中古スマホならコレ|2020年買うべきおすすめスマホと激安ショップ

2020年おすすめの中古スマホを5つに絞って紹介。iPhone/Androidともにイマ買いのコスパ抜群の機種を解説します。また中古スマホを激安で購入できるお店やSIMロック解除の方法も載せています。ドコモ・au・ソフトバンクに縛られないSIMフリースマホでもっと自由にスマホを使いましょう。

  • 2020年11月1日
  • by.unishi

iPhone8

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

激安価格のスマホが欲しいという人におすすめなのが、中古ショップでの購入です。

中古であればiPhoneもAndroidスマホも、本来の価格より格安で入手できます。

しかも、SIMロック解除済みのSIMフリースマホをゲットすることもできます。

今回は、そんな中古スマホの中でも特におすすめの機種を7つピックアップしました。

2020年おすすめ中古スマホ7選
  • iPhone 8
  • Galaxy A20
  • Xperia 10 II
  • Xperia XZ3
  • moto g8 POWER
  • AQUOS R2 compact
  • Pixel 3
中古で買うならこちらがおすすめ!

各機種の特長、中古スマホ購入のメリット、おすすめの中古ショップなどについて紹介します。ぜひチェックしてください。

※本記事中の価格は税込み表示

2020年おすすめ中古スマホ7選

iPhone 8

画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

この章では、2020年におすすめの中古スマホを7つピックアップしました。

今回は3年以内に発売されたスマホの中で、比較的コスパの良い機種を厳選しました。

それぞれの機種のスペックや中古価格、特長について解説していくので、ぜひチェックしてください。

なお価格は中古ショップ「イオシス」に記載されている中古Aランク・SIMフリー(SIMロック解除済含む)を参考(Aランクがない場合は別ランクにて)にしています。

iPhone 8

iPhone 8

iPhone 8のスペックは下記の通りです。

iPhone 8
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ約148g
アウトカメラメイン:約1,200万画素
インカメラサブ:約700万画素
ROM64/128GB
RAM非公開
CPUA11 bionicチップ
OSiOS 11
バッテリー非公開
解像度1,334 × 750
認証指紋
カラーゴールド・シルバー・スペースグレイ

iPhone 8は2017年に発売されたiPhoneです。

ホームボタンが搭載されている点や4.7インチという非常にコンパクトなサイズ感であることが特徴です。

これらの特徴が人気で、新しいモデルが続々と発売されていく中、あえてiPhone 8を使っている人も少なくありません。

中古で人気の他のiPhone機種と比較してみました。

項目中古価格画面サイズ重量
iPhone XS69,800円~
89,800円
5.8インチ177g
iPhone 839,800円~
47,800円
4.7インチ約148g
iPhone 726,800円~
30,800円
4.7インチ138g
iPhone SE17,800円~
22,800円
4.0インチ113g

ホームボタンを使いたい・片手でも扱いやすいiPhoneが欲しいのであればiPhone 8が1番高性能だといえます。

Galaxy A20

ドコモ Galaxy A20

画像引用元:Galaxy A20 SC-02M

Galaxy A20のスペックは以下の通りです。

Galaxy A20
ディスプレイ5.8インチ
本体サイズ高さ:150 mm
幅:71 mm
厚さ:8.1 mm
重さ151g
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3,000mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSamsung Exynos 7884B(オクタコア)
OSAndroid 9
認識顔認証
カラーレッド・ブラック・ホワイト
Galaxy A20は2019年11月に発売された、シンプルで使いやすいスマホです。

価格が非常に安く、中古であればかなり良い状態のものでも1万円で購入できます。

価格が安いだけに、スペックはそこまで良いわけではありません。

しかし基本的な機能はすべて持ち合わせており、バッテリーの持ちは良く、防水・防塵に対応しており、動作も悪くありません。

「価格が安くて普通に使えるスマホが欲しい」という方におすすめです。

Xperia 10 II

Xperia 10 II

画像引用元:Xperia 10 II SO-41A

Xperia 10 IIのスペックは以下の通りです。

Xperia 10 ll
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:157mm
幅:69mm
厚さ:8.2mm
重さ151g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm Snapdragon 665
OSAndroid 10
バッテリー3,600mAh
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・ミント・
ブルー(ドコモ限定)
詳細Xperia 10 ll 実機レビュー

Xperia 10 IIはXperiaシリーズの中でも新しいスマホで、2020年5月29日に発売されました。

151gと非常に軽くて持ちやすいスマホでありながら、機能も充実しています。

価格も、上記のスペックを持ち合わせておきながら非常に安く、状態の良い物でも中古価格4万円以下で購入できます。

有機ELディスプレイを採用しており、縦横比は21:9。

映画とほぼ同じ比率なので抜群の臨場感で映画を見ることができます。

またこの画面比率は、2つのアプリを同時に操作するのにも適しています。

YouTubeを見ながらTwitterを見たり、ニュースを見ながら別の情報を調べたりと、非常に幅広い使い方ができます。

Xperia XZ3

エクスペリアエックスゼットスリー

画像引用元:Xperia XZ3(エクスぺリア エックスゼットスリー)SOV39 | au

Xperia XZ3のスペックは下記の通りです。

Xperia XZ3
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:73mm
厚さ:9.9mm
重さ約193g
アウトカメラ約1,920万画素
インカメラ約1,320万画素
バッテリー3,200mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm Snapdragon 845
OSAndroid 9
解像度2,880 × 1,440
認証指紋
カラーブラック・ホワイトシルバー・
フォレストグリーン・
ボルドーレッド

Xperia XZ3は2018年11月に発売となった機種であり、Xperiaスマホの中で初めて有機ELディスプレイを搭載したスマホです。

Xperiaスマホの開発元であるSONYの液晶テレビ「ブラビア」の技術を活かして設計されました。

黒と色彩のコントラストが非常に美しいと定評があります。

解像度も非常に高く、ディスプレイも6.0インチと大画面なので、映画やアニメ、ドラマなどをスマホで楽しむ人にも適しています。

価格は3~4万円のものが多く、コスパが非常に高いです。

moto g8 POWER

moto g8 POWER

画像引用元:moto g8 power | モトローラ公式オンラインストア

moto g8 POWERのスペックは以下の通りです。

機種名Moto G8 Power
メーカー名Motorola
CPUSnapdragon 665
内蔵メモリ/ストレージ4GB/64GB
バッテリー容量5,000mAh
ディスプレイサイズ6.36インチ
発売日2020年5月4日
価格32,800円

moto g8 POWERは低価格でありながらスペックが充実しているスマホです。

大容量バッテリー、4つの高性能カメラを搭載しています。

重量が197gあり、少し重いという点には注意が必要です。。

スマホ本体も比較的大きめなので、指が相当長くないと片手での操作は難しそうです。

購入する際にはサイズ感には気を付けた方が良いでしょう。

CPU、バッテリー、カメラと基本的な機能が非常に高いので、デザインや重さに問題が無ければ、即購入しても後悔する可能性は少ないです。

比較的新しいスマホですが、中古価格であれば2万円以下で購入可能です。

AQUOS R2 compact

OCNモバイルONEのAQUOS R2 compact

画像引用元:AQUOS R2 compact SH-M09 | goo Simseller

AQUOS R2 compactのスペックは下記の通りです。

AQUOS R2 compact
ディスプレイ5.2インチ
本体サイズ高さ:約131mm
幅:64mm
厚さ:9.3mm
重さ約135g
アウトカメラ約2,260万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー2,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm Snapdragon 845
OSAndroid 9
解像度2,280 × 1,080
認証指紋
カラーディープホワイト・ピュアブラック

AQUOS R2 compactは、2019年1月に発売されたコンパクトサイズの高性能スマホです。

片手でも簡単に収まるサイズ感に約135gという非常に軽いスマホなので、女性や子どもにも扱いやすいと人気があります。

コンパクトサイズとなると基本的にスペックも落ちる傾向にありますが、今回紹介した他の機種と同レベルの高い性能が備わっています。

細部まで鮮明に映る2,260万画素のカメラも搭載されているので、幅広いシーンの撮影で役立つでしょう。

中古価格は2~3万円のものが多いです。

Pixel 3

Pixel 3

画像引用元:Pixel 3

Pixel 3のスペックは下記の通りです。

Pixel 3
ディスプレイ5.5インチ
本体サイズ高さ:約145.6mm
幅:68.2m
厚さ:7.9mm
重さ約148g
アウトカメラ約1,220万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー2,915mAh
RAM4GB
ROM64/128GB
CPUQualcomm Snapdragon 845
OSAndroid 9
解像度2,160 × 1,080
認証指紋
カラークリアリーホワイト・
ジャストブラック・ノットピンク

PixelはGoogleが開発しているスマホであり、NexusやAndroid Oneに次ぐGoogleの純正モデルとして定評があります。

Pixel 4が発売されたことにより、Pixel 3の中古価格もかなり買い求めやすくなりました。

Googleの純正モデルということで、最新のGoogleサービスを優先的に利用できるという特典があります。

また、搭載されているカメラはシングルレンズですが、「シングルレンズでも綺麗に写真が撮れる」と好評です。

ポートレートはもちろん、薄暗い部屋や夜景などの撮影にぴったりな「夜景モード」も利用できます。

写真をたくさんスマホで撮りたい人にもおすすめの機種です。

中古価格は3万円前後になっています。

2020年おすすめ中古スマホ7選
  • iPhone 8
    ホームボタン搭載・耐水対応の4.7インチiPhone
  • Galaxy A20
    シンプルに安くて操作しやすい低価格スマホ
  • Xperia 10 II
    21:9の有機ELディスプレイで臨場感抜群な映画鑑賞が出来る
  • Xperia XZ3
    黒と色彩のコントラストが綺麗な6.0インチ有機ELディスプレイ
  • moto g8 POWER
    コスパが非常に良い大型スマホ
  • AQUOS R2 compact
    重さ約135gの片手にフィットするサイズ感が人気
  • Pixel 3
    シングルレンズなのに綺麗に写真が撮れる

激安中古スマホを購入できるネットショップはどれ?

イオシスでiPhoneSE

画像引用元:中古スマホ・タブレット販売の【イオシス】|けっこう安い。

中古スマホを購入できるネットショップとして挙げられるのは下記の通りです。

激安中古スマホを購入できるネットショップ
  • イオシス
  • Amazon

中古ショップの「イオシス」は、中古スマホを取り扱うネットショップとしてはかなりメジャーです。

イオシスのサービスの中で特徴的なのは、ネットワーク利用制限が発生する「赤ロム」の保証に対応している点です。

中古スマホが赤ロムだった時、保証期間の有無に関わらず返金・交換対応を行ってくれます。

自分の購入したスマホが突然使えなくなり、赤ロムだったことが判明したときにも安心です。

Amazonは通販サイトのイメージが強いですが、中古スマホの取り扱いもあります。

商品が不良品だったりトラブルが発生したときにもAmazon側で迅速に対応してくれる場合があります。

中古で買うならこちらがおすすめ!

激安中古スマホを購入できる街中ショップはどこ?

ブックオフ

画像引用元:ブックオフ公式アプリ | 本を売るならBOOKOFF(ブックオフ)

中古スマホを購入できる街中ショップで特にメジャーなのは下記の店舗です。

激安中古スマホを購入できる街中ショップ
  • ブックオフ
  • GEO(ゲオ)

コミックやゲームソフトの買い取り・中古販売のイメージが強いですが、同時にスマホやタブレットの取り扱いもあります。

街中ショップで購入する利点としては、スマホの傷や劣化の具合を直接自分の目で確認できるという点が挙げられます。

なお、この2店舗は中古スマホを購入した後に30日間保証がつきます。

中古スマホには必須!SIMロック解除の手順

SIMカードとスマホ
次に、SIMロック解除の手順について解説していきます。

中古のスマホショップではSIMロックがかかったままの端末も販売されています。

該当の回線以外の回線でそのスマホを使うにはSIMロック解除が必要となるので、じっくり見ていきましょう。

SIMロック解除のポイント
  • SIMロックはショップで解除するか自分で解除する
  • 店頭でSIMロック解除をする場合は3,300円かかる
  • 自分でSIMロック解除する場合は無料
  • 各キャリアのWebサイトから簡単にSIMロック解除はできる

SIMロック解除に必要なもの

まず、SIMロックするときに用意するべきものから見ていきましょう。

ショップで解除する場合

ショップで解除する時に必要なものは下記の通りです。

ショップでSIMロックする時に必要なもの
  • SIMロック解除するスマホ
  • 契約者の本人確認書類
    ※代理人受付は不可
  • 手数料3,300円

手数料3,300円は店頭支払いになるので、忘れないように持参してください。

SIMロック解除は代理人での受付ができないので、必ず本人が行くようにしましょう。

自分で解除する場合

自分で解除するときに必要なものは下記の通りです。

自分でSIMロック解除するときに必要なもの
  • SIMロック解除するスマホ
  • スマホの製造番号
    ※設定画面から確認可能
  • 各キャリアの会員サービスアプリのIDとパスワード
  • 他社のSIMカード
    ※Android

自分で解除する場合は、手数料3,300円は不要です。

その代わり、Androidスマホの場合には他社のSIMカードが必要となります。

他社スマホを使っている家族がいれば少しの間だけ借りることができないか相談しましょう。

ショップでSIMロック解除する手順

ショップでスタッフにSIMロック解除したい旨を伝え、本人確認書類で情報を照会した後手続きを受けるだけです。

全ての手続きをスタッフが行ってくれるので、私たちは手続き後に解除手数料の3,300円を支払えばそれで完了です。

自分でSIMロック解除する手順

自分で解除する場合の手順は下記の通りです。

なおキャリアによって手順は異なる場合があります。

自分でSIMロック解除する手順
  1. キャリアの会員サービスへログインする
  2. メニューから「SIMロック解除」を選ぶ
  3. スマホのIMEI等を入力して手続きを進める
  4. 手続き後に「SIMロック解除コード」をメモしておく
    (※Android)
  5. SIMロック解除したスマホに他社のSIMカードを差し込む
    (※Android)
  6. 解除コードを入力して手続き完了

Androidスマホの場合は、ロック解除済のスマホに他社SIMカードを挿入したときに、SIMロック解除コードが求められます。

指定したメールアドレスにもコードは送られますが、誤って消さないようにスクショなどで保存するようにしましょう。

スマホの中古買い取り額はどれくらい?

イオシス

画像引用元:iPhone(アイフォン)スマートフォン 商品一覧│中古スマホ販売の【イオシス】

中古スマホの買い取り額に関してですが、正直「スマホの機種と状態による」というのが本音です。

ただ、一般的にAndroidスマホよりもiPhoneの方が高値で取り引きされることが多い傾向にあります。

スマホを中古ショップに買い取りで出したときの価格
  • AndroidスマホよりもiPhoneの方が高値
  • iPhone XS 64GBの美品で38,000円程度
  • Xperia XZ3での美品だと31,000円
  • XperiaやGalaxyのような人気スマホは相場が高い
  • 綺麗な状態を保つことが大切
  • 発売から3年以内が目安

参考にドコモのiPhone XS 64GBの中古買い取り価格をイオシスで調べたところ、美品(使用感と傷が少ない)で38,000円程度でした。

ちなみにドコモのXperia XZ3で美品だと、31,000円程度でした。

AndroidスマホでもXperiaやGalaxyのような人気スマホは相場が高い傾向にあるようです。

できるだけ高く買い取って欲しいのであれば、なるべく綺麗な状態を保ち、機種の発売から大体3年以内に買い取りしてもらうのが良さそうです。

中古スマホを買うメリット

中古スマホを買うメリット

次に中古スマホを購入するメリットについて解説します。

中古スマホを買うメリット
  • 機種代金が安い
  • 既に販売終了している機種が手に入る確率が高い
  • 新古品の型落ちスマホを格安でゲットできる
  • SIMロック解除済のスマホが手に入る

機種代金が安い

中古スマホは一度他の人が使用したスマホです。

そのため新品よりも遥かに機種代金が安いという点が最大のメリットといえるでしょう。

中古であることを生理的に無理だと感じる人や、機種の傷や汚れ、劣化の有無が気になる人もいるかもしれません。

しかしこれらのことを気にしない方であれば、中古スマホを購入することが1番お得にスマホをゲットする方法だと言っても過言ではありません。

メーカーやキャリアで既に販売終了している機種が手に入る

iPhone 8が良い例ですが、既にキャリアではほとんど販売されていません。

販売や製造が終了してしまったスマホはこの先、新品を手に入れることができなくなります。

しかし中古であれば、キャリアやメーカーが終了してしまったスマホをまだ取り扱っているケースが多くあります。

性能や機能にこだわりがある人は、モデルの新旧を問わずより自分に合った機種を見つけることができるでしょう。

新古品の型落ちならキャリアで購入するよりもかなり安く手に入る

どのメーカーの機種も、最新だから全てが良いというわけではありません。

中には、旧モデルの性能や機能の方が良かったと考える人もいるでしょう。

中古スマホなら、型落ちモデルの品揃えも非常に豊富です。

一度ユーザーの手に渡っていますが、「未使用品」と呼ばれる商品も多数あります

未使用品はほぼ新品でありながら、新品よりも格安で購入することが可能です。

SIMロック解除済のスマホが買える

どのキャリアでもSIMロック解除することは可能です。

しかし、解除できるまでに一定期間使わないといけない場合がほとんどです。

また、手数料が3,300円かかる場合もあります。

一方で中古スマホの場合は、SIMロックを解除したスマホの方が高値で売れることもあり、解除済のスマホが多いです。

自分でわざわざ解除する必要がありません。

中古スマホを購入することで、SIMロックを解除する手間も費用も省くことができるのです。

ちなみに、SIMロック解除は契約者のみ手続き可能です。

そのため、購入した中古スマホがSIMロックされていた場合には後からSIMロック解除することできません。

中古スマホにおすすめのSIM

通信量

せっかく中古スマホに変えたのであれば、SIMも見直してみましょう。

今と同じサービス内容で月額料金が安くなるのであれば、変えない理由はありません!

そこでここからは中古スマホを買った際におすすめのSIMを3つ紹介していきます。

おすすめのSIM
  • OCN モバイル ONE
  • 楽天モバイル
  • ドコモ(GMOとくとくBB経由)

サービスが良く月額料金も安いものを選びました。

OCN モバイル ONE

OCN-mobile

画像引用元:格安SIMカード<料金・コース>|OCN モバイル ONE

一つ目に紹介するのは、格安SIMの中でも特に優秀と言われている「OCN モバイル ONE」です。

全国約87,000カ所のWi-Fiを無料で利用できたり、格安SIMの中では通信速度が安定しやすかったりと、使い勝手は抜群です。

価格においても非常に安く、通信容量1GBで月額1,298円、3GBで月額1,628円となっています。

OCN光を併用することでさらに220円割引となります。

格安SIMなので、大手キャリアに比べると通信の安定性は高くはありません。

ただし、安さを求めるならOCN モバイル ONEは非常におすすめのSIMです。

楽天モバイル

楽天モバイル UNLIMIT Ⅴ

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT V(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルは、2020年9月30日から「Rakuten UN-LIMIT」をさらに進化させた「Rakuten UN-LIMIT V」というサービスを開始して話題になっています。

このプランは5G対応となっており、5Gのスマホを利用することができます。

何よりも特徴的なのが、楽天回線エリアであれば月額3,278円で完全にデータ使い放題ということです。

また申し込み300万名まで限定で「プラン料金1年間無料」のキャンペーンも行っています。

OCNモバイルONEよりは月額料金はかかってしまいます。

しかしエリア内であれば月額3,278円でデータ使い放題なので、通信量が多い方に特におすすめのSIMです。

申し込み前に、自分の利用エリアがが楽天回線エリアに入っているかは必ず確認しておきましょう。

ドコモ(GMOとくとくBB経由)

とくとくBB経由でAmazonギフト券

画像引用元:スマホそのままでドコモへ乗り換え|SIMのみ契約|GMOとくとくBB

最後に紹介するのは、GMOとくとくBBを経由してのドコモ契約です。

ドコモは格安SIMに比べると、少し高い印象があります。

しかし、家族で利用すれば月額料金を大幅に抑えられますし、ドコモ光とセットにすることさらに安くなります。

また、なんといっても大手なので通信速度は速く、安定感もあり、サービスも申し分ありません。

GMOとくとくBBを経由するのメリットは、Web申し込みであれば、初期費用が0円かつAmazonギフト券6000円がもらえるからです。

GMOとくとくBBを経由するデメリットは特にないので、高速・安定・安心のドコモを使いたいのであれば、こちらからGMOとくとくBBを経由して申し込みをしましょう。

コスト重視or機種にこだわりがあるなら中古スマホを狙うのもアリ

最後に、おすすめの中古スマホ7機種についてまとめます。

2020年おすすめ中古スマホ7選
  • iPhone 8
    ホームボタン搭載・耐水対応の4.7インチiPhone
  • Galaxy A20
    シンプルに安くて操作しやすい低価格スマホ
  • Xperia 10 II
    21:9の有機ELディスプレイで臨場感抜群な映画鑑賞が出来る
  • Xperia XZ3
    黒と色彩のコントラストが綺麗な6.0インチ有機ELディスプレイ
  • moto g8 POWER
    コスパが非常に良い大型スマホ
  • AQUOS R2 compact
    重さ約135gの片手にフィットするサイズ感が人気
  • Pixel 3
    シングルレンズなのに綺麗に写真が撮れる

中古スマホには、他の人の手に1度渡っている・傷や汚れなどの劣化が見られるというデメリットがあります。

しかしその一方で機種代金が安く、すでに販売終了している人気のスマホを手に入れられるのは魅力です。

特にAndroidスマホの型落ちモデルは一気に価格が下がる傾向があります。

スペックの高い人気スマホが欲しい人は、中古スマホを狙うことをおすすめします。

中古スマホは街中のショップやネットショップで購入できますが、ショップによって保証などのサービスが大きく異なっています。

中にはほとんど保証がない完全自己責任のショップもあります。

不安要素がある人は価格だけではなく必ず保証などのサービス面も重視してショップを選ぶようにしましょう。

白ロムと赤ロムの違い|新中古スマホの売買で失敗しないための知識

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ