スマホの機種変更でやること|事前に確認して買い替え前に準備しよう

  • 2021年10月22日
  • by.a-sato

iPhone13レビュー

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

機種変更して新しいスマホを手にするとワクワクしますが、データの移行など面倒なことも多いです。

そこで今回は、機種変更の前後にやることをまとめました。

予め機種変更の前後にやっておくべきことを把握しておくことで、スムーズにスマホの買い替えができるようになります。

これからスマホの機種変更をしようと考えている人は、是非参考にしてください。

※本記事の価格は全て総額表示

スマホの機種変更前にやること

iPhone13レビュー

スマホの機種変更前にやるべきことは下記の通りです。

スマホの機種変更前にやるべきこと
  • 契約状況の確認
  • 保存データのバックアップ
  • アプリのデータのバックアップ
  • アクセサリーの用意

それぞれの項目について、次の章にて詳しく解説していきます。

スマホの機種変更前にやること①契約状況の確認

まず、現在の契約状況を確認しましょう。

機種変更であれば、回線の解約を伴うことがないので違約金などの手数料は発生しません

※契約事務手数料は3,300円発生します(オンライン申込など条件を満たすことで無料になることも)。

機種変更の際に最もチェックすべき項目は「機種代金の割賦残債」です。

スマホを分割で購入している人は、24回・36回・48回のいずれかで分割された機種代金を支払っているはずです。

機種変更で新しい機種を購入する際に、今まで使っていたスマホの分割支払いが残っていると二重で機種代金を支払わなければいけなくなります

コストがかなり高くなってしまうと思うので、事前に確認しておくようにしましょう。

スマホの機種変更前にやること②保存データのバックアップ

写真や連絡帳、動画など、これまでスマホに保存していたデータを新しいスマホでもそのまま使えるようにしたいですよね。

スマホ内部のデータをバックアップしておくことで、機種変更後のスマホにスムーズに移すことができるようになります。

データのバックアップ方法は下記の通りです。

データのバックアップ方法
  • SDカードを使う
  • iCloudやGoogleアカウントのバックアップ機能を使う
  • パソコンにバックアップをとる

最近はSDカード非対応のスマホも多いので、メジャーなのはiCloudやGoogleアカウントなどのサーバーを利用して、データを保管する人が多い傾向にあります。

アカウントに紐づけてデータのバックアップを取るだけなので、手間はほとんどかかりません。

唯一ネックなのは通信量がかなりかかるという点と、バックアップするデータの容量によってはかなり時間がかかるという点です。

バックアップをとるのであれば、Wi-Fiに接続して行うことをおすすめします。

スマホの機種変更前にやること③アプリのデータのバックアップ

次に、アプリのデータのバックアップをとります。

アプリのデータとは、そのアプリに保存している連絡先やメッセージ履歴、ゲームのセーブデータなどです。

LINEやゲームアプリなど、データがなくなってしまうと困るアプリはたくさんあります。

これらのアプリは、アカウントの引き継ぎ設定などを行うことによって、新しいスマホでもこれまで通りに利用することが可能です。

ただし、バックアップ方法はアプリによって異なります。

バックアップ方法は各アプリに記載されているので、データが消えたら困るアプリは必ず確認しておきましょう。

スマホの機種変更前にやること④アクセサリーの用意

新しいスマホに変えるのであれば、ケースやフィルムも新調する必要があります。

機種によってはケースを使い回せる可能性もありますが、アクセサリーも全て変えるということであれば事前に用意しておくのがおすすめです。

購入時にキャリアショップで一緒に買うこともできますが、キャリアのケースやフィルムは純正品で質は良いものの値段がやや割高です。

ケースに至ってはシンプルなデザインのものしかないので、自分の好きなデザインのケースが欲しいという人はネットやスマホアクセサリーの専門店で探すと良いでしょう。

充電器の確認も必要?

また、ケースやフィルム以外にも、iPhoneからAndroidスマホなど充電ケーブルやアダプタの形状が異なる機種への変更の場合は、別途充電器を購入する必要があります。

新しいスマホを買う際ケーブルが同梱されていることは多いですが、アダプタが同梱されている機種はかなり少ないです。

そのため、アダプタを購入する必要もあるかもしれません。

スマホの機種変更後にやること

Smart Switch App

画像引用元:Smart Switch(スマートスイッチ)| データ移行アプリ – Galaxy公式(日本)

次に、スマホを機種変更した後にやるべきことについてまとめていきます。

スマホの機種変更後にやるべきこと
  • データの移行
  • アプリの引き継ぎ
  • 不要なアプリやガジェットの削除

下記にて詳しく解説していきます。

機種変更後にやること①データの移行

前章で、機種変更前にデータのバックアップを取っておくように述べました。

機種変更後は、予めバックアップしていたデータを新しいスマホに移す必要があります。

SDカードの場合は、そのままSDカードを新しいスマホに差し替えるだけです。

アカウントにバックアップしている場合は、新しいスマホでバックアップをとったアカウントを使ってログインし、本体にデータが移行されるのを待つだけです。

バックアップと同様、移行するデータが多ければ多いほど時間もかかりますし通信量も消費するので、Wi-Fiに接続して行いましょう。

パソコンの場合は、新しいスマホとパソコンを接続してデータを移行します。

機種変更後にやること②アプリの引き継ぎ

前章でアプリのバックアップも必要だと解説しました。

新しいスマホでは、これまで使っていたアプリをインストールした後に引き継ぎを行う必要があります。

アプリの引き継ぎ方法に関しても、それぞれのアプリで手順が異なります

アプリの案内に従って操作しましょう。

機種変更後にやること③不要なアプリやガジェットの削除

キャリアで購入したAndroidスマホなど、購入したキャリアやスマホのメーカーによっては自社アプリが多くプリインストールされている場合があります。

キャリアやメーカーのアプリだけでも本体容量をかなり消費している可能性があるので、不要と思われるアプリは削除してしまいましょう。

また、ホーム画面に予め設定されているガジェットもいくつかあると思います。

見にくい・使いにくいと感じたものは削除し、自分が使いやすいようにカスタマイズすることをおすすめします。

事前の準備で機種変更もスムーズに!

iPhone13 Pro

最後に、機種変更の前後でやるべきことについてまとめます。

機種変更の前後でやるべきこと
  • 【機種変更前】契約状況の確認
  • 【機種変更前】保存データのバックアップ
  • 【機種変更前】アプリのデータのバックアップ
  • 【機種変更前】アクセサリーの用意
  • 【機種変更後】データの移行
  • 【機種変更後】アプリの引き継ぎ
  • 【機種変更後】不要なアプリやガジェットの削除

スマホの機種変更の前後でやるべきことは異なります。

機種変更の前には、まず今機種変更に適しているのかどうか契約状況を確認しましょう。

新しいスマホに写真や連絡帳などのデータを移すために、予めバックアップをとっておくと機種変更した後がスムーズになります。

同時に、ゲームアプリやLINEなどのデータの引き継ぎ設定も予め行っておきましょう。

事前に機種変更後のことを考えて準備をしておくことで、新しいスマホが手元に来た時により早くこれまで通り使えるようになります。

面倒だと思うかもしれませんが、後から楽をするためにも是非準備はしっかりやっておきましょう!

iPhone13へのお得な機種変更方法【ドコモauソフトバンク楽天モバイル】

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。