スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

Apple Payおサイフケータイなど、スマホで決済できるサービスを利用していますか?

Androidでは、一足早くおサイフケータイが導入されていましたが、iPhone7よりApple Payが追加されFeliCaにも対応したたことで、iPhoneでもスマホで決済ができるようになりました。

「んんん?ちょっとまって?Apple Pay、おサイフケータイ、FeliCaって、全部一緒じゃないの?」

そう。使いこなすのはもちろん、Apple PayやNFCやFeliCaやおサイフケータイなど、言葉は聞くけれど違いや仕組みがよくわかっていない人は多いでしょう。

そのような方のために、スマホ決済について一通りおさらいしていきましょう。

「スマホをタッチで支払い」の基本的な仕組みをおさらい

スマホでタッチして支払いというと、使ったことがない人はあまりピンとこないかもしれません。

しかし、実はスマホで決済するシステムは、JRで使えるSuicaやPASMO、nanacoやWAONと基本的には同じものを使っています。

こういった電子マネーの技術をNFCと言い、非接触型ICカード技術と呼ばれています。

このNFCをガラパゴス化的に進化させたのがFeliCaです。は日本では幅広く使われており、電子マネー以外にも、企業の社員証やキーロックなどもFeliCaが導入されています。

このような技術をスマホに取り入れたことで、おサイフケータイやApple Payといった、スマホでタッチするだけで支払いができるようになったわけなのです。

同様に、スマホを社員証代わりにする企業も増えており、スマホ1台で様々なことができるようになってきています。

FeliCaとNFCとは?

FeliCaやNFCという言葉は聞いたことはあるでしょうか?Apple Payやおサイフケータイの説明に入る前に、このNFCとFeliCaについて説明しましょう。

ものすごく簡単に説明すると、NFCは「かざすだけで通信できる技術」のこと言い、この方式を日本国内で普及させたのがソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式(FeliCa(フェリカ))です。

つまり、おサイフケータイやApple Pay、suicaやPASMOなどの交通系電子マネーやWAONカードなど、かざして決済できるサービスは、全てNFCの技術が使われています。

ソニーとフィリップスが共同で開発した技術であり、10cm程度の距離で通信ができる仕組みです。

一方でFeliCaはと言うと、一言で表すならば「日本のために作られたシステム」です。

日本国内にある電子マネーは、ほとんどがFeliCaの技術が使用されています。FeliCaは「Felicity(至福)」と「Card」を合わせた造語であり、電子マネーのためにソニーが独自で開発した技術です。

他のICカード技術に比べると、通信速度が圧倒的に早いことから、国内の電子マネーではFeliCaを使用しているものがほとんどです。

これは、日本独自の「朝の通勤ラッシュ」が関係していると言われています。

電子系の電子マネーでは、朝の改札をスムーズに通ることができることが最重要課題となります。そこで、とにかく通信速度に特化したFeliCaが作られたのです。

SUICA イメージ
画像引用元:Suicaのメリット|Suicaとは|Suica:JR東日本

FeliCaはNFCの規格の1つ

少しわかりにくいかもしれませんが、基本的におサイフケータイやApple Payなどの非接触型ICカード技術は、NFCの技術が使われています。

そのNFCという技術の中の1つの規格がFeliCaというイメージです。

FeliCaのほかにも、NFCには様々な規格があり、オランダのフィリップスが開発した、比較的安価で使用できる「Type A」、アメリカのモトローラ社が開発した、セキュリティレベルの高さから住基カードや運転免許証に使われることの多い「Type B」。

さらに無線方式として指紋センサーなどで決済できる技術である「Apple Pay」などです。

基本的には、NFCの技術が使われているので、FeliCaは派生の技術ではありますが、互換性がないのでFeliCaで作られたサービスでNFCを使う(その逆も然り)ことはできません。

NFCは国際規格・FeliCaは日本規格

なぜ同じNFCの技術を利用したFeliCaは、NFCでは使うことはできないのでしょうか?それは、NFCは世界仕様、FeliCaは日本仕様だからです。

NFCはISO(国際基準規格)で設計されていますが、FeliCaはソニーが開発したこともあり、JIS(国内規格)で作られています。

上述したように、FeliCaは日本特有の理由によって作られたシステムになります。そのため日本規格で作られており、まさにガラパゴス状態でした。

こういったシステムは、例え同じ技術を使っていたとしても、規格が違うと全く別のものとして認識されてしまいます。海外で使うことができないのがFeliCaです。

次はApple Payとおサイフケータイの違いについて説明します。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

画面割れスマホの買取価格|大手キャリア比較【iPhone/Android】... ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアを利用する際のメリットとして大きいのが、現在のスマホを下取りに出して最新のスマホを割引してもらえる「下取りプログラム」と呼ばれるサービスですよね。 手元にスマホは残りませんが、様々な特典や割引を...
じぶん銀行「AI外貨予測」「AI外貨自動積立」国際的なアワードでファイナリストに... 「SMART × MOBILE = SMILE」 SMARTな「金融サービス」とMOBILEならではの「楽しさ」そして皆さまに「SMILE」をコンセプトに、スマホアプリで快適に資金管理できると評判の「じぶん銀行」。 じぶん銀行の...
スマホが壊れた!?故障・修理の際に借りる「代替機」にまつわる注意点... 通常、スマホが故障したら修理に出して代替機を借りますよね。実は、その代替機を借りる際、忘れてはいけない注意点があるのです。 うっかりすると、修理費よりも代替機を借りたことによる費用の方が高くなってしまう…なんてこともあり得ます。 ...
【Xperia XZ2 VS HTC U12+】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... Xperia XZ2は、ドコモ、au、ソフトバンクから2018年夏スマホとして発売されているXperiaのフラッグシップモデルです。XperiaはSONY製ということもあり、長年親しんできている方も多いと思います。 対してHTC U1...