Xperia 10 IV 評価レビュー|価格・発売日・スペックを解説

  • 2022年6月28日
  • by.haru_11

Xperia 10 IV

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、2022年夏モデルのXperia 10 IVについての評判をレビューしていきます。

2022年5月11日、ソニーはXperiaの最新モデルXperia 10 IVの発売を発表しました。

Xperiaシリーズは非常に人気のあるスマホなので、最新機種のスペックや価格が気になっている人も多いことでしょう。

本記事では、Xperia 10 IVの発売日や価格、スペックを解説します。

購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Xperia 10 IVのポイント
  • 発売日は7月上旬以降
  • ドコモの発売価格は64,152円
  • 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した約161gの超軽量スマホ
  • Snapdragon 695 5G搭載のミドルレンジモデル
  • 広角カメラに光学式手ブレ補正機能を搭載
  • 高コントラストの美しい映像と迫力あるサウンドが楽しめる

トップ画像引用元:Xperia 10 IV | Xperia公式サイト

Xperia 10 IVの発売日・予約開始日

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 10 IVの発売日は2022年7月上旬以降ということが公式より発表されています。

詳しい発売日時については、現時点では未定です。

発売キャリアはドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイルで、既に予約が始まっているキャリアもあります。

キャリア発売日予約開始日
ドコモ2022年7月上旬以降2022年5月12日10時
au2022年5月11日17時
ソフトバンク未発表
UQモバイル2022年5月11日17時

Xperia 10 IVの価格

価格

Xperia 10 IVの販売価格を発表しているのはドコモのみです。

項目価格割引適用時詳細
ドコモ64,152円41,712円公式サイトを見る
au未発表公式サイトを見る
ソフトバンク未発表公式サイトを見る
UQモバイル未発表公式サイトを見る

ドコモでは「いつでもカエドキプログラム」を適用すると、さらに安くなります。

「いつでもカエドキプログラム」は、購入してから23ヶ月目に端末を返却すると残りの端末代金を支払わなくてよくなるサービスです。

Xperia 10 IVの場合、24回目に設定されている分割支払金22,440円が支払い不要になります。

そのため実質負担額は41,712円まで下がり、とてもお得にXperia 10 IVを使うことができます。

他のキャリアはまだ販売価格は未発表ですが、同じような価格帯で発売され、キャンペーンや割引が行なわれるでしょう。

Xperia 10 IVのスペック

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 10 IVのスペックを一覧にまとめました。

Xperia 10 IV
サイズ高さ:153mm
幅:67mm
厚さ:8.3mm
重量約161g
ディスプレイ6.0インチ
アウトカメラ超広角:約800万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
防水・防塵性能IPX5/IPX8・IP6X
認証指紋
カラーミント
ホワイト
ブラック
ラベンダー(ドコモ・au)
詳細Xperia 10 IV 評価レビュー

Xperia 10 IVは、Snapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジモデルです。

前モデルXperia 10 IIIに搭載されていたSnapdragon 690 5Gより処理性能が向上。

より快適に操作することができるでしょう。

防水・防塵にもしっかり対応しているので、雨や水に濡れても安心して使えます。

背面と側面は樹脂素材で作られていて、背面の縁の部分はた丸みがつけられているため、手触りも優しいです。

見た目もスタイリッシュというより柔らかい印象を受けます。

5,000mAhの大容量バッテリー搭載

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV | Xperia公式サイト

Xperia 10 IVは、5,000mAhhの大容量バッテリーを搭載。

連続通話時間約2,400分(4G LTEの場合)と、長時間の電池持ちを実現しました。

一回の充電で、ゲームも音楽もたっぷり楽しめます。

また、本体の重さが約161gと軽量なのも魅力です。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した5G対応スマホとしては世界最軽量※とのこと。
※2022年5月11日現在。ソニー調べ

幅も約67mmとスリムで、片手でも操作しやすい形状をしています。

さらに、夜間にゆっくり充電する「いたわり充電」機能が備えられています。

通常、充電器を使って充電を始めるとなるべく早く充電満タンになるように充電されますが、「いたわり充電」では急速充電されません。

あえて急速充電しないことで、バッテリーの劣化を抑えるように設計されています。

寝ている間にスマホを充電する習慣がある人なら、いつも通りの充電習慣のままでバッテリーを労わることが可能です。

同じスマホを長く使い続けたい人には特に魅力的な機能でしょう。

大迫力のサウンドが楽しめる「360 Reality Audio Upmix」に対応

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV | Xperia公式サイト

サウンド性能も向上しています。

音源を立体的なサウンドに変換できる「360 Reality Audio Upmix」を搭載。

持っている楽曲やストリーミングサービスの音を、より臨場感のあるサウンドで再生できます。

360 Reality Audioは、本来は専用のヘッドホンと再生対応アプリ、360 Reality Audio対応音源を用意する必要がありますが、Xperia 10 IVではどんな音源も立体サウンドで聴くことが可能です。

「音楽」と「シネマ」の設定を選ぶことができるため、音源に合わせて最適な音質を楽しめるでしょう。

全方位から包み込むような音響で再生されるため、ライブ会場や映画館で聴いているような臨場感を味わえます。

ハイレゾ相当の音質に変換するDSEE Ultimateも搭載しており、いつも聞いている音楽がより上質なサウンドで楽しめます。

3.5mmイヤホンジャックがあるため、有線イヤホンも利用可能です。

Xperia 10 IVのカメラ

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV | Xperia公式サイト

カメラは、超広角・広角・望遠レンズと搭載したトリプルカメラを搭載。

超広角カメラでは、ワイドでダイナミックな写真を撮影できます。

広大な景色もすっぽりとフレームに収めることができますよ。

広角カメラには、光学式手ブレ補正機能を搭載

静止画も動画もブレを抑えた美しい写真が撮影可能です。

ナイトモードにも対応しているので、夜景撮影も明るくくっきりと映し出せます。

Xperiaシリーズではおなじみの機能、「プレミアムおまかせオート」にもしっかり対応。

AIが被写体やシーンを判別し、最適な設定を選択してくれるので、カメラ初心者でも簡単にきれいな写真が撮影できます。

スマホのカメラは被写体によって鮮やかな色味を表現することも多いですが、ソニーのXperiaシリーズはカメラ専用機に近く、素朴な仕上がりになることが特徴です。

そのため自然な色味の写真を撮ることができます。

Xperia 10 IVのディスプレイ

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV | Xperia公式サイト

ディスプレイは、6.0インチ有機ELディスプレイ搭載です。

21:9ワイドディスプレイがフロントパネルの隅々まで広がっており、動画やゲームが大迫力の映像で楽しめます。

前モデルから進化しているポイントは、ディスプレイ輝度が約1.5倍も向上していること。

高コントラストで美しい映像を堪能できます。

さらに縦長のディスプレイのため、TwitterやInstagramのタイムラインを流し見するのも便利です。

2つのアプリを同時に開くマルチウィンドウ機能も使えて、上半分の画面でブラウザを開きながら下半分の画面でSNSをチェックすることもできます。

マルチウィンドウ機能の操作性も高く、アプリ履歴画面に表示される「マルチウィンドウスイッチ」をタップするだけでカード型のアプリ履歴画面が上下2段になり、最近使ったアプリから開きたいアプリをスムーズに選べます。

Xperia 10 IVがおすすめの人は?

Xperia 10 IVのポイント

Xperia 10 IVは以下のような人におすすめします。

Xperia 10 IVがおすすめの人
  • 軽くて電池持ちの良いスマホが欲しい人
  • カメラを重視する人
  • 音楽をよく聴く人
  • 高コスパのスマホを探している人

Xperia 10 IVは重さ161gの世界最軽量ボディに加えて、幅67mmのスリムな形状のため片手で操作しやすいです。

ハンドフィットサイズながらバッテリーは大容量の5,000mAhもあり、電池持ちも良いと言えるでしょう。

5,000mAhもあるため、通話時間は連続で約2,400分も可能です。

スマホは使い続けると電池が劣化しますが、Xperia 10 IVでは3年使っても劣化しにくいバッテリーが搭載されています。

また、高性能な3眼カメラにより、写真も動画もきれいに撮ることが可能です。

プレミアムおまかせオート機能では被写体や環境によって自動で最適な設定になるため、カメラ初心者でも簡単に撮影ができます。

ウォークマンの技術を持つソニーだからこそ、CDを超える高音質のハイレゾをスマホでも実現しており、音質にも十分満足できるでしょう。

これだけのスペックでもミドルレンジスマホの位置づけとなっていて、ドコモでの価格は6万円台です。

分割払いにすると実質負担額は4万円台まで下がり、ミドルレンジスマホとしてはかなり高コスパのスマホだと言えます。

Xperia 10 IVは大容量バッテリーを搭載した最軽量スマホ!

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV| デザイン | Xperia公式サイト

今回は、Xperia 10 IVについて解説してきました。

Xperia 10 IVのポイント
  • 発売日は7月上旬以降
  • ドコモの発売価格は64,152円
  • 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した約161gの超軽量スマホ
  • Snapdragon 695 5G搭載のミドルレンジモデル
  • 広角カメラに光学式手ブレ補正機能を搭載
  • 高コントラストの美しい映像と迫力あるサウンドが楽しめる

Xperia 10 IVは、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、約161gと超軽量ボディなのが魅力。

6.0インチの大型ディスプレイを搭載していますが、幅約67mmとスリムなので片手でも操作しやすいです。

「バッテリー持ちがいいスマホが欲しいけど、重くなるのは避けたい」という人にまさにピッタリなスマホといえるでしょう。

カメラは、広角カメラに光学式手ブレ補正機能を搭載。

ブレのない美しい写真が誰でも簡単に撮影できますよ。

各キャリアからの発売予定は2022年7月上旬以降を予定しています。

そろそろ新しいスマホに買い替えを予定している人は、ぜひXperia 10 IVの購入を検討してみてくださいね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年のフリーランス。格安SIM・Wi-Fi・スマホ・アプリなどの記事を執筆。au歴18年からmineoに乗り換えて1年。スマホはXperia。パソコンはWindows派(FUJITSU・ASUS・DELL)。東京都出身の元システムエンジニア(応用情報技術者は取得済み)。