テレワークでポケットWiFiをレンタル|厳選4社の特徴やメリットを解説

すぐにインターネット環境が必要、回線工事ができない。こんな時はポケットWi-Fiが役立ちます。特にテレワークや短期間だけインターネット環境が必要な方にはレンタルポケットWiFIがおすすめです。本記事はレンタルポケットWiFIを徹底解説。今日からインターネット環境を構築できます!
  • 2021年6月20日
  • by.affiprecious

WiFiレンタルどっとこむ

テレワーク需要が急激に高まっている現代、今すぐにでもネット環境を構築したいという方は多いはずです。

しかし、人気の光回線は開通するまでにかなりの日数を費やすため、「今すぐ」というニーズは満たせません。

そこでおすすめなのが「ポケットWiFiレンタル」です。

申し込み後、端末が届いたその日からネットが使えるようになります。また、1日単位の超短期レンタルも可能です。

契約期間や解約金の縛りもありません。ネット環境を気軽に構築できますよ。

本記事では、テレワークで使えるポケットWiFiレンタルの特徴やメリット、おすすめの業者などを詳しく解説していきます。

ポケットWiFiのレンタルについて
  • 1日単位の短期間のレンタルが可能
  • セキュリティの高い通信環境を構築できる
  • 4G/LTEを利用するため、テレワークでのオンライン会議も可能
  • 4大キャリアに比べると知名度は低いものの、セキュリティ機能などは同じで信頼性は高い
関連記事

新型コロナウイルスの影響でテレワークが推奨されているため、ポケットWiFiの需要が増大しています。 最近テレワークを始めた人の中には、「テレワーク向けのおすすめポケットWiFiってあるの?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょう[…]

AiRWi-Fi

トップ画像引用元:【公式】WiFiレンタルどっとこむ|WiFiレンタル日本国内専用

ポケットWiFiをレンタルする強み

WiFiレンタルどっとこむでのテレワーク推進

画像引用元:テレワークのWiFi環境 | 【公式】WiFiレンタルどっとこむ

ここ1~2年で急速に普及したリモートワーク。現在お勤めの会社でも、「リモートワークに切り替えよう」という話が出ている方は多いのではないでしょうか。

リモートワークを実現するためには、自宅のパソコンをインターネットに接続できるようにしなければいけません。

しかし、「ネットはスマホがあれば十分」という人が多い今日。自宅に光回線がない人は、決して少数派ではないはずです。

とはいえ、早急にネット環境を用意しないと、職場のみんなに迷惑をかけてしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが「ポケットWiFiレンタル」です。

ポケットWiFiレンタルのメリット
  • 最短1日からレンタル可能
  • 状況や環境に合わせて端末の増減・機種選択が可能

短期間、最短1日からレンタルできる

大抵の場合、光回線の契約には「契約期間」の取り決めが含まれています。

期間は平均2年ほど。長く利用する予定なら問題ありませんが、短期間の利用には向いていません。

人気のWiMAXやポケットWiFiも同様です。

一方、「ポケットWiFiレンタル」であれば、最短1日から端末を借りることができます。

もちろん、数日間レンタルすることもできますし、週単位・月単位のレンタルも可能です。

しかも、端末が手元に届いたその日からネットに接続できるようになるため、ネット環境が急きょ必要になった方には、まさに打ってつけのサービスと言えます。

状況や環境に合わせてポケットWiFiの増減・機種選択が可能

ポケットWiFiのレンタルサービスでは、多種多様な機種の中から自分に合ったものを借りることができます。

レンタル費用は端末や日数によってまちまち。

光回線やWiMAXは、ユーザーの利用状況にかかわらず月額固定であるケースが多いため、このような柔軟なところもポケットWiFiレンタルのメリットと言えるでしょう。

テレワークにおけるポケットWiFiの利用用途

パソコンとスマホ

いくらポケットWiFiレンタルが魅力的なサービスであっても、そもそもポケットWiFi自体が利用用途に合致していなければ、無用の長物になってしまいます。

そこで、実際に端末をレンタルする前に、自分の利用用途に合っているかどうかを確認しておきましょう。

ポケットWiFiの利用用途
  • セキュリティを確保した通信環境の構築
  • テレワークに欠かせないオンライン会議

セキュリティを確保した通信環境の構築

テレワークを行う際は、社内の情報を社外に持ち出すことになります。

「テレワークでは社内情報の取扱禁止」というルールを設けている会社もあるようですが、それではあまりにも不便ですよね。

もちろん社内情報を外部に漏らすわけにはいきません。そのためには、「ネットのセキュリティ」をできるだけ高めることが重要になります。

ポケットWiFiレンタルのセキュリティ機能は非常に高いです。

レンタルしたポケットWiFiは不正アクセスを防ぐために、ID・パスワードが設定されています。

また、ポケットWiFiと端末間の通信は暗号化されているため、仮に電波を傍受されてしまっても、その中身を覗き見ることはできません。

このように、強力なセキュリティ機能に守られながら、安全に仕事をすることができます。

テレワークに欠かせないオンライン会議

テレワークを導入した多くの会社で行われている「オンライン会議」。

対面での会話にも言えることですが、会議中は発言するタイミングが重要ですよね。また、相手が話している内容も、しっかり聞き取らなければいけません。

しかし、通信品質があまり良くないと、こういった当たり前のことが難しくなってしまいます。

通信回線が重たくて言いたいことを言えなかった、なんて嫌ですよね。

ポケットWiFiレンタルなら、このような心配は要りません。

例えばオンライン会議ツールとしてよく使われている「Zoom」の場合、必要な通信速度はおよそ2Mbpsと言われています。

レンタルできるポケットWiFiは4G/LTEの回線を利用しているため、2Mbps程度は問題なくクリアできるでしょう。

ただし、通信回線が混雑しがちな昼休みなどは、通信速度が大幅に低下するかもしれません。このような時間帯は避けた方が無難です。

おすすめできるレンタルポケットWiFi

ここからは、本記事でおすすめする下記のレンタルポケットWiFiについてご紹介します。

本記事おすすめのレンタルポケットWiFi
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • NETAGE
  • WiFi東京レンタルショップ
  • どこでもネット

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

画像引用元:【公式】WiFiレンタルどっとこむ

ポケットWiFiレンタルで最も人気がある業者といえば、WiFiレンタルどっとこむです。

1日単位からのレンタルが可能なうえに、当日15時までなら即日発送と、数多くのメリットがあります。

では、料金から確認していきましょう。

WiFiレンタルどっとこむの料金

機種名料金
SoftBank
E5383 無制限
1日:495円
30日31泊:7,425円
SoftBank
601HW 無制限1日1GB
1日:440円
30泊31日:6,600円
SoftBank
501HW 無制限
1日:495円
30泊31日:7,425円
SoftBank
T6 無制限
GW01 無制限1日:511円
30泊31日:7,672円
WiMAX
HOME02 無制限
1日:605円
30泊31日:8,470円
USBドングル
Si-L10 6GB
1日:1,320円
30泊31日:3,960円
SoftBank
801ZT 10GB
1日:1,650円
30泊31日:4,950円
SoftBank
801ZT 7GB
1日:1,430円
30泊31日:4,290円
SoftBank
E5383 5GB
1日:1,320円
30泊31日:3,960円
SoftBank
FS030W 6GB
SoftBank
GlocalMe 無制限(国内)
1日:495円
30泊31日:7,425円

WiFiレンタルどっとこむの料金は、レンタルするポケットWiFiによって異なります。

また、レンタル機器によって使えるデータ量も変わってくるため、用途に合わせて選んでくださいね。

オンライン会議を頻繁に行うのであれば、通信量が予想以上に膨らむ恐れがあるため、データ量無制限の機種がおすすめです。

なお、下表のオプションサービスも用意されています。

オプションサービス料金
安心補償サービス44円/日
モバイルバッテリー220円/日
無線子機33円/日
カーチャージャーUSB110円/日
USBx4ポートACアダプター110円/日
WiFi中継機ELECOM110円/日
WiFi中継機IODATA55円/日
データ通信ケーブル33円/日

WiFiどっとこむの受取・返却方法

受取方法は、以下4つから選択できます。

端末受取方法
  • 宅配
  • コンビニ
  • 店頭(渋谷ちかみち)
  • 空港カウンター

テレワークで使うのであれば、必然的に宅配かコンビニのどちらかを選ぶことになるでしょう。

端末の返却方法は下記の3つです。

端末の返却方法
  • ポスト
  • 宅配便
  • 空港カウンター

最も手軽なのはポストです。レンタル時に同封されていた伝票に必要事項を記入し、返送用袋に貼り付けて、お近くのポストに投函してください。

発送・返却料金は下表のとおりです。

方法発送料返却料
宅配1台:550円
2台〜4台:1,100円
宅配会社・配送方法によって異なる
コンビニ-
ポスト-517円または550円

難しい手続き・操作は一切なし

WiFiレンタルどっとこむは、公式サイトから申し込めます。

簡単な操作で手続きできますし、契約は自動延長されるため、煩わしい延長手続きも不要です。

レンタルした端末の操作も難しくありません。端末の電源を入れたら、添付のSSIDとパスワードをパソコンに入力してWiFi接続するだけで、インターネットに繋がります。

NETAGE

NETAGEのWiFiレンタル

画像引用元:【公式】NETAGE 日本国内 WiFi レンタル 出張・旅行・帰国などにとっても便利!

次におすすめするのは、格安WiFiレンタルのNETAGEです。

レンタルは1日単位からOK。短期利用のユーザーにとってかなりお得な料金設定となっています。

では、そんなNETAGEの料金を見てみましょう。

NETAGEの料金(一部)

機種名料金
SoftBank
W07 無制限
1日:1,650円
月上限:11,000円
SoftBank
601HW 無制限
1日:715円
月上限:9,850円
SoftBank
501HW 無制限
1日:530円
月上限:8,800円
SoftBank
FS030W 3GB・無制限/月
1日:420円
月上限:7,480円
WiMAX
W06 無制限
1日:820円
月上限:11,000円
Y!mobile
305ZT
1日:1,540円
月上限:3,740円

NETAGEでは1日420円からポケットWiFiをレンタル可能です。

また、ほとんどのプランがデータ無制限なので、通信量を気にすることなくオンライン会議に参加できます。

さらに、月額料金の上限が予め設定されているため、借りすぎによる高額請求が心配な方でも安心です。

NETAGEの受取・返却方法

受取方法は、下記3つから選択できます。

端末受取方法
  • 宅配
  • 店頭
  • 当日バイク便

テレワーク目的であれば、宅配が最も便利でしょう。

端末の返却方法は下記の2つになります。

端末の返却方法
  • ゆうパケット(郵便ポスト投函)
  • 宅配便

最も手軽なのはポスト投函です。レンタルした機器を返却用封筒に入れ、ポストに投函してください。

ポスト投函日が返却日となるため、ギリギリまで利用できますよ。

発送・返却料は下表のとおりです。

方法発送料返却料
宅配1台:550円宅配会社・配送方法によって異なる
ポスト-550円

WiFi東京レンタルショップ

画像引用元:WiFi東京レンタルショップ – 国内用の大容量PocketWi-Fi格安レンタル店舗

格安WiFiレンタルの「WiFi東京」でも、1日単位の短期レンタルが可能です。

端末や発送・返却方法は選べません。その分、契約内容がシンプルでわかりやすいのが特長です。

WiFi東京レンタルショップの料金

機種名料金
SoftBank
501HW 無制限
1日:440円
30日:6,600円
60日:13,200円
90日:18,150円

レンタルできる機種は501HWの1機種だけです。

1日のレンタル料金は440円と格安。1ヶ月あたりの料金は6,600円で、業界最安級です。

1ヶ月単位でレンタルするなら、WiFi東京レンタルショップがおすすめですよ。

WiFi東京レンタルショップの受取・返却方法

受取・返却方法はそれぞれ1種類のみです。

端末受取・返却方法
  • 宅配(受取)
  • ポスト投函(返却)

選択がない分、わかりやすいですね。発送・返却料は往復で1,100円。

返却手続きは、レンタル機器に同封されていたレターパックに端末などを入れて、ポストに投函するだけです。

どこでもネット

どこでもネット

画像引用元:国内wifiレンタルが安いどこでもネット

最後におすすめするのは、格安WiFiレンタルの「どこでもネット」です。

1日単位からレンタルできます。

では、どこでもネットの料金を見てみましょう。

どこでもネットの料金(一部)

機種名料金
WiMAX2+
W05 3日10GB
1日:900円
31日:7,850円
ドコモ
HW01F 無制限
15日:4,800円
31日:6,750円
60日:12,000円
au
W03 月7GB
15日:4,800円
31日:6,750円
60日:12,000円
ワイモバイル
GL06P LTE
1日:900円
31日:6,750円

どこでもネットでは1日900円からポケットWiFiをレンタルできます。

これまでご紹介してきたおすすめ業者よりも割高なので、1日単位でのレンタルはあまりおすすめできません。

一方、1ヶ月単位の料金は6,750円~です。これは業界最安級の安さ!

また、数ヶ月間利用できるプランも用意されています。

どこでもネットは、1ヶ月~数か月間にわたって端末をレンタルし続けたい方におすすめです。

どこでもネットの受取・返却方法

受取方法は宅配と店舗から選べますが、多くの方が宅配を選択することになるでしょう。

端末受取・返却方法
  • 宅配(受取)
  • 店舗(受取)
  • ポスト投函(返却)

返却方法はポスト投函のみです。レンタル機器に同封されてきた専用封筒に機器を入れ、ポストに投函してください。

発送・返却料は往復1,200円です。

4大キャリアではレンタルできる?

Wi-Fi STATION SH-52B

画像引用元:Wi-Fi STATION SH-52B | データ通信製品 | 製品 | NTTドコモ

結論から言いますと、4大キャリアでポケットWiFiのレンタルは実施していません。

ポケットWiFiのサービスは行っていますが、端末を購入する必要があります。また、月額料金が固定ですし、契約状況によっては解約金などが発生する可能性も。

短期間だけ利用したい場合は、本記事で紹介しているポケットWiFiレンタルの方が良いでしょう。

ポケットWiFiレンタルはセキュリティも万全

圧倒的な信頼と実績がある4大キャリア。そのため、自宅にネット環境を構築する際、多くの方がまず最初に「4大キャリアではどんなサービスを提供しているんだろう」と考えるはずです。

一方、本記事でご紹介したポケットWiFiレンタル業者の知名度は、その界隈においては高いものの、一般的には4大キャリアよりも遥か下と言えます。

テレワーク、つまりビジネス目的でポケットWiFiを利用するのであれば、信頼できる業者から端末をレンタルしたいですよね。

でも安心してください。ポケットWiFiレンタル会社が採用しているセキュリティ機能は、4大キャリアと同じものなのです。

そのため、セキュリティの性能は、4大キャリアもポケットWiFiレンタルもほぼ変わりません。

4大キャリアと同レベルの信頼性があるサービスということです。

1日レンタルも可能!使い勝手抜群のポケットWiFiレンタル

本記事では、テレワークに便利なポケットWiFiレンタルについて解説しました。

ポケットWiFiのレンタルについて
  • 1日単位の短期間のレンタルが可能
  • セキュリティの高い通信環境を構築できる
  • 4G/LTEを利用するため、テレワークでのオンライン会議も可能
  • 4大キャリアに比べると知名度は低いものの、セキュリティ機能などは同じで信頼性は高い

1日単位で契約できるほか、端末が届いたその日からネットが使えるポケットWiFiレンタル。

契約期間や解約金といった、わかりにくい項目も一切ないため、非常に気軽に利用できます。

ビジネス目的のテレワークにも最適ですので、今すぐネット環境が欲しい方には非常におすすめですよ。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。