トーンモバイルの子供向け機能まとめ|子供だけ利用もできる?

  • 2021年7月8日
  • by.bitWave編集部

トーンモバイルの子供向け機能まとめ|子供だけ利用もできる?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事では、トーンモバイルの子供向け機能について紹介していきます。

小学校高学年になったタイミングや一人で塾に通わせる際に、子供にキッズ携帯を持たせる方は多くいます。

しかし、キャリアのキッズの携帯の場合、親も同じキャリアにしないと見守り機能が使えないなどのデメリットがあります。

GPS機能などが利用できないと、持たせる意味がないですよね。

しかし、トーンモバイルは子供だけの単独契約ができ、すべての機能を利用できます。

親と子のキャリアに関係なくキッズ携帯を持たせることができるので、利用しやすいです。

この記事ではトーンモバイルのすべての機能を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

トーンモバイルの特徴
  • 有害なサイトへのアクセスを防ぐ
  • スマホやアプリの利用時間を制限できる
  • 子供の位置情報や移動履歴を確認できる
  • 自撮り防止機能で性被害を防げる
  • 親のキャリアに関係なく、子供だけの単独契約ができる
人気記事

トーンモバイルは安全性が非常に高く子どものスマホ利用におすすめだといわれていますが、一方で「速度が遅い」「操作が面倒」などといった、ひどい評判もあります。 そこで今回は、トーンモバイルのサービスの特徴やメリット・デメリットについて詳し[…]

TONE e21 グリップ

トップ画像引用元:安くて安心なスマホならトーンモバイル

トーンモバイルの子供向け機能

トーンモバイル

画像引用元: 安くて安心なスマホならトーンモバイル

トーンモバイルでは、子供向け機能が以下の10点あります。

トーンモバイルの子供向け機能一覧
  • 機能1:フィルタリング機能
  • 機能2:ホワイトリスト機能
  • 機能3:利用時間制限機能
  • 機能4:アプリ利用時間制限
  • 機能5:自画撮り被害防止機能
  • 機能6:居場所&移動履歴の確認機能
  • 機能7:ジオフェンス機能
  • 機能8:歩きスマホ防止機能
  • 機能9:乗り物検知機能
  • 機能10:エアノック機能

これらについてここから1つずつ見ていくことにしましょう。

機能1:フィルタリング機能

フィルタリング機能とは、有害なサイトへのアクセスを防ぐ機能です。

まだ正しい判断ができないお子さんが有害なサイトへアクセスしてしまうと、悪影響を受けたり詐欺被害に遭うなどの可能性があります。

たとえば、アダルトサイトや違法サイト、ドラッグに関するサイトなどが挙げられますね。

また、フィルタリング機能は「小学生」「中学生」「高校生」の年齢別に、フィルタリングの強度を変更できます。

年齢に応じてアクセスできるサイトの制限を解除することで、お子さんもストレスなく利用できるでしょう。

フィルタリング機能を利用して、犯罪に巻き込まれるリスクを減らしましょう。

機能2:ホワイトリスト機能

ホワイトリスト機能とは、有害ではないけれどフィルタがかかっているサイトの閲覧を許可する機能です。

調べ物をしている上で、閲覧に必要なサイトがフィルタリングの対象になっていることがあります。

画面には「ブロックされました」と表示されますが、「許可をもらう」をタップすると、親の端末に通知が飛び制限を解除できます。

どんなサイトなのか、安全性を確認できるのがメリットですね。

機能3:利用時間制限機能

利用時間制限機能とは、設定した時間内のスマホの利用を禁止する機能のことです。

例えば、「21:00~7:00までの時間帯」「1日3時間まで」といったようにスマホを利用できる時間を設定できます。

スマホって、意味もなくつい触ってしまいますよね。

「深夜の時間帯に触ってしまい寝不足になってしまった」「スマホを触りすぎて勉強に集中できなくなってしまった」など、大人の方でもよくあることだと思います。

スマホを利用できる時間を設定すれば、スマホ依存を防ぐことができます。

機能4:アプリ利用時間制限

アプリ利用時間制限とは、アプリの利用時間を制限できる機能のことです。

アプリごとに利用できる時間を細かく設定できるので、スマホ依存を防ぐことができます。

また、他にもいくつかの機能があります。

アプリ利用時間制限のその他の機能
  • 特定のアプリのインストールをできないようにする
  • 有料アプリのダウンロードをできないようにする
  • アプリをダウンロードしたら親のスマホに通知が飛ぶ
  • どのアプリをどのくらいの時間使ったか一目でわかる

ゲーム系のアプリなどは、ハマってしまうと時間を忘れて何時間も遊んでしまいがちです。

アプリを楽しむ時間が長くなればなるほど、家族との会話の時間や友達と遊ぶ時間、勉強時間などが奪われてしまいます。

アプリで遊ぶ時間を制限することで、スマホ依存を防ぐことができますよ。

機能5:自画撮り被害防止機能

自撮り被害防止機能とは、不適切な写真撮影をブロックする機能です。

SNSをやり始めたお子さんが、ネット上で悪い大人から下着姿や裸の写真を求められたとしましょう。

下着姿や裸の写真を自撮りしようとした際にAIが自動で検知して、撮影できないようにしてくれます。

これによって、お子さんの性被害を未然に防ぐことができますよ。

また、お子さんが不適切な写真を撮影した際には、親のスマホに通知が飛ぶような仕組みになっています。

撮影した場所や時間が分かるので、通知設定をオンにしておくと安心できますね。

機能6:居場所&移動履歴の確認機能

子供の居場所を確認できる機能もあります。

友達と外で遊ぶとき、習いごとへ行くとき、スーパーでお買い物をしているときなど、親の目から離れているときに役立つ機能ですね。

「友達の家に遊びに行くと言っていたのに違う場所にいる…」といったときもGPS機能を使えばすぐに居場所が分かります。

しかも、どこにいるかだけでなく行動履歴も把握できるので、万が一誘拐や事故に遭ってしまったとき役立つでしょう。

また、ジオフェンス機能を使えば特定の場所に到着したときに通知を飛ばしてくれます。

機能7:ジオフェンス機能

ジオフェンス機能は、登録した場所にお子さんが到着したら通知してくれる機能のことです。

例えば、通っている塾を登録しておけば、お子さんが到着した際に通知で教えてくれます。

通知が来れば安心できますし、通知が来なかったらトラブルにすぐ気がつけますよね。

また、ジオフェンス機能では以下のような細かい設定も可能です。

ジオフェンス機能でできる設定
  • 登録した場所でのスマホの使用制限
  • 登録した場所での特定アプリの起動や利用制限
  • 登録した場所にどれくらい近くなったら通知を飛ばすか
  • 何曜日に通知を飛ばすか
  • 通知のタイミングは特定の場所に入ったとき・出たとき・出入り両方のどのタイミングにするか

塾だけでなく学校や友達の家、利用している駅なども登録できるので、子供が一人で外出していても安心できますね。

機能8:歩きスマホ防止機能

お子さんが歩きながらスマホを触っていた場合、携帯画面に警告文を表示することで、事故を未然に防ぎます。

大人の方でも、歩きながらスマホを触っていて歩行者とぶつかりそうになった経験をした方は多くいるでしょう。

非常に危ないですよね。

お子さんのスマホには警告文が表示され、メールアドレスを登録しておけば親のスマホには通知が飛びます。

お子さんの安全を守るためにも、歩きスマホが危険であることを早いうちに教えてあげましょう。

機能9:乗り物検知機能

乗り物検知機能とは、乗り物に乗って移動している際に通知で知らせてくれる機能のことです。

バスや電車、車で移動していれば、すぐに確認できます。

万が一トラブルや事件に巻き込まれるようなことがあっても、すぐに対応できれば、お子さんを助けられる可能性が高くなりますね。

機能10:エアノック機能

エアノック機能とは、スマホをタップした回数で相手に何らかのメッセージを伝える機能のことです。

画面に表示されているドアの絵をタップすると、相手のスマホでノック音が鳴ります。

例えば、1回のタップで「ご飯ができたよ」、2回のタップで「わかった」といったように家族間で決めておくことができます。

トーンモバイル同士でしか利用できませんが、5回連続でタップすると緊急連絡モードになり、危険を知らせることが可能です。

トーンモバイルは子供だけでもおすすめ?

トーンモバイルは、子供だけに持たせるのももおすすめのキッズ携帯です。

なぜなら、トーンモバイルは子供だけの単独契約ができ、機能をフル活用できるからです。

大手キャリアで販売されているキッズ携帯は、親と子のスマホが同じキャリアである必要があります。

たとえばドコモの場合は、単独でキッズ携帯のプランに加入することはできません。

auの場合は、保護者のスマホがauでないと、GPSで居場所を特定する「安心ナビ」の利用ができません。

子供にスマホを持たせるために料金の高い大手キャリアを利用するのは、金銭的に厳しいと感じる方も多くいるでしょう。

トーンモバイルをお子様単独で契約した場合、端末代(24回払い)・基本料金・ファミリーオプション・あんしんインターネットオプションを合わせても2,337円です。

安い料金で、お子さんの安全を守ることができます。

お子さんにキッズ携帯を持たせたいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

トーンモバイルは初めてスマホを持つ子供におすすめ

e21

画像引用元:TONE e21 | 安くて安心なスマホならトーンモバイル

この記事では、トーンモバイルの機能について紹介しました。

トーンモバイルの特徴
  • 有害なサイトへのアクセスを防ぐ
  • スマホやアプリの利用時間を制限できる
  • 子供の位置情報や移動履歴を確認できる
  • 自画撮り防止機能で性被害を防げる
  • 親のキャリアに関係なく子供だけの単独契約ができる

大手キャリアのキッズ携帯は、親と子が同じキャリアでないとGPS機能を利用できないなどのデメリットがあります。

しかし、トーンモバイルは親と子のキャリアに関係なく契約でき、すべての機能を利用できます。

スマホやアプリの利用時間を設定しておけば、スマホ依存やSNS上でのトラブルを防ぐことが可能です。

また、お子さんがどこにいるか分かれば、離れていても安心できますね。

お子さんにキッズ携帯を持たせようか考えている方は、トーンモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。