watchOS 8まとめ|新機能・Apple Watch対応機種|リリース日は9月21日

  • 2021年9月20日
  • by.affiprecious

Apple Watch

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年6月、Appleが開発者向けカンファレンス「WWDC21」でApple Watch(アップルウォッチ)用のOSであるwatchOS 8を発表し、9月21日リリースとなりました。

注目を集めるウェルネス機能をはじめ、本OSには様々な機能が追加されています。

本記事ではそんなwatchOS 8の新機能のほか、対応機種についてもまとめました。

関連記事

iOS 15のリリース日は2021年9月21日になりました。どんな新機能が追加されるのかや、変更点について解説していきます。 Appleは、2021年6月8日に開催されたWWDC21にて、「iOS 15」を発表しました。 iPh[…]

iOS15
watchOS8まとめ
  • リリースは2021年9月21日
  • 対応機種はApple Watch Series 3以降
  • マインドフルネス機能の強化
  • 睡眠機能が取得するデータに睡眠呼吸数が追加される
  • ワークアウトアプリに「太極拳」と「ピラティス」を追加
  • 他のジャンルでも多くの新機能が追加される

画像引用元:Apple公式サイト

watchOS 8 リリース日・対応機種

Apple Watch

画像引用元:Apple公式サイト

2021年6月、AppleがApple Watch用の新OS「watchOS 8」に関する発表を行いました。

watchOS 8のリリースは2021年9月21日で、対応機種はApple Watch Series 3以降となります。

最も古いApple Watch Series 3シリーズでも利用できるのは嬉しいニュースですね。

ただし、公式の対応機種リストには、「すべての機能がすべてのデバイスで使えるわけではありません」と記載されています。

これまでにもApple Watch Series 3シリーズは、使えるアプリや機能に差がありました。そのため、watchOS 8の全機能を使うのは難しいかもしれません。

【2021年最新】歴代Apple Watch全8つを比較|機能/デザイン/違いや特徴

watchOS 8 新機能

Apple Watch心拍数

画像引用元:Apple Watchで心拍数を確認する – Apple サポート

Apple Watchを含むスマートウォッチで最も注目を浴びているウェルネス機能をはじめ、watchOS 8には様々な機能が追加されるようです。

では、watchOS 8の新機能を詳しく見ていきましょう。

マインドフルネス機能の強化

従来の「呼吸」アプリが「マインドフルネス」アプリに移行され、より進化したものになります。

さらに、マインドフルネスアプリには「リフレクト」の機能も追加。

リフレクトは、watchOS 8がユーザーに思慮深い考え方を提供し、ユーザーのポジティブな気持ちを想起させる機能です。

リフレクトでwatchOS 8が提供する考え方の一例
  • 最近で落ち着きを感じた時間を思い出してください。その感覚をこの瞬間に感じてみてください
  • 感謝していることをひとつ思い出して、なぜそれほど感謝しているかについて考えてみてください

このようにリフレクトは、ユーザーが前向きな気持ちになれるようサポートしてくれます。

本気で落ち込んでいる時に、いきなり誰かから「落ち込まないでポジティブにいこう!」だなんて言われても、正直辛いですよね。

一方、リフレクトは「ちょっとこんなこと考えてみて?」と提案する形で、前向きな考え方へと優しく誘導してくれます

これならまだいくらかはポジティブな気持ちになれるのではないでしょうか。

watchOS 8の呼吸機能を使って深呼吸をしつつ、リフレクトも同時に利用すれば、心身の調子を上手にコントロールできるかもしれません。

睡眠追跡機能

現在のWatchOSでは、Apple Watchを着用して眠ることで、睡眠時間・心拍数・血中酸素濃度などの測定が可能です。。

watchOS 8では、さらに睡眠時の呼吸数も測定できるようになります。

1分間あたりの睡眠呼吸を測定すれば、ユーザーの健康状態をより深く知ることができますよ。

測定データはヘルスアプリに蓄積されるため、ユーザーはいつでも自分の健康状態を確認することが可能です。

ワークアウトアプリの機能追加

watchOS 8のワークアウトアプリには、新たなワークアウトとして「太極拳」と「ピラティス」が追加されます。

また、サブスクサービスである「Apple Fitness+」では、レディーガガなどの人気アーティストのプレイリストともに、ワークアウトできる「artist spotlight」などが利用可能に。

集中モードの追加

watchOS 8では、iOS15で導入される「集中モード」が利用できます。

ユーザーが任意の作業に集中できるように、無関係な通知やアプリを絞り込める機能です。

人間の集中力は外部からの刺激によって途切れてしまいがちですよね。身に覚えのある方も多いのではないでしょうか。

そこで、集中モードではユーザーの集中力が途切れないように、通知などの外的な刺激をなくします。

マインドフルネス機能を利用するときなど、自分の時間・空間に入り込みたいときには打ってつけの機能です。Apple Watchと相性が良いですね。

お気に入りの写真が活躍する「Portraits watch face」

watchOS 8では、「Portraits watch face」機能が追加されます。

Apple Watchの待ち受け画面やキーボードに、お気に入りの写真を表示するための機能です。

iPhoneで撮影したポートレート写真を切り抜いて、Apple Watchの様々な画面で利用できるようになります。

また、デジタルクラウンを使えば、撮影した写真をより自分好みの1枚に仕上げたり、時刻などと一緒に表示したりすることも可能です。

メッセージ機能も強化!

watchOS 8では、同じメッセージ内で文字・音声・絵文字を組み合わせて入力することができます。

音声入力で作成した文章を手動で編集することもできますし、メッセージにはGIFなどを挿入することも可能です。

GIFは数百種類用意されており、単語や語句で検索できます。メッセージの表現がさらに広がることでしょう。

さらに、watchOS 8からは連絡先アプリも導入されます。連絡先の閲覧や編集が簡単に行えますよ。

その他の機能もパワーアップ

watchOS 8で新たに追加される機能は、まだまだたくさんあります。

watchOS 8に追加されるその他の機能
  • 複数のタイマー機能
  • 様々なアプリをディスプレイに常時表示
  • 簡単な手のジェスチャーで動作を行う「AssistiveTouch」
  • 持ち物を探すアプリ追加
  • ミュージックアプリの機能強化
  • 天気アプリに気象警報を追加
  • ファミリー共有設定に、一部の国の交通系カード追加機能を搭載

ウェルネス機能がますます強化されたwatchOS 8

本記事では、watchOS 8に関する情報をご紹介してきました。

watchOS8まとめ
  • リリースは2021年9月21日
  • 対応機種はApple Watch Series 3以降
  • マインドフルネス機能の強化
  • 睡眠機能が取得するデータに睡眠呼吸数が追加される
  • ワークアウトアプリに「太極拳」と「ピラティス」を追加
  • 他のジャンルでも多くの新機能が追加される
Apple Watchでできること10選!単体でもiPhoneとセットでも

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。