LINEモバイルからLINEMO(ラインモ)への乗り換え|おすすめな人の特徴

  • 2021年3月25日
  • by.a-sato

LINEMOの月額料金

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

LINEモバイルの新規受付が3月31日に終了となり、これからはLINEMOが新たなLINEが取り扱う通信サービスとしてメインとなるでしょう。

そこで今回は、LINEモバイルからLINEMOへの乗り換えがおすすめな人の特徴について解説していきます。

手数料無料で乗り換えができるので、LINEMOに変えるべきか悩んでいる人も多いでしょう。

是非参考にしてください。

LINEモバイルからLINEMOへの乗り換えがおすすめな人の特徴
  • 通信容量をたっぷりと使いたい人
  • 安定した通信速度でネットを楽しみたい人
  • 通話かけ放題を使いたい人
  • LINEアプリのみ通信量ノーカウントで構わない人
関連記事

この記事では、ソフトバンクのオンライン専用新ブランド「LINEMO(ラインモ)」(旧仮称:SoftBank on LINE)に乗り換える方法を解説します。 乗り換える際の手数料や違約金など、現時点で分かり得る最新の情報をまとめました。[…]

※本記事中の価格は総額表示

トップ画像引用元:LINEMO – ラインモ|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEモバイルの料金プランとサービスの特徴

LINEmobile5G

画像引用元:「5G(第5世代移動通信システム)」とは?|LINEモバイル

ではまず、LINEモバイルの料金プランとサービスの特徴について見ていきましょう。

データ通信量月額料金備考
500MB 1,210円LINEデータフリー:月額0円

SNSデータフリー:月額308円
対象アプリはLINE、Twitter、Facebook

SNS音楽データフリー:月額528円
対象アプリはLINE、Twitter、Facebook、
Instagram、LINE MUSIC、spotify、AWA
3GB1,628円
6GB2,420円
12GB 3,520円

主な特徴は下記の通りです。

LINEモバイルの特徴
  • 3キャリアから回線を借りて通信サービスを提供する格安SIM
  • 500MBから最大12GBまで4段階のプラン選択が可能
  • 通話かけ放題は10分でオプション料金は968円
  • オプションによって通信量ノーカウントになるアプリが異なるデータフリーオプション
  • 2021年3月31日に新規受付終了

LINEモバイルは大手キャリアから回線を借りて通信サービスを運営する格安SIMであり、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリア回線が利用できます。

しかし、借り物の回線なので基本的に通信速度が遅い・混雑する時間帯はさらに不安定になるなど、通信品質の面でデメリットがあります。

また、料金によって通信量ノーカウントとなるアプリが異なる「データフリーオプション」も人気です。

LINEMOの登場により3月31日に新規上受付終了なので、LINEモバイルを契約したい人は急ぎましょう。

LINEMOの料金プランとサービスの特徴

LINEMO・ラインモのロゴ

画像引用元: オンライン専用ブランド“LINEMO”、3月17日にサービス開始

LINEMOの料金プランとサービスの特徴は下記の通りです。

ブランドLINEMO
キャリアソフトバンク
回線4G/5G
月額料金2,728円
通信容量20GB
5分かけ放題+550円
その他サービスLINEアプリの通信量がノーカウント

主な特徴についても見ていきましょう。

LINEMOの特徴
  • ソフトバンクとLINE株式会社が提携して誕生した通信サービス
  • 20GBの定額プランのみ
  • 通話かけ放題は5分でオプション料金は550円
  • LINEアプリのトークと通話にかかる通信量がノーカウント
  • 3月17日からサービス開始

LINEMOはソフトバンクとLINEのサービスが提携されて誕生した新たな通信サービスで、ソフトバンクの回線をそのままの品質で利用できます。

また、20GBの大容量プラン1つのみで、通話かけ放題をつけたいなら別途550円のオプション料金が発生します。

LINEモバイルのように複数のデータフリーオプションがあるわけではなく、LINEアプリのトークや通話にかかる通信量のみがノーカウントとなります。

LINEモバイルとLINEMOを比較

LINEMO

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

次に、LINEモバイルとLINEMOのサービスを比較した結果についてまとめます。

LINEモバイルとLINEMOのサービスを比較した結果
  • 通信品質は圧倒的にLINEMOの方が良い
  • LINEモバイルは最安1,210円で使える
  • LINEモバイルで通話かけ放題をつけると500MBの時点で2,000円超えるので、LINEMOの方がお得
  • データフリーオプションが充実しているのはLINEモバイルのメリット

最低限スマホを使いたいというのであればLINEモバイルの方がお得ですが、通話もネットもある程度利用したいのであれば、LINEMOの方がコスパも通信の快適さも優れています。

では、LINEモバイルからLINEMOへの乗り換えがおすすめなのはどんな人なのでしょうか?

LINEモバイルからLINEMOへの乗り換えがおすすめな人の特徴

LINEモバイルのロゴ

画像引用元:LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・格安SIM

次に、LINEモバイルからLINEMOへの乗り換えは、一体どんな人におすすめなのか見ていきます。

今回は大きく分けて4つのおすすめな人の特徴について触れていきます。

通信容量をたっぷり使いたい人

LINEモバイルでは最大12GBでプラン料金が3,520円発生しますが、LINEMOなら20GBで2,728円となります。

通信容量をよりたくさん使いたい人は、LINEMOの方がお得でしょう。

安定した通信速度でネットを楽しみたい人

LINEMOは、ソフトバンクの回線をそのままの品質で利用することができます。

ドコモやauなどマルチキャリアに対応していない点はデメリットですが、安定した通信速度で時間を気にせず快適にネットを使うのであれば、LINEMOの方がおすすめです。

通話かけ放題を使いたい人

10分と時間は長いですが、通話かけ放題をつけてしまうと500MBの時点で2,000円超えるので、通信容量を考慮するとLINEモバイルのコスパはLINEMOほど良くありません。

通話を頻繁に利用する人、通話かけ放題のオプションの利用を検討している人はLINEMOがぴったりです。

LINEアプリのみ通信量ノーカウントで構わない人

SNSや音楽アプリの通信量がノーカウントとなるLINEモバイル。

このデータフリーオプションが人気の理由でもあります。

LINEMOではLINEアプリのトークと通話にかかる通信量のみがノーカウント対象となるので、SNSや音楽アプリをデータフリーで使えなくても問題ない人に向いているでしょう。

20GBと快適な速度でネットを楽しみたい人はLINEMOがおすすめ

LINEMO

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

最後に、LINEモバイルからLINEMOへの乗り換えがおすすめな人の特徴についてまとめます。

LINEモバイルからLINEMOへの乗り換えがおすすめな人の特徴
  • 通信容量をたっぷりと使いたい人
  • 安定した通信速度でネットを楽しみたい人
  • 通話かけ放題を使いたい人
  • LINEアプリのみ通信量ノーカウントで構わない人

コスパは圧倒的にLINEMOの方がお得ですが、データフリーオプションの種類が1つになってしまうというネックはあります。

データフリーオプションを使いたい・最低限のプランでできるだけ安く使いたいということであれば、LINEモバイルを使い続けるべきでしょう。

少しでも通信環境を改善したい・たくさんネットを使いたい・通話をよく利用する人は、LINEMOに乗り換えることをおすすめします。

ソフトバンク格安プラン「LINEMO(ラインモ)」の特徴や申し込み時の注意点

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
a-sato
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。