ビデオカメラのデータを復旧|SDカードの取り出し方や対処法を解説

ビデオカメラの中にはたくさんの思い出が記録されていると思います。しかし、その大切なデータが消えてしまうことがあるのです。本記事では、ビデオカメラ内のデータが紛失したときの復旧方法や原因について解説しています。
  • 2022年11月18日
  • by.bitdds

ビデオカメラ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「ビデオカメラのデータを誤って消してしまった」「ビデオカメラがSDカードを読み込まない」といったことはありませんか?

特に、小さいお子様がいる家庭は、ビデオカメラを落とした衝撃や、誤操作でデータを削除してしまうことが多いかもしれません。

データが消えてしまったり、内部のSDカードが破損してしまうと、すぐに対処すれば復元できる可能性がありますが、状態が悪化すると2度と取り出せなくなってしまう可能性もあります。

今回は、ビデオカメラのデータが消失してしまう原因や注意点、その復元方法について解説していきます。

ビデオカメラのデータを復元する方法
  • 別の機器に接続する
  • 接続機器の再起動を行う
  • データ復元ソフトを利用する
  • データ復元専門業者に依頼する
復元率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

ビデオカメラに起こり得るトラブル

ビデオカメラ

ビデオカメラには以下のようなトラブルが生じることがあります。

ビデオカメラに起こるトラブル
  • 誤ってデータを削除する
  • ビデオカメラが落下・水没する
  • エラーメッセージが表示される
  • データの読み込みができない

誤ってデータを削除する

ビデオカメラのトラブルの多くは、誤操作によるデータの削除であると言われています。

最近のビデオカメラはタッチパネル形式で簡単に操作できるものも登場していますが、操作ミスを起こしやすいです。

また、よく操作を理解していない小さなお子様が興味本位で触れてしまい、誤ってデータを削除してしまうケースもあるでしょう。

データの誤削除では完全にデータが消えてはいないですが、削除後にすぐ対処しなければ、上書きなどによって完全に削除されてしまう可能性があります。

誤ってデータを削除した時には、なるべく早くデータ復元業者に依頼することをおすすめします。

ビデオカメラが落下・水没する

ビデオカメラを落下・水没させると、データが閲覧できなくなることがあります。

屋外での使用が想定されるビデオカメラは、ある程度の耐久力はありますが、精密機器のため、強い衝撃には耐えることができません。

また、水没した場合は、むやみに電源を入れようとすると、故障が悪化する恐れがあるため注意しましょう。

水没・落下のような強い衝撃が加わると電源が入らなくなることがありますが、この場合でも専門復元業者ならばデータを復元できる可能性があります。

エラーメッセージが表示される

「フォーマットする必要があります」といったエラーメッセージが表示されることがあります。

慌ててこの指示に従い、フォーマットを実行してしまうと、保存されていたデータが全て消えてしまうので注意が必要です。

この場合、ビデオカメラのファイルシステムに異常が生じていることが考えられるでしょう。

通常、ファイルシステムに不具合が発生している場合、内部のデータを取り出すことは難しいと言われてますが、データ専門復元業者であれば、データを取り出せる可能性があります

データの読み込みができない

ビデオカメラを使用していると、SDカードのデータを読み込まないというトラブルに見舞われることがあります。

データの読み込みができないのは、「筐体が破損していない」「ファイルシステムの破損」「筐体内部のコンデンサやコントローラーに不具合」などが発生していることが原因として考えられます。

このような場合、再起動を繰り返しがちですが、起動情報が書き込まれるなど、データの上書きが発生してしまうこともあるため注意が必要です。

ビデオカメラのデータが消失する原因

ビデオカメラはどのような原因でデータが消えてしまうのでしょうか?

以下では5つの原因についてご紹介します。

ビデオカメラのデータが消失する原因
  • 誤操作による削除・フォーマット
  • 経年劣化
  • ファイルシステムの異常
  • 筐体不良
  • ビデオカメラの温度上昇

誤操作による削除・フォーマット

ビデオカメラで撮影されたデータは主にSDカードやHDDに保存されています。

誤った操作によってデータを削除したりフォーマットしてしまったりすることで、データを閲覧できなる場合もありますが、SDカード内にはデータが残っていることがあります。

データ復元専門業者へ相談することで、データを復元できるケースもあることを覚えておきましょう。

経年劣化

ビデオカメラに内蔵されているSDカードの寿命は約2~3年と言われています。

経年劣化により、「データが読み込めない」「動画が再生できない」「エラーメッセージが表示される」といった不具合が生じます。

SDカードは消耗品のため、少しでも劣化を感じたら使用の中止を優先しましょう。

通電を続けたり、再起動を続けたりすることで、症状が悪化する恐れがあるため注意が必要です。

ファイルシステムの異常

SDカードなどの記憶媒体の管理情報であるファイルシステムに、何らかの異常が発生し、不具合が生じていることがあります。

ビデオカメラを落下させるなどして意図せず電源が切れてしまったときなど、正しくシャットダウンを行うことができないと、データの読み込みが正常に行われません。

正常にデータを読み込めないと、管理情報やデータの位置情報が崩れるため、動画再生ができないといった症状につながります。

また、バッテリーが切れたことでも同様に、SDカードなどのファイルシステムの異常が発生してしまう場合があります。

筐体不良

ビデオカメラの筐体に不具合が発生することでビデオカメラの故障につながることがあります。

ビデオカメラに内蔵されているHDDは、一般的なタイプと比べて、小型化されているため、衝撃や振動に弱いのです。

また、その小ささのために修理が難しく、繊細な作業を要します。

そのため、経年劣化が原因で故障したビデオカメラを修理をしたい場合は、修理業者に依頼する必要がありますが、修理業者で修理すると、データが完全に削除されてしまいます。

まずはデータを取り出すために、データ復元の専門業者に依頼してデータを取り出すことをおすすめします。

ビデオカメラの温度上昇

車内に放置するなどしてビデオカメラ内部の温度が上昇すると、故障につながります。

フラッシュメモリタイプの機器の場合、ビデオカメラ内部の温度が上昇すると、システムを制御する役割を担う「コントローラ」のチップの接着面が熱により溶け出す可能性があります。

また外部には異常が見られなくても、内部では電子回路の基本となる「コンデンサ」が破裂していることもあります。

ビデオカメラのデータを復元するときの注意点

ビデオカメラのデータを復元するためには、いくつかの注意点があるので確認しましょう。

ビデオカメラのデータを復元するときの注意点
  • 電源のON/OFFを繰り返す
  • SDカードの抜き差しを繰り返す
  • 上書き・フォーマットしない
  • 操作を続けない

電源のON/OFFを繰り返す

電源のON/OFFを繰り返す行為は内蔵されているSDカードなどに大きな負荷をかける行為です。

そのため、このような行為を繰り返すと、内部のデータが消失してしまう恐れがあります。

万が一、データを消失させてしまった場合はデータ専門業者へ相談しましょう。

電源のON/OFFを繰り返すことは、症状を重篤化させるリスクを伴っているのです。

SDカードの抜き差しを繰り返す

ビデオカメラに内蔵されているSDカードは非常に繊細な記録媒体の一つです。

接触部分に物理的破損が起こっているときにSDカードの抜き差しを繰り返してしまうと損傷を余計に重篤化させてしまう恐れがあります。

また、抜き差しをする際に力むことで、SDカードが折れ曲がってしまったり、破損してしまったりすることも多いため注意が必要です。

上書き・フォーマットしない

SDカードの読み込みが正常に行われないとき、フォーマットを促すようなエラーメッセージが表示されることがあります。

しかし、この指示に従ってフォーマットを実行してしまうと、データが全て消えてしまいます。

また、上書きをしてしまった場合も同様にデータが消失する恐れがあります。

消えてしまったデータを復元したい際は、データ専門業者へ相談しましょう。

操作を続けない

何らかの不具合が生じているときに、「新しく動画を撮影する」「ファイルの整理をする」といった操作を続けると、上書きや新たな問題の併発を招きかねません。

下記のような症状が現れた際には、操作を続けることをやめましょう。

操作を中止すべき症状
  • データ・ファイルを誤まって削除した
  • 動画が見れない、ファイルが開けない
  • SDカードが認識されない
  • エラーメッセージが表示される
  • 一部の動画が再生されない
  • 画像の表示がおかしい

操作を続けることで不具合が発生し、データが消えてしまったとしても慌てず、操作をするのをやめましょう。

その場合はデータ専門復元業者に相談することをおすすめします。

ビデオカメラのデータを復元する方法

ビデオカメラのデータが消失したときの対処法は主に4つあります。

ビデオカメラのデータを復元する方法
  • 別の機器に接続する
  • 接続機器の再起動を行う
  • データ復元ソフトを利用する
  • データ復元専門業者に依頼する

別の機器に接続する

ビデオカメラが使用するSDカードのファイルシステム形式はOSの種類に依存しています。

そのため、互換性がない別のOSに差し込むとデータが表示され、解決することがあります。

例えば、Windowsに差し込んでもデータが表示されないものの、Macに差し込むとデータが表示される場合があるのです。

また、データの記録を別のOSで行っていた場合は、そのOSに接続し確認してみましょう。

接続機器の再起動を行う

ビデオカメラの本体に不具合が発生しているときには、SDカードなどの再起動を行うことで解決できる場合があります。

しかし、何度も再起動を繰り返すことはしないで下さい

機器に大きな負担がかかり、他の障害を誘発する危険性があります。

データ復元ソフトを利用する

データ復元ソフトを用いることで、誤って削除したデータを検出・復元できる可能性があります。

しかし、経年劣化や筐体の破損などの物理的な障害に関しては対応することができません。

データ復元ソフトは比較的安価に復元できるというメリットがありますが、復元に失敗すると、専門業者でも復元が困難になってしまうため注意が必要です。

確実にデータが取り出したい方や不安な方は、データ復元業者に依頼しましょう。

データ復元専門業者に依頼する

ビデオカメラのデータを復元できる可能性が最も高い方法は、やはりデータ専門復元業者へ依頼することです。

技術力が高い業者であれば迅速かつ安全にデータを復元することができます。

ビデオカメラの記録媒体であるSDカードの復元は非常に繊細な作業を要するため、個人で復元作業を行うのは非常に難しいと言われています。

最悪の場合、データが完全に消えてしまうことも考えられるため、確実にデータを復元したいのであれば、データ専門復元業者へ依頼しましょう。

おすすめのデータ復元業者

ここで、編集部おすすめのデータ復元業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復元の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復元率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復元シェアNo.1
  • データ復元実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復元対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復元率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復元率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

ビデオカメラのデータが消失してしまう原因・注意点・復元方法まとめ

今回は、ビデオカメラのデータが消失してしまう原因や注意点、その復元方法を解説しました。

データが消失する原因としては、データの上書きや本体の物理的な衝撃による損傷のほか、ファイルシステムの異常などがあります。

しかし、一度消えてしまったデータを取り出すのは専門的な作業が必要で、個人で復元させるのは非常に難しいと言われているのです。

大切な思い出の詰まったデータを確実に取り戻すためにも、データ復元専門業者に相談しましょう。

ビデオカメラのデータを復元するときの注意点
  • 電源のON/OFFを繰り返す
  • SDカードの抜き差しを繰り返す
  • 上書き・フォーマットしない
  • 操作を続けない
復元率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。