東京オリンピックもスマホ決済がお得?VISAおすすめクレジットカード

  • 2019年5月24日
  • by 
東京オリンピックもスマホ決済がお得?VISAおすすめクレジットカード

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

東京オリンピック2020のチケット申込みが開始されました。

開始当初は繋がらない!なんて話もありましたが、現在は比較的繋がりやすいようです。

そんな東京オリンピックと切っても切れない関係なのがキャッシュレス決済の波。
キャッシュレス決済とは現金で支払わず、カードやスマホで決済すること。

東京オリンピックの前にキャッシュレス決済になれておくと、とても便利かもしれません。

東京オリンピックのキャッシュレス決済で肝になるのが「VISAカード」と「スマホ決済」です。

この記事では、東京オリンピックのチケット予約概要やスマホ決済のやり方、VISAのおすすめカードを解説します。

トップ画像引用元:ホーム|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

ところでスマホ決済ってなに?

スマホ決済

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まず、スマホ決済ってなに?という単純な疑問にお答えします。

答えは簡単です。

「スマホで支払いすること」です。

一言でスマホで支払いするといっても以下のようなものがあります。

スマホ決済の種類
  • 登録したクレジットカードで支払い(VISAカードなど)
  • 登録したICカードで支払い(Suicaなど)
  • 登録したiDやQuickPayで支払い
  • QRコードをかざして支払い(PayPayなど)

主流なのは上記の4つでしょう。

クレジットカードをスマホ決済にしたらどうなるの?

クレジット

クレジットをスマホに取り込むことで、スマホをかざすだけでお買い物が可能になります。

ただし、対応店舗がまだ少ないので後述するiDかQUICPayで支払うのが便利でしょう。

Suicaをスマホ決済にしたらどうなるの?

モバイルSuica

画像引用元:購入方法|Suica:JR東日本

Suicaをスマホに取り込むことで、改札でスマホをかざすだけで通過できます。

チャージもスマホから可能です。

iPhone X以降の端末は電源が落ちても一定時間は予備電力で改札を通過することが出来ます。

iDやQUICPayで支払うってどういうこと?

iD

画像引用元:「iD」をはじめる|かざしてお支払い iD

クレジットカードを登録してそのままタッチして支払えれば便利ですが、対応店舗やサービスが追いついていません。

ですから、すでに普及しているiDかQUICPayを利用してスマホ決済します。

クレジットカードは大体どちらかに対応しているので、スマホにクレジットカードを取り込めば自然に使えるようになります。

支払う時に「iDで!」と申告すればスマホをかざすだけで決済できてしまいます。(顔認証や指紋認証でセキュリティ解除をする必要あり)

QRコードをかざして支払ってなに?

QR

画像引用元:スマホ決済を導入検討されている店舗様へ PayPayなら0円で導入いただけます

これはPayPayなどに代表されるもので、事前登録しておけばアプリに表示されるQRコードを読み取ってもらって支払うことが可能になります。

同じスマホ決済のキャッシュレスですが、毛色が違いますね。

ポイント還元率がとんでもなく高いキャンペーンをやって注目を集めました。

結局スマホ決済って何?

スマホ決済

要するにクレジットカードやSuicaをスマホに登録すれば、スマホをかざすだけでお買い物できちゃうよ!というのがスマホ決済です。

このスマホ決済を使えるようにしておくと、東京オリンピックでも便利になるかもって話が次です。

東京オリンピックはスマホ決済が大活躍!? お得な3つの理由

東京オリンピック申込

画像引用元:ホーム|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

東京オリンピックに向けて、なぜスマホ決済がお得なのか。

その理由をそれぞれ詳しくみていきましょう。

理由1 東京オリンピックに向けてキャッシュレス決済加速!

なぜスマホ決済がお得なのか?の理由を説明するには、キャッシュレスがトレンドになっている現状が関係します。

2020年の東京オリンピックに向けて、キャッシュレス化が加速してしているのはご存知でしょう。

東京オリンピックに伴い、多くの外国人が日本へやってきますので当然と言えば当然でしょう。

外国の方だけでなく、日本人にとってもキャッシュレスはとても便利なもの。
すでに多くの店舗でキャッシュレス導入が進んでいます。

  • コンビニ支払
  • 電車・バスなどの交通料金
  • 自動販売機

わざわざ財布から現金をだすことなく、スマホやクレジットカードで決済できるのはとても楽ですよね。

政府が主導でキャッシュレス化を推進

スマホ決済比較

出典:経済産業省「キャッシュレスの現状と推進 平成29年8月」より

実はこのキャッシュレス化は政府も推進しています。

金融庁と経済産業省は、キャッシュレス決済比率を10年間で40%に引き上げる方針を打ち出しました。

その背景には東京オリンピックに伴う訪日外国人観光客の増加やグローバル化が主な理由。

前述したとおり、外国人の方の買い物のしやすさの向上、世界のトレンドに遅れをとらないためです。

日本は諸外国に比べてキャッシュレス化が遅れていますね…。

遅れを取り戻すために、さらに便利になっていくと予想されますので早い段階で慣れておくと良いでしょう。

理由2 東京オリンピック会場施設でもスマホ決済が可能?

オリンピックグランド

キャッシュレス決済は主にクレジットカードやICカード、QRコード読み取りなどが主流です。

その中でもクレジットカードやSuicaなどは誰もが所有しているでしょう。

これらをスマホにまとめて支払う方法が特に加速しています。

東京オリンピックでは会場施設内でもキャッシュレス対応するでしょうから、スマホひとつで快適に観戦できるでしょう。

実際にスマホ決済に会場の売店等が対応するかは未定ですが、可能性はとても高いです。

オリンピック会場は多くの人が集まるため、スマホで決済ができれば支払いがスムーズになります。

理由3 セキュリティ面もばっちり

セキュリティ

キャッシュレス決済ならば現金を持ち歩く必要もありません。

またクレジットカードやスマホが盗難にあっても現金よりはるかに補償がききます。

特にスマホ決済なら生体認証でセキュリティアップをはかれるので、使われる心配も少ないです。

(Suicaなどのチャージ式は生体認証が不要なので注意が必要)

多くの人が訪れる東京オリンピック会場では、スマホ決済は現金よりも断然セキュリティが高いといえますね。

理由4 スマホ決済でポイントが貯まる!

ワールドポイント

画像引用元:ワールドプレゼントとは|クレジットカードの三井住友VISAカード

現金で支払う場合、基本的にはポイント還元はありません。

例えばdカードならばカードを提示することでdポイントを貯めることが可能ですが、スマホ決済ならばさらにポイントアップを図ることが可能です。

iD払い限定ポイントアップなどのキャンペーンも随時行っている点もスマホ決済のメリットですね。

次のページではスマホを利用してキャッシュレス化する方法を解説します。

スマホ払いでおすすめの決済アプリサービスとお得な使い方

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ