ソフトバンクのXperia XZ3に機種変更|お得に購入する完全ガイド

  • 2018年11月17日
  • by.a-sato

9587d3ef36e9d246e2dfb69fc57d33ef

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年の秋冬モデルの中でも注目されているのがXperia XZ3ではないでしょうか。

Xperia初の有機ELディスプレイを搭載したXperia XZ3は、ディスプレイの美しさに定評があり、Xperiaシリーズの魅力でもある高音質なスピーカーを搭載しています。

カメラも従来のXperiaシリーズと比べてさらにパワーアップしており、既にXperia XZ3を手に入れているXperiaファンの人も多いです。

3キャリアで取り扱いされているXperia XZ3ですが、乗り換えと機種変更どちらがお得なのでしょうか。

今回は、ソフトバンクでXperia XZ3をお得に機種変更するコツについて詳しく解説をします。

トップ画像引用元:Xperia XZ3│モバイル│ソフトバンク

1 2018年秋冬モデルの中ではXperia XZ3がおすすめ

画像引用元:機種の選択 | ソフトバンク

2018年秋冬モデルの中でも特におすすめしたいのがXperia XZ3です。

Xperia XZ3の開発元である、SONYが製造している液晶テレビ「ブラビア」の技術を参考にしてディスプレイを作っています。

そのため、漆黒の画面に映し出される鮮明な映像とのコントラストが非常に美しいと話題になっています。

また、Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイを搭載しているという点も注目されているポイントです。

そこで、まずはXperia XZ3のスペックやメリット・デメリットについて見ていきましょう。

1-1 Xperia XZ3の価格・スペック・お得な料金プラン

まず、Xperia XZ3のスペック表を見ていきましょう。

Xperia XZ3スペック詳細
ディスプレイ6.0インチ有機ELディスプレイ
サイズ約158mm×約73mm×約9.9mm
重量約193g
CPUSnapdragon 845 オクタコア 2.8GHz/1.8GHz
ROM/RAM64GB/4GB
外部メモリ(SDカード)512GB
カメラメインカメラ:1,920万画素
フロントカメラ:1,320万画素
バッテリー容量3,200mAh
防水防塵
OSAndroid 9 Pie
カラーバリエーションブラック/ホワイトシルバー/フォレストグリーン/ボルドーレッド

ハイエンドスマホとして定評のあるXperiaシリーズですが、Xperia XZ3も同じく10万円超えの高額スマホであることが納得できるほどに高スペックな設計となっています。

特筆すべきは有機ELディスプレイを搭載した漆黒の画面です。

有機ELディスプレイとは、従来の液晶ディスプレイと比べて薄型であることが特徴です。

さらに、湾曲部分への使用も可能になったため、より一層画面占有率の高いフルスクリーン仕様にすることが可能になりました。

解像度やコントラスト比も非常に高いXperia XZ3の、真っ黒な画面に浮かぶ映像はかなり綺麗だと評判です。

レンズはF値1.9

Xperia XZ3はカメラもパワーアップしています。画素数はもちろんですが、カメラのレンズがF値1.9と比較的明るいレンズを搭載しています。

そのため、夜景などの暗い写真のノイズを軽減させることはもちろん、昼間の写真も鮮明に撮影することができるようになりました。

自撮りでも、

  • 背景をぼかすポートレート仕様
  • 美肌モード

などで、より一層綺麗な自撮りを撮ることが可能になっています。

ソフトバンクでXperia XZ3を使うと最安値は1年間8,178円

ソフトバンクでXperia XZ3を24回の分割支払いにして最安値を計算した場合、8,178円となりました。

1年間は1,000円の割引が入るので、2年目は上記の金額から1,000円増えると思ってください。

プランは、

  • データ定額ミニモンスター
  • 通話も従量制

とした状態で最安値が8,000円台なので、Xperia XZ3の機種代金の高さがわかると思います。

ここから半額サポートなどで機種代金を半額にすれば、毎月2,000円程度は安くなります。

1-2 Xperia XZ3のメリット・デメリット

次に、Xperia XZ3のメリットについて解説をしていきます

まず、Xperia初の有機ELディスプレイを搭載したということで、6インチの大画面でありながら画面占有率が高く、比較的コンパクトなサイズ感になっていることです。

そのため、手の小さな女性にも比較的扱いやすい大画面スマホとなっています。

また、F値1.9の明るいレンズのおかげで明暗のはっきりとした写真を撮ることが可能になったのは前述の通りですが、さらに特筆すべきはXperia XZ3の動画の画質です。

フルハイビジョンの4倍の画素数を誇る4K動画の撮影はもちろん、HDRに対応しているので、目で見たままの風景をそのまま動画として撮影できるようになりました。

HDRはSDRに比べて雲の影や光などをより鮮明に映すことが可能です。

そのため、SDRでは潰れてしまっていた影や、飛んでしまった光なども、HDRではよりくっきりと映し出せるようになったのです。

さらに、Xperiaシリーズは音質に定評があります。Xperia XZ3でも、Xperia史上最大音量を実現し、高音質なハイレゾ音源に対応しています。

臨場感のある大迫力サウンドをスマホで楽しむことができるでしょう。

Xperia XZ3発売!Androidの王様の評価・特徴・価格・向いてる人

Xperia ZX3のスペック・メリット
  • Xperia初の有機ELディスプレイ搭載
  • F値1.9の明るいレンズで明暗のはっきりした写真撮影が可能
  • ハイレゾ音源を大音量で聞くことができる音質
  • 4K HDR対応で光の眩しさまで再現した高画質な動画の撮影が可能

次の章では、Xperia XZ3は他社で乗り換えすべきか、ソフトバンクで機種変更すべきか?を解説します。

2 Xperia XZ3はソフトバンクで機種変更すべきなのか

Xperia XZ3はドコモ・au・ソフトバンク全てのキャリアで取り扱われています。

機種代金に多少の差はありますが、どこも機種代金割引など似たようなキャンペーンを実施しています。

3キャリアの中でも、ソフトバンクは機種変更向けのキャンペーンの種類が多い傾向です。そこで、次にソフトバンクの機種変更向けキャンペーンについて解説をします。

2-1 ソフトバンクのキャンペーンの『1年おトク割』

1年おトク割は、1年間毎月1,000円の割引が適用されるキャンペーンです。

新規契約だけでなく機種変更にも対応している点が嬉しいポイントです。

1年間毎月1,000円なので、年間12,000円お得になります。

1年おトク割の条件

  • 新規または機種変更であること
  • データ定額50GBプラスまたはデータ定額ミニモンスターに加入すること
  • 過去に1年おトク割を適用したことがないこと

適用される料金プランが限定されているので注意しましょう。

2-2 ソフトバンクのキャンペーンの『半額サポート』

半額サポートはキャンペーンとは少し違うかもしれませんが紹介します。

半額サポートは、25ヶ月目に機種変更する前提での契約で適用されるサポートです。

25ヶ月目に機種変更をする約束で、購入する機種の機種代金が半額になります。Xperia XZ3であれば、約6万円程度まで安くすることができます。

その代わり、25ヶ月目に機種変更した際には、今まで使っていたスマホは回収されるので、2年のスパンで常に新しいスマホを使いたい人におすすめです。

半額サポートの条件

  • データ定額50GBプラス/データ定額ミニモンスター/データ定額パック/パケットし放題フラット for 4G/4G LTEのいずれかに加入
  • 25ヶ月目以降に必ず機種変更すること
  • 25ヶ月目以降の機種変更後、翌月末までに使っていたスマホの回収・査定を完了

25ヶ月目以降に機種変更する前提のサポートなので、必ず機種変更しなければいけません。

ソフトバンクの機種変更先取りプログラムで返金してもらう方法と手続きの解説

2-3 ソフトバンクのキャンペーンの『ガラケ→スマホ割』

ガラケ→スマホ割は、ケータイからスマホに機種変更する人向けのキャンペーンです。

1年間1,980円の割引が毎月適用されます。データ定額ミニモンスターの場合、最安値の基本料が1GBで1,980円となります。

つまり、1年間基本料が無料になることも夢ではありません

ソフトバンクのケータイを使っていて、Xperia XZ3に変えたいと考えている人はこのキャンペーンを適用することをおすすめします。

ガラケ→スマホ割の条件

  • 他社・またはソフトバンクのケータイを使用していること
  • データ定額ミニモンスターの加入をすること

プランはデータ定額ミニモンスターに限定されているので注意してください。

ソフトバンクの機種変更向けキャンペーン
  • 1年間1,000円の割引が適用される1年おトク割
  • 2年後に機種変更する前提で機種代金が半額になる半額サポート
  • ケータイからスマホに機種変更して1年間1,980円の割引が適用されるガラケ→スマホ割
  • データ定額50GBプラスまたはデータ定額ミニモンスターの加入が必要になる場合が多い

次の章では、「新しいスマホなら他社で乗り換えよりも機種変更の方がお得なのか」を調べてみました。

ソフトバンクの機種変更が7万円以上お得になる3つのコツ【2020年10月】

3 新しいスマホなら他社で乗り換えよりも機種変更の方がお得なのか

まず、他社に乗り換える場合にかかる費用を挙げます。

  • 更新月以外なら9,500円の契約解除料
  • MNP転出料の3,000円
  • 契約当月はソフトバンクと乗り換え先の他社の料金が発生

少なくとも13,000円程度の出費はかかります。

Xperia XZ3であればまだ発売後間もない新しい機種なので、基本的に何もしなくても売れる傾向にあります。

そのため、他社ではお得なキャンペーンが実施されていない可能性も高いです。

13,000円の初期費用やあまりお得ではないキャンペーンを考えたら、ソフトバンクの機種変更キャンペーンを利用して購入した方がお得になる可能性が高いです。

3-1 機種変更ならひきとめポイントが貰える可能性も

機種変更キャンペーンを利用する以外にも、お得に機種変更をする裏技があります。

それはずばり、「ひきとめポイント」を利用することです。

ひきとめポイントとは

ひきとめポイントとは、他社に乗り換えるユーザーを減らすためにキャリアが用意している特典の1つです。

これは、乗り換えをしたいというユーザーを引き止めるためのものなので公式でアナウンスされていません。

つまり、自分が乗り換える気がなければ本来知ることもない特典なのです。

このひきとめポイント、キャリアによって貰えるポイント数は異なりますが、どのキャリアも最大で30,000ポイント程度だといわれています。

そのまま、1ポイント=1円に換算できるので、3万円分のポイントが貰えるということになります。

利用期間などでポイントが減るキャリアも多い中で、ソフトバンクは比較的30,000ポイント貰いやすいとされています。

機種変更を検討しているのであれば、是非一度ひきとめポイントを貰えるかどうか試してみてはいかがでしょうか。

3-2 ソフトバンクでひきとめポイントを貰う方法

ソフトバンクでひきとめポイントを貰う方法は下記の通りです。

  1. ソフトバンクのコールセンターに電話をする
  2. 予約番号発番の窓口に繋ぎ、他社に乗り換えしたい旨を伝える
  3. オペレーターから「ポイントをお贈りすることができます」という案内を受ける
  4. 「それでお願いします。」と答えて電話を切る

他社に乗り換えをしたい旨を必ず伝える必要があります。そして、他社の方がソフトバンクにいるよりも得になるということも伝えなければいけません

1回ではもらえなかった場合も、何度も試していくうちにポイントが貰えたという事例もあるそうです。

1回で無理だった場合も諦めないで、2回、3回と試してみましょう。

実録!ソフトバンクMNP引き止めポイントとウロウロポイントの貰い方

4 契約はオンラインショップとソフトバンクショップどちらが良いのか

次に、オンラインショップとソフトバンクショップどちらで購入すべきかについて解説をします。

ソフトバンクショップは、スタッフに何でも相談でき、自分に合ったプランを提案してくれるという安心感があります。

しかし、一方で営業するという目的が強いため、不要な商品を押し売られたり、他のショップでは支払う必要の無かった余計な出費がかかってしまう恐れがあります

オンラインショップでは、自分で何もかも決めて手続きをするため、自己責任でという形にはなります。

しかし、必要な分を必要なだけ契約できるオンラインショップは無駄がなくシンプルで、手続きも手短に済むことから普段忙しくてソフトバンクショップに行く暇もない人にもおすすめです。

4-1 ソフトバンクショップだと頭金を取られる可能性が高い

ソフトバンクショップだと、頭金を導入しているショップが非常に多いです。

頭金とは、毎月支払う利用料金とは別に、ソフトバンクショップに支払うお金のことです。

頭金という名称ですが、自分が購入した機種の代金に補填されるものではないので注意してください。いわば、販売手数料のようなものです。

この頭金がかなり厄介で、ショップによって5,000円から1万円ほど支払うのが一般的です。また、支払い方法も現金ではなく、指定のオプションやアクセサリーの購入だったりします。

頭金に関しては、キャリア関係なくほとんどのショップが導入しているので、ショップに行く=頭金を支払うという前提で行くべきかもしれません。

中には頭金を導入していないショップもあるので、事前に聞くと良いでしょう。

4-2 必要なものを必要なだけ契約できるオンラインショップがおすすめ

オンラインショップは、基本的に審査以外では人の手が加わることのないシステム上での手続きになるため、自分の好きなように契約できるというメリットがあります。

頭金を支払う必要が無いことはもちろん、不要な商品を勧められたり、使わないオプションに半強制的に加入させられることもありません。

何でも自分で選ぶので、契約内容にミスがあった場合は自己責任となりますが、余計な出費がかからないという点が1番のメリットです。

最近ではキャリアもオンラインショップの利用を促したいのか、オンライン限定のキャンペーンを用意することも多いです。

今までキャリアショップに行くことが当たり前だと思っていた人も、この機会に是非オンラインショップを利用してみてはいかがでしょうか。

5 Xperia XZ3はひきとめポイントを使って機種変更しよう

最後に、ソフトバンクのひきとめポイントについてまとめます。

ソフトバンクのひきとめポイント
  • 他社に乗り換え阻止のためにソフトバンクから貰えるポイントのこと
  • ソフトバンクでは30,000ポイント貰えるユーザーが多い
  • 1,000円の割引を24ヶ月にすることも可能
  • ソフトバンクのコールセンターに乗り換えする旨を伝える必要がある

ソフトバンクは、比較的機種変更や乗り換え関係なく同じようなキャンペーンを適用できる点が特徴です。

また、新発売のモデルもすぐにキャンペーン適用されることも多いです。

そのため、下手に契約解除料を支払って他社に乗り換えるよりも、ソフトバンクで機種変更した方がお得になる可能性は極めて高いといえます。

適用できるキャンペーンはもちろんですが、ひきとめポイントもその理由の1つです。

auのひきとめポイントは利用期間でポイント数が異なるといわれていますが、ソフトバンクは比較的高確率で30,000ポイント貰えるといわれています。

それだけでもかなりお得ですよね。

Xperia XZ3の機種代金は約12万円なので、そこから3万円引かれるというだけでも大分お得になると思います。

また、半額サポートを適用すれば約6万円から3万円引かれることになります。

他社に乗り換えをするだけでも、時期によっては契約解除料が9,500円、MNP転出手数料が3,000円発生するので、少なくとも13,000円程度の出費はかかります。

乗り換えを考えている人は、一度ひきとめポイント込みでソフトバンクで機種変更したらいくらになるのか計算してみることをおすすめします。

ソフトバンクオンラインショップで実店舗よりもお得に機種変更する方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ