VRの世界は未来の世界?

VRの世界は未来の世界?

アイヴァン・サザーランド教授がVRヘッドマウントディスプレイを発明してから、50年あまりが経とうとしています。
当時のVRヘッドマウントディスプレイは非常に重く、天井からつり下げて使っていたそうです。
<参考:YouTube「当時の映像」>

時は流れ2016年。今年はVR元年と言われるほど、国内外問わず多くの企業がVRソリューションを発表し、VR商戦が加熱しています。
また、オープンソースのVRヘッドマウントディスプレイ「OSVR」がいよいよ日本に上陸し、オープンソースのSDKを使って、個人でもVRソフトウェアを開発することが出来るようになりました。これにより一層の盛り上がりを見せています。
<参考:OSVR「公式サイト」>

Galaxy特設スタジオでVR体験

ということで、ヘッドディスプレイと聞くと「バーチャルボーイ」が真っ先に思い浮かんでしまう私が、世の中の流れに乗っかるべく、最新のVR技術を体験してきました。

今回体験した場所は、東京・丸の内の商業施設「KITTE」の1階アトリウム 。6月8日までの期間限定でオープンしGalaxy特設スタジオです。

image13
名前の由来は「切手」。日本郵政が手掛ける初めての商業施設になります。「いろいろなヒト・モノ・コトとの出会いをつなげる」をいう思いを込めた施設でありたいというコンセプトを集結させた施設なんだそうです。

image19
特設会場にはこれ見よがしにGalaxyのロゴ。幸い(!?)修学旅行生が群がっていましたが、平日ということもあってそれほど人はいません。

Galaxy S7 edgeがスゴい!

ここではGalaxyシリーズと組み合わせて使うVRヘッドセット「Gear VR」と、可動式シートを組み合わせたVRジェットコースターと、サーフィンを体験できます。

「早く試したい!!早く未来を感じたい!!」

と勇んで受付のお兄さんに声を掛けますが、どうやら最新版Galaxy S7 edgeのプロモーションを一通り体験しないとVRは体験させてくれないとのこと。ドラクエの城の門番よろしく頑に通してくれません。
しかたなくGalaxy S7 edgeのプロモーションを体験しにいきます。

とはいえGalaxy S7 edgeの体験プロモーションもなかなかに素晴らしく、かつて所持していたIS03のトラウマからAndroid否定派になり、ほどなくしてiPhoneフリークに華麗に鞍替えした私に、
「次はGalaxy S7 edgeを買おうかな」
と思わせるには十分なパフォーマンスを披露してくれました。

image17
Galaxy S7 edgeの紹介記事ではないので詳細は書きませんが、心をつかんだのは暗所撮影

薄暗い部屋に通されGalaxy S7 edgeと、従来のGalaxyとで写真撮影の比較をした結果、従来のGalaxyで撮影した写真は暗くてあまり見えず。逆にGalaxy S7 edgeで撮影した画像はとても明るく、拡大しても鮮明に写っていました。こんな感じ。

あなたにおすすめ

勝手にIT業界流行語大賞2016 年末の慌ただしい中、皆様いかがお過ごしでしょうか? さて、今回はIT業界ハードウォッチャーのricemanが、“独断と偏見”によって『IT業界専用の流行語大賞』を作ってみました。 みなさんが想像する“神ってる”キーワードはあるの...
猫ブームにのってAR猫転送装置を作っています ↀωↀ... 最近猫ブームが非常に盛り上がっておりますね。そこに便乗したアプリを開発して一発稼いでみたい!!というゲスな極みとして現在製作途中のAR猫転送装置(仮)をご紹介いたします。 ◼︎AR猫転送装置(仮)について アプリを起動するとカメラ越しの...
ソフトバンク「半額サポート for iPhone」48回払いのデメリット... ソフトバンクが提供しているキャンペーン「半額サポート for iPhone」を知っていますか? 簡単に言うと、4年間の契約をすることで2年目以降に機種変更した際、機種代金の半分が免除され、実質半額で最新のiPhoneを購入できるという...
【ユーザーに聞いた】最先端技術を体験できるカメラアプリレビュー... Microsoft Pix カメラ|AIを使った最先端カメラ 画像引用元:「Microsoft Pix カメラ」をApp Storeで 37歳 男性 会社員 iPhone7 アプリの満足度:...