グローカルネットの全て|WiFiの速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

  • 2019年12月11日
  • by.ssisdk

グローカルネット

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

最近注目の「グローカルネット」は、海外はもちろん、日本国内でも利用可能なWiFiです。

海外利用するユーザーをメインにしていますが、ローカルと名前に入っているように日本でも使える点も売りにしています。

最近は海外でも日本でも使えるルーター業者は増えていますが、果たして「グローカルネット」はお得なサービスなのかでしょうか。

今回は「グローカルネット」のWiFiの速度やルーターのスペック、料金や契約内容、評判や他社と比較したメリット・デメリットを紹介していきます。

この記事でわかること
  • グローカルネットの速度・回線・ルーターのスペック
  • グローカルネットの良い評判・悪い評判
  • 他社とグローカルネットを比較

トップ画像引用元:海外大容量WiFi 高速4G LTE対応なら「グローカルネット」【公式】

グローカルネットの速度・回線・ルーターのスペック

グローカルネット

トップ画像引用元:海外大容量WiFi 高速4G LTE対応なら「グローカルネット」【公式】

まずは「グローカルネット」が提供しているルーターのスペック表から、通信速度や回線の種類、バッテリー容量等を比較してみましょう。

「グローカルネット」が提供しているルーターは「U2s」と「G3s」の2種類で、スペックをまとめたのが下記表です。

項目U2sG3s
最大下り通信速度150Mbps150Mbps
最大上り通信速度50Mbps50Mbps
バッテリー容量3,500mAh5,350mAh
スマホへの給電機能×
連続使用可能時間12時間15時間
機種代金総額
(分割払い時の月額)
17,980円
(750円×24ヶ月)
19,980円
(830円(初月のみ910円)×24ヶ月)
回線種別4G LTE回線
(クラウドSIM)

以前は「G2/GD2」「G3」というモデルも取り扱っていましたが、2019年12月時点で完売したので現在購入できるのは「U2s」と「G3s」の2種類になっています。

グローカルネットはクラウドSIMを使った4G LTE回線を使用

「グローカルネット」が使用している回線は4G LTE、次世代クラウドSIMを搭載しており特定のキャリア以外の通信も使えるタイプです。

日本ではドコモ、au、ソフトバンク3社の中からそのエリアで最も繋がりやすい通信網を、海外でも現地のキャリアの通信網を自動でキャッチしてくれます。

ルーターの電源をONにするだけでOKなので、ユーザー側で設定を変更したり登録する必要も無く、「機器操作が不安」と感じている方でも簡単にWiFi接続が可能です。

「U2s」の実質上位互換の「G3s」は人気モデル品切れになりやすく入手が少し困難

「G3s」と「U2s」を比較すると以下の3点の違いがあります。

「G3s」と「U2s」を比較
  • 「G3s」はバッテリー容量が多く連続稼働時間が長め
  • 「G3s」は液晶画面が搭載されている
  • 価格は「G3s」の方が高い

カタログスペックでは「G3s」の方が優れており、液晶画面も搭載しているので実質「U2s」の上位互換と見て差し支えありません。

購入する時は「G3s」の方がおすすめですが、人気商品故に品切れ続出なので購入したい時は公式ホームページの情報をよくチェックしておきましょう。

「U2s」も「G3s」も通信速度は同じ、価格の安さで「U2s」を選んでもOK

「グローカルネット」の通信速度は下りが最大150Mbsp、上りが最大50Mbpsで、「U2s」「G3s」どちらにも共通となっています。

回線の種類・通信速度に違いはないので、機種代金の安さで選ぶなら、敢えてバッテリー稼働時間が抑えられた「U2s」を選ぶのも充分ありでしょう。

ルーターの入手方法は「購入」

「グローカルネット」提供のルーター「U2s」と「G3s」は、ユーザーが購入して入手するので、レンタル形式の業者と違い、解約時に返却する必要がありません

グローカルネットの料金プランを海外・国内別に徹底解説!

利用料金

「グローカルネット」の料金プランは特殊な形態をとっており、一般的な通信事業者と比較すると以下4点の違いを持っています。

グローカルネットの料金プランの特長
  • 基本料金は月額400円
  • 日本国内で通信するには「国内プラン」のオプション契約が必要
  • 国内プランのオプション加入は任意なので、敢えて加入せず契約も可能
  • 海外では1日の利用日数に応じて月額基本料金に上乗せ

基本料金の400円は毎月発生して、海外利用料金や日本国内用オプションの料金が請求される、という仕組みです。

グローカルネットの契約期間は2年だが、1年以降は解約金の負担は軽め

「グローカルネット」の契約期間は2年で、2年以内に解約すると違約金が発生しますが、25ヶ月目以降からいつでも0円で解約できるようになります。

一見すると長期利用向きに見えますが、13ヶ月目以降は4,900円となり、国内プラン無制限約1ヶ月分+基本月額料金と近い金額になります。

違約金の負担は少ないので解約金が発生することを了承のうえで、2年以内に解約するのもお得に乗り換えるなら考えておくと良いでしょう。

違約金なし/解約金なし/契約期間なし/おすすめポケットWiFi[2020年最新]

海外利用時は海外の料金プラン毎に使った日だけ加算される仕組み

「グローカルネット」を海外で利用した時の料金は、使った日だけ下記表の加算される仕組みになっています。

項目300MBプラン500MBプラン1GBプラン
1日のデータ量300MB500MB1GB
日額780円/日1,180円/日1,580円/日
東南アジア17ヶ国利用時の特典500MBまで利用可能780円/日に減額1,180円/日に減額

1日に使えるデータ量によって料金が変動するので、メールやWebサイトの閲覧だけなら300MBプランを、写真のアップロードや動画も見るなら1GBプランを契約すると良いでしょう。

自身の用途に応じて最適な海外用プランが選べる、100ヶ国以上で使うことができます。

更に一部の東南アジアでは通常よりもお得に利用出来ます。

東南アジアの17ヶ国は特典あり!
  • 中国
  • 台湾
  • 韓国
  • 香港
  • マカオ
  • シンガポール
  • インドネシア
  • タイ
  • フィリピン
  • マレーシア
  • ベトナム
  • インド
  • ミャンマー
  • モンゴル
  • ラオス
  • カンボジア
  • バングラデシュ

これらの国によく行かれる方はお得に利用できるので、出張や旅行で東南アジアに行く機会が多い人は「グローカルネット」はおすすめです。

データーチャージで速度制限が回避できる珍しい海外プラン

「グローカルネット」の海外プランは1日に使えるデータ量を使い切った時、追加のデータ容量を購入して速度制限を回避できます。

概要詳細
データーチャージ容量500MB
チャージ料金(東南アジア17ヶ国以外)1,300円
チャージ料金(東南アジア17ヶ国)900円

日本国内のキャリアでは見慣れたサービスですが、海外用でも提供している業者は少なく、『速度制限になったら翌日解除まで待つしかない』ということも珍しくありません。

「グローカルネット」なら万が一使い切ってしまった場合でも、追加料金を支払えば速度制限にならずに高速通信が使い放題になります。

ただし「グローカルネット」のデーターチャージは海外専用で、日本国内では使えません。

グローカルネットは国内プランがオプション扱いという珍しい業者

国内プランの概要が下記表です。

項目月額料金
(月額基本料金400円込)
速度制限の条件
3GBプラン1,380円1日1GB以上利用時
月間データ量超過時
5GBプラン1,880円1日1GB以上利用時
月間データ量超過時
7GBプラン2,380円1日1GB以上利用時
月間データ量超過時
10GBプラン2,880円1日1GB以上利用時
月間データ量超過時
20GBプラン3,880円1日3GB以上利用時
月間データ量超過時
無制限プラン4,380円1日3GB以上利用時

一般的な通信事業者ではルーターを契約すると、日本国内で通信が利用出来ますが「グローカルネット」は国内プランのオプションに別途加入しないと、日本で通信が利用出来ません。

国内プランの契約を忘れると日本国内で利用できないルーターが届いてしまいますが、この仕様を逆手にとって国内プランを敢えて契約せず、海外専用ルーターとして使うことも可能です。

海外旅行前に契約・入手しておき現地で電源ONにすればすぐ使えるので、渡航前の事前準備や返却の手間が煩わしい他社以外が良い人におすすめの使い方です。

4G LTEルーターにしては珍しく速度制限が厳しいのがデメリット

「グローカルネット」の国内プランは4G LTE回線のルーターにしては、速度制限の条件が厳しいことがデメリットです。

グローカルネットの速度制限の条件
  • 3~10GBの国内プランは1日1GB以上利用時
  • 20GB~無制限の国内プランは1日3GB以上利用時
  • 無制限の国内プラン以外は月間データ容量を使い切った時も速度制限の対象

4G LTE回線のWiFiルーターは、一般的な使い方では速度制限を設けないのが2019年時点でのトレンドです。

ですので、「グローカルネット」は速度制限の面では他社より厳しいと見ざるをえません。

【2020年9月】ポケットWiFiが無制限で使える!?大容量で安心の厳選6つ

次の章では、「グローカルネット」の良い評判・悪い評判を比較してみます。

グローカルネットの良い評判・悪い評判を比較

比べてみる

実際に「グローカルネット」を契約した先達の、良い評判・悪い評判も比較してみましょう。

グローカルネットは海外利用の多いユーザーに良い評判が多い

良い評判は下記のように海外利用の多いユーザーから評判です。

良い評判
  • 海外利用時に用途に合わせてデータ容量を選べる
  • データ容量をオーバーしてもデーターチャージで速度制限を回避できる(国内では不可)
  • 通信トラブルが発生しても遠隔操作で復旧できる時がある
  • 法人契約なら請求書支払い・口座振替が可能で決済の幅が広い

良い評判をまとめると海外に頻繁に赴く事業者やビジネスマンから良い評判を得ているようです。

速度制限・国内の料金やデータ容量に悪い評判が多い

一方で下記のような悪い評判もあります。

悪い評判
  • 同じクラウドSIM採用の他社に比較すると、国内で速度制限になる条件が厳しい
  • 基本月額料金に国内プラン料金上乗せなので、月額料金が他社より高い
  • 個人の申し込みだと決済方法がクレジットカードのみ

実際、他社と比較すると国内利用の面では一歩劣る点は否めないので、日本だけで利用するなら他社の方がおすすめになります。

口座振替ができるポケットWiFiを徹底比較│おすすめランキングTOP5

他社と比較してグローカルネットのメリットやデメリットは何か

グローカルネット

画像引用元:海外大容量WiFi 高速4G LTE対応ならグローカルネット【公式】

4G LTE回線のモバイルルーターは、多くの業者が提供しているので、以下の条件を満たす他社と「グローカルネット」を比較してみましょう。

他社との比較ポイント
  • 提供している回線が4G LTE
  • 回線速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの「グローカルネット」と同じ
  • 契約期間は2年間
  • 海外利用時でも事前設定なし・オプション申し込み不要で利用可能

この条件に合致した「どんなときもWiFi」「めっちゃWiFi」「限界突破WiFi」3社と「グローカルネット」を比較して、メリット・デメリットをまとめてみました。

海外で利用出来る幅が広いのは評価できるメリット

グローカルネットと比較するWiFi
  • どんなときもWiFi
  • めっちゃWiFi
  • 限界突破WiFi

「グローカルネット」の最大の強みである海外利用を比較したのが下記表です。

項目グローカルネットどんなときもWiFiめっちゃWiFi限界突破WiFi
1日のデータ量300MB~10GB~1GB~1GB300MB~3GB
日額780円~15,800円1,280円~1,880円850円~1,250円380円~9,980円
データーチャージの可否×××
遠隔操作サポートの有無×××

元々「グローカルネット」は海外利用が主目的なので、他社と比べると選択できるデータ容量の幅が広く、海外でもデーターチャージで速度制限回避が出来る独自メリットがあります。

遠隔操作で万が一のトラブルも対処できるので、出発前に何かトラブルがあっても対処しやすいのも魅力的です。

お手軽に海外でも使いたい人、どれだけデータ容量を使うか分からない人には速度制限を回避できる「グローカルネット」がおすすめです。

日本国内に限定すると料金や通信制限で他社に一歩劣るのがデメリット

海外利用で出来ることが多かった「グローカルネット」ですが、日本国内の利用に限定すると他社に比べて評価が逆転してしまいます。

項目グローカルネットどんなときもWiFiめっちゃWiFi限界突破WiFi
月額料金1,380円~4,380円
※月額基本料金400円込
3,480円~4,410円3,480円3,500円
月間データ量3GB~無制限無制限無制限無制限
不正・違法利用以外の速度制限条件3~10GBプラン時:1日1GB以上利用時
20GB・無制限プラン時:1日3GB以上利用時
月間データ量を使い切った時
無し無し無し
個人契約時の決済方法クレジットカードのみクレジットカード
口座振替
クレジットカードのみクレジットカード
口座振替※
※店舗契約のみ

日本国内でしか使わないなら敢えて「グローカルネット」を選ぶ理由は薄く、海外で使う機会が無いユーザーには他社を選んだ方が無難です。

「日本国内のみ」ならでグローカルネットをおすすめしない理由
  • 月額基本料金が上乗せされるので他社よりも料金が高い
  • 一般的な使い方では速度規制にならない他社に比べて速度制限の条件が厳しい
クラウドSIMのWiFiルーターおすすめランキング|口コミや速度で比較

国内より海外利用が多いユーザー・法人にグローカルネットはおすすめ

旅行とWiFi.

「グローカルネット」の特徴をまとめると「日本国内よりも海外をメインに使いたい!」「海外用ルーターを都度空港でレンタルするのが面倒だ」と感じている人におすすめです。

グローカルネットのまとめ
  • 「グローカルネット」は下り150Mbps、上り50Mbpsの通信速度
  • 渡航先で電源ONだけで使える海外利用の手軽さが好評
  • 日本国内専用のWiFiルーターとして比較するとデメリットが目立つ
  • 海外出張や旅行が多いビジネスマンや企業にはおすすめ

国内利用で「グローカルネット」は他社と比較すると、サービス面で一歩劣りますが海外利用では出来る事が多くなります。

法人契約なら請求書支払い・口座振替も可能になるので、個人契約よりも海外出張が多いビジネスマンや企業が契約すると、よりメリットを生かせる業者と言えるでしょう。

海外でも完全無制限!どんなときもWiFiの利用エリアと旅行でかかる料金

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

無制限ポケットWi-Fi特集