スマホのキャッシュをクリアする方法【iPhone/Android】

  • 2021年10月18日
  • by.baba

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、溜まったキャッシュをクリアする方法をご紹介します。

以前はサクサク動いたスマホ、最近はなんだか動作が重い…。

それ、もしかしたらキャッシュが溜まりすぎているのが原因かもしれません。

キャッシュをクリアするには一体どうしたら良いのでしょうか?

スマホのキャッシュクリアで押さえておきたい点
  • キャッシュをクリアするとメリット沢山
  • おすすめは手動でのキャッシュクリア
  • キャッシュはアプリごとにクリアする
  • キャッシュをクリアしてくれるアプリが便利
  • キャッシュクリアにはデメリットもある

スマホのキャッシュをクリアするメリット

画像引用元:iPhoneユーザガイド – Appel サポート

普段何気なく使っているインターネット。

Webページやアプリは、画像や動画などを大きなデータを含んでいます。それをより快適に使用できるようにするのがキャッシュの技術です。

一時的にデータを保存するキャッシュのおかげで、Webページやアプリのデータ全てを毎回使うたびにダウンロードする必要がなくなります。

つまり、データ通信量を抑え、回線速度が遅くなるのを防ぐことができるのです。

では、そんな便利なキャッシュをわざわざクリアしてしまうメリットには何があるのでしょうか。

スマホのストレージが空く

ストレージがいっぱいで、何かデータを消さなくてはならない…。これは、多くの人が体験したことがある経験だと思います。

でも、容量を空けるためにとは言え、一度消したら復元不可能な電話帳や大事なメッセージなどをクリアすることはできませんよね。

そこで消去する候補として挙がってくるのが、再ダウンロード可能なデータであるキャッシュなのです。

キャッシュは、インターネットやアプリを利用すればするほど自動的にスマホ内にどんどん保存されていくデータです。

キャッシュのデータはすぐにスマホの容量を埋め尽くしてしまうほど大きなデータではありません。

それでも何年も同じスマホをキャッシュクリアなしで使っていると相当な量が溜まります。

不要なキャッシュをクリアすることで、安全にスマホのストレージを空けることができます。

こうして、その空いた分を写真や動画など他のデータのために使うことができるようになるのです。

スマホの動作悪化の改善・予防

ストレージの空き容量が少ないと、スマホの動作に問題が生じる場合があります。

不要なキャッシュをクリアして空きストレージを確保することで、スマホの動作改善に繋がります。

また、スマホの動作が遅くなる前であっても、動作が遅くなるのを予防するためにキャッシュをクリアするのはおすすめです。

Webページやアプリの不具合の予防・改善

もともとはWebページやアプリを快適に使うためのものですが、そのキャッシュのせいで読み込みに不具合が生じる場合もあります。

具体的には、Webページの表示形式が乱れたり、エラーが起こったりします。

サイトやアプリがリニューアルされるときに特に起こりやすく、古いキャッシュと新しいキャッシュが混在してしまうことが原因です。

キャッシュをクリアすることで、新しいデータを正しく読み込むことができ、不具合を解消できる可能性があります。

また、不具合を未然に防ぐため、必要に迫られる前から不要なキャッシュをクリアしておくのも効果的です。

スマホのキャッシュクリアで期待できる効果
  • スマホの空きストレージの増強
  • スマホの動作悪化の未然防止と改善
  • Webページやアプリ読みこみのトラブル解消と予防

スマホのキャッシュをクリアする方法【iPhone】

iPhone 13/13 Proのストレージ容量 アイキャッチ

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

スマホのキャッシュをクリアするメリットがわかったところで、次はいよいよ実際にキャッシュをクリアする方法をご紹介します。

まずはiPhoneの場合、どのようにキャッシュをクリアすれば良いのでしょうか。

iPhoneが自動的に不要なキャッシュをクリア

大変便利なことに、iPhoneにはストレージ最適化機能が搭載されています。

ですので、空き容量が足りない時にはiOSが自動的に不要なキャッシュをクリアしてくれるのです。

この機能が発揮されるのは、例えば、新しくアプリをインストールしたり、iOSをアップデートしたりする時です。

音楽や動画データを保存する時にも発動する場合があります。保存するために、それなりに大きな空き容量が必要だからです。

「残りの空き容量が少ない」とiOSが感知すると、スマホ上の不要なキャッシュを消去して、空き容量を確保してくれるのです。

ここでいう不要なキャッシュとは、iOSが不要と判断したキャッシュのことです。

再ダウンロードが確実に可能か、もしくは長期間使用されていないキャッシュなどを指します。

実際には、この自動ストレージ最適化機能によるキャッシュの大幅なクリアはあまり期待しないほうがいいでしょう。

ある程度のストレージを空ける必要があるなら、手動でキャッシュをクリアする方が効果的です。

また、ブラウザアプリでページの読み込みに問題が起こる場合も、手動でキャッシュをクリアした方が早くて効果的です。

iPhoneのキャッシュを手動でクリアする方法

空き容量をたくさん確保したい場合、またブラウザの不具合を解決したい場合は、手動でキャッシュをクリアするのがおすすめです。

手動でクリアする場合は、スマホにインストールされているアプリごとに溜まったキャッシュをクリアしていきます。

iPhoneで効率的にキャッシュをクリアするなら
  • ブラウザアプリ
  • LINE
  • YouTuneアプリ

などがおすすめ

ブラウザアプリ(Safariなど)のキャッシュをクリアする方法

この方法を使えば、ネットを閲覧するときに使うブラウザアプリに保存されたキャッシュをクリアすることができます。

また、キャッシュ以外のデータも一度にクリアでき、大幅に空き容量を作り出すことができます。

また、ブラウザの読み込みに不具合がある場合、このブラウザアプリのキャッシュをクリアするだけで不具合の解消が期待できます。

やり方
  1. 歯車マークの「設定」アプリを開きます。
  2. 「メール」「連絡先」など、アプリが色々現れますので、使っているブラウザアプリ(Safariなど)をタップします。
  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」を選びます。
  4. 警告メッセージが出ます。「履歴とデータを消去」をタップします。

これで、ブラウザアプリのキャッシュクリアは完了です。

注意 キャッシュ以外にも、履歴やcookieなどのデータもクリアされます。

LINEアプリのキャッシュをクリアする方法

日本では知らない人はいないであろう定番アプリのLINE。

家族や友達とのやり取りで毎日使っていくうちに、相当な量のキャッシュが溜まっているはず。

LINEアプリ上のキャッシュをクリアするには、次の手順に従ってください。

やり方
  1. LINEアプリを開きます。
  2. ボトムメニューの一番左側「友だち」(人型アイコン)をタップし、画面左上の「設定」(歯車マーク)を開きます。
  3. 「トーク」をタップ。トークメニューの下の方にある「データの削除」をタップします。
  4. 「キャッシュデータ」にチェックを付けてください。
  5. 「選択したデータを削除」をタップ。確認メッセージが表示されます。
  6. 「データを削除」でキャッシュのクリアが完了します。

注意 消しても良いデータはキャッシュデータのみです。

後からいくらでも再ダウンロードできるキャッシュとは違い、後から再ダウンロードできないデータがあります。

後から復元できないデータ
  • 写真データ
  • ボイスメッセージデータ
  • ファイルデータ
  • すべてのトーク履歴

間違えて一緒に消さないよう、「キャッシュデータ」のみにチェックマークがついている状態になっているか、よく確認してください。

YouTubeアプリのキャッシュをクリアする方法

iPhone版のYouTubeアプリでは、実はキャッシュをクリアする機能は搭載されていません。

ですので、キャッシュをクリアしたい場合はアプリをアンインストールしてください。

これで、キャッシュをはじめ、スマホ上に保存されたデータはクリアされます。

ですが、LINEのアプリとは違い、アンインストールしてもインターネット上に保存されたデータ自体は消えません。

再びアプリをインストールしてログインすれば自分のデータにアクセスできるので、安心してください。

YouTubeだけでなく、TwitterやInstagramなど他のアプリについても同様です。

アンインストールする事でキャッシュをクリアできるアプリ
  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram
  • etc…

スマホのキャッシュをクリアする方法【Android】

aquossense4lite2

画像引用元:AQUOS sense4 lite | Android | 製品 | 楽天モバイル

次に、Androidでのキャッシュのクリア方法を見ていきましょう。iPhoneでキャッシュをクリアする方法と何か違いはあるのでしょうか?

Androidでも不要なキャッシュは自動削除される?

iPhoneのように、最近のAndroidでは不要なキャッシュの自動削除機能が搭載されています。

これによって、長期間閲覧していないWebサイトのキャッシュなど、不要と判断されたキャッシュデータが削除されるようです。

ただし、iPhoneの時と同じく、明らかに不要なキャッシュのみしか削除してくれません。

なので、空き容量をたくさん作りだしてくれる機能とは言えません。

また、キャッシュが原因でページの読み込みに不具合が起きた時、即時に役に立つとも限りません。

そのため、多少面倒ですが、困ったときには手動でキャッシュをクリアするのがおすすめです。

Androidのキャッシュを手動でクリアする方法

Androidのスマホ上のキャッシュは、以前は一括で全てクリアできたようです。

しかし、現在のAndroidは、iPhoneのようにアプリごとにキャッシュを削除していかなくてはならなくなりました。

Androidでキャッシュをクリアしたいなら、キャッシュデータがたくさんたまっていると思われるアプリを選ぶのがおすすめです。

Androidで効率的にキャッシュをクリアするなら
  • ブラウザアプリ
  • LINE
  • GoogleMaps

などがおすすめ

ブラウザアプリ(Chromeアプリなど)のキャッシュをクリアする方法

iPhone同様、Androidでもブラウザアプリのキャッシュをクリアするのがおすすめです。

インターネットを閲覧するために使うブラウザアプリには、読み込みを早くするためにたくさんのキャッシュを利用しているからです。

ブラウザアプリに溜まっているキャッシュの量はかなりのもの。

これをクリアすることで、容量を比較的大きく空けることができます。

やり方 ※機種によって表示名が異なる場合があります。
  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「ストレージ」をタップして開きます。
  3. 「その他のアプリ」をタップして開きます。
  4. アプリが色々表示されます。
    使っているブラウザアプリ(Chromeなど)をタップ。
  5. 「キャッシュを消去」をタップ。

これで、ブラウザアプリに溜まったキャッシュがクリアされます。

LINEアプリ、Google Mapsなどのアプリのキャッシュをクリアする方法

上記のブラウザアプリのキャッシュをクリアする方法は、実はLINEやGoogle Mapsなど他のアプリにも応用できます。

iPhoneとは違い、androidではアンインストールすることなく様々なアプリのキャッシュを消すことができるのです。

LINEやGoogle Mapsなど、任意のアプリ上のキャッシュをクリアするには、次の手順に従ってください。

やり方
  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「ストレージ」をタップして開きます。
  3. 「その他のアプリ」をタップして開きます。
  4. キャッシュをクリアしたいアプリを選んでください。(LINE、Google Mapsなど。)
  5. 「キャッシュを消去」をタップ。そのアプリのキャッシュがクリアされます。

Androidなら、この方法で様々なアプリのキャッシュクリアが可能です。

効果的にキャッシュをクリアしたい場合、次のようなアプリがおすすめです。

効果的にキャッシュをクリアできるアプリ
  • Twitter
  • Instagram
  • FaceBook
  • Messenger
  • その他各種SMSアプリ
  • GoogleMapsなど地図アプリ
  • OfficeやEvernoteなど

アプリ名をタップすると、キャッシュデータのサイズが見れます。どのくらいデータを空けられるかわかりやすいですね。

スマホのキャッシュをクリアできるアプリ

画像引用元:Pixabay

さて、アプリをたくさん使っている方にとって、持っているアプリ全てのキャッシュを手動でクリアするのはかなり面倒です。

そこでおすすめなのがスマホのキャッシュをクリアしてくれるアプリです。

「容量を減らしたいのに、なぜさらにアプリをダウンロードしなければならないの?」と思う方もいるかもしれません。

ですが、アプリを使うと自分でチマチマと手動でクリアするより遥かに効率よくキャッシュをクリアすることができるのです。

(キャッシュクリアアプリの容量が気になる方は、使った後にアプリをアンインストールしてしまえばいいですしね…)

キャッシュをクリアするおすすめアプリ【iPhone】節電バッテリーマニア – サクサク充電管理&メモリやシステムチェック

節電バッテリーマニア – サクサク充電管理&メモリやシステムチェック」は、スマホの空き容量やバッテリー残量をチェックできる高評価の無料アプリです。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア

日本語対応で、シンプルかつスマートなインターフェイスが特徴です。

ボトムメニューの「ディスクステータス」から、iPhoneのストレージ状態を円グラフで確認できます。

使い方はとっても簡単。「キャッシュを消去」ボタンをタップするだけです。

余計な機能がなくて直感的に使いやすい「節電バッテリーマニア」。

アプリ自体のサイズも小さめで容量をあまり消費しないのも嬉しいポイントです。

キャッシュをクリアするおすすめアプリ【Android】 Files by Google

Androidでおすすめのキャッシュクリアアプリは「Files by Google」です。その名の通り、Google社提供のファイル管理無料アプリです。

Files-by-Google

グーグルプレイ

キャッシュのクリアはもちろん、昔の写真や使用しないアプリのアンインストールもやってくれる優れものアプリです。

ありがたいことに、「Files by Google」は日本語対応かつ無料のアプリです。

アプリのサイズも10MB未満と小さいので、新規でダウンロードしても内部ストレージ容量を圧迫しません。

まだ持っていない方は、この機会にぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

スマホのキャッシュをクリアするデメリットはある?

画像引用元:Pixabay

さて、今までスマホのキャッシュをクリアするメリットやその方法を見てきました。

キャッシュのクリアは、実は1つだけ大きなデメリットがあります。

それは、データ通信量が一時的に増えるというデメリットです。

キャッシュを一度クリアしても、次にまたそのサイトもしくはアプリを使用するときに、自動的に新しくキャッシュが作られます。

この時、キャッシュがあった時と比べて通信データ量が大きくなります。

通信データ量が大きくなればその分通信速度も遅くなります。

動画やゲームなど、大きいデータをダウンロードする際には特に、通信速度の遅さが実感できるはずです。

また、消費する通信データ量も増えます。

Wi-Fi時は良いですが、モバイルネットワーク通信時には注意したほうがいいかもしれません。

ちなみに、キャッシュをクリアした後、不便な思いをするのは一回だけです。

そのWebサイトまたはアプリで必要なキャッシュデータが再び作られ次第、今まで通りサクサク快適に使用できます。

キャッシュをクリアしてスマホを軽くしよう!

スマホの動作が重い、ストレージが満タンになってしまった…。

そんなスマホにまつわるストレスは、キャッシュをクリアすることで解消できるかもしれません。

スマホのキャッシュクリアのまとめ
  • デメリットよりメリットが多い
  • iPhoneとAndroidでやり方が違う
  • アプリごとに手動でクリアする
  • キャッシュクリア用のアプリも便利

スマホに不具合を感じたら、容量不足になったら…。この記事を参考にして、ぜひキャッシュをクリアしてみてくださいね!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
95年生まれ。大学時代、バイト代わりに始めたライティングで今も生活中。家電量販店で勤務経験有り。スマホはずっとXperia一択、ヘッドホンもスピーカーも全てSony。タブレットPCはSurface proでパソコンはHP Probook。Appleへの改宗は長らく検討中。