格安SIMで音声通話を含めた月額料金比較|最安のMVNOはどこ?

格安SIMで音声通話を含めた月額料金比較|最安のMVNOはどこ?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

おすすめ格安SIM5選

マイネオ

画像引用元:受賞一覧 | mineo(マイネオ)

前章で、『格安SIMは安ければ安い程良いというわけではない』ということをお伝えしました。

探せば1,000円以下の格安SIMもあります。

しかし、そのような格安SIMの多くはキャリアから借りている回線数が少なく、時間帯によって通信品質が不安定になることも多い傾向にあります。

そのため、ある程度快適に利用したいということであれば、それなりの月額料金で利用できる格安SIMを選ぶことをおすすめします。

今回は、そんな格安SIMの中でも特に大手・人気といわれている格安SIMを5社厳選しました。

サービスの特徴等を簡単に紹介するので、是非参考にしてください。

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用している格安SIMです。

複数のキャリアの回線を利用している格安SIMが多い中で、ワイモバイルはソフトバンクのみという非常に珍しい格安SIMです。

ソフトバンクの弟分のような立場の格安SIMなので、ところどころソフトバンクと似ているサービス内容を取り扱っている点が特徴です。

ソフトバンク直系の格安SIMで通信品質はトップクラス

ワイモバイルは他の格安SIMと異なり、ソフトバンクの回線をソフトバンクと同じように利用できます。

そのため、格安SIM特有の時間帯によって通信品質が不安定になるようなこともほとんどありません。

筆者もワイモバイルを利用したことがありますが、大手キャリアとほぼ変わらないクオリティです。

iPhoneやAndroid Oneのような高性能スマホも扱っている

iPhoneやAndroid Oneのような高性能スマホも取り扱っています。

機種代金は多少高くなるものの、格安SIMでもスマホの性能にこだわりたいという人にもぴったりです。

ワイモバイルの評判|料金、通信の速度・安定度は?他の格安SIMと比較
ワイモバイルバナー

UQモバイル

UQモバイルは、auの回線を利用している格安SIMです。

こちらも、ワイモバイルと同じようにauの回線のみ取り扱っているという格安SIMであり、立場もワイモバイルと同じようにauの弟分のような格安SIMです。

CMも多く放映されているので、知らない人の方が少ないかもしれませんね。

au直系格安SIMで通信品質に定評がある

UQモバイルもワイモバイルと同様、auと同じようにau回線を利用することができます。

そのため、通信品質もワイモバイルと並んでダントツに良いと定評があります。

選べる通話オプションでさまざまなニーズに対応

1回5分の通話が無料の通話オプション、または1ヶ月に60分無料の通話オプションのどちらかが選べるなど、複数の通話オプションを選ぶことができます。

通話の頻度が多い人、頻度は少ないが1度の通話が長い人など、それぞれニーズに合わせて選べます。

UQモバイルの評価・口コミ|通信速度・料金・サポートの不満な点と満足な点

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は、ドコモ・au・ソフトバンク全てのキャリア回線に対応しているマルチキャリアの格安SIMです。

格安SIMの中でもかなり評価が高く、人気の高い格安SIMです。

「必要なものを必要なだけ」というスローガンを掲げており、豊富な料金プランとオプションが用意されているので、さまざまなニーズに対応することが可能な格安SIMです。

500MBから30GBまで選べる種類豊富な料金プラン

mineo(マイネオ)は、500MBから30GBまで選べる種類豊富な料金プランが魅力です。

ネットをたくさん使うヘビーユーザーから最小限で良いと思っているライトユーザーまで、幅広く対応できます。

パケットシェアやフリータンクで無駄なくデータ通信量が使える

パケットシェアやフリータンクのように、家族や友人、さらに顔も知らないmineoユーザーとデータ通信量の共有が可能です。

余った時はシェアをして、足りない時は他の人からもらうことができるので、無駄なくデータ通信量が使えます。

mineo(マイネオ)の評判は悪い?他の格安SIMと比較したデメリット

LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEアプリでお馴染みのLINE株式会社が運営している格安SIMです。

LINE株式会社の格安SIMということで、LINEアプリを中心としたサービスをお得に利用できるという点が魅力です。

データ通信量ノーカウントなど、データ通信量をたくさん使う人にもぴったりなサービスがあります。

プランによって特定のアプリのデータ通信量がノーカウント

プランによってLINEアプリやツイッターなどのデータ通信量がノーカウントになります。

LINEアプリやSNSアプリをたくさん使っている人には、データ通信量の節約にぴったりなプランではないでしょうか。

LINE通話もデータ通信量ノーカウントなので通話料の節約に

LINE通話のデータ通信量もノーカウントなので、通話料の節約にも役立ちます。

普段からLINE通話をメインにしている人は別途通話オプションの加入も必要ないので、より月額料金を安くすることが可能です。

LINEモバイルの評判|料金・速度を他社と比較した時のデメリット

IIJmio

IIJmioは、格安SIMの中でも老舗として知られています。

運営元である株式会社インターネットイニシアティブは、通信技術の開発や研究を行っている企業なので、IIJmioも安定した通信品質が魅力です。

そんなIIJmioのサービスは、格安SIMの中でも数少ない「家族で利用するとお得なサービス」となっています。

家族同士の通話がお得に!

他の人との通話だと10分無料でも、家族となら30分無料になる通話オプションなど、家族同士の通話がお得になっています。

そのため、家族全員でIIJmioにすれば家族間の通話料を節約することが可能です。

遠方に住む家族と長電話しても安心ですね。

ファミリーシェアプランもあるので家族で使ったらよりお得

また、IIJmioにはファミリーシェアプランがあります。

データ通信量を選んだ後は、1回線につき700円ずつ加算されるだけなので、家族で使えば使うほどお得になるプランです。

※4回線目~11回線までは+400円かかります。

おすすめ格安SIM5選

  • ソフトバンク直系で通信品質に定評のあるワイモバイル
  • au直系で快適な通信品質と選べる通話オプションが魅力的なUQモバイル
  • フリータンクやパケットシェアなど必要なものを必要なだけ利用できるmineo
  • 特定のアプリのデータ通信量がノーカウントになるLINEモバイル
  • 家族で使うとお得なプランやサービスが豊富な老舗格安SIMであるIIJmio

おすすめ格安SIMの音声通話つき最安プランを比較!

次に、前章で紹介したおすすめ格安SIMのそれぞれの最安プランを比較してみました。

項目ワイ
モバ
イル
UQ
モバ
イル
mineo

Aプラン
LINE
モバ
イル
IIJmio
(タイプA・D)
基本料金
(1年目)
1,980
1,980
1,310
1,200
1,600
基本料金
(2年目)
2,980
2,980
1,310
1,200
1,600
データ
通信量
3GB3GB500MB1GB3GB
通話無料
時間
1回
10分
1回5分
または
1ヶ月
最大
60分
なしなしなし
その他
付随
している
サービス
特になしデータ
繰り越し
専用
アプリで
通話料
半額
データ
繰り越し
・フリータンク
・パケットシェア
データ
繰り越し
LINEの
データ
通信量が
ノーカウント
データ
繰り越し
専用
アプリで
通話料
半額
月額料金
(合計金額)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1,310円1,200円1,600円
24ヶ月間
のトータル
コスト
(初月除く)
59,520
59,520
31,440
28,880
38,400

月額料金と、24ヶ月間使った前提でのランニングコストを計算してみました。

ランニングコストだけ見ると、ワイモバイルとUQモバイルが目立って高額であることがわかります。

しかし、ワイモバイルとUQモバイルは最初から通話オプションが含まれた料金プランになっているので、通話オプションが不要だという人はLINEモバイルやmineo、IIJmioがおすすめです。

通話オプションを付けるとなると、どの格安SIMのランニングコストも同じような金額になるので、後はサービス内容等で選ぶことをおすすめします。

UQモバイルとワイモバイルは通話オプションがセット

UQモバイルとワイモバイルの料金が高く見えるかもしれませんが、この2社はプランの中に通話オプションが最初から組み込まれています。

通話オプション込みの金額だと考えると、そこまで高いものではありません。

ただし、通話オプションが不要だという人にとってはあまりメリットはないかもしれませんね。

この2社はダントツで通信品質が良いので、通信品質重視の人にはおすすめです。

通話オプションが不要な人はmineo・LINEモバイル・IIJmioがおすすめ

通話オプションをつけるかつけないか選べるmineo・LINEモバイル・IIJmioは通話オプションが不要だという人にもおすすめです。

また、つけたり外したりもできるので、必要に応じて通話オプションを利用したいと考える人にもぴったりです。

さらに、この3社は最安プランの場合だと使えるデータ通信量も少ないので、データ通信量を多く使わない人にとってもおすすめです。

通話オプションを付けると他の格安SIMもそこまで月額料金は変わらない

上記3社の通話オプションの料金は大体600円~800円程度です。

UQモバイルやワイモバイルと同じように通話オプションをつけると、24ヶ月間のランニングコストもそこまで変わりません

そのため、あとは各格安SIMのサービス内容や特徴を踏まえて選ぶと良いでしょう。

LINEモバイルはLINE通話のデータ通信量もノーカウント!

LINEモバイルのように、LINE通話のデータ通信量がノーカウントになる場合もあります。

この場合は、いくらLINE通話で通話をしても通話料はもちろん、データ通信量もかからないので、通話料とデータ通信量の節約にぴったりです。

多少通話環境が悪くなることもありますが、お得になることを考えれば我慢できるレベルです。

ある程度品質を重視しても格安SIMなら月額料金2,000円台で利用できる!

最後に、おすすめ格安SIMの音声通話つき最安プランについてまとめます。

おすすめ格安SIMの音声通話つき最安プラン
  • ワイモバイルとUQモバイルは通話オプションがセットになっており24ヶ月使うと約60,000円かかる
  • mineo・LINEモバイル・IIJmioは通話オプションが別になっており、必要に応じてつけたり外したりできる
  • 通話オプションを含めるとどの格安SIMも大体50,000円程度のランニングコストが発生する
  • LINEモバイルのようにLINE通話を利用して通話料を抑える方法もできる

格安SIMによって月額料金やサービス内容、通信品質が大きく異なります。

もちろん、安さを追求すれば月額料金1,000円以下で利用できる格安SIMもありますが、その分通信品質やサービス内容にデメリットがある可能性が高いということを覚えておきましょう。

今回紹介した格安SIM5社は、比較的ネットの口コミでも好評で、通信品質やサービス内容に定評があります。

そんな格安SIMでも、月額料金2,000円程度で利用することが可能だということがわかりました。

ある程度快適に使いたいと考えている人は、是非今回紹介した格安SIM5社を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ