UQモバイルで審査落ちしたときの原因9つと対処法3つ

UQモバイルで審査落ちしたときの原因9つと対処法3つ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

本記事では、UQモバイルの審査落ちの原因と、その対処法について解説していきます。

携帯電話の新規契約で必ず通らなければならない審査。

UQモバイルに限らず、どの業者もその内容は公表していません。

そのためか、ネット上には「審査落ちの原因」として様々な噂が蔓延しています。

特に多いのが「申請した人の財政状況が悪い」というものです。

これを見て、「自分は貧しい状態だったのか……」と愕然とした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、ひとまず落ち着いてください。

ほとんどの場合はこのような深刻な理由ではなく、ちょっとした間違いであることが多いのです。

UQモバイル審査のポイント
  • 審査落ちのほとんどの原因は「入力ミス」もしくは「UQモバイルの規則に抵触している」かのどちらか
  • 申し込み時に落ち着いて入力内容を確認し、UQモバイルの規則を守れば、審査は怖くない

トップ画像引用元:【公式】UQ mobile オンラインショップ|UQコミュニケーションズ

UQモバイルの審査落ちの原因9つ

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)

審査落ちの原因のほとんどは、「入力や書類のミス」もしくは「規則を知らなかった」のいずれかです。

ネットでは、審査落ちの原因として「経済状況が悪い」「ブラックリスト入りしている」といったものが挙げられていますが、ほとんどの場合は関係ありません。

大抵はちょっとしたミスが原因です。

審査落ちしたからと言って、落ち込む必要はないですよ。

では、早速審査落ちの原因を、「よくある順」に詳しく見ていきましょう。

UQモバイルの審査落ちの原因9つ
  • 申し込み時の入力内容が本人確認書類と異なる
  • MNP予約番号の有効期限切れ
  • 本人確認書類に不備がある
  • 対応していない支払い方法を選択している
  • 対応していないカードを選択している
  • 契約できる回線数の上限に達している
  • 乗り換え元の名義と申し込み時の名義が異なる
  • 申し込み時の名義とクレジットカードの名義が異なる
  • 公式サイトでは未成年の契約は不可

申し込み時の入力内容が本人確認書類と異なる

おそらく最も多い原因がコレです。

当たり前ですが、申し込み時の入力内容が本人確認書類と違う場合、審査は通りません。

特に引っ越し直後は要注意です。

以前住んでいた住所を記載してしまうと、審査に落ちてしまいます。

また、名前の漢字にも注意してください。

例えば、「たかはし」さんの漢字には「高橋」や「髙橋」などがありますよね。

このような漢字の違いもしっかり見られているようなので、複数の変換候補がある苗字・名前の方は気を付けてください。

さらに、住所なども本人確認書類と完全一致させる必要があります。

本人確認書類の住所欄に「1丁目1番地の1」と記載されている場合は、「1-1-1」といった書き方ではなく、本人確認書類と全く同じ記載である必要があります。

申し込み時の入力作業は、本人確認書類を確認しながら、一字一句正確に入力していきましょう。

MNP予約番号の有効期限切れ

これまたよくあるのが、「MNP予約番号の有効期限切れ」です。

通常、MNP予約番号の有効期限は15日(取得日を含む)です。

しかし、UQモバイル公式サイトからのUQモバイルへの乗り換え手続きは、MNP予約番号取得後、2日以内に行わないといけません。

そのため、MNP予約番号を発行してから3日目に申し込んでも、あっさり審査に落ちてしまいます。

非常に勘違いしやすいポイントなので注意してください。

UQモバイルへの乗り換え手続きは、できればMNP予約番号取得した日に行いましょう。

本人確認書類に不備がある

本人確認書類に不備があると審査には通りません。

UQモバイルでは、下記の書類を本人確認書類として利用できます。

本人確認書類として使えるもの
  • 運転免許証
  • パスポート(日本国旅券)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード(写真付のみ)
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証+補助書類

特に気を付けたいのが運転免許証です。

運転免許証の住所変更の手続きを交番などで行うと、運転免許証の裏面に変更住所が記載されます。

この場合、申し込み時に運転免許証の裏面も送付しなければならないのですが、これを忘れてしまうケースが多いのです。

入力内容と住所情報が一致しないので、審査には落ちてしまいます。

アップロード時には裏面を忘れないように注意したいですね。

また、本人確認書類の撮影時に光が反射して、情報の一部が見えなくなってしまうことがあります。

このような場合も審査落ちしてしまうので、撮影後は隠れてしまっている情報がないか、しっかり確認しましょう。

在留カードは支払い方法で条件が変わる

在留カードは本人確認書類として使えますが、スマホや月額料金の支払い方法によって条件が変わります。

項目月額料金
支払い方法
条件
一括口座振替在留期間の残りが8ヶ月以上必要
クレジットカード在留期間は問わない
分割口座振替在留期間がUQモバイルの基準に満たない場合、分割購入を断られる場合がある
クレジットカード

スマホを購入しない場合や一括購入する場合は、クレジットカード払いであれば、条件は特にありません。

しかし、スマホを分割で購入する場合は、購入自体を断られることもあるため、注意が必要です。

対応していない支払い方法を選択している

UQモバイルは格安SIMの中では珍しく、口座振替を支払い方法として利用できます。

しかし、口座振替が対応しているのは一部の契約形態のみで、下記の契約には対応していません。

口座振替が使えない契約形態
  • 新規契約(乗り換え除く)
  • データSIMの申し込み

特に注意したいのはデータSIMです。

音声SIMでは普通に口座振替を利用できるため、既存ユーザーがデータSIMを追加購入したとき、勘違いしてしまうことが多いと言われています。

対応していないクレジットカードを選択している

クレジットカード
UQモバイルではクレジットカード払いが利用できますが、下記のカードでは支払いできません。

支払いできないカード
  • デビットカード
  • 海外発行のクレジットカード
  • 対象外のクレジットカード会社が発行したカード

デビットカードはクレジットカードのように使える便利なカードですが、UQモバイルでは使えません。

また、クレジットカードでも、海外で発行されたものは基本的に利用不可です。下記の会社が国内発行したものだけが使えます。

支払いに使えるカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners
  • AMERICAN EXPRESS

契約できる回線数の上限に達している

UQモバイルでは、1つの名義で契約できる回線数は3回線までです。

契約後は、回線の利用状況に応じて最大5回線まで契約できるようになりますが、それ以上の回線申し込みをしても、審査で落とされてしまいます。

UQモバイルには「UQ家族割」があるため、家族がたくさんいる方ほどこの理由で落とされることが多いようですね。

また、初回契約から90日間は2回線までという制限もあります。こちらにも注意してください。

乗り換え元の名義と申し込み時の名義が異なる

UQモバイルへの乗り換えでは、乗り換え元とUQモバイル申し込み時に記入した名義が完全一致している必要があります。

これは、他人に電話番号を引き継いでしまうのを防ぐためです。

たとえば、一部の反社会勢力に所属している人は、各自治体条例などにより、携帯電話を持つことが許されていません。

しかし、電話番号が簡単に引き継げてしまうと、この条例の意味が無くなってしまいます。

とはいえ、家族内で電話番号を引き継ぎたいというケースもあるはずです。

そのような場合は、現在その電話番号を持っている方と引き継ぐ方がUQモバイルの店舗に直接足を運び、手続きを行う必要があります。

申し込み時の名義とクレジットカードの名義が異なる

UQモバイルでは、クレジットカードの名義も、申し込み時の名義と同一である必要があります。

違う名義のクレジットカードや口座を支払いに利用したい場合は、UQモバイルの店舗で手続きすればOKです。

ただし、この場合は「家族証明書類」が必要となります。忘れないようにしましょう。

公式サイトでは未成年の契約は不可

UQモバイルの公式サイトでは、未成年は契約することができません。よって、審査にも通りません。

どうしても契約を結びたい場合は、親権者同伴のもとでUQモバイルの店舗へ行く必要があります。

ただし、この場合でも契約ができるのは中学進学2ヶ月前以上の方です。

UQモバイルで審査落ちした場合の対処法

UQモバイルで機種変更

画像引用元:【公式】UQコミュニケーションズ

次は、審査落ちしてしまった場合の対処方法を解説します。

下記の項目をしっかり実行すれば、審査に落ちる可能性は限りなく低くなりますよ。

入力や書類のアップロードは確実に!

結局のところ、審査の最も厄介な点は、審査落ちの原因がユーザーに伝えられない事に尽きます。

入力した内容がUQモバイルの基準を満たしていない場合は仕方ありませんが、落ちた理由がわからない以上、原因を突き止めるのは困難です。

よって、落ちた原因をしっかり把握するために、「入力内容のミス」と「本人確認書類の不備」という可能性は徹底的に排除しなければなりません。

そのために重要となるのが「確認」です。UQモバイルに申し込む際は、確認のための時間を十分に確保し、しっかりと入力内容をチェックした上で申し込むようにしましょう。

申し込みの際にはUQモバイルで定めている規則をチェック!

入力ミスと同じくらい気を付けたいのが、UQモバイルで定めている規則です。

規則はすべてUQモバイルの公式サイトに記載されているのですが、1つのページにはまとめられていません。

各項目の注意事項としてバラバラに書かれています。

これを申し込み前に1つずつ調べるのは大変なことです。

そこで、本記事では下記に注意すべき事をまとめました。

チェックポイント
  • UQモバイルに乗り換えする場合、MNP予約番号の取得から2日以内の申し込みが必要
  • 本人確認書類が運転免許証の場合、裏面に記載がある場合は裏面もアップロードが必要
  • アップロードする本人確認書類の画像は、反射した光などで一部の情報が欠けていないか確認
  • 新規契約またはデータSIMを契約する場合、支払い方法として口座振替は選べない
  • クレジットカードは基本的に国内発行されたもののみ有効
  • 1名義で契約できるのは最大5回線まで。新規契約から90日間は2回線まで
  • 乗り換え元の名義とUQモバイル申し込み時の名義は一致させる必要がある
  • クレジットカードの名義とUQモバイル申し込み時の名義も一致させる必要がある
  • UQモバイルサイトからの申し込みの場合、未成年は申し込み不可

項目が多くて大変ですが、上記をしっかりチェックしてから申し込めば、審査落ちになる可能性は限りなく低くなります。

深く考えずにもう一度申し込もう

万が一、上記の項目をしっかり確認しても落ちてしまった場合は、深く考えずにもう一度申し込んでみましょう。

入力内容のミスやUQモバイルの規則違反は、できる限り無くしたいところですが、100%無くすのは無理です。

人間ですからね。

どれだけ確認しても、やはり見落としはあるものです。

結局、審査落ちの原因のほとんどがミスに起因している以上、深く考えても仕方ありません。

すべての書類を2回確認すれば、ミスは限りなくゼロに近くなるでしょう。

それでも審査に落ちてしまった場合は、また別の原因を模索すれば良いのです。

UQモバイルの審査は知識さえあれば怖いものではない!

今回は、UQモバイルの審査について解説しました。

UQモバイル審査のポイント
  • 審査落ちのほとんどの原因は「入力ミス」もしくは「UQモバイルの規則に抵触している」かのどちらか。
  • 申し込み時に落ち着いて入力内容を確認し、UQモバイルの規則を守れば、審査は怖くない。

本記事では審査落ちの原因を9項目取り上げましたが、簡単にまとめると上記2項目がポイントになります。

ネット上では「ブラックリストに入っているから」という情報をよく見ますが、ほとんどの場合は関係ありません。

審査落ちの原因の大半はミスと規則への抵触です。

これらの事さえ分かれば、あとは慎重に申し込むだけです。審査はそれほど怖いものではありません。

たとえ一度落ちてしまっても、本記事を参考に、もう一度UQモバイルに申し込んでみてくださいね。

【8月最新】UQモバイルのキャンペーン・キャッシュバック情報まとめ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ