パソコンがウイルス感染している場合の駆除方法や調査方法を徹底解説

この記事ではパソコンがウイルスに感染しているかを確認する方法から駆除する方法、おすすめの調査会社まで紹介しています。パソコンのウイルスを放置していると個人情報が盗まれる、遠隔操作が加わるといったことになりかねません。正しい対処を行うようにしましょう。
  • 2022年10月26日
  • by.bitdds

ウイルス

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「パソコンの動作が遅い、頻繫にフリーズする」「ファイルが勝手に削除や名称変更された」これらの症状は、パソコンがウイルスに感染していることが原因かもしれません。

そのまま放置していると最悪の場合、連絡先や個人情報の流出、遠隔操作が加わってしまう可能性があります。

ウイルスに感染しているか確認する方法から駆除する方法まで、ソフトやツールを利用した方法とおすすめ調査会社を紹介しています。

パソコンがウイルスに感染した場合のまとめ
  •  ウイルス感染の原因は「ワーム型」「トロイの木馬型」「マクロ型」に分けられる
  • パソコンの動作に不具合がある場合はウイルスに感染している恐れがある
  •  ウイルスに感染すると個人情報が盗まれたり遠隔操作が加わる可能性がある
  • ツールを使用してウイルスの検知、駆除ができる
  • 専門業者であれば被害範囲を調べることが可能
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

パソコンがウイルス感染する原因3つ

パソコンウイルス感染

パソコンがウイルスに感染する原因は、3つの種類に分けることができます。

どのような違いがあるのかを3つに分けて説明します。

パソコンがウイルス感染する原因3つ
  • ワーム型
  • トロイの木馬型
  • マクロ型

ワーム型

ワーム型はウイルスの中でも最も強い感染力を持ち、システムに負荷を与えます。

ワーム型に感染すると現れる症状
  • PCの処理速度が低下し動作が遅くなる
  • ユーザーの情報が盗まれる
  • 遠隔操作が加わる

不審なファイルやURLにアクセスして感染するケースが多くみられますが、USBメモリのようなストレージデバイスなどのメディアの利用でも感染します。

トロイの木馬型

トロイの木馬は有用なソフトを装い、そのソフトを利用することにより、悪意のある行動をするマルウェアです。

トロイの木馬型に感染すると現れる症状
  • パソコンが突然落ちる
  • 再起動が頻繁に起きる
  • CPU使用率が激しく上下している

トロイの木馬に感染する原因としては、ユーザーが気付かずにインストールしていることがほとんどです。

マクロ型

マクロ型ウイルスは、Officeのアプリケーション(Excel等)に仕組まれていることが多く、ファイルの書き換えや削除を行うウイルスです。

マクロ型に感染すると現れる症状
  • 不正送金
  • 他のランサムウェアをダウンロードして感染させる

最近のマクロウェアでは、文書を開いた際に「文字化けを解消するため、マクロ機能を有効にしてください」と表示してくる場合があります。

その機能を有効にしてしまうと、コンピュータ上のファイルに対して不正な動作を行います。

パソコンがウイルス感染した場合に起きる症状

以下のような症状が現れる場合は、パソコンがウイルスに感染している疑いがあります。

パソコンがウイルス感染した場合に起きる症状
  • パソコンの動作に不具合が出る
  • ファイルが勝手に削除や変更される
  • 個人情報が盗まれる
  • アプリやソフトが勝手にダウンロードされる

パソコンの動作に不具合が出る

ウイルスに感染した場合、以下のようなパソコンの不具合が発生する事があります。

ウイルスに感染した場合に発生するパソコンの不具合
  • 再起動を繰り返す
  • ソフトがフリーズや強制終了を頻繫に繰り返す
  • パソコンの動作が遅い

ウイルスがパソコンに負荷をかけ、以上のような症状が発生している可能性が考えられます。

以上のような症状がみられる場合は、ウイルス感染を疑いましょう。

ファイルが勝手に削除や変更される

ウイルスに感染するとファイルが勝手に消えていたり、身に覚えのないファイルが増えていることがあります。

他にも、ファイルが開けない場合やファイルの名前が変更されている、拡張子などが書き換えられているといった症状もあります。

お気に入りやツールバーが勝手に変更されているといったケースも、ウイルスの感染を疑いましょう。

個人情報が盗まれる

ウイルスに感染したことが原因で、個人情報が盗まれることがあります。

SNSなどのアカウント情報や電話番号の他にも、カード番号や銀行口座番号などの決済情報が盗まれることも少なくありません。

決済情報を勝手に利用され、身に覚えのない高額請求が届くこともあります。

ウイルスに感染し、決済の不正利用が疑われる場合はカードを凍結するなどの対処を行いましょう。

アプリやソフトが勝手にダウンロードされる

パソコンに身に覚えのないソフトがダウンロードされている場合、ウイルスに感染したことが原因で、遠隔操作をされている可能性を疑いましょう。

遠隔操作が加わるとソフトを勝手にダウンロードされる他に上記で説明した個人情報の利用や、第三者にスパムメールの送信などをされることがあります。

そうなった場合、知らぬ間に攻撃者に加担してしまい、加害者になってしまう場合があります。

遠隔操作が発覚した場合は直ちにネットワークを切断し、ウイルス感染調査ができる業者に依頼しましょう。

おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

パソコンがウイルスに感染しているか確認する方法

パソコンに上記で紹介したような症状がみられる場合は、ウイルス感染の確認をする必要があります。

無料で確認できる方法を紹介します。

パソコンがウイルスに感染しているか確認する方法
  • Windows Defender
  • Microsoft Sefety Scanner

Windows Defender

Windows向けに開発されたマイクロソフト社のセキュリティソフトです。

無料で利用できるうえに、標準的なセキュリティ機能を備えているため、セキュリティソフトを別途で入れる必要はありません。

ですが、未知のマルウェアを検知する機能は搭載されていないため、完全に検知や駆除を行えているか不安な方は専門業者に相談するようにしましょう。

Microsoft Sefety Scanner

Microsoft Sefety Scannerは、無料で利用できるオンラインセキュリティソフトです。

高い精度を誇っており、最新のウイルス情報も備えているため、安心して使用できるツールと言えるでしょう。

このオンラインセキュリティソフトでスキャンを実行することで、ウイルスの検出から削除まですることができます。

セキュリティソフトの中でも信頼度の高い物になりますが、全てのウイルスを検出・削除できるとは限りません。

顧客情報が入っている会社のパソコンや個人情報が盗まれた場合のあるパソコンは、プロへ依頼することをおすすめします。

パソコンがウイルスに感染した場合の駆除方法

パソコンがウイルスに感染した場合は、ウイルスの駆除を行いましょう。

ウイルスを駆除する方法として、以下の方法があります。

パソコンがウイルスに感染した場合の駆除方法
  • ネットワークの接続を切断する
  • ウイルス対策ソフトやアプリを使用する
  • パソコンを初期化する
  • ハッキング・不正アクセス調査のプロに相談する

ネットワークの接続を切断する

ウイルスの感染が疑われる場合は、まず最初にネットワークの接続を切断するようにしましょう。

優先LANケーブルや無線LANなどから切断することで、被害の拡大を防ぐことができます。

ウイルス対策ソフトやアプリを使用する

自力でできるウイルス駆除方法として最も有効な手段は、ウイルス対策のソフトやアプリの導入です。

市販のウイルス対策ソフトは、比較的安価に使用することができ、ウイルス駆除に役立つ多くの機能を搭載しています。

ここでおすすめのウイルス対策ソフトを3つ紹介します。

ノートン

Symantec(シマンテック)社からリリースされているノートンは定番のセキュリティソフトになります。

個人向けに作られておりWindowsやMacのウイルス対策だけでなく、パソコンの最適化やデータのオンラインバックアップなども可能です。

ウイルスバスター

マイクロ社のソフトウェアで、日本で最もシェア率が高いとされている定番ソフトになります。

ウイルスバスターは高い防御力と軽さを保ちながら、使いやすさと安心のサポート体制を提供するマルチデバイス対応のセキュリティソフトです。

カスペルスキー

ロシアのカスペルスキー社のセキュリティソフトです。

Windows・Mac・Android対応の総合セキュリティソフトになっており、ウイルス対策だけでなく不審なWebサイトへのアクセス防止や決済情報の保護などの機能が搭載されています。

日本での知名度は下がりますが、非常に性能に優れていることが特徴です。

パソコンを初期化する

ウイルス感染の確認が取れたにもかかわらず、完全な駆除ができない場合はOSの再インストールが必要になります。

OSの再インストールを実行すると、データは完全に消えてしまうので、必ずバックアップをとってから実行するようにしてください。

バックアップを取るのが難しい場合は、次の対処法に進んでください。

OSの再インストール手順(Windows10)
  1.  スタートメニューを右クリック
  2.  「設定」をクリック
  3. Windowsの設定画面で「更新とセキュリティ」をクリック
  4. 「回復」をクリック
  5. PCを初期状態に戻す部分の「開始する」を選択

以上でOSの再インストールが完了し、ほぼ確実にウイルスの駆除ができている状態になります。

ですが、ウイルスを駆除するだけなので、どの個人情報がどこまで流通しているかなど、感染調査をすることは個人ではできません。

また、ウイルスに感染しているか分からない場合は、安易にOSの再インストールを実行しないようにしましょう。

ハッキング・不正アクセス調査のプロに相談する

セキュリティソフトに対応していないウイルスや、被害内容を正確に把握したい場合はハッキング・不正アクセス調査のプロに依頼しましょう。

ウイルスの感染を放置してしまうとユーザーの個人情報が盗まれるだけでなく、連絡先やデータの改ざん、削除の恐れがあります。

セキュリティソフトや個人で対応するには限界があり、ウイルスを完全に検出・駆除することはほとんど不可能です。

被害が拡大し、加害者に加担してしまう前にプロに相談するようにしましょう。

パソコンがウイルスに感染しているか調査できる専門業者

徹底的にウイルスを除去したい、いつどこで感染したか、どの個人情報が流出したか確認したい場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

個人ではウイルスの駆除が難しいケースも存在し、放置したままネットワークに接続し続けると、他の端末まで感染が広がる可能性があります。

ウイルスに感染した場合はネットワークを遮断し、早めに専門業者に相談することが一番の対処法だと言えます。

デジタルデータフォレンジック

ここで、編集部おすすめのハッキング調査ができる業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

ハッキング調査の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

DDFbitWave

デジタルデータフォレンジックは、国内売上NO.1のデータの復旧業者が提供しているフォレンジックサービスです。

マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、デジタル遺品、離婚問題など、幅広く調査をおこなっているため、フォレンジックサービスを行っている業者の中でもおすすめできる業者です。

調査専門のエンジニアとは別に、相談窓口としてフォレンジック調査専門アドバイザーが在籍しているため、初めて調査を依頼する方でも安心して相談することができます。

また、警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから、実績面においても信頼ができる業者であるといえます。

さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

デジタルデータフォレンジックのおすすめポイント
  • 累計相談件数14,233件
  • 365日営業・24時間電話対応可能
  • 国内最大規模の最新設備
  • Pマーク、ISO27001のセキュリティ体制
  • 相談・見積無料
項目デジタルデータフォレンジック(DDF)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
費用初期診断・見積り無料 まずはご相談ください
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
調査対象PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、
USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービスマルウェア・ランサムウェア感染調査、
サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、
社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、
パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、
データ改ざん調査、データ復元、デジタル遺品、
など
特徴
✓累計相談件数14,233件
✓法人限定の駆け付け対応サービスあり
✓11年連続国内売上No.1のデータ復元サービスの技術力を活用
✓ISO認証、プライバシーマーク取得
✓警視庁からの捜査協力依頼実績多数
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

パソコンがウイルスに感染した場合のまとめ

パソコンがウイルスに感染している場合の症状から駆除方法までを解説してきましたが、感染した疑いがある場合はまず、ネットワークの接続を切断するようにしましょう。

ソフトである程度のウイルス検出・削除を行うことができますが、未対応のウイルスも存在します。

また、自力でできる駆除方法としてパソコンの初期化が最も有効な方法になりますが、広まった個人情報を放置することになります。

重要な個人情報がはいっていた場合や、決済情報の不正利用があった場合は、ハッキングの調査ができるプロに相談するようにしましょう。

パソコンがウイルスに感染した場合のまとめ
  •  ウイルス感染の原因は「ワーム型」「トロイの木馬型」「マクロ型」に分けられる
  • パソコンの動作に不具合がある場合はウイルスに感染している恐れがある
  •  ウイルスに感染すると個人情報が盗まれたり遠隔操作が加わる可能性がある
  • ツールを使用してウイルスの検知、駆除ができる
  • 専門業者であれば被害範囲を調べることが可能
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。