SNS依存症の恐怖!Twitterから抜け出すのに苦労したエピソード

  • 2019年4月27日
  • by 
SNS依存症の恐怖!Twitterから抜け出すのに苦労したエピソード

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

SNS依存を脱して、自分の時間をしっかりとれるようになった

  • 女性
  • 22歳・看護師
  • 現在利用しているキャリア:ドコモ
  • よく使う(使っていた)SNS:Twitter
  • フォロワーの数:120人
  • そのSNSはやめましたか?:はい

私は高校生の頃からSNS依存になり、それから数年は楽しくてやめることができず何年もSNSを続けていました。

SNS依存の症状として、

1暇さえあればSNSを開き、友人や知人のツイート、公式Twitterのツイートをチェックする
2SNSを閉じた直後に無意識にまたSNSを開いてしまう
3旅行に行ったときなどこの景色や状況をツイートするとどんな反応がくるのか考えてしまう
4仕事中や友人と会っている時でもSNSのことを考えて開きたくなってしまう

などがありました。

こんな日々が続き、仕事も忙しくなってきてプライベートの時間があまり取れなくなってたのですが、その時間のほとんどをSNSの閲覧、投稿に使っていました。

ふと、時間を無駄にしてるんじゃないかと感じた私は、SNSが好きでしたがやめることを決意しました

まず試したのが、スマホを触る時間を極力減らすという方法です。これは非常に効果的で、SNSに使う時間を大幅に減らすことができました。

しかしこの方法には問題点があり、その問題点というのはスマホを遠くに置くことでLINEや着信にスムーズにでられなくなったことです。

このせいで当時束縛気味だった彼氏にこっぴどく叱られました。

こういったことがありこの問題点を改善する方法を考え、思いついたのが、ガラケーを別に持ち通話などをガラケーで行うことで先ほどあげた問題点を解決することです。

この方法を実践すると思った通りSNSに極力時間を奪われず、通話にもでられるという状況を実現できました。

それからしばらくはこの方法で過ごしSNS依存は解決したと自分では思っていました。

しかし、そう簡単にいく筈もなくSNSを見たいという欲求に逆らえなくなり、またツイートをチェック、投稿するようになってしまいました

それでもSNS依存から脱出したいという思いは残っていたので、最終手段を取ることにしました。

その最終手段というのは、アプリそのものをアンインストールすることです。その方法を実践してみると、想定通り上手くいきました。

最初はツイートをチェックしたいという思いが駆け巡っていました。

しかしアプリそのものがなくなったので当然ツイートをチェックすることができず、次第にその思いは薄れていきました。

現在はその薄れてきた欲求すらありません。

やめて本当に良かったと感じたのが、自分の時間をしっかりと取れるようになったこと、周りの目を以前より気にしなくなったことがあります。

なので、やめてからはSNS依存に悩んでいた時よりも格段に毎日が楽しいです。

完全にSNSを断てたので、未練に思っていることは何一つありません。

Twitterを辞めて、目の疲れなど身体的な疲労も減った

  • 男性
  • 33歳・会社員
  • 現在利用しているキャリア:ドコモ
  • よく使う(使っていた)SNS:Twitter
  • フォロワーの数:50人
  • そのSNSはやめましたか?:はい

Twitterを始めたきっかけは、思ったことを気軽につぶやけるサービスに魅力を感じたからです。

訪れた飲食店の感想だったり、面白かったテレビ番組のことだったりなど、色々な内容をつぶやいて楽しんでいました。

しかし、現在は2年間利用したTwitterをやめてしまいました。

その理由は自分のつぶやきに対する反応が気になってしまい、スマートフォンをチェックする回数が増えてしまったからです。

最初はフォロワーが少なく、自分で情報を発信する機会が少なかったものの、フォロワーが増えてリツイートやいいねの件数が増えると気になって仕方なかったです。

まさか、自分がこんなにもTwitterに依存するようになるとは思っていなかったので驚きました。

Twitterに費やす時間を他の物事に使用した方が今後の人生にプラスになると考えたので、思い切ってやめることにしました。

やめた方法はシンプルにTwitterのアンインストールです。

起動せずに放置する方法もありますが、それではスマートフォンをチェックしている時に気になってしまうためです。

アンインストールすれば、スマートフォンを操作している時でも目に触れることがない分、気にせず過ごせます。

しかし、最初の3日間は我慢できましたが、4日目にどうしても我慢できずインストールしてしまいました。

この時はTwitterの依存症から抜け出せるかどうか不安に感じました。

その後もインストールとアンインストールを繰り返しましたが、スマートフォンが故障して2日間ほど操作しない時間ができたことをきっかけに、Twitterを利用したい気持ちがなくなりました。

それからは一度もインストールしていないので、やめられたと判断しています。

Twitterをやめられたおかげでスマートフォンを操作する時間が少なくなり、目の疲れが減ったり、就寝前にスマートフォンを操作する習慣がなくなったりなどを実感しています

ただ、面白いニュースや世間が注目している出来事が起こった際は、Twitterをやっていればどのような反応があったのかと未練を感じることがあります。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

【保存版】本当に面白い!人気の無料おすすめゲームアプリ

編集部まとめ

今回は、SNS依存症になったことに恐怖を感じ、Twitterをやめたエピソードをまとめてみました。

アプリを削除してもまたインストールしてしまうという、もはや自制がきかない状況に恐怖すら感じますよね。

私も寝る前にSNSを見ると寝つきが悪くなることがあるので、健康面的にも時間制限は大事だと思います。

【2018年】話題の新作ランキング!人気の無料おすすめゲームアプリ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ