スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Apple Payおサイフケータイなど、スマホで決済できるサービスを利用していますか?

Androidでは、一足早くおサイフケータイが導入されていましたが、iPhone7よりApple Payが追加されFeliCaにも対応したたことで、iPhoneでもスマホで決済ができるようになりました。

「んんん?ちょっとまって?Apple Pay、おサイフケータイ、FeliCaって、全部一緒じゃないの?」

そう。使いこなすのはもちろん、Apple PayやNFCやFeliCaやおサイフケータイなど、言葉は聞くけれど違いや仕組みがよくわかっていない人は多いでしょう。

そのような方のために、スマホ決済について一通りおさらいしていきましょう。

「スマホをタッチで支払い」の基本的な仕組みをおさらい

スマホでタッチして支払いというと、使ったことがない人はあまりピンとこないかもしれません。

しかし、実はスマホで決済するシステムは、JRで使えるSuicaやPASMO、nanacoやWAONと基本的には同じものを使っています。

こういった電子マネーの技術をNFCと言い、非接触型ICカード技術と呼ばれています。

このNFCをガラパゴス化的に進化させたのがFeliCaです。FeliCaは日本では幅広く使われており、電子マネー以外にも、企業の社員証やキーロックなどにも導入されています。

このような技術をスマホに取り入れたことで、おサイフケータイやApple Payといった、スマホでタッチするだけで支払いができるようになったわけなのです。

同様に、スマホを社員証代わりにする企業も増えており、スマホ1台で様々なことができるようになってきています。

FeliCaとNFCとは?

FeliCaやNFCという言葉は聞いたことはあるでしょうか?Apple Payやおサイフケータイの説明に入る前に、このNFCとFeliCaについて説明しましょう。

ものすごく簡単に説明すると、NFCは「かざすだけで通信できる技術」のこと言い、この方式を日本国内で普及させたのがソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式(FeliCa(フェリカ))です。

つまり、おサイフケータイやApple Pay、suicaやPASMOなどの交通系電子マネーやWAONカードなど、かざして決済できるサービスは、全てNFCの技術が使われています。

ソニーとフィリップスが共同で開発した技術であり、10cm程度の距離で通信ができる仕組みです。

一方でFeliCaはと言うと、一言で表すならば「日本のために作られたシステム」です。

日本国内にある電子マネーは、ほとんどがFeliCaの技術が使用されています。FeliCaは「Felicity(至福)」と「Card」を合わせた造語であり、電子マネーのためにソニーが独自で開発した技術です。

他のICカード技術に比べると、通信速度が圧倒的に早いことから、国内の電子マネーではFeliCaを使用しているものがほとんどです。

これは、日本独自の「朝の通勤ラッシュ」が関係していると言われています。

電子系の電子マネーでは、朝の改札をスムーズに通ることができることが最重要課題となります。そこで、とにかく通信速度に特化したFeliCaが作られたのです。

SUICA イメージ
画像引用元:Suicaのメリット|Suicaとは|Suica:JR東日本

FeliCaはNFCの規格の1つ

少しわかりにくいかもしれませんが、基本的におサイフケータイやApple Payなどの非接触型ICカード技術は、NFCの技術が使われています。

そのNFCという技術の中の1つの規格がFeliCaというイメージです。

FeliCaのほかにも、NFCには様々な規格があり、オランダのフィリップスが開発した、比較的安価で使用できる「Type A」、アメリカのモトローラ社が開発した、セキュリティレベルの高さから住基カードや運転免許証に使われることの多い「Type B」。

さらに無線方式として指紋センサーなどで決済できる技術である「Apple Pay」などです。

基本的には、NFCの技術が使われているので、FeliCaは派生の技術ではありますが、互換性がないのでFeliCaで作られたサービスでNFCを使う(その逆も然り)ことはできません。

NFCは国際規格・FeliCaは日本規格

なぜ同じNFCの技術を利用したFeliCaは、NFCでは使うことはできないのでしょうか?それは、NFCは世界仕様、FeliCaは日本仕様だからです。

NFCはISO(国際基準規格)で設計されていますが、FeliCaはソニーが開発したこともあり、JIS(国内規格)で作られています。

上述したように、FeliCaは日本特有の理由によって作られたシステムになります。そのため日本規格で作られており、まさにガラパゴス状態でした。

こういったシステムは、例え同じ技術を使っていたとしても、規格が違うと全く別のものとして認識されてしまいます。海外で使うことができないのがFeliCaです。

次はApple Payとおサイフケータイの違いについて説明します。

Apple Payとおサイフケータイとは?

これまで日本ではおサイフケータイが先行していました。おサイフケータイのはドコモの登録商標で正式名です。

この技術は、ドコモが開発し、ガラケー時代から導入され、各携帯キャリアにライセンスされています。その流れでAndroidのスマホも搭載されました。

これには、上述したFeliCaが日本独自の技術として発達していたこともあり、またSuicaなどの電子マネーはFeliCaを使っていたことから、スマホと同期させることも比較的容易でした。

一方で、AppleはiPhone6よりApple Payという、スマホ決済サービスを導入しましたが、これにはNFCの国際標準規格が使われていました。

ここで規格の違いが問題となり、FeliCaを利用したサービスが圧倒的なシェアを誇っている日本では、Apple Payは使えないという状況になってしまいました。

通常、このような場合は「日本で使いたかったらNFCに対応すれば?」と強気で切り捨てられそうなものですが、FeliCaの機能性の高さや日本のマーケットの大きさを考慮したAppleはiPhone7の日本で発売されるものは、FeliCa対応のサービスをスタートしました。

そこで、iPhone7から、日本国内でもApple Payが利用できるようになりました。

Apple Pay

Apple Payは「Wallet(ウォレット)」というApple独自開発のiOS対応アプリケーションです。

事前にクレジットカードの情報を登録しておき、お店の端末にiPhoneをかざした後に指紋認証(または顔認証)をすると、クレジットカードでの支払いができるというわけです。

スマホは常に持ち歩くものですが、それにお財布の機能を持たせる事ができるというのが特徴です。

おサイフケータイ

ドコモが開発したおサイフケータイは、あくまでもケータイやスマホで決済ができるサービスのことを言います。

おサイフケータイの通信技術にはFeliCaが使われているため利用範囲が非常に広いサービスです。

なので、おサイフケータイは、考え方としては、FeliCaというシステムがあり、それを利用したサービス(端末や決済の仕組みの提供)の1つがおサイフケータイであり、社員証であり、キーロックでありという感じです。

おサイフケータイはあくまでもFeliCaを利用した決済プラットフォームなので、Apple Payとは根本的な仕組みが違います。

Apple Payとおサイフケータイを選ぶ2つの基準

Apple Payとおサイフケータイ、どちらを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすい2つの基準をご紹介しましょう。

1.利用している端末

基準というか、当然のことですが、Androidを使ってる人はおサイフケータイ、iPhoneを使っている人はApple Payを利用することになります。

おサイフケータイを使いたいからiPhoneと2台持ちという人や、わざわざ機種変更をするという人はあまりいないでしょう。

2.よく使うカードの種類

使用している端末以外には、自分が利用している電子マネーの種類にもよります。

Apple Payの方が後発な事もあり、サポートしている電子マネーが少ないため、どうしてもかードレスにしたいならおサイフケータイのAndroidで決済という選び方も1つの基準だと言えるでしょう。

単純な選び方ですが、この他にもApple Payは登録が簡単、おサイフケータイは少し登録が面倒ということも挙げられます。

どちらも一長一短ではあるので、自分のスマホを基準に選ぶと良いでしょう。

今後、電子決済はスマホの生体認証が強化された事もあり、磁気カードよりもセキュリティが高く多用される可能性が高まっています。

Apple Payとおサイフケータイの違い|特徴とメリット・デメリット

次はApple Payとおサイフケータイのメリット・デメリットについて説明します。

Apple Payとおサイフケータイはどちらが便利?

Apple Pay +Apple Watch
画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

では、実際にApple Payとおサイフケータイ、どちらの方が便利に使うことができるのでしょうか?それぞれのメリット、デメリットを踏まえて検証してみます。

Apple Payのメリット

Apple Payのメリットは、セキュリティの高さです。スマホをタッチして決済しますが、その後指紋認証が必要になります。

仮に、スマホを落としてしまっても、指紋認証ができなければApple Payを使われる心配はありません。

Apple Payは登録すると、必然的にパスコードの設定も必要となります。2重3重にセキュリティロックすることで、不正に使用できないようにされいるので、安心して使うことができます。

また、Apple製品である、Apple Watchを持っていれば、わざわざiPhoneを取り出すことなく、Apple Watchをかざすだけで決済も可能になります。

また、実店舗だけではなく、インターネットなどで商品を購入した時などもApple Payで支払うことができます。

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

Apple Payのデメリット

一方Apple Payのデメリットとしては、電子マネーはSuicaにしか対応していないので、現在電子マネーを積極的に利用している人にとっては、あまり便利にならないというものです。

プリペイド型の店舗系電子マネーは非対応なので、WAONやnanacoを1つにまとめることはできません。

FeliCaに対応しているので、このような電子マネーでも技術的には対応可能です。今後の展開に期待したいですね。

Apple Payのポイント
  • Apple Payは生体認証でセキュリティが高い
  • Apple Watch対応で少額決済やタッチ&ゴーが簡単
  • プリペイドカード型店舗系電子マネーには非対応も多い
  • 徐々に対応カード増えているので今後に期待

おサイフケータイのメリット

おサイフケータイは、提携電子マネーが7つまとめて利用できます。

プリペイドタイプのSuica、nanaco、WAON、スタバカード、楽天Edy の5種類と、ポストペイドタイプのiDとQUICPayの2種類です。

特に店舗系プリペイドカードは、セブンイレブンではnanacoを使い、イオンに行けばWAONカードを使い、スタバでカード(iD/Quick Pay)を使い、飲食店でEdyを使うことで、お得にポイントを貯めている人も多いでしょう。

そのような場合、それぞれのカードを持っていると、お財布がかさばってしまいます。男性などは、それが面倒で、そもそも使わないという人もいるかもしれません。

おサイフケータイならば、これらの電子マネーをスマホ1台に登録しておくことで使い分けることが可能です。

お財布の中からカードをごそごそ探す必要もなく置き忘れや出し忘れも少なくなります。

おサイフケータイに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

おサイフケータイのデメリット

おサイフケータイのデメリットは、日本でしか使えないということです

海外では、Felicaに対応している国は香港くらいなので、他の国では使うことはできないでしょう。一方iPhoneは、一部のクレジットカードを登録しておくことで、海外でもそのまま利用することができます。

スマホ1台で世界中で決済できるのは、大きな差になるでしょう。

おサイフケータイのポイント
  • 国内の電子決済はおサイフケータイでほぼカバーできる
  • 少額決済やタッチ&ゴーも簡単
  • プリペイドカード型店舗系電子マネーにも古くから対応
  • 国際標準ではないので海外のスマホ決済は難しい

次は日本で便利な決済方法と今後の展開について説明します。

日本で便利なのはズバリおサイフケータイ


画像引用元:電子マネー推進検討会 —電子マネーの普及に向けた活動—|おサイフケータイについて|FeliCa Networks

とはいえ、日本国内で使用するのであれば、ズバリおサイフケータイの方が便利です。

やはり、対応している電子マネーの種類やクレジットカードでの支払いなど、まとめてできることは大きな魅力でしょう。

何枚もカードを持ち歩く必要がなく、スマホ1台あれば効率よくポイントを貯めることができます。

今後はApple Payもサービス拡張

現時点では、使えるサービスの多さからおサイフケータイに軍配はあがりますが、Apple PayもFeliCaに対応しているので、今後のサービスの拡張は十分に期待できるでしょう。

すでにセブンイレブンやイオンなども含めて多くのチェーン店がApple Payに対応していますので「おサイフケータイが使えるお店ならApple Payも使える」環境は整いつつあります。

また、Appleの公式のアナウンスでは、日本国内で発売されるiPhoneのみFeliCaに対応していることになっていますが、本当は世界中のiPhoneがFeliCa対応となっており、OSのアップデートで使えるようになるとも言われています。

そうなると、海外から日本に来る人は、モバイルSuicaをApple Payに登録し、クレジットカードでチャージすることで空港から一切現金やカードを取り出す必要がなく移動することも可能になります。

おサイフケータイよりも、Apple Payの方が世界基準で見た場合は、可能性が広がっているサービスです。

Apple Payのサービスが成功すれば、今度は身分証明書(免許証やパスポート、保険証)などもスマホで管理する時代がくるでしょう。

本当に、スマホ1台あれば、どこにでも出かけられる未来がきますね。その先駆者となるのは、おそらくAppleとなるでしょう。

お財布や現金を必要としない時代が近づいている

電子マネーやクレジットカードの普及が進み、対応できるお店が増えてきました。

また、仮想通貨で決済できるシステムが開発されるなど、そろそろ本格的にお財布を持ち歩かないという人や、現金で支払ったことがないという人が増えてくるのではないでしょうか。

この流れは日本でも加速してきていますが、海外ではすでに現金を持たないことが基本となっているので、日本はまだまだ遅れていると言えるでしょう。

同様に、増えてきているとはいえ、まだまだ現金にしか対応していないお店やサービスが多いのも事実です。

しかし、インバウンド需要が高まり、今後東京オリンピックが控えている日本では、さらに急速にこの流れは進んでいくと予想されています。

キャッシュレスという言葉が使われることもありますが、スマホ1台で決済できる「キャッシュレス・カードレス」の時代も近づいていると言えるでしょう。

電子マネーを使うならおサイフケータイ・海外利用を考えるならApple Payがおすすめ


画像引用元:電子マネー推進検討会 —電子マネーの普及に向けた活動—|おサイフケータイについて|FeliCa Networks

Apple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違いと、日本で便利なサービスについてご紹介しました。

FeliCaとは、NFCのシステムの1つであり、日本でしか使われていない規格となっています。

そんな中で、Appleが日本発売分のiPhoneからFeliCaを導入したことは、ちょっとした衝撃にも受け取られました。

Appleのこの判断は、日本の市場を無視できないからこそ決断した判断でしょうが、逆に日本でもFeliCaとNHCの互換性を持たせるべきだという流れにもなってきています。

現在のインバウンド需要や東京オリンピックの際、たくさんの外国人が日本を訪れますが、その際に外国で使っているiPhoneではApple Payの使用ができなくなってしまいます。

しかし、そこまでにNFCとFeliCaの互換性を持たせたインフラを整えれば、たくさんの人がその恩恵を受けることができるようになります。

当然、日本人が外国に行った際も、Apple Payで支払うことができるようになるわけです。

スマホ一台とバッグ1つで世界を旅行できる時代が確実に近づいています。

dカードのiD決済ならiPhoneもAndroidもどちらも使える!

dカードとdカードGOLDはApple PayとAndroid のiD決済両方に対応しています。

すでにdカードをお持ちの場合、スマホへの登録は簡単です。
特にApple Payに必要なのはカードとドコモidだけ。入力開始から数分で設定可能です。

特にドコモユーザーの場合dカードでドコモの携帯の支払いや、ドコモオンラインショップの購入がかなりお得!

ぜひ、スマホ決済でお得な生活を始めましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ