白熱するスマホ決済の還元合戦|インストールするアプリの判断ポイント

白熱するスマホ決済の還元合戦|インストールするアプリの判断ポイント

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

楽天ペイ・LINE Pay・PayPayなど、昨年からスマホを使った決済が急激に認知度を上げています。

しかし、「興味はあるけれど種類が多すぎてピンと来ないな」という方もいるのではないでしょうか?そんなときはお得な特典を比較して検討してみましょう!

そこで、各スマホ決済アプリの特徴やポイント還元キャンペーンについてまとめてみました。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

画像引用元:d払い公式サイト

1 スマホ決済アプリを選ぶポイント3つ

画像引用元:d払い公式サイト

スマホ決済は、小銭やプラスチックカードの代わりに、スマホを利用して会計を済ませる方法です。

楽天ペイ・LINE Pay・d払い・PayPay・Origami Payなどの代表的なサービスは、スマホカメラと専用アプリがあれば、QRコードやバーコードを使って決済を行えます。

しかし、似ているようで異なるポイントも多く、ダウンロードしてから「自分向きではなかった」と分かるケースも少なくありません。

アプリをインストールする際は、まず以下の3つのポイントを確認しておくことをおすすめします。

1-1 【確認ポイント①】選択できる支払方法

スマホ決済は、クレジットカードなどの情報と紐づけておくか、あらかじめチャージしておくことで、会計時のフローを短縮できるシステムです。

支払方法はアプリごとに異なるため、まずは自分に合った支払方法を採用しているかどうかをチェックしてみましょう。

代表的なスマホ決済の支払方法は以下のとおりです。

スマホ決済支払方法
楽天ペイ・クレジットカード一括払い
・ポイント支払い
・楽天キャッシュ
・クレジットカード分割払い
LINE Pay・店頭でのチャージ
・コンビニでのチャージ
・銀行口座からのチャージ
・LINEポイントからの交換
PayPay・クレジットカード
・銀行口座からのチャージ
・yahoo!マネー
d払い・クレジットカード
・ドコモ携帯料金との合算
Origami Pay・クレジットカード一括払い
及びデビットカード
・銀行口座

例えば、社会人でクレジットカードを利用しているなら楽天ペイやPayPay、利用限度額を自分で決めたい方はチャージ式のLINE Payが使いやすいかもしれません。

スマホがドコモなら、月々の携帯料金と合算できるd払いもおすすめです。

1-2 【確認ポイント②】利用する店舗をイメージする

続いて、普段どういったショップで買い物をするのかイメージしてみましょう。

有名なサービスであれば、多くのコンビニや飲食店・アパレルで利用できますが、現在でもまだ対応していなかったり、導入が遅れていたりする場合もあるので注意が必要です。

例えば、ローソンは楽天ペイ・LINE Pay・d払い・Origami Payは使えますが、PayPayが使えるようになるのは2019年3月26日以降(予定)のこと。

今すぐPayPayをコンビニで利用したいなら、ファミリーマートやミニストップへ行く必要があります。

1-3 【確認ポイント③】ポイント還元率やキャンペーンに注目

3つ目のポイントは、ポイント還元率とキャンペーンです。

スマホ決済が飛躍した背景には、大々的に打ち出されたキャンペーンの存在がありました。

2018年12月に行われたPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」は、「利用金額の20%を大幅還元」ということで、ニュースで毎日のように報道されていましたよね。

また、LINE Payも3.5%~5%還元のキャンペーンを行い、注目を集めていました。

こうした還元率アップは期間限定のものですが、普段のお買い物で自然にポイントを貯められたり、クレジットカードとダブルでポイントが付与されたりするものもあります。

アプリを選ぶ時は、

  • 自分が想定している使い方で、どれだけのポイントが付くのか
  • 現在、お得なキャンペーンは実施しているのか

について、チェックしておくとよいでしょう。

スマホ決済基本ポイント還元率
楽天ペイ0.5%(200円で1ポイント)
LINE Pay0.5、0.8、1、2%
PayPay0.5%(200円で1ポイント)
d払い0.5%
Origami Payなし

2 2019年もスマホ決済キャンペーンが熱い!

それでは、代表的な5つのサービスが行っているキャンペーンをチェックしてみましょう!

2-1 キャンペーンが豊富な「楽天ペイ」

画像引用元:楽天ペイ公式サイト

楽天ペイは、利用者が最も多いと言われているQRコード決済サービスです。通販ショップ「楽天市場」を始めとした巨大市場で、多くの企業と繋がりがあることが強みです。

コンビニやドラッグストアのほか、5,000件以上のサイトで、楽天IDに登録したクレジットカードでの支払いが可能

購入金額に応じてポイントが貯まり、サイトごとに決済情報を入力する手間も省けるので、インドア派の利用者も増えています。

そんな楽天ペイでは、常に何かしらのキャンペーンを開催しており、お得になるチャンスもアップしています。

楽天ペイのキャンペーンの一部をご紹介(2019年2月)

  • 初回1,500円以上購入で300ポイント付与!(2019年2月1日(金)00:00~2019年2月28日(木)23:59)
  • レコチョク楽天ペイ利用でポイントが3倍!(2019年2月14日(木)00:00~2019年2月28日(木)23:59)
  • HIBARY楽天ペイ利用でポイントが3倍!(2019年2月1日(金)00:00~2019年2月28日(木)23:59)
  • 最大1,000ポイントが当たる宝くじ(毎日挑戦可能)

事前エントリーが必要なものもあるので注意しましょう。

楽天ペイの使い方・使える店|クレカ登録から支払いするまでの流れ

2-2 10代~20代の人気が高い「LINE Pay」

画像引用元:LINE Pay公式サイト

LINE Payは、ユーザー数が世界で1億5000万人と言われる「LINE」アプリと連携するスマホ決済サービスです。

コンビニやスーパーのほか、国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で利用できます。

LINEアプリから手軽に操作できること、またLINEの友だち同士で割り勘や送金ができるのも特徴です。

飲み会やイベントシーンで活用する若い世代も増えています。

30秒で申し込みが完了し、手数料や年会費は不要です。

LINEアプリの「LINE Pay」からシームレスに開始でき、店舗での立ち上げ~コード表示も3ステップで簡単に行えます。

LINE Payのキャンペーンの一部をご紹介(2019年2月)

  • コード支払いで3.5%~5%ポイント還元!(2018年8月1日~2019年7月31日)
  • 「Payトク」キャンペーンは20%還元!(2019年2月22日~2019年2月28日)
  • LINEギフト内の商品購入で利用金額の50%還元!(500円相当が上限/2019年2月1日~2019年2月28日)
  • 初回銀行チャージ1,000円以上で500円相当プレゼント!

ポイント還元率はマイカラーによって変動する

「コード支払いで3.5%~5%ポイント還元」のパーセンテージが一律でない理由は、LINE Payの「マイカラー」というシステムにあります。

利用者は月々の利用状況によって4段階のマイカラーに分けられ、それぞれ0.5%・0.8%・1%・2%のポイント還元を受けられる仕組みになっているのです。

2018年8月1日~2019年7月31日の1年間は、これに3%が上乗せされ、還元率が3.5%~5%に大幅アップ。

期間も長いということで、若い方を中心に人気を集めています。

マイカラー別のポイント還元率

マイカラー決済金額基本
ポイント
還元率
コード支払い
キャンペーン中
ホワイト0~
9,999円
/月
0.5%3.5%
レッド10,000~
49,999円
/月
0.8%3.8%
ブルー50,000~
99,999円
/月
1%4%
グリーン100,000円
/月
2%5%

Payトクも見逃せない!

Payトクキャンペーンの期間中は、対象店舗・サービスで利用すると、付与上限5,000円相当に達するまで、20%の還元を受けられるます。

かなりお得なので、こちらもユーザーからかなりの注目を集めているようです。

Payトクキャンペーン対象店舗
コンビニローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート
ドラッグストアwelca・サンドラッグ・ココカラファイン・ANZTULPE・Tomod’z・GENKY・アカカベ
家電量販店ビッグカメラ・コジマ・ソフマップ・Joshin
飲食店松屋・白木屋・笑笑・和民
ファッションRight-on・MacHouse・メガネスーパー・メガネハウス
オンライン支払いRラクマ・ZOZOTOWN・出前館・Joshin webshop・honto・LINE TICKET・LINEデリマ・LINE GIFT
請求書払い九州電力・TEPCO
LINE Pay(ラインペイ)の使い方と注意点|家電量販店以外での使い道

次のページでは、「PayPay」と「d払い」「Origami Pay」のサービス概要と実施中のキャンペーンについてご紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ユキチ
ユキチ
モバイル市場でITサービスに携わって以降、気になるポイントを紹介しています。この時代にSNSや利便性をかなぐり捨てセキュリティー&プライバシー保護へ走る鎖国型人間。未だ相棒のiPhone6はカメラ兼ゲーム機として愛用中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ