iPhoneの買い時はいつ?歴代の発売日からベストなタイミングをご提案

新しいiPhone、2022年はiPhone 14の発売が近くなると、iPhoneを買い替えるか、ベストな買い替えタイミングはいつなのか気になる方も多いです。本記事では歴代iPhoneの発売日や販売打ち切りのタイミングなどをもとに、最適なタイミングやおすすめ機種を解説しました。
  • 2022年8月23日
  • by.araki

iPhoneを比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、iPhoneの買い時について解説します。

まもなく、iPhone14シリーズの発売が噂されている2022年9月に突入します。

しかし、iPhoneは定期的に値下げされる可能性があるため、値下げ待ちの人もいるのではないでしょうか。

また、自分が買った直後に新製品が登場するのも嫌なものです。

そういった事情を踏まえ、歴代のiPhoneの動向からベストなタイミングを考えていきましょう。

iPhoneの買い時は?
  • 新型iPhoneは毎年秋に発売される
  • 新型発表時に旧型が値下げされる
  • 新型は発売直後に買うのがベスト
  • 旧型は値下げ直後に買うのがベスト

トップ画像引用元:Apple

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

歴代iPhoneの発売日

iPhone 比較

まずは歴代のiPhoneの発売日から、発売のペースを見てみましょう。

モデル発売日(日本)
iPhone 3G2008年7月11日
iPhone 3GS2009年6月26日
iPhone 42010年6月24日
iPhone 4S2011年10月14日
iPhone 52012年9月21日
iPhone 5s/5c2013年9月20日
iPhone 6 / 6 Plus2014年9月19日
iPhone 6s / 6s Plus2015年9月25日
iPhone SE(第1世代)2016年3月31日
iPhone 7 / 7 Plus2016年9月25日
iPhone 8 / 8 Plus2017年9月22日
iPhone X2017年11月3日
iPhone XS / XS Max2018年9月21日
iPhone XR2018年10月26日
iPhone 11 / 11 Pro
11 Pro Max
2019年9月20日
iPhone SE(第2世代)2020年4月24日
iPhone 12 / 12 Pro2020年10月23日
iPhone 12 mini
12 Pro Max
2020年11月13日
iPhone 13 / 13 mini
13 Pro / 13 Pro Max
2021年9月24日
iPhone SE(第3世代)2022年3月18日

2011年に発売したiPhone 4S以降、新型iPhoneは1年に1回、9月か10月に発売されていることがわかります。

iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは例外で、発売時期が11月までずれ込んでいますが、これは新型コロナウイルス流行の影響で発売スケジュールに遅れが出たためです。

iPhone SEは新型ではない

iPhone SE3 付属品

iPhoneの人気シリーズである「iPhone SE」は、廉価版モデルのためメインのiPhoneとは発売周期が異なり、いずれのモデルも3〜4月に発売されています。

ちなみに、「SE」とはSpecial Editionの略です。

iPhone SEシリーズでは、旧型の筐体と既存のチップを使うことで、メイン機種よりコストダウンした安さ重視の機種として販売されています。

現在も販売中のiPhone SE(第3世代)を例にすると、2017年9月に発売されたiPhone 8の筐体に、2021年9月に発売されたiPhone 13シリーズのA15 Bionicが搭載されています。

このことから、今後も新型iPhoneは1年に1回、9月〜10月に発売されるとみて差し支えないでしょう。

iPhoneが値下げされる時期

WWDC22

画像引用元:WWDC22 – Apple Developer

iPhoneは新型iPhoneの発表と同時に、旧型が値下げまたは販売打ち切りされます。

参考に、2021年9月15日にiPhone 13シリーズが発表された直後、Apple Storeでの値下げ・販売打ち切りは次のとおりです。

値下げされたiPhone
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 11
販売打ち切りになったiPhone
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone XR
変化のなかったiPhone
  • iPhone SE(第2世代)

iPhone 12は7,180円~7,580円、iPhone 12 miniは11,980円~12,480円、iPhone 11は19,980円~20,480円値下げされました。

金額に幅があるのは、ストレージ容量によって機種代金が異なるためです。

一方でiPhone SE(第2世代)は値下げされませんでした。

そして「Pro」は、値下げではなく販売打ち切りになっています。

この傾向は2020年も同様だったため、2022年9月にiPhone14が発表されると、iPhone 13 Pro / 13 Pro Maxは打ち切りになる可能性が高そうです。

iPhone13シリーズは全て打ち切りになる可能性もある?

iPhone 14はProモデル2機種に新しいA16チップが搭載され、残りの2機種にはiPhone 13 Proと同じA15 Bionic(5GPU)が搭載されると噂されています。

この情報通りの構成で発売されるとしたら、iPhone14シリーズ発表後にiPhone13シリーズは全て打ち切られ、iPhone 12シリーズがさらに値下げされるという可能性もあるでしょう。

ソース:Report corroborates that only iPhone 14 Pro will get A16 chip – 9to5Mac

iPhoneのベストな買い時

iPhone 13シリーズ

新型iPhoneの発売周期と値下げのタイミングからベストな買い時を判断すると、次のように考えられます。

iPhoneの買い時は?
  • 新型を買いたい
    新型iPhoneの発売直後がオススメ
  • 旧型を買いたい
    新型iPhoneの発表直後がオススメ

新型を買いたいなら発売直後

新型iPhoneが値下げされるのは、発売から1年経って次の新型が出るタイミングです。

それなら発売直後に買い、「新型」である時間を1日でも長く味わうのがベストです。

2022年はドル円相場の動向にも注意

iPhoneは米国メーカーであるAppleの製品のため、ドル円相場の影響で国内価格が変動する場合があります。

2022年8月現在のiPhone販売価格は、記録的な円安の影響で7月1日に大幅に値上げされた後の価格です。

例えば、iPhone13 128GBは、98,800円から19,800円値上げされ、現在117,800円で販売されています。

最上位モデルであるiPhone13 Pro Max 1TBは、194,800円から234,800円と、4万円も値上げされてしまいました。

今後円相場が円高方向に改善すれば、従来の価格帯に戻る可能性が出てきます。

通常、新型iPhoneは発売直後に購入するのがおすすめですが、iPhone14発表時点で為替相場をチェックして、円安が改善傾向ならAppleの価格改定を待ってもいいかもしれません。

旧型を買いたいなら最新型の発表直後

値下げのタイミングが1年に1回だけなのは旧型iPhoneも同じです。

そのため、新型iPhoneが発表され旧型が値下げされた直後に買うのが、やはりベストでしょう。

少しでも新しさを保っているうちに使ったほうがいいですからね。

ただし「Pro」は値下げされずに販売打ち切りになることが濃厚です。

また、iPhone 12やiPhone 11の様に値下げされた旧モデルは、次回の新型発表時に打ち切りになるのか、さらに値下げされて継続するのかは、発表会終了後のApple公式サイトを見ないとわかりません。

iPhone SEは?

iPhone SEは、第1世代が2016年3月発売、第2世代が2020年4月発売、第3世代が2022年3月発売と3モデルだけです。

そのため、発売の傾向と言い切れる要素は、「3月〜4月発売」というものしかありません。

第2世代から第3世代の発売スパンが2年と短くなり、さらに2023年にはiPhone SE(第4世代)が登場するとの噂もあります。

徐々に発売スパンが短くなっているので、第4世代以降はメイン機種と同様に年1回発売されることに期待しましょう。

なお、iPhone SEの第1世代・第2世代のApple価格を振り返るとと、メイン機種の新型が発表された時点での値下げは行われていません。

以上のことから、iPhone SEシリーズは、元々の価格設定が安くて高コスパな廉価版モデルのため、発売直後を狙って購入するのがベストタイミングとなるでしょう。

今おすすめのiPhone

iPhoneサイズ比較

画像引用元:iPhone 13|Apple(日本)

続いて、2022年8月時点で、「今iPhoneを買うならという観点でおすすめのiPhoneを紹介します。

もっともおすすめなのは、高コスパで人気のiPhone SE(第3世代)です。

今から買うのにおすすめのiPhone
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 13シリーズ

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE3 ベンチマーク

2022年8月時点でiPhoneを購入するなら、iPhone SE(第3世代)がおすすめです!

iPhone SE(第3世代)は2022年3月18日に発売された最新の廉価版iPhoneで、iPhone 13と同じA15 Bionicを搭載した高コスパモデルとなっています。

2022年8月8日〜8月14日のBCN+Rスマートフォン売れ筋ランキングで、1位〜3位をキャリア版のiPhone SE(第3世代)が独占する快挙を遂げた人気iPhoneです。

iPhone SE3(第3世代)
ディスプレイ4.7インチ
液晶ディスプレイ
解像度1,334 x 750
本体サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ144g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリー非公表
RAM4GB(非公表)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA15 Bionicチップ
認証指紋認証
カラーミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ネットワーク5G対応
充電18W急速充電対応
詳細iPhone SE(第3世代)実機レビュー

処理能力も相応に高く、AnTuTuベンチマークで約73万点と優秀な数値をマークします。

原神など「重い」と言われるゲームも余裕で遊べ、現状リリース済みのアプリでスペックに不満を感じることはありません。

毎年発売されるナンバリングモデルのような1年毎の値引きはありませんが、元からかなり安いことでおすすめ度の高い1台です。

Apple Storeでは62,800円から、キャリア版はApple Storeより通常価格は高く設定されていますが、購入プログラムの利用実質約半額と、Androidのエントリーモデル〜ミドルレンジモデル並みの実質価格になります。

iPhone SE(第3世代)64GB128GB256GB
ドコモ端末価格73,370円82,280円94,248円
いつでもカエドキプログラム38,295円42,68047,688円
詳細ドコモ公式サイトを見る
au端末価格70,935円82,190円103,415円
スマホトクするプログラム34,615円44,390円55,775円
詳細au公式サイトを見る
ソフトバンク端末価格73,440円81,360円99,360円
新トクするサポート36,720円40,680円49,680円
詳細ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル端末価格62,800円69,800円84,800円
アップグレードプログラム31,392円34,896円42,384円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
ワイモバイル端末価格73,440円81,360円99,360円
オンラインストア割引51,840円59,760円77,760円
詳細ワイモバイル公式サイトを見る
UQモバイル端末価格65,335円75,190円93,720円
オンラインショップおトク割48,935円~60,190円~81,415円~
詳細UQモバイル公式サイトを見る
Apple端末価格62,800円69,800円84,800円
詳細Apple公式サイトを見る

ただし、ディスプレイが有機ELではなく液晶で、ディスプレイサイズが4.7インチと小さいことには注意が必要です。

さらに、カメラがシングルカメラのため、ハイエンドモデルのカメラに慣れている方は物足りないかもしれません。

廉価版ゆえに機能を抑えている部分はありますが、安さと性能のバランスでiPhoneを選ぶなら、iPhone SE(第3世代)がぴったりです。

iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

iPhone 12シリーズは、iPhone 12とiPhone 12 miniが値下げされて継続販売されています。

2022年7月1日から円安の影響でiPhoneの価格が上がりましたが、87,800円〜と、新品購入可能なメイン機種の中でも低価格なiPhoneです。

そのため、コスパはiPhone 13シリーズより上かもしれません。

iPhone 12 mini64GB128GB256GB
ドコモ通常87,912円95,832円110,088円
スマホおかえしプログラム58,608円63,888円73,392円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常90,065円95,240円109,305円
かえトクプログラム48,185円50,600円58,305円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常96,480円102,960円116,640円
トクするサポート+(特典A)48,240円51,480円58,320円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常87,712円95,140円109,205円
アップグレードプログラム69,800円74,800円84,800円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常87,800円94,800円109,800円
詳細Apple公式サイトを見る

「シネマティックモード」が使えないなど、iPhone 13シリーズと比べて細かな違いはありますが、それ以外だと普段使っていて違いを感じる機会はほとんどないと思います。

なお、2022年8月現在、キャリア版は在庫が少なくなっています。

予約不可・再入荷未定となっているケースが多いため、iPhone 12 miniの購入はApple Storeを優先しましょう。

iPhone 13シリーズ

iPhone 13のラインナップ

画像引用元:Apple

iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxは、いずれも最新チップA15 Bionicを搭載しています。

そしてカメラには、映画のようなフォーカス送りのできる「シネマティックモード」が追加されました。

基本的なスペックやデザインはどれも同じなだけに、純粋にサイズや価格、必要なカメラの数などで選べるのも嬉しいところです。

ただし、2022年9月にiPhone14が発表されるため、今買うと「買った直後に値下げされた…。」という悲劇が予想されます。

そのため、iPhone13シリーズの購入は、iPhone14発表後の値下げ狙いに限定した方がいいでしょう。

2022年8月18日に有名リーカー複数名が「iPhone14の発売が1週間早まる」旨を報じました。

iPhone 13

iPhone 13は、117,800円~購入できます。

画面サイズは6.1インチで、これはiPhone 11から続く標準サイズです。

最低のストレージ容量が64GBではなく128GBになったことで、iPhone 12よりコスパが上がっています。

iPhone 13128GB256GB512GB
ドコモ通常138,380円158,180円199,430円
いつでもカエドキプログラム69,740円82,940円103,070円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常127,495円144,870円179,700円
スマホトクするプログラム64,975円73,830円92,460円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常138,240円155,520円190,800円
新トクするサポート69,120円77,760円95,400円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常117,800円132,800円162,800円
アップグレードプログラム58,896円66,384円81,384円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常107,800円122,800円152,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone 13 mini

iPhone 13 miniは、99,800円~購入できます。

画面サイズは5.4インチで、今時珍しい片手で持てるサイズ感であることが魅力。

こちらも最低ストレージ容量は128GBです。

なお、iPhone14シリーズからは「miniサイズが廃止される」と予想されています。

iPhone14シリーズ発表後はiPhone13シリーズ販売終了の可能性もあるため、片手サイズのiPhoneが欲しい方はiPhone14発表までにゲットしましょう。

iPhone 13 mini128GB256GB512GB
ドコモ通常116,710円140,800円176,660円
いつでもカエドキプログラム58,630円72,160円89,540円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常116,310円133,780円168,720円
スマホトクするプログラム62,790円72,220円91,080円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常116,640円134,640円169,920円
トクするサポート+58,320円67,320円84,960円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常104,800円120,800円153,800円
アップグレードプログラム52,392円60,384円76,896円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常99,800円114,800円144,800円
詳細Apple公式サイトを見る

ソース:9to5Mac

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Proは、144,800円~購入できます。

画面サイズはiPhone 13と同じ6.1インチです。

iPhone 13とiPhone 13 miniにはない望遠レンズとLiDARが搭載されており、カメラ性能が勝っています。

またリフレッシュレートがついに最大120Hz対応となりました。

iPhone 13 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常172,810円195,030円232,650円267,410円
いつでもカエドキプログラム89,650円101,310円120,450円139,370円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常143,040円156,995円185,015円212,920円
スマホトクするプログラム77,280円84,755円99,935円115,000円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常144,000円157,680円186,480円214,560円
新トクするサポート72,000円78,840円93,240円107,280円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常122,800円134,800円158,800円182,800円
アップグレードプログラム61,392円67,392円79,392円91,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常144,800円159,800円189,800円219,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone 13 Pro Max

iPhone 13 Pro Maxは、159,800円~購入できます。

6.7インチの大画面だけでなく、iPhone史上最長のバッテリー持ちも誇ります。

iPhone 13 Pro Max128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常197,230円214,610円248,160円275,550円
いつでもカエドキプログラム102,190円110,330円129,360円142,230円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常156,995円170,945円198,965円226,870円
スマホトクするプログラム84,755円92,345円107,525円122,590円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常157,680円172,080円200,160円228,240円
新トクするサポート78,840円86,040円100,080円114,120円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常134,800円146,800円170,800円194,800円
アップグレードプログラム67,392円73,392円85,392円97,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常159,800円174,800円204,800円234,800円
詳細Apple公式サイトを見る

2022年の新型iPhoneは9月16日発売か?

2022年9月に発売が予想されている最新モデル「iPhone14」は、例年より発売が早まるかもしれません。

ここ最近までは例年通りのスケジュールで、2022年9月23日(金)に発売されると噂されていました。

しかし、有名リーカーのMing-Chi Kuo氏(@mingchikuo)やMark Gurman氏(@markgurman)が、例年より1週間早く9月7日(水)発表・9月16日(金)発売の可能性があるとTwitterに投稿しました。

この時期にiPhoneリーク情報の要となる2名が同時に「発売時期が早まる」と報じているため、おそらくこの予想は当たるでしょう。

先ほどお伝えした通り、「最新iPhoneの発表=iPhone値下げ狙いのベストタイミング」です。

2022年の値下げタイミングは間も無くですね!

ベストなタイミングでiPhoneを買おう

以上、iPhoneの買い時についてでした。

iPhoneの買い時は?
  • 新型iPhoneは毎年秋に発売される
  • 新型発表時に旧型が値下げされる
  • 新型は発売直後に買うのがベスト
  • 旧型は値下げ直後に買うのがベスト

新型iPhoneは1年に1回、9月か10月に発売され、旧型もそのタイミングで値下げされます。

逆にいえばそこ以外で値下げは期待できません。

※円安で価格が高騰しているため、円高が進むと価格改定の可能性はあります。

2022年8月18日の最新情報では、iPhone14シリーズは例年より1週間早い9月7日に発表される模様です。

iPhoneの値下げを狙う方は、間も無く開催される発表会後に、欲しいiPhoneの最新価格をチェックしましょう!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。