【2022年6月】スマホおすすめランキング|人気Androidの性能・価格を徹底比較!

【2022年6月】人気なAndroidスマホのおすすめをランキングで紹介しています。機種ごとのスペックや特徴、価格についても一つずつ詳しく解説します。 iPhoneのおすすめ機種や格安SIMについても紹介するので、スマホの買い替えを検討している人はぜひ参考にしてください。
  • 2022年6月1日
  • by.a-sato

2022年スマホランキング

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホを買い替える際、どの機種にしようか迷う人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、最新のAndroidスマホおすすめランキングを紹介します。

スマホを価格別にランキング形式でまとめ、それぞれの機種のスペックや特徴、価格について詳しく解説していきます。

これから買い替えやスマホデビューを検討している人は、是非参考にしてください。

【3万円未満】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:arrows We
  • 2位:Galaxy A22 5G
  • 3位:OPPO A54 5G
  • 4位:OPPO A73
  • 5位:Galaxy A21 シンプル
【3~8万円未満】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:AQUOS sense6
  • 2位:Xperia 10 Ⅲ
  • 3位:OPPO Reno5 A
  • 4位:AQUOS zero6
  • 5位:Google Pixel 5a(5G)
【8万円以上】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:Xperia 5 Ⅲ
  • 2位:Galaxy Z Flip3 5G
  • 3位:AQUOS R6
  • 4位:Google Pixel 6
  • 5位:Galaxy S21 5G

【2022年6月】今月のおすすめスマホ:Xperia 1 IV

Xperia1IV

画像引用元:Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 1 IVは2022年6月3日発売の新機種です。

Xperia 1 IVのスペック
CPUQualcomm Snapdragon 888 Plus
メモリ12GB
ストレージ512GB
ディスプレイ6.67インチ
有機ELディスプレイ1,644×3,840
カメラ広角カメラ:約16MP
超広角カメラ:約16MP
望遠カメラ:約16MP
バッテリー5,000mAh
急速充電対応
ネットワーク5G対応(SIM1のみ)
デュアルSIM
Wi-Fi 6
生体認証顔・指紋認証
  • 世界初搭載となった4K 120Hz HDRディスプレイを搭載
  • 3つのレンズ全てで最大4K 120fpsのハイフレームレートと5倍のスローモーション動画撮影が可能
  • ソニーがもつ最先端のサウンド技術を結集

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【3万円未満】Androidスマホおすすめランキング

まず、3万円未満の格安Androidスマホのおすすめランキングを紹介します。

【3万円未満】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:arrows We
    丸洗いやアルコール除菌が可能│耐久性も高く落としても安心
  • 2位:Galaxy A22 5G
    22,000円でRAM4GB/ROM64GB・5G対応の高コスパスマホ
  • 3位:OPPO A54 5G
    格安でありながら6.5インチの大画面ディスプレイにクアッドカメラ搭載
  • 4位:OPPO A73
    キャンペーン次第では1円で購入できる│大画面・クアッドカメラ搭載
  • 5位:Galaxy A21 シンプル
    文字やアイコンが見やすい初心者向けエントリーモデル

下記にて、それぞれの機種の特徴やスペックについて詳しく解説していきます。

1位:arrows We

arrows We

画像引用元:arrows We F-51B

arrows Weのスペックは下記の通りです。

arrows We
チップSnapdragon 480
5G対応
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ高さ:147mm
幅:71mm
厚さ:9.4mm
重さ172g
アウトカメラ広角:1,310万画素
マクロ:190万画素
インカメラ500万画素
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー容量4,000mAh
生体認証指紋
防水IPX8
FeliCa対応
ワイヤレス充電非対応
カラーターコイズ・ブラック・ホワイト
詳細arrows We レビュー

arrows Weは2021年12月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

arrows Weの特徴
  • 丸洗いやアルコール除菌が可能
  • 画面割れにも強い
  • 4,000mAhの大容量バッテリー
  • シンプルモードと使い方ガイドブックで初心者にも使いやすい
  • デュアルカメラ搭載

arrows Weは泡タイプのハンドソープで丸洗いしたり、アルコール除菌シートで拭き取ることが可能です。常に清潔に保てる点は嬉しいですね。

また、画面割れにも強く設計されているため、落としても安心です。

arrows史上最大のバッテリー容量も兼ね備えているため、外出時にも充電を気にせずに使えるでしょう。

さらに、初心者向けにアイコンや文字が見やすいシンプルモードや使い方ガイドブックが用意されているので、初めてスマホを使う人にもおすすめです。

arrows Weの価格

arrows We一括割引適用時※購入
ドコモ21,450円-公式サイト
au26,180円21,068円公式サイト
ソフトバンク27,360円13,680円公式サイト
UQモバイル26,180円4,180円公式サイト
※auはスマホトクするプログラム適用、ソフトバンクは新トクするサポート適用、UQモバイルは公式オンラインショップで乗り換え+増量オプションII加入時

2位:Galaxy A22 5G

Galaxy A22 5G

画像引用元:Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gのスペックは下記の通りです。

Galaxy A22 5G
チップMT6833V
5G対応
画面サイズ5.8インチ
本体サイズ高さ:約150mm
幅:約71mm
厚さ:約8.9mm
重さ約168g
アウトカメラ広角:1,300万画素
インカメラ500万画素
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー容量4,000mAh
生体認証
防水IPX8
FeliCa対応
ワイヤレス充電非対応
カラーレッド・ホワイト・ブラック

Galaxy A22 5Gは2021年12月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Galaxy A22 5Gの特徴
  • 格安だけどRAM4GB/ROM64GB・5G対応としっかりした性能
  • 4,000mAhのバッテリー・防水防塵対応
  • 5.8インチの大画面だが丸みを帯びたデザインで持ちやすい
  • かんたんモードとかんたんガイドブック搭載

2万円台という安さでありながら、RAM4GBでROMが64GB、さらに5G対応とミドルレンジレベルの性能が備わっています。

防水防塵対応で4,000mAhの大容量バッテリーが搭載されているため、外出時の利用も安心ですね。

最低限のアイコンしか表示されず、文字が見やすくなるかんたんモードやかんたんガイドブックもあるので、初めてスマホを使う人にも適しています。

Galaxy A22 5Gの価格

項目価格
価格22,000円
詳細ドコモ公式ショップを見る

3位:OPPO A54 5G

UQモバイルのOPPO A54

画像引用元:OPPO A54 5G│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

OPPO A54 5Gのスペックは下記の通りです。

OPPO A54 5G OPG02のスペック
サイズ高さ:163mm
幅:75mm
厚さ:8.4mm
重量約190g
バッテリー容量5,000mAh
外部メモリ
推奨最大容量
256GB microSDXC™
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
ディスプレイTFT-LCD
約6.5インチ
2,400×1,080
CPUSnapdragon™ 480 5G Mobile Platform
2.0GHz/2+1.8GHz/6
生体認証指紋/顔
メインカメラ
(4眼)
約4,800万画素
約800万画素
約200万画素
約200万画素
サブカメラ約1,600万画素
詳細OPPO A54 5Gのレビュー

OPPO A54 5Gは、2021年6月に発売されたスマホです。

特徴は下記の通りです。

OPPO A54 5Gの特徴
  • 6.5インチの大画面ディスプレイ
  • 急速充電対応の5,000mAhの大容量バッテリー
  • 最大4,800万画素のAI搭載クアッドカメラ
  • アイコンと文字が大きく見やすくなるシンプルモード搭載

定価は2万円台、各社の割引を踏まえると1万円以下で購入することができるという驚異の安さですが、6.5インチの大画面ディスプレイに4つのカメラが搭載されているなど、多彩な機能が搭載されています。

急速充電対応の5,000mAhの大容量バッテリーがあるので、1日充電しなくても快適に使うことができるでしょう。

さらに、アイコンや文字が見やすくなるシンプルモードもあるので、スマホの操作に慣れていない人にもおすすめです。

OPPO A54 5Gの価格

キャリア本体価格割引適用時予約・詳細
au28,765円22,885円au公式サイトauオンラインショップ
UQモバイル7,920円~---UQモバイルオンラインショップ
BIGLOBE9,680円~---BIGLOBEモバイルBIGLOBEモバイル公式サイト

4位:OPPO A73

OPPO A73

画像引用元:OPPO A73 有機ELになった。 全身、美しくなった。 | オウガ・ジャパン

OPPO A73のスペックは下記の通りです。

OPPO A73のスペック
サイズ 縦: 約159.8mm
横: 約72.9mm
厚さ: 約7.45mm
重さ約162g
カラーネービー ブルー
ダイナミック オレンジ
メモリ
(RAM)
4GB
ストレージ
(ROM)
64GB
ディスプレイ6.44 インチ
有機EL
アウトカメラ広角:1,600万画素
超広角:800万画素
モノクロ:200万画素
ポートレート:200万画素
インカメラ1600万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™ 662
GPU
(オクタコア)
4×2.0GHz+4×1.8GHz
GPUAdreno 610
バッテリー4,000mAh
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証
詳細OPPO A73実機レビュー

OPPO A73は2020年11月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

OPPO A73の特徴
  • キャンペーンなどを適用すれば1円で購入できる会社も
  • 6.4インチの有機ELディスプレイ
  • 超広角カメラを含む4つのカメラを搭載
  • 急速充電対応の4,000mAhの大容量バッテリー
  • ディスプレイ指紋認証

OPPO A73は他の機種と比べてやや古いですが、取り扱っている会社によってはキャンペーンなどを適用し1円で購入することもできます。

格安でありながら6.4インチの有機ELディスプレイに、超広角カメラを含むクアッドカメラ、急速充電ができるバッテリーなど、さまざまな機能があり非常にコスパの良いスマホとしても定評があります。

さらに、ディスプレイに触れるだけで指紋認証ができるので、マスク生活でも使いやすいのが嬉しいポイントです。

OPPO A73の価格

OPPO A73価格
楽天モバイル15,001円
※ポイント還元で実質1円
IIJmio18,425円
OCN モバイル ONE1円
※2022年1月21日まで
イオンモバイル23,980円

5位:Galaxy A21 シンプル

Galaxy A21 シンプル

画像引用元:Galaxy公式(日本)

Galaxy A21 シンプルのスペックは下記の通りです。

Galaxy A21
ディスプレイ約5.8インチ
本体サイズ高さ:約150 mm
幅:約71 mm
厚さ:約8.4 mm
重さ約159g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3,600mAh
RAM3GB
ROM64GB
CPUOcta-Core 1.6GHz,1.35GHz
OSAndroid™
認証顔認証
カラーブラック・ホワイト・レッド

Galaxy A21 シンプルは2021年9月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Galaxy A21 シンプルの特徴
  • 文字も動画も見やすい大画面
  • よく使う機能だけを設定できるシンプルなホーム画面
  • よく使う連絡先をホーム画面へ設定可能
  • 大容量バッテリーと防水防塵対応

Galaxy A21 シンプルは4G対応の初心者向けエントリーモデルです。

文字や動画が見やすい大画面でありながら、片手で扱いやすいコンパクトなサイズ感が魅力です。

さらに、よく使う機能や連絡先をホーム画面に設定することができ、スマホを初めて使う人や操作に自信がない人にも使いやすい仕様になっています。

バッテリーも3,600mAhと大容量で、防水防塵にも対応しているので、外出先でも安心して利用できます。

Galaxy A21 シンプルの価格

キャリア機種代金割引適用後詳細
au22,000円17,710円公式サイト

【3~8万円未満】Androidスマホおすすめランキング

次に、3~8万円未満のAndroidスマホおすすめランキングを紹介します。

【3~8万円未満】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:AQUOS sense6
    3年使っても電池容量90%維持が可能な省エネ・高画質スマホ
  • 2位:Xperia 10 Ⅲ
    3年間の長寿命バッテリー│通常の音源をハイレゾ相当で聴ける
  • 3位:OPPO Reno5 A
    6,400万画素のメインカメラをはじめとする4つのカメラが搭載されている
  • 4位:AQUOS zero6
    最大240Hzの高速駆動が使えるハイレスポンスモード│ミリ波対応
  • 5位:Google Pixel 5a(5G)
    最大2日間充電が持続する急速充電対応の自動調整バッテリー

下記にて、それぞれの機種のスペックや特徴について詳しく解説していきます。

1位:AQUOS sense6

AQUOS sense6のラインナップ

画像引用元:5G対応スマートフォン「AQUOS sense6」を商品化|ニュースリリース:シャープ

AQUOS sense6のスペックは下記の通りです。

AQUOS sense6
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:約152mm
幅:約70mm
厚さ:約7.9mm
重さ約156g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
広角:約800万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8/IP6X
カラーライトカッパー・シルバー・ブラック・ブルーメタリック※
詳細AQUOS sense6 レビュー

※ブルーメタリックはドコモオンラインショップ限定カラー

AQUOS sense6は2021年11月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

AQUOS sense6の特徴
  • 消費電力を抑えるIGZOディスプレイ
  • 電池の負担を減らすためのインテリジェントチャージ
  • 10憶色に対応したIGZO OLED
  • 集光量が増えて暗い場所でもはっきりとした写真が撮れる

AQUOS sense6の魅力は電池持ちの良さと画質の高さです。

消費電力を抑え、尚且つ10億色に対応した高画質・省エネのIGZO OLEDディスプレイが搭載されています。

さらに、電池の負担を減らすためのインテリジェントチャージという機能も搭載されているので、3年使っても電池容量90%を維持できるといわれています。

これまでのAQUOS senseシリーズと比べてカメラの集光量も増えているため、暗い場所でも鮮明な写真が撮れるようになりました。

AQUOS sense6の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ57,024円39,864円ドコモ
公式ショップ
au40,470円32,430円au
公式ショップ
楽天モバイル39,800円24,800円楽天モバイル
公式ショップ
UQモバイル40,470円18,470円UQモバイル
公式ショップ

※ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、楽天モバイルはAndroid製品値引きキャンペーン、UQモバイルはUQスマホおトク割を適用時

2位:Xperia 10 Ⅲ

Xperia 10 III

画像引用元:Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 10 Ⅲのスペックは下記の通りです。

Xperia 10 III
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:154mm
幅:68mm
厚さ:8.3mm
重さ169g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUQualcomm
Snapdragon 690
OSAndroid 11
バッテリー4,500mAh
認証指紋認証
カラーブラック、ホワイト、
ブルー、ピンク、
イエロー(ドコモ限定)
詳細Xperia 10 IIIのレビュー

Xperia 10 Ⅲは2021年6月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Xperia 10 Ⅲの特徴
  • 3年使える長寿命の大容量バッテリー
  • 21:9の縦長ディスプレイで迫力ある映像が観られる
  • 通常の音源もハイレゾ相当の音質で聴ける
  • 動く被写体や暗い場所でも綺麗な写真が撮れるトリプルカメラ

バッテリーの劣化を防ぐための「いたわり充電」などの機能が充実しており、最長3年使える長寿命なバッテリーが魅力です。

ディスプレイの画面比率は21:9と映画のスクリーンと同じであり、迫力のある映像を楽しむことができます。

さらに音質も優れており、通常の音源をハイレゾ相当で聴くことも可能です。

広角・超広角・望遠の3つのカメラも搭載されており、集光量も多くAIのおまかせオート機能もあるので、動く被写体や暗い場所でも鮮明で綺麗な写真が撮れます。

Xperia 10 Ⅲの価格

キャリア機種代金
楽天モバイル46,800円
IIJmio44,800円
BIGLOBE mobile44,880円

3位:OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A スペック | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aのスペックは下記の通りです。

OPPO Reno5 A
画面サイズ約6.5インチ
本体サイズ高さ:約162.0mm
幅:約74.6mm
厚さ:約8.2mm
重さ約182g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー約4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUQualcomm®
Snapdragon™ 765G
OSAndroid™ 11
認証顔・指紋
カラーシルバーブラック・アイスブルー
詳細OPPO Reno5 Aのレビュー

OPPO Reno5 Aは2021年6月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

OPPO Reno5 Aの特徴
  • 6,400万画素のメインカメラをはじめとするクアッドカメラ
  • 急速充電対応のバッテリー
  • おサイフケータイ対応
  • 反応速度が速く鮮やかな大画面ディスプレイ

OPPO Reno5 Aは5万円以下で購入できるスマホでありながら、6,400万画素のメインカメラをはじめとする4つのカメラが使えます。

風景写真やグループ撮影、ポートレートはもちろん、暗い場所での撮影やマクロ撮影など、幅広いシーンで活躍します。

急速充電に対応しているバッテリーも搭載されているので、充電する時間があまり取れない時にも便利ですね。

海外製のスマホですが、おサイフケータイに対応している点も嬉しいポイントです。

OPPO Reno5 Aの価格

OPPO Reno5 Aの価格
楽天モバイル42,980円公式サイトを見る
ワイモバイル39,600円公式サイトを見る
BIGLOBEモバイル41,712円公式サイトを見る
IIJmio39,800円公式サイトを見る

4位:AQUOS zero6

AQUOSzero6

画像引用元:AQUOS zero6(アクオス ゼロシックス) SHG04 | スマートフォン(Android スマホ) | au

AQUOS zero6のスペックは下記の通りです。

AQUOS zero6
サイズ高さ:158mm
幅:73mm
厚さ:7.9mm
(最厚部9.6mm)
重量約146g
バッテリー容量4,010mAh
ディスプレイサイズ約6.4インチ
ディスプレイタイプOLED
ディスプレイ最大表示色約10億色
ディスプレイ解像度2,340×1,080(FHD+)
アウトカメラ標準:約4,800万画素 CMOS
広角:約800万画素 CMOS
望遠:約800万画素 CMOS
インカメラ約1,260万画素 CMOS
静止画最大撮影サイズ8,000×6,000
動画最大撮影サイズ3,840×2,160
静止画・動画ズーム16倍
連続通話時間約2,200分
CPUSnapdragon™ 750G 5G
Mobile Platform 2.2GHz/2 + 1.8GHz/6
RAM/ROM8GB/128GB
外部メモリ容量1TB microSDXC
防水IPX5/X8
防塵IP6X
認証指紋・顔
カラーブラック
ホワイト
パープル(ソフトバンク限定カラー)

AQUOS zero6は2021年10月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

AQUOS zero6の特徴
  • 世界最軽量の146g
  • 標準・広角・望遠のトリプルカメラ
  • リフレッシュレート240Hzのハイレスポンスモード
  • RAM8GB/ROM128GBの快適なスペック
  • ミリ波対応

AQUOS zero6は146gの世界最軽量の5G対応スマホです。子どもや女性にも扱いやすいでしょう。

カメラは標準・広角・望遠のトリプルカメラ仕様であり、暗い場所でも確実に被写体を捉える「レーザーAF」などの機能も利用できます。

最大240Hzの高速駆動で利用できる「ハイレスポンスモード」もあり、ゲームアプリで快適に遊びたい人にもぴったりです。

RAMは8GBとスペックも申し分なく、大体の5G対応スマホがSub6波のみ対応している中で、AQUOS zero6はミリ波にも対応しているというメリットもあります。

AQUOS zero6の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
au71,585円39,905円auオンラインショップ
ソフトバンク74,880円37,440円ソフトバンク公式ショップ
楽天モバイル69,800円49,800円楽天モバイル公式サイト

※auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート、楽天モバイルはポイント還元適用時

5位:Google Pixel 5a(5G)

Google Pixel 5a(5G)

画像引用元:Google Pixel 5a(5G)

Google Pixel 5a(5G)のスペックは下記の通りです。

Pixel 5a
ディスプレイ6.34インチ
本体サイズ高さ:154.9 mm
幅:73.7 mm
厚さ:7.6 mm
重さ183 g
アウトカメラ広角:1,220万画素
超広角:1,600万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4620 mAh(最小)
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 765G
OSAndroid 11
認証指紋
カラーMostly Black

Google Pixel 5a(5G)は2021年8月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Google Pixel 5a(5G)の特徴
  • 短時間の充電で長時間の駆動を実現したバッテリー
  • ウルトラワイドレンズで人も風景も幅広く写真に収められる
  • 夜景モードやポートレートなど多彩なカメラ機能
  • Titan Mチップと3年間のOSアップデート対応でセキュリティも厳重

急速充電に対応しているので、短時間で充電が完了します。

また、スーパーバッテリーセーバーを利用すれば最大2日間充電が持続するので、長時間充電できない時にも安心です。

Google Pixel 5a(5G)はカメラ機能にも定評があり、ウルトラワイドレンズで広大な景色や大人数の集合写真が撮れるのはもちろん、夜景モードやポートレートなどさまざまな機能が利用できます。

Google Pixel 5a(5G)の価格

販売場所機種代金割引適用時 ※購入
ソフトバンク64,800円32,400円ソフトバンク公式ショップを見る

※トクするサポート+適用の場合

【8万円以上】Androidスマホおすすめランキング

次に、8万円以上のAndroidスマホおすすめランキングについて紹介します。

【8万円以上】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:Xperia 5 Ⅲ
    360立体音響技術搭載│通常の音源をハイレゾ相当にアップスケーリングできる
  • 2位:Galaxy Z Flip3 5G
    折りたたみ可能な6.7インチのスマホ│1.9インチのカバーディスプレイつき
  • 3位:AQUOS R6
    Leica社監修のカメラ│集光量の多い1インチのカメラセンサー搭載
  • 4位:Google Pixel 6
    滑らかな操作性とゲームでの高い応答性を実現したGoogle Pixel専用のプロセッサ搭載
  • 5位:Galaxy S21 5G
    8K動画に対応│動画から画像をキャプチャし写真として保存することも可能

金額は高いですが、高性能なハイエンド・フラッグシップモデルが揃っています。

是非チェックしてください。

1位:Xperia 5 Ⅲ

Xperia 5 III

画像引用元:Xperia 5 III SO-53B

Xperia 5 Ⅲのスペックは下記の通りです。

Xperia 5 IIIのスペック
SoCSnapdragon 888 5G
OSAndroid 11
5G対応
内蔵RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量4,500mAh
本体サイズ/
重量
157x68x8.2(mm)/
168g
メインカメラ構成1220万画素×3
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素カメラF値2.0
ハイレゾオーディオ対応
PS4リモートプレイ対応
イヤホンジャック有り
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM
カラーフロストブラック、フロストシルバー、グリーン、ピンク
詳細Xperia 5 IIIのレビュー

Xperia 5 Ⅲは2021年11月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Xperia 5 Ⅲの特徴
  • 4つの焦点距離を兼ね備えたトリプルカメラ
  • 生演奏に囲まれているかのような没入感の高い360立体音響技術
  • 通常の音源をハイレゾ相当にアップスケーリングできる機能も搭載
  • 21:9の縦長ディスプレイ│二画面操作が可能

カメラについては後述する「カメラ性能が高いおすすめスマホ」にて詳しく解説しますが、4つの焦点距離で撮影できる広角・超広角・望遠の3つのカメラが利用できます。

また、音質の高さにも定評があり、SONYの360立体音響技術によって生演奏に囲まれているような没入感の高い音楽体験が可能となります。

さらに、通常の音源をハイレゾ相当にアップスケーリングできる機能もあるので、音質にこだわりたい人にぴったりなスマホです。

Xperia 5 Ⅲの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ113,256円68,376円公式サイト
au121,405円67,045円公式サイト
ソフトバンク137,520円68,760円公式サイト

※ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート適用の場合

2位:Galaxy Z Flip3 5G

Galaxy Z Flip3 5G

画像引用元:Galaxy Z Flip3 5G SC-54B

Galaxy Z Flip3 5Gのスペックは下記の通りです。

Galaxy Z Flip3 5G
画面サイズメイン:約6.7インチ
カバー:約1.9インチ
本体サイズ
(閉じた状態)
高さ:86.4mm
幅:72.2mm
厚さ:17.1~15.9mm
本体サイズ
(開いた状態)
高さ:166mm
幅:72mm
厚さ:6.9mm
重さ183g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー3,300mAh
(ワイヤレス充電可)
RAM8GB
ROM128GB
CPUQualcomm Snapdragon 888 オクタコア
認証顔・指紋
防水IPX8
カラーファントムブラック・クリーム
詳細Galaxy Z Flip3 5Gのレビュー

Galaxy Z Flip3 5Gは2021年10月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Galaxy Z Flip3 5Gの特徴
  • 折りたたむと小さなポケットに収まるコンパクトなスマホ
  • 1.9インチのカバーディスプレイに通知が表示される
  • 120Hzのリフレッシュレートの6.7インチディスプレイ
  • 折りたたんで自由自在に角度を調整できるカメラ
  • タッチするだけの指紋認証でマスクでも使いやすい

Galaxy Z Flip3 5Gは6.7インチのディスプレイを2つに折りたたむことができます。

折りたたむと小さなポケットにも収まるコンパクトなサイズ感になるので、持ち運びにも便利です。

さらに1.9インチのカバーディスプレイもあり、スマホを開けなくても通知を確認したり写真を撮ることができます

電源ボタンに指紋センサーがついており、指紋でロック解除することができます。マスク生活でも快適に使えるでしょう。

Galaxy Z Flip3 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ148,896円88,176円ドコモドコモ公式サイトを見る
au128,915円79,235円au公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム適用時の場合

3位:AQUOS R6

AQUOS R6

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

AQUOS R6のスペックは下記の通りです。

AQUOS R6
画面サイズ約6.6インチ
本体サイズ高さ:162mm
幅:74mm
厚さ:9.5mm
重さ207g
アウトカメラ標準:約2020万画素
ToFカメラ
インカメラ約1260万画素
バッテリー5000mAh
RAM12GB
ROM128GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 888
認証顔・指紋
防水IPX5/8
カラーブラック・ホワイト
詳細AQUOS R6の詳細・レビュー

AQUOS R6は2021年6月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

AQUOS R6の特徴
  • カメラはLeica社が監修
  • 高級デジカメに搭載されている1インチのセンサーつきカメラ
  • 集光量が多くきめ細やかな陰影表現が可能に
  • 6.6インチのPro IGZO OLEDディスプレイ
  • ゲームも動画も1日中楽しめる5,000mAhの大容量バッテリー

AQUOS R6の最大の魅力はカメラです。

カメラメーカーとして人気の高いLeica社が監修しており、集光量が圧倒的に多い1インチのカメラセンサーが搭載されています。

明るい場所でも夜間でも、きめ細やかで鮮やかな写真を撮影することができます。

また、6.6インチのディスプレイは10億色の色彩表現が可能で、尚且つ滑らかな高速駆動も可能なPro IGZO OLEDが採用されています。

バッテリーも5,000mAhと大容量なので、充電を気にせずに1日使うことができるでしょう。

AQUOS R6の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ115,632円77,088円ドコモ公式ショップ
ソフトバンク133,920円66,960円ソフトバンク公式ショップ

※ドコモはスマホおかえしプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート適用時の場合

4位:Google Pixel 6

Google Pixel 6

画像引用元:Google Pixel 6 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 6のスペックは下記の通りです。

Pixel 6
ディスプレイ6.4インチ
本体サイズ高さ:158.6 mm
幅:74.8 mm
厚さ:8.9 mm
重さ207 g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,524 mAh(最小)
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUGoogle Tensor
OSAndroid 12
認証指紋
カラーSorta Seafoam・Kinda Coral・Stormy Black
詳細Pixel 6 レビュー

Google Pixel 6は2021年10月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Google Pixel 6の特徴
  • Googleの純正モデル
  • Google Pixel専用のプロセッサ搭載
  • Pixel 5よりも集光量がアップしたカメラ
  • 長時間駆動が可能な自動調整バッテリー

Google Pixel 6は、Googleの純正モデルである「Pixelシリーズ」の最新モデルです。

滑らかな操作性とゲームでの高い応答性を実現したGoogle Pixel専用のプロセッサが搭載されており、個人情報の保護機能にも定評があります。

カメラはGoogle Pixel 5よりも集光量が150%多くなっており、細部まで鮮やかに撮影できるようになりました。

また、使用率の低いアプリへのバッテリーの供給を減らし、よく使うアプリに優先的に供給する自動調整バッテリーが搭載されているので、充電できない環境でも長時間での利用が可能です。

Google Pixel 6の価格

キャリア機種代金割引適用後予約・購入
au82,695円43,815円au公式サイトauオンラインショップ
ソフトバンク85,680円42,840円au公式サイトソフトバンクオンラインショップ

5位:Galaxy S21 5G

Galaxy S21 5G

画像引用元:Galaxy S21 5G SC-51B

Galaxy S21 5Gのスペックは下記の通りです。

Galaxy S21
画面サイズ約6.2インチ
本体サイズ高さ:151.7mm
幅:71.2mm
厚さ:7.9mm
重さ171g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約6,400万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー4,800mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証顔・指紋
防水IP68
カラーファントムバイオレット・
ファントムグレー・
ファントムホワイト
詳細Galaxy S21の実機レビュー

Galaxy S21 5Gは2021年4月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Galaxy S21 5Gの特徴
  • 8Kビデオ対応
  • 1回のシャッターで多彩な写真が撮れるシングルテイク
  • 滑らかなリフレッシュレート120Hzディスプレイ
  • ブルーライトカット機能で目にも優しい

Galaxy S21 5Gは8K動画の撮影が可能なので、より鮮明で高画質な動画を撮ることができます。動画から写真を取り出すこともできるのが嬉しいポイントですね。

また、1回のシャッターでさまざまなアングルで撮影できる「シングルテイク」も大変便利です。

ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzと、非常に滑らかな操作性で快適に使うことができます。

ブルーライトカット機能もあるので、夜間に動画を観る際なども目の負担を軽減させることができるでしょう。

Galaxy S21 5Gの価格

キャリア本体価格割引適用時※予約・詳細
ドコモ99,792円66,528円ドコモドコモ公式ショップ
au91,085円55,085円au公式サイトauオンラインショップ

スペック性能重視のおすすめスマホ

Xperia 1 Ⅲ

画像引用元:Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

スペック性能重視のおすすめスマホとして、SONYのXperia 1 Ⅲを紹介します。

ベンチマークスコアを確認したところ、日本国内で販売されていないスマホを除くと、Xperia 1 Ⅲのスコアが81万点台と1番高い結果となりました。

ちなみに、ベンチマークスコアが600,000以上あるスマホは「フラッグシップモデル」と呼ばれており、高い負荷のあるゲームやアプリもサクサク快適に使えるといわれています。

Xperia 1 Ⅲのスペックは下記の通りです。

Xperia 1 III
サイズ高さ:165mm
幅:71mm
厚さ:8.2mm
重量188g
ディスプレイ6.5インチ
アウトカメラ超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
3D iToFセンサー
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーロストブラック・フロストパープル
詳細Xperia 1 IIIのレビュー

Xperia 1 Ⅲは2021年7月に発売されました。

主な特徴は下記の通りです。

Xperia 1 Ⅲの特徴
  • RAM12GB/ROM256GB搭載
  • Snapdragon 888
  • リフレッシュレート120Hz
  • 世界初の可変式望遠レンズ搭載

Snapdragonの中でも最も高性能な「Snapdragon 888」が搭載されているだけでなく、RAMが12GBとフラッグシップモデルとして申し分ない性能を誇っています。

本体にデータを保存できる容量であるROMも256GBと大容量なので、アプリや写真など保存したいデータがたくさんある人にもおすすめです。

さらに、ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzと非常に滑らかで、画面スクロールもより快適に操作できます。

70mmと105mmの2つの焦点距離で撮影できる、可変式望遠レンズが搭載された世界初のスマホとしても定評があります。

Xperia 1 Ⅲの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ154,440円102,960円ドコモ公式サイト
au178,000円
→販売終了
公式サイト
ソフトバンク188,640円
→販売終了
公式サイト
SIMフリー149,600円-ソニーストア

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポートフル適用の場合

カメラ性能が高いおすすめスマホ

Xperia 5 Ⅲ

画像引用元:Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

8万円以上のおすすめAndroidスマホの章でも紹介しましたが、Xperia 5 Ⅲはカメラ性能の優れたスマホとしても定評があります。

スペックは下記の通りです。

Xperia 5 IIIのスペック
SoCSnapdragon 888 5G
OSAndroid 11
5G対応
内蔵RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量4,500mAh
本体サイズ/
重量
157x68x8.2(mm)/
168g
メインカメラ構成1220万画素×3
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素カメラF値2.0
ハイレゾオーディオ対応
PS4リモートプレイ対応
イヤホンジャック有り
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM
カラーフロストブラック、フロストシルバー、グリーン、ピンク
詳細Xperia 5 IIIのレビュー

Xperia 5 Ⅲのカメラの特徴は下記の通りです。

Xperia 5 Ⅲの特徴
  • クリアな描写ができるZEISSレンズを採用
  • 4つの焦点距離を兼ね備えたトリプルカメラ
  • 動く被写体を捉え続けるオブジェクトトラッキング機能
  • 瞳にフォーカスし続けて一瞬の表情も逃さない瞳AF
  • 70mmと105mmの2つの焦点距離で撮影できる可変式望遠レンズ

Xperia 5 Ⅲのカメラには広角・超広角・望遠の3つのカメラが搭載されていますが、望遠カメラは2種類の焦点距離から撮影できるため、計4つの焦点距離を兼ね備えたカメラとなっています。

そのため、風景写真からポートレートまで幅広いシーンで活躍するでしょう。

動く被写体や瞳にフォーカスし続けるトラッキング機能もあるので、子どもやペットの写真撮影にもおすすめです。

Xperia 5 Ⅲの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ113,256円68,376円公式サイト
au121,405円67,045円公式サイト
ソフトバンク137,520円68,760円公式サイト

※ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート適用の場合

コスパ重視のおすすめスマホ

OPPO A55s 5G

画像引用元:OPPO A55s 5G | オウガ・ジャパン

OPPO A55s 5Gのスペックは下記の通りです。

OPPO A55s 5G
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:162mm
幅:75mm
厚さ:8.2mm
重量178g
アウトカメラ広角:約1,300万画素
深度測定:約200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 480 5G
2.0GHz + 1.8GHz
認証顔認証
防水IP68
カラーブラック・グリーン
詳細楽天モバイル公式サイト

OPPO A55s 5Gは、2021年11月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

OPPO A55s 5Gの特徴
  • 高くても3万円程度で購入できる格安スマホ
  • 6.5インチの大画面でありながら薄くて軽い仕様
  • アイコンや文字を大きく見やすくするシンプルモードも搭載
  • 防水防塵対応・4,000mAhの大容量バッテリー
  • ウルトラナイトモードが使えるAI搭載のデュアルカメラ

2~3万円程度で購入できるスマホでありながら、6.5インチの大画面ディスプレイ・4,000mAhのバッテリー・AI搭載のウルトラナイトモード対応のデュアルカメラなど、多彩な機能が利用できます。

文字やアイコンや見やすくなるシンプルモードも搭載されているので、初めてスマホを使う人や操作に慣れていない人にも使いやすいでしょう。

OPPO A55s 5Gの価格

事業者機種代金購入
ソフトバンク27,360円ソフトバンク公式ショップ
楽天モバイル32,800円楽天モバイル公式ショップ
IIJmio29,800円IIJmio公式ショップ
mineo29,832円mineo公式ショップ
OCN モバイル ONE24,668円OCN モバイル ONE公式ショップ

ゲーム向きのおすすめスマホ

AQUOS zero5G basic

画像引用元:AQUOS zero5G basic ソフトバンクの特長|AQUOS:シャープ

ゲーム向けスマホとして、SHARPのAQUOS zero5G basicを紹介します。

スペックは下記の通りです。

AQUOS zero 5G basic
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:161mm
幅:75mm
厚さ:9.0mm
重さ約182g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
広角:約1,310万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約1,630万画素
バッテリー4,050mAh
RAM6GB/8GB
ROM64GB/124GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 765 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーブラック・ホワイト・
ブルー

AQUOS zero5G basicは2020年10月に発売された機種であり、他のスマホと比べてやや古いですがゲームに適したスマホとして定評があります。

特徴は下記の通りです。

AQUOS zero5G basicの特徴
  • 240Hzで駆動可能な「ハイレスポンスモード」
  • 映像の高速表示と滑らかなタッチ操作で快適にゲームができる
  • 10憶色の有機ELディスプレイ
  • リッチカラーテクノロジーモバイルの美しい映像表現

ハイレスポンスモードをONにすると、リフレッシュレート240Hzで駆動が可能となり、より映像の表示が素早くなるだけでなくタッチ操作も滑らかになります。

FPSゲームのような、反応速度が物を言うゲームも比較的快適にプレイできるのではないでしょうか。

ディスプレイは10憶色の色彩表現が可能な有機ELディスプレイであり、黒を引き締め・色彩を鮮やかに映すリッチカラーテクノロジーモバイルも搭載されているので、より美しい映像を楽しむこともできます。

AQUOS zero5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時購入
SIMフリーモデル22,000円〜-Amazon

評判の良いスマホ機種は?

Galaxy Z Fold3 5G
カカクコムのランキングを参考にした結果、現在販売されているスマホの中で最も評価が高かったのは「Galaxy Z Fold3 5G」でした。

Galaxy Z Fold3 5G
サイズ高さ:158.2mm
幅:128.1mm
厚さ:6.4mm
サイズ
(折りたたみ時)
高さ:158.2mm
幅:67.1mm
厚さ:14.4~16.0mm
重量271g
メインディスプレイ7.6インチ
カバーディスプレイ6.2インチ
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約400万画素
バッテリー4,400mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーファントムブラック(ドコモ・au)・ファントムシルバー(日本取扱無し)・
ファントムグリーン(au)
詳細Galaxy Z Fold3 5Gのレビュー

Galaxy Z Fold3 5Gは2021年10月に発売されました。

特徴は下記の通りです。

Galaxy Z Fold3 5Gの特徴
  • 折りたためばスマホ・広げると7.6インチのタブレットに
  • 防水・おサイフケータイ対応
  • 3つのアプリの分割表示が可能
  • Sペン対応
  • 見やすい・撮りやすい角度に折り曲げてより快適な画面表示が可能

折りたたむとスマホに、広げるとiPad mini程度のタブレットサイズになるため、1つでスマホとタブレット両方の使い方が可能である点が好評です。

ゲームを2画面で同時進行したり、広げて大画面で動画を楽しむなど、アイディア次第でさまざまな使い方ができる点も大きなメリットです。

レスポンスや画面表示などの性能も特に不満がないとのことで、性能を重視したい人にも適しているでしょう。

機種代金がかなり高いのがネックですが、スマホとタブレット両方の購入を検討している人は是非考えてみてはいかがでしょうか。

Galaxy Z Fold3 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ237,600円142,560円ドコモドコモ公式サイトを見る
au237,565円158,125円au公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム適用時の場合

今月のスマホ人気売れ筋ランキング

次に、各キャリアのオンラインショップをチェックし、2022年1月のスマホ売れ筋ランキングをまとめました。

ソフトバンクのみデータがなかったため、割愛しています。

ドコモ・au・楽天モバイルの売れ筋ランキングについて下記にて詳しく解説するので、是非チェックしてください。

ドコモのスマホ売れ筋ランキング

ドコモのスマホ売れ筋ランキングは下記の通りです。

ドコモのスマホ売れ筋ランキング
  1. iPhone 13 128GB
  2. Xperia 5 Ⅲ SO-53B
  3. Xperia Ace Ⅱ SO-41B
  4. iPhone 13 Pro 256GB
  5. AQUOS sense5G SH-53A
  6. arrows We F-51B
  7. iPhone 13 256GB
  8. Xperia 5 Ⅱ SO-52A
  9. iPhone 13 Pro 128GB
  10. Galaxy A52 5G SC-53B

ドコモでは、iPhoneとXperiaの売れ筋が良い傾向にあります。

最新のXperia 5 Ⅲは前章でも紹介した通り、処理速度などの基本的な性能はもちろん、カメラや音質などの性能も非常に高いフラッグシップモデルなので人気が高いです。

Xperia Ace Ⅱやarrows Weといった3万円以下で購入できる機種がランキングに入っているのも特徴ですね。

ドコモを使っている人の多くはiPhoneやXperia、Galaxyなどの高性能モデルを使うイメージがありましたが、エントリーからミドルレンジの格安スマホの需要も高いようです。

参考:ドコモ売れ筋ランキング

auのスマホ売れ筋ランキング

次に、auのスマホ売れ筋ランキングについて見ていきましょう。

auのスマホ売れ筋ランキング
  1. Xperia 5 Ⅲ SOG05
  2. Xperia 10 Ⅲ SOG04
  3. AQUOS sense6 SHG05
  4. Google Pixel 6
  5. Galaxy S21 5G SCG09
  6. TORQUE 5G KYG01
  7. Xperia 1 Ⅲ SOG03
  8. Galaxy Z Fold3 5G SCG11
  9. Galaxy Z Flip3 5G SCG12

auのランキングにはフューチャーフォンも含まれていましたが、今回はスマホのみピックアップしています。

主にXperiaとGalaxyが人気であり、iPhoneの名前がないのは意外でした。

20万円を超える機種代金のGalaxy Z Fold3 5Gもランクインしており、評判の良いスマホであることが事実だということがわかります。

参考:スマートフォン・ケータイ売れ筋ランキング | au Online Shop

楽天モバイルのスマホ売れ筋ランキング

楽天モバイルのスマホ売れ筋ランキングは下記の通りです。

楽天モバイルのスマホ売れ筋ランキング
  1. Rakuten Hand
  2. OPPO A73
  3. iPhone 13
  4. iPhone 13 Pro
  5. OPPO Reno5 A
  6. iPhone SE(第2世代)
  7. AQUOS sense6
  8. iPhone 13 Pro Max
  9. iPhone 12 mini
  10. iPhone 12

楽天モバイルは、iPhoneの他に楽天モバイルオリジナルモデルの「Rakutenシリーズ」と、OPPOやAQUOSなどの格安スマホを中心に取り扱っています。

Androidスマホは格安のミドルレンジモデルが多くハイエンドモデルは型落ちなので、人気がiPhoneに集中しているのがわかりますね。

楽天モバイルのiPhoneはAppleよりも安く購入することができるため、コストを抑えてiPhoneを購入したい人が多いのかもしれません。

参考:スマートフォン売れ筋ランキング | 楽天モバイル

iPhoneのおすすめ機種はこれ!

これまでAndroidスマホについて紹介してきましたが、次にiPhoneのおすすめ機種について解説していきます。

iPhoneのおすすめ機種
  • iPhone 13
    最新のA15 Bionicチップ搭載│シネマティックモード搭載のデュアルカメラ
  • iPhone 12
    A14 Bionicチップ搭載の2020年モデル│iPhone初の5G対応機種
  • iPhone SE(第2世代)
    見た目はiPhone8・中身はiPhone 11の格安・コンパクトモデル

下記にて、それぞれの機種のスペックや特徴について触れていくので、是非チェックしてください。

iPhone 13

iPhone 13

iPhone 13のスペックは下記の通りです。

iPhone 13
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ173 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
グリーン
詳細iPhone 13の実機レビュー

iPhone 13は2021年9月に発売された、2022年1月現在最新のiPhoneです。

主な特徴は下記の通りです。

iPhone 13の特徴
  • 最新・高性能なA15 Bionicチップ搭載
  • 5色の鮮やかなカラーバリエーション
  • これまでよりも光を47%多く取り込む広角カメラ
  • 動画撮影中も被写体にフォーカスし続けるシネマティックモード搭載

これまでのiPhoneに搭載されたチップよりもCPU・GPU共に大きく性能が向上したA15 Bionicチップが搭載されています。

これまでのiPhoneはもちろん、他のAndroidスマホよりも高性能だとAppleが謳う程の性能であり、処理速度はもちろんバッテリーの電力効率も大きく上がっているようです。

動画撮影中にタップした被写体にフォーカスし続ける「シネマティックモード」も新たに搭載され、より本格的な撮影ができるようになりました。

iPhone 13の価格

iPhone 13128GB256GB512GB
ドコモ通常111,672円125,136円164,736円
いつでもカエドキプログラム56,232円63,096円84,216円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常115,020円128,970円156,995円
スマホトクするプログラム62,100円69,690円84,755円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常115,920円129,600円157,680円
新トクするサポート57,960円64,800円78,840円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常96,470円108,180円131,620円
アップグレードプログラム48,216円54,072円65,808円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常117,800円132,800円162,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12のスペックは下記の通りです。

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・

グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12評価レビュー

iPhone 12は2020年10月に発売された1世代前のモデルです。

主な特徴は下記の通りです。

iPhone 12の特徴
  • A14 Bionicチップ搭載
  • iPhone初の5G対応モデル
  • 6色の鮮やかなカラーバリエーション

iPhone 13に搭載されているA15 Bionicチップの1世代前のA14 Bionicチップが搭載されており、iPhone 13程でないにしても快適に使えるハイエンドスペックです。

また、iPhone初の5G対応モデルであり、iPhone 12以降の機種しか今のところ5Gを使うことができません。後述するiPhone SE(第2世代)は非対応なので注意しましょう。

パープルやブルーなど、鮮やかなカラーバリエーションも魅力です。

iPhone 12の価格

iPhone 1264GB128GB256GB
ドコモ通常95,876円104,346円117,502円
いつでもカエドキプログラム49,676円52,866円59,422円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常94,485円100,015円112,200円
かえトクプログラム51,405円53,935円60,720円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常95,040円100,080円112,320円
新トクするサポート47,520円50,040円56,160円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常77,440円82,380円94,800円
アップグレードプログラム38,712円41,184円47,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常102,800円109,800円124,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)のスペックは下記の通りです。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone SE(第2世代)は、2020年4月に発売されたiPhoneです。

特徴は下記の通りです。

iPhone SE(第2世代)の特徴
  • 4.7インチのコンパクトモデル
  • サイズ感はiPhone 8と全く同じ
  • iPhone 11と同じA13 Bionicチップ搭載
  • iPhone 8のサイズ感でポートレートモードが使えるようになった

iPhone 8シリーズ振りにホームボタンが搭載されており、ディスプレイを含む全体的なサイズはiPhone 8と全く同じです。

見た目はiPhone 8と同じですが、搭載されているチップはA13 BionicチップとiPhone 11と同じです。

チップの性能が上がったため、iPhone 8ではサイズの問題で搭載できなかったポートレートモードも使えるようになりました。

他のiPhoneと比べて価格も安いので、価格を抑えてiPhoneを購入したい人にも適しています。

iPhone SE(第2世代)の価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
ドコモ通常57,024円62,568円75,240円
スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常55,270円61,250円75,215円
スマホトクするプログラム28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常57,600円64,080円78,480円
トクするサポート+(特典A)28,800円32,040円39,240円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常44,800円49,800円62,800円
アップグレードプログラム22,392円24,888円31,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常49,800円55,800円取扱なし
詳細Apple 公式サイトを見るApple 公式サイト

最新スマホを安く運用するなら格安SIMがおすすめ

最新スマホの多くは機種代金が高い傾向にあります。

3万円未満の安価な機種を選ぶ人の中には、キャリア回線のプランやサービスを持て余してしまうという人もいるでしょう。

最新スマホを安く使いたい・そこまでスマホを使わないので料金を抑えたいという人は、格安SIMを利用することをおすすめします。

この章では、おすすめの格安SIM3社について紹介します。

最新スマホを安く使いたい人におすすめの格安SIM
  • LINEMO
    3GB990円と20GB2,728円で使えるソフトバンクのサブブランド
  • 楽天モバイル
    1GB未満は0円・20GB以上は無制限で3,278円使える楽天のキャリア回線
  • ワイモバイル
    3GB/15GB/25GBの3段階のプランが選べるソフトバンクのサブブランド

LINEMO

LINEMOへの乗り換えタイミングは月末がおすすめ

画像引用元:LINEMOの料金プラン|【公式】LINEMO – ラインモ|格安SIM

LINEMOの料金プランは下記の通りです。

プラン名データ容量月額料金
ミニプラン3GB990円
スマホプラン20GB2,728円

LINEMOはソフトバンク株式会社が運営するサブブランドであり、料金が高いといわれているソフトバンクよりも割安で手軽なプランが利用できます。

上記表の通り、プランは3GBと20GBの2種類であり、3GBプランは1,000円以下で利用することが可能です。

ソフトバンクで従量制のミニフィットプラン+を利用するのであれば、LINEMOに乗り換えるべきでしょう。

ソフトバンクのサブブランドという扱いなので、他の格安SIMと異なりソフトバンクの回線を同等の品質で利用できるため、通信速度の速さを重視したい人にもぴったりです。

楽天モバイル

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルは格安SIMではなくドコモやauと同じキャリア回線ですが、料金が安くてお得なので併せて紹介します。

料金プランは下記の通りです。

データ容量月額料金
1GB未満0円
※1回線目のみ
1GB~3GB未満1,078円
3GB~20GB未満2,178円
20GB以上3,278円

上記の料金は「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のプラン料金であり、20GBまでは使った分だけ料金が上がる従量制になっています。

20GB以上になると無制限で定額3,278円で使うことができ、ネットをたくさん使いたい人からライトユーザーまでお得に利用できます。

※楽天回線のみ対象です。パートナー回線(au)利用時は5GB制限となります。

キャンペーンが充実している点も魅力的であり、iPhoneやAndroidスマホを購入する際にも楽天スーパーポイントの還元特典が利用できるので非常にお得です。

ワイモバイル

ワイモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルの料金プランは下記の通りです。

プラン名シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金2,178円3,278円4,158円
データ容量3GB20GB30GB
制限後の
通信速度
最大300Kbps最大1Mbps
通信方式4G/5G
音声通話料30秒22円

ワイモバイルはソフトバンク株式会社が運営している格安SIMであり、LINEMOと同じくソフトバンクのサブブランドにあたります。

ソフトバンクの回線をほぼ同等の品質で利用できるため、以前から「通信品質の良い格安SIM」として定評がありました。

料金だけ見るとLINEMOよりやや割高な印象がありますが、家族みんなでワイモバイルを持つと適用できる「家族割引※割引は2回線目から適用可能」を使うと、1台あたり1,188円の割引が適用されます。

家族みんなで使いたい場合は、ワイモバイルの方がおすすめです。

スマホに関するよくある質問

楽天モバイル eSIMキャンペーン

画像引用元:お申し込み後、約5分で乗り換え!eSIM×eKYCで最大21,000円相当分ポイント還元! | 楽天モバイル

次に、スマホに関するよくある質問についてまとめます。

下記にて回答するので、是非チェックしてください。

スマホの上手な選び方は?

スマホを選ぶ時に考慮すべきなのは下記のポイントです。

スマホを選ぶ時に重視するべきポイント
  • 価格
  • スペック
  • 機能
  • サイズ

前章でも解説した通り、スマホは機種によって価格差が大きく、3万円以下で購入できるものから10万円以上かかるものまでさまざまです。

機種代金が高ければ高いほど、一括支払いなら購入時の負担が大きくなり、分割払いの場合は月々の負担が大きくなります。購入前にある程度の予算を決めてスマホを選ぶと良いでしょう。

ただ、スマホに安さを求めるとその分スペックや使える機能も少なくなります。

どの程度のスペック・機能が搭載されたスマホを使いたいのか考え、価格と上手く折り合いをつけるようにすることをおすすめします。

さらに、持ち運びやすさや画面の大きさも使いやすさを考える上で考慮すべき点です。サイズ感が気になる人は、実際に店舗に行き見本やデモ機をチェックすることもおすすめです。

SIMフリーのメリットは?

SIMフリーのメリットは下記の通りです。

SIMフリーのメリット
  • キャリアを気にせずさまざまな会社の回線を利用できる
  • 海外の回線も利用できる

SIMフリースマホは、対応している周波数帯さえ一致していれば、キャリアや格安SIMの垣根を超えてさまざまな回線で利用することができます。

そのため、国内はもちろん海外の回線も利用することができるので、海外に行く時にスマホを買い替えたり海外用に別途用意する必要がありません。

キャリアを乗り換える度に、そのキャリア回線に対応する機種を購入する必要もないので、同じ機種をさまざまな会社で長く使い続けることもできます。

Androidスマホを選ぶメリットは?

Androidスマホを選ぶメリットは下記の通りです。

Androidスマホを選ぶメリット
  • さまざまなメーカーが選べる
  • エントリーからハイエンドまでスペックも多種多様
  • カスタマイズ性が高く自分好みの仕様に設定しやすい

AndroidスマホとiPhoneの大きな違いは「1つのメーカーで開発されているかどうか」です。

iPhoneはAppleしか製造していません。一方で、Androidスマホはさまざまなメーカーが開発・製造しており、メーカーごとに機種のスペックや機能に特徴があります。

初心者向けのエントリーモデルから高性能なハイエンド・フラッグシップモデルまで種類豊富なので、自分に合った機種を見つけやすいというメリットもあります。

さらに、ホーム画面の編集やウィジェット設定、アプリごとに通知などの細かい設定ができるなど、カスタマイズ性が非常に高いため、自分好みの仕様に変えることができます。

価格やスペックをチェックして自分に合ったスマホを選ぼう!

いつでもカエドキプログラム 機種

画像引用元:iPhone 13・iPhone 13 mini | iPhone | NTTドコモ

最後に、2022年1月現在のおすすめAndroidスマホランキングについてまとめます。

【3万円未満】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:arrows We
  • 2位:Galaxy A22 5G
  • 3位:OPPO A54 5G
  • 4位:OPPO A73
  • 5位:Galaxy A21 シンプル
【3~8万円未満】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:AQUOS sense6
  • 2位:Xperia 10 Ⅲ
  • 3位:OPPO Reno5 A
  • 4位:AQUOS zero6
  • 5位:Google Pixel 5a(5G)
【8万円以上】Androidスマホおすすめランキング
  • 1位:Xperia 5 Ⅲ
  • 2位:Galaxy Z Flip3 5G
  • 3位:AQUOS R6
  • 4位:Google Pixel 6
  • 5位:Galaxy S21 5G

今回は、価格別にそれぞれ5つずつAndroidスマホをランキング形式で紹介しました。

同じような価格帯でも、Androidスマホはメーカーによって搭載されている機能やサービスが大きく異なることがわかったと思います。

スマホを選ぶ際は、価格だけでなく性能や機能、サイズなどもしっかりとチェックし、自分に合ったものを見つけるようにしましょう!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。