auの機種変更タイミングはいつがいい?2年未満・月末月初で変わる費用

  • 2020年2月11日
  • by.affiprecious

8c45bcdbc14a6603010c8cea3dee67ed

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auの機種変更はいつのタイミングが良いかご存知でしょうか?

スマホの機種変更サイクルは平均で約2年と言われています。

これは、大手キャリアの「2年契約」やバッテリーの寿命が2~3年であることが強く影響しているようです。

そんな機種変更には、実は最適なタイミングというものがあります。

特に割引を利用している場合は、タイミングを誤ると数万円の損失に繋がる場合も。

本記事では、auで機種変更する際のベストタイミングについて、詳細に解説します。

auの機種変更ベストタイミング
  • 旧端末の購入から2年以上経った後がベスト
  • 月内のタイミングはいつでも構わない
  • アップグレードプログラムNXなどキャンペーン利用がおすすめ
  • 期間限定キャンペーンを実施している場合はそちらもチェック
auの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

トップ画像引用元:エリア | スマートフォン・携帯電話 | au

どんな割引を使っているかがau機種変更のタイミングの決め手

auのロゴ

画像引用元:au

まずはざっくりと結論だけをお伝えしますが、auの機種変更では、現在使用している端末の購入から2年以上経過していれば、大きく損をすることはありません。

携帯電話でお馴染みの「解約金」も機種変更では無しなので「更新月」を意識する必要もありません。

では、なぜ「2年」という期間がキーになるのでしょうか?これは、下記の3つが関係しているためです。

機種変更で気を付けるべき項目
  • 毎月割
  • au購入サポート
  • 端末の分割払い

毎月割と機種変更の関係

毎月割

画像引用元:毎月割 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auの毎月割は、対象機種と対象プランを契約することで、月々の利用料金から最大24ヶ月間または最大36ヶ月に渡り、月額料金を割引してくれるサービスです。

恐らく多くのユーザーは、24ヶ月払いを選択していると思います。

本割引の特長は、割引額が非常に高いことです。

たとえば、iPhone XS(64GB)に毎月割を適用した場合、毎月の支払い額は下表のようになります。

項目iPhone XS 64GB
機種代金5,360円× 24回
総額128,640円
毎月割-3,110円× 24回
総額-74,640円
実質価格2,250円× 24回
総額54,000円

※新規契約または乗り換えで購入した場合

上表のとおり、12万円台のiPhone XSが実質5万円台まで割引されます。

半額以下になるわけですから、非常に効果の高い割引と言えますね。

なお、この毎月割は2019年9月30日をもって新規受付を終了しています。

とはいえ、2020年2月現在、この割引を適用している方は多いはずです。

毎月割の適用中は要注意

毎月割の適用期間中に機種変更を行うと、機種変更した月から毎月割が無効になってしまいます。

毎月割で数万円破棄してしまうケースも

先程のiPhone XSを例に説明します。

たとえば、iPhone XSを購入してから13ヶ月目に他の機種へと機種変更したとしましょう。

すると、月々の支払いが下記のようになります。

毎月割を適用して13ヶ月目に機種変更すると…
  • 12ヶ月目までの機種代金の支払額:2,250円
  • 13ヶ月目からの機種代金の支払い額:5,360円

13ヶ月目に機種変更すると毎月割が無効になるため、割引額である3,110円が月々の支払いに加算されてしまうのです。

12ヶ月分の割引総額は37,320円。

これを支払う必要があるのですから、解約金も真っ青の損失です。

このように毎月割適用中の機種変更は大きな損失を出すリスクがあります。

よって、特段の理由はない限りは、毎月割が終了する25ヶ月目以降に機種変更するようにしましょう。

au購入サポートと機種変更の関係

au購入サポート

画像引用元:au購入サポート | キャンペーン | au

au購入サポートは、対象機種と対象プランを契約することで、端末の機種代金を最大54,000円割引するサービスです。

本割引では、購入時点で全額割引されます。

分割払いの対象になるのは、割引適用後の機種代金です。

そのため、月額料金がかなり安くなります。

さて、毎月割とは異なり、購入時に全額割引されるということは、その数ヶ月後に機種変更しても何ら問題はないように思えますよね。

ところが、そんなことはなく、本割引は購入から12ヶ月以内に機種変更をすると、下表の解除料がかかってしまうのです。

経過月数解除料
1ヶ月目40,000円
2ヶ月目38,330円
3ヶ月目36,660円
4ヶ月目34,990円
5ヶ月目33,320円
6ヶ月目31,650円
7ヶ月目29,980円
8ヶ月目28,310円
9ヶ月目26,640円
10ヶ月目24,970円
11ヶ月目23,300円
12ヶ月目21,630円
13ヶ月目以降0円

上表は、割引額54,000円の「Xperia XZ2 premium」の解除料。

経過月数によって解除料は減額されていくものの、最も少ない12ヶ月目でも21,630円かかりますので、非常に高額ですよね。

解除料は割引額に比例します。

本割引は割引額の大きさがメリットですが、その分だけ解除料も高額なので注意してください。

特段の理由がない限りは、12ヶ月以内の機種変更は避けるべきでしょう。

なお、こちらの割引サービスも2019年9月30日に新規受付を終了しています。

とはいえ、まだ適用中の方は多いはず。機種変更をする際には十分注意しましょう。

端末の分割払いは残債に注意!

auで端末を購入する際は、12回・24回・36回・48回のいずれかの分割払いが選択可能です。

ただし、48回払いに対応していない機種もあるため、多くの場合は12回・24回・36回払いのいずれかを選ぶことになります。

なお、一括払いや12回払いを選択する方は多くありません。

機種代金を払い終わってから機種変更しよう

2019年11月1日以降、アップグレードプログラムNXの提供開始により、36回払いが主流となってます。

それ以前は24回払いが主流でした。

さて、24回払いが終わる2年以内に機種変更するということは、旧端末の支払いを終えないまま新端末を購入するということになります。

当然ながら、機種変更後も旧端末の支払いはこれまでどおり続くので、新端末との2重払いが発生することに。

その上、毎月割やau購入サポートの解除料などが加わると、毎月の支払いはかなり厳しくなるはずです。

しかも、携帯電話の月額料金は機種代金だけではありません。通信料金もかかります。

よって、分割払いの観点から見ても、2年以内の機種変更はできる限り避けるべきと言えるでしょう。

機種変更で避けるべき項目まとめ
  • 毎月割を適用している場合は24ヶ月以内の機種変更は避ける
  • au購入サポートを適用している場合は、解除料が発生する12ヶ月以内の機種変更を避ける
  • 旧端末を分割払いで購入している場合は、分割払いが終わるまでは機種変更を避けた方が無難

月内でauの機種変更をするにはどのタイミングがベスト?

これまでは年単位のタイミングを見てきましたが、月内のタイミングにも注目してみましょう。

結論からいうと、月内のタイミングはいつでも大丈夫です。

機種変更と同時にプラン変更を行う場合は、他社では損に繋がる可能性があるものの、auでは問題ありません。

なぜなら、プラン変更が適用されるタイミングが下記のようになっているからです。

プラン適用のタイミング
  • スマホ→スマホ:プランを変更した翌月から適用開始
  • ケータイ→スマホ:プランを変更したその日から適用開始

上記のとおり、プラン変更が適用されるのは基本的に翌月からです。

ただし、ケータイからスマホへ乗り換える場合は、料金プランがガラッと変わってしまうため、その日からプラン変更が適用されます。

この場合、月額料金は各プラン料金の日割りを合算した額になるので、大きく損をしたりお得になったりということはありません。

15日にプラン変更した場合
  • 1日から14日まで:旧プラン料金の日割り
  • 15日から月末:新プラン料金の日割り

上記は15日にプラン変更をした場合です。

変更前日までは旧プラン料金、変更日から月末までは新プラン料金の日割りが適用されます。

ここまでの解説をまとめると、「2年」という条件さえクリアすれば、あとはいつでも好きな時に機種変更できるということですね。

auの機種変更でかかる事務手数料

auでは、機種変更時に下表の手数料がかかります。

手続き事務
手数料
4G LTE(au VoLTE対応)
→ 4G LTE(au VoLTE対応)
2,000円
4G LTE(au VoLTE非対応)
→ 4G LTE(au VoLTE非対応)
3G→ 3G
4G LTE(au VoLTE対応)
→ 4G LTE(au VoLTE非対応)
3,000円
3G → 4G LTE(au VoLTE対応or非対応)

かかる費用は2,000~3,000円です。

au VoLTEについて詳しく解説することはここでは避けますが、使っている回線が変わる場合は3,000円、使っている回線が一緒なら2,000円と考えて大丈夫です。

なので、ガラケーからスマホといった場合は3,000円になる場合があります。

他社のオンラインショップでは、事務手数料が0円になるケースもありますが、auではできません。

上表の手数料を安くする方法もないので、これは固定費用として割り切りましょう。

auの機種変更をなるべく安く済ませるために

事務手数料を安くすることはできませんが、新端末の機種代金や通信料金であれば安くする方法はあります。

それは、期間限定や常設開催されているキャンペーンを利用することです。

ここでは機種変更時にチェックしたいおすすめキャンペーンをご紹介します。

auの機種変更時にチェックしたい期間限定キャンペーン

まずは、2020年2月現在で開催されている期間限定キャンペーンを詳しく見ていきましょう。

auの期間限定キャンペーン
  • auの学割
  • auオンラインショップ お得割(機種変更)

auの学割

現在、特定の年齢層に非常にお得な「auの学割」を実施しています。

auの学割概要
  • 開催期間:終了時期未定(例年では5月月末)
  • 割引内容:対象プランの月額料金を最大2,400円を、最長1年間に渡って割引
  • 利用条件:25歳以下で、対象プランを契約すること

本割引は25歳以下の方が対象です。

利用できるユーザーは限られるものの、月額料金が最大2,400円も割引されるのは非常に魅力的ですね。

auオンラインショップ お得割(機種変更)

エクスペリアエイト

画像引用元:Xperia 8(エクスペリア エイト) SOV42 | スマートフォン(Android スマホ) | au

本割引は、Xperia 8のみが対象です。

auオンラインショップお得割(機種変更)概要
  • 開催期間:終了時期未定
  • 割引内容:Xperia 8の機種代金を16,500円割引
  • 利用条件:auオンラインショップでXperia 8に機種変更すること

利用条件は簡単。auオンラインショップでXperia 8に機種変更するだけです。

Xperia 8の本体価格は49,680円ですので、本割引を適用すれば33,180円で購入可能に。

Xperia 8に機種変更する方にとっては非常に魅力的な内容ですね。

常設キャンペーンも利用しよう!

上述したキャンペーンは期間限定ですが、常設されているキャンペーンもあります。

こちらも効果が高いものが多いため、確認しておきましょう。

auで開催中の常設キャンペーン
  • アップグレードプログラムNX
  • 下取りプログラム
  • 初スマホ割(4G LTEケータイ)
  • 初スマホ割(3G)

アップグレードプログラムNX

auの代表的な機種代金割引サービスです。

アップグレードプログラムNX概要
  • 割引内容:36回払いで端末を購入し、25ヶ月目以降にauへ端末を返却すると、その後の支払いが免除になる
  • 利用条件1:端末購入と同時に本プログラムに申し込むこと
  • 利用条件2:端末をauへ返却すること

支払いのイメージは下の画像のとおり。

アップグレードプログラムNX

画像引用元:アップグレードプログラムNX | スマートフォン・携帯電話 | au

画像のケースでは、108,000円の端末を購入し25ヶ月目で返却、残額の36,000円の支払いが免除されています。

つまり、実質72,000円で端末を購入できたということです。

このように、アップグレードプログラムNXでは、端末の価格を約2/3に減額することができます。

下取りプログラム

旧端末を下取りしてもらうことで、大量のau WALLETポイントが貰えます。

下取りプログラム概要
  • 割引内容:機種変更時に旧端末をauに下取りしてもらうことで、au WALLETポイントがもらえる
  • 利用条件1:下取り対象機種からの機種変更で、iPhone・auスマートフォン・auケータイもしくはauタブレットを購入すること
  • 利用条件2:auに下取りしてもらった端末が故障、水濡れなく正常に動作すること

昨年発売されたiPhone XS Maxのポイント数は、最大で67,100ポイントです。

また、その他の端末のポイントもかなり高めに設定されています。

au WALLETポイントは端末の分割払いにも充てることができるので、実質新端末の機種代金割引と言えるでしょう。

初スマホ割(4G LTEケータイ)

auケータイから対象のスマホへ機種変更すると、機種代金が最大で22,000円割引となります。

初スマホ割(4G LTEケータイ)概要
  • 割引内容:対象機種の機種代金から最大22,000円割引
  • 利用条件:auケータイ(4G LTE)から対象スマホ(4G LTE)へ機種変更すること

本割引は、現在auケータイ(4G LTE)を利用している方が対象です。

対象機種はiPhone 7のほか、スマホ初心者に使いやすい機種がラインアップされています。

初スマホ割(3G)

本割引では、利用条件を満たすことで最大38,500円もの割引を受けることができます。

初スマホ割(3G)概要
  • 割引内容:対象機種の機種代金から最大38,500円割引
  • 利用条件:auケータイ(3G)・auスマホ(3G)・auスマホ(VoLTE非対応機種)から対象スマホへ機種変更すること

対象機種はiPhone 11やGalaxy Note10+など、2019年を代表するハイスペックスマホのほか、現在大人気のAQUOS sense3もラインアップしています。

auの機種変更ベストタイミングはココ

では、最後にauの機種変更でかかる費用を確認しながら、auの機種変更タイミングはいつがいいのかまとめていきましょう。

機種変更費用まとめ
  • 事務手数料:2,000~3,000円
  • 月額料金
  • 変更した機種の機種代金

基本的には上記の3つだけです。

いつもの月額料金に加えて、新端末の機種代金と事務手数料がプラスされていますね。

ただし、下記の割引を適用している場合、タイミングによって別途費用などが発生します。

旧端末購入から2年以内の機種変更で発生する可能性がある費用
  • 毎月割:旧端末購入から2年以内に機種変更すると、以降の割引がなくなる
  • au購入サポート:旧端末購入から1年以内に機種変更すると、数万円の解除料が発生
  • 分割払い:機種変更時点で旧端末の残債がある場合は、新端末との2重払いになる

特に毎月割やau購入サポートで発生する損額は数万円にも上りますので、十分注意しましょう。

そして、上述した費用のうち、新端末の機種代金と月額料金はキャンペーンなどで安くすることができます。

よって、auでの機種変更ベストタイミングは次のとおりです。

auの機種変更ベストタイミング
  • 旧端末の購入から2年以上経った後がベスト
  • 月内のタイミングはいつでも構わない
  • 可能ならアップグレードプログラムNXを利用
  • 期間限定キャンペーンを実施している場合は、新端末の機種代金や通信料金をさらに減らせるチャンス

期間限定キャンペーンは不定期に開催されるため、狙うのは簡単ではありません。

学割のようなわかりやすいものは例外で、「あればラッキー」くらいの感覚で捉えてください。

毎月割などで損をしないように、自分の割引適用状況をしっかりと把握し、常設キャンペーンを利用しながら適切なタイミングで機種変更を行いましょう。

auオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ