ソフトバンクの機種変更でかかる初期費用(事務手数料・頭金)を抑える方法

  • 更新日:2023年12月13日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2023年12月13日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

本記事では、初期費用を抑えてソフトバンクで機種変更する方法について詳しく解説していきます。

吹き出しアイコン

ソフトバンクで機種変更を予定している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソフトバンクの機種変更でかかる初期費用(事務手数料・頭金)を抑える方法

ソフトバンクでは、店頭で機種変更する際に「事務手数料」と「頭金」がかかります。

スマホは機種代金が高額なものが多いので、初期費用はできるだけ抑えて機種変更したいですよね。

そこでおすすめなのが、ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップで手続きを行えば、初期費用ゼロで機種変更することが可能です。

ソフトバンクの機種変更でかかる初期費用はいくら?

ソフトバンクでかかる、初期費用は下記の2つがあります。

  • 事務手数料:3,850円
  • 頭金:5,500円~11,000円

ソフトバンクオンラインショップなら初期費用を抑えることができる

結論から言うと、ソフトバンクオンラインショップなら頭金・事務手数料無料で機種変更することが可能です。

  • 頭金は一切不要
  • 受取方法で「自宅等で受け取る」を選択すると事務手数料無料※

※「店舗で受け取る」を選択した場合は事務手数料がかかります。

上記の方法で申し込みすれば、初期費用は一切かからないので、ソフトバンクショップで機種変更するより断然お得です。

ソフトバンクショップで機種変更をする場合、初期費用はいくらかかる?

ソフトバンクとワイモバイルの実店舗

ソフトバンクショップで機種変更する場合、以下の初期費用がかかります。

ソフトバンクショップで機種変更する際の初期費用
  • 事務手数料:3,300円
  • 頭金:5,500円~11,000円

事務手数料は、機種変更を行う際にかかる手間賃です。

ソフトバンクの場合、機種変更・新規契約・他社から乗り換えのいずれの手続きでも一律で3,300円の事務手数料を負担することになります。

店頭での支払いは不要で、当月の利用料と合算されて請求されます。

頭金とは、各ショップが独自に設定している手数料です。

機種代金とは別に設定されている費用で、店舗運営費などに使用する目的で設定されています。

頭金の費用は店舗によって異なり、5,500円~11,000円が相場となっています。

事務手数料とは違い、頭金は店頭で支払いが必要です。

2023年6月1日より事務手数料が増額になる

2023年4月26日、ソフトバンクが事務手数料を改定することを発表しました。

プレリリース:ソフトバンク”と“ワイモバイル”の事務手数料を改定

これまで3,300円だった事務手数料が、2023年6月1日以降は3,850円に増額になります。

今までよりさらに初期費用がかかるようになるため、ソフトバンクショップで機種変更するのは得策とはいえません。

ソフトバンクショップでの機種変更 初期費用は0円にできる?

COST

結論からいうと、頭金を0円にすることは可能ですが、事務手数料は0円にできません

ここでは、頭金を0円にする方法と、事務手数料がなぜ0円にできないのかを説明していきます。

頭金を0円にする方法

一部のソフトバンクショップでは、ショップが指定するオプションサービスなどに加入することで頭金を0円にできるサービスを行っています。

オプションサービスは有料ですが数百円程度のものがほとんどなので、頭金を支払うより負担を抑えることが可能です。

ただし、指定オプションはショップによって異なり、加入が求められるオプションサービスも1つだけとは限りません。

機種変更時に店頭で支払う頭金を0円にできる代わりに毎月の料金にオプションサービス料が加算されるため、月々の負担が大きくなってしまいます。

加入したオプションサービスはいつでも解約することが可能なので、不要だと判断した場合は早めに解約するようにしましょう。

事務手数料は割引できない!

事務手数料は、契約に関する各種手続きや通信回線の切り替えなどに必要な料金です。

どこの店舗で契約しようとこれらの手続きは必要になるため、金額は一定で0円になることもありません。

過去には事務手数料3,300円が0円になるキャンペーンを開催していたこともありました。

しかし、2017年以降は一度も開催されていません。

おそらくこれからも開催される可能性は低いでしょう。

したがって、ソフトバンクショップでの契約の際は事務手数料は必ずかかる費用と考えてください。

ソフトバンクオンラインショップのメリットと初期費用は?

メリット

ソフトバンクショップでは、頭金・事務手数料が合計3,300円~15,000円ほどかかることを解説してきました。

それではソフトバンクのオンラインショップでの初期費用はいくらかかるのでしょうか?

結論からお伝えすると、ソフトバンクオンラインショップなら頭金・事務手数料無料で機種変更することが可能です。

ソフトバンクオンラインショップで初期費用をゼロにする方法
  • 頭金は一切不要
  • 受取方法で「自宅等で受け取る」を選択すると事務手数料無料
    ※「店舗で受け取る」を選択した場合事務手数料がかかります。

上記の方法で申し込みすれば初期費用は一切かからないので、ソフトバンクショップで機種変更するより断然お得です。

ソフトバンクオンラインショップのメリット

初期費用ゼロで機種変更できる他にも、ソフトバンクオンラインショップにはさまざまなメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップのメリット
  • 日本全国送料・代引手数料無料
  • 24時間いつでも手続きできる
  • オンライン限定の割引キャンペーンがある

日本全国送料・代引手数料無料

ソフトバンクオンラインショップで購入した端末は、日本全国送料無料で配送してもらえます。

また、代引で商品を購入する場合は、代引手数料もかかりません。

オンラインショップ特有の費用が発生することはないので、安心して手続きできますよ。

24時間いつでも手続きできる

ソフトバンクオンラインショップは24時間いつでも手続きが可能です。

好きな時間に手続きできるので、日中忙しくてショップに行けない人も時間を気にせず機種変更できますよ。

また、待ち時間がないのも利点です。

ソフトバンクショップでは長時間の待ち時間が発生することがありますが、オンラインショップなら待たされることなくスムーズに手続きできます。

手続きも非常に簡単なので、慣れてしまえば10分もあれば機種変更することが可能です。

オンライン限定の割引キャンペーンがある

ソフトバンクオンラインショップでは、オンライン限定の割引キャンペーンがあります。

2023年5月現在開催中のキャンペーンは以下の通りです。

オンラインショップ限定の割引キャンペーン
  • U22 オンラインショップ割
    5~22歳の利用者限定。新規契約で申し込むと対象機種の機種代金が最大21,984円割引
  • オンラインショップ割
    他社から乗り換えで申し込むと対象機種の機種代金が最大21,984円割引

今後、機種変更で使える割引キャンペーンが開催される可能性も大いにあります。

ソフトバンクで機種変更する際は、キャンペーン情報もしっかりチェックしておきましょう。

ソフトバンクオンラインショップのデメリットと解消方法

しかし、そんなお得なソフトバンクオンラインショップにも大きなデメリットがあります。

それは、疑問点を質問できる店員さんがいないこと。

携帯電話にある程度詳しい方であればソフトバンクオンラインショップでも問題なく手続きできますが、スマホに苦手意識のある人は不安を感じるでしょう。

  • 自分に最適なスマホがわからない
  • 最適な契約プランがわからない

このようなよくある悩みも、ソフトバンクオンラインショップで購入する場合は全て自分で解決する必要があります。

いずれもシンプルな悩みなのですが、最適解は人それぞれ。

インターネットなどで調べてみても納得できる回答は見つけにくいことでしょう。

こうなると、やはりソフトバンクショップなどの実店舗で購入した方がいいと考える人は多いはずです。

ソフトバンクオンラインショップのデメリット解決法

デメリットの解決方法は、ソフトバンクオンラインショップで購入する前にソフトバンクショップなどの実店舗で疑問点を質問してくることです。

つまり、各種手続きをせず質問だけしてくるということですね。

質問だけでも、店員さんは相談者の環境に合った最適なスマホや契約プランを丁寧に教えてくれますよ。

相談後は店員さんが教えてくれた情報を元に、ソフトバンクオンラインショップで各種手続きをするだけです。

とてつもなくシンプルな方法ですが、実店舗とソフトバンクオンラインショップのいいとこどりができるお得な方法と言えます。

また、ソフトバンクのチャットサポートを活用するのもおすすめです。

ソフトバンクのサービスについてスマホやPCで簡単に質問することができるため、ショップまで足を運ぶ必要がありません。

チャットサポートは、9時~20時まで年中無休でオペレーターが対応しています。

携帯電話の「頭金」は一般的な頭金とは意味が違う

頭金

ソフトバンクオンラインショップで申し込みをすれば、頭金・契約手数料無料で機種変更することができます。

しかし、次のようにお考えの方もいるのではないでしょうか?

「やり方はわかったけど、質問だけで帰ってくるのは店舗側に迷惑かも・・・」
「そもそも頭金払わないってのはまずくない?」

そこでここからは、そもそもなぜ頭金がかかるのかを説明していきます。

これを読んでいただければ、何も遠慮することはないということがおわかりになると思います。

頭金=実店舗の販売手数料

一般的に頭金とは、契約申し込みの際に、その場で支払う一定額のお金のことを言いますよね。

車や家などの高額な商品をローンを組んで購入する場合に利用したことがある人が多いのではないでしょうか。

一方、ソフトバンクの実店舗でかかる「頭金」はこれとはまったく意味が違います。

ソフトバンクショップの頭金は、携帯電話本来の機種代金に頭金分の金額を上乗せされています。

10万円のスマホを例にとれば、10万円の機種代金の他に頭金を1万円に設定しているということです。

つまり携帯電話の「頭金」は一般的な頭金とは意味が異なり、「販売店手数料」のようなものとして使われています。

機種代金に頭金が上乗せされているため、通常の頭金のように分割支払金が安くなるということはありません。

iPhoneの頭金は高額になりやすい

数あるスマホの中でも、頭金が高額に設定されやすいのがiPhoneです。

特に、新機種などには11,000円を超える頭金が設定されているケースも珍しくありません。

またAndroid端末でも、iPhoneほどでないにしろ新機種は頭金が高額になる傾向にあります。

頭金は割引できるがおすすめできない

実店舗で各種手続きを行う場合頭金を0円にすることはできませんが、割引することはできます。

それが「オプションサービスへの加入」です。

しかし、基本的にこれはおすすめしません。

その理由について解説していきます。

オプションサービスはトータルで見れば高額に!

頭金を割引するためにおすすめされるオプションサービスの中には、初月の利用料が無料のものが多くあります。

料金がかかるオプションも多少はありますが、どれも月額300円程度です。

これらのオプションサービスにとりあえず加入をして1~2ヶ月経ったら解約するだけで、数千円もかかる頭金が割引になるので大変お得ですよね。

しかし実際は、多くの場合で想像以上の費用がかかってしまいます。

理由は以下の2つです。

  • オプションサービスの解約し忘れ
  • オプションサービスの解約の仕方がわからない

オプションサービスは1~2ヶ月後が怖い

人間は1~2ヶ月前の出来事など、ほとんど忘れてしまいます。

ましてや契約当時は無料だったオプションサービスのことなど、すぐに忘れ去ってしまうでしょう。

しかし、オプションサービスが無料なのは、最初の1~2ヶ月だけという場合がほとんどです。

その後は有料となり、1つ1つの価格は300円程度でもこれが10個集まれば3,000円になります。

月額3,000円というのは、機種代金の分割払いに匹敵する額です。

人によっては、「気が付いた時には、月の支払いが2,000~3,000円もアップしていた」という事態になりかねません。

これこそがオプションサービスの恐ろしいところなのです。

オプションサービスは解約が難しい

これは、スマホの操作に慣れない人だけの話ではありません。

スマホの操作に習熟した方でも、解約しにくいオプションサービスが多いです。

しかもオプションサービス1つ1つの月額料金は300円程度なので、解約を諦めてしまう人も少なくありません。

結果、オプションサービスに加入することで月々の請求が高くなってしまい、頭金以上の費用がかかってしまう事態になっていまいます。

頭金を安くするために不要なオプションサービスに加入するのは、できる限り避けた方が良いでしょう。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする手順

基本的に画面の指示に従って進めばOKです。

欲しい機種やカラー容量などは、あらかじめ決めておくとスムーズに進みます。

  1. STEP.
    ソフトバンクオンラインショップへアクセスして右上の三本線(メニュー)をタップ
    ソフトバンク 購入申し込み
  2. STEP.
    「購入機種をさがす」をタップ
    ソフトバンク 購入申し込み
  3. STEP.
    シリーズを選択し、欲しい端末の「予約・購入する」をタップ
    ソフトバンク 購入申し込み
  4. STEP.
    「受け取り」から、受け取り方法を選択
    ソフトバンク 購入申し込み
  5. STEP.
    「お手続き」から、「機種変更」を選択
    ソフトバンク 購入申し込み
  6. STEP.
    「お客さまについて」でご自身の年齢を選んだ後、「次へ」をタップ
    ソフトバンク 購入申し込み
  7. STEP.
    My SoftBankにログインして各種情報を選択・入力する
    ソフトバンク 購入申し込み
  8. 完了

画像引用元:オンラインショップ | ソフトバンク

審査完了後、商品の発送手続き開始時、および出荷完了時にソフトバンクからメールが来るので確認しましょう。

基本的には画面の指示に従うだけなので難しくありません。

一般的なオンラインショッピングと似たような手順で機種変更手続きが行えます。

なお契約者が17歳以下の場合は、自宅での受け取りが選択できない点に注意してください。

ソフトバンクでの機種変更についてのよくある質問

よくある質問
ソフトバンクでの機種変更について、よくある質問に回答しました。

ソフトバンクでの機種変更では手数料や頭金はどのくらいかかるのか

事務手数料3,300円、頭金は0円から22,000円程度かかります。

なお事務手数料は、2023年6月1日以降は3,850円に増額になるので注意してください。

ソフトバンクでの機種変更で手数料や頭金を0円にする方法を知りたい

ソフトバンクオンラインショップを利用することでどちらも0円にすることができます。

本記事で解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更をすることに不安がある

事前にソフトバンクショップや家電量販店で質問や不明点を解消しておくと、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

またチャットサポートを活用するのもおすすめです。

不明点などがあるときは気軽に相談してみてくださいね。

事務手数料は割り引きできないのか

原則として割り引きできません。

キャンペーンで事務手数料が0円になることもあるため、この時期を狙う手があります。

ソフトバンクでの機種変更はオンラインショップがおトク!

スマホを操作している人
ソフトバンクの機種変更でかかる初期費用を抑える方法について解説してきました。

ソフトバンクの機種変更でかかる初期費用
  • 頭金の相場は5,500円~11,000円
  • 機種変更手数料は5月31日まで3,300円
  • 6月1日より事務手数料が3,850円に増額になる
  • ソフトバンクオンラインショップなら頭金・事務手数料が不要

ソフトバンクショップで手続きする場合、事務手数料と頭金の費用がかかります。

初期費用は1回線ごとにかかるため、仮に家族4人分のスマホを購入した場合、初期費用だけでかなりの負担になってしまいます。

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料・頭金無料で機種変更できるので、ソフトバンクショップより断然お得です。

ソフトバンクショップで機種変更する場合は、ぜひソフトバンクオンラインショップを利用しましょう。

この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。