最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

【2020年7月更新】最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のおすすめスマホはいったいどの機種なのか?iPhoneとAndroid両方含めた最新ランキングを紹介します。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年冬モデルのおすすめスマホランキング

ここからは1世代前の2019年冬モデルのスマホを詳しくみていきましょう!

2019冬モデルもドコモ、au、ソフトバンクのほか、SIMフリーでも多くの機種が発売されています。

SIMフリースマホはどんどんとシェアを伸ばしており、スペックと価格のバランスがよい機種が多いのが特徴ですね。

ここではそれらのスマホをランキング形式でみていきます!

※価格の表記は税込みです。

1位 iPhone XS/XS Max

iPhoneXsの画像

iPhone XSのスペック

iPhone XS
ディスプレイ5.8インチ
本体サイズ高さ:143.6 mm
幅:70.9 mm
厚さ7.7 mm
重さ177g
アウトカメラ1,200万画素(広角/望遠)
デュアルカメラ
インカメラ700万画素
RAM4GB
ROM64GB/256GB/512GB
CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
解像度2,436 × 1,125
認識顔認証
カラーゴールド・ブラック・シルバー

iPhone XS Maxのスペック

iPhone XS Max
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:157.5 mm
幅:77.4 mm
厚さ:7.7 mm
重さ208g
アウトカメラ1,200万画素(広角/望遠)
デュアルカメラ
インカメラ700万画素
RAM4GB
ROM64GB/256GB/512GB
CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
解像度2,688 × 1,242
認識顔認証
カラーゴールド・ブラック・シルバー

あらゆるハイエンドスマホやSIMフリー端末を抑えて堂々の1位を獲得したのは「iPhone XS」です。

iPhoneが常に上位にいることに違和感を覚える方もいるかもしれません。
Android端末が使いやすい方も多いでしょうが、やはりiOSは誰にでも優しいOS。

AndroidはiPhoneに比べてスペックが高いものや、様々なカスタマイズが出来るところがメリット。

その反面、機種によって操作感が違うなど、iPhoneに比べて上級者向けです。

iPhone XSレビュー|最強スペックの最先端機種はデザインも最高

安定した操作性と何も考えずに失敗しないiPhone XSシリーズ

iPhoneXS Max

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

小さい子からお年寄りまでわかりやすい操作感と、どれを買っていいか悩む必要がない一定のスペックもiPhone XSの魅力です。

iPhone XSはiPhone Xからサイズを変えることなく、順当にスペックアップしました。
さらにiPhone XSのディスプレイサイズをアップしたものがiPhone XS Maxです。

iPhoneを買えばスペックや操作性はまったく問題ない、これは最大の強みです。

CPUは両機種とも全く同じ。

  • 小さい方がいい人はiPhone XS
  • 大きい方がいい人はiPhone XS Max

とてもシンプルに機種を選択することができます。

どこが進化した?iPhone XS / XS Max

iPhoneXS_au

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

具体的に前機種からどういった点が進化したのか? 気になるポイントは以下です。

  • CPUが新しくなりパフォーマンス向上
  • 防水性能がアップ
  • ポートレートで後からボケを変更できる

簡単に説明すると、動きが良くなって水に強くなってボケを後から変えられるよ! といったところです。

iPhone XSの価格

キャリア機種代金
ドコモ256GB:83,160円
512GB:168,696円
au取り扱いなし
ソフトバンク256GB:77,760円
SIMフリー取り扱いなし

※1 月々サポート適用時
※2 アップグレードプログラムEX加入時
※3 半額サポート適用時

月々サポートの適用条件:適用には指定プランの加入、2年定期契約(自動更新)が必要となります。
途中解約時は10,260円(税込)の解約金がかかります。

iPhone XS Maxの価格

キャリア機種代金
ドコモ64GB:137,808円
512GB:181,368円
au取り扱いなし
ソフトバンク
SIMフリー

※1 月々サポート適用時
※2 アップグレードプログラムEX加入時
※3 半額サポート適用時

iPhone XSの方が画面が小さい分、多少安くなっています。

上記の価格はキャンペーンなどを適用していない端末価格になりますので、購入する際には必ず公式オンラインショップなどのキャンペーンを利用しましょう。

【iPhone XR VS iPhone XS】徹底比較|どっちが買いか?その理由

2位 iPhone XR

iPhoneXR

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone XR
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:150.9 mm
幅:75.7 mm
厚さ:8.3 mm
重さ194g
アウトカメラ1,200万画素(広角/望遠)
シングルカメラ
インカメラ700万画素
RAM3GB
ROM64GB/128GB/256GB
CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
解像度1,792 × 828
認識顔認証
カラーゴールド・ブラック・ブルー・
レッド・コーラル・イエロー

iPhone XRは初登場の端末で、6種類の目を引くカラーバリエーションが目を引く派手なやつです。2位にランキングした理由は、デザインだけではありません。

iPhone XSと比較して劣っている部分がほとんどないところです。

iPhoneXRレビュー|コスパ最強!?廉価版とは言わせない本当の実力

iPhone XRは安いだけじゃない!かなり使える良端末

iPhone XR

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone XRはどうしてもiPhone XSの廉価版と思われがち。

実際はまったくそんなことはなく、使用感ではiPhone XSと遜色ありません。

iPhone XRのポイントは
  • iPhone XSにはないカラーがあり個性が出せる!
  • iPhone XSとCPUはまったく同じ!
  • 価格がiPhone XSより安い!
  • 画面サイズがiPhone XSとiPhone XS Maxの中間で絶妙!

注目点は液晶ディスプレイでありながらベゼルレスを実現しました。

今まで液晶でのベゼルレスは難しいとされていましたが、iPhone XRではそれを可能にしているのもオススメポイントです。

有機ELの発色には劣りますが、驚くほど綺麗です。さらに顔認証もポートレートも利用できます。

iPhone XRの注意点! ポートレートは人のみ

iPhone XR

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone XRはポートレートモードに対応していますがカメラはシングル。
そのため、人以外にはポートレートが作動しません。

モノに対してボケを期待するならiPhone XSがオススメです。

iPhone XRの価格

キャリア機種代金
ドコモ64GB:53,240円
256GB:118,800円
au取り扱いなし
ソフトバンク
SIMフリー64GB:71,280円
128GB:76,780円

※1 月々サポート適用時
※2 アップグレードプログラムEX加入時
※3 半額サポート適用時

月々サポートの適用条件:適用には指定プランの加入、2年定期契約(自動更新)が必要となります。
途中解約時は10,260円(税込)の解約金がかかります。

iPhone XRはiPhoneの中ではかなり値段設定が良心的です。

ドコモの64GBでは実質価格が4万円を切る価格なので、スマホにそこまでお金をかけたくない!という人にぴったりです。

こちらも公式オンラインショップのキャンペーンなどを利用して、なるべく端末料金を抑えましょう。

【iPhone XR VS iPhone XS】徹底比較|どっちが買いか?その理由

3位 Xperia 1

エクスペリアワン

画像引用元:Xperia 1 SO-03L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Xperia 1
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:167 mm
幅:72 mm
厚さ:8.2 mm
重さ178g
アウトカメラ約1,220万画素
トリプルカメラ
インカメラ約800万画素
RAM6GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
解像度3,840 × 1,644
バッテリー3200mAh
認識指紋認証
カラーブラック・ホワイト・グレー・パープル
詳細Xperia 1 実機レビュー

3位にランキングしたのはソニーから発売されたXperia 1です。

Androidでも歴史の古いソニーモバイルのフラグシップであるXperia 1が登場です。

CPU、RAM共に高スペック、有機ELディスプレイ、防水、トリプルカメラ、側面指紋認証、受信速度1576Mbpsにも対応しています。

Xperia 1の端末サイズは21:9!

Xperia 1

画像引用元:Xperia 1 | モバイル | ソフトバンク

Xperia 1はデザインを一新しています。

前機種であるXperia XZ3の背面は半円型を描いていましたが、今回のXperia 1はフラットです。

名前にも1とシンプルなものになりました。デザイン的にもXperia Zを彷彿させます。

カラーにパープルが戻ってきたところも、ファンとしては嬉しいですね。
何と言っても最大の変化はディスプレイのタテヨコ比です。

Xperia 1のタテヨコ比は21:9とかなり縦長。これによって映画を最適に観ることが可能になりました。また画面を2分割するモードも使いやすいです。

グリップ感も良好です。

Xperia初のトリプルカメラ!

Xperia 1

画像引用元:Xperia 1 | モバイル | ソフトバンク

Xperiaといえばカメラに定評のある端末です。Xperia 1ではついにトリプルカメラになりました。

標準レンズ、望遠レンズ、超広角レンズを搭載しています。

スマホ世界初の瞳AFでは、被写体の瞳に正確にピントを合わせてポートレート撮影できる機能。

一眼レフカメラにぐっと近づきました。

Xperia 1の価格

項目機種代金
(一括)
購入
ドコモ103,032円ドコモ公式ショップ
au112,320円au公式ショップ
ソフトバンク136,320円ソフトバンク公式ショップ

Xperia 1はドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアで取り扱いがあります。

Xperia 1レビュー|シネマワイドディスプレイ搭載の最強フラグシップ!

4位 Galaxy S10/S10+

ギャラクシーエステン

画像引用元:Galaxy S10+ SC-04L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

項目Galaxy S10Galaxy S10+
ディスプレイ6.1インチ6.4インチ
本体サイズ高さ:149.9 mm
幅:70.4 mm
厚さ:7.8 mm
高さ:157.6 mm
幅:74.1 mm
厚さ:7.8 mm
アウトカメラ約1200万画素+約1600万画素+約1200万画素
トリプルカメラ
重さ158g175g
インカメラ約1000万画素約1000万画素+約800万画素
デュアルカメラ
RAM8GB
ROM128GB
CPU2.84GHz+2.42GHz+1.8GHz
OSAndroid 9
解像度1,440 x 3,040
バッテリー3300mAh4000mAh
認識指紋・顔認証
カラープリズムブラック
プリズムホワイト
プリズムブルー
プリズムブラック
プリズムホワイト

4位にランキングしたのはSAMSUNGから登場したGalaxy S10/S10+です。

Androidの高スペックスマホ代表のGalaxy Sシリーズのフラグシップモデルです。

Galaxy S10/S10+とサイズの違うものを2機種投入です。

S10とS10+はノッチを最小限にするために前面に小さく配置しています。(S10+は小さい丸が二つ)

とにかくハイスペック、そして高機能!Galaxy S10/S10+

Galaxy S10/S10+

画像引用元:Galaxy S10 | S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S10/S10+はSリーズのフラグシップですから、当然スペックは高いです。

RAM8GBとモンスターへと進化しました。それだけに留まらず、アウトカメラはトリプルへ。

サイズも素晴らしく、重さは前機種から軽量化したのにも関わらずディスプレイサイズが6.1、6.4へとそれぞれアップ。

重さが増す傾向にあるスマホ業界でこの軽量化は素晴らしいの一言。
S10は158gですから、ものすごく軽く感じます。

Galaxy S10/S10+の指紋認証が凄い!

Galaxy S10/S10+

画像引用元:Galaxy S10 | S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S10/S10+は指紋認証を進化させました。

元々は背面に搭載していた指紋認証センサーをディスプレイ内に内蔵しました。
この技術は超音波指紋認証センサーによるもの。

2Dで認識していた従来のものから、3Dへと進化しています。

iPhoneにも搭載して欲しい機能が、すでにS10には備わっています。
その他、防水防塵・おサイフ・ワイヤレスパワーシェアも装備!

S!0+のプリズムホワイトは東京オリンピック仕様の限定カラーで登場予定です。

Galaxy S10の価格

項目機種代金
(一括)
購入
ドコモ89,424円ドコモ公式ショップ
au108,000円au公式ショップ

Galaxy S10+の価格

項目機種代金
(一括)
購入
ドコモ101,088円ドコモ公式ショップ
au114,960円au公式ショップ

Galaxy S10/S10+はドコモとauでの取り扱いがあります。

5位 LG V60 ThinQ 5G

LG V60 ThinQ 5G

画像引用元:LG V60 ThinQ 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

2019年に、次世代スマホの新しい形として非常に話題となったLG社のG8X ThinQ。

本格マルチタスクができる2画面スマホが5万円台と、コスパにも優れています。

ここで紹介するのは、その便利な2画面に加え、最新の5G通信に対応したLG V60 ThinQ 5Gです。

LG V60 ThinQ 5Gの特徴
  • 5G通信に対応
  • 2画面で別々のアプリを操作できるため、本格マルチタスクが可能
  • 基本性能もハイスペックに恥じない最高性能

LG V60 ThinQ 5Gの価格

LG V60 ThinQ 5Gの価格は以下の通りです。

キャリア機種代金割引適用時購入
ドコモ118,008円78,672円ドコモ
公式ショップ
ソフトバンク139,680円69,840円ソフトバンク
公式ショップ

LG V60 ThinQ 5Gを購入できるのはドコモとソフトバンクです。

ドコモでの価格は上表のとおりですが、ソフトバンクでは未発表。とはいえ、ドコモとさほど変わらない価格になると予想されます。

約12万円の高価格スマホですが、割引を利用すれば7万円台での購入が可能です。

8K動画も撮影可能なカメラ

V60 ThinQ 5Gのカメラは、広角・超広角・ToFレンズを搭載したトリプルカメラシステムです。

LG V60 ThinQ 5Gのスペック

LG V60 ThinQ 5G
ディスプレイサイズ約6.4インチ
本体サイズ高さ:約177mm
幅:166mm
厚さ:15mm
(本体のみ↓)
高さ:170mm
幅:78mm
厚さ:9.2mm
重さ約353g
(本体のみ:約218g)
アウトカメラ約6,400万画素
約1,300万画素
ToFカメラ
インカメラ約1,000万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 865 5G
OSAndroid 10
認証指紋
カラークラッシーブルー

望遠カメラが搭載されていないのは少々残念ですが、ToFレンズにより、より綺麗なポートレート写真を撮影することができます。

また、動画は8K解像度での撮影が可能です。

ハイスペックならではの基本性能

LG V60 ThinQ 5Gは最高峰のCPU「Qualcomm Snapdragon 865」を搭載しています。

そのため、2画面で別々のアプリを同時に起動しても、サクサク動作してくれるでしょう。

なお、メモリは8GBで、ストレージは128GBです。こちらも十分な性能と言えます。

非常に便利な2画面スマホ!

前機種のG8X ThinQでも好評だった2画面機能は、本機種にも搭載されています。

2画面でそれぞれ別のアプリを同時に表示することができるので、片方でゲームアプリを、もう片方でそのゲームの攻略サイトを見る、といった使い方も可能です。

その他にも、参考資料とメモを同時表示させたり、LINEとGoogle mapを同時表示させて待ち合わせ場所を探したりと、使い方は自由自在。

これに遅延がほぼないという5G通信が加われば、まさに鬼に金棒です。

スマホで東京オリンピックを観戦しながら、仲間と感動をよりリアルタイムに分かち合うことができるでしょう。

また、他に外部モニターを用意し接続することで、外部モニターとスマホ画面の2画面を利用することも可能。

2画面で違うアプリを動かすとなると、処理能力が心配になりますが、CPUには最高峰の「Qualcomm Snapdragon 865」が搭載されているので、何の問題もありません。

もし2画面が不要であれば、ケースから本体を外して普通のスマホとしても利用できます。

非常に使い勝手が良いですよ。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

6位 Galaxy Note10+

ギャラクシーノートテンプラス

画像引用元:Galaxy Note10+ SC-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy Note10+はカメラ性能・大きなディスプレイで人気の端末。

中でもなんといっても特徴的なのはSペンで、スマホをメモ帳代わりに使うことができます。

Galaxy Note10+の特徴
  • 6.8インチの有機ELディスプレイ
  • 画面内すべてのものに書き込みが可能なSペンでメモが捗る
  • ファンにはたまらないStar Wars Special Editionも

Galaxy note10+の価格

Galaxy note10+の価格は以下の通りです。

256GB機種代金割引適用時購入
ドコモ121,176円80,784円
※1
ドコモ公式ショップ
au118,800円79,200円
※2
au公式ショップ
楽天モバイル126,800円107,182円
※3
楽天モバイル公式ショップ

※1 スマホおかえしプログラム適用時
※2 アップグレードプログラムNX適用時
※3 春の新生活応援 スマホ大特価キャンペーン適用時

Galaxy note10+はドコモとauで購入できます。

また、2020年2月13日までなら、楽天モバイルでもお得な価格で購入することができますよ。

10万円超えの機種ですが、各種割引が利用できるのは嬉しい点ですね。

最高峰の性能を詰め込んだGalaxy Note10+

Galaxy note10+のディスプレイは6.8インチの有機ELディスプレイです。

Galaxy Note10+のスペック

Galaxy Note10+
ディスプレイ6.8インチ
本体サイズ高さ:162,3
幅:77.2
厚さ7.9 mm
重さ196g
アウトカメラ1,600万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
1,200万画素(望遠)
深度即位カメラ(TOF)
インカメラ1000万画素
RAM12GB
ROM256GB
CPUQualcomm Snapdragon 855
OSAndroid 9
解像度3,040 × 1,440
認識指紋・顔認証
カラーオーラグロー・
オーラブラック・
オーラホワイト
詳細Galaxy Note10+実機レビュー

全画面ディスプレイを搭載しているので、動画やゲームなどのコンテンツを迫力いっぱいに楽しむことができます。

バッテリーは4,300mAhの大容量。1日中使用しても枯渇しないでしょう。

また、超高速充電にも対応しており、たった30分の充電で、バッテリーを大きく回復することができます。

そして、他のスマホと大きく異なる点が、ペンを内蔵していることでしょう。

画面に直接文字などを書けるほか、ペンを握った手でクリックなどをすることで、カメラのズーム操作や音量調整など、さまざまな操作をすることができます。

Sペンが使いやすくて便利

Galaxy Note10+にはSペンが付属しています。

同機種が他のハイスペックスマホと最も違う点はこれでしょう。

このペンを使えば、画面内すべてのものに書き込みが可能です。

白紙のメモアプリに書き込めるのはもちろん、下のようにWebページや写真に書き込むこともできます。

Galaxy Note10+ スターウォーズ

また、気になる箇所にマーカーを引いたり、さらにそれをスクリーンショットで保存しておくことも可能です。

「スマホでも記録は残せるけど、従来の紙の資料やメモ帳みたいに、余白にサッとメモ書きができたら便利なのに」と思っていた方も多いと思います。

Sペンは、紙とスマホが持つそれぞれの便利さを融合した、非常に便利な機能なのです。

超大画面の有機ELディスプレイ

Galaxy Note 10+のディスプレイサイズは約6.8インチで、折りたたみスマホを除けば、2020年最新スマホの中では最も大きいディスプレイです。

Galaxy Note10+ スターウォーズ

ベゼルを極限まで狭くした全画面ディスプレイを搭載しており、大迫力の画面でゲームなどを楽しめます。

また、有機ELディスプレイを使用しているため、暗めのシーンが多い映画の視聴にもおすすめなスマホです。

Galaxy Note10+のStar Wars Special Editionが登場!

2019年12月、大人気シリーズ映画「Star Wars」をイメージした「Star Wars Special Edition」が登場しました。

Galaxy Note10+ スターウォーズ

画像引用元:Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

スペックなどの基本性能は、通常のGalaxy Note10+と変わりません。

ただ、下の写真を見てもらうと分かるように、外装の時点でスターウォーズへのこだわりとプレミア感が垣間見えます。

Galaxy Note10+ スターウォーズ

箱の中身はスターウォーズのダークサイドをイメージしたものとなっています。

どこを取ってもスターウォーズ!

Galaxy Note10+ スターウォーズ
本機種には3つの限定モデルが同梱されています。

Star Wars Special Editionだけの限定モデル
  • コレクターズバッジ
  • 専用レザーケース
  • Galaxy Buds(限定色)

また、スマホ本体も「Star Wars Special Edition」の特別仕様です。

Galaxy Note10+ スターウォーズ

画像引用元:Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

とにかくダークサイドの黒にこだわったデザインとなっています。

さらに、Sペンを取り出すときには、「ヴォン」とライトセーバーの駆動音が鳴ります。

このように、「Star Wars Special Edition」はとにかく細部までスターウォーズにこだわっているのが特長です。

なお、国内ではドコモオンラインショップでのみ取り扱っておりましたが、2月28日(金)よりドコモショップ、量販店などでも購入できます。

2,000台の限定発売なので、気になる方はお早めにご購入ください!

ドコモ限定 Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition実機レビュー

Galaxy Note10+の日本版は海外版と少し違う?

Galaxy Note10+のSoCには、アンドロイドスマホではお馴染みとなったSnapdrogon 855が搭載されています。

しかし、国際市場向けのGalaxy note10+には、Samsung自社開発の「Samsung Exynos 9825」が搭載されているようです。

つまり、日本版は仕様が少しだけ違うということになりますね。

とはいえ、総合的な性能はほぼ同じです。

日本向けの機種が国際市場向けよりも劣っているということはありません。

「Samsung Exynos 9825」を搭載した機種を利用したい場合は、他国で購入するなどの工夫が必要となります。

Galaxy Note 10+実機レビュー|ペンとカメラが進化した史上最高モデル

7位 LG G8X ThinQ

ソフトバンクのLG G8X ThinQ

画像引用元:LG G8X ThinQ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

LG G8X ThinQのスペック

LG G8X ThinQ
ディスプレイ本体:6.4インチ
デュアルスクリーン:6.4インチ
本体サイズ高さ:164 mm
幅:166 mm
厚さ:15.0 mm
重さ331g
アウトカメラ1,200万画素+1,300万画素
デュアルカメラ
インカメラ3,200万画素
バッテリー4000mAh
RAM6GB
ROM64GB
CPUSM8150(オクタコア)
OSAndroid 9
認識指紋認証
カラーオーロラブラック

折りたたみスマホとは似て非なるスマホ

LG G8X ThinQはまるで折りたたみスマホのように見えますが、実はちょっと違います。

本体を開いたとき、右側のディスプレイがスマホ本体で、左側はディスプレイのみという構成になっているのです。

よって、Galaxy Foldのようにタブレットとして使用することはできません。

とはいえ、2画面に2つのアプリを同時に表示して操作することができるので、使い勝手は非常に良いです。

スマホは脱着可能

右側のスマホは脱着が可能で、外せば普通のスマホとして使用することができます。

自宅では2画面で使い、外出時はケースから外して普通のスマホとして持ち歩くなど、シーンに合わせて使い分けることが可能です。

2画面・1画面時の重量

2画面時の重量は331gと非常に重いのですが、スマホ単体の重さは193gほど。

大画面スマホとしては標準的な重さです。

LG G8X ThinQの価格

64GB機種代金割引適用時購入
ソフトバンク1,155円×
48ヵ月
(55,440円)
1,155円×
24ヵ月
(27,720円)
ソフトバンク
公式ショップ

LG G8X ThinQを購入できるのはソフトバンクのみで、価格は未定です。

8位 ZTE Axon 10 Pro 5G

ZTE Axon 10 Pro 5G

画像引用元:ZTE Axon 10 Pro 5G(ZTE製)の概要 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

ZTE Axon 10 Pro 5Gは、中国企業ZTE社のハイエンドモデルスマホです。

ZTE社のスマホとしては、初めて5Gとトリプルカメラを採用したモデルとなっています。

ZTE Axon 10 Pro 5Gの特徴
  • 5G通信に対応
  • CPUをはじめ、最高峰の基本性能を持つ
  • スリムボディで軽めの持ちやすいスマホ

ZTE Axon 10 Pro 5Gのスペック

ZTE Axon 10 Pro 5G
ディスプレイサイズ約6.4インチ
本体サイズ高さ:約159mm
幅:73mm
厚さ:7.9mm
重さ約176g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約2,000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約2,000万画素
バッテリー4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 865 5G
OSAndroid 10
認証指紋
カラーブルー

カメラの性能は標準的

カメラは3つのレンズを搭載したトリプルカメラ。

レンズは広角に加え、トレンドの超広角レンズと、あると便利な望遠レンズの3つです。

これといった特徴はなく、ハイスペックスマホとしては標準的な性能といったところですね。

有効画素数は4,800万画素と非常に優れているものの、綺麗な写真はセンサーの性能も問われるため、実際の写真の出来は実機で確認してみないと何とも言えません。

持ちやすいスリムボディ

ZTE Axon 10 Pro 5Gの本体の厚みはわずか7.9mm。

側面のエッジも丸みを帯びるように加工されています。

そのため、6.4インチディスプレイを持つスマホとしては、非常に持ちやすいデザインです。

重さも176gと、ハイスペックスマホの中では軽めな部分も評価できますね。

ハイスペックに恥じない基本性能

ディスプレイは画面占有率約92%の6.4インチ有機ELディスプレイ。ベゼルが非常に細く、動画やゲームの没入感も抜群です。

CPUは5G通信に対応した最高峰CPU「Qualcomm Snapdragon 865」を搭載。

どんなアプリでもサクサク動く処理能力を持っています。

メモリやストレージも十分ハイスペックスマホ並みと言えますね。

ZTE Axon 10 Pro 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク89,280円44,640円ソフトバンク公式ショップ

※ トクするサポート+適用時

ZTE Axon 10 Pro 5Gを購入できるのはソフトバンクのみです。

5Gが利用できるハイスペックスマホとしては安めで、トクするサポートを利用すれば4万円台でゲットできますよ。

9位 HUAWEI P30 Pro

ピーサーティプロ

画像引用元:HUAWEI P30 Pro HW-02L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

HUAWEI P30 Pro
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:約73mm
厚さ:約8.6mm
重さ192g
アウトカメラ広角:約4,000万画素
超広角:約2,000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約3200万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUKirin 980 オクタコア
OSAndroid 9
解像度2,340 x 1,080
バッテリー4,100mAh
認識指紋・顔
カラーブリージングクリスタル・
ブラック

9位にランキングしたのはHUAWEIから発売されるHUAWEI P30 Proです。
一言で説明するならばスペックお化け端末であり、最高のカメラスマホといえるでしょう。

HUAWEI P30 ProのスペックはAndroidトップといってもいい!

HUAWEI P30 Pro

画像引用元:HUAWEI P30 Pro | HUAWEI Global

HUAWEI P30 Proの最大の魅力はお化けスペックである点。

新世代SoC「Kirin980」(HUAWEI製)を搭載しているためハードウェアとの親和性も高いのが特徴です。

パフォーマンスはCPU75%向上しており、GPU性能に関してはパフォーマンスが46%、電力効率が178%もアップしており、3Dゲームの操作がさらに快適になりました。

RAMは6GBと据え置きです。

HUAWEI P30 Pro!ライカ製カメラ(4つ)を搭載したカメラスマホの実力

HUAWEI P30 Pro

画像引用元:HUAWEI P30 Pro | HUAWEI Global

HUAWEI P30 Proを語る上で外せないのがカメラの性能です。カメラは広角、超広角、望遠、ToFと4つも搭載しています。

アウトカメラの画素数はメインカメラは驚異の4,000万画素。

そして今回はインカメラの画素数が3,200万画素とP20 Proから大きく進化しました。
セルフィーもとんでもなく綺麗に撮れそうです。

その他、本体をワイヤレスチャージャーにすることができたり、インスクリーン指紋認証、最小限のノッチ、顔認認証にも対応しています。

ブリージングクリスタルが美しすぎます。
デザインで一目惚れもあり得るのがHUAWEI P30 Proですね。

HUAWEI P30 Proの価格

項目機種代金
(一括)
購入
ドコモ89,424円ドコモ公式ショップ

ドコモのみの発売です。

10位 AQUOS zero2

ドコモのアクオスゼロ2

画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

AQUOS zero2のスペック

AQUOS zero2
ディスプレイ6.4インチ
本体サイズ高さ:158 mm
幅:74 mm
厚さ:8.8 mm
重さ141g
アウトカメラ広角:1,220万画素
超広角:2,010万画素
インカメラ800万画素
バッテリー3,130mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUQualcomm Snapdragon 855
OSAndroid 9
認識指紋・顔認証
カラーアストロブラック・ミスティホワイト

有機ELディスプレイを搭載したAQUOS

AQUOS zero2の最も魅力的な点はディスプレイでしょう。

AQUOSシリーズでは非常に珍しい有機ELディスプレイを採用しており、表示速度は従来よりも4倍アップ。

動きの激しい動画などを再生しても残像感が少なく、ゲームのアクションシーンも滑らかに表示されます。

また、タッチパネルの反応も良く、指の動きを素早く正確に認識してくれるので、ストレスフリーです。

ディスプレイにとことんこだわったスマホと言えるでしょう。

AQUOS zero2の価格

256GB機種代金割引適用時購入
ドコモ87,912円
(2,442円 x 36回)
58,608円
(スマホおかえしプログラム利用時)
ドコモ公式ショップ
au97,200円
(2,700円×36回)
64,800円
(アップグレードプログラムNX利用時)
au公式ショップ
ソフトバンク95,040円
(1,980円×48回)
56,880円
(トクするサポート利用時)
ソフトバンク公式ショップ

AQUOS zero2はドコモ・au・ソフトバンクで購入できます。

なお、前機種のAQUOS zeroは、現在ソフトバンクで77,280円で購入できます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

11位 ROG Phone 2

ROG Phone Ⅱ

画像引用元:ASUS Store(エイスース ストア) – ROG Phone Ⅱ (ZS660KL-BK1TR12)

ROG Phone 2は、一言でいうとゲーミングスマホです。

ゲームアプリを利用する方にとっては非常に有用ですが、それ以外の方にはあまりすすめられません。

一言でいえば、尖った性能を持つ機種です。

ROG Phone 2の特徴
  • 最高峰のCPU、ノートパソコン並みのメモリなど、とにかく基本性能が優れている
  • 6.59インチの有機EL、リフレッシュレートも120Hzと、ゲームプレイのために用意されたディスプレイ
  • ゲーミングスマホならではのデザイン。ケースや排熱エアフローも付属

ROG Phone 2のスペック

ROG Phone 2
ディスプレイ6.59インチ
本体サイズ高さ:170.9mm
幅:77.6mm
厚さ:9.4mm
重さ240g
アウトカメラメイン:4,800万画素
サブ:1,300万画素
インカメラ2,400万画素
RAM12GB
ROM512GB・1TB
CPUQualcomm Snapdragon 855
Plus
OSAndroid 9.0 (ROG UI)
バッテリー6,000mAh
認証指紋認証
カラーマットブラック・ブラックグレア

最高峰のゲーミング性能

ROG Phone 2には、最高峰CPUである「Snapdragon 855」を強化した、「Snapdragon 855 plus」が搭載されています。

「Snapdragon 855」より、CPUの性能が約10%、GPUのレンダリング性能がおよそ15%アップしており、処理の重い3Dゲームもラクラク動かせるほどのスペックです。

また、メモリは現在販売されているスマホでも最高峰の12GB。ストレージも512GBと大容量です。

さらに、バッテリー容量は驚きの6,000mAh。長時間のゲームプレイにも耐えられます。

このように、ROG Phone 2は現在販売されている全スマホの中でも最高峰の性能を持っている機種なのです。

ディスプレイも秀逸!

ROG Phone 2は6.59インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

画面の描画速度に関係するリフレッシュレートも120Hzと通常ディスプレイの倍を誇り、これに対応しているゲームアプリであれば素早い動きも滑らかです。

近未来的なデザインにも注目!

ROG Phone 2

画像引用元:ASUS Store(エイスース ストア) – ROG Phone Ⅱ (ZS660KL-BK1TR12)

本スマホのカラーはブラックの1種類のみ。

ゲーミンググッズといえば、ゴツゴツ・ピカピカとした印象がありますが、本スマホももれなくその系統のデザインです。

ROG Phone 2は全体的に黒で統一されており、背面のロゴはディスプレイを起動させると点灯します。発色パターンも様々です。

本スマホにはケースが付属してありますが、ケースを装着しても背面のロゴは隠れません。

また、通常、イヤホンジャックはスマホの下側に付いていますが、本機種ではサイドに設置されています。

これは、ゲームプレイ時に本体を横持ちする際に、イヤホンを付けていても両手を妨げないようにするため。

とにかくすべてがゲームプレイヤーのために考えられたスマホなのです。

ROG Phone 2の価格

キャリア機種代金購入
SIMフリー版512GB:105,500円
1TB:125,500円
-

「ROG Phone 2」はハイスペックスマホの中でもさらに性能が高いため、本体価格は10万円超えです。

こうなるとドコモ・au・ソフトバンクの本体価格割引を利用したいところですが、本スマホはSIMフリー版のみであり、大手キャリアでは販売していません。

キャリアの割引が効かないため、機種変更や乗り換え時には敬遠されてしまうかもしれません。

12位 Galaxy A20

ギャラクシエートゥウェンティ

画像引用元:Galaxy A20(ギャラクシー エートゥエンティ)SCV46 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Galaxy A20は初めてスマホを持つという方にはおすすめの初心者向けスマホです。

ガラケーからのデータ移行も手間なくでき、「かんたんモード」ではシンプルに分かりやすく操作が可能です。

Galaxy A20のスペック

Galaxy A20
ディスプレイ5.8インチ
本体サイズ高さ:150 mm
幅:71 mm
厚さ:8.1 mm
重さ151g
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3,000mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSamsung Exynos 7884B(オクタコア)
OSAndroid 9
認識顔認証
カラーレッド・ブラック・ホワイト

使いやすいミドルスペックスマホ

Galaxy A20はミドルスペックスマホですが、CPUはかなり良いものを搭載しています。

軽めの3Dゲームや2Dゲームであれば、動作にストレスを感じることはないでしょう。

5.8インチの大画面ディスプレイやカメラ機能、豊富なバッテリー容量など、基本性能はいずれも高め。

本体価格が2万円台ということを考えると、非常にコスパに優れています。

初めてスマホを利用する方にもおすすめです。

Galaxy A20の価格

32GB機種代金割引適用時購入
ドコモ21,384円-ドコモ公式ショップ
au25,920円-au公式ショップ

Galaxy A20はドコモ・auで購入できます。

価格も2万円台とお手頃で、スマホは高いのでは?と感じている方でも手に届きやすい一台でしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

13位 Xperia 8

エクスペリアエイト

画像引用元:Xperia 8(エクスペリア エイト) SOV42 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Xperia 8はXperiaを格安で使いたい方におすすめです。

縦長ディスプレイで、2画面使うことができるのも特徴です。

Xperia 8のスペック

Xperia 8
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:158 mm
幅:69 mm
厚さ:8.1 mm
重さ170g
アウトカメラ1,200万画素+800万画素
デュアルカメラ
インカメラ800万画素
バッテリー2,760mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 630
OSAndroid 9
カラーブラック・ホワイト・
オレンジ・ブルー
詳細Xperia 8 実機レビュー

Xperiaシリーズの廉価版

Xperia 8はXperia 5の廉価版にあたるスマホです。

CPUは、ミドルスペックスマホによく使われているSnapdragon 630を搭載。

また、Xperia 5が有機ELディスプレイなのに対し、Xperia 8は液晶ディスプレイを使用しています。

しかし、ディスプレイサイズはそれほど変わりませんし、21:9のシネマワイドも健在です。

バッテリー性能もXperia 5と同等の能力を有しています。

さらに、2つのカメラレンズを搭載しているため、「ぼけ」を生かしたポートレート撮影も可能です。

Xperia 8の価格

64GB機種代金割引適用時購入
au44,645円35,765円
au公式ショップ

※ アップグレードプログラムNX適用時

Xperia 8を購入できるのはauのみです。

ミドルスペックスマホとしては少々価格が高めですが、機種代金を2/3にできるアップグレードプログラムNXが利用できます。

14位 HUAWEI nova 5T

HUAWEI nova 5T

画像引用元:最新スマホが大特価!14,800円〜|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

次は、高コスパスマホHUAWEI noba 5Tです。

本体価格5万円台ながら、機能はちょっと前のハイスペックスマホ並み。

ミドルスペックとは思えないほど充実しています。

HUAWEI noba 5Tの特徴
  • 5万円台のスマホがここまで来たかと感心させられる1台
  • カメラは驚きのクアッドレンズ。超広角撮影や夜景、ポートレートとトレンドをひととおり網羅
  • 2枚のSIMが挿せるDSDVに対応

HUAWEI nova 5Tのスペック

HUAWEI nova 5T
ディスプレイ6.26インチ
本体サイズ高さ:154.25mm
幅:73.97mm
厚さ:7.87mm
重さ174g
アウトカメラメイン:4,800万画素
超広角:1,600万画素
被写界深度測定:200万画素
マクロ:200万画素
インカメラ3,200万画素
RAM8GB
ROM128GB
CPUHUAWEI Kirin 980
OSEMUI 9.1 (Android 9ベース)
バッテリー3,750mAh
認証指紋認証
カラーミッドサマーパーブル・ブラック・
クラッシュブルー
価格51,600円(mineo)

ミドルスペックスマホが4つのレンズを搭載!

HUAWEI noba 5Tのカメラ機能は、4つのレンズを搭載したクアッドカメラシステムです。

トレンドの超広角レンズも備えています。

また、光の少ない夜の屋外でもきれいに撮影できる「ナイトモード」も搭載。

見た目より明るい写真に仕上がるので、夜景そのままとまではいきませんが、非常に美しい1枚に仕上がります。

さらに、複数のレンズを利用した「ポートレート撮影」も可能です。

DSDVに対応!

HUAWEI nova 5T

画像引用元:HUAWEI nova 5T, AI クアッドカメラ, 超広角レンズ | ファーウェイジャパン

DSDVとは、同時に2枚のSIMを挿して利用できる機能のことです。

SIMには電話番号が保存されているため、DSDVを利用することで、1つのスマホで2つの電話番号を同時に使えるようになります。

インストールするアプリやホーム画面の壁紙も、SIMごとに設定可能です。

また、音声通話SIMを2枚挿せば、それぞれのSIMでLINEのアカウントを作成することもできます。

そのため、感覚としては、スマホを2台持っている状態とほぼ変わりません。

現在、プライベート用と仕事用のスマホを1台ずつ持ち歩いている方は、HUAWEI noba 5Tに機種変更すれば、1台で2役をこなしてくれますよ。

仕事でよくスマホを使う方に、非常におすすめの1台です。

HUAWEI nova 5Tの価格

キャリア機種代金割引適用時購入
SIMフリー版59,950円--

本体価格は5万台です。

クアッドカメラシステムにDSDV対応、基本性能も充実したスマホがここまでの価格になったかと、感心させられる1台です。

15位 ZenFone 6

LINEモバイルのZenFone6

画像引用元:ZenFone 6|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

ZenFoneシリーズ最高峰のZenFone 6。

他のスマホにはないフリップカメラが魅力です。

ZenFone 6の特徴
  • フラッグシップモデルに恥じない優れた基本性能
  • 本スマホ独自のフリップカメラの使い勝手が抜群
  • 5,000mAhを超える圧巻のバッテリー容量

ZenFone 6のスペック

ZenFone 6
ディスプレイ6.4インチ
本体サイズ高さ:159.1 mm
幅:75.4 mm
厚さ:9.1 mm
重さ190g
アウトカメラメイン:4,800万画素
超広角:1,300万画素
デュアルカメラ
インカメラ-
RAM6GB・8GB
ROM128GB・256GB
CPUQualcomm Snapdragon 855
OSZEN UI(Android 9ベース)
解像度2,340×1,080
バッテリー5,000mAh
認証指紋認証
カラートワイライトシルバー・
ミッドナイトブラック

ZenFoneシリーズフラッグシップモデル

ZenFone 6は、ZenFoneシリーズのフラッグシップモデルです。

基本性能は優秀で、メモリは最大8GB、ストレージは最大256GBと大容量。

CPUは最高峰の「Snapdragon 855」を搭載しているため、どんなゲームアプリもサクサク動きます。

前面はもちろん背面も強化ガラスで覆われており、手触りは非常に滑らかで高級感のあるつくり。

ケースなしで使うのは少々怖いですが、この感触は捨てがたいです。

ZenFoneならではのバッテリー容量

BIGLOBEモバイルのZenFone Live

画像引用元:ZenFone Live (L1) (ZA550KL)|ASUS|BIGLOBEモバイル

ZenFone 6のバッテリー容量は驚きの5,000mAh!

急速充電にも対応しており、約2時間でフル充電が可能です。

さらに、自身のバッテリーから他のスマホなどを充電できるリバースチャージにも対応。

外出時に、ワイヤレスイヤホンなどを充電することもできます。

フリップカメラが面白い

ZenFone 6最大の特徴は、何といってもフリップカメラでしょう。

スペック表を見たとき、「あれ、もしかしてインカメラが付いてないの?」と思った方は多いはず。

それもそのはず、ZenFone 6のアウトカメラは縦回転する設計になっており、レンズの向きを変えることで、そのままインカメラとして使うことができるのです。

カメラの回転操作は、画面内のカメラ切替ボタンをタップするだけ。

カメラに直接手を触れる必要はありません。

また、動画撮影時にペットなどの動く被写体をロックオンしておけば、フリップカメラの回転で自動追尾してくれます。

ZenFone 6の価格

キャリア機種代金購入
SIMフリー版128GB:69,500円
256GB:82,500円
-

ZenFone 6はフラッグシップモデルですが、128GBの本体価格は6万円台です。

10万円を超えるスマホが多い中、かなり購入しやすい部類と言えますね。

LINEモバイルでZenFone 6に機種変更|お得に購入する完全ガイド

16位 AQUOS R3

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R3 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS R3
ディスプレイ6.2インチ
本体サイズ高さ:156 mm
幅:74 mm
厚さ:8.9 mm
重さ185g
アウトカメラ標準:1220万画素
広角:2010万画素
デュアルカメラ
インカメラ1630万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
解像度1,440×3,120
バッテリー3,200mAh
認識指紋・顔認証
カラープレミアムブラック・
プラチナホワイト・
エレガントグリーン

16位にランキングしたのはシャープから発売されたAQUOS R3です。

グルーバルモデルがひしめく中、国産スマホの底力を感じるのがこのAQUOS R3。

シャープは2017年、2018年と国内別Android販売台数シェアで2年連続で1位を獲得するなど好評です。

そんなシャープのAQUOSシリーズのフラグシップモデルがAQUOS R3です。

AQUOS R3は使いやすさにこだわった、安定型ハイスペック端末!

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R3 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS R3のCPUはスナドラ855、RAMは6GBと高スペック。ノッチも最小限に抑えました。

防水防塵、ワイヤレス充電、おサイフケータイ、のぞき見防止など使いやすい機能も満載です。

端末が熱くなるのを防ぐ放熱設計もバッチリ。顔認証、指紋センサー、持つと画面ONなど至れり尽くせりといった印象です。

AQUOS R3が搭載するIGZOディスプレイのこだわりとは?

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R3 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS R3の特徴といえばIGZOディスプレイ。このAQUOS R3は6.2インチ3,120×1,440のPro IGZOディスプレイを採用しています。

前機種であるR2の1,677万色から10億色の表現力へと進化。明るさも2倍になりました。

リッチカラーテクノロジーを採用し、よりリアルに鮮やかに色をコントロールしています。

アウトドアビューにより強い日差しの下でも見やすいのも特徴です。

とにかく美しいディスプレイが欲しい!という方にはぴったりな1台です。

また、カメラは2つ。動きながらの撮影に強い手ぶれ補正を搭載しています。

AQUOS R3の価格

項目機種代金
(一括)
購入
ドコモ89,424円ドコモ公式ショップ
au99,360円au公式ショップ
ソフトバンク未定ソフトバンク公式ショップ

AQUOS R3は3キャリアから発売されます。

17位 AQUOS sense3 plus

AQUOS sense3 plus

画像引用元:AQUOS sense3 plus | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS sense3 plusのスペック

AQUOS sense3 plus
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:160 mm
幅:75 mm
厚さ:8.7 mm
重さ175g
アウトカメラデュアルカメラ
広角:1,220万画素
超広角:1,310万画素
インカメラ800万画素
RAM6GB
ROM64GB(au版)
128GB(ソフトバンク版)
CPUQualcomm Snapdragon 636
OSAndroid 9
解像度2,220 × 1,080
カラーau:クラッシィブルー・ホワイト
ソフトバンク:ムーンブルー・ピンク・
ブラック・ホワイト

サウンド性能を強化したスマホ

AQUOS sense3 plusは、AQUOS sense3にサウンド性能などの様々な要素をプラスしたスマホといえます。

AQUOS sense3よりさらに大きい6.0インチの大画面に加え、ステレオスピーカーには音響技術「Dolby Atmos」を採用。

明るく高精細なIGZOディスプレイと迫力のスピーカーで、様々な映像コンテンツを全力で楽しむことができます。

さらに、AQUOS sense3よりも高性能のCPUを搭載しているため、各種アプリの動作もサクサク。

もちろんAQUOS sense3の大容量バッテリーも搭載。

屋外でも長時間使用できます。

AQUOS sense3 plusの価格

64GB
128GB
機種代金割引適用時購入
au46,080円-au公式ショップ
ソフトバンク51,120円25,560円
※1
ソフトバンク公式ショップ
楽天モバイル48,800円38,091円
※2
楽天モバイル公式ショップ

※1 トクするサポート適用時
※2 春の新生活応援 スマホ大特価キャンペーン適用時

AQUOS sense3 plusはAQUOS sense3よりも性能が向上している分、価格も15,000円ほど高いです。

また、2020年3月12日までであれば、楽天モバイルでもお得に購入できます。

17位 arrows Be3

アローズビースリー

画像引用元:arrows Be3 F-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

arrows Be3
ディスプレイ約5.6インチ
本体サイズ高さ:約147 mm
幅:約70 mm
厚さ:約8.9 mm
重さ約145g
アウトカメラ約1220万画素
インカメラ 約810万画素
RAM3GB
ROM32GB
CPUSDM450
OSAndroid 9.0 (Pie)
バッテリー2780mAh
認証指紋認証
カラーホワイト・ブラック・ピンク

18位にランキングしたのは富士通から発売されたarrows Be3です。arrows Be3は国産にこだわったタフネスミドルレンジスマホです。

今回からナンバリング仕様になりました。

日本製にこだわったarrows Be3!

arrows Be3

画像引用元:arrows Be3 F-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

小栗旬さん、山田孝之さんのCMでおなじみのarrows Be3。

日本企業が日本での使いやすさを第一に考えた端末で、特にタフさが特徴です。

タフさは当然のこと、指先に心地よいドロップエッジフェイスを採用。デザイン面もグレードアップし、おしゃれに変貌しました。

見やすさを自由自在に変えることができる背面のエクススライダー。
指紋認証も搭載しています。

ラウンドフォルム、つなぎ目のないフレームも素晴らしいですね。

arrows Be3は頑丈!さらにハンドソープで洗えます

arrows Be3

画像引用元:arrows Be3 F-02L 製品特長(洗い方): 富士通

arrows Be3といえば頑丈なスマホというイメージが強いでしょう。今回も高強度樹脂材料とユニボディ化で剛性がさらにアップしています。

MIL企画23項目準拠はもうおなじみですね。またハンドソープや食器用洗剤で端末を洗うことが可能。

これが可能な理由は内部構造が他の防水スマホとは違うため。
最強の防水端末ともいえますね。

スペックもディスプレイはFHDとなり高精細、RAMも3GBですので常用に不都合はないでしょう。

arrows Be3の価格

項目機種代金
(一括)
購入
ドコモ33,048円ドコモ公式ショップ

3万円代前半はとても安いです!!

18位 ZenFone Max (M2)

OCNモバイルONEのZenFone Max

画像引用元:ZenFone Max (M2) | goo Simseller

ZenFone Max (M2)のウリは大容量バッテリーです。

また、カメラもデュアルカメラシステムを搭載するなど、2万円台のスマホにしては高い性能を有しています。

ZenFone Max (M2)の特徴
  • 4,000mAhもの大容量バッテリー
  • 2万円台のスマホながらデュアルカメラシステムを搭載

ZenFone Max (M2)のスペック

ZenFone Max (M2)
ディスプレイ6.3インチ
本体サイズ高さ:158.4 mm
幅:76.2 mm
厚さ:7.7 mm
重さ160g
アウトカメラメイン:1,300万画素
深度測定:200万画素
デュアルカメラ
インカメラ800万画素
RAM4GB
ROM32GB・64GB
CPUQualcomm Snapdragon 632
OSAndroid 8.1
解像度1,520×720
バッテリー4,000mAh
認証指紋認証
カラー メテオシルバー・スペースブルー・
ミッドナイトブラック

4,000mAhの大容量バッテリー

ZenFone Max(M2)は2万円台の低価格スマホながら、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

これほどの容量を持つバッテリーは、ハイスペックスマホでも稀です。

連続通話可能時間は30時間を超えるレベル。1日中屋外で使ってもまだ余力があります。

また、大容量バッテリーを搭載したスマホは、本体重量も大きくなりがちですが、本スマホは驚きの160gを実現。

バッテリーの影響で190g以上になってしまう機種が多い中、この軽さは驚異的です。

カメラは2つのレンズを搭載

ASUS ZenfoneMax(M2) AI

画像引用元: ZenFone Max (M2) (ZB633KL) | スマートフォン

本スマホのカメラは2つのレンズを搭載したデュアルカメラシステムです。

本体価格2万円台のスマホはシングルカメラも珍しくないため、これは嬉しいポイントですね。

本スマホのカメラは、AIが自動でシーン分析を行うので、被写体に最適な設定で撮影することが可能です。

初心者でもきれいな写真が撮れるので、カメラがますます楽しくなりますよ。

ZenFone Max (M2)の価格

キャリア機種代金購入
SIMフリー版32GB:23,500円
64GB:27,500円
-

本体価格は2万円台。かなり手を出やすい金額設定です。

ZenFone Max(M2)レビュー|AIカメラ搭載スマホのスペックと価格

19位 Galaxy Fold

Galaxy Fold SCV44

画像引用元:Galaxy Fold(ギャラクシー フォールド)SCV44 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Galaxy Foldのスペック

Galaxy Fold
ディスプレイメイン:7.3インチ有機ELディスプレイ
カバー:4.6インチ有機ELディスプレイ
本体サイズクローズ:高さ160.9×幅62.8×厚さ15.7 mm
オープン:高さ160.9×幅117.9×厚さ7.6 mm
重さ276g
メインカメラ超広角:1,600万画素
広角:1,200万画素
   望遠:1,200万画素
トリプルカメラ
サブカメラセルフィー:1,000万画素
RGB深度:800万画素
カバーカメラセルフィー:1,000万画素
バッテリー4,380mAh
RAM12GB
ROM512GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
認識指紋・顔認証
カラースペースシルバー

Galaxy Foldは折りたたみスマホ

基本性能やディスプレイ、カメラと様々な革新を果たしてきたスマホですが、最近はどの進化も限界を迎えたのか、ちょっと停滞気味です。

そんな中、Galaxyシリーズはスマホに「新しいカタチ」を求めました。

そして出た答えがGalaxy Foldです。

Galaxy Foldは開閉することができるスマホで、閉じれば普通のスマホとして、開けばまるでタブレットのように使用することができます。

ディスプレイは違和感なく使用できる

Galaxy Foldを畳んでいるときはメインのディスプレイは折れ曲がっているため、変な折り目がつかないものかと心配する方も多いでしょう。

しかし、その点はご安心ください。

開閉部分は少々硬いので、開く際に少しだけ力が必要ではあるものの、ディスプレイに変な折り目が付くことはなく、違和感もありません。

また、操作性も非常に良いです。

7.3インチという他のスマホにはない大画面が上手く活かされており、3つのアプリを同時に表示することもできます。

動画やゲームなどの映像コンテンツも、タブレット並の大画面で思う存分楽しむことができますよ。

合計6基のレンズを搭載!

Galaxy Foldは3つのトリプルカメラシステムに加え、インカメラに2つ、そしてカバーに1つと、合計6基ものレンズを搭載しています。

カメラ機能には、Galaxyシリーズで培ってきた技術が惜しみなくつぎ込まれており、性能は最高峰です。

Galaxy Foldの価格は安くない

512GB機種代金割引適用時購入
au245,520円-au公式ショップ

今季のスマホの中では断トツの高額機種です。

購入できるのはauのみで、アップグレードプログラムNXは利用できません。

非常に魅力的な機種ですが、購入には勇気がいりそうです。

20位 LG Style2

エルジースタイル2

画像引用元:LG style2 L-01L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

LG Style2
ディスプレイ約6.0インチ
本体サイズ約158×約76×約8.5 mm
重さ約182g
アウトカメラ1620万画素+約1310万画素
インカメラ約810万画素
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon450
OSAndroid 9.0 (Pie)
解像度1,080 x 2,160
バッテリー3900mAh
認識指紋認証
カラーゴールド・ブラック

21位にランキングしたのはLGから発表されたLG Style2です。

ミドルスペックの中ではハイスペックという絶妙な位置付けだったLG Styleの後継機種がLG Style2です。

価格と性能のバランスはピカイチなLG Style2

LG Style2

画像引用元:LG style2 L-01L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

ミドルレンジに位置するLG Style2はそのポジションの中ではスペックが比較的高いです。

RAMは4GBあるので、様々なアプリを同時に操作しても快適に動かせるでしょう。

またディスプレイもFull HD+の約6.0インチ大画面。もはやハイスペックと遜色なく、写真もWebページも大きく美しく表示します。

この価格帯で、これだけのスペックを積んでいるのはさすがLGといったところでしょうか。

LG Style2の魅力は大容量バッテリー

LG Style2

画像引用元:LG style2 L-01L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

LG Style2の最大の特徴はバッテリー持ちの良さ。ドコモスマートフォン最大クラスの大容量バッテリーである3900mAhを搭載しています。

ミドルスペックにも関わらず、動画もWEBも、電池を気にせず何日も楽しめそうです。
ワンセグ、防水防塵、指紋認証、ハイレゾなど必要な機能も全部入りです。

総額38,880円でこれは、コスパ良すぎでしょう。

LG Style2の価格

項目機種代金
(一括)
購入
ドコモ38,880円ドコモ公式ショップ

LG Style2はドコモのみの発売です。

21位 arrows U

arrowU

画像引用元:arrows U デザイン – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

次にご紹介するのは、富士通製の安心スマホarrows Uです。

「誰でも使いこなせる、日本メーカーのあんしんスマホ」をコンセプトとした、初心者におすすめのスマホです。

arrows Uの特徴
  • 「使いこなしガイド」で、操作がわからない初心者でも安心
  • 防水・防塵・耐衝撃性を備えた、どこでも使えるスマホ
  • 今では珍しいストラップホールとイヤホンジャックを搭載

arrows Uのスペック

arrows U
ディスプレイ5.8インチ
本体サイズ高さ:149 mm
幅:72 mm
厚さ:8.8 mm
重さ166g
アウトカメラメイン:1,310万画素
超広角:500万画素
デュアルカメラ
インカメラ800万画素
RAM3GB
ROM32GB
CPUSDM450
OSAndroid 9
解像度2,280×1,080
バッテリー2,880mAh
認証指紋認証
カラーホワイト・ブラック・ブルー

使いこなしガイドが初心者には嬉しい!

arrows Uにプリインストールされている「@Fケータイ応援団」の「使いこなしガイド」には、スマホをもっと便利に使うための情報がたくさん載っています。

また、「スマホはじめてガイド」アプリを使えば、基本設定や操作などをサポートしてもらう事も可能です。

メールやカメラなどの基本操作を練習することもできるため、スマホ初心者でも安心です。

防水・防塵・耐衝撃性のタフネススマホ

アロウズ ユー

画像引用元:arrows U – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

arrows Uは水回りの作業をしながらでも使える安心の防水仕様です。

防塵・耐衝撃性も兼ね備えているので、屋外での利用も安心ですね。

また、買物に便利なおサイフケータイにも対応しています。

ストラップホールとイヤホンジャックが付いている

arrows Uには、最近めっきり見なくなったストラップホールが付いています。

ストラップは落下や紛失防止に何かと便利なので、今でも「ストラップホールが欲しい」という方は少なくありません。

また、arrows Uは、近年姿を消しつつあるイヤホンジャックも搭載しています。

最近はスマホの買い替え時に、充電端子対応のイヤホンを用意しなければなりませんでしたが、本スマホならそんな準備は必要ありません。

arrows Uの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク26,640円13,320円ソフトバンク公式ショップ

※ トクするサポート適用時

arrows Uの本体価格は2万円台です。

もともとの価格が十分安いのですが、ソフトバンクの「トクするサポート」を利用すれば、1万円台でゲットすることができます。

22位 LG K50

LGK50

画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

LG K50はバッテリー性能が非常に優れたスマホです。

本体価格2万円台のエントリーモデルながら、6インチ以上の大画面を搭載している点にも注目ですね。

LG K50の特徴
  • 3,500mAhのバッテリーとLG独自技術で電池持ちがいい
  • 本体価格2万円台で6.26インチの大画面を搭載
  • カメラ性能も良く、ポートレート撮影にも対応

LG K50のスペック

LG K50
ディスプレイ6.26インチ
本体サイズ高さ:161 mm
幅:77 mm
厚さ:8.7 mm
重さ172g
アウトカメラメイン:1,300万画素
サブ:200万画素
デュアルカメラ
インカメラ1,300万画素
RAM3GB
ROM32GB
CPUMT6762
OSAndroid 9
解像度1,520×720
バッテリー3,500mAh
認証指紋認証
カラースペースブルー・プラチナシルバー

大容量バッテリーで電池持ちはバッチリ!

LGK50のバッテリーはエントリースマホでは破格の3,500mAh!

さらに、LG独自技術でアプリの消費電力を抑えているため、電池持ちはかなり優秀です。

また、動画再生時は「エコモード」も使えます。

動画によっては、「BGMとして音だけ聴ければ良い」というものもありますよね。

そんなときはこの「エコモード」を利用すれば、バッテリーを節約しつつ、音楽だけ楽しむことができます。

エントリーモデルのカメラとしては優秀

エルジーケイ50

画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

カメラは、1,300万画素のメインと200万画素のサブの2つ。

サブカメラは主にポートレート撮影で使用され、エントリースマホながら、ぼけを生かした撮影が可能です。

なお、ポートレート撮影は、背面カメラだけでなく、インカメラでも使えます。

自撮り好きな方には、結構嬉しいポイントですよね。

また、AIが撮影シーンを判別して、被写体の特徴を生かした写真が撮れるよう自動で設定してくれるため、カメラ初心者でもきれいな写真に仕上げられます。

6インチ以上の大画面

LG K50は、本体価格2万円台のスマホでありながら、6.26インチの大画面を搭載。

ヘビー級のゲームアプリを動かすのは難しいですが、動画配信アプリや映画であれば、動作に支障はありません。

迫力のある大画面で楽しむことができます。

LG K50の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク24,480円12,240円ソフトバンク公式ショップ

LG K50の取扱いは、大手キャリアではソフトバンクのみ。

もともとの本体価格は2万円台と安いですが、トクするサポートでさらに割引できるのは助かりますよね。

23位 moto g7

アイアイジェイミオのmoto_g7

画像引用元:moto g7 | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

最後は、モトローラ社のスマホmoto g7をご紹介します。

シンプルで使いやすく、初心者にもおすすめできる機種です。

moto g7の特徴
  • どの性能も平均的で、誰でも使いやすいスマホ
  • 画面占有率の高いディスプレイで、動画コンテンツを楽しめる

moto g7のスペック

moto g7
ディスプレイ6.24インチ
本体サイズ高さ:157mm
幅:75.3mm
厚さ:7.92mm
重さ174g
アウトカメラメイン:1,200万画素
超広角:500万画素
デュアルカメラ
インカメラ800万画素
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm Snapdragon 632
OSAndroid9.0
解像度2,270 x 1,080
バッテリー3,000mAh
認証指紋認証
カラーセラミックブラック・クリアホワイト

尖った特徴のない使いやすいスマホ

moto g7は、「このスマホと言えばこの機能!」といったものがありません。

メモリやストレージ、CPUといった基本性能も平均的で、良く言えば非常にバランスの取れたミドルスペックスマホです。

処理が重いゲームアプリをサクサク動かすことはできませんが、それ以外の事ならソツなくこなせます。

カメラ機能は、レンズが2つ搭載されたデュアルカメラシステムです。

現在のトレンドである「ポートレート撮影」にも対応しています。

画面占有率の高いディスプレイ

アイアイジェイミオのmoto_g7 power

画像引用元:moto g7 POWER | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

moto g7のノッチ(画面の上部にインカメラなどが設置されているエリア)は非常に控えめです。

そのため、画面占有率が非常に高くなっています。

この構造が威力を発揮するのは、動画コンテンツの視聴時です。

基本的に、動画コンテンツはノッチの部分を考慮しないため、ノッチがあろうとなかろうと、その部分にも映像の一部が映し出されます。

画面のサイズに比べれば、どのスマホのノッチも小さいものですが、映像の重要な部分がノッチのせいで隠れてしまうと、やはり興ざめしますよね。

しかし、本スマホなら、そんな事態を極力避けられます。

6.24インチの大画面で、思う存分動画コンテンツが楽しめますよ。

moto g7の価格

キャリア機種代金購入
SIMフリー版30,800円-

本体価格は3万円台と安め。かなり購入しやすいスマホです。

24位 Android One S6

Android One S6

画像引用元:S6 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

Android Oneは、Googleが展開しているシリーズです。本スマホは、そのシリーズの最新モデルとなります。

特長は、とにかくシンプルで使いやすいことです。

Android One S6の特徴
  • カメラ機能はメインと超広角レンズを搭載したデュアルレンズシステム
  • 耐衝撃・防水・防塵を兼ね備えたタフネス性
  • Android 10を利用できる数少ないスマホ

Android One S6のスペック

Android One S7
ディスプレイ5.5インチ
本体サイズ高さ:147 mm
幅:70 mm
厚さ:8.9 mm
重さ167g
アウトカメラデュアルカメラ
メイン:1,200万画素
サブ:800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSDM630
OSAndroid 10 
認証非対応
カラーライトカッパー・シルバー・
ブラック

シンプルスマホながらカメラは優秀!

Android Oneシリーズは、シンプルさが売りのスマホシリーズです。

使いやすく安いスマホとして人気を得ていますが、最新モデルであるAndroid One S6にはデュアルレンズカメラが搭載されました。

レンズが2つになったことでポートレート撮影も可能になりました。

Android Oneシリーズとは思えないほどのレベルアップを遂げています。

また、6.59インチの大画面スマホながら、重さは151gとかなり軽めです。

同サイズのスマホは基本的に190g以上ありますから、かなり携帯しやすい機種と言えるでしょう。

耐衝撃・防水・防塵のタフネススマホ

Android One S6は耐衝撃・防水・防塵に対応しているため、屋外でも気兼ねなく使えますし、水回りでの作業にも強いです。

防水レベルは、常温水の水没試験に耐え得るほどの性能です。

濡れた手でも問題なく操作できます。

その他の機能も充実!

本スマホは赤外線やおサイフケータイにも対応しています。

さらに、最新Androidである「Android 10」が搭載されている点も魅力的ですね。

これまでのスマホ紹介を見ていただくとわかるのですが、意外と「Android 10」を使えるスマホは多くありません。

また、今後OSがバージョンアップしたときのために、アップデート保証も付いています。

Android One S6の価格

キャリア機種代金割引適用時購入
SIMフリー版36,000円--

価格は3万円台とかなり安めの設定です。

25位 arrows M05

arrows M05

画像引用元:最新スマホが大特価!14,800円〜|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

arrows M05は、初心者にもおすすめなarrowsシリーズです。

使いやすさに配慮されたスマホです。

おサイフケータイも使えます。

arrows M05の特徴
  • 使いやすさに配慮したシンプルモード
  • デュアルカメラでポートレート撮影も可能
  • 耐衝撃・防水・防塵性能を備えたスマホ

arrows M05のスペック

arrows M05
ディスプレイ5.8インチ
本体サイズ高さ:149 mm
幅:72 mm
厚さ:8.8 mm
重さ166g
アウトカメラデュアルカメラ
メイン:1,310万画素
超広角:500万画素
インカメラ800万画素
バッテリー2,880mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSDM450
OSAndroid 9
認証指紋認証
カラーホワイト・ブラック

シンプルモードが使いやすい!

arrows M05は、スマホ特有の指操作に慣れない方でも安心して使えます。

ホーム画面は、他の機種に比べてアプリアイコンの間隔が広いため、タップミスが起こりにくいです。

同じく、ダイヤルキー画面や文字入力画面にも、使いやすいやすさに配慮した設計が採用されています。

画面に表示される文字も大きくて読みやすいです。

また、背面に搭載されているセンサーを指でスライドさせることで、画面を拡大したりスクロールしたりすることができます。

デュアルカメラ搭載!

arrows M05

画像引用元:arrows M05 – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

カメラは2つのレンズを搭載したデュアルカメラシステムです。

ポートレート撮影もできるため、スマホ初心者でもボケを生かしたきれいな写真が撮影できますよ。

防水・防塵耐衝撃性能でどこでも使える!

本スマホは防水・防塵・耐衝撃性能を備えたタフネススマホです。

屋外での利用はもちろん、防水機能は常温水の水没試験にも耐える性能を持っています。

また、耐衝撃性能は米国国防総省の調達基準をクリア。

落下衝撃はもちろん、熱衝撃や氷結にも耐えるほどの性能を有しています。

arrows M05の価格

キャリア機種代金割引適用時購入
SIMフリー版39,800円--

本体価格は3万円台とかなり安めです。

arrows Uをはじめとした他のarrowsシリーズとは違い、ソフトバンクでは取り扱っていない点には注意が必要です。

26位 BASIO4

ベイシオフォー

画像引用元:BASIO4(ベイシオ フォー) | スマートフォン(Android スマホ) | au

BASIO4は2020年2月7日に発売された京セラのシニア向けスマホです。

シンプルで使いやすく必要なスペックが備わった1台です。

BASIO4のスペック

BASIO4
ディスプレイ5.6インチ
本体サイズ高さ:159 mm
幅:71 mm
厚さ:8.9 mm
重さ160g
アウトカメラ1,300万画素
インカメラ500万画素
バッテリー3,300mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUMT6761
OSAndroid 10
カラーロイヤルブルー・ワインレッド・
シャンパンゴールド

有機ELディスプレイを搭載したはじめてスマホ

ハイスペックスマホによく使われている有機ELディスプレイを搭載。

ディスプレイサイズは5.6インチの大画面で、もともと見やすさに定評のあったBASIOシリーズの大きなホーム画面が、さらに見やすくなっています。

また、トラブル時に自動で原因を診断してくれる「スマートフォンの健康診断」アプリもプリインストール。

そのほか、スマホの使い方をサポートしてくれる「使い方練習」アプリも用意されています。

スマホを初めて使う方にピッタリの機種です。

BASIO4の価格

32GB機種代金割引適用時購入
au41,760円-au公式ショップ

BASIO4はauで購入できますが、価格は未定です。

前モデルのBASIO3が約5万円なので、BASIO4も同程度の価格になることが予想されます。

27位 Mate 30 Pro 5G

mate30pro5g

画像引用元:HUAWEI Mate 30 Pro 5G| ファーウェイ・ジャパン

Mate 30 Pro 5Gは、中国企業ファーウェイ(HUAWEI)のフラッグシップスマホです。

海外ではすでに発売されていますが、日本では2020年4月中旬頃発売予定で、SIMフリー版のみの販売となります。

Mate 30 Pro 5Gのスペック

HUAWEI Mate 30 Pro 5G
ディスプレイ6.53インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:73mm
厚さ:9.5mm
重さ約198g
アウトカメラ広角:約4,000万画素
超広角:約4,000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー4,500mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUHUAWEI Kirin 990 5G
OSEMUI 10(Android 10)
認証指紋
カラーオレンジ

ファーウェイスマホといえばカメラ機能!

Mate 30 Pro 5G

画像引用元:スマートフォン, タブレット, PC, ウォッチおよびブロードバンド | HUAWEI JAPAN

ファーウェイスマホはカメラ機能に優れていることで有名です。

フラッグシップモデルである本機種も、有名なライカブランドのカメラを採用しており、広角・超広角・望遠・深度カメラのクアッドカメラシステムを搭載しています。

写真の画質に大きな影響を与えるセンサーも、スマホとしては異例の超大型のものを採用。そのサイズは「Xperia 1 Ⅱ」と同じです。

望遠機能も優秀!

望遠レンズでは、光学3倍、ハイブリッド5倍のズームが可能です。

光学は画質の劣化がなく、ハイブリッドもほぼ無劣化なので、無劣化のズームが5倍まで可能となります。

他のハイスペックスマホでも普通は2倍、優秀なものでも3倍が限界です。Mate 30 Pro 5Gのカメラ機能の優秀さが窺えますね。

子供の運動会や発表会などでは、ズーム機能が何かと便利なので、パパやママのスマホとしてもおすすめです。

基本性能も最高峰

Mate 30 Pro 5Gは基本性能も優れています。

処理性能の中心を担うSoCは、最高峰モデル「HUAWEI Kirin 990 5G」を搭載。

メインメモリは8GB、ストレージは256GBとこちらも十分なスペックです。

5Gを生かした最大ダウンロード速度は2.3Gbps

あくまで「最大」速度ですが、それでも4G対応機種と比べたら圧倒的な数字です。

ディスプレイは左右のベゼルを廃止しており、前面のほとんどが画面になっています。

側面にある88度のウルトラカーブは手にしっかりとフィット。

側面をタップ&スライドすれば、音量などの調整が可能です。

大画面ながら片手で持ちやすく、使いやすいスマホです。

Mate 30 Pro 5Gの不安要素

Googleが表示されているPC

性能がここまで優れているにもかかわらず、この順位であるのには理由があります。

それは、Mate 30 Pro 5GではGoogleが提供するアプリやサービスを利用できないからです。

スマホはアプリがあってこその電子機器。

米国からスパイ容疑がかけられているファーウェイが販売する本機種では、Googleが提供するアプリは利用できません。

一応、アプリのダウンロードは「Huawei AppGallery」からできますが、使い慣れている方でなければ難しいでしょう。

Mate 30 Pro 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
SIMフリー版141,680円--

フラッグシップモデルなので、価格はかなり高めです。

良い機種ではありますが、不安要素もあるので購入は厳しいところですね。

2019年夏モデルのスマホからあなたにピッタリの1台を選ぼう

男女

この記事では2019年夏モデルとして各キャリアから発売されるiPhone・Android搭載スマホをランキング形式で詳しくチェックしていきました。

どの機種を選べばいいのか迷った場合に簡単に選べるように、ユーザーごとやシーンごとにカテゴライズしました。

併せて今回チェックしたスマホを整理して振り返ってみましょう!

ユーザー別オススメスマホをチェック!

スマホチェック

まずはスマホの使い方別にどのスマホを選べばいいのかをチェックしていきます。

3Dゲームなどのスペックを求められる使い方をする人にオススメのスマホ
  • iPhone XS /XS Max
  • iPhone XR
  • Xperia 1
  • Galaxy S10/S10+
  • HUAWEI P30 Pro
  • AQUOS R3

高いスペックを求められる使い方をする場合はハイエンドスマホを選ぶ必要があります。
長く使いたい、価格は気にしない、という方ならば上記の中から選ぶと間違いありません。

2019年夏モデルの中ではSnapdragon 855を搭載していて、なおかつ6GB以上のRAMを搭載しているものを選ぶのがオススメです。

iPhoneに関してはRAMは非公開なので、どれを選んでも問題ないでしょう。

コストパフォーマンス重視の人にオススメのスマホ
  • arrows Be3
  • LG Style2

コストパフォーマンスを重視する人には上記がオススメです。

スマホ初心者にも安心しておすすめできるオススメのスマホ
  • iPhone XS /XS Max
  • iPhone XR
  • Xperia 1
  • Galaxy S10/S10+

独断と偏見でオススメするなら上記の4つ。

iPhoneが欲しいけどなるべく安いものがいい場合はiPhone XRを。

長く使う場合はハイスペックのものを押さえておいた方が良いでしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ