【5月最新】楽天モバイルに乗り換えて年間5万円トクする手順3ステップ

【5月最新】楽天モバイルに乗り換えて年間5万円トクする手順3ステップ

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えると、年間どのくらいお得になるのでしょうか。

楽天モバイルの料金プランは、その他大手キャリアよりも圧倒的に料金が安いです。

大手キャリアの料金と楽天モバイルの料金を比較すると、年間で5万円ほど差があります。

この記事では、大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えて、年間5万円トクする手順3ステップを解説していきます。

楽天モバイル乗り換えのポイント
  • 他のキャリアの約3分の1の料金
  • 1年間は無料なので新規での契約もおすすめ
  • 楽天回線エリアがまだ少ないので注意

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:楽天モバイル

【5月最新】基本料金1年間無料キャンペーン中

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

楽天では基本料金を1年間無料にするキャンペーンを開始しました。

対象のプランは楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」で、月額利用料金の3,278円です。

キャンペーンによる割引が受けられるのは300万名までとなっており、今後の展開によって増減する可能性があります。

割引対象となるのはプラン料金だけです。

他に発生する端末代金や契約時の事務手数料、オプション料金、通話料金は別途支払いが必要なので注意しましょう。

それでも1年間基本料金無料というのは、非常に魅力的なキャンペーンとなっています。

料金を比較!楽天モバイルに乗り換えるといくらお得になる?

楽天モバイルUN-LIMIT

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはデータ容量無制限の「Rakuten UN-LIMIT」1つのシンプルな料金体系となっています。

現在はほとんどのキャリアでデータ容量無制限プランが提供されはじめています。

しかし、他のキャリアの無制限プランと比較して楽天モバイルの料金はどのくらい安いのでしょうか?

ここからは、楽天モバイルと他の3キャリアの料金の違いについてシミュレーションしてみましょう。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルショップ

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT」の1つだけです。

Rakuten UN-LIMITの特徴
  • 月額3,278円
  • 楽天回線エリアはデータ容量無制限
  • パートナー回線では月5GBの容量
  • 5GBを超えた場合は1Mbpsの速度に制限
  • Rakuten Linkアプリを使えば国内通話がかけ放題

Rakuten UN-LIMITは月額3,278円で、楽天回線エリア(楽天基地局接続時)でデータ容量は無制限で使い放題のプランです。

ただし、楽天回線が利用できるのは一部エリアに限られており、順次拡大予定です。

楽天回線エリア外で利用する場合にはパートナー回線であるau回線に接続することになり、月間5GBを超えると速度制限がかけられます。

パートナー回線エリアで速度制限がかかった場合には低速になってしまいます。

速度制限時の通信速度は最大1Mbpsとなっており、SNSやブラウザで検索をする程度であれば問題のない速度です。

また、Rakuten UN-LIMITは専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使うことで、国内通話がかけ放題になります。

Rakuten Linkは楽天回線対応のAndroidスマホでのみ利用することができます。

たった1つのプランではありますが、データ容量無制限で通話もかけ放題のプランが月額3,278円とリーズナブルな料金で使えるのが、楽天モバイルの特徴となっています。

ドコモの料金プラン

ドコモショップ

ドコモの料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の2種類のみの提供となっています。

「ギガホ」は月間60GB(キャンペーン増量30GB含む)まで使うことができ、「ギガライト」は上限7GBで使ったデータ容量に応じて料金が変動するプランとなっています。

ドコモにはデータ容量無制限のプランはありませんが、月間60GBの大容量プランが使えます。

ドコモプランの月額料金をまとめると以下の表のようになります。

料金プランデータ容量月額料金
ギガホ30GB
(キャンペーンで+30GB)
7,678円
ギガライト〜7GB6,578円
〜5GB5,478円
〜3GB4,378円
〜1GB3,278円

ドコモで無制限プランに近いギガホの利用を想定した場合、月額料金は7,678円となります。

auの料金プラン

auショップ実店舗
auはキャリアの中でも最も料金プランの種類が多く、利用状況にあったプランを選ぶことができるのが特徴です。

その中でも無制限で使えるプランには、「auデータMAXプラン Netflixパック」「auデータMAXプラン Pro」の2種類があります。

どちらのプランも月間のデータ容量が無制限であることに変わりはありませんが、2つの大きな違いがあります。

「auデータMAXプラン Netflixパック」は基本料金の中に、Netflixのベーシックプランの料金が込みになっており基本料金だけでNetflixも利用できます。

また、2つのプランはテザリングやタブレットとのデータシェアの上限に違いがあります。

auデータMAXプラン Netflixパックは上限2GBであるのに対して、auデータMAXプラン Proは月間30GBが上限となっています。

それぞれのプランの月額料金は以下の表の通りとなっています。

プラン名データ容量月額料金
auデータMAXプラン
Netflixパック
無制限8,668円
auデータMAXプラン Pro無制限8,228円

auの無制限プランをauデータMAXプラン Proで利用すると想定した場合、月額料金は8,228円となります。

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクショップ グランフロント大阪

ソフトバンクは現在「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」の2種類の料金プランから選ぶことができるようになっています。

メリハリプラン」は月間50GBまで使えるのに加え、対象の動画サービスやSNSが無制限で使えます。

大容量のGBが必要なユーザーも安心ですね。

ミニフィットプラン」は上限5GBで利用量に応じて料金が変動するプランで、データ通信量の少ない人向けのプランになっています。

完全に無制限ではありませんが、ソフトバンクで無制限プランに最も近いプランが「メリハリプラン」です。

ソフトバンクのそれぞれの料金プランの月額料金は下記表の通りです。

プラン名データ容量月額料金
メリハリプラン〜50GB8,228円
〜2GB6,578円
ミニフィットプラン〜5GB8,228円
〜2GB6,578円
〜1GB4,378円

ソフトバンクで無制限プランに近いメリハリプランの利用を想定した場合、月額料金は8,228円となります。

楽天モバイルのほうが年間5万円以上お得!

楽天モバイルの無制限プランとその他のキャリアの無制限プランや大容量プランの年間の支払い金額を比較すると、このような結果になります。

楽天モバイルと大手キャリアの料金を比較した結果

キャリア名
料金プラン名
データ容量月額料金差額
楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT
無制限3,278円-
ドコモ
ギガホ
60GB7,678円+4,400円
au
auデータMAXプラン Pro
無制限8,228円+4,950円
ソフトバンク
メリハリプラン
50GB8,228円+4,950円

他のキャリアと比べて楽天モバイルの月額料金は3分の1の程度の料金になるという結果になりました。

年間の料金に換算した場合、ドコモと比べると楽天モバイルの方が52,800円安くなり、au・ソフトバンクと比べると59,400円安くなります。

4キャリアの中でもデータ容量無制限のプランが使えるのは楽天モバイルとauだけなので、楽天モバイルの料金がいかに安いかがわかるでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの料金が高いと感じている人は、楽天モバイルに乗り換えるだけで毎月の料金を劇的に安くすることができます。

楽天モバイルと他キャリアの月額料金を比較
  • 楽天モバイル:3,278円
  • ドコモ:7,678円
  • au:8,228円
  • ソフトバンク:8,228円

楽天モバイルに乗り換える手順3ステップ

楽天モバイルへの乗り換え

画像引用元:楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

大手3キャリアから楽天モバイルに乗り換えることで月額料金が安くなり、年間にすれば5万円以上お得になるということがわかりました。

毎月の料金をとにかく安くしたいという人は、少しでも早いタイミングで楽天モバイルに乗り換えるのがおすすめです。

ただ、長く使っているキャリアから他社に乗り換えをするのは、手続きも難しそうで不安だという人も多いのではないでしょうか?

しかし、楽天モバイルへの乗り換えは思っているほど難しくはなく、たったの3ステップで乗り換えをすることができます。

楽天モバイルに乗り換える手順3ステップ
  1. 現在のキャリアでMNP予約番号を取得する
  2. 楽天モバイルに申し込む
  3. 届いたスマホ端末を初期設定する

手順1:現在のキャリアでMNP予約番号を取得する

電話番号をそのまま他の携帯会社で使うには、MNPという手続きを行います。

この時にMNP予約番号と呼ばれる10桁の番号が必要になります。

楽天モバイルでMNPの申し込み前に、現在のキャリアでMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号はWEBや電話、各キャリアショップで発行することが可能です。

楽天モバイルの申し込みをするときは事前に取得しておくとスムーズに手続きをスムーズに進められますが、有効期限には注意が必要です。

MNP予約番号自体は発行日から15日間有効なのですが、WEBから楽天モバイルの申し込みをする場合には有効期間が10日以上残っている必要があります。

なので、なるべく手続きの直前に取得するようにしましょう。

では、窓口ごとの予約番号の取得方法について見ておきましょう。

WEBで取得する場合

WEBなら待ち時間もなく、最も簡単にMNP予約番号を取得できます。

それぞれのキャリアのポータルサイトでの取得が可能です。

WEBでMNP予約番号を取得する方法
  • ドコモ
    My docomo(受付時間:9:00〜21:30)
  • au
    My au(受付時間:9:00〜20:00)
  • ソフトバンク
    My SoftBank(受付時間:9:00〜20:00)

ただし、契約状況によってはWEBから取得ができない場合があります。

WEBから取得ができなかった場合は、電話または店頭でMNP予約番号を取得する必要があります。

電話で取得する場合

契約状況などによってWEBからMNP予約番号が取得できない場合は、電話窓口でも取得することができます。

電話取得の場合は、時期や曜日・時間帯によっては繋がりにくい場合があります。

時間には余裕を持って電話をするようにしましょう。

比較的午前中は繋がりやすい傾向があります。
(受付時間:9:00〜20:00)

MNP予約番号取得窓口
  • ドコモ
    151(ドコモ携帯から)
  • au
    0077-75470
  • ソフトバンク
    *5533(ソフトバンク携帯から)

店頭で取得する場合

各キャリアショップでもMNP予約番号を取得することが可能です。

ただ、キャリアショップは混みやすく時間がかかってしまうのでおすすめできません。

なるべく、WEBか電話でMNP予約番号を取得するようにしましょう。

手順2:楽天モバイルに申し込む

MNP予約番号が取得できたら、楽天モバイル公式サイトから申し込みを進めます。

最初にSIMカードのみの契約か端末を一緒に購入するかを選択します。

現時点では楽天回線対応製品以外での動作確認がされていないので、SIMのみの契約には注意が必要です。

楽天モバイル契約時に同時購入できる端末以外は、楽天回線のSIMを挿れても通信ができない可能性があり保証もありません。

これから楽天モバイルの契約をする人は、基本的には楽天回線対応を一緒に購入する形になるでしょう。

申し込みタイプを選択したら、楽天市場の商品購入ページに移ります。

商品購入ページで「新規電話番号/MNPを選択」の項目があるので、他社からの乗り換えの場合には「MNP」を選択するようにしましょう。

そして購入手続きが完了すると、正式契約の案内メールが届くので、メールの案内に従って手続きを進めます。

手順3:届いたスマホ端末を初期設定する

正式契約の手続きが完了したら、最短2日で端末が自宅に届きます。

スマホを同時購入した場合には、スマホと一緒に届く楽天SIMを挿れて初期設定を行います。

楽天で購入するスマホは楽天回線に対応したスマホなので格安SIMのような細かな初期設定は不要で、画面の案内に従って進めればスマホは通信ができる状態になります。

あとは必要に応じてデータを移行して初期設定は完了です。

楽天モバイルに乗り換える際の注意点

楽天モバイルのショップ

画像引用元:楽天モバイル:店舗(楽天モバイルショップ)

楽天モバイルへの乗り換えは複雑な手続きや設定は不要で、誰でも簡単にできることがわかりました。

料金も安く他のキャリアでスマホを契約している人なら、誰でも魅力的に感じる楽天モバイルです。

しかし、乗り換えるにあたっていくつか注意点があります。

ここからは、楽天モバイルに乗り換える際の3つの注意点について紹介していきます。

現在のキャリアメールが使えなくなる

他のキャリアから楽天モバイルに乗り換えをした場合、現在使っているキャリアのメールアドレスは使えなくなってしまいます。

MNPで引き継ぎできる電話番号と違って、メールアドレスはキャリアから提供されているサービスなので、そのキャリアを離れると使えなくなってしまいます。

もしも、キャリアメールを頻繁に使っているようなら注意が必要です。

メールアドレスを登録しているサービスなどがあれば、事前にGmailなどのフリーメールに変更しておけば乗り換えた後もスムーズに移行することができます。

格安SIMにしたらメールアドレスはどうなる?今はフリーメールが主流

自社回線のエリアは限定されている

Rakuten UN-LIMITのデータ使い放題が適用されるのは楽天回線の使えるエリアだけです。

しかし、楽天回線エリア自体がまだまだ広がっていません

現在楽天モバイルの自社回線が利用できるのは、次の9都道府県のみとなっています。

エリア都道府県
関東埼玉県・千葉県
東京都・神奈川県
東海愛知県・三重県
近畿京都府・大阪府・兵庫県

その中でも使える地域が限定されており、サービスマップを見ると主要都市に集中していることがわかります。

現時点では、都市部の人以外は無制限の恩恵を受けるのは難しいでしょう。

自社回線エリア外は月5GBまで

楽天回線の提供されていないエリアでも通信自体は可能で、パートナー回線となっているauの回線を利用します。

通信自体は問題なく全国でできますがパートナー回線エリアで使用する場合には、月間5GBが上限になります。

Rakuten UN-LIMITは低価格で無制限のコスパの優れたプランですが、月5GBまでとなると魅力は半減してしまいます。

楽天回線エリアから離れた地域の人は、少し契約を見合わせた方が良いかもしれません。

楽天モバイルに乗り換える際の注意点
  • 現在のキャリアメールが使えなくなる
  • 自社回線のエリアは限定されている
  • 自社回線エリア外は月5GBまで

乗り換えに踏み切れない方は新規申込がおすすめ!

Rakuten Mini

画像引用元:Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル

楽天モバイルに乗り換えれば安くなるとは言っても、サービスが始まったばかりの楽天モバイル乗り換えに踏み切れない人もいるかと思います。

そんな人は1年無料キャンペーンがあるうちに、新規契約で楽天モバイルの契約をしてみるのがおすすめです。

試しに1年無料の期間で楽天モバイルをサブ回線に使ってみて、気に入ったら改めてメインを楽天モバイル乗り換えてサブ回線は解約します。

もし、思ったように使えなかったり元のキャリアの方が良いと思うなら、楽天モバイルで新規契約をした回線を解約すれば良いだけです。

楽天モバイルは契約期間の縛りもなく解約によって違約金もかからないので、キャンペーン期間に試しに契約してみるというのも1つの方法としておすすめです。

楽天モバイルに乗り換えて年間5万円以上お得にしよう!

楽天モバイルは他の3キャリアと比較して、圧倒的に安い料金の上にデータ容量無制限という注目を集める料金プランを引っさげて第4のキャリアとしてサービスをスタートしました。

今なら1年無料キャンペーンもあるので、お得に使い始めることができます。

毎月のスマホ代を安くしたいと考えている人は、ぜひこの機会に楽天モバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル乗り換えのポイント
  • 他のキャリアの約3分の1の料金
  • 1年間は無料なので新規での契約もおすすめ
  • 楽天回線エリアがまだ少ないので注意
【2020年】楽天モバイルおすすめスマホ端末ランキング|自社回線対応の人気機種

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ