スマホが壊れた!?故障・修理の際に借りる「代替機」にまつわる注意点

スマホが壊れた!?故障・修理の際に借りる「代替機」にまつわる注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

3 うっかりトラブルにご用心!代替機を借りる際の注意点3つ

代替機は「あくまで借り物である」という認識を忘れないように注意しましょう。傷をつけてしまったり、返却を忘れてしまったりすると、相応の支払いが必要になります。

修理代で出費が発生した上に、さらに代替機でトラブルが発生してお金がかかってしまっては大変ですよね。

そこで、代替機を借りる際に注意したいこと3点をご紹介します。

3-1 代替機に傷をつけないように注意しよう

通常、スマホの代替機はカバーをつけていない状態で貸し出されます。そんな無防備な状態のスマホを落としてしまったら、画面が割れたり、傷がついてしまったりしますよね。

代替機を傷つけてしまった場合は、その修理代金も支払わなければいけなくなるので注意しましょう。

また、画面や本体だけでなく、例えば充電器の差込口についているカバーが取れてしまった…という場合も、修理の対象になります。

代替機の扱いにはくれぐれも注意しましょう。

代替機を借りたら、まずはその時点での傷の有無をチェックしてください。最初からついてる傷はないか、おかしな箇所はないかを注意して確認しましょう。

3-2 代替機の盗難・紛失に注意しよう

当然ですが、代替機本体が無くなってしまった場合にも、料金の支払いが発生します。キャリアにもよりますが、ソフトバンクでは盗難・紛失で20,000円(税抜)です。

盗難は誰にでも起こり得ることですが、いざ起こってしまったら、それは使用者の責任となります。

スマホを修理に出している2日~2週間の間、代替機を無くさないように注意しましょう。

3-3 代替機の返却忘れに注意しよう

店舗まで直接足を運べない場合は、代替機を郵送で自宅まで届けてもらうことが可能です。また、代替機の返却も郵送で行うことになります。

しかし、修理済のスマホが手元に届いたことに安心してしまい、代替機の返却を忘れてしまった…という人も珍しくありません。

代替機の返却が指定の日数を超過すると、8,000円~10,000円の出費が発生してしまう場合も。

修理に出したスマホが返ってきたら、すぐに代替機を返却しましょう。

代替機を借りたら注意すべきこと

  • 代替機を傷つけないこと。
  • 盗難・紛失に注意すること。
  • 代替機は忘れずに返却すること。

4 スマホを修理に出す前に!事前にしておきたいこと3つ

スマホがまだ操作できる状態であれば、修理に出す前にデータのバックアップなどを取っておきましょう。

4-1 アプリのバックアップを取っておこう

代替機でも普段利用しているアプリを使いたい場合は、事前にデータのバックアップや引継ぎ設定を行っておく必要があります。

LINEやTwitter、Instagramなどは、日頃からよく利用しているという方も多いのではないでしょうか。

機種変更前に必ず!必読のアプリ別バックアップと復元方法

SNSのアカウント引継ぎ

TwitterやInstagramは、アカウントとパスワードさえ把握していれば、アプリをインストールしてログインするだけで使えるようになります。

スマホを修理に出す前に、アカウントIDとパスワードを控えておきましょう。

一方、LINEはアカウントの移行作業が必須となります。事前にメールアドレス登録やFaceboook認証作業を行っておきましょう。

これらの登録を済ませておけば、代替機でもLINEの情報を引き継げます。

スマホ機種変更でLINEのトークを引き継ぐ方法【iPhone/Android対応】

ゲームのアカウント引継ぎ

ゲームなどのアカウント情報も事前に引継いでおきましょう。

ゲームアプリには、アプリ自体に情報が保存されるものと、ネット上に情報を記録しておくものの2種類があります。

プレイ中のゲームがどちらのタイプなのかを確認し、データのバックアップを取っておきましょう。また、引継ぎ用のコードを発行できる場合は、そのコードを控えておくことも大切です。

ポケモンGO|機種変更時のアカウント引き継ぎ・データ移行方法は?

4-2 データのバックアップを取っておこう

スマホを修理に出す前に、データのバックアップを取っておきましょう。

iPhoneもAndroidも、データが悪用されるのを防ぐために、修理前にデータの初期化が行われます。

うっかりそのまま修理に出してしまい、修理済みのスマホの中身を見て呆然…なんてことも。

そうならないように、電話帳やアルバム、カレンダーなど大事なデータは、事前にバックアップを取っておきましょう。

普段から定期的にバックアップを取っておけば安心です。

修理前に、「iPhoneを探す」機能をOFFにしておきましょう。

「iPhoneを探す」とは、iPhoneの位置情報を利用して場所を特定できる機能です。これがついONのままでは、修理時にロックがかかってしまいます

iPhoneにロックがかかっていると、修理ができなくなってしまいますから、これは必ずOFFにしておきましょう。

iPhoneの修理前にやっておくべきこと

  • アプリのバックアップを取ること。
  • 本体内のデータのバックアップを取っておくこと。
  • 「iPhoneを探す」をOFFにしておくこと。

次のページでは、悪質な修理業者の存在について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ