでもカエドキプログラム(※1)64,020円77,550円98,010円125,510円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常185,860円211,930円248,560円285,420円
スマホトクするプログラム(※2)77,705円90,930円109,560円128,420円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常185,760円211,680円248,400円285,120円
新トクするサポート(※3)56,092円65,920円83,380円93,640円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常174,700円192,800円225,800円259,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※4)
75,336円84,384円100,896円117,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常159,800円174,800円204,800円234,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 5G WELCOME割を利用した場合
※2 au Online Shop お得割を利用した場合
※3 13ヶ月目に返却する場合(早トクオプション利用料込み)
※4 最大12,000円相当のポイント還元を利用した実質

motorola razr 40s

motorola razr 40s

画像引用元:motorola razr 40s | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

motorola razr 40sのスペック
ディスプレイサイズ6.9インチ
本体サイズ高さ:171 mm
幅:74 mm
厚さ:7.4 mm
本体サイズ
(折りたたみ時)
高さ:89 mm
幅:74 mm
厚さ:15.8 mm
重さ約189g
SoC(≒CPU)Snapdragon® 7 Gen 1 Mobile Platform
RAM8GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:6,400万画素
超広角・マクロ:1,300万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,200mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵防水非対応
IP5X
カラーセージグリーン
バニラクリーム
サマーライラック
motorola razr 40sの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • ポケットサイズに折りたためる
  • 背面にサブディスプレイ搭載で折りたたんだままでも操作できる
  • 画面サイズが大きく大画面で動画を楽しめる
デメリット
  • ミドルレンジモデルのためスペックはそこそこ
  • 防水性能が低く水回りでの使用に不向き

motorola razr 40sは、2023年12月に発売されたミドルレンジモデルのスマホです。

6.9インチの大型ディスプレイは半分に折りたたむことができ、コンパクトに持ち運びできるのが特徴。

背面に1.5インチのサブディスプレイが備わっているため、折りたたんだ状態でもさまざまな操作が可能です。

カメラ性能も高く、メインカメラは6,400万画素の高解像で撮影できます。

光を多く取り込むことで、夜景も明るく鮮明に映し出すことができますよ。

ただし防水性能が低いため、水回りでの使用は不向き。

雨や水に濡れると故障するリスクが高いため、取り扱いには注意が必要です。

motorola razr 40sの価格

項目価格
一括払い97,200円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
3,133円× 36回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Xperia 5 IV

Xperia 5 IV

画像引用元:Xperia 5 IV | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 5 Ⅳのスペック
SoCSnapdragon® 8 Gen 1
Mobile Platform
3.0GHz/1+2.5GHz/3+1.8GHz/4
OSAndroid 12
5G対応
内蔵RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
156x67x8.2(mm)/
172g
メインカメラ構成1,220万画素×3
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ1,220万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・エクリュホワイト・グリーン
詳細Xperia 5 IV 実機レビュー
Xperia 5 IVの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 約6.1インチ縦長デザインでグリップしやすい
  • Snapdragon 8 Gen 1搭載でスペックが高い
  • トリプルレンズでカメラ性能が高い
デメリット
  • 型落ちモデルだが価格が高め
  • カラーバリエーションが2色と少ない

Xperia 5 IVは、2022年に発売されたハイエンドモデルです。

縦長スリムな形状が特徴で、片手でもしっかりグリップできます。

画面サイズが6.1インチと大きいので、コンパクトだけど画面は大きい方が良いという人に特におすすめです。

スペックはSnapdragon 8 Gen 1を搭載しており、比較的高性能です。

3Dゲームも快適にプレイできるでしょう。

カメラ性能やサウンド性能も非常に高く、幅広い使い方に適応できる万能スマホです。

しかし性能が高いため価格は高く、発売から1年半以上経過した現在でも約11万円と高額です。

Xperia 5 IVの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ137,280円40,920円
公式サイトを見る
au100,700円39,790円公式サイトを見る
ソフトバンク115,200円57,600円公式サイトを見る
楽天モバイル106,900円53,448円公式サイトを見る
※いつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルは買い替え超トクプログラムを利用する場合

Xperia 10 V

Xperia 10 V

画像引用元:Xperia 10 V | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 10 Vのスペック
SoCSnapdragon® 695
5G Mobile Platform
OSAndroid 13
5G対応
内蔵RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
155x68x8.3(mm)/
159g
メインカメラ構成800万画素(超広角)
4,800万画素(広角)
800万画素(望遠)
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
生体認証指紋
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・ホワイト・ラベンダー・セージグリーン(ドコモオンラインショップ限定)
詳細-
Xperia 10 Vの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 本体重量が約159gと軽量
  • 約6.1インチの縦長ディスプレイで持ちやすい
  • 超広角、広角、望遠のトリプルレンズ搭載
デメリット
  • 前モデルからあまり変化がない
  • ミドルハイレンジモデルのため性能はそこそこ

Xperia 10 Vは、2023年7月に発売されたミドルハイレンジモデルです。

6.1インチの大型ディスプレイを搭載していますが、幅68mmのスリムな形状をしていて、片手でも持ちやすいのが特徴。

本体重量も約159gと軽量です。

カメラ性能も比較的高性能です。

おまかせ機能が備わっているので、難しい設定をしなくても簡単にきれいな写真を撮影できます。

しかしミドルレンジモデルのため、性能はあまり高いとはいえません。

SNSやWebページの閲覧、音楽・動画視聴などの使用がメインであれば問題ありませんが、負荷が大きいアプリでは動作が不安定になる可能性があります。

Xperia 10 Vの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ58,850円16,522円公式サイトを見る
au69,550円17,790円公式サイトを見る
ソフトバンク31,824円-公式サイトを見る
楽天モバイル59,290円32,360円公式サイトを見る
UQモバイル69,550円47,550円公式サイトを見る
mineo64,680円-mineo公式サイトを見る
IIJmio49,800円39,800円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルはプラン申し込み同時の割引時(東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県限定)、UQモバイル・IIJmioは他社から乗り換え・指定プラン加入時

AQUOS wish3

AQUOS wish3

画像引用元:AQUOS wish3 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS wish3
サイズ147 mn ×71 mm ×8.9 mm
ディスプレイ約5.7インチ
重さ161g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー容量3,730mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®700
防水/防塵防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン
AQUOS wish3の評価
総合評価A
カメラ性能2.5
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • 軽量コンパクトサイズで持ちやすい
  • 2万円台で購入できる
  • 耐衝撃性能を備えており落下衝撃に強い
デメリット
  • エントリーモデルのためゲームプレイには不向き
  • カメラはシングル

AQUOS wish3は、2023年10月に発売されたエントリーモデルです。

重量が約161gと軽く、サイズもコンパクトなので片手で持ちやすく快適に操作できます。

またMIL規格の基準をクリアした耐衝撃性能を備えており、落下衝撃に強いのもうれしいポイント。

壊れにくいので、長く使い続けることができます。

ただしエントリーモデルのため性能が低く、ゲームなどの操作には不向きです。

かんたんモード・ジュニアモード搭載のため、メールや電話の使用がメインのスマホ初心者向けのモデルといえます。

AQUOS wish3の価格

項目価格割引適用時※詳細
SHARP公式34,980円-
公式サイトを見る
ドコモ22,000円12,232円公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
楽天モバイル29,700円9,700円公式サイトを見る
ワイモバイル21,984円1円公式サイトを見る
mineo32,472円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(スタンダード)、楽天モバイルはプラン契約同時の割引適用、ワイモバイルは乗り換えでシンプル 2M/L契約

ソフトバンクの小さめスマホの選び方

iPhone SE(第2世代)
ここからはソフトバンクの小さめスマホの選び方を解説します。

小さめのスマホを選ぶためには、どのポイントを重視するかをはっきりさせる必要があります。

それぞれのポイントごとに、どのスマホがおすすめか詳しくみていきましょう。

ソフトバンクの小さめスマホを「サイズ」で選ぶなら

iPhone SE3 グリップ

「サイズ」で選ぶ
  • iPhone SE(第3世代)
  • motorola razr 40s

とにかく小さいスマホが欲しい!という方におすすめなのは、「iPhoneSE(第3世代)」と「motorola razr 40s」です。

「iPhone SE(第3世代)」は高さが138.4mmと小さいので、片手でも楽に操作できます。

また重量も約144gと軽いです。

「motorola razr 40s」は平均よりやや大きめのスマホですが折りたたむことができ、高さ89mmのコンパクトサイズで持ち歩けます。

背面にサブディスプレイが搭載されているため、折りたたんだ状態でもさまざまな操作が可能となっています。

ソフトバンクの小さめスマホを「スペック」で選ぶなら

Xperia 5 IV

画像引用元:Xperia 5 IV | パフォーマンス | Xperia公式サイト

「スペック」で選ぶ
  • iPhone 15 Pro
  • Xperia 5 IV

小さくてスペックの高いスマホが欲しい!という方におすすめなのは、「iPhone 15 Pro」と「Xperia 5 IV」がおすすめです。

iPhone 15 ProはiPhone史上最も性能が高いA17 Proチップを搭載しており、負荷が大きいアプリもサクサク動きます。

Xperia 5 IVはSnapdragon 8 Gen 1を搭載。

型落ちモデルですが性能は高く、快適に操作できます。

どちらのモデルもカメラ性能が非常に高く、明るく鮮明な写真・動画を撮影できます。

どちらもハイエンドモデルの小型版であるため、小さいけどスペックは落としたくないユーザーに最適です。

ただし、価格はやや高めになるので注意しましょう。

ソフトバンクの小さめスマホを「価格」で選ぶなら

AQUOS wish3

画像引用元:AQUOS wish3の特長|AQUOS:シャープ

「価格」で選ぶ
  • AQUOS wish3

小さくて価格が安いスマホが欲しい!という方におすすめなのが「AQUOS wish3」です。

AQUOS wish3の本体価格は25,920円と安価ですが、新トクするサポートを利用すればさらに安く購入できます。

2年後に返却すれば実質22,008円の負担で購入できるので、とにかくスマホの購入費用を抑えたい人におすすめです。

ただし、スペックは低く重いゲームや、高性能なカメラを求めている方には向いていません。

ソフトバンクの小さめスマホを「コスパ」で選ぶなら

Xperia 10 Vのカラバリ

画像引用元:Xperia 10 V | Xperia(エクスペリア) | ソニー

「コスパ」で選ぶ
  • iPhoneSE(第3世代)
  • Xperia 10 V

スペックと価格のバランスのとれたコスパの良い小さめスマホが欲しい方におすすめなのは「iPhoneSE(第3世代)」と「Xperia 10 V」です。

スペックは最新モデルには劣るものの、価格はグッと抑えられています。

特にiPhoneSE(第3世代)はカメラこそシングルですが、iPhone13シリーズと同じA15 Bionicチップを搭載しているので操作面はハイスペックモデルに引けを取りません。

スペックと価格のバランスを求めるなら、ぜひ「iPhone SE(第3世代)」と「Xperia 10 V」の購入を検討してみましょう。

ソフトバンクの小さめスマホでおすすめは「iPhoneSE(第3世代)」

iPhone SE3

画像引用元:Apple公式サイト

ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選、スペック、価格、特徴を徹底解説してきました。

ソフトバンクの小さめスマホ選びポイント

近年は大型スマホが多くなり、小さめのスマホ自体が少なくなっています。

そんな中でも最もおすすめなのは「iPhoneSE(第3世代)」でしょう。

iPhoneSE(第3世代)は価格が控えめでありながら、端末サイズがとても小さくなっています。

スペックもフラグシップモデルと同等であるため、操作面での不満はほぼないでしょう。

ソフトバンクの小さめスマホを選ぶ際には、サイズだけでなくスペックや価格を比較することが大切です。

この記事を参考に、自分にあった最適な「小さめスマホ」を購入してみてください!

この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。