デュアルSIMとは|メリット・対応機種・海外でのお得な使い方

  • 2018年11月26日
  • by 
デュアルSIMとは|メリット・対応機種・海外でのお得な使い方

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

デュアルSIM対応のスマホというと一部のSIMフリースマホというイメージでしたが、iPhone XS/XRもデュアルSIMに対応したことで注目をあつめています。

スマホ選びをする方の中には、デュアルSIMであることにメリットを感じて選択する方もいらっしゃいますが、デュアルSIMとはなんなのかという思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、デュアルSIMがなんであるのか、そしてどのようなメリットがあるのか、またどのように使うのかを紹介していきます。

デュアルSIM機能が気になっている方や、デュアルSIMがどのようなものかを知りたいという方は是非参考にしてください。

1 デュアルSIMとは何か

SIMとは

  • マイクロチップ
  • 電話番号などの識別情報が記録されている

まず、SIMがどのようなものかというものかというと、各携帯電話キャリアが端末を認識するために必要な情報が登録されているマイクロチップということになります。

デュアルSIM対応スマホとは

  • SIMを2枚搭載可能なスマホ

そのままですが、デュアルSIM対応のスマホとはSIMを2枚搭載することができるスマホのことをいいます。

デュアルSIMには4つの規格がある

  • DSSS(Dual SIM Single Standby)
  • DSDS(Dual SIM Dual Standby)
  • DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)
  • DSDA(Dual SIM Dual Active)

日本国内で発売されているデュアルSIMの種類は大きく分けると上記の4つの種類が存在しており、それぞれの特徴は以下のようになります。

DSSS(Dual SIM Single Standby)

デュアルSIMシングルスタンバイは、SIMカードは2枚搭載することができますが通信は指定したどちらかのSIMのみとなります。

SIMの切り替えは利用したいタイミングで手動で切り替えてやる必要がありますが、都度SIMカードを抜き差しすることに比較すると格段に便利となります。

DSDS(Dual SIM Dual Standby)

DSSSと決定的に違うのは搭載した2つのSIMが常に手動で切り替えることなく通話の着信やデータの送受信が行えるという部分です。

しかし、通話用のSIMに4Gを使用するともう一方のSIMは3Gまたは2Gで利用しなければならないなどの制約があるため、実利用の面では制限されてしまいます。

DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)

DSDVは2つのSIMを4G(VoLTE)として利用することができ、同時に待ち受けをすることが可能なデュアルSIMの規格です。

音声通話とデータ通信両方とも4Gで利用することができるためVoLTEのも高品質通話と高速データ通信の両方を使い分けることが可能になっています。

DSDA(Dual SIM Dual Active)

DSDAは一方のSIMで通話中の場合であってももう一方のSIMでは通信ができるというように両方のSIMがアクティブな状態を維持できる規格になります。

そのかわり、選択できるSIMの通信規格はDSDS同様に一方のSIMを4Gとした場合には、もう一方は3Gでの通信となってしまいます。

2 デュアルSIMに対応した主なスマホご紹介

デュアルSIMがどのようなものかわかってきたところで、最近発売されたスマホでデュアルSIMに対応したスマホがどのようなものがあるのか気になるのではないでしょうか。

ここの項目では最近発売されたデュアルSIMに対応した主なスマホを紹介します。

iPhone XR/XS/XS Max

画像引用元:iPhone|iPhoneXR|Apple公式サイト

項目詳細
CPUA12 Bionicチップ
メモリ非公開
ストレージ64GB、256GB、512GB
メインカメラ1,200万画素
インカメラ700万画素

販売キャリアとデュアルSIM規格

  • 販売キャリア:docomo、au、ソフトバンク、SIMフリー
  • デュアルSIMの規格:DSDS(eSIM)
iPhone XSレビュー|最強スペックの最先端機種はデザインも最高

HUAWEI nova 3

画像引用元:スマートフォン|HUAWEI nova 3|HUAWEI公式サイト

項目詳細
CPUHUAWEI Kirin 970
メモリ4GB
ストレージ128GB
メインカメラ約2,400万画素+約1,600万画素
インカメラ約2,400万画素+約200万画素

販売キャリアとデュアルSIM規格

  • 販売キャリア:SIMフリー
  • デュアルSIMの規格:DSDV
HUAWEI nova 3レビュー|高いデザイン性と高コスパのSIMフリースマホ

HUAWEI P20

画像引用元:スマートフォン|HUAWEI P20|HUAWEI公式サイト

項目詳細
CPUHUAWEI Kirin 970
メモリ4GB
ストレージ128GB
メインカメラ約1,200万画素+約2,000万画素
インカメラ約2,400万画素

販売キャリアとデュアルSIM規格

  • 販売キャリア:SIMフリー
  • デュアルSIMの規格:DSDV
HUAWEI P20レビュー|スペックは折り紙つき、AIアシストのカメラ搭載

ASUS ZenFone 5

画像引用元:品|スマートフォン|ZenFone 5|ASUS公式サイト

項目詳細
CPUSnapdragon 636
メモリ6GB
ストレージ64GB
メインカメラ約1,200万画素+約800万画素
インカメラ約800万画素

販売キャリアとデュアルSIM規格

  • 販売キャリア:SIMフリー
  • デュアルSIMの規格:DSDV
ZenFone 5/5Zレビュー|最高級のスペックにAIカメラを搭載【ASUS2018】

BlackBerry KEY2

画像引用元:BlackBerry KEY2|BlackBerry公式サイト

項目詳細
CPUnapdragon 660
メモリ6GB
ストレージ64GB/128GB
メインカメラ1,200万画素+1,200万画素
インカメラ800万画素

販売キャリアとデュアルSIM規格

  • 販売キャリア:SIMフリー
  • デュアルSIMの規格:DSDS
BlackBerry KEY2レビュー|物理キーボードのエッジが利いたスマホ

デュアルSIMに対応したスマホの大半はSIMフリースマホですが、例外的にiPhoneXR/XSが各大手キャリアから発売されてるモデルとなります。

しかし、iPhoneXR/XSの場合にはeSIMによるデュアルSIMとなっているため、物理的に2枚のSIMを使用することができません。

少し前までは、DSSSのデュアルSIMのスマホも多く見かけましたが最近ではDSDSかDSDVのどちらかという状況に変化しています。

次のページではデュアルSIMのメリットと使い方を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ