iPhoneの標準カメラで綺麗に接写(マクロ撮影)するテクニック

iPhoneの標準カメラで綺麗に接写(マクロ撮影)するテクニック

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneの標準カメラは、ポートレート機能やパノラマ撮影など、多彩な機能が搭載されています。

しかし、思ったよりも上手く撮影できない、ブレてしまうと悩む人も多いのではないでしょうか。

iPhoneの標準カメラは高性能ですが、使い方をしっかりと知っておかないと、その性能の高さを活かすことができません

そこで今回は、iPhoneの標準カメラで綺麗に接写(マクロ撮影)する方法について解説していきます。

iPhoneの標準カメラで接写(マクロ撮影)するとぼやける原因
  • HDRがうまく起動していない
  • フラッシュの光でぼやけてしまう
  • 撮影する時にピントがズレている
  • 持ち手がブレて、ぼやけた写真に

iPhoneの標準カメラで接写(マクロ撮影)を使いこなすには、プリセットされている設定を変える必要があります。

筆者も実際に撮影しながら試してみたので、是非参考にしてください。

iPhoneの標準カメラで綺麗に接写(マクロ撮影)するには?

接写撮影をする

まず、iPhoneの標準カメラで綺麗に接写(マクロ撮影)する方法について解説します。

iPhoneの標準カメラは、最初からプリセットされている状態のまま使っても、ある程度クオリティの高い写真を撮ることができます。

しかし、接写(マクロ撮影)したり、綺麗な景色をより鮮やかに撮影する場合は、少し設定を変えた方が高いクオリティの写真の撮影が可能になります。

接写(マクロ撮影)とは?

「接写」や「マクロ撮影」と言われる撮影方法は、具体的にどのようなものなのでしょうか。

これは、被写体を至近距離で撮影する方法です。

人物や花、飲食物の撮影に多く見られます。

一眼レフのような高性能なカメラはもちろん、最近ではスマホでも接写(マクロ撮影)をする人も多くなってきています。

この撮影によって、被写体の色や質感をより鮮明に表現することができます。

ただ、iPhoneのようなスマホで接写(マクロ撮影)をする場合、ぼやけてしまうことが多いです。

iPhoneの標準カメラでも綺麗に接写(マクロ撮影)できるのか?

では、iPhoneの標準カメラで綺麗に接写(マクロ撮影)する方法について見ていきましょう。

  1. 設定画面でスマートHDRをオフにする
  2. フラッシュをオフにする
  3. 被写体にピントを合わせたらAF/AEロックする
  4. 手ブレを防ぐためにタイマーを使って撮影

このように、接写(マクロ撮影)で綺麗に撮るには、プリセットで既に設定されている内容を変更して撮影する必要があります。

それぞれの設定の変更の仕方や操作方法について1つ1つ詳しく解説していきます。

また、筆者が実際に自分のiPhone(iPhone XR)を使って操作をしてみたので、その画像と一緒に説明していきます。

今回の撮影に使ったモデルは筆者の愛猫(ペルシャ♂とスコティッシュフォールド♂)です。

設定画面でスマートHDRをオフにする

まず、設定画面でスマートHDRをオフにします。

スマートHDRとは、自動的にHDRモードで撮影できる機能です。

しかし、自動の状態にしていると、ここぞという時に起動されない場合も多いのがデメリットです。

そのため、HDRモードの起動を手動にしておきましょう。

iPhoneの設定を開き、アプリの項目からカメラを選びます。

iPhoneでスマートHDRの設定

画面下部に「スマートHDR」の項目があります。何も設定していないとオンの状態になっています。

iPhoneでスマートHDRの設定

ここをオフにすることで、HDRモードの起動は手動で行うことになります。

HDRモードとは、一度に複数の明度の異なる写真を撮影するモードであり、より鮮明な写真を撮るとこができます。

このHDRモードの設定は接写(マクロ撮影)だけでなく、景色の撮影にも適しています。

フラッシュをオフにする

iPhoneの接写(マクロ撮影)

次に、フラッシュをオフにします。

フラッシュは、画像左部の1番下にある雷のマークです。

何も設定していないと、フラッシュも自動になります。

フラッシュを使ってしまうと、光でぼやけた写真になってしまう可能性があります。

そのため、フラッシュはオフにしておきましょう。

普段の写真の撮影でもフラッシュはなるべくオフにした方が綺麗な写真が撮れます。

ピントを合わせたらAF/AEロックをする

iPhoneの接写(マクロ撮影)

iPhoneには、自動フォーカス(AF)と自動露出(AE)の機能があります。

自動で調整してくれる機能ということで非常に便利ですが、接写(マクロ撮影)の場合にピントが少しでもズレると、調整しようとぼやけてしまうので、正直邪魔です。

そこで、接写(マクロ撮影)の時はAF/AEロックを活用し、自動調整されないようにしましょう。

使い方は簡単で、ちょうど良い距離でピントが合ったら、画面を長押しします。

すると、画面上部に「AF/AEロック」と表示されます。

これにより、自動で調整しようとピントがコロコロ変わることはありません。

手ブレを防ぐためにタイマーを使って撮影

iPhoneの接写(マクロ撮影)

手ブレによって接写(マクロ撮影)してもぼやけてしまう可能性があります。

手ブレが多く発生しやすいのはシャッターを押すタイミングです。

そこで、手ブレを防ぐためにタイマーを利用しましょう。

画像左部の2番目の時計のようなマークがタイマーです。

3秒または10秒を選ぶことができるので、3秒にすれば長くスマホを構える必要もないので、手ブレを最小限に抑えることができます。

実際に撮影してみた

上記の撮影方法を使って、実際に接写(マクロ撮影)をしてみました。

まずは、何も設定を変えたりしていない状態の写真です。

iPhoneの接写(マクロ撮影)

やはり全体的にぼんやりとした印象があります。

どれだけピントを合わせても、少しズレてしまうとすぐにぼやけてしまいます。

近づけば近づけるほどピントが合わなくなってしまうので、iPhoneの標準カメラで接写(マクロ撮影)をするのはかなり難しいと感じました。

そこで、解説した方法で接写(マクロ撮影)をしてみました。

iPhoneの接写(マクロ撮影)

先程の画像よりも全体的にはっきりしたように思えます。

最初に撮った写真よりも、全体的にシャープな印象を受けますし、輪郭もはっきりしていますよね。

iPhoneの標準カメラで綺麗に接写(マクロ撮影)する方法

  • 設定画面でスマートHDRをオフにする
  • フラッシュをオフにする
  • 被写体にピントを合わせたらAF/AEロックをする
  • 手ブレを防ぐためにタイマーを使って撮影

次のページでは、文字をはっきり接写(マクロ撮影)するための方法を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ