LINEモバイルからLINEMOへの乗り換え方法や手順を解説

  • 2021年10月18日
  • by.unishi

LINEMOの月額料金

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事ではLINEモバイルからLINEMOへ乗り換える方法・手順を解説します。

LINEモバイルの新規受付は2021年3月31日に終了しました。

その代わりにLINEギガフリーを提供するLINEMOが新たに誕生しています。

LINEモバイルの、LINEギガフリーに魅力を感じていた方は、LINEMOへの乗り換えがおすすめですよ。

ぜひとも本記事を参考にしていただき、LINEMOへ乗り換えて快適なスマホライフを送りましょう。

関連記事

本記事では、LINEMOを実際に使った上での感想や通信速度を紹介します。 また最近のSNS上での評判についてもまとめてみました。 LINEMOは月額2,728円の20GBプランだけでなく、2021年7月15日からは月額990円の[…]

LINEMO 評価 レビュー
LINEモバイルからLINEMOへの乗り換え
  • LINEモバイルは新規受付終了している
  • LINEモバイルは割高感が強いので乗り換えがおすすめ
  • LINEMOはLINEギガフリーで速度が速くコスパが高い
\ ミニプランなら3GB990円 /

※本記事中の価格は総額表示

トップ画像引用元:LINEMO – ラインモ|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEモバイルは2021年3月31日で新規受付終了

LINEモバイルからは新規受付終了

画像引用元:LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・格安SIM

冒頭でも紹介したように、LINEモバイルは2021年3月31日で新規受付終了しています。

このままLINEモバイルを契約していても、他の格安SIMに比べて割高なので、良いことはありません。

LINEMOはLINEモバイルと同じように、LINEギガフリーを提供しているので、まずはLINEMOへの乗り換えを検討してみましょう

LINEMOとLINEモバイルの料金プランを比較

LINEMO・ラインモのロゴ

画像引用元: オンライン専用ブランド“LINEMO”、3月17日にサービス開始

LINEMOの料金プランとサービスの特徴は下記の通りです。

LINEMOの基本情報スマホプランミニプラン
月額料金2,728円990円
通信容量月間20GB
+LINE通信量ノーカウント
月間3GB
+LINE通信量ノーカウント
速度制限時最大1Mbps最大300Kbps
音声通話22円/30秒
5分/回以内の国内通話が無料:550円
国内通話無料:1,650円
ネットワークソフトバンクの5G・4G
海外国際ローミングを無料オプションとして提供
手続き方法オンライン
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年3月17日2021年7月15日
詳細LINEMO(公式サイト)LINEMO

LINEMOはソフトバンクとLINEのサービスが提携して誕生した、新たな通信サービスです。

ソフトバンクの回線をそのままの品質で利用できます。

そのため、LINEモバイルと比べると速度が安定しています。

プランは3GBで990円のミニプランと、20GBで2,728円のスマホプランの2種類です。

LINEギガフリーである点、料金が安い点、通信速度が安定している点など、LINEMOは非常にバランスの良い格安SIMと言えます。

LINEモバイルと比べると、プランの幅は少ないですが、コスパの良さはLINEMOに軍配が上がります。

容量LINEモバイルLINEMO
2GB1,210円
3GB990円
5GB1,628円
10GB2,420円
20GB2,728円
30GB3,520円

表からもわかる通り、毎月のデータ使用量が3GB以下、10~20GBの方はLINEMOにしたほうがお得です。

また、3~10GB、20~30GBの容量でLINEモバイルを利用している場合は、LINEMO以外の他の格安SIMの方がお得です。

LINEモバイルは新規受付終了している格安SIMなので、プランが古く、他の格安SIMと比べると割高感が否めません。

LINEのギガフリーなどは他の格安SIMにはありませんが、本当にLINEのギガフリーで通信容量が節約できているのか今一度確認してみましょう。

LINEモバイルからLINEMOへ乗り換える方法・手順

手順

LINEモバイルからLINEMOへ乗り換える方法・手順は以下の通りです。

LINEモバイルからLINEMOへ乗り換える方法
  1. MNP予約番号を発行
  2. 動作確認端末をチェック
  3. LINEMOへ申し込み
  4. 開通手続きをする
  5. APN設定をする

LINEモバイルとLINEMOは似てはいますが、別のサービスです。

そのため、通常の乗り換えと同様の手順を踏む必要があります。

プラン変更などで乗り換えが完了するわけではないので、留意しておきましょう。

逆を言えば、LINEモバイルからLINEMO以外の別の格安SIMに乗り換える際も、同様の手順を踏めば乗り換えが可能です。

それぞれの手順を詳しく解説していきますね。

MNP予約番号を発行

まずはMNP予約番号を発行します。

LINEモバイルでMNP予約番号を発行する手順は以下の通りです。

  1. LINEモバイルのマイページへログイン
  2. 各種手続きからMNP転出を選択
  3. MNP予約番号を発行

発行を申請してから約3日で、登録しているメールアドレスへMNP予約番号が届きます。

このMNP予約番号は、電話番号を変えずに乗り換えをする際に必須なので、必ず取得しましょう

乗り換えの際に違約金はかかる?

LINEモバイルに違約金というシステムはありませんが、解約事務手数料が存在します。

解約事務手数料は1,100円です。

また乗り換え時には、違約金とは別に、契約事務手数料やSIM発行手数料がかかる場合があります。

LINEMOに関しては契約時に手数料がかかることはありませんが、他の格安SIMを契約する際はしっかり確認しておきましょう。

動作確認端末をチェック

乗り換えをする前に動作確認端末をチェックしましょう。

LINEMOではスマホの販売をしていません

そのため、LINEMOへ乗り換える場合は、基本的に現在使っているスマホをそのまま使うことになります。

現在使っているスマホが動作確認されていない場合は、新しくスマホを購入しましょう。

LINEMOへ申し込み

LINEMOへの申し込みは公式サイトの「今すぐ申し込む」をタップして進めていきます。

LINEMO申し込み

この見出しの画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ

乗り換えの場合は必ず「今の電話番号をそのまま使用する」を選択して申し込みを進めてください。

LINEMO申し込み

あとは画面の指示に従ってプランやオプションなどを選択していきましょう。

LINEMOのSIMカードは最短2日で届きます

開通手続きをする

申し込みをしてSIMカードが届いたら開通手続きを行いましょう。

開通手続きはWebがおすすめです。

「商品発送のお知らせ」のメールに記載されているURLを確認して、画面の表示通りに進めていきましょう。

APN設定をする

開通手続きができたらAPN設定を行います。

スマホがiPhoneの場合はLINEMOの「APN構成プロファイル」をダウンロードして設定を進めてください。

スマホがAndroidの場合はホームの設定から「APN設定画面」を開いて、設定を進めます。

APN設定ができたら乗り換えは完了です。

LINEモバイルからLINEMOへ乗り換えて快適なスマホライフを!

LINEモバイルは、他の格安SIMやLINEMOに比べると割高感が否めないので、乗り換えをおすすめします。

LINEMOはLINEモバイルと同様に、LINEギガフリーで、コスパが良く、速度も安定しているのでおすすめです。

とはいえ、LINEMOとLINEモバイルは別のサービスなので、LINEMOに固執する必要はありません

自分に合った格安SIMを見つけて快適なスマホライフを送ってくださいね。

LINEモバイルからLINEMOへの乗り換え
  • LINEモバイルは新規受付終了している
  • LINEモバイルは割高感が強いので乗り換えがおすすめ
  • LINEMOはLINEギガフリーで速度が速くコスパが高い

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
unishi
愛知県出身、平成7年生まれ。ライター歴2年。スマホやキャリアはそのときの気持ち次第で変化。現在はRakuten Miniのデザインに惹かれて楽天モバイルを契約中。タブレットはAmazon Fire HD 8。電子書籍はAmazon Kindle Paperwhite。スマートスピーカーはAmazon Alexa。身の回りはだいたいAmazonで固められています。趣味は旅行・バイク・漫画・ゲーム。FP3級保持。