ドコモの中学生・高校生スマホおすすめランキング2022|iPhone/Android

  • 2022年3月4日
  • by.a-sato

ドコモの中学生・高校生スマホおすすめランキング
 

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得です!

新生活に備えて中学生や高校生の子どもにスマホを購入しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhoneやXperiaなどドコモで中学生・高校生におすすめなスマホ10機種をランキング形式で紹介します。

それぞれのスマホの特徴や価格について解説するので、スマホの購入を考えている人は是非参考にしてください。

中学生・高校生におすすめなドコモスマホランキング
  • 1位:iPhone 13
  • 2位:AQUOS sense6 SH-54B
  • 3位:Xperia 5 Ⅲ SO-53B
  • 4位:iPhone 12
  • 5位:iPhone 12 mini
  • 6位:iPhone SE(第2世代)
  • 7位:iPhone 12 Pro
  • 8位:arrows We F-51B
  • 9位:Galaxy A52 5G SC-53B
  • 10位:Xperia 10 Ⅲ SO-52B

※本記事中の価格は全て総額表示

中学生・高校生のスマホ選びのポイント

スマホを持っている学生

まず、中学生・高校生のスマホ選びのポイントについて解説していきます。

中学生・高校生のスマホ選びのポイント
  • 価格は適切なのか
  • 長く使えるスペックであるかどうか
  • 耐久性や防水性能は充分備わっているのか
  • 5Gはまだそこまで重視する必要はない

子どもにスマホを持たせる上で1番気になるのはコストではないでしょうか。

安ければ安い方がもちろん良いですが、安くても性能が悪くてすぐに買い替えてしまうとコストを抑えた意味がありません。

コストを重視しつつ、長く使えるスペックであるかどうかという点も重視するべきでしょう。

大体のスマホの寿命は2年といわれているので、2年を目安に考えることをおすすめします。

また、高校生などは学校に持っていくことを考慮して落としたり濡れても壊れにくい機種を選ぶと良いでしょう。

もちろん大切に使うことが前提ではありますが、故障もなく長持ちできるスマホの方が良いですよね。

今も既に5G対応スマホがたくさん販売されていますが、5Gが4Gのように広いエリアで使えるようになるまでは、あと数年はかかります。

そのため、今5Gスマホにこだわる必要もないでしょう。

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
6月スタートの大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得に使えちゃいます!

ドコモの中学生・高校生おすすめスマホランキング

次に、中学生・高校生におすすめなドコモのスマホを10機種ピックアップしました。

ランキング形式でそれぞれのスマホの特徴や価格について触れていくので、是非チェックしてください。

\画像を押して詳細をチェック/
順位機種名割引価格特徴
1位iPhone 13
iPhone 13
49,612円~A15 Bionicチップ搭載の最新iPhone
2位AQUOS sense6
AQUOS sense6
36,559円~リーズナブルで充電の持ちの良さが魅力
3位Xperia 5 Ⅲ
Xperia 5 III
62,856円~写真も音楽も思いのままに使えるハイスペックモデル
4位iPhone 12 mini
iPhone 12 mini
45,257円~5G対応の
定番iPhone
5位iPhone 12 mini
iPhone 12 mini
40,814円~子どもも持ちやすい小型iPhone
6位iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第2世代)
30,016円~コスパ最強の
4GiPhone
7位iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro
86,064円~カメラ性能抜群な
5GiPhone
8位arrows We
arrows We F-51B
21,450円丸洗いやアルコール除菌が可能
9位Galaxy A52
Galaxy a52
39,600円~5万円台でありながらクアッドカメラつき
10位Xperia 10 Ⅲ
Xperia 10 III カラーバリエーション
51,480円3年持ちのバッテリーとハイレゾ対応

上記価格は、新規契約において適用できる全ての割引を適用した場合の最低価格です。

契約種別や条件などによって機種代金が変動する可能性もあるので、予めご了承ください。

1位:iPhone 13

iPhone 13

iPhone 13は2021年9月に発売された最新のiPhoneです。

iPhone 13
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ173 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
グリーン
詳細iPhone 13の実機レビュー

これまでのチップよりCPU・GPUの処理速度が格段にアップし、電力効率も向上したA13 Bionicチップが搭載されており、これまでのどのiPhoneよりも高性能な仕様となっています。

iPhone 11やiPhone 12と同じスタンダードモデルでありながら最小容量が128GBと、本体容量も大幅にアップしました。

カラーバリエーションは新色のピンクをはじめとする5色となっており、鮮やかなバリエーションとなっているため、少し個性的なカラーのスマホが欲しい人にもおすすめです。

iPhone 13の価格

iPhone 13の価格は下記の通りです。

機種容量本体価格いつでもカエドキプログラム
適用後
iPhone 1364GB101,376円49,612円
128GB109,296円55,389円
256GB123,552円74,303円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る

iPhone 13では、「いつでもカエドキプログラム」が適用できます。

いつでもカエドキプログラムとは、1回~23回の支払い中は通常よりも安い分割支払金を払い、24回目に残りの残債を全て支払うという仕組みです。

24回目の支払いまでに使っていたスマホをドコモに返却し、査定にクリアすることで24回目の残債の支払いが免除となります。

上記割引適用後の価格は、23回目までに返却した場合の負担金だと思ってください。

iPhone 13のポイント
  • 2021年9月発売の最新iPhone
  • 超高性能A15 Bionicチップ搭載
  • 本体容量は最小128GB
  • カラーバリエーションは新色ピンクを含む5色

▲一覧に戻る

2位:AQUOS sense6 SH-54B

AQUOS sense6

画像引用元:AQUOS sense6 SH-54B

AQUOS sense6 SH-54Bは、2021年11月に発売された人気のAQUOSシリーズ最新機種です。

AQUOS sense6
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:約152mm
幅:約70mm
厚さ:約7.9mm
重さ約156g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
広角:約800万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8/IP6X
カラーライトカッパー・シルバー・ブラック・ブルーメタリック※
詳細AQUOS sense6 実機レビュー

※ブルーメタリックはドコモオンラインショップ限定カラー

高画質・省エネに定評のあるIGZOディスプレイに4,570mAhの大容量バッテリーが搭載されているため、長時間電池切れを気にすることなく利用することができます。

ディスプレイサイズは6.1インチと大きく、10億色の階調表現が可能なIGZOディスプレイでゲームも動画も思いのままに楽しむことができるでしょう。

ナイトモードに対応したトリプルカメラも搭載されているので、写真も綺麗に撮ることができます。

AQUOS sense6 SH-54Bの価格

AQUOS sense6の価格は下記の通りです。

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ57,024円39,864円ドコモ公式ショップ

※ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、楽天モバイルはポイント還元適用時

AQUOS sense6もいつでもカエドキプログラムを適用することができ、適用した場合は3万台での購入が可能です。

コストを抑えたい人にもぴったりですね。

AQUOS sense6のポイント
  • 大容量バッテリーとIGZOディスプレイ搭載
  • 長時間充電なしでの利用が可能
  • 10億色階調表現が可能な高画質ディスプレイ
  • ナイトモード対応のトリプルカメラ

▲一覧に戻る

3位:Xperia 5 Ⅲ SO-53B

Xperia 5 III

画像引用元:Xperia 5 III SO-53B

Xperia 5 Ⅲ SO-53Bは、2021年11月に発売されたXperiaの最新モデルです。

Xperia 5 IIIのスペック
SoCSnapdragon 888 5G
OSAndroid 11
5G対応
内蔵RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量4,500mAh
本体サイズ/
重量
157x68x8.2(mm)/
168g
メインカメラ構成1220万画素×3
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素カメラF値2.0
ハイレゾオーディオ対応
PS4リモートプレイ対応
イヤホンジャック有り
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM
カラーフロストブラック、フロストシルバー、グリーン、ピンク
詳細Xperia 5 IIIのレビュー

高性能なプロセッサと大容量メモリ(RAM)が搭載されたハイエンドモデルであり、現在発売されているAndroidスマホの中でもトップを争うレベルの高性能な機種です。

3年間使える劣化しにくい大容量バッテリーも搭載されているので、3年間はバッテリーの劣化や充電の消耗を気にすることなく使えるでしょう。

カメラには2つの焦点に切り替えられる望遠カメラが搭載されており、計4つの焦点距離からの撮影が可能です。

プロのカメラマンにも人気の「ZEISS」のレンズなので、本格的な写真をスマホで撮りたい人にもおすすめです。

さらに音質にも定評があり、通常音質の音楽をハイレゾ相当にアップスケーリングすることも可能です。

Xperia 5 Ⅲ SO-53Bの価格

Xperia 5 Ⅲの価格は下記の通りです。

ドコモ一括価格分割価格
通常価格113,256円4,719円×24回
いつでもカエドキプログラム
適用時
68,376円2,972円×23回
24回目:44,880円

トップクラスのハイエンドモデルということもあり、定価はかなり高額です。

いつでもカエドキプログラムを使えば6万円台に抑えることができるので、機種の回収や査定に抵抗がない人は是非利用することをおすすめします。

Xperia 5 Ⅲのポイント
  • 高性能CPUと大容量メモリ搭載のハイエンドモデル
  • 3年間は劣化しにくい大容量バッテリー搭載
  • 2つの焦点距離から撮影できる望遠レンズ搭載
  • 通常音源をハイレゾ相当にアップスケーリング可能

▲一覧に戻る

4位:iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12は2020年10月に発売されたiPhoneです。

iPhone12の評価
コスパ★★★★☆
カメラ性能★★★★☆
バッテリー容量★★★☆☆
処理性能★★★★☆
総合評価4.0 / 5.0

iPhoneで初めて5Gに対応した機種ということで、今発売されているiPhoneの中で最も性能が高いシリーズです。

ドコモでは現在、高性能ならiPhone 12シリーズ、価格重視ならiPhone SE(第2世代)を購入するようになっており、iPhone 11以前の機種の取り扱いはありません。

6.1インチの大画面に5Gの大容量・高速通信に対応できるA14 Bionicチップが搭載されており、CPU・GPU共に処理速度はこれまでのiPhoneと比べても格段にアップしています。

夜景など光量の少ない場所でも明るい写真が撮影できるデュアルカメラも搭載されており、カメラ性能もパワーアップしました。

カラーバリエーションも豊富なので、好きな色を選ぶことができます。

iPhone 12の価格

iPhone 12の価格は下記の通りです。

機種容量本体価格スマホおかえしプログラム
適用後
iPhone 1264GB101,376円67,584円
128GB109,296円72,864円
256GB123,552円82,368円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る

スマホおかえしプログラムは36回の分割で契約し、25ヶ月目以降に機種変更することで最大12回分の機種代金の支払いが免除となります。

機種の回収が条件となるので注意してください。

iPhone 12のポイント
  • 6.1インチの大画面ディスプレイ
  • iPhone初の5G対応モデル
  • CPU・GPUの処理速度が格段にアップしたA14 Bionicチップ
  • 夜景も綺麗に撮れるデュアルカメラ
  • 鮮やかな5色のカラーバリエーション

▲一覧に戻る

5位:iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniは2020年10月に発売されたiPhone 12の廉価モデルです。

iPhone 12 miniの評価
コスパ★★★★★
カメラ性能★★★★☆
バッテリー容量★★★☆☆
処理性能★★★★☆
総合評価4.0 / 5.0

廉価モデルといっても異なる点は画面サイズくらいで、中身はほぼ変わりません。

よりコンパクトなサイズなので、片手で扱いやすい・落としにくいサイズ感のスマホが欲しい人にもぴったりです。

また、iPhone 12シリーズの中では1番安価なので、なるべくコストを抑えたい人にもおすすめです。

iPhone 12 miniの価格

iPhone 12 miniの価格は下記の通りです。

機種容量本体価格スマホおかえしプログラム
適用後
iPhone 12 mini64GB87,912円58,608円
128GB95,832円63,888円
256GB110,088円73,392円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る

iPhone 12と同様にスマホおかえしプログラムの対象です。

iPhone 12とiPhone 12 miniの違い
  • 5.4インチのコンパクトサイズ
  • 中身はほぼiPhone 12と同じ
  • 価格はiPhone 12よりも安い

▲一覧に戻る

6位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)は、2020年5月に発売されたリーズナブルなモデルです。

iPhone SE(第2世代)の評価
コスパ★★★★★
カメラ性能★★★☆☆
バッテリー容量★★★★☆
処理性能★★★★☆
総合評価4.0 / 5.0

他のiPhoneと比べてもかなり価格が安いですが、中身は前モデルのiPhone 11と同じA13 Bionicチップが搭載されているので、性能面は申し分ありません。

サイズ感はiPhone 8と同じなので、以前使ったことがある人はイメージがつきやすいと思われます。

ホームボタンで指紋認証ができるので、マスク生活でも快適ですね。

iPhone SE(第2世代)の価格

iPhone SE(第2世代)の価格は下記の通りです。

機種容量本体価格端末購入割引
適用後価格
スマホおかえしプログラム
適用後
iPhone SE(第2世代)64GB57,024円46,024円30,688円
128GB62,568円51,568円34,384円
256GB購入不可
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る

スマホおかえしプログラム・端末購入割引の両方が適用できるので、最安価格は3万円台と現在販売されているiPhoneの中では1番安いです。

iPhone SE(第2世代)のポイント
  • 4.7インチのホームボタンつきiPhone
  • サイズ感はiPhone 8と同じ
  • 中身はiPhone 11と同じ
  • ポートレートモードが使えるカメラ

▲一覧に戻る

7位:iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Proは2020年10月に発売されたiPhone 12シリーズの上位モデルです。

iPhone 12 Proの評価
コスパ★★★★☆
カメラ性能★★★★☆
バッテリー容量★★★★☆
処理性能★★★★☆
総合評価4.0 / 5.0

iPhone 12とサイズや搭載されているチップは変わりませんが、画質が変わらない光学ズームレンジが5倍など、カメラ性能が向上しています。

iPhone 12の上位モデルということで価格も若干高くなっています。

iPhone 12 Proの価格

iPhone 12 Proの価格は下記の通りです。

機種容量本体価格スマホおかえしプログラム
適用後
iPhone 12 Pro128GB129,096円86,064円
256GB142,560円95,040円
512GB169,488円112,992円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る

スマホおかえしプログラムの対象となっています。

iPhone 12とiPhone 12 Proの違い
  • 画質が変わらない光学ズームレンジが5倍
  • カラーバリエーションはシックで上品な4色

▲一覧に戻る

8位:arrows We F-51B

arrows We

画像引用元:arrows We F-51B

arrows We F-51Bは、2021年12月に発売されたAndroidスマホです。

arrows We
画面サイズ約5.7インチ
本体サイズ高さ:約147mm
幅: 約71mm
厚さ: 約9.4mm
重さ約172g
アウトカメラ約1,310万画素
約190万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー4,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 480 5G
認証指紋
防水IPX5/8
カラーホワイト/ネイビー/パープル/レッド(オンライン限定)

今回紹介する機種の中では特にリーズナブルな価格で利用できるスマホである一方で、スペックも他の機種と比べてやや控えめである印象です。

そのため、スペック重視の人には不向きといえるでしょう。

ただし、丸洗いできるスマホと定評があり、アルコール除菌シートで拭き取ることも可能なので、スマホを常に清潔に保つことができます。

シンプルモードと呼ばれる、初心者向けのわかりやすいホーム画面もあるので、初めてスマホを使う学生さんにも向いているかもしれませんね。

arrows We F-51Bの価格

arrows Weの価格は下記の通りです。

項目MNP新規・機種変更
一括価格5,500円22,000円
36回払い152円×36回
(初回のみ180円)
611円×36回
(初回のみ615円)
詳細ドコモオンラインショップ

arrows Weは元々の機種代金が非常に安いので、いつでもカエドキプログラムの対象ではありません。

乗り換えになると5G WELCOME割が適用できるので、5,000円以下で購入することが可能です。

スマホ購入のコストを最大限に抑えたい人に向いているでしょう。

arrows Weのポイント
  • 2万円台で購入できるリーズナブルなスマホ
  • 丸洗い・アルコール除菌シートで拭き取り可
  • スペックはやや控えめ
  • 初心者向けのシンプルモード搭載

▲一覧に戻る

9位:Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy a52

画像引用元:Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy A52 5G SC-53Bは、2021年6月に発売されたGalaxyのミドルレンジモデルです。

スペックは下記の通りです。

Galaxy A52 5G
画面サイズ約6.5インチ
本体サイズ高さ:160mm
幅:75mm
厚さ:8.4mm
重さ188g
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:1,200万画素
マクロ: 500万画素
深度測位:500万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,500mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 750G
OSAndroid 11
認証顔・指紋
防水IPX5/8
カラーオーサムバイオレット
オーサムホワイト
オーサムブラック
詳細Galaxy A52 5Gの実機レビュー

価格は5万台と通常のハイエンドモデルのGalaxyスマホと比べるとかなり安価です。

一方で、5万円台のスマホでありながらマクロ・超広角・広角・ポートレートの4つのカメラが搭載されており、幅広い撮影シーンで活躍します。

夜景にも対応しているのが嬉しいポイントですね。

バッテリー容量は4,500mAhと多く、急速充電にも対応しています。充電する時間があまり取れない時にも便利です。

Galaxy A52 5G SC-53Bの価格

Galaxy A52 5Gの価格は下記の通りです。

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ59,400円39,600円ドコモ公式ショップ

※スマホおかえしプログラム適用時の場合

Galaxy A52 5Gはスマホおかえしプログラムに対応しています。iPhone 12シリーズと同じですね。

スマホおかえしプログラムを適用すると、実質負担額は39,600円に抑えられます。

Galaxy A52 5Gのポイント
  • マクロ・超広角・広角・ポートレートのクアッドカメラ
  • 急速充電対応の4,500mAhの大容量バッテリー
  • 5万円台で購入できるGalaxyのミドルレンジモデル
  • スマホおかえしプログラム適用で3万円台に抑えることが可能

▲一覧に戻る

10位:Xperia 10 Ⅲ SO-52B

Xperia 10 III カラーバリエーション

画像引用元:Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)| 仕様(スペック)| Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 10 Ⅲは2021年6月に発売されたXperiaのミドルレンジモデルです。

Xperia 1や5などのハイエンドモデルの廉価版であり、Xperia 1・5程のスペックが不要な人・コストを抑えたい人に人気があります。

Xperia 10 III
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:154mm
幅:68mm
厚さ:8.3mm
重さ169g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUQualcomm
Snapdragon 690
OSAndroid 11
バッテリー4,500mAh
認証指紋認証
カラーブラック、ホワイト、
ブルー、ピンク、
イエロー(ドコモ限定)
詳細Xperia 10 IIIのレビュー

3年持ちの大容量バッテリーが搭載されているなど、Xperia 5 Ⅲとの共通点はいくつかあります。

21:9の縦長ディスプレイは映画館のスクリーンと同じ画面比率であり、スマホで映画を観る時にもより迫力のある映像を楽しめるでしょう。

Xperia 5 Ⅲと同じくハイレゾ音源に対応しており、ストリーミングサービスなどの音楽をハイレゾ相当の音質で聴くことも可能です。

幅広いシーンで活躍するトリプルカメラや防水防塵対応など、よほど高いスペックを求めないのであれば充分快適に使えます。

Xperia 10 Ⅲ SO-52Bの価格

Xperia 10 Ⅲの価格は下記の通りです。

キャリア機種代金割引適用時
ドコモ51,480円なし

Xperia 10 Ⅲもいつでもカエドキプログラム・スマホおかえしプログラムには対応していません。

ただ、Xperia 5 Ⅲの定価を考えるとかなりリーズナブルな価格で購入できることがわかります。

Xperia 10 Ⅲのポイント
  • Xperia 1や5シリーズの廉価モデル
  • 3年持ちの大容量バッテリー
  • 映画館のスクリーンと同じ画面比率のディスプレイ
  • ストリーミングサービスの音楽をハイレゾ相当で聴ける

▲一覧に戻る

【2022年】ドコモの学割プラン

U30ロング割

画像引用元:U30ロング割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

次に、2022年現在利用できるドコモの学割について見ていきましょう。

ドコモでは現在、「U30ロング割」という割引キャンペーンを行っています。

具体的に言うと学割ではありませんが、年齢制限のある割引キャンペーンなので紹介します。

概要は下記の通りです。

U30ロング学割
  • 30歳以下が対象
  • 5Gギガホ プレミア加入が条件
  • 加入から最大6ヶ月間は3,839円割引
  • 7ヶ月目から30歳になるまで毎月550円の割引

データ無制限の5Gギガホ プレミアの料金が30歳になるまで割引されます。

最初の6ヶ月間は3,839円割引されるので、みんなドコモ割や光セット割などと併用すると6ヶ月間最安990円で利用することができます!

終了日は未定となっており、これまでの学割のように5月までしか利用できないという制限もありません。

U15はじめてスマホ割

月額1,815円で毎月5GB・5分間のかけ放題が使える15歳以下のスマホデビューにぴったりな「U15はじめてスマホプラン」。

こちらも12ヶ月間550円割引され、最安1,078円で使える「U15はじめてスマホ割」が利用できます。

このプランは元々15歳以下を対象としたプランなので、15歳以上の人は利用できません。

また、15歳を過ぎた後も19歳の誕生日まで5GBのデータ容量と5分間の通話かけ放題が利用できます。

ドコモの制限・フィルタリングサービス

画像引用元:あんしんフィルター for docomo | サービス・機能 | NTTドコモ名

原則18歳未満が携帯電話を使用する際に悪質なサイト等の閲覧を制限するフィルタリングサービスの利用が義務付けられており、ドコモではこの対象を20歳未満の契約者・18歳未満の利用者としています。

親権者の同意があれば外すことも可能ですが、ネット犯罪が多様化している今、中学生・高校生が使用するスマホにフィルタリングサービスはつけておくべきだといえます。

この章では、ドコモのフィルタリングサービスの内容について解説していきます。

ドコモのフィルタリングサービス

ドコモのiPhoneとAndroidスマホで使えるフィルタリングサービスには、「あんしんフィルター for docomo」と「あんしんウェブフィルター」の2種類があります。

利用できる機能は下記の通りです。

ドコモのフィルタリングサービスの主な機能
  • 出会い系サイトなどの有害・不適切なサイトからスマホを守る
  • 専用アプリからインターネットを利用することで有害サイトから守ることができる
  • 保護者アカウントを設定して保護者のスマホやパソコンから子どものスマホの設定を行う
  • 利用状況に合わせて保護者が自由にカスタマイズできる※あんしんフィルター for docomoはAndroidスマホのみ
  • スマホが使えない時間や曜日を設定することができる

基本的にどちらも機能は同じですが、「あんしんフィルター for docomo」は子どもの学齢に合わせて制限レベルを変えることができるので非常に便利です。

ドコモの学割とフィルタリングサービス
  • 22歳になるまでずっとお得な割引が適用される「ドコモのロング学割」
  • ドコモのロング学割の受付終了は2021年5月31日
  • 20歳未満の契約者・18歳未満の利用者にはフィルタリングサービスの利用が義務付けられている
  • フィルタリングサービスでは不適切なサイトからスマホを守る・使いすぎを防ぐ設定が可能

中高生用のスマホはコスパとスペックを重視するべき!

ドコモショップ実店舗

最後に、中学生・高校生におすすめなドコモスマホランキングについてまとめます。

中学生・高校生におすすめなドコモスマホランキング
  • 1位:iPhone 13
  • 2位:AQUOS sense6 SH-54B
  • 3位:Xperia 5 Ⅲ SO-53B
  • 4位:iPhone 12
  • 5位:iPhone 12 mini
  • 6位:iPhone SE(第2世代)
  • 7位:iPhone 12 Pro
  • 8位:arrows We F-51B
  • 9位:Galaxy A52 5G SC-53B
  • 10位:Xperia 10 Ⅲ SO-52B

中学生・高校生のスマホを選ぶ時には価格ばかりではなく、長く使えるスペックかどうかも考慮するべきです。

また、20歳未満の契約者・18歳未満の利用者にはフィルタリングサービスの利用が義務付けられているので、ネット犯罪から子どもを守るためにも、是非フィルタリングサービスをつけることをおすすめします。

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得です!

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカードゴールド
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイントです。
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。
ドコモ公式サイトを見る