ソフトバンク おすすめ スマホ

【2024年最新】ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選

  • 更新日:2024年1月19日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年1月19日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

ソフトバンクで購入できる小さめスマホおすすめ6機種をご紹介します。

スマホは近年大型化が進んでおり、片手で操作しやすい小型スマホが少なくなっています。

この記事では、ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選、スペック、価格、特徴を徹底解説します。

「大きなスマホは操作しづらい!」というソフトバンクユーザーは、是非購入の参考にしてください。

ソフトバンクの小さめスマホ選びポイント
小さめスマホおすすめ6機種

記事に入る前に、ソフトバンクで購入できる小さめのスマホのスペックを簡単に紹介します。

機種ディスプレイサイズ重量発売日価格
iPhoneSE
(第3世代)
約4.7インチ幅:67.3mm
高さ:138.4mm
厚さ:7.3mm
約144g2022年3月18日73,440円〜
実質22,008円〜
iPhone 15 Pro約6.1インチ幅:70.6mm
高さ:146.6mm
厚さ:8.25mm
約187g2023年9月22日185,760円~
実質96,120円~
motorola razr 40s約6.9インチ幅:74mm
高さ:171mm
厚さ:7.4mm
【折りたたみ時】
幅:74mm
高さ:89mm
厚さ:15.8mm
約189g2023年12月8日121,680円
実質31,896円
Xperia 5 IV約6.1インチ幅:67mm
高さ:156mm
厚さ:8.2mm
約172g2022年10月21日115,200円
実質57,600円
Xperia 10 V約6.1インチ幅:68mm
高さ:155mm
厚さ:8.3m
約159g2023年7月6日79,920円
実質31,824円
AQUOS wish3約5.7インチ幅:70mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
約161g2023年10月13日25,920円
実質22,008円

おすすめ1位はiPhoneSE(第3世代)

その中でも、特におすすめな機種はiPhoneSE(第3世代)です。

iPhoneSE(第3世代)のおすすめポイント
  • ディスプレイは4.7インチで超コンパクト
  • A15 Bionicチップで高性能
  • 指紋認証とホームボタンを搭載
  • 価格も実質36,720円〜と安い
iPhoneSE(第3世代)のここが惜しい!
  • 画面サイズが小さいので動画やゲームは物足りない
  • カメラはシングル

そのほかの機種のレビューは、下記のスキップボタンをタップして見てみてください。

この記事を書いた人
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

ソフトバンクの小さめスマホ一覧

iPhone13

画像引用元:iPhone 13またはiPhone 13 miniを購入 – Apple(日本)

ソフトバンクのスマホの中で小さめサイズのスマホを見ていきましょう。

「小さなスマホ」の定義は以下とします。

ソフトバンクの小さなスマホの定義
  • ディスプレイサイズ:約6.1以下
  • サイズ:幅71mm以下
  • 2021年以降発売のもの

小さなスマホはディスプレイサイズも小さくなり、約4.7〜約6.1インチ程度のものが片手で操作しやすくなります。

また、グリップのしやすさはスマホの横幅が重要で約64〜71mm程度のものが良いでしょう。

2024年1月現在、これら条件を満たすスマホは以下の通りです。

ソフトバンクの小さめスマホ一覧
機種ディスプレイサイズ重量発売日価格
iPhoneSE
(第3世代)
約4.7インチ幅:67.3mm
高さ:138.4mm
厚さ:7.3mm
約144g2022年3月18日73,440円〜
実質22,008円〜
iPhone 15 Pro約6.1インチ幅:70.6mm
高さ:146.6mm
厚さ:8.25mm
約187g2023年9月22日185,760円~
実質96,120円~
motorola razr 40s約6.9インチ幅:74mm
高さ:171mm
厚さ:7.4mm
【折りたたみ時】
幅:74mm
高さ:89mm
厚さ:15.8mm
約189g2023年12月8日121,680円
実質31,896円
Xperia 5 IV約6.1インチ幅:67mm
高さ:156mm
厚さ:8.2mm
約172g2022年10月21日115,200円
実質57,600円
Xperia 10 V約6.1インチ幅:68mm
高さ:155mm
厚さ:8.3m
約159g2023年7月6日79,920円
実質31,824円
AQUOS wish3約5.7インチ幅:70mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
約161g2023年10月13日25,920円
実質22,008円

※実質価格は新トクするサポートを適用した場合

ディスプレイサイズが最も小さいのは約4.7インチのiPhoneSE(第3世代)、端末サイズが最も小さいのはiPhone13 miniで幅64.2mmになります。

Androidにおいては、arrows Weが約5.7インチと最も小さいスマホになり、Xperia 5 IVとXperia 10 IVは幅67mmとグリップしやすくなっています。

▲目次に戻る

ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選

ここからはソフトバンクの小さめスマホのおすすめ6選をみていきましょう。

ソフトバンクのサイズが小さいスマホおすすめ6選

それぞれの端末のサイズ感、スペック、特徴、価格を詳しく解説します。

iPhoneSE(第3世代)

iPhoneSE(第3世代)

画像引用元:iPhone SE(第3世代) | iPhone | ソフトバンク

iPhoneSE(第3世代)のおすすめポイント
  • ディスプレイは4.7インチで超コンパクト
  • A15 Bionicチップで高性能
  • 指紋認証とホームボタンを搭載
  • 価格も実質36,720円〜と安い
iPhoneSE(第3世代)のここが惜しい!
  • 画面サイズが小さいので動画やゲームは物足りない
  • カメラはシングル

iPhoneSE(第3世代)は2022年3月18日に発売された、iPhoneSEシリーズの最新モデルです。

とにかく小型で価格が安いものがいい!というiPhoneユーザーなら、iPhoneSE(第3世代)を購入すれば失敗はありません。

搭載しているチップはiPhone13シリーズと同じA15 Bionicチップで、2024年1月現在においてもトップクラスの性能です。

画面サイズは約4.7インチと、ソフトバンクで現在購入できるスマホの中で最小で、重さも約144gと超軽量。

幅67.3mm、高さ138.4mmなので、手の小さい方でも片手操作もしやすくなっています。

また、指紋認証やホームボタンが欲しい人にもおすすめできます。

ただし、ベゼルが広くディスプレイサイズ自体はやや小さいため、大迫力で動画やゲームをしたい方にはやや不向きです。

また、カメラもシングルなので超広角での撮影は利用できません。

iPhoneSE(第3世代)のスペック

iPhone SE3(第3世代)
ディスプレイ4.7インチ
液晶ディスプレイ
解像度1,334 x 750
本体サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ144g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリー非公表
RAM4GB(非公表)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA15 Bionicチップ
認証指紋認証
カラーミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ネットワーク5G対応
充電18W急速充電対応
詳細iPhone SE(第3世代)実機レビュー

iPhoneSE(第3世代)の価格

項目64GB128GB256GB
一括払い73,440円81,360円99,360円
分割払い917円× 24回
(1〜24回)
2,143円× 24回
(25〜48回)
1,116円× 24回
(1〜24回)
2,274円× 24回
(25〜48回)
2,190円× 24回
(1〜24回)
1,950円× 24回
(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円
(917円×24回)
26,784円
(1,116円×24回)
52,560円
(2,190円×24回)
詳細iPhone SE(第3世代) の在庫を見る
iPhoneSE(第3世代)の価格の端末価格は73,440円〜です。

新トクするサポートを利用した場合には実質36,720円〜で購入できるため、かなりコスパの良い端末になります。

カメラ性能こそ最新iPhoneには劣りますが、A15 Bionicチップは高性能です。

とにかく安く性能が良い小さいスマホが欲しい方に、iPhoneSE(第3世代)はおすすめできます。

iPhone13 mini

iPhone 13 mini

画像引用元:iPhone 13・iPhone 13 mini | iPhone | ソフトバンク

iPhone13 miniのおすすめポイント
  • 高さ131.5×幅64.2×厚さ7.65mmで最小クラス
  • 小さいのに約5.4インチで大画面
  • 重量140gで超軽い
  • デュアルカメラ搭載
iPhone13 miniのここが惜しい!
  • 実質58,320円〜とやや高い
  • 容量・カラーによっては在庫がない

iPhone13 miniは2021年9月24日に発売された、iPhone miniシリーズの最新モデルです。

miniシリーズはiPhone14では発売されていないため、iPhone13 miniが現状は最新です。

iPhone13 miniはディスプレイが約5.4インチと大きいにも関わらず、サイズは高さ131.5×幅64.2×厚さ7.65mmとiPhoneSE(第3世代)よりも小さくなっています。

ベゼルも薄くホームボタンもないので、見た目もすっきりしているのが特徴です。

iPhone13 miniの重量は140gでとても軽く、片手操作にも最適なこともメリットでしょう。

A15 Bionicチップを搭載し、カメラもデュアル超広角やモノに対応したポートレート撮影も可能です。

ただし、価格が実質58,320円〜とやや高く、容量・カラーによっては在庫がない可能性があるため注意しましょう。

iPhone13 miniのスペック

iPhone 13 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.65mm
重さ140 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク・
グリーン
詳細iPhone 13 miniのレビュー

iPhone13 miniの価格

項目128GB256GB512GB
一括払い116,640円134,640円169,920円
分割払い2,430円×48回2,805円×48回3,540円×48回
新トクするサポート適用時58,320円
(2,430円×24回)
67,320円
(2,805円×24回)
84,960円
(3,540円×24回)
詳細 iPhone13 miniの在庫を見る

iPhone13 miniの端末価格は116,640円〜で、新トクするサポートを利用した場合には実質58,320円〜で購入できます。

A15 Bionicチップを搭載しカメラ性能も申し分ないため、5万円台で購入できるのはかなりお得な端末です。

現行のiPhoneで最小の端末サイズなので、小ささと性能を追求する方におすすめです。

Xperia 5 IV

Xperia 5 IV

画像引用元:Xperia 5 IV | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 5 IVのおすすめポイント
  • 約6.1インチ縦長デザインでグリップしやすい
  • Snapdragon 8 Gen 1搭載でスペックが高い
  • トリプルレンズでカメラ性能が高い
Xperia 5 IVのここが惜しい!
  • 実質73,800円とやや高い
  • カラーバリエーションが2色と少ない

Xperia 5 IVは2022年10月21日に発売された、Xperia 5シリーズの最新モデルです。

Xperia 5シリーズ高性能でありながら、端末サイズはコンパクトなモデルを展開しています。

ディスプレイが約6.1インチとやや大きめですが、縦長(21:9比の有機ELディスプレイ)を採用しているので、幅が64.2mmと狭くグリップしやすいのが特徴です。

スペックはSnapdragon 8 Gen 1を搭載しているので、フラグシップモデルのXperia 1 IVと同等になります。

また、望遠カメラ含むトリプルレンズを搭載しているので、写真に拘りのある方にもおすすめできます。

高性能でありながらコンパクトなAndroidが欲しい!という方にXperia 5 IVは向いています。

ただし、ソフトバンクのXperia 5 IVはエクリュホワイトとブラックの2色の取り扱いで、カラバリが少ないのは残念なポイントです。

Xperia 5 IVのスペック

Xperia 5 Ⅳのスペック
SoCSnapdragon® 8 Gen 1
Mobile Platform
3.0GHz/1+2.5GHz/3+1.8GHz/4
OSAndroid 12
5G対応
内蔵RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
156x67x8.2(mm)/
172g
メインカメラ構成1,220万画素×3
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ1,220万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・エクリュホワイト・グリーン
詳細Xperia 5 IV 実機レビュー

Xperia 5 IVの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ137,280円40,920円
公式サイトを見る
au100,700円39,790円公式サイトを見る
ソフトバンク115,200円57,600円公式サイトを見る
楽天モバイル106,900円53,448円公式サイトを見る
※いつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルは買い替え超トクプログラムを利用する場合

Xperia 5 IVの端末価格は147,600円で、新トクするサポートを利用した場合には実質73,800円で購入できます。

Snapdragon 8 Gen 1を搭載し、フラグシップにも劣らない性能です。

Xperia 1 IVと同等のスペックが欲しいけど大きすぎるという方にXperia 5 IVは向いています。

Google Pixel 6a

Google Pixel 6a

画像引用元:Google Pixel 6a – Google ストア

Google Pixel 6aのおすすめポイント
  • Google Pixelシリーズの中では小型約6.1インチ
  • Google Tensorを搭載のピュアGoogle
  • 実質33,840円と安い
Google Pixel 6aのここが惜しい!
  • 90Hzや120Hzには非対応
  • microSDカード非対応

Google Pixel 6aは2022年7月28日に発売された、Google Pixel aシリーズの最新モデルです。

Google Pixelシリーズの中では比較的小型なモデルで、約6.1インチのディスプレイを採用しています。

CPUはGoogleが独自で開発したGoogle Tensorを搭載しており、ピュアGoogleなAndroidを楽しめます。

デザインも独自性があり上質でありながら、価格は実質33,840円と安いのも魅力です。

カメラの性能も高く、広角カメラ、ウルトラワイドカメラのディアル構成です。

ただし、Androidにしては珍しくmicroSDカード非対応、さらに90Hzや120Hzの高リフレッシュレートには非対応です。

Google Pixel 6aのスペック

Google Pixel 6aのスペック
画面サイズ約6.1インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
OLED 429ppi
本体サイズ高さ:152.2mm
幅:71.8mm
厚さ:8.9mm
重さ178g
アウトカメラ広角:約1,220万画素
超広角:約1,220万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,410mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor
認証指紋
防水・防塵IP67
カラーChalk
Charcoal
Sage
詳細Google Pixel 6a 評価レビュー

Google Pixel 6aの価格

項目価格
一括払い67,680円
分割払い1,326円× 24回(1〜24回)
1,494円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時31,824円(1,326円× 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Google Pixel 6aの端末価格は67,680円で、新トクするサポートを利用した場合には実質33,840円で購入できます。

Google Pixelは必要な機能をしっかり搭載した端末で、スペックもハイスペックに見劣りしません。

Xperia 10 IV

Xperia 10 Ⅳ

画像引用元:Xperia 10 Ⅳ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 10 IVのおすすめポイント
  • ミドルスペック&小型モデル
  • 約6.0インチの縦長ディスプレイで持ちやすい
  • 超広角、広角、望遠のトリプルレンズ搭載
Xperia 10 IVのここが惜しい!
  • 重いゲームには不向き
  • モノラルスピーカー

Xperia 10 IVは2022年7月8日に発売された、Xperia 10シリーズの最新モデルです。

Xperia 10シリーズはミドルスペック&小型モデルが特徴のシリーズです。

Xperia 10 IVは約6.0インチの縦長ディスプレイを搭載しているため、大画面でありながら持ちやすいのが魅力です。

CPUはSnapdragon 695 5G、RAM6GBとそこまで高くはありませんが、通常使いでは十分なスペックを持っています。

ミドルスペックでありながらカメラは超広角、広角、望遠のトリプルレンズを搭載しています。

価格は実質37,440円と安く、コスパの良さも魅力です。

ただし、Snapdragon 695 5Gは重いゲームにやや不向きであったり、モノラルスピーカー、リフレッシュレート60Hzなどスペック面ではハイスペックモデルに劣ります。

Xperia 10 IVのスペック

Xperia 10 IV
サイズ高さ:153mm
幅:67mm
厚さ:8.3mm
重量約161g
ディスプレイ6.0インチ
アウトカメラ超広角:約800万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
防水・防塵性能IPX5/IPX8・IP6X
認証指紋
カラーミント
ホワイト
ブラック
ラベンダー(ドコモ・au)
詳細Xperia 10 IV 評価レビュー

Xperia 10 IVの価格

項目価格
一括払い74,880円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
2,203円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円× 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Xperia 10 IVの端末価格は74,880円で、新トクするサポートを利用した場合には実質37,440円で購入できます。

ミドルスペックにはなりますが、コンパクトで使いやすいサイズのXperiaが3万円台から購入できるのはお得です。

Xperia 5 IVの半額程度であるため、価格を抑えた小さいXperiaが欲しい方にXperia 10 IVは向いています。

arrows We

arrows We

画像引用元:arrows We | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

arrows Weのおすすめポイント
  • 約5.7インチの小型エントリーモデル
  • まる洗いや除菌ができ清潔を保てる
  • 初心者に使いやすい機能を用意
  • 実質13,680円と格安で購入できる
arrows Weのここが惜しい!
  • 重いゲームには不向き
  • カメラ性能がやや物足りない

arrows Weは2021年12月3日に発売された、エントリーモデルです。

発売が2021年とやや古いモデルですが、5G搭載の低価格モデルとして人気です。

arrows Weは約5.7インチのディスプレイを搭載している、Androidの中でもかなりコンパクトなスマホです。

泡タイプのハンドソープでまる洗いができるので、端末を常に清潔に保てるのもメリットです。

また、文字やアイコンが大きく、見やすくなる「シンプルモード」や「かんたん電話・かんたん電話帳」、お子さまのスマホの使いすぎを防ぐ「ジュニアモード」など初心者が使いやすい機能もあります。

価格は実質13,680円と価格もかなり安くなっています。

ただし、Snapdragon 480 5G搭載であるため、重いゲームなどには向いていません。

カメラも約1,310万画素+約190万画素のシングルカメラのみなので注意しましょう。

arrows Weのスペック

arrows Weのスペック
チップSnapdragon 480
5G対応
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ高さ:147mm
幅:71mm
厚さ:9.4mm
重さ172g
アウトカメラ広角:1,310万画素
マクロ:190万画素
インカメラ500万画素
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー容量4,000mAh
生体認証指紋
防水IPX8
FeliCa対応
ワイヤレス充電非対応
カラーターコイズ・ブラック・ホワイト
詳細arrows We レビュー

arrows Weの価格

項目価格
一括払い25,920円
分割払い917円× 24回(1〜24回)
163円× 24回(25〜48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円 × 24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

arrows Weの端末価格は27,360円で、新トクするサポートを利用した場合には実質13,680円で購入できます。

エントリーモデルではありますが、1万円台で購入できるため「とりあえず」購入するのもアリな価格です。

▲目次に戻る

ソフトバンクの小さめスマホの選び方

iPhone SE(第2世代)
ここからはソフトバンクの小さめスマホの選び方を解説します。

小さめのスマホを選ぶためには、どのポイントを重視するかをはっきりさせる必要があります。

それぞれのポイントごとに、どのスマホがおすすめか詳しくみていきましょう。

ソフトバンクの小さめスマホを「サイズ」で選ぶなら

iPhone 13 mini

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

「サイズ」で選ぶ
  • iPhone13 mini
  • iPhoneSE(第3世代)

とにかく小さいスマホが欲しい!という方におすすめなのは、「iPhone13 mini」と「iPhoneSE(第3世代)」です。

これら2機種はどちらも高さが130mm台であるため、近年のスマホの中ではとても小さく感じるでしょう。

また、どちらも重量が140g台なので軽さを求める方にも向いています。

ディスプレイサイズはiPhone13 miniが約5.4インチと大きいのですが、端末サイズ自体は小さくなっています。

ホームボタンや指紋認証が欲しい場合にはiPhoneSE(第3世代)がおすすめです。

ソフトバンクの小さめスマホを「スペック」で選ぶなら

Xperia 5 IV

画像引用元:Xperia 5 IV | パフォーマンス | Xperia公式サイト

「スペック」で選ぶ
  • iPhone13 mini
  • Xperia 5 IV

小さくてスペックの高いスマホが欲しい!という方におすすめなのは、「iPhone13 mini」と「Xperia 5 IV」がおすすめです。

iPhone13 miniはA15 Bionicチップを搭載しており、カメラもデュアルレンズであるため性能はかなり高いスマホです。

また、Xperia 5 IVはSnapdragon 8 Gen 1搭載で、コンパクトでありながらトリプルカメラを採用しています。

どちらもハイスペックモデルの小型版であるため、小さいけどスペックは落としたくないユーザーに最適です。

ただし、価格はやや高めになるので注意しましょう。

ソフトバンクの小さめスマホを「価格」で選ぶなら

arrows We

画像引用元:arrows We スペシャルページ – FMWORLD.NET(個人) : FCNT

「価格」で選ぶ
  • arrows We

小さくて価格が安いスマホが欲しい!という方におすすめなのが「arrows We」です。

arrows Weはエントリーモデルであるため、新トクするサポートを適用することで実質13,680円で購入できます。

価格は小さめスマホの中でも群を抜いているため、とにかくスマホ購入費用を抑えたい方におすすめです。

ただし、スペックは低く重いゲームや、高性能なカメラを求めている方には向いていません。

ソフトバンクの小さめスマホを「コスパ」で選ぶなら

Google Pixel 6a

画像引用元:Google Pixel 6a – Google ストア

「コスパ」で選ぶ
  • iPhoneSE(第3世代)
  • Google Pixel 6a
  • Xperia 10 Ⅳ

スペックと価格のバランスのとれたコスパの良い小さめスマホが欲しい方におすすめなのは「iPhoneSE(第3世代)」「Google Pixel 6a」「Xperia 10 Ⅳ」の3つです。

スペックは最新モデルには劣るものの、価格はグッと抑えられています。

特にiPhoneSE(第3世代)はカメラこそシングルですが、iPhone13シリーズと同じA15 Bionicチップを搭載しているので操作面はハイスペックモデルに引けを取りません。

スペックと価格のバランスを求める方に「iPhoneSE(第3世代)」「Google Pixel 6a」「Xperia 10 Ⅳ」の3つは特におすすめです。

▲目次に戻る

ソフトバンクの小さめスマホでおすすめは「iPhoneSE(第3世代)」

iPhone SE3

画像引用元:Apple公式サイト

ソフトバンクの小さめスマホおすすめ6選、スペック、価格、特徴を徹底解説してきました。

近年は大型スマホが多くなり、小さめのスマホ自体が少なくなっています。

そんな中でも最もおすすめなのは「iPhoneSE(第3世代)」でしょう。

iPhoneSE(第3世代)は価格が控えめでありながら、端末サイズがとても小さくなっています。

スペックもフラグシップモデルと同等であるため、操作面での不満はほぼないでしょう。

ソフトバンクの小さめスマホを選ぶ際には、サイズだけでなくスペックや価格を比較することが大切です。

この記事を参考に、自分にあった最適な「小さめスマホ」を購入してみてください!

ソフトバンクの小さめスマホ選びポイント

▲目次に戻る