ソフトバンクのウルトラギガモンスター+の全て|新料金プランの真実

  • 2018年9月18日
  • by 
ソフトバンクのウルトラギガモンスター+の全て|新料金プランの真実

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

昨今の格安SIMの加速度的な普及が裏付けるように、モバイル業界では大手キャリアの料金プランが高額過ぎると疑問視されており、時の官房長官までがそのことに言及する事態となっています。

それを受けてドコモ、auが新料金プランを発表し、ソフトバンクもこれに続く形で新料金プラン「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」を2018年8月29日に発表しました。

従来のデータ定額プランをより安く提供するとのことですが、その内容はどのようなものなのか、気になるところですよね。

そこで今回は「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の概要や、どのような人に適しているプランなのかをまとめていきます。

1 ウルトラギガモンスター+とは

画像引用元:ソフトバンク公式サイトより

ソフトバンクが新たに発表したデータ定額の新料金プラン「ウルトラギガモンスター+」は、従来のデータ定額プラン「ウルトラギガモンスター」同様、毎月50GBのデータ使用容量が設定されています

これに加えて、LINEやYoutubeなど人気ネットサービスの通信がなんと使い放題に。

また、月額料金が割引となる家族割も「家族割+」となり、「家族」の範囲が拡大されました。これにより、今までよりも多くの人が割引を受けられるよう改善されています。

1-1 使い放題の対象となるサービス

画像引用元:ソフトバンク公式サイトより

ウルトラギガモンスター+に加入することで使い放題となるサービスは以下のとおりです。

ウルトラギガモンスター+の使い放題対象サービス
  • YouTube
  • AbemaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • Hulu
  • LINE
  • Instagram
  • Facebook

SNS大手となるTwitterが含まれていないのは疑問ですが、今後対象サービスは拡大・変更の可能性があるので、注目しておく必要があるでしょう。

1-2 月月割は適用されないので注意

ウルトラギガモンスター+は、月額利用料金と端末購入代金を分離したプランなので、従来の月月割が適用されません。

このため、端末購入代金は全額自己負担となってしまいます。

ですから、従来のプランと同じくらいの月額で使っていくのであれば、半額購入サポートを利用して機種代金を払う以外に選択肢がありません

しかし、半額サポートは2年縛りの契約となります。よって、ソフトバンクから他キャリアへのMNPがしにくくなるというデメリットが発生してしまいます。

1-3 ウルトラギガモンスター+の料金体系

ウルトラギガモンスター+は、それ単体での基本料金が5,980円となっており、従来プランの7,000円よりも安くなっています

しかし、月額料金はこの基本料金に加えて通話プラン料金が加算されるため、むしろ高くなっているのです。

通話プランは従来のものから1つ増え3段階となっており、通話頻度などから選べるようになっています。

プラン価格
通話基本プラン
(20秒ごとに30円の通話料)
1,500円
準定額オプション
(1回5分以内の通話が無料)
2,000円
定額オプション
(24時間いつでも通話が無料)
3,000円

この通話プランに基本料金を合算すると以下のようになります。

選択通話プラン合計月額料金
通話基本プラン 7,480円
準定額オプション 7,980円
定額オプション 8,980円

一番安い通話基本プランを選択したとしても従来の料金プランよりも高くなっています。

実は、ウルトラギガモンスター+は、家族割+を含む各種割引を利用するという前提で考えられているプランなのです。

逆に言えば、割引を適用しなければ従来よりも安くはならないということです。

1-4 ウルトラギガモンスタ-+に適用される割引

それでは、ウルトラギガモンスター+に適用される割引について見ていきましょう。

1年おトク割

画像引用元:ソフトバンク公式サイトより

機種変更や端末購入と同時にウルトラギガモンスター+に加入すると適用される割引です。毎月月額料金から1,000円が割引されます。

ただ注意していただきたいのが、1年間だけの期間限定の割引であるということです。加入後2年目以降は、割引が無くなってしまうことを忘れないようにしましょう。

おうち割 光セット

画像引用元:ソフトバンク公式サイトより

自宅の光回線をソフトバンク光にすることで受けられる割引です。

こちらは、期間限定ではなくずっと1,000円の割引となりますが、別途回線の切り替え工事などを申し込まなければなりません

また、工事料金がかかることもありますので、事前に計画性をもって準備しておく必要があります。

みんな家族割+

画像引用元:ソフトバンク公式サイトより

家族で一緒にウルトラギガモンスター+またはミニモンスターに加入することで受けられる割引です。

家族として認められるのは以下のような関係です。

  • 同居している家族や親戚
  • 離れて暮らす家族や親戚
  • 同居しているパートナーや友人
  • シェアハウスの仲間など

同居や別居の親族は当然として、驚きなのは同居の友人やシェアハウスの仲間も家族として定義されているところです。

こうして割引適用範囲を拡大することで、割引を受けやすくしているのですね。

みんな家族割+の割引額は、一緒に加入する家族の人数によって変わります。

4人以上で家族割を受ければ、最大で2,000円の割引を受けることが可能です。

家族の人数 毎月の割引額
家族1人 0円
家族2人500円
家族3人1,500円
家族4人以上2,000円

1-5 割引すべてが適用されてはじめて安くなる

ウルトラギガモンスター+は、上の3つの割引が適用されることで、月額料金が最大1,980円となります。

ウルトラギガモンスター+で使える割引
  • 1年おトク割
  • おうち割 光セット
  • みんな家族割+

通話プランも考慮した場合、家族の人数ごとの月額料金は以下のようになります。

項目自分のみ家族と2人で加入家族と3人で加入家族と4人以上で加入
データ定額50GB+
基本料金

5,980円5,980円5,980円5,980円
通話基本プラン1,500円1,500円1,500円1,500円
1年おトク割-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
おうち割 光セット-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
みんな家族割+-0円-500円-1,500円-2,000円
端末代金
(iPhoneX256GB)
1,505円1,505円1,505円1,505円
月額料金合計6,985円6,485円5,485円4,985円
ソフトバンクの料金プラン見直し!料金シミュレーションと変更方法

次の章では、ウルトラギガモンスター+の対象機種や、このプランに加入して得をする人のタイプについて解説します。

1-5 ウルトラギガモンスター+の対象機種

ウルトラギガモンスター+に加入できる対象機種は以下のとおりです。

OS対象機種
iPhone iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6S
iPhone 6S Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
Android4Gスマホ

3Gスマホや4G/3Gケータイ、iPad、Androidタブレットではウルトラギガモンスター+に加入できないので気をつけましょう。

1-6 ウルトラギガモンスター+のその他の特徴

ウルトラギガモンスター+について、知っておくべき特徴をご紹介します。

翌月へのデータ通信量の繰り越しが無い

従来プランではデータ通信量の繰り越しがありましたが、新しいプランであるウルトラギガモンスター+にはデータ通信量の繰り越しがありません

せっかくの大容量なのに残念ではありますが、その代わりとして、対象サービスの使い放題が加えられているということなのでしょう。

月額500円でテザリングを利用できる

基本料金とは別に月額500円でテザリングを利用できます

テザリングを使えば、大容量の通信量を複数のデバイス間で活用することが可能です。

ちなみに、テザリングでの接続にも、ウルトラギガモンスター+の売りである使い放題サービスが適用されるので、複数のデバイスで人気コンテンツを同時に楽しむといった使い方もできます。

2 ウルトラギガモンスター+で最も得をするのはどんな人?

以上のような新データ定額プランであるウルトラギガモンスター+ですが、それではどのような人が使えば一番お得になるのか、気になるところですよね。

様々な条件からシミュレーションしてみたいと思います。

2-1 割引を最大限に受けるには

ウルトラギガモンスター+は、基本料金だけを見れば値下げされてはいますが、端末代金が分離されているため、合算するとそれほど安くなっているわけではありません。

そのため、最も月額料金を安く抑えるためには、先に紹介した3つの割引を最大限に受ける必要があると言えます。

まず、機種変更または新規契約でウルトラギガモンスター+対象機種を購入しなければなりません。

そして同時に家族4人以上で加入し、家族割も最大割引額で適用します。

最後に、自宅の光回線をソフトバンク光に切り替えることで、すべての割引を受けることが可能となります。

2-2 使い放題の対象サービスをヘビーに活用できるか

さらに、ウルトラギガモンスター+で使い放題の対象となっている動画サービスやSNSを、毎日頻繁に活用する人でなければお得になるとは言えません

常時SNSでコミュニケーションを行っており、通勤など長時間の暇つぶしに動画を観るような人であれば、ウルトラギガモンスター+の使い放題を満喫することができるでしょう。

また、使い放題とは別に毎月50GBのデータ通信量を消費するくらい、ヘビーにスマホを使うような人であれば、なおお得に使えると言えます。

2-3 ズバリ!ウルトラギガモンスター+はこんな人におすすめ!

以上のような条件を踏まえて考えると、

  • 4人以上の家族
  • 中学生から大学生くらいまでの子供が2人以上いる

…という家庭であれば、家族全員でウルトラギガモンスター+をお得に使えるでしょう。

「中学生から大学生くらいの子供」と年代を指定した理由は、SNSを友人やクラスメイトとのコミュニケーションツールとして利用している年代だからです。

また、これらの世代は暇つぶしにYouTubeの動画をよく視聴していますし、複数のスマホゲームを毎日プレイしているというケースも珍しくありません。

それくらいスマホを頻繁に使う世代であれば、大容量のデータ通信量を使い切ることが可能でしょう。

ウルトラギガモンスター+が向いていない人には「ミニモンスター」がおすすめ

データ通信量をあまり使わない家族が一緒に加入するのであれば、より安く使えるデータ定額プラン「ミニモンスター」が適しています。

3 ミニモンスターとはどんなプラン?

画像引用元:ソフトバンク公式サイトより

「ウルトラギガモンスター+に加入するほどのヘビーユーザーではないけれど、家族割のためにデータ定額に加入したい」という人には「ミニモンスター」がおすすめです。

毎月のデータ使用量に応じて段階的に月額料金が変化するプランで、1GBまでであれば基本料金は2,480円で済みます

3-1 ミニモンスターの料金体系

データ使用量によって段階的に変化していきます。

容量料金
1GB2,480円
2GB4,480円
3GB5,980円
4GB
5GB以上6,980円

2GBで一気に基本料金が跳ね上がっていますね。そして、3GBからはウルトラギガモンスター+と同じ基本料金になってしまいます。

つまり、ミニモンスターを安く使うためには、毎月のデータ使用量を2GBまでに抑えなければいけないということです。

2GBとなると、スマホを使うのは毎日の家族との連絡や友人とのメールくらいで、スマホゲームや長時間のネット閲覧はしない、というくらいまで節約しないとちょっと難しいのではないかと思います。

ただ、大容量のデータを扱うのは自宅のWi-Fi環境でのみ、というスマホの使い方であれば不可能ではないでしょう。

ミニモンスターも通話プランとの合算となる

ミニモンスターもウルトラギガモンスター+と同様、基本料金に選択した通話プランの料金を合算したものが月額利用料金となります

以下の表は、各通話プランと合算した月額料金と、割引を最大限適用した場合の月額料金をまとめたものです。

当月使用通信量通話基本プランとの合算準定額オプションとの合算定額オプションとの合算最大割引後の月額料金
1GB3,980円4,480円5,480円1,980円
2GB5,980円6,480円6,980円4,980円
3GB7,480円7,980円8,480円6,480円
4GB
5GB以上8,480円8,980円9,480円7,480円

こちらも各種割引を適用することが前提となっている料金プランなので、毎月1GBに抑えたとしても、割引が無ければ月額3,980円となります。

しかし、ミニモンスターには家族割が適用されません。そのため、「1年おトク割」と「おうち割」の合わせて毎月2,000円の割引が最大となります。

月月割が適用されない

またミニモンスターも機種代金に月月割が適用されません

このため、基本料金と通話プランの合算だけなら安く見えますが、ここに端末代金も加えるとコストパフォーマンスがかなり悪くなってしまいます。

次で紹介する「ケータイ→スマホ割」を使える場合は問題ないのですが、最新機種に機種変更するのであれば、しっかりと検討してみる必要があるでしょう。

3-2 ケータイからスマホへの機種変更で月額料金を0円にできる!

画像引用元:ソフトバンク公式サイトより

ガラケーからスマホに変更する際、ミニモンスターに加入することで、1年間は月額料金を0円にすることが可能です。

これは「ケータイ→スマホ割」というキャンペーンによるものです。

ミニモンスターは、割引を最大限受けた場合、毎月1GBまでの使用量なら月額1,980円になります。一方、こちらのキャンペーンを利用すれば、そこからさらに1,980円が引され0円となるのです。

つまり、ウルトラギガモンスター+に加入する家族が家族割を受けるために、ずっとケータイだった家族がスマホに機種変更してミニモンスターに加入した場合、1年間だけですが、無料でスマホを使えることになるのです。

ちなみに、ミニモンスターの加入対象機種はウルトラギガモンスター+と同じになっています。

ソフトバンクのミニモンスターの全て|対象機種・月額料金のまとめ

次の章では、ミニモンスターをお得に使える人のタイプを解説し、最後にウルトラギガモンスター+のプラン内容についてまとめます。

4 ミニモンスターをお得に使えるのはどんな人?

では、ミニモンスターを一番お得に使える人はどのような人になるのでしょうか?

まず、「ケータイ→スマホ割」を適用できることが必須です。

そして、毎月2GBまでのデータ通信量でしっかりセーブできる人でなければいけません

もしくは、外出先ではスマホをLINEやメールでの連絡用と割り切ってしまい、自宅のWi-Fi環境でだけゲームやネットサーフィン、動画鑑賞を楽しむという人におすすめと言えます。

ただ、ウルトラギガモンスター+の家族割引のために加入するのでなければ、格安SIMを使った方が遥かにお得なのは間違いありません。

家族みんなで加入できないのであれば、やめておいた方が良いでしょう。

5 ウルトラギガモンスター+はお得だけど、割引をフル活用できる人は限られる

ソフトバンクの新料金プランである「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」。

どちらも割引を最大限に受けなければ料金的にはお得ではないですし、スマホの使い方についてもかなり限定的となるため、使う人を選ぶプランではあります。

乗り換えの際は、十分に検討してから契約してくださいね。

ソフトバンクの新プランまとめ|それぞれ誰にとってお得か検証してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ