中古スマホの購入ならここ!おすすめの販売店と通販サイトを紹介

  • 2019年2月19日
  • by 
中古スマホの購入ならここ!おすすめの販売店と通販サイトを紹介

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

皆さんは中古スマホを専門の販売店や通販サイトから購入した経験がありますか?

「え、携帯電話会社以外からもスマホ買えるの?」と思われた方も多いかもしれません。

今年は電気通信事業者法などの改正案が国会に提出される見込みであり、その関係で中古スマホ市場が賑わうと予想されています。

このページでは、新品で買うよりも激安でスマホを購入できる、中古スマホの販売店や通販サイトについて紹介していきます。

1 通販サイトも展開!おすすめの中古スマホショップはここだ!

それでは早速、中古スマホを買うのにおすすめのお店を紹介していきます。紹介順は五十音順で、ランキング形式ではありません。

どれも中古スマホ市場の中でも特におすすめできる厳選されたお店ばかりです。中古スマホを買うなら必ず一度は目を通しておきたいところをピックアップしました。

1-1 イオシス

画像引用元:中古スマホ・タブレット販売の【イオシス】|けっこう安い。

イオシスは、東京・秋葉原を中心に、大阪・日本橋や名古屋・大須といった日本有数の電気街に展開しているお店です。また、基本送料640円で配送サービスも行っています。

ここの特徴は豊富な品揃えと在庫の量で、国内SIMフリースマホから海外のものまで、あらかた揃っています。Xperia XZ3のような最新モデルすら、すでに取り扱っているほど。

また、イオシス公式サイトの「iPhone歴代モデル比較」や「ゲーミングスマホ特集2018」などの独自の特集もなかなか面白く、スマホ選びを後押ししてくれます。

中には「バンドリやりならこのスマホ!」というようなニッチな特集も。豊富な品揃えを活かしてどんなニーズにも応えようという姿勢を感じますね。

そしてなんと言ってもすごいのが、イオシスで買った品がネットワーク利用制限(通信規制、赤ロム)となった場合、保証期間の有無に関わらず保証対象となることです。

中古スマホにどうしても付きまとう不安も、これなら安心ですね。中古スマホを買うなら絶対抑えておきたいお店のひとつです。

1-2 じゃんぱら

店舗

次に紹介するじゃんぱらですが、こちらは北は北海道から南は九州まで、全国43ヶ所に実店舗を展開しているのが特徴です。

その分、イオシスより馴染みやすいという方が多いのではないでしょうか。

どんなにお店が信頼できる、保証があるといっても、やはり中古商品。傷や色あせの具合などは実際に見ないことにはわかりません。

しかし、じゃんぱらなら近所の店舗に行って実機をじっくり確認することができます。商品は多くの場合、ショーケースに入ってはいますが、店員に声をかければ触らせてもらうことも可能です。

「実物を見て決めたいが、秋葉原や日本橋に行くのは大変だ」という方は、まずお近くのじゃんぱらに足を運ぶのをおすすめします。

また、配送にも対応しています。一梱包あたり756円(税込)または1,296円(同)です。

返品については、保証期間が設定されている商品で、故障など規格通りに正常動作しない場合のみの受付となっています。「保証なし」商品の返品は認められません。

1-3 ソフマップ

渋谷の街

最後に紹介するソフマップは、東京・秋葉原を中心に、仙台から福岡まで計21店舗を構える中古スマホ販売店です。

全国に展開している点はじゃんぱらと同じで、実際に品を見て購入を決めることができます。ただ店舗数はじゃんぱらの半分以下です。そのため、「近くに店舗がない」という方も多いかと思います。

そんなソフマップの他店にない特徴は、「Mac Collection」というApple製品を専門に扱うApple公認の店舗を持っていることです。

Mac Collectionは、新品や中古品の販売はもちろんのこと、修理カウンターまで設けています。まるでApple Storeのようですね。

買い替えや下取りの相談等も気軽にでき、個々に合った対応をしてもらえます。中古のiPhoneを買うと決めている方にはもっともおすすめのお店と言えるでしょう。

ただ、Mac Collectionは秋葉原にしかありません。そのため、お住まいの地域によっては、「ちょっと気軽には行けない」という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ソフマップは配送にも対応しており、3,000円以上の購入で配送料無料に。

保証については、「プレミアムプラン」や「スタンダードプラン」などに別途加入する形になっています。

中古スマホのおすすめ店3つの特長
  • イオシスは、無期限の保証がすごい!
  • じゃんぱらは、実店舗の多さがすごい!
  • ソフマップは、Mac Collectionがすごい!
  • どこも最大手クラスでおすすめ!
白ロムと赤ロムの違い|新中古スマホの売買で失敗しないための知識

次の章では、中古スマホを買うメリットについて解説します。

2 中古スマホを買うメリットとは

ここまで、おすすめの中古スマホ販売店を紹介してきましたが、改めて新品ではなく中古スマホを買うメリットについても考えてみましょう。

2-1 中古ならではの激安価格

一番のメリットは、やはり新品よりも安く買えることです。

今は新品でも2~3万円台で買えるスマホが多くなってはいますが、それでも中古のほうがお得な場合も少なくありません。

例えば、1年前のハイエンドモデルを格安で買えるのは、中古ならではの特権です。

基本的にスマホは、新しい機種ほど性能も高くなるものですが、それはハイエンドモデル同士、ミドルレンジモデル同士、ローエンドモデル同士といった同レベル帯で比較した場合のこと。

発売したばかりのローエンドモデルと1年前のハイエンドモデルを比較したら、どちらのほうが高性能になるのでしょうか。

もちろん機種にもよりますが、大半は1年前のハイエンドモデルのほうが圧倒的に高性能です。

ローエンドモデルには、防水性能やFeliCa(おサイフケータイ)機能が欠如していることも少なくありません。CPUやカメラなども、最初から性能を抑えた格安のものが使われています。

その点、ハイエンドモデルは当時の最高技術で作られているものがほとんどです。必要な機能も一通り詰め込まれています。

ですから、1年経ったくらいでは、ローエンドモデルはもちろんミドルレンジモデルにも簡単には負けません。

2-2 ハイエンドモデル狙いなら中古市場を開拓せよ

そして、型落ちしたハイエンドモデルが購入できるのは中古市場だけです。一般的に、新品のものは値崩れする前にディスコンされてしまいます。

ハイエンドモデルを格安で購入したいなら、絶対中古スマホです。

2-3 法改正も中古スマホ市場を後押し!?

2018年11月、総務省が設置した「モバイル市場の競争環境に関する研究会」は「モバイルサービス等の適正化に向けた緊急提言」を発表しています。

この提言では、現在のスマホ市場に関する様々な問題点を指摘。

特にキャリアが通信回線とスマホをセットで売っていることで巻き起こっている、「やりたい放題」の現状を是正しようとする内容となっています。

中でも、通信料金を割高に設定しつつ、高額スマホを購入するほど通信料金が値引きされるサービスを行う、いわゆる「実質負担額」を謳う商法が問題視されていました。

この商法により、

  • ユーザーが高い通信料金を負担しなければならない
  • 頻繁に高額スマホを購入するユーザーと、そうでないユーザー間で不公平が起きている

というのが、総務省を中心とした有識者の見解です。

これらの問題を解決に向けて、現在は通信料金と機種代金を別々にする「完全分離プラン」を義務づける方向で話が進んでいます。

すでにドコモ・au・ソフトバンクらはこれに従う姿勢を見せているため、「実質負担額」のような曖昧な販売方法は今年中にもなくなることでしょう。

そんな「改革元年」に期待されているのが、中古スマホ市場の成長なのです。

2-4 完全分離プランでユーザーの選択は自由で平等に!

スマホを操作する人たち

キャリアによる複雑なプランや縛りから開放されることで、ユーザーは欲しい機種や購入の時期を制限なく自由に決められるようになります。

今は2年毎にキャリアから最新モデルを購入している方も多いはずですが、これからはそんなことをする必要がなくなるのです。

これからのスマホユーザーは、自分で決めたタイミングや予算でスマホを選べるようになります。中古なんて考えたこともなかったという方も、今年からはぜひ意識してみてくださいね。

選択肢は1つでも多い方が良いものです。中古市場もチェックして、あなたにとって本当にお得なスマホを購入してくださいね。

中古スマホ市場に期待大!
  • 中古ならハイエンドモデルも激安で購入可能
  • これからは完全分離プランが当たり前に
  • スマホ選びがもっと自由になる!

3 安心の大手販売店で中古スマホを格安購入!

スマホ

中古スマホを購入するときに利用したい、おすすめの販売店についてご紹介してきました。各販売店は、通販サイトも運営しているので、実店舗に行けない方でもお買い物できますよ。

今回ご紹介したもの以外にも、中古スマホ販売店は多数存在します。

しかし、大手ならではの品揃えや在庫数、そして保証なども考慮すると、やはりイオシス・じゃんぱら・ソフマップが頭抜けていることは確かです。

全国配送に対応している点も大きいでしょう。

中古スマホはその性質上、どうしても新品のようにキレイで安心とはいきません。だからこそ、余計なリスクや不安を極力抑えてくれる大手がおすすめです。

ただ、まだまだニッチな分野という点も否めません。東京・秋葉原のような大きな電気街以外では、盛況とは言い難いのが現状です。

完全分離プランの定着によって、中古スマホ市場は必然的に広がっていくと考えられています。しかし、地方に住んでいる方にとっても身近な存在になるまでには、もう少し時間がかかるかもしれません。

中古スマホを買うならやっぱり大手が安心
  • 中古スマホなら、まずはイオシス・じゃんぱら・ソフマップをチェック!
  • 大手ならではの実績と安心がある
  • 通販サイトも運営しており、全国に配送してくれる
  • これから中古スマホ市場はもっと盛り上がる

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ