【データ復旧】スマホが壊れた・電源が入らないときのデータ取り出し方法

スマホが壊れた・電源が入らない場合はデータが取り出せなくなる可能性があります。よくある症状として論理障害や物理障害が発生する可能性が高いです。データ復旧をする上での注意点が3つあります。保存しているデータを確実に復旧したい場合には、データ復旧専門の業者に相談しましょう。おすすめの復旧業者を紹介します。
  • 2022年7月15日
  • by.bitdds

フリー素材

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホは私たちの生活に必要不可欠な存在です。

仕事からプライベートまで様々なことを管理し、たくさんのデータを入れています。

そんなスマホが水没や衝撃などで急に使えなくなったら困りますよね。

スマホのデータ復旧は正しい知識を持って初動対応することが第一優先です。

初動を誤らなければ、データを取り出せる可能性が高くなります。

この記事では、壊れてしまったスマホからデータを取り出す方法、注意点、対処法対処法について解説していきます。

スマホのデータ復旧5つのポイント
  • スマホが壊れた原因
  • 壊れた際にまず確認すること
  • 壊れた時の注意点
  • データ復旧はソフトか業者に依頼
  • データ復旧業者の選ぶポイント
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

スマホが壊れた・電源が入らないときに最初に確認すべきこと

スマホ復旧

「突然スマホの画面がつかない」「真っ黒なまま」といった際、最初に確認すべき事が3つあります。

ですが、スマホが壊れている可能性がある場合に無理に動かそうとすると、状態が悪化する可能性があるので以下の確認作業は、必要最低限に抑えましょう。

確認すること3つ
  • 充電する
  • ケーブルを変える
  • 一度だけ強制終了を試す

充電する

バッテリーの残量がなくなると電源も入らなくなり、なにも反応しなくなります。

ここで故障と勘違いする人もいるようです。

バッテリー切れの際、充電してもある程度の容量に達さないと起動できないため、最低でも1時間は電源を入れずに充電してみましょう。

ケーブルを変える

充電ケーブルの劣化や断線で充分な電力が行き渡っておらず、充電できていないというケースもよくあります。

見た目は劣化していなくても、ケーブル内部で断線している可能性があるので、この場合は他の充電ケーブルを使用してみましょう。

一度だけ強制終了を試す

スマホ本体の故障ではなくOSやアプリの不具合が原因で画面が表示されず、フリーズしている可能性があります。

この場合、強制終了をすることで、復旧できる場合があるので試してみましょう。

ですが、強制終了はデータが消えたり、バッテリーを劣化させる原因にもなるので注意が必要です。

正しい手順でアプリを終了できないため、何らかのダメージが生じてしまうことを理解しておきましょう。

  • OSとはAndroidに搭載されているOS(オペレーションシステム)のことです。
  • OSとはアプリや端末操作を管理する共通のシステムのことで「基本ソフトウェア」とも呼ばれます。

スマホの故障原因とよくある症状

スマホの故障原因は、大きく分けて「論理障害」「物理障害」の2つに分けることができます。

どちらに該当するかによって対処法が変わってきます。

症状からご自身のスマホがどちらの状態にあたるのか、確認しましょう。

論理障害の症状

論理障害は、データ自体が破損している状態です。

人的操作ミスが原因で発生することも多いです。

症状の例としては以下のようなことが挙げられます。

論理障害の原因
  • 誤ってデータを削除してしまった
  • OSを更新したらアップルループ状態になった
  • 誤って初期化してデータが全て消えた

物理障害の症状

物理障害は経年劣化や水没などで物理的に故障している状態です。

物理障害は個人では手に負えないため、専門業者に依頼するしか復旧方法がありません。

症状の例としては次のようなものが挙げられます。

物理障害の原因
  • 経年劣化
  • 水没させてしまった
  • 落下など強い衝撃で故障してしまった

スマホのデータ復旧をするときの注意点

初動を誤ってしまうとデータ復旧をできる可能性が低くなってしまいます。

正しい知識をもって慌てずに、以下の3点に注意して対応しましょう。

注意点
  • 電源を入れない
  • 操作し続けない
  • Wi-Fiに接続しない

電源を入れない

不具合が生じているにも関わらず、むやみに電源を入れることはしないようにしましょう。

通電は機器に大きな負担がかかるため、状態が悪化する可能性があります。

操作し続けない

通電し操作を行うと、それだけで必要なデータが上書きされていってしまうことがあります。

また、水没した際によくあるのですが、電源がまだ付いているからと言って操作をしないようにしましょう。

内部に侵入した水分でショートし、完全に故障するとデータも破損する恐れがあります。

Wi-Fiに接続しない

Wi-Fiには安全なものと危険なものが存在します。

特にフリーWi-Fiは安全性が保障されておらず、ウイルス感染する恐れがあります。

ウイルス感染した携帯は、データ復旧が難しくなってしまいます。

Wi-Fiには繋げないようにしましょう。

スマホのデータ復旧方法

スマホの電源が入らない場合でもデータを取り出せる方法があります。

今回は3つご紹介します。

スマホのデータ復旧方法
  • 復元ソフトを使用する
  • メーカー修理サービスに依頼する
  • データ復旧業者に依頼

復元ソフトを利用する

復元ソフトを使用してデータを復元する方法がありますが、ソフトを使用してデータが復元できるのは「軽度の論理障害」のみです。

また、復元ソフトを使用した際のデータの上書きや通電作業によって、障害が悪化したりデータを復元できなくなる恐れがあります。

ソフトでの修復作業はリスクが必ず存在するのと自己責任になるので、データが大事な方は業者に相談するのが一番確実に取り出せる方法になります。

メーカー修理サービスに依頼する

大手のメーカーであれば、電話帳、画像、動画、キャリアメールなどのデータ復旧サービスも行っている場合もあります。

ですが、そもそも初期化しないと復旧できないというケースも多く見られます。

安心して利用することができるのがメリットですが、全てのデータを復旧することは不可能、症状によってはデータを取り出せない場合があるのがデメリットになります。

データ復旧業者に依頼

データを復旧するのに一番確実な方法になります。

データ復旧業者はプロが行うので、大手キャリアメーカーでは対応できない故障でもできる可能性があります。

保存しておいた画像や動画、音楽のデータ等はもちろん、消してしまったLINEのトーク履歴など、復旧できるデータの量も多いです。

少し料金が高いのがデメリットですが、復旧にかかる期間もメーカーより短時間で済む場合があります。

スマホデータ復旧業者の選び方

データの復旧は初動が肝心になってきますが、データ復旧業者は現在100以上も存在しています。

どのように選べば良いのかを3つのポイントに分けて解説します。

失敗しないデータ復旧業者選び3ポイント
  • 技術力を備えているか
  • 信頼して任せられるか
  • サポート体制が充実しているか

データ復旧の技術力がある

データ復旧に一番大切なポイントが、復旧業者の技術力です。

技術力が低いと、復旧を断られる場合もあります。

また、一回復旧作業を行い失敗した場合は、基本的に他の業者にもう一度依頼しても、復旧の難易度が跳ね上がります。

データ復旧は一発勝負です。

大事なデータがある場合は一番に技術力で選びましょう。

高い技術力を備える業者の特徴は、以下のようなものがあります。

会社のホームページなどで確認してみましょう。

  • 専門設備(クリーンルームなど)、部品を保有している
  • 他の業者で復旧不可能だった案件の復旧実績がある
  • 海外から技術導入を行っている
  • 研究開発などの取組が第三者に認められた実績がある
  • 復旧率や復旧実績を数値で明示している
  • 復旧スピードが速い
  • 優秀なエンジニアが多数在籍している

実績やセキュリティ対策などの信頼性がある

スマホには大量の個人情報が入っているため、必ず信頼度の高い業者を選ぶようにしましょう。

データを任せることのできる業者を見極めるポイント
  • 大手法人、官公庁、学校、などとの取引実績が多数ある
  • メディアにデータ復旧業者として取り上げられている
  • プライバシー承認の取得等、セキュリティ対策がしっかりしている
  • 業者へ直接足を運べたり、復旧ラボの見学ができる

企業のデータを復旧した経験など、データ復旧の実績や経験を各会社のホームページなどで確認してみましょう。

サポート体制が充実している

スマホやデータは今の社会において必要不可欠なものなのなので、一刻も早く復旧したい方が多いと思います。

業者によって注文から復旧までの時間が大幅に変わってきます。

サポート体制も選ぶ基準に入れるようにしましょう。

  • 土日祝日や夜間でも窓口が空いており、復旧対応している
  • 出張サービスがある
  • 特急納品料金がかからない
  • 初期診断サービスを無料で行っている

これら3つのポイントを満たしている業者であれば、まず失敗しないと考えてよいと思います。

データ復旧業者選びの際に参考にしてみてください。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人は是非チェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、データ復旧専門業者において14年連続国内売上No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2020年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と高い実績を持っています。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応しています。

官公庁・法人からの依頼実績も多数あり信頼できるだけでなく、相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  14年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数36万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーへの依頼・相談・見積もりの申込み方法

万が一の時は、できるだけ速やかに相談することをおすすめします。

相談方法には電話やメールなどがありますが、デジタルデータリカバリーは電話でもメールでも相談を受け付けています。

以下、相談手順を解説しますので、参考にしてください。

手順1:デジタルデータリカバリー公式サイトにアクセスする

デジタルデータリカバリー申込み手順

手順2:メール診断・見積もりはこちらをタップする(電話でも相談可能)

デジタルデータリカバリー申込み手順

手順3:データが入っている機種などの情報を選択・入力する

デジタルデータリカバリー申込み手順

手順4:画面の指示通りに入力して「上記内容で送信する」をタップする

デジタルデータリカバリー申込み手順

バックアップを取ろう

スマホのデータはバックアップを取っていることでスマホが突然故障したとしても、ご自身でスムーズにデータを復元、取り出すことができます。

忘れがちですが、万が一に備えて日頃からバックアップを取るようにしましょう。

今回はスマホが故障したときの症状、注意点、復旧方法、業者の選び方についてご紹介しました。

私たちは毎日欠かさずスマホを使用しています。

仕事もプライベートも全てスマホで管理している方も多い中、突然故障すると焦りますが上記のポイントを抑えて対処しましょう。

故障の度合いやデータの重要度によって自身の復旧予算が変わってくるとは思いますが、データに重きをおくならばデータ復旧業者の利用をおすすめします。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。