【3万円以下】安いスマホおすすめ7選|価格で選ぶコスパ最強機種はこれ!

  • 2021年10月30日
  • by.affiprecious

iPhone 13のピンク

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2020年頃から、大きな注目を集めているミドルスペックスマホ。

処理能力が高いCPUはゲームとカメラ機能には大きく寄与するものの、その他の機能にはあまり関係ありません。

つまり、ゲームやカメラにこだわらない場合は、価格が安くて機能が豊富なミドルスペックがベストな選択肢となります。

そこで本記事では、3万円以下で購入できるおすすめのスマホを7機種ご紹介。

この価格帯はコスパ抜群のスマホが満載です。スマホにそこまでお金をかけたくない方にとっては、要注目の価格帯ですよ。

3万円以下で購入できるスマホまとめ
  • Galaxy A32 5G
    ミドルスペックのなかでも非常に優れたコスパを持つ
  • AQUOS sense5G
    大容量バッテリーと省エネ性能で電池持ち○
  • OPPO A54 5G
    エントリークラスでは非常に優れた性能を持っているスマホ
  • Mi 10 Lite 5G
    ハードウェアは非常に豪華だが、機能がイマイチ
  • Galaxy A41
    3眼カメラを搭載し、大容量バッテリーと急速充電にも対応
  • Xperia Ace II
    5.5インチのコンパクトスマホで価格が安い
  • arrows Be4 Plus
    耐久性に非常に優れたスマホ

安いスマホを選ぶときのポイント

iPhone 13とiPhone 13 mini
ハイスペックスマホは価格が高い分、大抵何でもできます。

逆に、安いスマホは価格を減らすために何かしらの要素を削っているため、購入するときは慎重に選びたいものです。

そこで、ここからは安いスマホを選ぶ時のポイントについて解説していきます。

安いスマホを選ぶ時のポイント
  • 自分が使いたい機能があるか確認
  • カメラの性能
  • スマホのCPUをしっかりチェック

自分が使いたい機能があるか確認

キャリアの割引を利用して価格が3万円以下となると、ミドルスペックスマホが主流となります。

ミドルスペックスマホは、機能の豊富さが売りの機種。

処理能力こそハイスペックスマホには敵わないものの、できる事はそれほど変わらず、しかもかなり安いというのがミドルスペックスマホの特徴です。

ここで重要なのは、自分が使いたい機能がスマホに搭載されているかということ。

ミドルスペックスマホは多機能ではありますが、主要な機能をすべて網羅している機種はごくわずかです。

カメラや防水・防塵は完璧なのに、おサイフケータイがないなど、あと1歩足りない事がよくあります。

購入してからそのことに気が付いてもどうしようもありません。購入前に、スマホの機能は必ずチェックしましょう。

カメラの性能

もはやスマホの中心機能の1つと言えるカメラ機能。

ハイスペックスマホならば、画質が良いことも含め、大体の事はできて当たり前という風潮があります。

しかし、価格で劣るミドルスペックスマホはその限りではありません。

仕様をよく確認せずに購入してしまうと、子供の運動会を撮影するために買い替えたのに望遠レンズがなかったなど、悲しいトラブルが起きかねないので気を付けてください。

特に、写真や動画をよく撮る方は、購入前にカメラの機能は必ず確認しておきましょう。

スマホのCPUをチェック!

上記の2点を確認し、それでもまだ候補が絞りきれない場合は、スマホのCPUをチェックしてください。

ミドルスペックスマホはCPUが弱いとよく言われますが、最近はその傾向が薄まってきました。

スマホのCPUの質は、処理性能の高さを左右します。つまり、スマホの使い勝手に直結する重要な要素です。

もちろんハイスペックスマホほどの処理性能は期待できませんが、少しでも快適にスマホを使うためにも、処理性能が優れている機種を選びましょう。

【3万円以下】安いスマホおすすめ7選

では、3万円以下で購入できる7つのおすすめスマホを見ていきましょう。

3万円以下で購入できるおすすめスマホ

Galaxy A32 5G

Galaxy A32 5G

画像引用元:Galaxy A32 5G(ギャラクシー エーサーティーツー ファイブジー)SCG08 | スマートフォン(Android スマホ) | au

まずご紹介するのはGalaxy A32 5Gです。2021年2月に発売されました。

非常にコスパに優れた機種です。

Galaxy A32 5Gの特徴
  • 5G対応
  • カメラは広角・超広角・マクロ・深度測位の4眼
  • 大容量バッテリーを搭載し、急速充電にも対応
  • 6.5インチの大型ディスプレイ

Galaxy A32 5Gのスペック

Galaxy A32 5G
ディスプレイ約6.5インチ
本体サイズ高さ:164 mm
幅:76 mm
厚さ:9.1 mm
重さ約209g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約500万画素
深度:約200万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Dimensity 720
OSAndroid 11
認証指紋・顔
カラーオーサムホワイト/ブラック/ブルー
詳細Galaxy A32 5G SCG08レビュー

Galaxy A32 5Gの本体価格は3万円台ですが、割引を利用すれば2万円台で購入できます。

非常に安いスマホではありますが、カメラは広角・超広角・マクロ・深度測位の4眼構成。

様々な被写体に対応でき、ポートレート写真も綺麗に撮れます。

処理性能は価格相応ですが、電力消費が少ないため、電池もちは良好。バッテリーは5,000mAhの大容量で、15Wの急速充電にも対応しています。

認証方法は、嬉しい顔・指紋両対応。防水・防塵・おサイフケータイにもしっかり対応しています。

多くの機能を搭載した、普段使いに最適のスマホです。

Galaxy A32 5Gの本体価格

項目機種代金割引適用時
au31,190円25,070円※
購入au公式ショップ

Galaxy A32 5Gは割引なしでも3万円台と非常に安いスマホです。

auのスマホトクするプログラムを利用すれば2万円台になりますが、利用せずとも手が届きやすい価格ですね。

AQUOS sense5G

AQUOS sense5G

画像引用元:AQUOS sense5G(アクオス センスファイブジー)SHG03 | スマートフォン(Android スマホ)| au

次にご紹介するのは、AQUOSシリーズのスマホ「AQUOS sense5G」です。2021年2月に発売されました。

「5G対応の必要十分な性能を持つスマホ」として非常に人気のある機種です。

AQUOS sense5Gの特徴
  • 5G対応
  • 標準・広角・望遠のトリプルカメラ
  • 大容量バッテリーと省エネ機能搭載で電池持ちに優れている

AQUOS sense5Gのスペック

AQUOS sense 5G
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ178g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーライトカッパー・
オリーブシルバー・ブラック
詳細AQUOS sense5Gの実機レビュー

AQUOS sense5Gのディスプレイサイズは5.8インチと少々小さめ。

その分、重さは178gと軽く、持ち運びしやすいスマホです。

AQUOSシリーズの特色であるIGZO液晶ディスプレイを搭載。消費電力が少なく、電池持ちは優秀です。

バッテリーは4,570mAhの大容量。

認証機能は顔・指紋両方に対応しています。

さらに、カメラは標準・広角・望遠の3眼を搭載。

望遠レンズが使えるのは、この価格帯では珍しいことです。子供の発表会や運動会など、ちょっと離れた場所を高画質で撮影したいときに重宝します。

AQUOS sense5Gの本体価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク52,600円26,280円ソフトバンク公式ショップ

4キャリアで取り扱っています。さすが人気のAQUOSシリーズですね。

価格は約4万円ですが、各キャリアの割引を適用すれば3万円以下で購入できます。

OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

画像引用元:OPPO A54 5G(オッポ エーゴジュウヨン ファイブジー)OPG02 | スマートフォン(Android スマホ) | au

OPPO A54 5Gは2021年5月に発売された5G対応スマホです。

エントリークラス並みの価格ですが、5Gに対応しています。非常に良コスパなスマホです。

OPPO A54 5Gの特徴
  • 5G対応
  • 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、18Wの急速充電にも対応。
  • エントリークラスながらカメラは4眼構成。
  • 6.5インチの大型ディスプレイにくわえ、リフレッシュレートは通常の1.5倍

OPPO A54 5Gのスペック

OPPO A54 5G OPG02のスペック
サイズ高さ:163mm
幅:75mm
厚さ:8.4mm
重量約190g
バッテリー容量5,000mAh
外部メモリ
推奨最大容量
256GB microSDXC™
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
ディスプレイTFT-LCD
約6.5インチ
2,400×1,080
CPUSnapdragon™ 480 5G Mobile Platform
2.0GHz/2+1.8GHz/6
生体認証指紋/顔
メインカメラ
(4眼)
約4,800万画素
約800万画素
約200万画素
約200万画素
サブカメラ約1,600万画素
詳細OPPO A54 5Gのレビュー

エントリーモデルとしては標準的なクラスのCPUが搭載されているため、処理性能はそれほど高くありません。

しかし、ディスプレイは6.5インチと大きく、リフレッシュレートは通常の1.5倍です。動画が滑らかに表示されます。

また、バッテリーは5,000mAhと大容量で、18Wの急速充電にも対応。電池持ちも充電時間も非常に優秀です。

さらに、カメラ構成はハイスペック並の4眼構成で、様々な被写体に対応してくれます。

認証方法は顔・指紋両方に対応。非常に使い勝手の良い1台です。

OPPO A54 5Gの本体価格

キャリア本体価格割引適用時予約・詳細
au28,765円22,885円au公式サイトauオンラインショップ
UQモバイル7,920円~---UQモバイルオンラインショップ
BIGLOBE9,680円~---BIGLOBEモバイルBIGLOBEモバイル公式サイト

auでは割引なしで3万円以下です。

なお、格安SIMではより安く購入できる可能性があるため、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

Mi 10 Lite 5G

Mi10Lite

画像引用元:Mi 10 Lite 5G(ミー テン ライト ファイブジー)XIG01 | スマートフォン(Android スマホ)| au

Mi 10 Lite 5Gは、2020年9月に発売されたスマホです。

3万円以下のスマホとしては豪華なハードウェアを搭載しています。

Mi 10 Lite 5Gの特徴
  • 5G対応
  • 価格以上のCPU
  • 3万円以下のスマホながら、有機ELディスプレイを搭載
  • 広角・超広角・深度センサー・マクロを備えた4眼カメラ

Mi 10 Lite 5Gのスペック

Mi 10 Lite 5G
画面サイズ約6.6インチ
本体サイズ高さ:164mm
幅:75mm
厚さ:8.7mm
重さ約193g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
深度センサー:約200万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1600万画素
バッテリー4,160mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 765G 5G
OSMIUI 11
(Android 10ベース)
認証指紋・顔
5G対応○(Sub6波/NR化)
カラーコズミックグレー・ドリームホワイト

Mi 10 Lite 5Gは凄まじいコスパを実現したスマホです。

本体価格は3万円台ですが、4~5万円台のスマホで使われているCPUを搭載しています。また、ディスプレイも有機ELです。

さらに、カメラは広角・超広角・深度センサー・マクロレンズを搭載したクアッドカメラ。

様々な被写体に対応できるほか、ポートレート撮影も可能です。

このように、Mi 10 Lite 5Gのハードウェア面は非常に優秀と言えます。しかし、残念ながら防水やおサイフケータイには対応していません。

使う人を選ぶスマホではありますね。

Mi 10 Lite 5Gの本体価格

販売場所機種代金割引適用時 ※購入
au32,470円 25,990円au公式ショップを見る
楽天市場34,500 円
Amazon36,800円

本体価格は3万円台です。auでスマホトクするプログラムを適用すれば、2万円台で購入できます。

防水やおサイフケータイがいらない方には、かなりおすすめのスマホです。

Galaxy A41

Galaxy A41

画像引用元:Galaxy A41 SC-41A

Galaxy A41は、2020年7月に発売された4G LTEスマホです。

Galaxy A41の特徴
  • 3,500mAhのバッテリーで急速充電にも対応
  • 標準・広角・ポートレートの3眼カメラ

Galaxy A41のスペック

Galaxy A41
ディスプレイサイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:153mm
幅:70mm
厚さ:8.1mm
重さ約160g
アウトカメラ標準:4,800万画素
超広角:800万画素
ポートレート:500万画素
インカメラ2,500万画素
バッテリー3,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Helio P65(MT6768)
OSAndroid 10
認証指紋・顔

Galaxy A41のカメラは広角・超広角・深度測位の3眼です。

メインで使用する広角レンズの有効画素数は約4,800万画素。

深度測位レンズの距離測定により、ボケを生かしたポートレート写真も高品質に仕上がります。

バッテリーは3,500mAhです。使用状況によってバッテリーの持続時間は大きく変動しますが、普段使いの範囲であれば、丸1日使っていても電池切れする可能性は低いでしょう。

なお、15Wの急速充電に対応しています。

発売から1年以上経っているため、どうしても最新のスマホには一歩劣ってしまいがちです。しかし、普段使いで困ることはないでしょう。

Galaxy A41の本体価格

キャリア機種代金購入
ドコモ37,224円ドコモドコモ公式ショップ
au39,660円au公式ショップ
UQモバイル27,720円UQモバイル公式ショップ

本体価格は3万円台ですが、UQモバイルでは2万円台で購入できます。

まだ5Gは必要ないという方にはおすすめできるスマホです。

Xperia Ace II

Xperia Ace II SO-41B

画像引用元:Xperia Ace II SO-41B

Xperia Ace Ⅱは2021年5月に発売されました。

本体価格が2万円台のエントリーモデルです。

Xperia Ace IIの特徴
  • 5.5インチのコンパクトスマホ
  • 指紋認証・おサイフケータイ搭載

Xperia Ace IIのスペック

Xperia Ace II
画面サイズ5.5インチ
本体サイズ高さ:140mm
幅:69mm
厚さ:8.9mm
重さ約159g
アウトカメラ標準:約1,300万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Helio P35
認証指紋
防水IPX5/8
カラーブラック・ホワイト・ブルー
詳細Xperia Ace IIのレビュー

本スマホはエントリーモデルですから、処理性能にはあまり期待できません。

とはいえ、動きがそれほど激しくないゲームアプリであれば、プレイすることは可能です。

防水性能やおサイフケータイを備えているほか、今では珍しい3.5mmイヤホンジャックも搭載。

カメラ機能は標準と深度測位の2眼構成で、ポートレート撮影も可能です。

ディスプレイは約5.5インチと少々小さめ。しかし、重さは約159gと非常に軽いため、携帯性は良好です。

バッテリーは4,500mAhと、この価格帯では大容量。電池持ちは優れています。

Xperia Ace IIの本体価格

キャリア機種代金詳細
ドコモ22,000円ドコモ公式ショップ

Xperia Ace Ⅱの本体価格は2万円台と非常に安いです。

「スマホには、とにかくお金をかけたくない!」という方にはおすすめの機種です。

arrows Be4 Plus

arrows Be4 Plus

画像引用元:arrows Be4 Plus F-41B デザイン – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : FCNT

最後にご紹介するのは、2021年5月に発売されたエントリースマホ「arrows Be4 Plus」です。

arrows Be4 Plusの特徴
  • 耐久性に非常に優れたスマホ
  • 5.6インチの有機ELディスプレイ搭載

arrows Be4 Plusのスペック

arrows Be4 Plus
画面サイズ約5.6インチ
本体サイズ高さ:約148mm
幅: 約71mm
厚さ: 約9.4mm
重さ約160g
アウトカメラ約1,310万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー3,600mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 460
認証指紋
防水IPX5/8
カラーレッド・ホワイト・ブラック

arrows Be4 Plusは、耐久性に優れたスマホです。

米国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の23項目に準拠。落下などの衝撃にも強いです。

防水性能も高く、泡タイプのハンドソープで丸ごと洗うことができます。

ディスプレイは5.6インチの有機ELディスプレイを搭載。バッテリーは3,600mAhです。

また、おサイフケータイに対応しています。

普段使いには困らないスマホと言えるでしょう。

arrows Be4 Plusの本体価格

arrows Be4 Plusの本体価格は21,780円です。

とにかく安さを求める方にはおすすめのスマホですよ。

スマホを安く購入するコツ

iPhone 13 Pro Maxのゴールド

ここからは、スマホをより安く購入する3つのコツについて解説します。

安く購入する3つのコツ
  • 中古で探す
  • 格安SIMでセット購入する
  • キャリアのお返しプログラムを活用する

中古で探す

まず1つ目のコツは、中古のスマホを購入することです。

発売から時間が経てば経つほど、中古価格は安くなっていく傾向にあります。

外観の傷などが気にならない場合は、安く購入する方法として非常におすすめです。

ただし、中古のスマホの中には、いわゆる「赤ロム」をはじめとした“問題のある端末”が混ざっているリスクも。

中古店によっては赤ロム対策を行っているところもあります。中古スマホを購入する際は、お店選びも重要です。

格安SIMでセット購入する

格安SIMでは、回線とセット契約することで、スマホを安く買えるキャンペーンを実施していることがあります。

常設のキャンペーンではないものの、スマホを1円で販売していることもあるため、見かけたら必ずチェックしておきましょう。

特に、OCN モバイル ONEはセット購入キャンペーンを頻繁に開催しています。対象機種も豊富なので、定期的に公式サイトをチェックしてみてくださいね。

キャリアのお返しプログラムを活用する

キャリアには、下記の端末割引プログラムがあります。

3キャリアの割引プログラム
  • ドコモ:スマホおかえしプログラム
  • au:スマホトクするプログラム
  • ソフトバンク:トクするサポート+

楽天モバイルにも割引はありますが、iPhone限定であるため、ここでは割愛します。

上記3つのプログラムは、いずれもスマホの機種代金を4~5割ほど割引してくれます。

以前は厳しい利用条件が設けられていたため、「使いづらいプログラム」というイメージを持っている方も多いことでしょう。

しかし、2021年9月頃にその条件は撤廃されました。現在はとても使いやすいプログラムに生まれ変わっています。

本プログラムを利用すれば、本体価格が5~6万円の機種も3万円台で購入可能です。選べる機種の幅がグッと広がりますよ。

ミドルスペックは購入前の確認を忘れずに!

本記事では、3万円以下で購入できるスマホについて解説しました。

3万円以下で購入できるスマホまとめ
  • Galaxy A32 5G
    ミドルスペックのなかでも非常に優れたコスパを持つ
  • AQUOS sense5G
    大容量バッテリーと省エネ性能で電池持ち○
  • OPPO A54 5G
    エントリークラスでは非常に優れた性能を持っているスマホ
  • Mi 10 Lite 5G
    ハードウェアは非常に豪華だが、機能がイマイチ
  • Galaxy A41
    3眼カメラを搭載し、大容量バッテリーと急速充電にも対応
  • Xperia Ace II
    5.5インチのコンパクトスマホで価格が安い
  • arrows Be4 Plus
    耐久性に非常に優れたスマホ

これらの機種は、キャリアの割引プログラムを利用すれば3万円以下で購入できます。

また、エントリークラスのスマホは割引なしでも2万円台での購入が可能です。

ハイスペックスマホとは違い、低価格のスマホは機能が限られているものも少なくありません。自分にとって必要な機能が揃っているかどうか、購入前にしっかり確認しましょう。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2021年12月】

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。