楽天モバイルに乗り換え(MNP)時の開通手続きとかかる時間

楽天モバイルに乗り換え(MNP)時の開通手続きとかかる時間

楽天モバイルへの乗り換え(MNP)手続きには、どれぐらい時間がかかるかご存知でしょうか?

格安な月額利用料が気になるけれど、手続きが大変そうで躊躇している方に朗報です。

実は、楽天モバイルへの乗り換え(MNP)手続きは、簡単でそれほど時間もかかりません。

今回は、楽天モバイルへの乗り換え(MNP)手続きとかかる日数を紹介します。

トップ画像引用元:楽天モバイル:楽天モバイル(格安スマホ、SIM)が選ばれる理由

楽天モバイルに乗り換える手順と必要な日数

最初に、楽天モバイルへの乗り換え(MNP)に必要な手順を見てみましょう。

楽天モバイルへの乗り換え手順
  • 必要なものを用意する
  • MNP予約番号の取得
  • 楽天モバイルでMNP申し込み
  • SIMの受け取り
  • SIMの設定(開通手続きとAPN設定)

上記の手順で最短2日~1週間ほどで楽天モバイルを開通させることができます。

楽天モバイルへの乗り換えに必要なもの

スムーズに手続きを進めるため、先に必要なものを揃えておきましょう。

楽天モバイルの乗り換え(MNP)に必要なものをまとめました。

用意するもの
  • 契約者と利用者の本人確認書類
  • 支払い方法
  • メールアドレス(フリーメール可)
  • MNP予約番号
  • スマホ(SIMと一緒に購入するなら不要)

上記のうち「契約者と利用者の本人確認書類」「支払い方法」「MNP予約番号」「スマホ」について、どのようなものが必要かはこの後詳しく紹介します。

楽天モバイルに提出する本人確認書類

本人確認書類

まずは、契約者の本人確認書類を用意しましょう。

また、もし契約者(=利用料金を支払う人)と利用者(=楽天モバイルを実際に使う人)が違う場合は、利用者の本人確認書類も必要になります。

利用者の条件

楽天モバイルでは、申込時に「利用者登録」を行うことで、契約者とは別の人も楽天モバイルを利用できるようになります。

ただし、誰でも利用者登録できるわけではなく、契約者と同じ住所に住んでいる家族や同居人に限られます。

よって、利用者の本人確認書類は、契約者の本人確認書類と同じ住所が記載されているものでないと受け付けてもらえません。

例え家族でも、契約者と別の住所に住んでいる人は利用者登録できないので注意しましょう。

楽天モバイルの本人確認方法

楽天モバイルでは、「アップロード」または「ご自宅かんたん本人確認」という2通りの本人確認方法が用意されています。

アップロードは、その名の通りスマホで撮影またはスキャナーで読み取った本人確認書類の画像を指定されたURLからアップロードする方法です。

一方、ご自宅かんたん本人確認とは、申し込み後、SIM配達時に配送業者の人に書類を提示して本人確認する方法です。

利用する確認方法によって有効な本人確認書類が違うので、間違えないようにチェックしておきましょう。

アップロードで提出できる本人確認書類

本人確認書類をアップロードで提出する場合は、以下のいずれかの書類が必要です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳(住所記載があるもの)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 健康保険証※
  • 日本国パスポート※
  • 住民基本台帳カード※
  • 特別永住者証明書(外国人登録証明書)
  • 在留カード

「※が付いている書類」または「氏名・住所が最新のものではない本人確認書類」を提出する場合は、次の補助書類も一緒にアップロードする必要があります。

補助書類

  • 公共料金の請求書・領収書(電気・都市ガス・水道いずれか)
  • 住民票(マイナンバーの記載がないもの)
  • 届出避難場所証明書

補助書類は、発行から3ヶ月以内のもので氏名・住所が申し込み内容と一致しているものを使いましょう。

ご自宅かんたん本人確認で利用できる本人確認書類

ご自宅かんたん本人確認で本人確認をする場合は、次のいずれかの書類が必要です。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書(外国人登録証明書
  • 在留カード

上記の通り、アップロードで提出できる本人確認書類よりも種類が少なくなっています。

楽天モバイルで利用可能な支払い方法

楽天モバイルでは、スマホの利用料金の支払い方法として次の3つの方法を選択できます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

それぞれの支払い方法について詳しく紹介します。

楽天モバイルで利用できるクレジットカード

  • 楽天カード※
  • VISA※
  • Master※
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

※が付いているカードは、端末の分割購入の支払いにも利用できます。

また、楽天カードで月額利用料金を支払うと、毎月、月額利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天カード作るなら必読!選ぶべき種類とポイントキャンペーンを解説

楽天モバイルで利用できるデビットカード

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

楽天デビットカードは、楽天銀行が発行するデビットカード(JCBまたはVISAブランド)で、月額利用料金の支払いに用いると、楽天カードと同じく毎月1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天モバイルの口座振替で利用できる金融機関

口座振替を希望する人は、申し込み時に契約者と同じ名義の銀行口座のキャッシュカードと口座情報を確認できるものを用意してください。

楽天モバイルで対応している金融機関(一部)は次の通りです。

  • 楽天銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫など

ただし、口座振替による支払いは、次のような注意事項があります。

口座振替の注意点
  • 毎月支払い手数料100円(税抜)が発生
  • 機種代金は支払えない

口座振替では、スマホの月額基本料金/通話料/オプション料/事務手数料は支払えますが、機種代金の支払いはできません。

もし、MNP申し込みと同時にスマホの購入し、月額利用料を口座振替で支払う場合、機種代金のみ代金引換または楽天スーパーポイントで支払うことになります。

次の章でも引き続き、楽天モバイルにMNPする手順を詳しく説明していきます。

MNP予約番号を取得する

楽天モバイルに乗り換え(MNP)する際、乗り換え元の携帯電話会社で発行されたMNP予約番号が必要になります。

MNP予約番号取得・使用時には次の点に注意しましょう。

  • MNP予約番号取得時の名義と楽天モバイル契約者の名義を同じにする
  • MNP予約番号取得後5日以内に楽天モバイルに申し込む
  • 楽天モバイルに申し込むとMNP転出手数料が発生する

乗り換え(MNP)するには、元の携帯電話会社の名義と楽天モバイルの名義を同じものにしないと受け付けてもらえません。

元の携帯電話会社の契約者とは違う名義で楽天モバイルで契約する時は、先に元の携帯電話会社で契約者名義を楽天モバイルで契約する名義に変更してからMNP予約番号を発行しましょう。

また、MNP予約番号は発行日から15日間が有効となりますが、楽天モバイルでは有効期限が10日以上残っているMNP予約番号がないと申し込みできません。

もし、MNP予約番号発行後、楽天モバイルにMNP申し込みする前に有効期限が10日未満になってしまったら、もう一度取得しなおしましょう。

なお、MNP予約番号の発行に手数料などはかかりませんが、楽天モバイルに乗り換え(MNP)申し込みが完了した時点で、乗り換え元の携帯電話会社で下記の「MNP転出手数料」というものが発生します。

会社MNP転出手数料
ドコモ2,000円
au3,000円
ソフトバンク

詳しいMNP予約番号の取得方法については後で紹介します。

楽天モバイルで使えるスマホ

現在使用中のスマホを楽天モバイルでも引き続き使いたいと考えている方は、次の2つのことをしておきましょう。

  • 使用したいスマホが楽天モバイルで動作確認済みかチェック
  • ソフトバンク・auで購入したスマホはSIMロック解除手続きを行っておく

楽天モバイルで動作確認済みのスマホは、楽天モバイル公式サイトの「動作確認済み端末」ページからチェックできます。

また、楽天モバイルではドコモで購入したスマホはそのまま利用できますが、ソフトバンク・au購入したスマホは、元の携帯電話会社でスマホのSIMロック解除鉄続きを行っておかないと利用できません。

SIMロック解除手続きは、そのスマホを購入した携帯電話会社のショップまたは公式サイトから行えます。

契約中の電話会社でMNP予約番号を取得する

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

ここからは、実際に楽天モバイルへ乗り換える手順を紹介していきます。

まずは、契約中の携帯電話会社でMNP予約番号を取得しましょう。

方法は簡単で、現在利用中の携帯電話会社のショップまたは電話窓口でMNP予約番号を取得したい旨を伝えるだけでOKです。

大抵はその場でMNP予約番号を発行してもらえます。

たまに後からメールアドレスにMNP予約番号を送付してくる場合もありますが、それでも即日~2,3日以内に取得できることがほとんどです。

大手会社のMNP予約番号問い合わせ先

ドコモ・au・ソフトバンクのMNP予約番号の問い合わせ先は次の通りです。

ドコモ

  • ドコモの携帯電話から:151(受付9:00~20:00)
  • 一般電話:0120-800-000(受付9:00~20:00)
  • PC・スマホ:My docomo → ドコモオンライン手続き(受付9:00~21:30)
  • ドコモショップ

ソフトバンク

  • ソフトバンクの携帯電話から:*5533(受付9:00~20:00)
  • 一般電話:0800-100-5533(受付9:00~20:00)
  • ソフトバンクショップ

au

  • 電話:0077-75470(受付9:00~20:00)
  • EZWeb:トップ → My au → 申し込む/変更する(受付:9:00~21:30)
  • auショップ

楽天モバイル公式サイトから申し込む

MNP予約番号を取得したら5日以内に楽天モバイルで乗り換え(MNP)の申し込みを行いましょう。

今回は、自宅で簡単にできる公式サイトからの申込方法を紹介します。

楽天モバイルサイトの申込手順

楽天モバイル公式サイトから乗り換え(MNP)を申し込む場合、次のような手順になります。

  1. SIMのタイプとプランを選択
  2. オプションサービスの選択
  3. アクセサリーの購入(あれば)
  4. 契約者情報・支払い情報の入力と本人確認書類のアップロード
  5. 利用規約の確認
  6. 申し込み完了

申し込み完了後は、入力内容や本人確認書類に不備がないかチェックされ、問題なければ登録したメールアドレスに手続き完了メールが届きます。

その後は、自宅にSIM(一緒に購入した場合はスマホも)が届くのを待つだけです。

早ければ申し込みから最短2日でSIMが自宅に届きます。

また、楽天モバイルでは格安SIMには珍しく、商品配達日を指定することが可能です。

楽天モバイルの2通りのMNP手順について

楽天モバイルでは、申し込み時にMNPの方法を、

  • ご自宅MNP
  • Web申込と同時にMNP手続きをする

のどちらかから選択することになります。

どちらを選ぶかによってSIMが届いた後の手順や開通するタイミングが少し変わってきます。

この2つの方法について、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

ご自宅MNP

ご自宅MNPは、SIMが自宅に届いてから自分でMNP切り替え手続きを行う方法です。

ご自宅MNPのメリットは、次の2点です。

  • MNPの切り替えタイミングを自分で調整できる
  • 切り替え後はすぐにSIMを使用できる

ご自宅MNPなら数時間不通になっても大丈夫なタイミングで手続きを行い、手続きが完了すればすぐに楽天モバイルSIMを使えるようになります。

デメリットらしいデメリットはあまりないのですが、次の点に注意が必要です。

  • 転出元の携帯電話会社のSIMで電話する必要がある

楽天モバイルMNP開通受付センターに電話する際は、転出元の古い方のSIM使う必要があります。

楽天モバイルのSIMを挿入して電話しても手続きされないので間違えないようにしましょう。

Web申込と同時にMNP手続きをする

Web申込と同時にMNP手続きをするは、SIM発送前に楽天モバイル側でMNP手続きを行ってもらう方法です。

メリットは次の2つです。

  • 楽天モバイルMNP開通受付センターへの電話不要
  • 月額利用料金「口座支払い」でかつ機種代金を「代金引換」にする人も利用可

一方、デメリットとしては、次の点が挙げられます。

  • SIMが届くまでの間、スマホの通話・インターネットが利用できなくなる

こちらの方法では、MNP手続き完了後も自宅にSIMが届くまではスマホが使えない状態が続くので、「ご自宅MNP」を利用する場合よりも不通になる時間が長くなります。

楽天モバイルの料金プラン完全ガイド|選び方のおすすめから変更方法まで

次の章では、SIM到着後の開通手続きについて解説していきます。

SIM到着後に開通手続きを行う

楽天モバイルからSIMやスマホが届いたら、まず開通手続きを行いましょう。

必要な手続きは、申し込み時の内容によって変わってきます

申し込み時にMNPの方法で「ご自宅MNP」を選択した場合は次の「楽天モバイル開通受付センターに電話する」の手順が必要になります。

一方、「Web申込と同時にMNP手続きをする」を選んだ場合は、その次の「スマホのAPN設定を行う」だけ行ってください。

楽天モバイル開通受付センターに電話する

楽天モバイルで申し込み時に「ご自宅MNP」を選択した方は、SIMが自宅に届いてから自分で開通手続きをおこなうことになります。

手続きといっても、MNP転出元の古いSIMが挿入されたスマホから下記の楽天モバイル開通受付センターへ電話するだけです。

  • 楽天モバイル開通受付センター:0800-805-1111 ※通話料無料

開通受付センターに繋がると、自動音声案内が流れるので、案内終了後に通話を切ります。

その後は、楽天モバイル側で開通手続きを行ってくれるので、しばらく待ちましょう。

混雑具合や電話した時間にもよりますが、切り替えにかかる時間は15分から1時間程度です。

ただし、夜間に電話すると、開通するのは翌朝になることがあるのでできるだけ日中に電話しましょう。

スマホのAPN設定を行う

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

最後に、スマホのAPN設定(初期設定)を行えば楽天モバイルが使えるようになります。

設定にはSIMに添付されていた台紙に書かれた設定情報が必要になるので、お手元に用意した上で設定を行いましょう。

iPhoneとAndroidでは設定方法が異なりますが、どちらも数分程度で設定完了します。

iPhoneの場合

iPhoneをお使いの方は、「構成プロファイル」と呼ばれるAPN設定が記録されたファイルをダウンロードすることになります。

そのため、Wi-Fi接続可能な環境で初期設定を行ってください。

また、ダウンロードする構成プロファイルは、申込種別ごとに違いますので、SIMに添付された台紙で自分の申込種別を確認しておきましょう。

  1. iPhoneの電源を切った状態でSIMを楽天モバイルのものに交換
  2. iPhoneの電源を入れる
  3. ホーム画面からSafariなどのブラウザを起動
  4. 楽天モバイル公式サイトの「格安スマホQ&A > 楽天モバイルでiPhoneを使う」にアクセス
  5. 構成プロファイルのダウンロード
  6.  SIM添付の台紙で申込種別を確認
  7. 申込種別に合った構成プロファイルのダウンロードURLを選択
  8. 「インストール」をタップ
  9. 確認画面で再度「インストール」をタップ
  10. インストールが終わったら「完了」をタップ

これでiPhoneのAPN設定は完了です。

Androidの場合

  1. スマホの電源を切った状態でSIMを楽天モバイルのものに交換
  2. スマホの電源を入れる
  3. 「スマホの設定 > 無線とネットワーク >モバイルネットワーク >アクセスポイント名」を選択
  4. 一覧の中に「楽天モバイル」がある場合には「楽天モバイル」を選択、なければ下記の手順を行う
  5. スマホを再起動します。

一覧に「楽天モバイルがない場合」

台紙記載のAPNrmobile.jprmobile.coa.rmobile.jp
APN名※rmobile.jprmobile.coa.rmobile.jp
ユーザ名※rmrmrakuten@vdm
パスワード※000000000000
認証方法※PAPまたはCHAPPAPまたはCHAPPAPまたはCHAP
接続方法
(PDP Type)
IP接続IP接続IP接続
MCC440440440
MNC101051

※は必須項目、それ以外は必要に応じて入力します。

これでAndroidのAPN設定は完了です。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

最後に、楽天モバイルで実施中のお得なキャンペーンを紹介します。

お友達紹介キャンペーン

既に楽天モバイル通話SIM契約済みの家族・友人がいる人は、お友達紹介キャンペーンでお得に契約できます。

その名の通り、楽天モバイル通話SIM利用中の人の紹介で楽天モバイルを契約すると、紹介した人・紹介された人双方に楽天スーパーポイントがプレゼントされるというキャンペーンです。

もらえるポイント数は紹介された人の契約プランと契約方法で変わってきます。

もらえる条件紹介した人
(ポイントは最大)
紹介された人
(ポイントは最大)
スーパーホーダイ契約時3,000ポイント1,500ポイント
組合わせプラン契約時2,000ポイント1,000ポイント
平日にショップで契約×追加で1,000ポイント

キャンペーンを利用するには、紹介する人の楽天モバイルのユーザーIDを紹介された人が契約時に入力または提示するだけなので、周囲に楽天モバイルユーザーがいる方はぜひ活用してください。

2017年9月から実施されているキャンペーンで終了日が未定ですので、気になる方はお早めに。

楽天モバイルの乗り換えは最短2日で完了!

最後に、もう一度他社から楽天モバイルに乗り換え(MNP)する手順と開通に必要な日数を見てみましょう。

楽天モバイル乗り換え手順と日数
  • 必要なものを用意(数分~)
  • MNP予約番号の取得・入手(数分~2日)
  • 楽天モバイルでMNP申し込み(10分程度)
  • SIMの受取(申し込み翌日~1週間)
  • SIMが届いてからの設定・反映完了(数分~数時間)

上記の通り、順調にいけば最短2日で開通手続きは完了します。

手続きの内容もインターネットと電話で簡単にできるものばかりなので、仕事や家事の休憩時間を使って乗り換えできます。

乗り換え(MNP)を迷っている方も、ぜひチャレンジしてみてください。

楽天モバイルおすすめ最新スマホランキング【2019夏モデル】
この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ