STAR WiFiの総評は?口コミと実際に使って分かった速度と使用感をレビュー

STAR WiFiの総評は?口コミと実際に使って分かった速度と使用感をレビュー

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

月額3,600円台と契約期間の縛りなしで大きな注目を集めている「STAR WiFi」。

しかも、1日・3日単位でのデータ使用制限もないなど、非常に豪華なサービス内容となっています。

しかし、ここまで優れていると、通信の安定性や速度などの「実際に使ってみなければわからない」部分への疑問も強くなりますよね。

そこで今回は、STAR WiFiを実際に使用し、通信の安定性や速度などをチェック。

STAR WiFiが「本当に使えるWi-Fi」であるのか検証してみました。

STAR WiFiの始め方は非常に簡単!

では、まずはSTAR WiFiから届いたものを見てみましょう。

STAR WiFiの内容物
  • Wi-Fiルーター本体
  • 充電用のUSBケーブル
  • Wi-Fiルーター用のソフトケース
  • Wi-Fiルーターの説明書

Wi-Fiルーターを使用する上で、必要最低限のものが入っています。

さっそくWi-Fiルーターに電源を入れてみたところ、電池が残りわずかでした。

そこでまずは、同梱のUSBケーブルでパソコンと接続して充電。

充電がある程度たまったところで、私のiPadと接続してみました。

SSIDとパスワードの確認・設定方法

接続に必要なSSIDとパスワードは、Wi-Fiルーターの裏面に貼られているシールに印刷されています。

あとはこれを接続したい端末に入力するだけ。

入力さえ間違えなければ、簡単に設定が完了します。

ここまで、開封してから10分ほどしか経っていません。

充電は継続中ですが、開封してすぐインターネットに接続できるというのは手軽でいいですね。

Wi-Fiの基本的な接続方法・使い方についてはこちらの記事を参照してください。

スマホ・パソコンを自宅でWiFiに接続する手順|パスワードはここ!

STAR WiFiの通信速度を実測!

Wi-Fiルーターサービスを利用する上で、最も重要なのは通信の安定性と速度です。

こればかりは使用してみないとわからないですよね。

そこで、以下の時間帯に分けてSTAR WiFiの通信速度を測定してみました。

測定した時間帯
  • 朝7時30分:通勤ラッシュ時
  • 朝10時30分:最も携帯回線が空いていると言われている時間帯
  • 昼12時30分:お昼休みの時間。最も携帯回線が混んでいるとされる時間帯でもある
  • 夕方6時:帰宅ラッシュ時
  • 夜10時:携帯回線はそれほど混んではいないが、光回線は速度が極端に下がる時間帯

測定方法は以下のとおり。

項目内容
測定で使用したアプリSpeedcheck Internet Speed Test
測定で使用した端末第6世代iPad
測定場所自宅のリビング
Wi-Fiルーターは
部屋の中央に置いて測定
測定方法上記5つの時間帯でそれぞれ
10回ずつ測定しその平均値を計算

まずは、測定結果を表で確認してみましょう。

時間帯通信速度
朝7時30分20.66Mbps
朝10時30分38.38Mbps
昼12時30分12.01Mbps
夕方6時24.08Mbps
夜10時33.03Mbps

朝7時台:通信速度は速く、安定性も高い

朝7時台の通信速度は20.66Mbpsでした。

最も通信速度が求められる動画視聴も快適に利用できる速度ですね。

測定後、Web閲覧やアプリゲーム、YouTube動画閲覧などを試しましたが、まったく問題なし。

さらに、iPadとiPhoneで動画を同時再生しても、途中で止まることなく最後まで快適に視聴することができました。

朝10時台:非常に快適

この時間帯は、通勤・通学ラッシュも終わり、仕事や勉強、家事などに打ち込んでいる時間帯です。

携帯電話でデータ通信をしている人が最も少ないと言われている時間帯でもあります。

そんな時間帯のSTAR WiFiの通信速度は、38.38Mbpsと非常に高速。

パソコンで4K動画も再生できるレベルです。

Web閲覧やアプリゲーム、動画視聴といろいろ試しましたが、どれも常に快適でした。

昼12時台:速度は低いが安定性は高い

最も携帯回線が混む時間帯である昼12時台。

回線が弱い格安SIMでは、通信速度が1Mbpsを下回ることも珍しくない時間帯です。

しかし、STAR WiFiの通信速度は12.01Mbpsというなかなか良い結果に。

さすがに他の時間帯よりは低いものの、この速度であれば動画視聴も快適です。

測定後、iPadで720p画質のYouTube動画を再生しましたが、画質の低下も起こらず、快適に視聴できました。

ただし、iPhoneとの同時動画再生では、一時的に画質が悪くなるなど、通信速度の不足が見られる結果に。

動画が途切れることはなかったものの、複数台で利用するのは難しい時間帯であると言えますね。

夕方6時台:通信速度、安定性ともに良好

携帯電話を利用する人が多い帰宅ラッシュの時間帯です。

通信速度は24.08Mbpsと、朝の通勤ラッシュ時とほぼ同じ結果になりました。

測定後のWeb閲覧や動画視聴も常に快適。

iPadとiPhoneによる、動画の同時再生も問題なく視聴できました。

夜10時台:携帯回線と同じく速度が速くなる

最後は、自宅で端末を利用することが多い夜10時台の測定です。

結果は33.03Mbpsと非常に快適。

2台同時の動画視聴もまったく問題ないレベルでした。

実は、この時間帯は光回線を利用する方が非常に多いため、携帯回線は比較的空いていると言われています。

STAR WiFiはソフトバンクの4G LTEを利用していますが、その特徴が見事に当てはまる結果となりましたね。

STAR WiFiを使うまでの利用申込に必要なものから初期設定方法

次の章でも引き続き、STAR WiFiの回線の性能について解説していきます。

STAR WiFiのLTE回線は安定性抜群!

STAR WiFiは、私にとって2台目のWi-Fiルーターです。

1台目はWiMAXを契約したのですが、残念ながら私の利用環境ではまともに通信できず、早々に解約してしまいました。

WiMAX解約までの経緯

WiMAXでは次の2種類の電波を利用することが可能です。

  • WiMAX専用の電波
  • 大手キャリアのLTE回線の電波

WiMAXは、基本的にWiMAX専用の電波で通信します。

しかし、この電波は大手キャリアのLTE回線に比べ、最大通信速度は速いものの、通信の安定性にちょっと難があるのです。

私が契約したWiMAXは、屋外では安定して30Mbpsの速度が出ていたのですが、屋内で利用すると、インターネットに接続することすら困難でした。

使い方などをいろいろと調べた結果、WiMAX専用の電波はLTE回線に比べ、障害物に弱いことが発覚。

とはいえ、屋内で利用する以上、必ず「家」という障害物を挟むことになりますし、基地局から家に辿り着くまでにも様々な障害が存在します。

いろいろ工夫してみたのですが、私の自宅の環境では、窓際に端末を置いてギリギリ通信できるレベルでした……。

しかも、Web閲覧にも困る通信速度しか出ない状態だったのです。

LTE回線に変更すれば問題なく通信できるのですが、WiMAXでは7GBまでしか利用できないため、泣く泣く解約する結果に。

今回、STAR WiFiの通信速度の検証は屋内で行いましたが、それはこのような経験があったためです。

すべての時間帯で安定していたSTAR WiFi

今回の速度調査において、STAR WiFiの通信速度はすべての時間帯で安定していました。

STAR WiFiが使っている電波は、ソフトバンクの4G LTE回線です。

つまり、ソフトバンクのスマホで利用している電波と同じ。

大手キャリアのLTE回線は格安SIMなどに比べると、通信速度と安定性が非常に高いことが知られています。

今回の速度調査も、それを裏付ける結果となりました。

日中帯を避ければ、複数端末での使用も問題なさそうです。

ちなみに、今回は屋内での速度調査結果を掲載しましたが、屋外で利用したときも、屋内利用と同程度の通信速度を出すことができました。

月に使えるデータ量は100GB・・?

こちらの画像をご覧ください。

この画面は、Wi-Fiルーターの電源を入れたときに表示されるものです。

画面中央部に、月に使ったデータ量がメーター表示されているのですが、100GBが上限となっていますよね。

しかし、STAR WiFiは月のデータ使用制限について、公式サイトで特に言及していません。

ところが、実際には「100~160GBの範囲で通信制限がかかった」というツイートや口コミが非常に多いのです。

STAR WiFiの通信制限によるツイートや口コミ
  • STAR WiFiをがっつり使いこんでみた。150GB以上使っても速度制限かからなかった
  • STAR WiFi遂に制限きたか。107GBかな
  • ついにSTAR WiFiで通信制限が来ました。129GBですね
  • STAR WiFi、こんな月の中旬で142GBで速度制限きました。
  • 130GBで速度制限

このように、各ユーザーで通信制限になってしまう容量がバラバラです。

そのため、はっきりとした上限値はわかりません。

しかし、この「100GB」を1つの目安として、月のデータ使用量を調整すると良いでしょう。

STAR WiFiのサイズ感と連続使用時間

STAR WiFiのWi-Fiルーターのサイズと重さは以下のとおりです。

Wi-Fiルータのサイズと重さ
  • サイズ:約幅109.9×高さ65.1×厚さ15.5mm
  • 重さ:約135g

私が持っているiPhone 7 plusや第6世代iPadと比べても、かなりコンパクトであることがわかります。

重量もスマホより軽いので、ポケットに入れて持ち運ぶことも可能です。

ソフトケースも付いているため、外出時の汚れなども気になりませんね。

STAR WiFiは通信の安定性に優れている!

今回はSTAR WiFiの通信速度と、実際の使用感について解説しました。

STAR WiFiの通信速度と使用感まとめ
  • STAR WiFiはどの時間帯でも通信が安定性している。昼の12時台以外は、通信速度が非常に高め
  • 最も携帯回線が混むと言われている昼12時台は、通信速度も下がる傾向にある。端末の単体使用は問題ないが、複数使用は難しい
  • 月に使用できるデータ量については、公式サイトでの言及はない。しかし、ユーザーによるツイートを見る限り、100~160GBで制限がかかる恐れも
  • Wi-Fiルーターはスマホよりも小さくて軽い。ポケットに入れて持ち運びできるくらいにコンパクト

STAR WiFiを実際に利用して、いろいろなことを試しましたが、Web閲覧やアプリゲーム、動画視聴などは、いずれも非常に快適でした。

お昼の時間帯にはやや不安が残るものの、端末を単体で使用している分には問題なし。

屋内でも屋外と同じように通信できるので、非常に使い勝手が良かったです。

この通信性能で、「月額3,600円台+契約期間の縛りなし+1日・3日単位のデータ使用制限なし」ですから、STAR WiFiは非常におすすめできるモバイルWi-Fiルーターと言えます。

STAR WiFiの全てを徹底解説|容量無制限と契約縛り無しの実態とは

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ