おすすめスマホランキング

【2024年6月】スマホおすすめ人気機種ランキング|メーカー・キャリア別も紹介

  • 更新日:2024年6月2日
  • 本記事には広告が表示されます

この記事では、今月のおすすめスマホを価格帯やメーカー・キャリア別にまとめて紹介します。

最近はスマホ価格が高騰していると言われていますが、エントリーモデルのスペックも向上したことで買い替え時の選択肢が非常に多くなっています。

正直、どのスマホを買ったらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

これからスマホの買い替えやスマホデビューを考えている人は、ぜひこの記事を参考に選んでください。

【5万円以下】おすすめスマホランキング
機種名機種解説実質価格機種価格特徴
AQUOS wish3
AQUOS wish3
詳細
実質1円〜21,984円〜人気のAQUOS
シンプルで高い耐久力
Redmi 12 5G
Redmi 12 5G
詳細
1円〜22,001円〜高コスパなXiaomiスマホ
安い割に結構快適
OPPO Reno9 A
OPPO Reno9 A
詳細
9,800円〜31,680円〜安定した高コスパモデル
デザインがかっこいい
OPPO A79 5G
OPPO A79 5G
詳細
110円18,016円〜安い割に快適
カメラ性能も高め
arrows We2
arrows We
詳細
未定未定国産エントリースマホ
初スマホ・連絡用
【5万円〜10万円】おすすめスマホランキング
機種名機種解説実質価格機種価格特徴
Google Pixel 8a
Google Pixel 8a
詳細
5,547円〜72,600円〜高コスパな最新Pixel
2030年までアプデ保証
AQUOS sense8
AQUOS sense8
詳細
17,100円52,800円〜人気高コスパモデル
高めの能力・カメラ搭載
Xperia 10 V
Xperia 10 V
詳細
16,522円〜31,824円〜コスパ重視のXperia
バッテリーとカメラが優秀
Xiaomi 13T Pro
Xiaomi 13T Pro
詳細
22,008円94,320円高スペック・高コスパ
カメラ性能も高い
Galaxy A55 5G
Galaxy S23 FE
詳細
41,900円70,840円廉価版高性能Galaxy
S22相当だが安い
【10万円以上】おすすめスマホランキング
機種名機種解説実質価格機種価格特徴
Galaxy S24
Galaxy S24
詳細
57,800円〜124,700円〜2024年最新チップ搭載
最高峰性能に強力なAI機能
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
詳細
56,092円〜159,900円最新の高性能Pixel
高性能カメラと豊富なAI機能
Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
詳細
79,600円〜189,200円〜Xperia最新フラグシップ
高い処理能力とカメラ性能
Galaxy S24 Ultra
Galaxy S24 Ultra
詳細
103,800円〜189,700円〜2024年最高峰Galaxy
フラットでSペン使い勝手向上
Xperia 5 V
Xperia 5 V
詳細
82,800円139,700円〜ハイエンドXperia
1 Vより取り回しがいい
【2024年最新】価格別でおすすめスマホをチェック
  • 5万円未満のスマホ
  • 5万円〜10万円未満のスマホ
  • 10万円以上のスマホ

Xperia 1 VIならau Online Shopがおトク!

  • Xperia 1 VIへの機種変更で合計最大22,000円割引!
  • au Online Shop限定モデルも対象!
  • 7月31日(水)まで期間限定!

【5万円以下】おすすめ人気スマホランキング

5万円以下 おすすめ人気スマホランキング
5万円以下のおすすめスマホは以下の5機種です。

ゲームプレイには不向きですが、LINEやSNSから動画視聴まで、普段使いなら問題ない性能です。

5万円以下のおすすめスマホランキング

1位:AQUOS wish3

ドコモのAQUOS wish3

画像引用元:AQUOS wish3 SH-53D

AQUOS wish3
サイズ147 mn ×71 mm ×8.9 mm
ディスプレイ約5.7インチ
重さ161g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー容量3,730mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®700
防水/防塵防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP6X)
生体認証顔認証・指紋認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン
AQUOS wish3の評価
総合評価A
カメラ性能2.5
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • かんたんモード・ジュニアモード搭載でスマホデビューに最適
  • カメラに新画質エンジン搭載で人物描写がきれい
  • MIL規格準拠の高い耐久性
デメリット
  • CPUの性能は前モデルより若干落ちる
  • RAM4GBのため処理能力は控えめ

AQUOS wish3は、2023年8月30日に発売されたエントリーモデルです。

普段遣いに必要十分なスペックで、スマホでゲームをしない人なら快適に使える1台です。

シンプルなデザインと高い耐久力で、低価格ながら長く使える1台です。

また、カメラはシングルレンズですが、新画質エンジン搭載で人物を美しく描写し、明るくきれいな写真を撮影できます。

吹き出しアイコン

かんたんモード・ジュニアモードが搭載されているので、スマホ初心者にもおすすめのスマホです。

AQUOS wish3の価格

項目価格割引適用時※詳細
SHARP公式34,980円-
公式サイトを見る
ドコモ22,000円12,232円公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
楽天モバイル29,700円9,700円公式サイトを見る
ワイモバイル21,984円1円公式サイトを見る
mineo32,472円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(スタンダード)、楽天モバイルはプラン契約同時の割引適用、ワイモバイルは乗り換えでシンプル 2M/L契約
AQUOS
AQUOS wish3

2位:Redmi 12 5G

au Redmi 12 5G

画像引用元:Redmi 12 5G XIG03 | au

Redmi 12 5G
ディスプレイサイズ約6.8インチ
本体サイズ高さ:169mm
幅:76mm
厚さ: 8.2 mm
重さ200g
アウトカメラ5,000万画素
インカメラ500万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 4 Gen2
OSAndroid 13
認証指紋・顔認証
カラーグラファイトグレー
ミントグリーン
ラベンダーパープル
Redmi 12Cの評価
総合評価A
カメラ性能3.0
処理性能2.5
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 安くて割と高性能
  • Snapdragon 4 Gen 2搭載
  • 5,000万画素のカメラ搭載
デメリット
  • ほぼ防水性能なし
  • 屋外では画面が見づらい
  • モノラルスピーカーで音質が弱い

Redmi 12 5Gは、2023年10月6日発売のエントリーモデルです。

Snapdragon 4 Gen2を搭載し、メールやWebページの閲覧、SNSの投稿などの使用がメインであれば十分な性能です。

ディスプレイは最大90Hzのリフレッシュレートに対応して、スクロールなどの操作もスムーズです。

重いゲームのプレイには全く向いていませんが、スマホは連絡用として使うならコスパ良好な1台といえるでしょう。

Redmi 12 5Gの価格

項目価格割引適用時詳細
au22,001円11,047円公式サイトを見る
UQモバイル22,001円1円公式サイトを見る
mineo22,720円〜-mineo公式サイトを見る

※auはスマホトクするプログラム適用時、UQモバイルは他社乗り換えで適用条件をクリアした場合

3位:OPPO Reno9 A

OPPO Reno9 A

画像引用元:OPPO Reno9 A | Android | 製品 | 楽天モバイル

OPPO Reno9 Aスペック
ディスプレイ約6.4インチ
AMOLED
2,400 × 1,080の解像度
本体サイズ高さ:約17-mm
幅:74mm
厚さ:7.8mm
重さ約183g
SoCSnapdragon 695 5G
RAM8GB
ストレージ128GB
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー4,500mAh
認証指紋・顔
防水・防塵IP68
カラームーンホワイト
ナイトブラック
OPPO Reno9 Aの評価
カメラ性能[3.5点]
処理性能[3.5点]
画面性能[3点]
バッテリー性能[4点]
付加機能[3.5点]
総合評価3.5点
メリット
  • RAM8GBに強化&OS更新で動作速度向上
  • 4,800万画素のトリプルカメラ搭載
  • 90Hz駆動の有機ELディスプレイ搭載
  • バッテリー容量が4,500mAhで1日余裕
デメリット
  • 夜間撮影は結構ノイズが入る
  • モノラルスピーカーで音質は微妙
  • 直射日光で画面が見づらくなる

OPPO Reno9 Aは、2023年6月22日発売のミドルレンジモデルです。

デザインや主なスペックは前モデルとほぼ同じですが、RAM容量が6GB→8GBに強化されています。

OSもアップグレードされたことで、動作速度やバッテリー持ちが向上しています。

低価格かつバランスよく性能高めのモデルが欲しいなら、ぜひ選択肢に入れたい1台です。

OPPO Reno9 Aの価格

OPPO Reno9 Aの価格割引適用時※詳細
OPPO公式46,800円-mineo公式サイトを見る
楽天モバイル40,700円20,700円公式サイトを見る
ワイモバイル31,680円9,800円公式サイトを見る
mineo39,336円-公式サイトを見る
QTモバイル46,728円42,056円公式サイトを見る
NUROモバイル43,000円-mineo公式サイトを見る
LIBMO44,880円24,880円~mineo公式サイトを見る
※楽天モバイルはプラン契約の割引適用時、ワイモバイルは乗り換えでシンプル2 M/L契約時、QTモバイルはBBIQ契約時、LIBMOは20GB・30GB契約かつ一括払いの場合

4位:OPPO A79 5G

OPPO A79 5G

画像引用元:OPPO A79 5G | Android | 製品 | 楽天モバイル

OPPO A79 5G
サイズ高さ:166 mm
幅:76 mm
厚さ:8mm
重さ193g
ディスプレイ約6.7インチ
アウトカメラ広角:5,000万画素
深度:200万画素
インカメラ800万画素
メモリ4GB
ストレージ128GB
バッテリー容量5,000mAh
OSAndroid 13
SoCMediaTek Dimensity®6020
防水/防塵IP54
生体認証顔認証・指紋認証
カラーグローグリーン
ミステリーブラック
OPPO A79 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • AnTuTu約40万点と処理能力高め
  • 90Hz駆動でキレイなディスプレイ
  • 約30分で50%充電可能
デメリット
  • 防水が弱い
  • ワイヤレス充電非対応
  • nanoSIM×2ではmicroSD利用不可

OPPO A79 5Gは、2024年2月15日発売した最新のエントリーモデルです。

処理能力がエントリーモデルの割に高めで、AnTuTuで約40万点を出しています。

また、カメラ性能も価格の割に高く、日常の連絡や写真撮影ならかなり快適に使えます。

防水・防塵性能がやや低いことに注意が必要ですが、この二点が気にならないならコスパ最強かもしれません。

OPPO A79 5Gの価格

OPPO A79 5Gの価格割引適用時※詳細
OPPO公式29,800円-mineo公式サイトを見る
楽天モバイル33,800円21,800円公式サイトを見る
ワイモバイル18,016円3,980円公式サイトを見る
IIJmio24,800円110円公式サイトを見るIIJmio
mineo26,664円-公式サイトを見る
QTモバイル31,680円28,512円公式サイトを見る
※楽天モバイルはプラン契約と乗り換えのポイント還元時の実質価格、ワイモバイルはシンプル2 M/L契約、IIJmioは乗り換えの場合、QTモバイルはBBIQ契約時

5位:arrows We2

ドコモ arrows We2

画像引用元:arrows We2 F-52E

arrows We2のスペック
チップDimensity 7025
5G対応
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ公開前
重さ公開前
アウトカメラ広角:5,010万画素
マクロ:190万画素
インカメラ800万画素
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー容量4,500mAh
生体認証指紋・顔
防水防塵IP68
FeliCa対応
ワイヤレス充電非対応
カラーライトブルー
ネイビーグリーン
ライトオレンジ
arrows We2の評価
総合評価B
カメラ性能3.0
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 安さ重視のモデル
  • シンプルモードで初スマホでも使いやすい
  • 落下衝撃に強い
デメリット
  • カメラ性能はやや低め
  • ベゼルが太い

arrows We2は、2024年8月以降発売予定のエントリーモデルです。

前モデルのarrows Weが国内Android出荷台数の歴代1位を獲得した人気モデルだったので、後継機を待ち望んだ方も多いのではないでしょうか。

スペックの向上はもちろん、MIL規格に準拠した高い耐久性やシンプルモード、詐欺電話防止機能など主要な機能はそのまま継承しています。

まだ価格の発表前ですが、スマホはネットとSNS用という方にはarrows We2は最強コスパの1台となるでしょう。

arrows We2の価格

arrows We2一括割引適用時※購入
ドコモ未定公式サイトを見る
au未定公式サイトを見る
UQモバイル未定公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム適用時、auはスマホトクするプログラム適用時、UQモバイルは乗り換えで指定プラン加入時

【5万円~10万円】おすすめ人気スマホランキング

5万円~10万円 おすすめ人気スマホランキング

5万円〜10万円のおすすめスマホは以下の5機種です。

どのモデルも購入しやすい価格帯で、スペックも十分高く快適に使えます。

5万円〜10万円のおすすめスマホランキング

1位:Google Pixel 8a

ドコモ Google Pixel 8a

画像引用元:Google Pixel 8a

Google Pixel 8aのスペック
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:152.1 mm
幅:72.7 mm
厚さ:8.9 mm
重さ188 g
アウトカメラ広角:6,400万画素
超広角:1,300万画素
インカメラ1,300万画素
バッテリー4,492 mAh(標準)
RAM8GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor G3
OSAndroid 14
認証指紋
カラーAloe
Bay
Porcelain
Obsidian
Google Pixel 8aの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス5.0
メリット
  • Pixel 8と同じ基本性能
  • 通常価格がPixel 8より安い
デメリット
  • 本体サイズがやや大きい
  • カメラ性能や画面耐久力がやや定価

Google Pixel 8aは2024年5月14日に発売された最新の廉価版Pixelスマホです。

Google Pixel 8と同じGoogle Tensor G3を搭載しているため、処理性能は通常のPixel8と変わりありません。

しかし、細かな機能を抑えることで低価格化を実現しています。

2年で返却する場合はPixel 8と同等の実質価格ですが、長く使うなら通常価格の安さが魅力となるでしょう。

吹き出しアイコン

画面操作がなめらかになり、ゲームも快適にプレイすることができますよ。

Google Pixel 8aの価格

Google Pixel 8aの価格割引適用時※詳細
Googleストア72,600円-公式サイトを見る
ドコモ84,480円7,414円公式サイトを見る
au80,000円5,547円公式サイトを見る
ソフトバンク77,760円22,008円公式サイトを見る
※ ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に返却、auはスマホトクするプログラムで25ヶ月目に返却、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)で25ヶ月目返却の場合

2位:AQUOS sense8

AQUOS sense8

画像引用元:AQUOS sense8 SH-54D

AQUOS sense8は、2023年11月9日発売の高コスパシリーズの最新モデルです。

AQUOS sense8のスペック
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:153 mm
幅:71 mm
厚さ:8.4 mm
重さ159g
アウトカメラ標準:50.3MP
広角:50.3MP
インカメラ50.3MP
バッテリー5,000 mAh
RAM12GB
ストレージ256GB
CPUSnapdragon 7+ Gen 3
OSAndroid 14
認証指紋
カラーグリーン
ホワイト
AQUOS sense8の評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • ミドルレンジの中でも優秀なスペック
  • 大型センサーカメラ搭載
  • 光学式手ブレ補正搭載
  • 最大5年のアップデート保証
デメリット
  • ゲームには不向き
  • モノラルスピーカー

ミドルレンジモデルは長らくSnapdragon 695 5Gを採用していましたが、AQUOS sense8にはSnapdragon 6 Gen 1が搭載されました。

CPU性能は約40%アップ・GPU性能は約35%アップと、普段使いなら十分すぎる高性能モデルと考えていいでしょう。

また、AQUOS sense8ではカメラに光学式手ブレ補正が搭載され、アップデート保証も手厚くなりました。

AQUOS sense8の価格

AQUOS sense8の価格割引適用時※詳細
ドコモ62,150円41,030円公式サイトを見る
au59,800円17,100円公式サイトを見る
楽天モバイル63,800円43,800円公式サイトを見る
UQモバイル59,800円37,800円公式サイトを見る
J:COMモバイル52,800円-mineo公式サイトを見る
シャープ56,980円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム、楽天モバイルはプラン申し込み(東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県限定)、UQモバイルはコミコミプラン/トクトクプランに増量オプションII付きで加入

3位:Xperia 10 V

ソフトバンク Xperia 10 V

画像引用元:Xperia 10 V | ソフトバンク

Xperia 10 Vのスペック
SoCSnapdragon® 695
5G Mobile Platform
OSAndroid 13
5G対応
内蔵RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
155x68x8.3(mm)/
159g
メインカメラ構成800万画素(超広角)
4,800万画素(広角)
800万画素(望遠)
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
生体認証指紋
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・ホワイト・ラベンダー・セージグリーン(ドコモオンラインショップ限定)
詳細-
Xperia 10 Vの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 約159gと超軽量
  • メイン4,800万画素で夜間もキレイ
  • 5,000mAhの大容量バッテリーでトップクラスの電池持ち
  • 防水・防塵にも対応
デメリット
  • 超広角・フロントカメラが800万画素
  • 前モデルからの進化が少なめ

Xperia 10 Vは、2023年7月6日発売のミドルレンジモデルです。

普段使いには問題ない性能で、5,000mAhのバッテリーを搭載したモデルとしては世界最軽量モデルとなっています。

カメラも広角4,800万画素とセンサーサイズ1/2.0インチに大型化され暗所の撮影に強くなりました。

軽くて電池持ちのいいスマホが欲しい方は、Xperia 10 Vを選びましょう。

Xperia 10 Vの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ58,850円16,522円公式サイトを見る
au69,550円17,790円公式サイトを見る
ソフトバンク31,824円-公式サイトを見る
楽天モバイル59,290円32,360円公式サイトを見る
UQモバイル69,550円47,550円公式サイトを見る
mineo64,680円-mineo公式サイトを見る
IIJmio49,800円39,800円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルはプラン申し込み同時の割引時(東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県限定)、UQモバイル・IIJmioは他社から乗り換え・指定プラン加入時

4位:Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:Xiaomi 13T Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xiaomi 13T Proのスペック

Xiaomi 13T Proのスペック
ディスプレイサイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:162 mm
幅:76 mm
厚さ:8.5 mm
重さ約206g
SoC(≒CPU)Dimensity 9200+
RAM12GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:5,000万画素
インカメラ2,000万画素
バッテリー5,000mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP68
カラーブラック
メドウグリーン
アルパインブルー

Xiaomi 13T Proの評価

Xiaomi 13T Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • MediaTek Dimensity 9200+を搭載したハイスペックモデル
  • 約6.7インチ有機ELディスプレイ、最大144Hzのリフレッシュレート
  • 高画素のトリプルカメラ
  • 生体認証は指紋と顔に対応
デメリット
  • 外部メモリカード非対応

Xiaomi 13T Proは、2023年12月8日に発売されたXiaomiの最新ハイエンドモデルです。

MediaTek Dimensity 9200+を搭載し、処理能力は他のハイエンドモデルに引けを取りません。

約6.7インチ有機ELディスプレイは最大144Hzのリフレッシュレートに対応し、滑らかな操作も可能です。

カメラもトリプルカメラ(約5000万画素+約5000万画素+約1200万画素)、インカメラも約2000万画素と性能が高くなっています。

Xiaomi 13T Proの価格

項目価格
一括払い94,320円
分割払い917円×24回(1〜24回)
3,013円×24回(25~48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

キャリアではソフトバンクのみ取り扱います。

2年で返却OKなら実質22,008円と非常に安いので、基本的に返却前提で利用するといいでしょう。

5位:Galaxy A55 5G

Galaxy A55 5G SC-53E

画像引用元:Galaxy A55 5G SC-53E

Galaxy A55 5G
画面サイズ約6.6インチ
本体サイズ高さ:約161mm
幅:約77mm
厚さ:約8.2mm
重さ約213g
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:1,200万画素
マクロ:500万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUExynos 1480
認証指紋・顔
防水IP68
カラーオーサムアイスブルー
オーサムネイビー
オーサムライラック
オーサムレモン※
※ オンラインショップ限定
Galaxy A55 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 120Hzの6.6インチ大型ディスプレイ
  • 1日余裕の5,000mAhバッテリー
  • 高性能カメラ搭載
デメリット
  • イヤホンジャック非搭載
  • 213gの重量級

Galaxy A55 5Gは、2024年5月30日発売のミドルレンジモデルです。

スペックは同じ価格帯のスマホの中でも優秀で、重いゲームでなければ十分快適に使える性能です。

また、従来より大きな6.6インチディスプレイとメインが5,000万画素のカメラを搭載。

通常価格が7万円台のスマホとしては、全体的に高水準にまとまっています。

Galaxy A55 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ70,840円49,720円公式サイトを見る
au77,000円41,900円公式サイトを見る
UQモバイル77,000円55,000円公式サイトを見る
※ ドコモはオンラインおトク割適用といつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に返却、auはスマホトクするプログラムで25ヶ月目に返却、UQモバイルは他社から乗り換えで条件達成時

ドコモとau、UQモバイルが取り扱いっており、実質価格が5万円前後と購入しやすい価格なのも魅力です。

スペックをそこまで重視しない方は、ぜひGalaxy A55 5Gも検討してください。

【10万円以上】おすすめ人気スマホランキング

10万円以上 おすすめ人気スマホランキング
10万円以上のおすすめスマホは次の5機種です。

1位:Galaxy S24

Galaxy S24 SC-51E

画像引用元:Galaxy S24 SC-51E

Galaxy S24
SoCSnapdragon 8 Gen 3
for Galaxy
5G対応
画面サイズ6.2インチ
本体サイズ高さ:147mm
幅:70.6mm
厚さ:7.64mm
重さ168g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
メモリ8GB
ストレージ256GB
バッテリー容量4,000mAh
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーコバルトバイオレット
アンバーイエロー
オニキスブラック
マーブルグレー
Galaxy S24の評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • Snapdragon 8 Gen 3搭載で最高峰の処理能力
  • Galaxy AI搭載でAI機能が高い
  • 6.2インチに大型化で見やすい
  • フラットになって持ちやすい
デメリット
  • イヤホンジャック非搭載
  • micro SD非対応

Galaxy S24は、2024年4月11日発売の最新ハイエンドGalaxyです。

最新のSnapdragon 8 Gen 3を搭載した高い処理能力と、Galaxy AIでこれまで以上にAI処理が優秀になりました。

AIに興味がなくとも、普段からカメラを利用するなら撮影時や写真編集時の使い勝手が大幅に向上したと感じるでしょう。

最新Galaxyが欲しい人だけでなく、ゲームや撮影が多いならGalaxy S24がぴったりな1台です。

Galaxy S24の価格

項目価格割引適用時※1詳細
ドコモ145,970円64,218円公式サイトを見る
au256GB:144,800円
512GB:157,800円※2
256GB:57,800円
512GB:67,800円※2
公式サイトを見る
サムスン公式124,700円〜-公式サイトを見る
※1 ドコモはオンラインおトク割といつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラムとau Online Shop お得割 or Galaxy S24機種変更お得割適用の場合
※2 オンラインショップ限定販売

2位:Google Pixel 8 Pro

Google Pixel 8 Pro

画像引用元:Google Pixel 8 Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 8 Proのスペック
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:162.6 mm
幅:76.5 mm
厚さ:8.8 mm
重さ213g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:4,800万画素
望遠:4,800万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー5,050 mAh(標準)
RAM12GB
ROM128GB/256GB/512GB
CPUGoogle Tensor G3
OSAndroid 14
認証指紋
カラーObsidian
Porcelain
Bay
Google Pixel 8 Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 独自開発のGoogle Tensor G3搭載
  • 性能がさらにアップしたトリプルカメラ搭載
  • 6.7インチの大型有機ELディスプレイ搭載
  • 最大120Hzのリフレッシュレート対応
デメリット
  • 高性能モデルのため価格が約20万円と高額
  • 望遠カメラが不要ならおすすめ度が下がる

Google Pixel 8 Proは、2023年10月12日発売のGoogleのフラッグシップモデルです。

Googleが独自開発したCPU「Google Tensor G3」を搭載し、カメラも全面的にグレードアップし、より鮮明で美しい写真が撮影できます。

超広角カメラはレンズの画素数が4,800万画素にアップし、マクロ撮影時にも細部まではっきりと拡大して撮影することが可能です。

望遠カメラは専用の5倍光学望遠ズームを搭載しているため、最大30倍まで超解像ズームが使用できます。

吹き出しアイコン

使い勝手が良くカメラ性能が良いスマホが欲しいなら、ぜひ購入を検討してみましょう。

Google Pixel 8 Proの価格

Google Pixel 8 Proの価格割引適用時※1詳細
Googleストア128GB:159,900円
256GB:169,900円
512GB:189,900円
-公式サイトを見る
ドコモ256GB:198,000円
512GB:218,680円※2
256GB:135,960円
512GB:157,960円
公式サイトを見る
au128GB:169,900円※2
256GB:179,900円
512GB:199,900円※2
128GB:65,400円※2
256GB:70,000円
512GB:80,350円※2
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:160,128円
256GB:167,040円
512GB:206,640円
128GB:56,092円
256GB:56,092円
512GB:66,172円
公式サイトを見る
※512GBはObsidianのみ
※1 ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(プレミアム)の場合
※2 オンラインショップ限定

3位:Xperia 1 VI

ドコモ Xperia 1 VI

画像引用元:Xperia 1 VI SO-51E

Xperia 1 VI
SoCSnapdragon® 8 Gen 3
5G対応
画面サイズ6.5インチ
本体サイズ高さ:162mm
幅:74mm
厚さ:8.2mm
重さ192g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
メモリ/ストレージ12GB/256GB
12GB/512GB※
16GB/512GB※
メモリ256GB
バッテリー容量5,000mAh
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック
プラチナシルバー
カーキグリーン※
スカーレット※
※ ソニーストアのみ
Xperia 1 VIの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス3.5
メリット
  • 最新チップ搭載の最高峰モデル
  • 1〜120Hz可変で輝度1.5倍のディスプレイ
  • 放熱性能が大幅アップ
  • 85-170mm望遠レンズ搭載
デメリット
  • 通常価格が約20万円と高額
  • 縦の寸法を抑えて19.5:9比率に変更
  • カメラアプリが変更

Xperia 1 VIは、2024年6月7日に発売される最新Xperiaの最上位モデルです。

順当なスペック強化とカメラやディスプレイ性能が向上で、スマホをカメラとして使うのに嬉しい機能が進化しています。

ただ、19.5:9サイズやカメラアプリが一眼レフライクなUIではなくなるなど、今までのXperia 1シリーズとは少々勝手が異なります。

多くの方にとっては従来モデルより使い勝手が向上する反面、カメラが趣味の方や仕事でも使う方にとっては購入を迷う変更です。

吹き出しアイコン

カメラ設定をマニュアルで大幅に変更して撮影していた人は、店頭でデモ機を触ってから購入を決めたほうがいいでしょう。

Xperia 1 VIの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ209,440円160,600円公式サイトを見る
au214,800円112,800円公式サイトを見る
ソフトバンク210,960円79,600円公式サイトを見る
ソニーストア
(SIMフリーモデル)
189,200円〜95,200円公式サイトを見る
※ドコモはいつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラムとXperia 1 VI機種変更おトク割利用時、ソフトバンクは新トクするサポート(プレミアム)利用時、ソニーストアは36回払いで購入し1年後に返却して買い換える場合

4位:Galaxy S24 Ultra

Galaxy S24 Ultra

画像引用元:Galaxy S24 Ultra 256GB SC-52E

Galaxy S24 Ultra
SoCSnapdragon 8 Gen 3
for Galaxy
5G対応
画面サイズ6.8インチ
本体サイズ高さ:162mm
幅:79mm
厚さ:8.6mm
重さ233g
アウトカメラ広角:2億画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,000万画素(x3)
望遠:5,000万画素(x5)
インカメラ1,200万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
512GB
1TB
バッテリー容量5,000mAh
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーチタニウムグレー
チタニウムブラック
チタニウムバイオレット
Galaxy S24 Ultraの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • Snapdragon 8 Gen 3搭載で最高峰の性能
  • 画面が2,600ニトとより明るい
  • メインカメラが2億画素
  • 望遠カメラが5,000万画素の5倍ズーム
  • 画面がフラットになりSペンが使いやすい
デメリット
  • イヤホンジャック非搭載
  • micro SD非対応

Galaxy S24 Ultraは、2024年4月11日に発売されたGalaxy最高峰モデルです。

最新のSnapdragon 8 Gen 3とRAM 12GBを搭載し、処理能力は現状最高峰となっています。

カメラは望遠カメラが5,000万画素・光学ズーム5倍に変更されましたが、ピクセルビニングとGalaxy AIで実質的なズーム性能は変わりありません。

また、画面は従来より明るく見やすくなり、フラットになったことでSペンでの書き心地も向上しています。

吹き出しアイコン

特にSペンでの手書きが多いいなら、Galaxy S24 Ultra一択と考えていいでしょう。

Galaxy S24 Ultraの価格

項目容量価格割引適用時※1詳細
ドコモ256GB218,460円119,460円公式サイトを見る
512GB※2232,804円131,164円公式サイトを見る
1TB※2261,580円155,980円公式サイトを見る
au256GB202,800円103,800円公式サイトを見る
512GB※2215,800円113,800円
1TB※2237,800円128,800円
SAMSUNG256GB189,700円-公式サイトを見る
512GB204,100円-
1TB233,000円-
※1 ドコモはいつでもカエドキプログラム適用時、auは乗り換え・機種変更のフル割引でスマホトクするプログラム適用時
※2 オンラインショップ限定販売

5位:Xperia 5 V

au Xperia 5 V

画像引用元:Xperia 5 V SOG12

Xperia 5 V
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:154mm
幅:68mm
厚さ:8.6mm
重さ182g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
認証指紋
防水・防塵IP68
カラープラチナシルバー
ブラック
ブルー
Xperia 5 Vの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 使いやすいサイズ感で高性能
  • バッテリー持ちが向上
  • 広角レンズが進化
デメリット
  • 10g重くなった
  • ポートレートがやや使いにくい

Xperia 5 Vは、2023年10月13日に発売された小型Xperiaモデルです。

スペックはフラグシップモデルといって差し支えありませんが、縦長デザインで片手操作がしやすい魅力があります。

バッテリー持ちも向上しており、性能と価格のバランスの取れたスマホが欲しい人にも向いているでしょう。

前モデルよりもやや重くなったのと、ポートレートモードがやや使いにくいのがデメリットです。

吹き出しアイコン

小型で性能が良い最新Xperiaが欲しい人におすすめの一台です。

Xperia 5 Vの価格

項目価格割引適用時※詳細
ソニーストア139,700円105,700円公式サイトを見る
ドコモ151,690円97,570円公式サイトを見る
au143,000円60,800円公式サイトを見る
楽天モバイル152,400円140,400円公式サイトを見る
※いつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルは乗り換えのポイント還元時、ソニーストアは2年後に返却する場合

【メーカー別】おすすめ人気スマホランキング

メーカー別 おすすめ人気スマホランキング

ここからは、メーカー別のおすすめ人気スマホを紹介します。

2024年現在、人気の高いスマホメーカーは次の通りです。

Pixel:Google

Google Pixel 8

画像引用元:Google Pixel 8

Google Pixelシリーズでは、Google Pixel 8がおすすめです。

価格別のランキングではGoogle Pixel 8aをおすすめしましたが、2年で返却可能なら各キャリアの実質価格はPixel 8aと同等です。

スペックはGoogle製の「Tensor G3」を搭載し、AI機能も搭載されていて便利です。

ハイエンドモデルと比べるとやや反応が遅いと感じることもありますが、エントリー〜ミドルレンジモデルからの買い替えなら満足できるでしょう。

Google Pixel 8の価格

Google Pixel 8の価格割引適用時※1詳細
Googleストア128GB:112,900円
256GB:122,900円
-公式サイトを見る
ドコモ128GB:119,900円128GB:47,828円公式サイトを見る
au128GB:93,600円
256GB:127,900円※2
128GB:47円
256GB:35,500円※2
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:94,320円
256GB:126,000円
128GB:24円
256GB:27,000円
公式サイトを見る
※1 ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に返却、auは乗り換えでスマホトクするプログラムで25ヶ月目に返却、ソフトバンクは乗り換えで新トクするサポート(スタンダード)で25ヶ月目返却の場合
※2 オンラインショップ限定

Pixelシリーズの比較とおすすめランキングは以下の記事をチェックしてください。

Galaxy:Samsung

Galaxy S24 SC-51E

画像引用元:Galaxy S24 SC-51E

サムスンのGalaxyシリーズでは、最新のGalaxy S24がおすすめです。

最新チップを搭載することで、2024年6月時点で最高峰の処理能力があります。

カメラ性能もディスプレイ性能も高いことで、スペック重視ならまず検討してください。

Galaxy S24の価格

項目価格割引適用時※1詳細
ドコモ145,970円64,218円公式サイトを見る
au256GB:144,800円
512GB:157,800円※2
256GB:57,800円
512GB:67,800円※2
公式サイトを見る
サムスン公式124,700円〜-公式サイトを見る
※1 ドコモはオンラインおトク割といつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラムとau Online Shop お得割 or Galaxy S24機種変更お得割適用の場合
※2 オンラインショップ限定販売

その他のGalaxyシリーズも気になる人は、次の記事も確認してください。

Xperia:ソニー

ソフトバンク Xperia 10 V

画像引用元:Xperia 10 V | ソフトバンク

ソニーのXperiaシリーズでは、ミドルレンジモデルのXperia 10 Vがおすすめです。

安い実質価格で購入できる機種で、電池持ちの良さとカメラ性能の向上で使い勝手もバッチリです。

また、ソフトバンクなら通常価格が3万円台と、2年返却NGでも安心して購入できます。

吹き出しアイコン

2024年7月上旬にXperia 10 VIが発売しますが、Xperia 10 Vはこれ以上できないほど値引きされているため在庫がなくなる前に買いましょう。

Xperia 10 Vの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ58,850円16,522円公式サイトを見る
au69,550円17,790円公式サイトを見る
ソフトバンク31,824円-公式サイトを見る
楽天モバイル59,290円32,360円公式サイトを見る
UQモバイル69,550円47,550円公式サイトを見る
mineo64,680円-mineo公式サイトを見る
IIJmio49,800円39,800円公式サイトを見る
※ドコモは乗り換えでいつでもカエドキプログラム利用時、auは乗り換えでスマホトクするプログラム利用時、楽天モバイルはプラン申し込み同時の割引時(東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県限定)、UQモバイル・IIJmioは他社から乗り換え・指定プラン加入時

他のXperiaシリーズの比較とおすすめ機種は次の記事をチェックしてください。

AQUOS:シャープ

AQUOS sense8

画像引用元:AQUOS sense8 SH-54D

シャープのAQUOSシリーズでは、コスパの良いAQUOS sense8がおすすめです。

Snapdragon 6 Gen 1を搭載し、他のミドルレンジスマホより若干いい性能です。

また、カメラに光学式手ブレ補正が搭載され、バッテリー性能も5,000mAhに強化されています。

コスパ重視でスマホを購入するなら、AQUOS sense8をぜひ検討してください。

AQUOS sense8の価格

AQUOS sense8の価格割引適用時※詳細
ドコモ62,150円41,030円公式サイトを見る
au59,800円17,100円公式サイトを見る
楽天モバイル63,800円43,800円公式サイトを見る
UQモバイル59,800円37,800円公式サイトを見る
J:COMモバイル52,800円-mineo公式サイトを見る
シャープ56,980円-mineo公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム、楽天モバイルはプラン申し込み(東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県限定)、UQモバイルはコミコミプラン/トクトクプランに増量オプションII付きで加入

AQUOSシリーズを比較検討したい人は、以下の記事をチェックしましょう。

Xiaomi:Xiaomi

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:Xiaomi 13T Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

コスパの高さで人気のXiaomiのスマホの中では、Xiaomi 13T Proがおすすめです。

2023年のハイエンドモデルに近い処理能力があり、カメラ性能も高い水準です。

Xiaomi公式ショップでは109,800円ですが、ソフトバンクなら新トクするサポートで実質22,008円と激安!

最近のハイエンドモデルが高すぎると感じる人にこそ、強くおすすめの1台となっています。

Xiaomi 13T Proの価格

項目価格
一括払い94,320円
分割払い917円×24回(1〜24回)
3,013円×24回(25~48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

その他のXiaomi製スマホの比較は次の記事を確認してください。

iPhone:Apple

iPhone 15

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plusを購入 – Apple(日本)

AppleのiPhoneシリーズでは、iPhone15 128GBがおすすめです。

iPhone15はUSB Type-C搭載を搭載し、Dynamic Islandや4,800万画素カメラ搭載と、Proモデルとの差が少なくなりました。

その上で各キャリアでも実質価格で競争しているため、機種変更でも実質3万円台〜と非常にお買い得になっています。

iPhoneを安く使いたい人は、乗り換え込みでキャリアからの購入を検討するといいでしょう。

iPhone15 128GBの価格

キャリア通常価格割引後※
ドコモ149,490円62,898円
au145,640円32,740円
ソフトバンク145,152円36,144円
楽天モバイル131,800円65,880円
※ドコモはいつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは新トクするサポート利用時、楽天モバイルは買い替え超トクプログラム利用時

その他のiPhoneシリーズの比較は次の記事をチェックしてください。

【キャリア別】おすすめ人気スマホランキング

キャリア別 おすすめ人気スマホランキング
続いて、キャリア別におすすめ人気スマホをみていきましょう。

キャリア別の人気スマホ

ドコモ

Galaxy S24 SC-51E

画像引用元:Galaxy S24 SC-51E

ドコモのスマホの中では、Galaxy S24がおすすめです。

2024年最新のアンドロイドスマホで、性能も最高峰の1台です。

スマホでゲームをプレイしたい人からSNSにアップする写真・動画を撮影する人まで、性能面で困ることはまずありません。

また、Galaxy AI搭載で写真編集や写真から検索など、便利な機能も大幅に増えました。

いつでもカエドキプログラム利用で実質64,218円と、購入しやすい価格帯なのも魅力です。

Galaxy S24の価格

項目価格割引適用時※1詳細
ドコモ145,970円64,218円公式サイトを見る
au256GB:144,800円
512GB:157,800円※2
256GB:57,800円
512GB:67,800円※2
公式サイトを見る
サムスン公式124,700円〜-公式サイトを見る
※1 ドコモはオンラインおトク割といつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラムとau Online Shop お得割 or Galaxy S24機種変更お得割適用の場合
※2 オンラインショップ限定販売

他の機種も比較する人は、以下のドコモのおすすめスマホランキングもチェックしてください。

au

Redmi Note 13 Pro 5G

画像引用元:Redmi Note 13 Pro 5G

auのスマホの中では、2024年5月16日に発売したRedmi Note 13 Pro 5Gがおすすめです。

高コスパで人気の高いXiaomi製スマホで、Snapdragon 7 Gen 2や2億画素のカメラ搭載とスペックは高水準です。

KDDI独占販売ということもあり、価格は一括払いでも41,800円、2年返却で乗り換えなら4,800円と激安価格。

本記事更新時点ではまだ発売前ですが、同じ価格帯のスマホの中で頭ひとつ突出した注目機種となっています。

Redmi Note 13 Pro 5Gの価格

Redmi Note 13 Pro 5Gの価格割引適用時※詳細
au41,800円4,800円公式サイトを見る
※ 乗り換えでスマホトクするプログラム適用時

その他のauおすすめスマホを比較するなら、以下のランキングをチェックしてください。

ソフトバンク

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:Xiaomi 13T Pro | ソフトバンク

ソフトバンクのスマホでは、コスパの高いXiaomi 13T Proがおすすめです。

スペックはハイエンドモデル並みの性能があり、カメラもメイン5,000万画素の高性能カメラを搭載。

通常価格は約10万円ですが、2年で返却OKなら22,008円とハイエンドモデルの中でもコスパは最強クラスです。

Xiaomi 13T Proの価格

項目価格
一括払い94,320円
分割払い917円×24回(1〜24回)
3,013円×24回(25~48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクの他のスマホも比較検討する人は、以下の記事もあわせて読んでください。

楽天モバイル

OPPO Reno9 A

画像引用元:OPPO Reno9 A | Android | 製品 | 楽天モバイル

楽天モバイルのスマホの中では、OPPO Reno9 Aがおすすめです。

スペックは一般的なミドルレンジスマホですが、楽天モバイル契約と同時なら2万円台と高コスパです。

また、デザインもiPhoneに近く高級感があり、一見すると高いスマホに見えるのも人気のポイントです。

「高コスパでも安っぽい見た目のスマホはイヤ。」という人に最適な1台になるでしょう。

OPPO Reno9 Aの価格

OPPO Reno9 Aの価格割引適用時※詳細
OPPO公式46,800円-mineo公式サイトを見る
楽天モバイル40,700円20,700円公式サイトを見る
ワイモバイル31,680円9,800円公式サイトを見る
mineo39,336円-公式サイトを見る
QTモバイル46,728円42,056円公式サイトを見る
NUROモバイル43,000円-mineo公式サイトを見る
LIBMO44,880円24,880円~mineo公式サイトを見る
※楽天モバイルはプラン契約の割引適用時、ワイモバイルは乗り換えでシンプル2 M/L契約時、QTモバイルはBBIQ契約時、LIBMOは20GB・30GB契約かつ一括払いの場合

その他、楽天モバイルのおすすめスマホは以下の記事をチェックしてください。

スマホ購入を検討する際のよくある質問

よくある質問

最後に、スマホ購入を検討する際によくある質問に回答します。

買ってはいけないはスマホある?

キャリアや格安SIM、Appleストアや家電量販店など、国内の正規販路に買ってはいけないスマホはありません。

一方で、ネットショップやメルカリ等で購入する際は、海外版スマホに十分注意しましょう。

海外版のスマホは国内で使えるものもありますが、モデルによっては技適マークがなく国内利用NGです。

罰則を受けることもあるので、技適の確認方法がわからない人はキャリアなどの正規販路から購入してください。

安いおすすめスマホは?

2024年6月時点で、特におすすめの安いスマホは次の通りです。

安いおすすめスマホ
  • Redmi Note 13 Pro 5G
  • AQUOS wish3
  • Redmi 12 5G

Redmi Note 13 Pro 5Gは、スペックも含め総合的に最強クラスのコスパです。

国内メーカー製ならAQUOS wish3も安くておすすめの1台となっています。

SIMフリーで買えるおすすめスマホは?

SIMフリーで買えるおすすめスマホは、価格帯別に次の通りです。

SIMフリーのおすすめスマホ

ゲームに使うおすすめスマホはある?

ゲームに使うスマホは、スペックの高いモデルがおすすめです。

ゲームにおすすめのスマホ
  • Galaxy S24/S24 Ultra
  • Xperia 1 VI
  • Xperia 5 V
  • AQUOS R8 pro
  • Xiaomi 13T Pro
  • iPhone15シリーズ

多くのモデルは全キャリアで販売されています。

キャリアでの購入は2年で返却可能なら、実質価格が半額以下になるので積極的に活用しましょう。

中古スマホの評判はどう?

中古スマホは状態が悪いリスクに不安を感じる人が多いようです。

しかし、最近は新品スマホの価格高騰を受けて中古需要が高いことで、品質重視の中古ショップが増えています。

中でも、ReYuuストアは以前から品質重視の中古スマホを取り扱い、リユースモバイル事業者認証制度にも登録されているので安心です。

中古スマホでもOKで安さ重視なら、高品質なReYuuストアをぜひチェックしてください。

iPhoneのおすすめスマホは?

これからiPhoneを購入するなら、iPhone15 128GBが1番おすすめです。

iPhone15 128GBは各キャリアの実質価格が半額以下に。

iPhone15 128GBの価格

キャリア通常価格割引後※
ドコモ149,490円62,898円
au145,640円32,740円
ソフトバンク145,152円36,144円
楽天モバイル131,800円65,880円
※ドコモはいつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは新トクするサポート利用時、楽天モバイルは買い替え超トクプログラム利用時

2年後に返却が必要ですが、安くiPhoneを使うならiPhone15 128GBを検討してください。

使い方にあった価格帯のスマホを買おう

スマホおすすめ人気機種ランキング まとめ

今回は、2024年6月現在おすすめのスマホを価格帯・キャリア・メーカー別に解説しました。

【5万円以下】おすすめスマホランキング
機種名機種解説実質価格機種価格特徴
AQUOS wish3
AQUOS wish3
詳細
実質1円〜21,984円〜人気のAQUOS
シンプルで高い耐久力
Redmi 12 5G
Redmi 12 5G
詳細
1円〜22,001円〜高コスパなXiaomiスマホ
安い割に結構快適
OPPO Reno9 A
OPPO Reno9 A
詳細
9,800円〜31,680円〜安定した高コスパモデル
デザインがかっこいい
OPPO A79 5G
OPPO A79 5G
詳細
110円18,016円〜安い割に快適
カメラ性能も高め
arrows We2
arrows We
詳細
未定未定国産エントリースマホ
初スマホ・連絡用
【5万円〜10万円】おすすめスマホランキング
機種名機種解説実質価格機種価格特徴
Google Pixel 8a
Google Pixel 8a
詳細
5,547円〜72,600円〜高コスパな最新Pixel
2030年までアプデ保証
AQUOS sense8
AQUOS sense8
詳細
17,100円52,800円〜人気高コスパモデル
高めの能力・カメラ搭載
Xperia 10 V
Xperia 10 V
詳細
16,522円〜31,824円〜コスパ重視のXperia
バッテリーとカメラが優秀
Xiaomi 13T Pro
Xiaomi 13T Pro
詳細
22,008円94,320円高スペック・高コスパ
カメラ性能も高い
Galaxy A55 5G
Galaxy S23 FE
詳細
41,900円70,840円廉価版高性能Galaxy
S22相当だが安い
【10万円以上】おすすめスマホランキング
機種名機種解説実質価格機種価格特徴
Galaxy S24
Galaxy S24
詳細
57,800円〜124,700円〜2024年最新チップ搭載
最高峰性能に強力なAI機能
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
詳細
56,092円〜159,900円最新の高性能Pixel
高性能カメラと豊富なAI機能
Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
詳細
79,600円〜189,200円〜Xperia最新フラグシップ
高い処理能力とカメラ性能
Galaxy S24 Ultra
Galaxy S24 Ultra
詳細
103,800円〜189,700円〜2024年最高峰Galaxy
フラットでSペン使い勝手向上
Xperia 5 V
Xperia 5 V
詳細
82,800円139,700円〜ハイエンドXperia
1 Vより取り回しがいい

最近は低価格でも普通に使えるスマホが増え、選択肢が非常に多くなっています。

どのスマホを購入するか迷ったら、まず今回紹介したおすすめスマホから検討してみてください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。