AQUOS R3のスペックと価格は!?AQUOS R2との大きな違いは何?

AQUOS R3のスペックと価格は!?AQUOS R2との大きな違いは何?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

日本国産のスマホブランドAQUOSシリーズをリリースしているSHARPは、2019年の夏モデルとしてAQUOS R3をリリースしました。

AQUOS R3は昨年発売されたAQUOS R2の後継機に当たりますが、果たしてどこが進化点でAQUOS R2との違いはなにがあるのでしょうか。

今回はAQUOS R3とAQUOS R2のスペックや比較して、買いか否かを考察していきます。

AQUOS R3のスペック・価格・AQUOS R2との違い
  • AQUOS R3はAQUOS R2の正統進化モデル
  • AQUOS R3の価格は約10~12万円台
  • 液晶・動画撮影・スペックの3つがAQUOS R2からの進化点
  • AQUOS R3は現AQUOSシリーズ最高峰のモデル

トップ画像引用元:AQUOS R3 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS R3とAQUOS R2の関係性

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R3のスペック・性能|AQUOS:シャープ

AQUOS R3は、2018年に発売されたAQUOS R2の後継機に当たり、AQUOS R2と同様にハイクラスのスマホでドコモ、au、ソフトバンク3社で販売される点も変わりません。

後述するスペックを見るに『AQUOS RはAQUOSシリーズの中でもハイクラス』という基本方針は、AQUOS R3でも変更されていないようです。

AQUOS R3はAQUOS R2のスペック比較

AQUOS R3と前作AQUOS R2のスペックを比較すると下記の表のようになります。

機種名AQUOS R3AQUOS R2
CPUSnapdragon855SDM845
OSAndroid 9 PieAndroid 8.0
RAM/ROM6GB/128GB4GB/64GB
バッテリー容量3,200mAh3,130mAh
ディスプレイタイプ6.2インチ
Pro IGZO
6.0インチ IGZO
ディスプレイ最大表示色10億色1,677万色
防水・防塵対応対応
おサイフケータイ対応対応
ワンセグ対応
※録画は非対応
対応
カメラ画素数メインカメラ:
1,220万画素
2,010万画素

サブカメラ:
1,630万画素
メインカメラ:
2,260万画素
1,630万画素

サブカメラ:
1,630万画素
キャリアドコモ公式ショップ
au公式ショップ
ソフトバンク公式ショップ

こうしてスペックを比較してみると、奇を狙った大胆な変更を加える訳でもなく、文字通りAQUOS R2のスペックをベースにそのまま進化させたのがAQUOS R3と言えます。

AQUOS R2から継続して搭載された機能も少なくないので、実質AQUOS R2の改良版がAQUOS R3と見ても差し支えないかと思われます。

AQUOS R3とAQUOS R2の価格比較

AQUOS R3とAQUOS R2の2019年7月時点での価格も比較してみたいと思います。

機種キャリア一括時価格分割時月額支払金
AQUOS
R3
ドコモ89,424
24回分割時:3,726円
36回分割時:2,484円
au-48回分割時:96,120円
(初回2,026円+
2,002円×47回)
アップグレード
プログラムEX:
48,072円
(初回2,026円
+2,002円×23回)
ソフトバンク113,760
48回分割時:1,350円
AQUOS
R2
ドコモ56,376
24回分割時:2,349円
36回分割時:1,566円
au--
ソフトバンク64,800
48回分割時:1,350円

AQUOS R3の進化点は液晶・動画撮影・スペックの3つ

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R3 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS R3とAQUOS R2のスペックと価格の比較をしましたが、AQUOS R3ならではの進化点やAQUOS R2との違いは大きく3つあります。

進化点は液晶画面・動画撮影機能・基本スペックの上昇の3つで、それぞれの進化点の詳細は下記のようになります。

進化点1 Pro IGZOディスプレイに換装

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R3 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS R3になって最大の進化点は、AQUOS R2のIGZOディスプレイからPro IGZOディスプレイに換装された点が挙げられます。

画面が0.2インチ大きくなったのも進化点の1つですが、その他にも細かい違いがいくつかあります。

ディスプレイ表示色が約60倍増えた

AQUOS R2に搭載されていたIGZOディスプレイと、AQUOS R3のPro IGZOディスプレイの大きな違いはディスプレイ表示色の大幅増加です。

AQUOS R2のディスプレイ表示色は1,677万色でしたが、AQUOS R3のディスプレイ表示色は10億色に増加し、その差はなんと約60倍の色表現が可能となりました。

これによりYouTube HDRや一部の動画で使用されるHDR規格、ハイダイナミックレンジで撮影された動画もそのままの画質で視聴できます。

スマホのみならず液晶テレビにも使用されるAQUOSシリーズと、SHARPの面目躍如といった所でしょうか。

輝度の上昇とスペック進化により電力効率が10%上がった

Pro IGZOディスプレイはAQUSO R2の時と比べて輝度が2倍になり、液晶画面がより明るく表示できるようになっております。

電力効率を改善し、更にバッテリー容量もわずかですが上昇した結果、AQUOS R2よりも10%の電力効率改善が出来たとの事です。

今までより明るく表現できる色数が増えたのに、電力は10%OFFですからAQUOS R2よりもお得に利用できますね。

音響技術はAQUOS R2と同じ内容を継続

AQUOS R2の時代から引き継がれている良い機能もたくさんあり、音響技術もAQUOS R2時代と同様にDolby VisonとDolby Atmosに引き続き対応しております。

AQUOS R3はステレオスピーカーですので、進化したPro IGZOディスプレイと併せて併用すれば、より美麗な画面と音響で動画を楽しむ事が出来るでしょう。

ハイスピードIGZOディスプレイも継続

AQUOS R2で初めて搭載された、液晶画面をタッチした時の応答速度が上昇する機能『ハイスピードIGZO』も、AQUOS R3でも継続しております。

画面が滑らかに操作できて反応も良い事とスペックが上昇した事により、スマホゲームにも対応できるようになったのも進化点と言えるでしょう。

ドコモのAQUOS R3 SH-04Lに機種変更|お得に購入する完全ガイド

次のページでも引き続き、進化した点を詳しく解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ