Stanttと今hotなオーダーメイドシャツ業界|海外記事PickUp

Stanttと今hotなオーダーメイドシャツ業界|海外記事PickUp

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Hello! Yukari Sugamaです。
今回は、前回取り上げたStanttについて、日本企業も含めた競合他社とあわせて見ていきたいと思います!

前回のおさらい

Stanttでは、特別なサイズシステムが特徴。

膨大なデータから20万を超える測定基準をつくって、75のサイズを作成。

また、価格面でも仲介を通さないので、安い値段で提供できる。

Stantt以外の他社で『オンラインで可・低価格・高品質』のオーダーシャツメーカーを調べてみました。

・オリジナルスティッチ(USA日本 *)
https://ja-jp.originalstitch.com/

Original_Stitch
*オリジナルスティッチさまより国内生産(長野)とご指摘がありましたので修正させていただきました。

・鎌倉シャツ(日本)
http://shop.shirt.co.jp/shop/pages/mtm.aspx

KAMAKURA

・チョイス(日本)
https://ct-choice.com/

CHOiCE

・ラファブリック
https://lafabric.jp/

LaFabric

この多くはテッククランチブリッジに掲載されるなど、特に昨年から、大きな市場の伸びが期待されています。

Stanttに至っては、Kickstarterで約180万円を目標に資金集めをした所、なんと約1400万円を超える資金も獲得したそう!

オーダーメイドシャツという正直、新規性があるとは言い難いビジネスモデルで、これだけ注目が集まるということは、既製品のサイズ感に多少なり不満があり、個人の身体にフィットする商品のニーズが高かったということでしょう。

ただしこの業界、既に多くの企業が進出している為、今やオーダーシャツ市場は群雄割拠の状態と言っても過言ではありません。

各社がどのようなサービスを提供しているのか、各社の違いについて4社を選んでまとめてみました。(2015年10月時点情報)

 Stanttオリジナルスティッチ鎌倉シャツチョイス
USA日本日本日本
実店舗有(アメリカ2店舗)有(最近SUIT SELECTと提携全国18店舗
品質◎ MADE IN JAPAN◎ MADE IN JAPAN
価格△(約1.2万~)○(8,500円~)△(1.2万~)◎(一律4980円)
素地の豊富さ
○(約200種類程度)○(230種類程度)?(おそらく選べない)

まとめ

既製品なら品質の良いシャツでも5000円から買える時代。(個人的には鎌倉シャツが好き)

もし私が男性だったら、オーダーの良さを実感できなければ、2倍の値段を出してオーダーシャツに挑戦することはなかなか無いかもしれません。

しかし、最近では返品を可能にする企業もあり、工夫が凝らされています。
近々初回無料という制度もできるかもしれませんね!

数ある企業の中から、お気に入りのメーカーが見つけるのも楽しいかもしれません。

個人的には、Stanttのサイトや店舗がとってもおしゃれなので、一度はアメリカの店舗に行ってみたいです!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

THEO+ docomoの評判|dポイントがたまるって本当?... THEOはAIを活用した資産運用サービスで、投資戦略の立案から実際の運用までを自動で行ってくれる投資一任運用サービスです。 そんなTHEOは忙しい毎日を送りながらも資産運用に参加できる手段として多くの人に注目されています。 そこ...
新iPad Proや新Macbook Air、新Mac miniが登場!アップル発表会を最速チェック... 10月30日の午後11時(日本時間)から、アップルのスペシャルイベントが開催されました。 このスペシャルイベントの会場はニューヨークの「Bam Howard Gilman Opera House」。 「Bam Howard Gi...
LINE Payカードの使い方|発行からチャージと決済の手数料まで解説... LINE Pay(ラインペイ)は、LINEが提供するモバイル送金・決済サービスです。 当初はLINE上でお金を送ったり、対応しているオンラインサービスで使えたりするものとして登場しました。 その後、「LINE Payカード」が発...
仕事でスマホを使うなら大画面iPhoneの方が見やすい!スクロールはない方がいい... トップ画像引用元:iPhone - Apple(日本) 持ちにくさを気にしないならPlusが断然おすすめ 画像引用元:iPhone 7 Plus 256GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ 28...