楽天モバイルに乗り換える手順3ステップ|お得にMNPする方法

楽天モバイルに乗り換える手順3ステップ|お得にMNPする方法

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

楽天モバイルに他社から乗り換え(MNP)を検討している人も多いのではないでしょうか。

楽天モバイルは格安SIMの中でも大手であり、楽天ポイントが貯まるお得なサービスとしても定評があります。

そこで、今回は楽天モバイルに乗り換える時の手続きの手順や手数料、商品の受け取りまでにかかる日数などについて解説していきます。

これから楽天モバイルに乗り換えを検討している人は、是非参考にしてください。

※本記事中は原則、税込み表示

楽天モバイルに乗り換える手順3ステップ
  • ステップ1:MNP予約番号を取得する
  • ステップ2:楽天モバイルに申し込む
  • ステップ3:SIMの差し替えと初期設定

トップ画像引用元:楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

楽天モバイルに乗り換える(MNP)手順3ステップ

楽天モバイルへのMNP

画像引用元:楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

まず、楽天モバイルに乗り換える時に必要な手順を確認していきましょう。

この章では、楽天モバイルに乗り換える時の手順と、契約に必要なものについて詳しく解説していきます。

楽天モバイルに乗り換える前に準備するもの

まず、乗り換え時に必要なものをまとめてみました。

楽天モバイル乗り換え前に準備するもの
  • 契約者の本人確認書類
  • 楽天会員ログイン用のユーザーIDとパスワード
  • 予約番号
  • 本人名義のクレジットカードorデビットカードまたはキャッシュカード・金融機関指定の口座確認に必要なもの(暗証番号など)

上記の必要なものはオンラインストア契約の場合です。

しかし、実店舗で契約する時も全て用意していた方がスムーズに手続きを進められると思われます。

また、オンラインストア契約であれば本人確認書類のアップロードが必要となります。

ただし、契約したSIMカードや端末を受け取る時に配達員に確認書類を掲示して本人確認する方法も選ぶことができます。

ステップ1:MNP予約番号を取得する

まず、移転元キャリアで予約番号と呼ばれる、乗り換えに必要な番号を取得する必要があります。

移転元のキャリアの実店舗へ行くか、オンラインストアや電話で手続きをしましょう。

実店舗は混み合いやすいので、My SoftBankのようなキャリアのアプリサービスから手続きするのがおすすめです。

実質移転元キャリアを解約して乗り換える流れとなるので、中には「解約したい」とスタッフに言ってしまい、予約番号を発行するのではなく誤って解約されてしまったというケースもあります。

スタッフの確認不足が原因ではありますが、余計なトラブルを増やさないためにも「乗り換え(MNP)したい」とはっきり伝えるようにしましょう。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

ステップ2:楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルは実店舗も展開しており、他の格安SIMと違って店舗で直接スタッフに相談することができます。

もちろん、ネットでも乗り換えの手続きは可能です。

※au回線の組み合わせプランはWeb申込のみ

楽天モバイルの申し込み方法
  • オンラインストア
  • 実店舗

オンラインストアで申し込む場合

ネット契約の場合は、楽天モバイル公式サイトから手続きすることができます。

前述した通り、ネット上に本人確認書類をアップロードすることもできますが、後から商品配達時に書類を掲示することもできるので、都合の良い方を選びましょう。

自分でプランや機種の選択、契約情報の入力をする必要があるので、間違いがないかその都度確認してください。

受け取りに必要な日数は最短2日

ネットで契約すると、最短2日でSIMカードや購入したスマホが自宅宛に届きます。

つまり、新しく購入したスマホが来るまで最短2日間の空白期間ができてしまうことになりますが、その間今まで使っていたスマホを利用し続けることは可能です。

契約時に、必ず「ご自宅MNP」を選択しましょう。

そうすれば、スマホが届いた時に手動で開通作業を行うことができるので、受け取ったタイミングで回線の切り替えが可能となります。

一方で、「ご自宅MNP」を選択しないと、契約完了のタイミングで自動的に開通されてしまうので、今まで使っていたキャリアのスマホも自動的に解約となってしまいます。

結果、最短で2日程度の期間はスマホが使えなくなってしまいます。

楽天モバイルを店舗で申し込むメリット・デメリット|ネットよりもお得?

実店舗で申し込む場合

スタッフと料金プランなど相談や確認をしながら手続きしたいという場合は、実店舗を利用しましょう。

実店舗で手続きをする場合は、必要なものを全て用意している限り、私たちが何か作業をしたりすることはほとんどありません。

プランや機種を決めて、確認のサインをする程度です。

スマホの操作が苦手という人や、初めてスマホを契約する人は実店舗の方が安心でしょう。

ステップ3:SIMの差し替えと初期設定

開通したらSIMカードをスマホに挿し込んだり、アカウントなどの初期設定が必要となります。

実店舗契約であれば、スタッフが契約の流れで初期設定をしてくれる場合がほとんどですが、ネット契約の場合は自分でやらないといけません。

マニュアルも同封されているので、スマホの扱いに慣れていない人は確認しながら慎重に操作しましょう。

SIM+端末セット購入の場合

SIMカードと端末が届いたら、電源が入っていない状態のスマホにSIMカードを挿入します。

その後電源をONにすると、「ようこそ」や「こんにちは」といった文字が表示されるので、そのまま言語設定やアカウント設定、位置情報の許可などの設定に進んでください。

「ご自宅MNP」の場合は、指定された番号へ電話をして開通させる必要があります。

アカウント設定では、Googleアカウント(Androidスマホ)またはApple ID(iPhone)の入力が必要です。

今まで使っていたものを使用するか、初期設定の画面から新たにアカウントを取得してください。

尚、それらの設定はスキップして後から行うことも可能です。

SIMのみ契約の場合

SIMカードのみ契約する人の多くは、今まで使っていたスマホを引き続き利用するということになるでしょう。

スマホの電源が切れていることを確認し、受け取ったSIMカードを挿入し初期設定を行います。

上記と同様、「ご自宅MNP」の場合は指定された番号へ電話をかけてください。

尚、SIMのみ契約の場合は、高確率でスマホのアクセスポイント設定(ネットワーク設定)が必要となります。

機種や申込種別によって手順や入力する情報が異なるので、楽天モバイルの公式サイトで必ず確認しましょう。

楽天モバイルに乗り換える時の3ステップ
  • 予約番号を発行する
  • 実店舗またはネットで乗り換えの手続きをする
  • 開通後にSIMの挿入やスマホの初期設定を行う

楽天モバイルに乗り換える際の手数料や違約金は?

どのキャリアや格安SIMに乗り換える時も同じですが、手続きには所定の手数料や違約金が発生します。

そこで、この章では楽天モバイルに乗り換える時に発生すると思われる手数料・違約金について解説していきます。

楽天モバイルに乗り換える際の手数料

まず、楽天モバイルに乗り換える際の手数料について解説していきます。

乗り換えでかかる手数料
  • MNP転出料:基本3,300円
  • 契約事務手数料:約3,700円

移転元のキャリアでかかる手数料

移転元のキャリアから他社へ乗り換える場合、「MNP転出料」と呼ばれる手数料が発生します。

最近はどのキャリアも一律3,300円ですが、契約期間や状況によっては2,200円の人もいるかもしれません。

楽天モバイルでかかる手数料

楽天モバイルの契約事務手数料は、3,733円(ドコモ回線)または3,747円(au回線)です。

選ぶキャリア回線によって異なるので注意してください。

尚、後述する料金プラン「スーパーホーダイ」を選ぶ場合は必然的にドコモ回線となります。

移転元キャリアの違約金

乗り換えるタイミングが契約の更新月以外である場合、ほとんどの人が移転元キャリアで契約解除料と呼ばれる違約金を支払う必要があります。

3キャリアの場合、現時点では多くの人が10,450円支払うことになるでしょう。

一方で、2019年10月に料金が大幅に改定され、どのキャリアも契約事務手数料が1,100円に値下げとなりました。

しかし、それはあくまで新プランが対象であり、プラン変更したとしても次回の更新月までは今までの契約内容が引き継がれます。

つまり、まだ乗り換え時に違約金10,450円が発生する人がかなり多いと予想されます。

一度自分の契約状況を確認してみてください。

楽天モバイルにお得に乗り換えするには?

乗り換えのタイミングによってはかなりの費用が発生することがわかりました。

では、楽天モバイルにお得に乗り換えるにはどのようにすれば良いのでしょうか。

楽天モバイルにお得に乗り換える方法
  • 違約金がかからないタイミングを狙う
  • キャンペーン開催時を狙う
  • スマホを下取りする

違約金がかからないタイミングを狙う

更新月に乗り換えをすれば、移転元のキャリアの違約金は発生しません。

違約金だけで約10,000円かかってしまうので、なるべく更新月を狙って乗り換えを検討するべきでしょう。

お得なキャンペーン開催時を狙う

現在、楽天モバイルでは、終了日未定で2回線目の追加契約で最大5,000円のキャッシュバック(または機種代金から割引)のキャンペーンを実施しています。

このように、お得なキャンペーンが開催されている時期を狙えば、違約金がかかる場合もキャンペーンで相殺できるかもしれません。

スマホを下取りする

今まで使っていたスマホを楽天モバイルで下取りに出すことで、楽天ペイで利用できる「楽天キャッシュ」として還元することができます。

機種によって下取り価格は異なり、現在1番高いのはiPhone 8(64GB)の21,550円です。

キャリアと比べて下取り対象機種の種類が少ないのがネックですが、今使っているスマホの処分に悩んでいる人におすすめです。

楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリット

楽天モバイルショップ
この章では、楽天モバイルに乗り換える具体的なメリットとデメリットについて解説していきます。

楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリットをしっかり把握しましょう。

楽天モバイルに乗り換えるメリット

まずは楽天モバイルに乗り換えるメリットから説明します。

楽天モバイルに乗り換えるメリットは下記の通りです。

楽天会員なら最大2,000円割引になることも!

楽天モバイルで現在メインで取り扱われている「スーパーホーダイ」の料金プランを見ていきましょう。

楽天モバイル
スーパーホーダイ
SMLLL
データ通信量2GB6GB14GB24GB
通話10分間の国内通話かけ放題
月額料金3,278円4,378円6,578円7,678円
楽天会員(1年間)1,628円2,728円4,928円6,028円
ダイヤモンド会員
※1年目・対象月のみ
1,078円2,178円4,378円5,478円

このように、楽天会員であれば最初の1年は月額で最大2,000円の割引が適用できる可能性があります。

ダイヤモンド会員に関しては対象月のみなので、楽天カードを持っていてある程度楽天のサービスを利用しないと適用できませんが、それでも最低1,500円程度のの割引がつくのはかなりお得です。

さらに、楽天モバイルの利用額に応じて楽天ポイントを貯めることができるので、普段から楽天ポイントを貯めている人にもおすすめです。

組み合わせプランもあるので自分のニーズに合ったものを選べる

スーパーホーダイ以外にも「組み合わせプラン」と呼ばれるプランもあります。

楽天モバイル通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン
(200kbps使い放題)
1,375円710円578円
3.1GBプラン1,760円1,122円990円
5GBプラン2,365円1,727円1,595円
10GBプラン3,256円2,618円2,486円
20GBプラン5,225円4,587円4,455円
30GBプラン6,765円6,072円5,595円
10分通話定額+935円

「スーパーホーダイ」は通話10分かけ放題が自動的にセットとなっていますが、組み合わせプランなら通話もネットもほとんど使わないというライトユーザーの人がさらに安く利用することができます。

このように、自分の利用状況に合わせたプランを選べるという点でも、楽天モバイルはかなり人気が高い格安SIMです。

楽天モバイルの料金プラン完全ガイド|選び方のおすすめから変更方法まで

Galaxyのようなハイスペックスマホも選べる

楽天のキャリア参入の動きも進んでいます。

その動きに伴ってか「Galaxy S10」や「Galaxy Note10+」などの他の格安SIMではまず取り扱っていない高性能・高額スマホの取り扱いがスタートしています。

高性能なGalaxyスマホを使いたいという人も、楽天モバイルなら格安の料金プランで利用することができます。

契約期間・違約金一切なし!

以前までは2年契約の縛りがありましたが、2019年10月1日より契約期間や違約金の制度が完全に廃止されました。

そのため、今ならいつ解約しても高額な違約金などのペナルティは一切ないということになります。

楽天モバイルを少し試したいと考えていた人も、今までよりも気軽に契約することができるのではないでしょうか。

楽天モバイルに乗り換えるメリット
  • 楽天会員なら最大2,000円割引になることも!
  • 自分のニーズに合ったプランを選べる
  • Galaxyのようなハイスペックスマホも選べる
  • 契約期間・違約金一切なし!

楽天モバイルに乗り換えるデメリット

一方で、楽天モバイルに乗り換えるデメリットは下記の通りです。

通信品質が落ちることがある

格安SIMの特徴でもあるので、楽天モバイルだけのデメリットではありませんが、時間帯によって通信品質が一著しく落ちるなど、非常に不安定である点が挙げられます。

キャリアよりも遥かに格安料金で利用できる分、キャリアよりも通信速度は基本的に遅いと思ってください。

ネットへのアクセスが集中するお昼の12時や通学・通勤時間帯などは特に遅くなるので、快適に使いたいのであれば、混み合う時間帯を避けるなどの工夫が必要となります。

2020年4月から楽天モバイル利用のポイント付与率が下がる

これまでは楽天モバイルの利用料金によるポイント付与が2倍でしたが、2020年4月より1倍に下がることになりました。

そのため、楽天ポイントを貯めるという点では以前よりも不利になったと思われます。

ただし、スマホを使っているだけで楽天ポイントが貯まるサービスがあるのは楽天モバイルだけなので、他のキャリアを使っているよりも効率良くポイントが貯められるのは間違いありません。

楽天モバイルに乗り換えるデメリット
  • 通信品質が落ちることがある
  • 2020年4月から楽天モバイル利用のポイント付与率が下がる

楽天モバイルはこんな人におすすめ!

これまで楽天モバイルの特徴やメリット・デメリットについて解説していきましたが、この章では具体的にどのような人に楽天モバイルがおすすめなのか紹介します。

楽天モバイルがおすすめな人
  • 楽天市場や楽天のサービス・アプリをよく利用する人
  • 電話を頻繁に使う人
  • 契約期間や違約金に縛られたくない人

それでは詳しく説明していきます。

楽天市場や楽天のサービス・アプリをよく利用する人

楽天市場やその他のアプリサービスなど、楽天のサービスを頻繁に利用する人におすすめの格安SIMです。

特に、楽天モバイルは使うだけで楽天ポイントも貯められるので、楽天ポイントを普段から貯めている人にもぴったりな格安SIMだといえるでしょう。

電話を頻繁に使う人

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は、プラン料金に最初から10分の通話かけ放題が含まれているプランです。

格安SIMの多くは3分や5分の通話かけ放題が多く、10分かけ放題を扱っている会社は非常に少ないです。

仕事やプライベートで通話を利用する頻度が高い人は、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」で通話料の節約ができるでしょう。

契約期間や違約金に縛られたくない人

契約の縛りは一切ありません。

いつ解約しても違約金が発生することもなく、契約期間の自動更新もないので、非常に自由度の高い格安SIMだといえます。

同様に2019年10月以降、大手キャリアの契約期間や違約金も一気に緩和されましたが、それでも2年契約や違約金という制度が完全になくなっているわけではありません。

契約期間などに縛られず自由に使いたいという人や、ちょっとお試しで格安SIMを利用したいという人にとっても、楽天モバイルは非常に適しています。

楽天モバイルへの乗り換えは簡単3ステップ!

楽天モバイルでは、大きく分けて3つのステップをこなすことで他社から乗り換えることが可能です。

予約番号などは手続きの前に取得しておくとその後の手続きもスムーズに進められるので、是非事前に取っておくようにしましょう。

また、乗り換えにかかる手数料や違約金もしっかり確認しておく必要があります。

期間によってはキャンペーンなどお得な特典が利用できる場合もあるので、乗り換えを検討している時はキャンペーンも同時にチェックすることをおすすめします!

楽天モバイルに乗り換える手順3ステップ
  • ステップ1:MNP予約番号を取得する
  • ステップ2:楽天モバイルに申し込む
  • ステップ3:SIMの差し替えと初期設定

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ