PayPay(ペイペイ)をコンビニで使う方法|ローソンとファミマだけ?

PayPay(ペイペイ)をコンビニで使う方法|ローソンとファミマだけ?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホ決済アプリとして有名なPayPay(ペイペイ)。

2018年末は大型のキャンペーンが話題になりましたが、スマホ1台で支払いができる便利さが1番の注目ポイントです。

特にコンビニでの支払いなど、日常のちょっとした買い物の際にはPayPayが便利です。

手元にあるスマホだけで支払いができて、釣銭も出ないので会計をスムーズに進めることができます。

そこで今回は話題のPayPayをコンビニで便利に使う方法について紹介します。

PayPay(ペイペイ)をコンビニで使うには?
  • ローソンやファミマなど主要なコンビニで使える
  • スマホにPayPayアプリを入れて支払い設定をすればOK
  • 現金もカードも必要ないので支払いが超スピーディー

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

トップ画像引用元:PayPay株式会社|ペイペイ株式会社

1 コンビニでの支払いはPayPayが便利!

Paypay

画像引用元:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

日常でスマホ決済ができるシーンというのは爆発的に増えてきたように感じられます。

スマホ決済なら、クレジットカードを提示してサインを書いたり、現金を出して釣銭を受けっとったりという手間は一切ありません

財布すら出す必要もなく、手元にあるスマホ1台でスピーディーに支払いができます。

PayPayの支払いが1番便利に感じられるのがコンビニではないでしょうか。

通勤時や外出先でのちょっとした買い物で利用する機会が1番多いのがコンビニです。

コンビニでの支払いは1回あたり700円前後という人が多いようです。

そうすると小銭を数えたり釣銭が多くなったりすることが増えます。

PayPayならそのような現金決済の煩わしいことが解消されます。

コンビニの支払いだけでもPayPayを使ってみると、きっと便利さに気づくでしょう。

1-1 PayPayが使えるコンビニ

Paypay

画像引用元:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ名

まずPayPayで支払いをするためには、店舗側にPayPayが導入されていることが必要となります。

コンビニチェーンによってPayPayを導入しているところと導入していないところがあります。

全てのコンビニでPayPayが使えるというわけではないので注意が必要です。

現時点でPayPayを導入しているコンビニは、次の5社です。

PayPayが使えるコンビニ
  • ローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100を含む)
  • ファミマ
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • セイコーマート

コンビニ大手3社で言うと、ローソン・ファミマではPayPayが使えるのに対して、セブンイレブンではPayPayを使うことができません。

ただし、2019年7月1日からセブンイレブンでPayPayの利用ができるようになります。

また全国展開していないコンビニでも、ミニストップ・ポプラ・セイコーマートではPayPayを使うことができるようになっています。

ぜひお近くのコンビニがPayPayを導入しているのであれば、活用していきましょう。

PayPayは特別な決済端末を利用することもないので、レジでバーコードを読み取るだけで支払いができるので、店舗による決済可否の差は基本的にありません。

例えば、ローソンならどこのローソンでもPayPayを使って支払いができます。

PayPayを導入しているコンビニチェーンであれば全店対応可能という訳です。

2 PayPayってどんなサービス?

2018年末のキャンペーンが話題になったこともあり、PayPayという名称自体は聞いたことがあるという人はかなり多いのではないでしょうか。

しかし、まだ使ったことがないという人に向けてPayPayとはどんなサービスなのか、改めて確認をしてきましょう。

2-1 PayPayの仕組み

Paypay

画像引用元:PayPayはじめ特典 | PayPay株式会社

PayPayはアプリ画面に表示されるバーコードあるいはQRコードをレジで読み取ることで決済をします。

レジではスマホを見せるだけで支払いができるようになっています。

実際の支払いはPayPayアカウントに登録しているクレジットカードか、プリペイド方式で事前にチャージしたPayPay残高のいずれかで行われます。

クレジットカードなら単にPayPayを経由しての支払いというだけで、通常のクレジット決済と支払日や金額に変わりはありません。

また、PayPay残高を利用する場合には、銀行口座からチャージをする必要があります。チャージ自体もPayPayアプリからできるので手間もかかりません。

PayPay残高での支払いはプリペイド方式になるので、事前に銀行口座からしなければ決済することができませんが、使いすぎを防ぎたい人にはおすすめです。

また、キャンペーンの適用がPayPay残高利用の場合の方が優遇されることもあるので、PayPay残高での支払いの方がお得になる場合もあります。

2-2 PayPayの特徴

Paypay

画像引用元:PayPayはじめ特典 | PayPay株式会社

PayPayは比較的利用者数も多いスマホ決済アプリの1つとなっています。

そのほかにも利用できる店舗が多いのと登録が簡単というところもPayPayの特徴で、PayPayが多くの人に選ばれている理由となっています。

PayPayの特徴をまとめると次の3つです。

PayPayの特徴

  • 利用可能店舗が多い
  • 登録がとても簡単
  • アカウント登録すればその場で500円もらえる

利用可能店舗が多い

PayPayは加盟店が多く、コンビニや家電量販店、飲食店など幅広いジャンルの店舗で利用が可能となっています。

他にも個人経営の飲食店や美容室など小型店でも加盟店はどんどん増えているので、普段からよく行くお店も気づいたらPayPayが使えるようになったということもあるかもしれません。

登録がとても簡単

PayPayのアカウント登録に関しては、Yahoo! JAPAN IDがあればPayPayアプリからIDにログインするだけです。

なくてもその場で電話番号を入力してパスワードを設定するだけでアカウント登録ができます。

アカウント登録すればその場で500円もらえる

PayPayでは登録が完了すれば、その場で500円分のPayPay残高がプレゼントされます。

登録が終わった瞬間からPayPayを使って500円分の買い物をすることができるのです。

コンビニで使うにはちょうどいい金額ですね。

もちろん、継続的に利用するにはクレジットカードの登録か口座振込による残高チャージをする必要があります。

PayPayに興味があって試してみたいという人は、一度プレゼント分の500円で試しに支払いをしてみるのも良いのではないでしょうか。

PayPayとは|使い方・他のスマホ決済との違い・メリット・注意点

次のページでは、PayPayを実際にコンビニで使う方法と手順について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ