PayPayとは|使い方・他のスマホ決済との違い・メリット・注意点

PayPayとは|使い方・他のスマホ決済との違い・メリット・注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

スマホ決済アプリの火付け役である「PayPay」。

2018年10月にサービスを開始したPayPayは、還元率20%などの派手なキャンペーンを打ち出す一方で、通常のサービス内容についても大きく向上させてきました。

現在の基本還元率や利用できる店舗を見ると、サービス開始当初とは全くの別物となっています。

そこで、今回はスマホ決済アプリで最も有名なPayPayについて、2019年7月時点の最新の基本性能について解説していきます。

トップ

画像引用元:PayPay株式会社

PayPayの基本還元率

画像引用元:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

まずは、PayPayの基本還元率を見ていきましょう。

支払い方法基本
還元率
PayPayチャンス
PayPay残高

Yahoo!マネー

ヤフーカード
3.0%・当選時1,000円分の
ポイント付与

・当選確率5%
ヤフーカード以外の
クレジットカード
0.5%対象外

PayPayではPayPay残高とYahoo!マネー、ヤフーカードを利用すると、還元率が驚きの3%になります!

さらに、PayPayでは買い物でポイントが発生した際に「PayPayチャンス」というくじ引きが行われ、当選すれば1,000円分のポイントが付与されるのです。

当選確率は5%。

つまり、20回に1回当たるということです。

そして、この抽選に外れた場合は、3%の還元ポイントが手に入る、という仕組みになっています。

PayPayで3,000円の買い物をした場合
  • PayPayチャンスに当選した場合:1,000円分のポイント付与
  • PayPayチャンスに落選した場合:3,000円の3%にあたる90円分のポイントが付与される

上の例では買い物金額が3,000円ですが、これがたとえ100円の買い物だったとしても、PayPayチャンスの抽選は行われます。

つまり、100円の買い物で1,000円分のポイントが当たる可能性もあるということです。

買い物額より高いポイントが付くかもしれないというのは、非常に魅力的ですよね。

ただし、PayPayの還元率3%は実店舗のみ対象となります。

インターネット上のオンラインショップなどでは適用されないので気を付けてください。

3%還元で付与されたポイントが、1,000円分を上回った場合

PayPayチャンスは非常に魅力的ですが、3%の還元額が1,000円を超える場合はどうなるのでしょうか?

例えば、40,000円の買い物をした場合は、40,000円の3%にあたる1,200円分のポイントが付与されることになります。

このときにPayPayチャンスに当たってしまったら、200円分損してしまうことになります。

しかし、安心してください。

このような場合は、PayPayチャンスの抽選が行われません。

そのまま1,200円分のポイントが付与されます。

ドコモキャンペーンバナー

得られるポイントの上限は?

PayPayのポイント付与上限は、1回の決済で15,000円分、1ヶ月で30,000円分までです。

この上限は、PayPayチャンスと3%還元率の合算となります。

ヤフーカードで基本還元率を4%に!

PayPayは残高にチャージして決済を行うスマホ決済アプリです。

チャージには、銀行口座とヤフーカードを利用できますが、ヤフーカードでチャージすれば、還元率1%のポイントが付きます。

よって、ヤフーカードでチャージを行い、PayPay残高で支払えば、合計還元率は4%に。

PayPayを利用するのであれば、ぜひ狙いたい組み合わせですね。

PayPayは多くの実店舗で利用できる!

次は、PayPayを利用できるお店について見ていきましょう。

PayPayは2018年の開始以降、着々と利用可能店舗を増やしており、現在その数は60万を超えています。

これらをすべて紹介するわけにはいかないので、ここでは特にポピュラーなものだけをピックアップしました。

ジャンル店舗名
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、セイコーマートなど
総合スーパー
ディスカウントストア
アスタラビスタ、ヒダカヤ、スーパーマルハチ、セキチュー、サンプラザ、多慶屋など
ドラッグストアマツモトキヨシ、ウェルシア、マルエドラッグ、サンドラッグ、スーパードラッグ朝日、
ツルハドラッグ、コジマドラッグ、ビックドラッグなど
飲食牛角、かっぱ寿司、温野菜、ステーキ宮、ピザーラ、松屋、上島珈琲店、
FRESHNESS BURGERなど
居酒屋魚民、白木屋、千年の宴、笑笑、金の蔵、魚銀、月の宴、山内農場など
家電量販店エディオン、ケーズデンキ、Joshin、パソコン工房、ビックカメラ、コジマ、ヤマダ電機など
書籍ブックファースト、とらのあな、あゆみBOOKS、文喫、WonderGOOなど
ファッションMac-House、はるやま、Right-on、earth、Green Parks、DIESELなど
百貨店
モール
CANAL CITY、木の葉モール橋本、MIO、RIVERWALKなど
メガネ
コンタクト
アイメガネ、Zoff、武田メガネ、中央コンタクト、ハートアップ、眼鏡市場、
メガネスーパーなど
ショッピングカメラのキタムラ、島村楽器、Step、駿河屋、DULTONなど
レジャー
娯楽
BIG ECHO、よみうりランド、ヤフオク!ドーム、タックルベリーなど
交通江の島タクシー、伊予鉄タクシー、ORIENTAL TAXI、Royal Limousineなど
宿泊HIS、KEIO PLAZA HOTEL、東横INN、HOTEL MYSTAYS、
ワシントンホテルプラザなど
PayPay(ペイペイ)をコンビニで使う方法|ローソンとファミマだけ?

次の章では、PayPayのメリットについて解説していきます。

PayPayのメリットとは?

他のスマホ決済アプリと比較したとき、PayPayの強みと言える点について解説します。

基本還元率がやたら高い

PayPayの最も魅力的な点は、最大4%という非常に高い基本還元率です。

しかし、そんな数字を見せられてもピンとこない方も多いと思います。

そこで、ライバルである他のスマホ決済アプリと比較してみました。

項目PayPayLINE
Pay
d払い楽天Pay
最大
基本 還元率
4%5%2%1.5%

PayPayとLINE Payの基本還元率が頭1つ抜けていますね。

LINE Payの最大還元率は5%ですから、PayPayよりも高いです。

しかし、これを実現するためには、1ヶ月で10万円以上の決済をしなければなりません。

また、LINE Payの高還元率は2019年7月31日に終了する予定となっており、終了後の最大還元率は2%です。

つまり、2019年8月1日以降は、PayPayが基本還元率でNo.1となります。

キャッシュレス決済の中でも高レベルな還元率

現在、日本政府が中心となって推進しているキャッシュレス決済。

キャッシュレス決済には以下のようなものがあります。

キャッシュレス決済のタイプ
  • スマホ決済アプリ(PayPayなど)
  • クレジットカード
  • 電子マネー

クレジットカードは数十年前から使われてきたものですから、馴染み深い方も多いでしょう。

これら3つの決済方法には、それぞれ基本還元率が設定されています。

しかし、PayPayのような最大4%という高還元率を設定しているサービスは、全キャッシュレス決済を見渡してもごく少数です。

期間や店舗を限定すれば、4%以上の還元率は珍しくないのですが、「常時」となるとほとんどありません。

最近は、クレジットカードや「○○Pay」の乱立により、「結局、どれを使ったらいいの?」と迷ってしまう方が非常に多いと聞きます。

そういった方には、基本還元率が高くて条件も緩いPayPayが非常におすすめですよ。

キャンペーンが非常に多い!

PayPayはとにかくキャンペーンが豊富です。2019年7月と8月のキャンペーンだけでも、これだけあります。

項目キャンペーン名
7月開催予定
キャンペーン
・飲食店・スーパーで!PayPayランチ(最大還元率20%)
・セブン-イレブンで最大20%戻ってくる!(最大還元率20%)
・ソフトバンク・ワイモバイルショップで買い物するならPayPayで!キャンペーン
(最大還元率20%)
・ホークス観戦はPayPayでバリ得!キャンペーン(最大還元率20%)
・PayPayリレーキャンペーン(最大2,500円相当のポイント)
・送るとPayPay残高もらえちゃうキャンペーン(最大2,500円相当のポイント)
8月開催予定
キャンペーン
・飲食店・スーパー・コンビニで!PayPayランチ(最大還元率20%)
・熱烈歓迎!横浜中華街おトクな夏祭り(最大還元率20%)
・セブン-イレブン導入第2弾キャンペーン(最大還元率未定)
・ソフトバンク・ワイモバイルショップで買い物するならPayPayで!キャンペーン
(最大還元率20%)
・ホークス観戦はPayPayでバリ得!キャンペーン(最大還元率20%)
・JR博多シティ強化月間 ちかっぱおトクキャンペーン(最大還元率5%)

しかも、多くのキャンペーンで還元率最大20%です!

基本還元率だけでも非常にお得なPayPayですが、キャンペーンをフル活用すればさらにお得な買い物ができますよ。

使えるお店が豊富!

上でも解説しましたが、PayPayを使える店舗数は60万を超えています。

この数字は、スマホ決済アプリの中でもかなり多い方です。

現在でも利用できるお店は着々と増えており、今後はイオンやはなまるうどん、東急ハンズといった有名店も追加される予定となっています。

PayPayの使い方 <インストールから決済まで>

ペイペイ

画像引用元:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

ここからは、PayPayの使い方について見ていきましょう。

PayPayのインストールと初期設定

PayPayはアプリですから、お使いのスマホにインストールして決済することになります。

1App StoreもしくはGoogle Playからcアプリをインストールする

アップルストア グーグルプレイ

2PayPayアプリを開き、携帯電話番号とパスワードを入力し、新規登録を行う

Yahoo!IDのアカウントがある方は、そちらからも登録できます。

3携帯電話番号入力フォームに移動するので、携帯電話番号を入力する

4登録した携帯番号のSMSに、認証パスワード(4桁)が届く

5SMSで確認した認証パスワードをPayPayの入力フォームに入力し、「認証する」をタップ

これでPayPayのインストールと初期設定作業は完了です。

PayPayでは2段階認証を行っている

PayPayではSMSによる本人確認を行っていますが、この認証方法は「2段階認証」というものに分類されます。

2019年7月、2段階認証を搭載していない7Payがその脆弱性を突かれ、大規模な不正利用事件が発生しました。

一方、PayPayではSMSによる2段階認証を実施しているため、このような脆弱性はありません。

PayPayの支払い方法を設定する

PayPayのインストール完了後は、支払いの設定をする必要があります。

PayPayでは、以下3つの支払い方法が選択可能です。

PayPayの支払い方法
  • PayPay残高で支払い
  • クレジットカードで支払い
  • Yahoo!マネーで支払い

このうち最も還元率が高くなるのは、PayPay残高での支払いです。

ここでは、PayPay残高で支払う場合の設定方法を見ていきます。

PayPay残高へチャージする方法

PayPay残高には、銀行口座もしくはヤフーカードでチャージを行います。

1PayPayアプリを起動し、画像青枠の「チャージ」をタップ

2画像赤枠の「チャージ方法を追加してください」をタップ

3PayPay残高へのチャージ方法を選択する

銀行口座からチャージする場合は、Yahoo!ウォレットのサービス登録が必要です。

すでに登録を済ませている場合は、Yahoo!IDでログインすれば登録完了となります。

また、ヤフーカードを登録する場合は、起動したカメラでヤフーカードを撮影してください。

4希望するチャージ額をタップ(画像赤枠部分)し、青枠の「チャージする」をタップ

5PayPay残高のチャージが完了

PayPay(ペイペイ)の使い方・使える店|チャージして支払うまでの流れ

次の章では、PayPayの買い物での使い方について説明していきます。

買い物での使い方

PayPay残高へのチャージが完了したら、さっそく決済してみましょう。

支払いの際は、お店にPayPay用のQRコードがあるかどうか確認してください。

QRコードの有無によって、決済方法が異なります

まずは、QRコードがある場合の決済方法を見ていきます。

お店にQRコードがある場合

1PayPayを起動し、画像青枠の「スキャン」をタップ

2スマホのカメラが起動したら、QRコードを読み取る

3会計金額画面に移行したら、決済金額を入力する

4「お支払い方法」が「PayPay残高」になっているのを確認

5お店の人に金額を確認してもらい、「支払う」をタップすれば決済完了

お店にQRコードがない場合

PayPayを起動し、バーコードが表示されていない場合は、画像青枠の「Tap」をタップしてください。

これでバーコードが表示されるので、あとはお店の人に画面を提示するだけです。

お店の人がバーコードを読み取ったら、決済完了となります。

こちらの方が簡単ではありますが、お店にQRコードがある場合、この方法は選べません。

PayPayを利用する上で気をつけたいこと

ここまで主にPayPayの優れている点について見てきましたが、PayPayも万能ではありません。

PayPayの弱点についてもきちんと把握しておきましょう。

ネットショップにはとことん弱い!

実店舗にはめっぽう強いPayPayですが、実はネットショップでの還元率はあまり高くないのです。

また、他のスマホ決済アプリに比べ、使えるお店の数も極端に少ないため、お世辞にも「ネットショップに強いアプリ」とは言えません。

ネットショップでの買い物には、PayPay以外のキャッシュレス決済を利用した方がお得ですよ。

チャージ方法が非常に限定的!

2つ目の弱点はチャージ方法でしょう。

なぜなら、「現金」でのチャージができないからです。

銀行口座からのチャージはほとんどの方が利用できるかと思いますが、これにしてもYahoo!ウォレットへの登録が必要となります。

ヤフーカードからのチャージであれば、カードをカメラで撮影するだけで良いのですが、そもそもヤフーカードを持っている方も限られるはず。

「チャージ方法にちょっと困る」という人がいても不思議ではありません。

もっとも、ヤフーカードでチャージすれば、通常還元率が4%になりますから、これを機にヤフーカードを作成するというのも1つの選択だと思います。

PayPayは基本還元率がとにかく強い!

今回は、スマホ決済アプリの「PayPay」について解説してきました。

PayPayのまとめ
  • 基本還元率はヤフーカードを組み合わせると4%に!
  • 決済ごとに1,000円分のポイントが当たるPayPayチャンスの抽選もある
  • PayPayは非常にキャンペーンが豊富。還元率最大20%のキャンペーンを毎月開催
  • PayPayは実店舗に強く、使える店舗の総数は60万以上
  • PayPayはネットショッピングには弱い

PayPayの最大基本還元率4%は、すべてのキャッシュレス決済を見渡しても優れた数字と言えます。

キャッシュレス決済の種類が多すぎて、どれを使えばよいかわからないという方は、まずPayPayから始めてみてはいかがでしょうか。

PayPayをうまく利用して、日々の買い物をお得にしてくださいね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ