格安SIMでもテザリングはできる!設定手順・注意点【iPhone・Android対応】

  • 2020年8月17日
  • by.affiprecious

iPhoneとノートパソコン

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

今回は、iPhone・Androidを格安SIMでテザリングする手順や注意点を解説します。

パソコンなどの電子機器をインターネットに接続するとき、スマホの「テザリング」機能を利用すれば、スマホをネット回線の窓口として使うことができます。

テザリングは、今ではすっかりポピュラーな機能になりました。

この機能の有無によって、ネットの利用しやすさは大きく変わります。

そのため、携帯電話の契約時に、テザリングに対応しているかどうかを重視する方も少なくありません。

しかし、昨今のスマホはiPhoneにAndroid、そして格安SIMにドコモ、au、ソフトバンクの事情が絡み、テザリング事情が非常に複雑になっています。

格安SIMのテザリングまとめ
  • ひと昔前とは違い、今では多くの格安SIMでテザリングを利用できる。
  • 大手キャリアとは違い、格安SIMのテザリング利用料は無料!
  • 機種によっては対応していないこともある
  • テザリングの接続方法はUSB・Wi-Fi・Bluetoothの3種類

人気格安SIMのテザリング対応状況まとめ

ポケットWiFiとテザリングを比較

テザリングは、使いこなせると非常に便利な機能ですが、どの格安SIMでも利用できるわけではありません。

また、iPhoneには対応しているけど、Androidは非対応といった業者もあります。

まずは現在の人気格安SIM9社のテザリング対応状況を確認してみましょう。

格安SIM名iPhone対応Android対応
ワイモバイル
UQモバイル
LINEモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
OCNモバイルONE
y.uモバイル非公開非公開
イオンモバイル
nuroモバイル非公開非公開

〇:人気機種は概ねテザリングが可能。他キャリアの端末にも対応している。

△:人気機種でもテザリングできる端末が少ない。他キャリアの端末には未対応など

上から6社までの格安SIMは、人気機種であれば他キャリアの端末であってもカバーしていますね。

これら6社なら、テザリング時に対応端末を心配する必要はないでしょう。
※念のため、利用前の確認は行ってください。

なお、y.uモバイルとnuroモバイルの2社は、端末ごとのテザリング対応状況を公開していません。

SIMカードへの対応の記載はありました。しかし、SIMカードが使えるからといってテザリングが使えるとは限りません。

よって、この2社でテザリングを利用する際は、手持ちの端末でテザリングができるか、契約前に電話などで確認することをおすすめします。

最後はイオンモバイルについてです。イオンモバイルは、iPhoneには概ね対応していたものの、Androidスマホの対応機種はかなり少なめでした。

もともとAndroidの対応機種が少ない格安SIMなので、Android機種を持ち込んでMNPする場合は、対応機種をしっかり確認しましょう。

テザリングの料金は格安SIMだと無料なのも嬉しい

auとソフトバンクの場合、契約している料金プランによっては、月500円のテザリングオプション料金がかかってしまいます。

一方、格安SIMではテザリングのオプション料金がかかりません。

これは格安SIMでテザリングを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

ただし通信は発生しますので、テザリングを利用するなら大容量のデータ通信プランがある格安SIMがおすすめです。

格安SIMでテザリングを使う際の注意点

パソコンとスマホ

ここからは、格安SIMでテザリングを使う際の注意点について解説していきます。

スマホでネットを利用する感覚でテザリングを乱用していると、とんでもない事態を招くことになるので注意してくださいね。

テザリング対応の確認は契約前に

まず最も注意したいのは、格安SIMのテザリング対応状況です。

冒頭に掲載した、格安SIM9社のテザリング対応状況の表に「〇」が付いている会社でも、テザリング非対応の機種は存在します。

特に、数年前に製造された端末は、テザリングに対応していないことが多いです。

契約後にテザリング非対応であることに気が付いても、もはやどうしようもありません。

格安SIMでテザリングを利用したい場合は、必ず契約前に確認しましょう。

テザリング利用時の注意

テザリング利用時は、スマホのバッテリー消費が速くなります。

ネットを使っているか使っていないかに関係なく、バッテリーを激しく消耗するので注意してください。

本当にネットを利用するときにだけ、テザリングを有効にしましょう。

また、テザリング時に使ったデータ通信量は、通常どおり契約プランの月間データ量から消費されます。

テザリングを使って、パソコンで動画を視聴したいと考えている方は気を付けてください。

パソコンは標準解像度がスマホよりも高い傾向にあるので、データ消費量も多くなります。

パソコンゲームをダウンロードするなど、大量データ通信が発生するような行為は、できる限り控えた方が良いでしょう。

テザリングが使えるおすすめ格安SIM

ここからは、テザリングが快適に利用できるおすすめ格安SIMを3社紹介します。

テザリングが使えるおすすめ格安SIM
  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル

ワイモバイル

ワイモバイル

画像引用元:Y!mobile(ワイモバイル)

テザリングでまずおすすめしたいのは、ワイモバイルです。

ワイモバイルは、UQモバイルと並んでスマホの通信速度が大手キャリア並みに安定しています。

テザリングは便利な機能ではありますが、スマホには負担をかけるものです。そのため、通常のネット利用よりも回線速度が遅くなる傾向にあります。

特に多くの人がスマホを利用するお昼休みは、格安SIMが苦手としている時間帯です。

混雑している場所では、通信速度が1Mbpsを切ってしまうことも珍しくありません。

しかし、ワイモバイルはもともとの回線速度が優秀ですから、テザリングで多少速度が遅くなったとしても、問題なく快適に利用できます。

また、対応機種がiPhone・Android共に豊富である点もメリットのひとつです。

データ増量キャンペーン実施中!

UQモバイル

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)│安心・お得の格安スマホ/格安SIMで【顧客満足度No.1】

au傘下でauの回線を使用しているUQモバイルも、多くのiPhone・Android機種のテザリングに対応しているので、非常におすすめです。

ドコモ・au・ソフトバンクで販売している、SIMフリーを含むiPhone6s以降の全iPhoneがテザリングに対応しています。

なお、UQモバイル用のマルチSIMnanoを挿入するという条件付きです。

2つのモードを上手くやりくりしよう

UQモバイルでは、2つのテザリングモードを提供しています。

  • データ通信量を消費して、高速通信を利用するモード
  • データ通信量を消費せず、低速でネットを利用するモード

App Storeでインストールできる「UQ mobileポータルアプリ」を利用すれば、スマホで簡単に通信速度を切り替えられるようになります。

動画視聴時は、データ通信量を消費して高速通信を利用するのがおすすめです。

逆に、メールの送受信やウェブサイトを見るだけなら、低速モードでも十分でしょう。

「テザリングは使いたいけど、データ消費量が急激に減るのが怖い」という方におすすめです。

1万円キャッシュバック実施中!

LINEモバイル

LINEモバイルユーザーイメージ

トップ画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル

LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3社の回線に対応しています。

そのため、SIMロック解除なしで、そのままテザリングを使うことも可能です。

もちろんau製の端末であれば、LINEモバイルのau回線プランを選ぶなどの多少の制限はあります。

とはいえ、乗り換え元がどのキャリアであってもテザリングを使いやすいのは、嬉しいポイントですね。

LINEモバイルでのテザリングの設定方法は、後ほど解説します。こちらも併せてご確認ください。

3ヶ月間980円割引キャンペーン中!

格安SIMでテザリングを使う方法は3つ!

USBケーブル

テザリング中は、格安SIMで普段利用している回線を使って通信を行っています。

そのため、ネットに接続する速度は、普段の速度と変わりません。

しかし、スマホとテザリング利用機器間の速度は、接続方法によって差が出てきます。

デバイスの接続方法は以下の3種類です。

  • USBテザリング
  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング

それぞれの特徴と速度は以下の通り。

テザリング方式ネットの速度バッテリー消費量
USB速いパソコンから給電可能
Wi-Fi速い多め
Bluetooth遅い少なめ

では、3つの接続方法について詳しく見ていきましょう。

USBテザリング

USBは通信速度・バッテリー消費共に最も安定している接続方式です。ただし、接続にはUSBケーブルが必要になります。

一方、他2つの方法はケーブルを必要としません。

ケーブルを持ち歩かなければならない分、USB接続は外出先などではあまり使い勝手が良くないでしょう。

Wi-Fiテザリング

Wi-Fiは無線通信ですから、接続用のケーブルは不要です。通信速度も速めなので、メリットが多い接続方式と言えます。

スマホ1つあれば、複数の機器を同時にネットに接続できるため、最も気軽で使いやすい接続方式です。

ただし、スマホのバッテリー消費が激しいというデメリットもあります。

外出先で長時間利用する場合は、モバイルバッテリーを用意するなどの対策が必要になるでしょう。

Bluetoothテザリング

Bluetooth接続はWi-Fi接続より省エネで、バッテリー消費量が少なくて済みます。ただし、通信速度は遅いです。

環境によっては動作があまり安定しないこともありますし、接続できる台数も1台のみとなります。よって、そこまでおすすめできる接続方式ではありません。

スマホのバッテリーが少ない場合などを除けば、基本的にはWi-Fi接続方式の方がおすすめです。

iPhoneでのテザリング設定手順

契約している通信事業者がどこであっても、iPhoneでのテザリング手順は変わりません

そこで、ここからはLINEモバイルを契約した場合のiPhoneのテザリング設定方法を解説していきます。

接続方法はWi-Fi接続方式です。

  1. iPhoneのホーム画面から設定アプリを起動。
    テザリング設定方法
  2. 「モバイル通信」をタップ。
    テザリング設定方法
  3. 「インターネット共有」をタップ。
    テザリング設定方法
  4. 「ほかの人の接続を許可」をオンにする。
    テザリング設定方法

これでテザリングが有効となります。

テザリングが有効となったiPhoneのIDは「iPhone」です。また、画像のパスワード欄に記載されているものがパスワードになります。

あとはネットに接続したい機器のWi-Fi設定画面で、IDとパスワードを入力してください。これでiPhoneを介してネットに接続できるようになります。

正常に接続しているか確認するには

Wi-Fi経由でiPhoneに接続している機器があるとき、iPhoneの時計表示は青くなります。

テザリング設定方法

このような表示になっていれば、ちゃんと接続されていますよ。

Androidでのテザリング設定手順

xperia-10-ll
次に、Android端末でのテザリング設定手順を解説します。

と言っても、手順はiPhoneとほぼ変わりません。格安SIMごとの違いもほとんどないので、一度流れが分かればすぐマスターできるでしょう。

Androidでのテザリング設定手順
  • 「設定」アプリを起動する
  • 「無線とネットワーク」を選択
  • 「テザリングとポータブルアクセス」を選択
  • 「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」を選択
  • 「アクセスポイントを設定」を選択

この後、「アクセスポイント名」「暗号化タイプ」「パスワード」が表示されます。

「アクセスポイント名」はWi-Fi設定時に利用するIDです。

「パスワード」はWi-Fi設定時に利用するパスワードになります。任意の文字列を入力してください。

パスワード入力を終えたら、1つ前の画面に戻り、一番上の機種名が記載されている箇所をONにすることで、テザリングが有効となります。

あとは、ネットを利用したい機器で上記のID・パスワードを入力すれば、Androidスマホ経由でネットを利用できるようになりますよ。

格安SIMでもテザリングをうまく活用しよう!

今回はiPhoneやAndroidを格安SIMで契約して、テザリングする方法や料金、注意点を紹介してきました。

格安SIMのテザリングまとめ
  • ひと昔前とは違い、今では多くの格安SIMでテザリングを利用できる。
  • 大手キャリアとは違い、格安SIMのテザリング利用料は無料!
  • 機種によっては対応していないこともある
  • テザリングの接続方法はUSB・Wi-Fi・Bluetoothの3種類

テザリングを使う上で最も注意したいのは、手持ちのスマホと契約中の格安SIMがテザリングに対応しているかどうかです。

2019~2020年頃に発売された機種は概ね対応しているものの、中には例外もあります。テザリングを利用する際は、対応機種の確認を忘れないでくださいね。

これまで見てきたとおり、iPhoneやAndroidを利用して格安SIMでテザリングするのは、初心者向けとは言えません。少々難しい面はあります。

ですが、1度慣れてしまえば非常に便利な機能ですから、まだ使った事がない方はぜひチャレンジしてみてください。

【2020年11月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ